スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ更新休止のお知らせ

 最近は私生活の忙しさもあり、記事の内容も中途半端で練れていない物が多くなっておりました。
 そのため少々思うところもあり、しばらくの間ブログの更新を休止させていただきます。
 急な決定で誠に申し訳ありません。
 ただ、フラリと更新しに戻ってくることもおそらくあると思いますので、その時はどうぞまたよろしくお願いいたします。
 もう少し酒と真剣に向き合いつつ、見識等を深めてみようと思います……それではまたいつかお会いできますよう。
スポンサーサイト

十水 特別純米酒 (平成24年10月分)

 第676回目。
 「十水 特別純米酒 (平成24年10月分)」――山形県の酒です。
 昨年飲んだ際は冷蔵庫に半年置いてしまって、試飲の際と印象が変わってしまったので、今回は早めに……あ、早くない!?
 ……ええと、ただ、前回の物が冷蔵庫の中とは言え一夏越してしまったのに対し、今回は冬を越した感じなので試飲時と比べて余り差がないように感じました。
 ……単に酒質の差かもしれません、会社の方もちょっと味わいに差が出たと仰ってましたし。
 ……次こそは早く飲みます!

 では本文をどうぞ! ……以前の感想と比較したら、文言のほとんど同じ部分がちらほらと。近頃何だかボキャブラリーが減ってきた気がします…… ……そしてまた更新が遅れまして申し訳ありません。

(飲み始め:2013年05月16日)

 穏やかな甘い香り。
 和ナシ風の香り。

 うん、穏やか、それでいてほんのりジューシー。
 スッキリとした柔らかい旨味と甘味に、若干刺激感のあるみずみずしい酸味がキュッと絡みます。
 良いバランスですね~

 お、温度が上がると口当たりはしっとりと。
 甘味も若干増加。
 これまた良いバランスです。

 食べ物との相性も結構よし!
 幅広く合わせられます!

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 60%
 アルコール分 15度以上16度未満
 製造年月 24.10
 加藤嘉八郎酒造(株)


2013年05月17日追記――
 若干ラムネっぽい香りに。

 旨味とアルコールの風味が若干増え、口当たりは少々しっとり濃い印象に。
 結構旨口感が出てきました。
 若干印象は変わりましたが、これもなかなか……


2013年05月18日追記――
 アルコールの香りがわずかに増加。

 前回の変化がそのまま若干進んだ印象。
 重量感も少々。
 ただ悪くない感じです。


2013年05月20日追記――
 エステル香とアルコールの香りが増加。
 若干キリッとした香りに。

 うん、見事にそのままの変化が進んでいますねー
 結構旨味が強くなってきました。
 口当たりには刺激感の他に少々もたつく感じも。


2013年05月22日追記――
 香りは前回とあまり変わらず。

 アルコールの風味と甘味が若干増加。
 これはこれで個人的には嫌いじゃないですが、やはり開栓直後と比べると落ちますねー
 開栓後は……少なくとも二、三日以内には飲みきりましょう!


1902141678_196.jpg

誠鏡 純米吟醸八反錦 生詰原酒 限定 京急百貨店15周年記念

 第675回目。
 「誠鏡 純米吟醸八反錦 生詰原酒 限定 京急百貨店15周年記念」――広島県の酒です。
 ……まあ冷蔵庫に保存している内に16周年を迎えてしまった訳ですが。
 一緒に買った酒も近い内に飲むと書いてから約一年半とは……相変わらずの駄目っぷり……
 ……しかし!この酒はそんな長期間保存しても全く崩れませんでした!素晴らしい!
 では本文をどうぞ! ……すみません。

(飲み始め:2013年05月12日)

 スッキリ柔らかく甘い香り。
 米にアルコールの香り。

 うん、穏やかです。
 それでいてスッキリ感のある酸味がなかなかにキリリとした口当たりを演出しています。
 味わい的には酸味、若干しっかりとしつつも軽快さのある甘味や旨味がメイン。
 うん、良いバランスです。
 いやぁ、冷蔵庫に一年以上置いてしまった感じは全くありませんね~
 スイスイイケます!

 食べ物との相性は、味の薄い物にはわずかに甘味が干渉するものの、なかなかに良し。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 八反錦100%使用
 精米歩合 55%
 アルコール度数 16度
 日本酒度 +3
 酸度 1.5
 酵母 協会9号
 製造年月 2011.11
 中尾醸造(株)


2013年05月13日追記――
 米の香りが若干増加。

 酸味がわずかに太くなり、刺激感も若干増加。
 ほんのり飲み口の力強さがアップ。
 しかし柔らかい旨味と甘味はそのままです。


2013年05月14日追記――
 アルコールと酒の香りが増加。

 刺激感がさらに若干増え、口当たりは少々ピリピリと。
 アルコールの風味や苦味も若干増加。
 ただ悪くない感じです。


2013年05月16日追記――
 穏やかで甘い香り。
 酒に……何らかのドライフルーツを思わせる香り?

 甘味と酸味が若干増加。
 口当たりのピリピリ感も少しだけ強く。
 ただ穏やかで良い飲み口です。
 まったり飲めますね~


2013年05月18日追記――
 アルコールの香りが増加。
 やはりほんのりドライフルーツ風の香りも。

 うん、穏やかです……
 増えたのは旨味と、少々渋味。
 全体的にじわじわと味が増えてきていますが、崩れた感じはありません。
 まったりと。

 お、食べ物とも合いますね。
 初日にあった干渉も無くなっています。
 これはアリだな……

 綺麗さは開栓直後の方が上でしたが、味わい的には開栓一週間後でも問題ありません。
 結構強い酒質です!


1901777517_245.jpg tag : 純米吟醸 中尾醸造

笑四季 特別純米 生 白ラベル

 第674回目。
 「笑四季 特別純米 生 白ラベル (Sensation White Emishiki C series. ver.2.01)」――滋賀県の酒です。
 以前この会社の貴醸酒を飲みましたが、今回は通常の(?)酒になります。
 一緒に黒ラベルも出ていたものの、そちらは買えず……ううむ、やはり見かけたときに買わないと駄目ですね……

 貴醸酒に続き今回も独特の雰囲気を持った酒でした。
 この感じがここの会社のカラーなのかどうか……今度また別の酒も買ってみたいと思います。
 では本文をば。

(飲み始め:2013年05月09日)

 しっとり甘い香り。
 それほど強くはない、エステル香寄りのラムネ風の香り。

 お、香りと同様しっとりとした口当たりです。
 しっとりとしつつほんのりジューシーな酸味が、やはりしっとりとした甘味や旨味、若干の刺激感と共に口内を満たします。
 口当たりはなかなかにしっかり。
 後口には少々苦味。
 穏やかさもあって良いですね~

 食べ物と合わせるなら味の濃い物と。
 ただし甘い物とは余り合わず。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 滋賀県産米精米60%
 アルコール分 16度
 酒母 速醸、笑四季自社吟系酵母
 製造年月 2013年2月
 笑四季酒造(株)


2013年05月10日追記――
 甘い香りが濃く強く、若干ズシッと。
 アルコールの香りも若干増加。

 香りと同様に甘味が濃く若干ズシッと。
 アルコールの風味や苦味も若干増。
 後口には少々エグみ。
 初日と比べて結構重たい飲み口に。
 これは結構急激な変化ですね……


2013年05月11日追記――
 しっとりとした香り。
 アルコールの香り。

 む、アルコールの風味が増えて口当たりがわずかに軽快に。
 苦味なども強くなっていますが、飲みやすさは二日目より上かも。


2013年05月13日追記――
 アルコールの香りが結構強く。

 アルコールの風味と苦味が増加。
 ううむ、崩れてきました。
 ここまでは置かない方が良さそうです。


2013年05月13日追記――
 アルコールの香りに、わずかにバナナ系の香り。

 アルコールの風味と刺激感、酸味、甘味、苦味が若干増加。
 前回よりは少し飲みやすい印象ですが、やはりここまで置かない方が旨いです。
 開栓初日に飲みきってしまうのが一番かもしれません……


1901495410_213.jpg tag : 特別純米 笑四季酒造

純米吟醸 山本 生原酒 (24BY)

 第673回目。
 「純米吟醸 山本 生原酒 (24BY)」――秋田県の酒です。
 この酒も約四年ぶりですね……同社の他の酒は何度か飲んでいるのですが。(他の感想はこちら)
 しかし、やはり自らの名を冠した酒というのは、良い物ですね……

(飲み始め:2013年05月05日)

 香りは若干スッキリそしてしっとり。
 ほんのりリンゴにアルコール。

 みずみずしい酸味と甘味が口内でジュワッと広がり、そのまま酸味と若干の渋味が舌を撫でていきます。
 そしてそこに若干遅れる形で旨味がぐぐっと。
 うん、酸味の立ち上がり方の影響か、キレが良く、口当たりはさっぱりとしています。
 何となく昔の記憶からもっと濃厚なイメージを持っていたので、良い意味で裏切られた感じです。
 結構飲みやすくて良いですね~

 食べ物との相性は味の薄い物には甘味、甘い物には酸味がわずかに干渉するものの、なかなかに良し。
 うん、良いキレだ……

データ――
 原材料 米、米麹
 精米歩合 麹(酒こまち)50%、掛米55%
 アルコール分 16度
 製造年月 24.12
 山本(名)


2013年05月07日追記――
 アルコールの香りが若干増加。

 酸味がしっとりと、そして若干太く。
 刺激感も若干増加。
 口当たりなども全体的に初日より濃くなった感じですねー


2013年05月09日追記――
 酸味を感じさせる香りが若干増加。
 甘酸っぱい香りです。

 酸味がさらに太く力強い印象に。
 苦味や渋味なども若干増加。
 少々飲み口が尖ってきました。
 ただこれはこれで!


2013年05月11日追記――
 アルコールの香りが結構強く。

 酸味は部分的に若干落ちついた印象に。
 甘味や苦味、渋味、刺激感が若干増加。
 少々バランスが崩れてきました。
 早めに飲みきった方が旨いですねー
 開栓後二、三日で飲みきるのがお勧めかも。
 ……しかし二日目の追記が出来なかったのが悔やまれます。申し訳ありません……


1901093973_225.jpg tag : 純米吟醸 山本
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。