東一 山田錦 純米吟醸 (2010年産)

 第511回目。
 「東一 山田錦 純米吟醸 (2010年産)」――佐賀県の酒です。
 この酒は、先日ある酒店で一年中空調が効いた(ワインセラーぐらいの温度に保たれた)部屋に置かれていたのを発見し、どんな感じで変化しているのか気になったので衝動的に購入してみました。
 低温でも常温でもない状態での一年以上の熟成……ちょっとワクワクしますよね(笑) (以前飲んだ製造年月の新しい物の感想はこちら)
 で、細かい内容は本文中に譲りますが、やっぱり熟成は奥が深くて難しい物だと思いました。
 変化前と変化後の酒質に関しては、結局どちらが優れているとかではなく、個人の好みがかなりのウェイトを占めているのだと思います。
 そもそも日本酒の魅力はその多彩さにあると私は考えますので、どういう酒質を目指すかという設計思想が重要なのであって、熟成に耐える性質を持った酒がそれだけで他の酒に勝るということは無い筈なのです。
 ……眠くて何を言いたいのかイマイチわからなくなってきました(笑)
 まあ、今回の酒のようにわざと糖を残して造る良い酒も現在は多くありますので、今更な意見かもしれませんね~
 では本文をば!

(飲み始め:2011年11月20日)

 落ち着いた感じのある甘い香り。

 うん、飲み口はかなり穏やかで、新しい物に比べると大分甘味も控えめになっています。
 穏やかで柔らかい旨味と甘味が軽快感のある酸味と共にスルリジワリとと口内で広がり、後口に若干の渋味と苦味を残して消えてゆきます。
 あー、飲みやすいなぁ。
 華やかさはほとんど消えてしまっていますが、この飲みやすさはかなりのものだと思います!
 日本酒初心者の方にはどちらの方がお勧めか……どちらも違った良さがあるので難しいですね……
 わかりやすさやインパクト重視なら確実に新しい物ですが、個人の好みによっても結構変わると思います。
 私の好みは、新しい物の方が上かな?
 ただ元から冷蔵庫などで低温貯蔵しておけば、もっと長所を残した熟成が可能な気がしますので、いつか挑戦してみたいですね。
 ……あ、そう言えば冷蔵庫にほぼ自家熟成状態で既に何年か置いたままの東一があったような……いつか飲まねば!……何か良いことがあったら!(!?)

 お、食べ物と結構合いますね~
 これは熟成の効果もあるかも?
 うん、良い。

データ――
 原材料 米、米麹
 原料米 山田錦100%使用
 精米歩合 49%
 アルコール分 16度
 製造年月 10.09
 五町田酒造(株)


2011年11月21日追記――
 穏やかな甘い香り。
 何らかのドライフルーツ風?

 穏やかです。
 味わいは初日と大きくは変わっていない印象。
 旨味が若干増えたぐらいでしょうか?
 含み香には若干パイナップル。
 飲みやすくて良いですね~


2011年11月22日追記――
 若干香りはしっとりと。

 甘味が若干増加。
 口当たりが少しだけしっかりとしてきました。
 旨味と後口の苦味も若干増。


2011年11月24日追記――
 アルコールの香りが若干増加。

 アルコールの風味と刺激感が若干増加。
 少し尖った感じが出てきました。


2011年11月26日追記――
 余り強くはない若干しっとりとした甘い香り。

 アルコールの風味と苦味、渋味が若干増加し、口当たりには若干重量感が出てきました。
 少々崩れてきた印象です。
 開栓後は二、三日で飲み切った方が良さそうですねー

 近々新しい物も買って飲みます!


1797408942_130.jpg
スポンサーサイト



tag : 純米吟醸 五町田酒造

東一 大吟醸 生酒 (22BY)

 第465回目。
 「東一 大吟醸 生酒 (22BY)」――佐賀県の酒です。
 私お気に入りの銘柄、今回は大吟醸の生になります。
 やっぱり旨い!……ただ製造後もっと早くに飲めば、さらにフレッシュでジューシーな飲み口だったかも?
 次こそは即飲まねば……いつも同じことを言っているのですがなかなか直せません……
 それはともかくとして――
 爽やかで飲みやすいので、普段日本酒を飲まない方にもお勧めです!
 では本文をどうぞ。

(飲み始め:2011年07月08日)

 トロピカルフルーツを思わせる甘い香り。
 良い香りです!

 うーん、ふっくら、そしてジューシー!
 みずみずしい柑橘系の果物を思わせる酸味と、濃さがありながらもどこかスッキリとした甘味、柔らかい旨味と軽快な苦味。
 含み香にはパイナップルに米。
 口当たりには若干の刺激感――微炭酸とアルコール?
 か~っ!やっぱり旨いですね~

 お、飲んでいる内に甘味が控えめな印象に。
 スルスル飲めます!

 食べ物とは無理に合わせなくて良いかも。
 結構甘味が干渉します。
 お、甘い物とは結構合う感じです。旨い!

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 原料米 山田錦100%使用
 精米歩合 39%
 製造年月 11.03
 五町田酒造(株)


2011年07月09日追記――
 アルコールの香りが若干増加し、スッキリとした印象が強く。

 旨味と苦味が若干増え、刺激感は減少。
 綺麗さは減ったものの、かなり穏やかな印象になりました。
 まだまだ良い感じですねー


2011年07月10日追記――
 アルコールの香りがさらに増加。

 旨味と渋味、苦味が若干増。
 さらに穏やかです。


2011年07月12日追記――
 香りは少々しっとりと。
 微妙にミルクっぽさも?

 酸味と苦味が若干増加し、口当たりにはピリピリ感。
 後口にはエグみと渋味。
 クセが結構出てきました。


2011年07月14日追記――
 アルコールの香りが強く。

 旨味とアルコールの風味、苦味、エグみが増加。
 クセがさらに強く。
 開栓後は早めに――少なくとも二、三日以内には飲みきりましょう!


1747808463_57.jpg tag : 大吟醸 五町田酒造

東一 純米大吟醸 生酒 (21BY)

 第410回目。
 「東一 純米大吟醸 生酒 (21BY)」――佐賀県の酒です。

 ……あれ?新成人なんて周りにいないのに何で昼間から酒を飲むことに!?
 つい先日言ったばかりの内容とさっそく矛盾が(笑)
 という訳で(!?)、パーシャルルームで一年間自家熟成した東一純米大吟醸生酒です!
 去年は生酒を早く飲む方針だった筈なのになぁ……
 ちなみに今回も一日で飲み終わってしまったので追記が出来ませんでした。無念……

 さて――
 ふっくらとした甘い香り。
 余りフレッシュなフルーツ感は無く、ドライフルーツやクリーム系の面持ちも。

 旨味と甘味がたっぷり。
 ただ濃厚ながらもどこか軽快さもあってスッキリと。
 そして柔らかい酸味も穏やかに全体を引き締めています。
 後口にはわずかに苦味。
 派手さは控えめですがなかなかに良い味わいです。

 食べ物との相性は結構良し。
 かなり幅広く合わせられます!
 この濃さで合うのは一年熟成の効果かもしれませんねー
 まったりと飲めます。

 うん、なかなかに旨いです。
 ……ただどうせ一年置くことになるなら火入れの物を選ぶべきでしたね。
 もしくは以前のようにさらにもう一年置いてみるとか。
 とりあえず昨年飲んだ他のグレードの物(純米吟醸うすにごり純米)と比較しても、早く飲むのが正解だったように思います。
 お客に最高の状態の物を出せなかったのも無念ですし、酒造会社の方にも申し訳ない気分です……
 もうすぐ出るであろう新酒は絶対に早く飲むぞー!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 山田錦100%使用
 精米歩合 39%
 アルコール分 16度
 製造年月 10.1
 五町田酒造(株)


1655142122_41.jpg tag : 純米大吟醸 五町田酒造

東一 純米酒 山田錦 生酒

 第353回目。
 「東一 純米酒 山田錦 生酒」――佐賀県の酒です。
 非常にお気に入りの東一、今回は純米になります。値段も720mlで1,239円と東一の中では結構お買い得な感じです!
 米の旨味を引き出した、燗にも向いた酒と書かれたこの酒、上位の東一とは若干趣を異にしています。……しかし今回はあくまで生酒、分かりやすくジューシーな旨さは健在です!
 ……というよりもむしろ燗向きじゃない気がしました。恐らく火入れの物が燗向きなのでしょうね。
 近い内に燗向きの物も飲みたいと思います!
 では本文をどうぞ~

 椅子でウトウトしていたら大変な時間の更新になってしまいました。もうすぐ朝の4時とか(笑)

(飲み始め:2010年04月12日)

 香りはメロン。濃く甘い香り。

 おお、ふっくら!
 ジューシーな甘味、旨味、酸味。口内でフワリ、ジュワッと。
 続くのは柔らかい渋味と苦味が少々。
 純米吟醸などに比べると結構味の多い印象ですが、これまた良い味わいです。
 うん、旨い!

 飲んでいる内に旨味と酸味を強く感じるように。

 味の薄い食べ物には甘味が干渉。合わせるなら味の濃い物と。

 ぬる燗――
 お、酸味が立ち上がってなかなか面白い感じです。
 熱燗――
 アルコール感が少々ピリピリ。
 悪くないですが、温めない方が旨いですねー
 燗推奨なのは火入れの物だけかもしれません。

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 山田錦100%使用
 精米歩合 64%
 アルコール分 17度
 製造年月 10.1
 五町田酒造(株)


2010年04月13日追記――
 香りは若干濃く。エステル香が若干増加。

 旨味と酸味が増加。
 ジューシーな味わいと穏やかさが同居。
 後口の渋味も若干増加。含み香にはわずかにアンズ?
 良い味わいです!


2010年04月14日追記――
 香りはさらに濃く。エステル香に若干渋味を感じさせる香り?

 微妙に苦味や渋味などの雑味が増加。ジューシーさは若干減少。
 悪くないですが、若干クセが出てきましたねー


2010年04月16日追記――
 甘く丸みを帯びた香り。

 前回の変化がそのまま少し進んだ印象。
 柔らかい甘味と旨味、酸味に絡む渋味など。
 ただ全体的には悪くない感じです。


2010年04月18日追記――
 アルコールの香りが増加。

 香りと同様にアルコールの味わいも増加し、若干キリッとした味わいに。
 全体としては少々しっとりとした印象も。
 甘味と旨味を酸味が引き締め、さらにそのまま舌にググッと自己主張。
 渋味と苦味も結構はっきりと。
 大崩れはしていないものの、クセが結構強くなりました。
 開栓後は二日ぐらいで飲みきった方が良さそうです。


1460920514_22.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米 五町田酒造

東一 純米吟醸 うすにごり酒 山田錦

 第331回目。
 「東一 純米吟醸 うすにごり酒 山田錦」――佐賀県の酒です。
 本文中にも書きましたが、東一の特に生酒は、私の中で「日本酒初心者にお勧めしたい日本酒№1」だったりします。
 みずみずしい果物を頬張ったかのような味わいというか、フレッシュでジューシー、それでいて綺麗な飲み口は、普段日本酒を敬遠しがちな層にも十分に受け入れられる実力があると思います!
 あ、もちろん火入れの酒(以前の感想はこちら)も、生酒に比べると若干穏やかな印象になりますが、お勧めですよ!

(飲み始め:2010年02月19日)

 スッキリ綺麗ながらもじわりと立ち上る甘い香り。
 トロピカルフルーツに若干バナナ?
 良い香りだな~

 まずは上澄みから――
 おお、フレッシュ!
 そして濃いながらもスッキリとした甘酸っぱさ?
 あー、旨いなぁ……
 柔らかくジューシーな甘味と酸味、プチプチとした炭酸の刺激感もまた良い感じ!
 含み香はパインやトロピカルフルーツ。
 んー、たまらん!
 やっぱり日本酒初心者の方にお勧めの酒、個人的一位の座は不動ですね~

 続いて混ぜて――
 旨味と酸味が追加され、上澄みのみよりも太く穏やかな酒質に。
 お、これまた良い感じですね~、爽やかな旨口と言うか。
 ……ただ混ぜない方が、より分かりやすい味わいだった気が。
 綺麗なスッキリ感は消えてしまう感じですし。
 これはあくまで私の好みの問題ですが、個人的にはにごり部分はいらなかったかも?
 いや、もちろんにごり部分も旨いんですが、上澄みがかなり素晴らしいので!

 食べ物との相性は甘味のある物と良し。
 ただ他の物との相性も意外と悪くないですねー

 うん、やっぱり良い酒です!

データ――
 原材料 米、米麹
 原料米 山田錦100%使用
 精米歩合 49%
 アルコール分 16度
 使用酵母 熊本系自家培養酵母
 製造年月 10.1
 五町田酒造(株)


2010年02月20日追記――
 若干香りは弱く。

 旨味が増加。甘味と酸味、旨味がたっぷりと。
 後口には穏やかな渋味。
 初日の混ぜた感じに近いかも。
 これは、にごり部分が完全に分離していないだけ?

 続いて混ぜて――
 酸味が増加。
 初日とは逆に混ぜた方が爽やか?いやそうでもないかな?
 差が少なくなっている印象。

 食べ物との相性も結構良い感じです。


2010年02月21日追記――
 香りはバナナにパインが少々?

 アルコールの風味が若干増加。
 甘味、旨味、酸味。
 さらに穏やかな方向に向かっている印象。
 若干含み香にはにごり酒っぽい雰囲気が出現。
 なかなかに旨いですね~


2010年02月23日追記――
 今回は最初から混ぜて――
 アルコールの香りが増加。甘い香り。

 大分にごり酒っぽい雰囲気が出てきました。
 旨味がメイン、続く甘味、酸味、渋味。
 含み香はやはりにごり酒らしく、そして味わいは穏やか。
 比較しなければ良い感じですが、初日の上澄みが好きな人間としては少々寂しい気持ちに……


2010年02月25日追記――
 量は少ないのですが、無理やり上澄みを飲んでみる――
 ほのかなブドウ風の味わい?
 甘味、旨味、酸味のバランスがなかなかに良い感じ。
 アルコールの味わいが増加し、若干アルコール由来の苦味などが出てきているものの、悪くはないですね~

 混ぜて――
 穏やかなにごり酒の風味がプラス。
 綺麗な香りや華やかな印象の残滓(?)は若干感じられるものの、旨味や渋味、苦味などがドシッと自己主張。
 崩れた感じは余りしませんが、雑味は結構増してきてますね。
 早めに飲んだ方が旨いと思います。フレッシュさも味わえますし。

 良い酒でした~
 ただ個人的にはにごり要素はいらなかった気もします。
 元々完成度が高いので、無理に何か加えなくても十分旨いと思いますし。
 あ、これはあくまで個人的な意見なので、ご理解の程を……


1418380219_92.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 五町田酒造

東一 山田錦 純米吟醸 勝沼醸造甲州ワイン樽 2009

 第236回目。
 「東一 山田錦 純米吟醸 勝沼醸造甲州ワイン樽 2009」――佐賀県の酒です。
 東一の純米吟醸をフレンチオーク樽に貯蔵した物になります。
 詳細は本文中に譲りますが、日本酒らしさは余り感じられません。
 ……私は以前飲んだ通常の純米吟醸の方が好みですね、この酒はこの酒でなかなかに良い酒だとは思うのですが。
 やっぱり新しい樽ではなくて、ワインの熟成に使用した樽と言うのが問題な気も。
 日本酒とワインのコラボレーションと言うよりも、どっちつかずの中途半端さがチラホラと……お好きな方には申し訳ありません。
 値段は750mlで2,700円――同社の純米大吟醸も買える高めの値段設定です。
 好きな方は凄く好きな酒だと思うので、気になった方は一度手に取ってみても良いのでは?

(飲み始め:2009年08月04日)

 この酒本来の(物と思われる)甘い香りに、樽の香り。
 若干ウィスキーのようにも思える香り。

 酸味と甘味、樽の香り、アルコールの風味に柔らかい旨味、軽快な苦味――これらが怒涛の勢いで口内を刺激します。
 ……うん、なかなかに旨い。
 樽の香りにフルーティな味わいが相まってワインを飲んでいるような感覚も強いですね。
 逆に日本酒らしさは余り無いものの、日本酒の入り口としてはこれもアリだと思います。
 ただ個人的には普通の純米吟醸の方が好きかな?……面白い味わいなんですけども。

 食べ物との相性は結構良し。
 甘味や独特の香りがあるものの、様々な物に合わせられます。
 良い感じ!

 なかなかに良い酒でした。
 変化や如何に?

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 山田錦100%使用
 精米歩合 49%
 アルコール分 16度
 日本酒度 +1
 酸度 1.5
 アミノ酸度 1.1
 製造年月 09.5
 五町田酒造(株)


2009年08月05日追記――
 香りは全体的に柔らかく。
 特に樽香は軽く香る感じに。

 含み香は樽。
 酸味が増加し、甘味は減少。
 米の旨味がふわりと香るものの、日本酒からはますます離れた印象。
 ただこれはこれでアリ。


2009年08月06日追記――
 香りはさらに弱く?
 樽香が少々。

 さらに甘味が減少し、酸味と旨味が増加。
 日本酒らしさはわずかに復活した、かも?
 後口には渋味。
 少々崩れてきた印象です。


2009年08月08日追記――
 アルコールの香りとわずかな樽香。

 酸味、旨味、甘味、渋味、苦味。含み香は若干赤ワイン?
 綺麗さが減少し、個性も大分薄れてきました。ただ、まったりと飲めます。


2009年08月10日追記――
 アルコールの香りにわずかなワイン系の香り。
 樽香はほとんど感じません。

 甘味が減少。
 アルコール、旨味、酸味、渋味。含み香には樽香も少々。
 何だか全体の印象が薄ぼんやりと。
 ……居酒屋の値段が安いワインのような感覚も?
 加えて旨味の強さには調味料っぽさも若干。

 不味くはないですがかなり崩れました。
 なるべく早く――出来るなら開栓初日に飲みきった方が良いと思います。


1245540416_98.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 五町田酒造

東一 純米吟醸山田錦

 第182回目。
 「東一 純米吟醸山田錦」――佐賀県の酒です。
 今度は生のにごり酒にも挑戦します!(以前の感想:吟醸生純米吟醸Nero)

(飲み始め:2009年05月11日)

 スッキリとした甘い香り。生酒に比べると穏やかな香り。
 ……あえて言うならば、ブドウ系かな?

 んー、ジューシー!
 柔らかい甘味と酸味、米の旨味が口内でジュワーッと広がります。
 火入れしてあるのにフレッシュさは消えておらず、非常に飲みやすいです。……これは旨い!
 フレッシュでジューシーながらも、穏やかな味わいが良い感じ!

 食べ物とは甘味のある物と相性良し。他の物には甘味が干渉。
 おお、甘い物と凄く合う!これは良いなー

 ぬる燗――
 酸味、旨味が増加。まったり。
 熱燗――
 全体的に濃く。雑味も出現して、印象が少々ぼやける感じに。
 冷やして飲むのが一番ですね。

 いやー、良い酒だー
 やはり私的「初心者にお勧めの日本酒No.1」の座は不動です!(笑)
 ……ただ生酒の方が派手なので、より分かりやすいかも?
 火入れした酒も穏やかさがあって非常に良い感じですけどね~
 旨いぞー!

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 山田錦100%
 使用精米歩合 49%
 アルコール分 16度
 製造年月 09.2
 五町田酒造(株)


2009年05月12日追記――
 アルコールの香りが少々増加。若干メロン系の香りも。

 旨味と酸味が増加。甘味は若干控えめに感じます。
 初日の方が綺麗でしたが、これも悪くないですねー


2009年05月13日追記――
 香りはまったりと。

 旨味がさらに増加。味わいが太くなってきました。


2009年05月14日追記――
 甘い香り。パインヨーグルトのような?

 む、甘味が控えめになって軽快な酸味が前面に出てきたこともあり、スッキリとした印象の味わいに。
 結構良い感じです。


2009年05月15日追記――
 香りはヨーグルト系。

 旨味、酸味、甘味、渋味。
 アルコールの味わいが増加。
 含み香は……米?穀物っぽい甘い香りです。
 少々崩れてきたかな?


2009年05月16日追記――
 甘い香りが濃く。

 穀物のような風味が増加……さらに崩れてきました。
 開栓後は数日以内に飲んだ方が良さそうです。


1164280139_75.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 五町田酒造

東一 純米吟醸 Nero

 第118回目。
 東一の限定品です。
 お気に入りの銘柄と言うことで、とりあえず飛びついてみました(笑)
 ワイン樽貯蔵の物も別に購入してあるので、そちらも楽しみです。
 (……私のミスで駄目にしてしまいました。勿体ない……)

(飲み始め:2009年01月15日)

 佐賀県の酒です。
 「東一 純米吟醸 Nero」
 何でも洞爺湖サミットに納品された酒だそうですよ?(振る舞われたかどうかは不明)
 アルコール度数が低めなのも諸外国を意識した結果でしょうか?
 ワインボトルのような瓶もオシャレですねー

 さて――
 スッキリした甘い香り。それほど強くないもののマスカット系の綺麗な香りも。

 柔らかく優しい口当たり。
 酸味と甘味が口内でふわりと広がり、後口に若干旨味を残してスッと消えていきます。
 戻り香は青リンゴ。
 ……低アルコールもなかなか良いですね。
 非常に飲みやすい酒です。うん、なかなかに旨い。

 甘い物と相性良し。ただ余り食中酒には向かないかな?

 この酒は飲みやすさを優先したんでしょうね。
 普通の東一と比べると、良く言えばスッキリ、悪く言えば薄くて印象が弱い――と言った感じでしょうか?
 東一好きな私としては少々物足りなく感じました……
 ただ好きな人は凄く好きな酒だと思います。

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 49%
 原料米 山田錦100%使用
 アルコール分 13度
 日本酒度 +1
 酸度 1.4
 アミノ酸度 0.9
 製造年月 20.4.
 五町田酒造(株)


2009年01月18日追記――
 甘い香り。綿菓子のような香り。

 さっぱりとした味わい。弱めの酸味に米の旨味。
 ……何というか、ライトな白ワインのような味わい?
 この変化にはビックリです。

 ……直後の変化も見るべきだったかな?


2009年01月21日追記――
 甘い香り。若干まったり。

 酸味と甘味が増加。後口には渋味。軽快な味わい。
 ライトな白ワインやスッキリとした果実酢のような趣も。
 うん、悪くない。

 食べ物との相性もかなり良くなりました。

 最初の追記からは極端に変わらない感じでしょうか?
 結構強い酒質ですねー


1053342864_176.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 五町田酒造

東一 吟醸酒 生

 第94回目。
 本文中にも書いた通り、日本酒嫌いな人や日本酒初心者に是非飲ませたいお勧めの一本です。
 本当は純米大吟醸を推したいところですが値段が一本約2,500円と高めなので、コストパフォーマンスまで考えると今回の酒が非常に優れている気がします。
 さあ、何も言わずに飲むんだ!(?)

(飲み始め:2008年12月06日)

 本日は佐賀県の酒です。
 「東一 吟醸酒 生」
 こちらの蔵では全量自家栽培の山田錦を使用しているそうです。
 米作りから酒造りまで一年を通して酒と向かい合う……素晴らしい!

 マスカットのような甘い香り。

 んー、ジューシー。
 超微炭酸由来の酸味と華やかな甘味、その裏には意外にしっかりした米の旨味が、口の中でジュワーッと広がっていきます。
 パイナップルのような面持ちもありますね、うーん旨い!

 食べ物との相性は基本的に余り良くはありませんが、チーズや漬け物のような発酵食品と物凄く合います。お、甘い食べ物ともなかなか。

 やっぱり東一は日本酒嫌いな人に飲ませる酒の第一弾として最適だと思いますね。
 ただ少々甘味が強めなので、スッキリした酒が好きな方には若干重たく感じるかもしれません……私は大好きですが(笑)
 しかし1,500円ちょっとでこの味は本当にお買い得だと思います!

 ……さて開栓後の変化はどんな物でしょう。

データ――
 原材料 米、米麹、醸造アルコール
 原料米 山田錦100%
 精米歩合 49%
 アルコール分 17度
 製造年月 08.03
 五町田酒造(株)


2008年12月07日追記――
 香りは全体的に濃くなりました。甘い香りも増加。

 炭酸由来の酸味が無くなった代わりに、甘味と酸味が増加して濃くなった印象です。
 初日の方が飲みやすかったかな?

 もう少し置いてみます。


2008年12月11日追記――
 マスカット系の香りに酒の香り。少々濃いめの香り。

 ジュワッとした酸味にキリッとした甘味。しっかりとした米の旨味。渋味は若干。
 んー、濃い!

 ああ、やっぱりチーズと合うなー

 初日のインパクトは絶大でしたが、これはこれで悪くないですね。
 良い酒でした!


1015642097_251.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 吟醸 五町田酒造

東一 純米大吟醸

 さて、第1回目ということで私お気に入りのこちらをご紹介!
 そしてこれ以前の数回分感想は酒のデータを書き忘れていたこともあり省略です!(一つ除く)
 まだこの頃は感想を書き始めたばかりで手探り状態でしたが、逆に現在よりもしっかりとした感想が書かれている気もします……何と言うか今よりも起伏に富んだ感想?
 やはり中途半端な慣れは禁物ですねー
 知識を得るのは良くても、酒に対しては常に新鮮な気持ちで向かわなければ……
 7ヶ月前の日記に色々と思い知らされました。
 (2010年01月11日追記注:一番初めのこの記事から約2ヶ月分の記事は、某SNSで書いた感想に手を加えて転載した物になります。……しかし今になって見返してみれば、どちらの時期の感想も手直ししたくて仕方ありません……月日って恐ろしい)

(飲み始め:2008年01月17日)

 本日開けたのは家の冷蔵庫に2年近く入っていた父親の貰い物の酒です。
 ……放置し過ぎですねー
 実は、この酒を貰った当時はまだそれほど日本酒に興味無かったこともありまして……
 とりあえず冷蔵庫に入っていて良かったです!(!?)
 で、さらに微妙に不安にさせてくれるのがラベルにつけられた「生」のシール……本当に大丈夫でしょうかコレ?(笑)
 まあ気にしていても仕方がないのでレッツオープン!

 かなり熟成が進んでいるのでしょうか?
 単純に何かとは言えないような濃いフルーツの香りがします。あえて言うなら南国風な感じ?
 口に含むと――まずは少々熟れすぎたリンゴのような香りが。
 そして発泡はしていないのにも関わらず、微炭酸を思わせるような酸味が広がります。
 ただそれ以外の味も全体的に強く甘味、旨味どれもが鮮烈!
 う~ん旨い!
 そして喉越しが最高!
 飲みやすいですし、乾き物でも摘みながらいくらでも飲めそうな感じです。
 言うなればビール感覚?これは初体験だ……
 ただこれは熟成が進んでいることもあり、開栓後の変化を楽しむものではないかもしれませんね……もしかすると後は味が崩れる一方かも?
 既に完成品と言えるような、何というか……とにかく旨いんで何でもOKです!(笑)
 いつかフレッシュな物も飲もうと思いました!

データ――
 アルコール分 16度以上17度未満
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 山田錦100%
 精米歩合 39%
 使用酵母 熊本系自家培養酵母
 製造年月06.1
 五町田酒造(株)


2008年1月19日追記――
 開栓後2日目。
 崩れているかと思いきや、少しも色あせていません。
 甘味が強くなり酸味が薄まりましたが、香りと相まって非常に旨いです。
 純粋にこの酒自身をつまみに酒を飲むことも可能――
 つまりは食前酒でもなく――酒のために酒だけを楽しめる酒、といった印象?
 ってこれじゃよく分かりませんね(笑)

 先日、「発泡はしていないのにも関わらず~」と書きましたが、この酸味は二酸化炭素が酒中に溶けていることによるものですね、多分。
 つまり超微炭酸酒?
 なので4、5日ぐらい置くと酸味が抜けてしまう危険性もあるので、3日ぐらいで飲みきってしまうのが良いと思います。
 しかし旨い酒です……また買おう……


687120837_103.jpg tag : 純米大吟醸 五町田酒造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif