三重錦 純米吟醸 中取り生 うすにごり

 第338回目。
 「三重錦 純米吟醸 中取り生 うすにごり」――三重県の酒です。
 昨年の4月にはこの酒のうすにごりではないバージョン(20BY)を飲みましたが、その頃にはうすにごりの物は運悪く買えず、今回ようやく飲める運びとなりました。
 しかしにごり部分の有無の違いがあるとは言え、結構ハッキリとした甘味のある印象だった昨年の物に対し、今回の物は甘味がほとんど無く、もはや別物であるように感じられました。
 個人的な嗜好は別として、それはそれでも構わないのですが、購入した酒販店の売り文句が昨年のままだったので少々面食らったのも事実……メロンリキュールか……
 ただ造り手には全く罪がありませんので、下記感想は酒販店の売り文句を一旦頭から外して書いてみました!
 ……上手くいっているのかな?(笑)
 本文をどうぞ~

(飲み始め:2010年03月08日)

 おお、微小な泡が爽やかだー
 香りはメロンソーダに若干マスカット?
 スッキリと甘い香りです。

 まずは上澄み――
 穏やかな酸味と旨味。そこから続く炭酸の刺激。
 結構甘さ控えめな印象です。

 お、ビンを見るとにごり部分がフワリと浮き上がってますね。
 吹き出すほどではないにせよ、炭酸は結構強めかも?
 では混ぜて――
 酸味、旨味、甘味が微増。
 ブドウ系の含み香も増加。後口には渋味。
 上澄みのみとそれほど違いは無いような?
 若干濃厚で穏やかになったぐらいですね。
 まったりと飲める感じです。

 食べ物と合わせるなら味の濃い物と。
 他の物には香りや酸味が干渉。
 単独で飲んだ方が旨そうです。

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 山田錦、八反錦
 精米歩合 山田錦50%、八反錦60%
 アルコール度数 16度以上17度未満
 製造年月 21.12
 中井仁平酒造場


2010年03月09日追記――
 香りはさらにメロンソーダらしく。

 全体的に味わいが濃く。特に甘味が増加。
 初日は刺激感が強めで少々尖った印象もありましたが、今日は穏やかさと炭酸の爽やかさが良い感じで同居しています。
 酸味、甘味、旨味、若干渋味と苦味。
 うん、私は初日より好きです!


2010年03月10日追記――
 マスカット系の香りに強めのエステル香。

 アルコールの風味が増加。前回とそれほど変化なし。
 爽やかで穏やか!


2010年03月12日追記――
 メロン香料にセメダインを思わせる香り。

 甘味が増加。
 渋味、アルコール由来の苦味も増加し、若干飲みづらい印象が出現。


2010年03月14日追記――
 アルコールの香りが増加。

 旨味とアルコールの風味が強く。
 さらに苦味や渋味など雑味も全体的に増加。
 しかしスッキリとした酸味が一本芯に通っているので、クセは強くても意外と飲める印象。
 結構炭酸は強かったらしく、今でも微炭酸の刺激が感じられます。
 む、飲んでいる内に苦味が強く……

 開栓後は二、三日で飲みきった方が旨いですね。
 口に入れてしまえば余り感じませんが、香りもかなり尖ってきますし。


1432203603_9.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
スポンサーサイト



tag : 純米吟醸 中井仁平酒造場

三重錦 純米吟醸活性にごり 生

 第209回目。
 「三重錦 純米吟醸活性にごり 生」――三重県の酒です。
 某酒店で限定的に販売されていたので飛びついてみました。
 ……多分本格的に販売する前の、実験的な酒だと思われます。
 来年にはもっとレベルの上がった状態で、正式な商品になってくれたら嬉しいですね~

――
 この酒には余り関係の無い話ですが、本文の最後にも書いた通り、風邪を引いて舌の調子が駄目になってしまいました。
 しばらくの間、酒を飲んでもまともな感想が書けそうにありませんので、一週間程当ブログの更新を停止させていただきます。申し訳ありません。
 ……もし復帰が遅れるようでしたら、再度報告させていただきます。
 出来ましたら復帰後もどうぞよろしくお願い致します。
――

(飲み始め:2009年06月22日)
 
 まずは蓋を軽くひねり――お、炭酸飲料を少し振ったぐらいの泡が立ち上り、にごり部分もフワッと浮かび上がります。
 ただこれなら簡単に開きそうな予感。にごり部分がそれほど多くないので炭酸の逃げ道がしっかりと出来ています。
 なので一気に――危なっ!
 ……さすがに吹きこぼれそうになりました(笑)
 しかし五分程で開栓完了!

 さて――
 柔らかくスッキリとしたヨーグルト系の香り。

 おお……スッキリですねー
 柔らかい酸味と米の甘味、旨味が口内をいっぱいに満たします。後口には若干の苦味。
 爽やかな味わいだな~
 際立った特徴は無いものの、炭酸の刺激と相まってかなりさっぱりとした印象です。
 にごり酒っぽさがそれほど強くない、と言うか……

 様々な食べ物と合わせられる印象。
 特に味の濃い物や甘味のある物との相性は良し!

 なかなかに良い酒でした。爽やかな味わいも夏向きで良い感じです。
 ただ、もう少し甘味がある感じの酒を想像していたので少々驚きました。
 まだ三重錦の「らしさ」が分かるほどたくさんは飲んでいませんが、こういう感じの酒も面白くて良いですね~

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 山田錦6%、八反錦94%
 精米歩合 山田錦50%、八反錦60%
 アルコール度数 16~17%
 使用酵母 協会14号(泡なし)
 製造年月 21.4
 中井仁平酒造場


2009年06月23日追記――
 アルコールの香りが増加。

 炭酸は弱まったものの、味わいはそれほど変わらず。
 若干まったり。


2009年06月24日追記――
 アルコールの香りとヨーグルト系の香りが増加。

 旨味、酸味、若干甘味。微炭酸がシュワシュワ。
 若干後口に苦味はあるもののまったり。


2009年06月26日追記――
 米にアルコールの香り……後は何らかの香草の香り?
 うーん、良くわかりません……

 旨味と酸味が増加し、少々尖った印象に。後口にはエグみや苦味。
 結構崩れてきた感じですが、日を置いた活性にごり酒に多い舌触りの悪さはありません。


2009年06月29日追記――
 漬け物というか……何らかの発酵食品の香り?
 不思議な香り。

 ……風邪をひいて舌の調子が駄目なので、味の追記は出来そうになく……すみません。
 仕方がないので舌触りだけでも……
 前回よりは少々粉っぽい舌触りになりましたが、炭酸が残っているためかもったりとした感じは弱めです。
 しかし開栓直後のようなフレッシュ感は余りないので、早めに飲んだ方が良いと思います……いや、味は分からないのですが。
 無念です……

 とりあえず風邪を治して、いつかリベンジしたいですね……


1204635791_186.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 中井仁平酒造場

三重錦 純米吟醸 中取り生酒

 第166回目。
 この蔵の酒はどこの酒販店のサイトを見ても、商品説明の文章が「これは買わなければ!」ってなるぐらい旨そうなんですよねー
 実際旨いので全く問題は無いのですが、逆に購買意欲がそそられ過ぎて困ります(笑)
 しかし(本文中でも触れていますが)、このレベルの酒を一人で造っていると言うのが凄まじいですね……

(飲み始め:2009年04月12日)

 三重県の酒です。
 「三重錦 純米吟醸 中取り生酒」
 今回は生酒になります!(前回:純米大吟醸中取り 山田錦50)
 そして前回は触れ忘れたのですが、何とここの蔵では杜氏一人の体制で、酒造りの全ての工程をこなしているそうです!
 とんでもない精神力だと思いますが、元プロボクサー(現在はインストラクターを兼任)と言う異色の経歴が物を言っているのでしょうか?
 三重県はアツい蔵が多いですね……

 さて――
 デラウェアのような綺麗な甘い香り。

 口内をジュワーッと満たすジューシーな甘味と酸味、柔らかい旨味と渋味――
 含み香はブドウに柑橘系。
 フレッシュ、それでいてキレのあるさっぱりとした飲み口……これはなかなかに旨い!
 飲みやすいのでぐいぐいイケます!

 食べ物との相性もなかなか良し。甘い物との相性は特に良いですね~

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 山田錦、八反錦
 精米歩合 50%(山田錦) 60%(八反錦)
 アルコール分 16度以上17度未満
 日本酒度 +5
 酸度 1.6
 使用酵母 三重酵母
 製造年月 21.1.
 中井仁平酒造場


2009年04月13日追記――
 香りは若干濃く。

 酸味、甘味、旨味、渋味。良いバランスです。
 含み香は巨峰?ジューシーで旨い!


2009年04月14日追記――
 濃縮還元したブドウジュースのような香り。

 スッキリした甘味に軽快な酸味と渋味。
 印象としては大分サッパリとしてきたかな?
 これもまた良し!


2009年04月16日追記――
 綺麗な香り。

 うん、爽やか。
 ブドウや柑橘類を思わせる酸味、甘味、旨味、渋味、苦味。
 崩れないと言うよりも、新たに絶妙なバランスが組み上がってきた印象……良い酒です!


2009年04月17日追記――
 若干香りは濃い感じに。

 まずは酸味と甘味、そして旨味。
 む、渋味や苦味が結構強くなってきました。
 若干濃くなってきた香りと相まって、白ワインのようなイメージも。
 ……そう考えると、含み香もワインっぽく思えるように。
 うん、これも結構旨いですね。

 良い酒でした!変化も面白かった~
 今度別のスペックの物も買ってみます!


1136384102_62.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 中井仁平酒造場

三重錦 純米大吟醸中取り 山田錦50 火入済

 第101回目。
 経過簿をラベルにしてしまった酒です。
 詳しくは本文中に譲りますが、酒に対する熱い思いのような物が見える蔵ですね~
 年間生産量が非常に小さいらしいのですが、その分フットワークも軽く様々な事に挑戦できるのでしょうか?
 今度また別の酒も買ってみます! (飲みました:純米吟醸 中取り生酒)

(飲み始め:2008年12月20日)

 本日は三重県の酒です。
 「三重錦 純米大吟醸中取り 山田錦50 火入済」
 写真を見れば分かる通りラベルに謎のグラフが描かれています。
 これは経過簿と言って酒造りで重要な工程を毎日記録した物とのこと。
 原料にどれぐらいの重量を使用しているかとか、何日目に水を何リッター加えたとか普通晒しませんよ……しかも毎日の温度や日本酒度の変化を事細かに記載……
 何と言うか、その心意気に惚れそうです(笑)

 さて――
 甘い柔らかい香り。モモ系の香り。

 スッキリとした甘味が口内でふんわりと広がります。
 まったりとした優しい口当たりが心地良いです。
 含み香はメロン系。
 うん、これは良い!華やかですが和む味わいです。

 食べ物との相性は少々悪し。香りと甘味が干渉します。
 む、甘い物とは結構合いますね。軽めの甘さの物やドライフルーツが良い感じです!

 余り大量に飲める酒ではありませんが、その分酒量を抑えられるので飲み過ぎの私にはちょうど良いです……って、何を言っているのでしょう?(笑)
 変化にも期待します!

データ――
 原材料名 米、米麹
 使用米 三重県産山田錦
 アルコール度数 15~16度
 精米歩合 50%
 日本酒度 +4
 酸度 1.6
 アミノ酸度 1.0
 製造年月 20.3.
 中井仁平酒造場


2008年12月22日追記――
 若干香りはまったりと。

 甘味、酸味、スッキリ。
 綺麗さは初日の方が上でしたが、若干柔らかく飲みやすくなった気がします。

 さらなる変化にも期待します!


2008年12月25日追記――
 香りは少々スッキリ。

 味わいもスッキリとした感じに。甘さが良い感じです。
 ……華やかさは減少しましたが、何だか初日より旨くなった気がします。

 食べ物との相性も大幅改善!うん、旨い。
 飲みやすいので、大量に飲めそうです。

 非常に良い変化でした!
 これは他のスペックの物も買ってみなければ!


1028541291_36.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 純米大吟醸 中井仁平酒造場
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif