春鹿 純米大吟醸しろみき 活性にごり酒 生酒 (23BY)

 第559回目。
 「春鹿 純米大吟醸しろみき 活性にごり酒 生酒 (23BY)」――奈良県の酒です。
 昨年は飲まなかったのでほぼ二年ぶりの挑戦になります。(以前の感想:21BY20BY)
 ……!?おお、酒店の商品紹介のページを見直して今初めて気づいたのですが、この酒って実は結構特殊な商品なんですね!
 「春鹿の純米大吟醸(山田錦50%精米)の生酒」に「鑑評会のための出品酒用(山田錦40%精米)のもろみ」をブレンドした物とは……
 個人的に醸造酒のブレンドは余り好きではないのですが、元々味の多いにごり酒なら細かい部分も気になりませんし、結構面白い試みな気がします!
 同サイトによると低温熟成も楽しめるそうなので、いつかそちらも挑戦してみたいですねー
 では本文をどうぞ。

(飲み始め:2012年03月24日)

 さて、この酒の開栓には二度失敗している訳ですが……
 ただ今回の私は以前とは違いますよ?
 何たって秘策がありますからね!
 という訳で、今回の作戦は――
 一気に蓋を開けて、噴き出す前に注ぐ――です。
 ……完璧ですね。
 にごり部分が浮き上がる前ならそれほど炭酸も強くないだろう、という読みもある訳です。
 大体いつも失敗する時は、にごり部分で炭酸の通り道が塞がれるのが大きいですし。
 さあ早速開けるぞ!
 ……
 ……待てよ?もし想像してるよりもガス圧が高かったりしたら、開栓した途端に破裂する可能性も?
 ……
 気にせずオープン!(注:既に多少アルコールが入っていて色々と感覚が麻痺した上での行動です。くれぐれも真似をせず、風呂場等の酒がこぼれても平気な場所で開栓しましょう)
 ――読み通り!
 開けた瞬間の泡はそれほど強くなく、数拍後に一気に泡が出現し始めました。
 その時には既に猪口に酒を注ぎ終わっているので全く問題ありません!

 では上澄みから。……と言いつつもちょっと混ざって薄にごり風ですが。
 スッキリ穏やかな香り。
 米に……何だろう?
 若干リンゴ風?

 おう、良い炭酸だ!
 ハッキリとした甘味と旨味をキリリと引き締める炭酸由来の酸味、そして別種の酸味。
 結構甘味は強いですが、炭酸の刺激感もあってグイッと飲めてしまいます。

 続いて混ぜて。
 にごり酒らしい米の香りも若干追加。

 うん、上澄みと大きくは印象も変わらない感じですね。
 ただ新たに加わったたっぷりの米の風味が良い感じです。
 甘味、旨味、酸味、続くのは若干の苦味と渋味、米粒のエグみも少々。
 戻り香にはパイナップル。
 薄にごりではないにごり酒らしく、米の味わいはたっぷりですが、不思議と綺麗さも感じられる気がします。
 時々混ざっている米の粒の食感も何となく楽しいと言うか……
 この酒を一言で表すならば――上品などぶろく、でしょうか?(笑)
 近頃は綺麗さのあるにごり酒が色々と増えてきており、初めてこの酒を飲んだ時の驚きや特異性(?)は若干薄れてきてしまいましたが、やはりこの酒には独特の良さがあって良いですね~

 食べ物とは余り合わず。
 甘味が結構強いので、合わせるならば味の濃い物か甘い物と。
 ただ無理に合わせなくても良いかも。

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 50%
 アルコール分 15度
 製造年月 24.1
 (株)今西清兵衛商店


2012年03月25日追記――
 甘い米の香り。

 炭酸が大幅減少。
 たっぷりの甘味と旨味を引き締める微炭酸。
 炭酸の刺激感がかなり減って大分穏やかな感じになりましたが、味わい自体はそれほど変わっていません。
 甘味強めですねー


2012年03月26日追記――
 香りは米に若干パイナップル。

 甘酒風の風味が出現。
 濃厚な口当たりに若干の炭酸の刺激感。
 ほんのり味は増えてきた気がしますが、元の味わいが濃いので余り気になりません。
 まったり……


2012年03月28日追記――
 香りは余り変わらず。
 パイナップルジュース風の香り。

 濃厚です。
 炭酸がさらに減って濃さが際立ってきました。
 ただ甘味は若干減ったかも?
 代わりに旨味が若干増加。
 若干雑味が目立ってきました。


2012年03月30日追記――
 香りは弱く。
 米の香りがメイン。

 濃いなー
 濃厚な甘味と旨味に、酸味と苦味がビシッと。
 む、にごり部分に結構苦味が出てきましたね……全体的に雑味も強く。
 やはり炭酸がしっかりとある内にスパッと飲みきってしまいましょう!


1832822096_243.jpg
スポンサーサイト



tag : 純米大吟醸 今西清兵衛商店

春鹿 純米大吟醸 活性にごり酒 しろみき (21BY)

 第345回目。
 「春鹿 純米大吟醸 活性にごり酒 しろみき (21BY)」――奈良県の酒です。
 昨年飲んで気に入ったので今年もまた挑戦してみました!
 ちなみに前回更新と同じ会社の酒になります。
 で、今ちょうど昨年の感想を読み返しているのですが……当時はまだ活性にごりの本当の恐ろしさが理解できていなかったみたいですね。15分放置か……
 ……いや、昨年は昨年で大惨事だったのですが(笑)
 とりあえず来年までには上手い開け方を開発せねば!……頑張ります。

(飲み始め:2010年03月25日)

 さて、この酒は昨年開栓に大失敗した訳ですが……
 今日は少し開けてにごり部分を動かした後、しばらく冷蔵庫に放置してみる、かな?
 四合瓶だとどうしてもこぼれてしまうので、極力千枚通し使いたくないんですよねー
 20分経過――うん、無理です!
 これは1時間放置したとしても落ち着くとは思えません……
 さて、千枚通しで穴を…………はいこぼしました!
 でも心配ないです!ジャージのズボンが白ペンキをはねさせた感じになっただけです!
 ……もう怖いよ四合瓶の活性にごり。

 まあ、私の新しいトラウマはともかくとして――
 香りは柔らかい米の甘い香り。穏やかで良い香りです。

 はっきりとした甘味と旨味を、強めの炭酸がシュワーッと激しく上書きします。
 おお……蓋に開けた穴からキャッチした酒は炭酸が抜けていて甘味をさらに強く感じたのですが、随分印象が違いますね!
 含み香はパイナップルに米?良い派手さだ!
 これは良い味わいです!

 食べ物とは甘味や香りが干渉。単独で飲んだ方が旨いかな。

 値段は結構高い(720mlで2,205円)ですがやはり良い酒です!
 ただ昨年感じたにごり酒らしからぬ綺麗さや滑らかさは若干抑えめというか、昨年よりもにごり酒らしさが感じられました。……造りの差ではなく、私の味覚の変化の可能性もありますが。
 昨年の味わいに本当に感動したので、個人的には若干物足りなく思える部分もありましたが、それでも良い酒だと思いました!
 さて、変化や如何に?

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 山田錦
 精米歩合 50%
 アルコール分 15度以上16度未満
 日本酒度 +2
 使用酵母 協会901号、春鹿3号酵母
 製造年月 22.2
 (株)今西清兵衛商店


2010年03月26日追記――
 にごり酒らしい香りが強く。

 甘味が強く――いや、これは炭酸が弱くなった影響かな?同時に酸味は弱く。
 初日よりも米の旨味をしっかりと感じられます。
 口当たりもトロッとしたにごり酒らしさがはっきりと。
 ただこれもまた良い感じです。


2010年03月27日追記――
 アルコールの香りが微増。甘酒風の香りも。

 旨味とアルコールの風味が強く。
 炭酸がさらに減少し、含み香にも甘酒風の面持ちが。
 そして舌触りは少々粉っぽく。

 ううむ、悪くないですが、大分個性が消えてきましたね……


2010年03月29日追記――
 旨味を感じる香りが強く。酒粕風の香り。

 お、上立ち香と同様に、酒粕から作る甘酒風の雰囲気が。
 甘味、旨味、酸味。
 舌触りはさらに粉っぽく、ただこれがさらに甘酒感を増幅。
 丁寧に作った穏やかな甘酒?
 初日とは全く別の味わいですが、これはこれで悪くないですねー


2010年03月31日追記――
 さらに旨味を感じさせる香りが強く。
 酒粕から作った甘酒を思わせる香りに、極わずかにパインジュース系の香り。

 味わいも香りと同様に、甘酒と少々パインジュース?
 甘味、旨味がたっぷり。
 そして柔らかい酸味とパインジュースを思わせる含み香。
 炭酸が完全に抜けたため、粉っぽさがさらにはっきり。
 ううむ……雑味は余り増加していないものの、開栓直後とは完全に別物ですねー
 個人的にはそれほど悪くないと思いますが、早めに飲んだ方が確実に旨いです。
 炭酸の十分にある内――二、三日で飲みきりましょう!


1445878812_38.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米大吟醸 今西清兵衛商店

はるしか ときめき

 第344回目。
 「はるしか ときめき」――奈良県の酒です。
 まるで100%ジュースや新鮮な果実を口に含んでいるかのようなフレッシュ感とジューシーさを持つ低アルコール日本酒です!
 そして今気付いたのですが、酒販店の商品説明に「キンキキッズの堂本剛君のお気に入りのお酒です」との文字が。
 ……とりあえずKinKi Kidsファンの方は、普段日本酒を飲まなくても是非飲みましょう!
 まあ、それは冗談にしても(笑)、一般的な「酒」が苦手な方であっても(体質的に飲めない方を除いて)この酒なら抵抗無く飲める気がします。
 こういう酒が多くの場所で手軽に手に入れられると良いんですけどね~
 では本文をどうぞ。

(飲み始め:2010年03月23日)

 開栓!プシュッと快音が。
 しかし全く酒自体は吹き上がらず。……良いことです(笑)

 まずは上澄みから――
 おお炭酸の泡が結構ありますねー
 香りは……何だろう?何らかの花?
 甘い、若干酸味を感じさせる香り。

 んー、フレッシュでジューシー!
 味わい的にはシードルに近いと言うか、爽やかな炭酸入りのジュース?
 果物――ブドウやリンゴを思わせる甘味と酸味が口いっぱいにジュワッと!
 うん、結構旨いですね。
 もしかしたら人によっては酒だと気づかないかも?……それは無いか(笑)

 続いてにごり部分を混ぜて――
 む、結構混ざりにくいですね、ちょっと振るぐらいしないと混ざりません。
 上澄みよりも酸味と旨味が増え、味覚情報そのものが複雑に。
 甘味は若干控えめに感じますが、より果実感と言うかジュースらしさが増した感じです。
 微妙な渋味や苦味の効果でしょうか?
 これまた旨いですねー
 私は混ぜた方が好きかな?

 甘い物以外の食べ物とは合わないので、食前酒や食後酒としてさらっと飲むのが良いと思います。
 ただ甘い物とは凄く合います!

 いかん、飲みやすいので一本一気にいってしまう所でした(笑)
 ゴクゴク飲めます!
 一応変化も見てまいりますよ~

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 70%
 アルコール分 6%
 製造年月 22.2
 (株)今西清兵衛商店


2010年03月24日追記――
 香りは花に……発酵食品?

 爽やかな微炭酸入りリンゴジュースを思わせる味わい。
 甘味と酸味の混ざり具合が心地良いですね~
 初日と余り味わいは変わらず……旨いです。


2010年03月26日追記――
 旨味を感じさせる香りが強く。若干ペタッとした感じの香り。

 旨味と酸味が強く。
 わずかにクエン酸の効果か、リンゴ酢を思わせる雰囲気が少々。
 甘味は若干控えめに。
 この味わいも良いですね!個人的にも結構好みです!


2010年03月29日追記――
 サクランボ系の香りが若干?

 旨味と酸味がさらに増加。甘味、酸味、旨味がジュワッと。
 ……おお、結構旨いです。これはスゴい!
 全体的に濃くなって綺麗さも減っていますが、味わいのバランス的にはほとんど崩れていません。アルコールの風味が若干増したぐらい?
 多分300mlと少量なので、ほとんどの方が変化など見ないでしょうが、この変化はアリですね~

 初日の味わいが気に入った方や、軽快な味がお好みの方はなるべく早く飲むべきだと思いますが、ちょっと置いてみても面白いかもしれませんよ?
 うん、今まで飲んできたアルコール度数一桁の低アルコール日本酒の中で、この酒は個人的にかなり上位に入りますね~
 値段は300mlで546円。日本酒が苦手な方にも是非!お勧めです!


1444179649_193.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米 今西清兵衛商店

春鹿 白滴 純米吟醸 生原酒

 第219回目。
 「春鹿 白滴 純米吟醸 生原酒」――奈良県の酒です。
 春鹿の売れ筋商品「而妙酒 白滴」の数量限定生原酒バージョンとのこと。
 限定――良い言葉ですね。……って、相変わらずな発言ですみません(笑)
 ……本文をどうぞ~

(飲み始め:2009年07月13日)

 まったりとした甘い香りの後ろから、柔らかい酸味を感じさせる香りが。
 ヨーグルト系の香り?

 おお……柔らかい口当たり。
 甘味、酸味、旨味が口内で渾然一体。甘味が若干強め。
 アルコール感がそこそこ強く少々苦味は感じるものの、なかなかに良い味わいです。
 腰が強くドッシリ――とまではいかないものの、結構落ち着いた印象のある酒ですね。

 食べ物と合わせるなら味の濃い物と。薄い物には甘味が干渉。

 ぬる燗――
 甘味と酸味が立ち上がり、バランスは少々悪く。ただ面白い感じです。
 熱燗――
 全体的に味が濃く。アルコールの味わいや苦味も増加。

 冷やして飲むのが一番ですね~
 なかなかに良い酒でした!

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 山田錦100%使用
 精米歩合 60%
 アルコール分 17度以上18度未満
 日本酒度 +5
 酸度 1.3
 製造年月 21.3
 (株)今西清兵衛商店


2009年07月14日追記――
 若干香りは濃く。

 まったりと柔らかい味わい。
 甘味、旨味、酸味。若干甘味が減少したかな?
 アルコール感も減少。
 良い味わいです。


2009年07月16日追記――
 アルコールの香りが若干増加。
 少々スッキリめの香り。

 旨味と酸味が増加。甘味はさらに減少。
 後口には若干渋味。
 まったりとした味わい。


2009年07月19日追記――
 少々濃い感じの甘い香りに、若干酸味が感じられるような香りも。

 口に含んだ瞬間に感じる甘味はすぐに消え、続いて酸味と旨味が広がります。
 後口の渋味やエグみが増加しており、少々舌に引っかかる感覚も。
 優しい含み香は感じるものの、結構大きく崩れてしまった印象です……
 早めに飲んだ方が良いと思います。

 冷蔵庫内でしばらく寝かせてしまったのですが、もう少し早めに飲んだ方が良かったかも、と少々後悔。
 次に飲むならもっとフレッシュな内に飲みたいですね。


1224858091_21.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 今西清兵衛商店

春鹿 しろみき 純米大吟醸活性にごり生酒

 第160回目。
 詳しくは本文中に譲るとして、私が今までに飲んだにごり酒の中で一番の旨さだと思います。
 最初に少しこぼしたとは言え、二日で飲み終わってしまうとは……危険な酒だわー
 ただ、少々開栓するのが大変なので、軽々しく人の家に持っていけないと言うのが問題でしょうか?
 ……今回は失敗しましたが、泡が上がってきたら落ち着くまで15分ほど放置してみるのも良い気がしますよ?
 苦労に見合うだけの美味しさは間違いなくあります!お勧めです!

(飲み始め:2009年04月06日)

 奈良県の酒です。
 「春鹿 しろみき 純米大吟醸活性にごり生酒」
 なんと純米大吟醸の活性にごり酒です!
 にごりで純米大吟醸……果たしてもろみのある状態で大吟醸の綺麗さは表現出来るのでしょうか?
 少々緊張しつつオープン!……は慎重に。

 軽く開けると……おお液面が急上昇!うわ、濁り部分が全部浮き上がった!
 ……さて、これは今日の戦いも長くなりそうだ。
 ――10分後。ああ、泡が消えない……何度目かの開け閉め……
 ピキン!――?……蓋がねじ切れた!ギャーッ!
 ブシューッ!と勢いよく蓋の隙間から吹き出る酒……
 蓋を押さえ――ブシュー
 ……瓶の中身が六分の一程無くなりました…………

 さて――
 柔らかく綺麗なもろみの香り。スッキリとした香りはにごり酒を余り感じさせません。
 猪口へ近づけた顔にプチプチと炭酸のしぶきが当たるのはご愛敬。

 おお!これは旨い!
 こんなに綺麗な味わいのにごり酒を飲んだのは初めてです!
 何というか、にごり酒の良さがあるのに、にごり酒を感じさせないような酒質?
 泡がきめ細かい……微少の泡がピチピチと口内で弾けます。
 綺麗な甘味に柔らかい米の旨味、スッキリとした軽快な酸味――
 あー良いバランスだー
 含み香はマスカットにモモ。
 ああ、これは凄いな。余り多くの種類を飲んだ訳ではありませんが、今まで飲んできたにごり酒の中で、個人的にはダントツに旨いと思います!

 食べ物との相性も結構良し。良い酒だー

 うわ、飲みやすいのでいつの間にか大量に飲んでしまっていました。危険だわー
 ……基本的に同じ酒を買うよりも新しい酒を買う方が好きですが、この酒はまた買いたいと思いました。
 この会社の他の酒も買わねば!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 山田錦
 精米歩合 50%
 アルコール分 15度以上16度未満
 日本酒度 +2
 使用酵母 協会901号、春鹿3号酵母
 製造年月 21.2
 (株)今西清兵衛商店


2009年04月07日追記――
 香りは余り無いものの、柔らかくほんのり甘い香り。

 口当たりは非常になめらか。
 含み香は綺麗な甘酒風に若干パイナップル系。
 炭酸が弱まったため、少々甘味を強く感じますが、旨い……

 何と言うか飲んでいて非常に楽しい酒です!
 カパカパといくらでも飲める感じ?
 ……飲み終わってしまいました(笑)

 この酒はにごり酒が好きな方にはもちろん、にごり酒が苦手な方にもお勧めです!
 720mlで2,205円と少々値は張りますが、その価値は十分にあります!旨い!


1130766737_93.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米大吟醸 今西清兵衛商店
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif