スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純米活性にごり酒 どぶろっく (23BY)

 第533回目。
 「純米活性にごり酒 どぶろっく (23BY)」――青森県の酒です。
 約1年前の感想に書いたとおり、今回は密閉蓋になります!
 ……結果は、まあ本文を見ていただくとして…………しかし炭酸の強さって結構瓶による個体差とかもあるものなんでしょうか?
 ……とりあえず細かいことはともかく、やっぱりこの時期のフレッシュなにごり酒は良いですよね!
 と、何度も同じようなことを言いつつ(笑)――本文をどうぞ!

(飲み始め:2012年01月16日)

 今回の作戦は「開けて吹き出す前に注ぐ!」だ!
 なにせ今回は密閉栓ですからね~……緊張するなぁ……
 さあオープン!
 ……!?
 あれ?……微炭酸?
 普通に注げました………………まあ良し!(笑)

 まずは上澄みから。
 甘い香り。
 米に、若干ペタッとした香り?

 んー、フレッシュ!
 炭酸が爽やかで良いですね~
 炭酸由来の酸味がメインで、続いて香りと同様若干ペタッとした旨味と甘味が炭酸とは別種の酸味と共に舌にググッと絡みます。
 うん、悪くない……

 続いて混ぜて。
 柔らかい旨味と甘味が前面に。
 これまたフレッシュで良い感じです!
 ただ、にごり部分がそれほど多くないせいか、余りにごり酒にごり酒していない感じかも?
 グイグイ飲めてしまいますね~
 なかなかに良い!

 食べ物と合わせるなら味の濃い物か甘い物と。
 他の物には甘味が干渉。
 お、甘い物とかなり合いますね~

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 78%
 アルコール分 16度
 製造年月 11.11
 八戸酒造(株)


2012年01月17日追記――
 エステル香が増加。
 若干バナナっぽい香りも。

 炭酸と酸味が大幅に減り、だいぶ穏やかな印象に。
 丸みを帯びた甘味が増加。
 舌触りには若干粉っぽさ、含み香には米、にごり酒らしさが強く。
 うん、柔らかく甘味を引き締める酸味が良い感じですね~
 初日の爽やかさも良かったですが、個人的には今日の味わいの方がこの酒の骨格が見える気がして好きかもしれません。
 ……ただこれは完全に好みの問題だと思います。ご注意を。


2012年01月18日追記――
 アルコールの香りが若干増加。
 ブドウを思わせる香りも若干。

 炭酸はさらに減少したものの、酸味は逆に若干強く。
 アルコールの風味も若干増加。
 ただ大まかな印象はそれほど変わっていません。


2012年01月20日追記――
 米に、ラムネやサイダーを思わせる香り。

 甘味と旨味が増加し、結構濃厚な印象が出現。
 酸味は若干減少。
 粉っぽさが少し増え、全体的に味が多く。
 綺麗さは少し減ってきましたが、それほど崩れた感じではありません。


2012年01月22日追記――
 アルコールの香りが増加。
 若干カルピスっぽさも?

 アルコールの風味と甘味、苦味、渋味が若干増加。
 口当たりには若干重量感。
 後口にはエグみも少々。
 バランスが崩れてきました。
 開栓後は二、三日で飲みきった方が良いと思います。


1814440506_234.jpg
スポンサーサイト
tag : 純米 八戸酒造

陸奥八仙 純米吟醸 新春祝酒 生

 第527回目。
 「陸奥八仙 純米吟醸 新春祝酒 生」――青森県の酒です。
 昨年末に飲んだ酒に続き、今回も陸奥八仙の一升瓶になります!
 やはり来客がある場合には一升瓶があると頼もしいです!……いつもより飲み過ぎますけども。
 ……しかし何より「新春祝酒」って名前が良いですよね、目出度い感じで。
 今年はいい年になると良いなぁ……

(飲み始め:2012年01月01日)

 この香りは……ブドウにメロン?
 スッキリ綺麗な香りです。

 ジューシーな酸味の後ろから穏やかな旨味と甘味がジワーッと口の隅々まで浸透します。
 後口には舌で広がる苦味と渋味が少々。
 柔らかさがありつつも、飲み応えがあって良いですね~
 軽快な口当たりから、酸味と旨味でグイグイ飲ませてくれます。
 うん、良い味わいだ!

 食べ物との相性も悪くない感じです。その中でも甘い物とは特に合います!

データ――
 原材料 米、米麹
 精米歩合 55%
 アルコール分 17度
 製造年月 11.12
 八戸酒造(株)


2012年01月02日追記――
 うん、綺麗な香りだ……
 これは……マスカットとメロンかな?

 炭酸と酸味が減少し、甘味が若干増加。
 初日の刺激感のある飲み口から、だいぶ穏やかな印象になりました。
 含み香も初日より綺麗に、そして若干華やかになった気がします。
 綺麗さとたっぷりの味わいが同居しているのが良いなぁ。
 飲みやすくて良い感じです!


2012年01月03日追記――
 マスカット風の香り?

 甘味と旨味、酸味が増加し、結構しっかりとした味わいに。
 後口には若干引っかかる感触が出現。
 ただまだ悪くないかな?


2012年01月04日追記――
 アルコールの香りが若干増加し、しっとり感も強く。

 アルコールの風味と苦味、エグみが増加。
 口当たりも少々悪く。
 若干崩れてきました。


2012年01月06日追記――
 甘いシロップ風の香りにアルコールの香り。

 前回の変化がそのまま進み、かなり崩れてしまいました……
 開栓後は早めにスパッと空けてしまいましょう!
 個人的には二日目の味わいが一番好みでした。フワッと酒が開いてきた感じで。


1810257696_48.jpg tag : 純米吟醸 八戸酒造

陸奥八仙 銀ラベル 吟醸あらばしり 無濾過生原酒 (23BY)

 第522回目。
 「陸奥八仙 銀ラベル 吟醸あらばしり 無濾過生原酒 (23BY)」――青森県の酒です。
 今期一発目の新酒になります!……いやー、しかし色々と購入すると何から飲むか迷いますねー(笑)
 この新酒らしい瑞々しさがたまりません!普段日本酒を飲まない方にも、是非この時期の新酒の美味しさを知っていただきたい所です……
 ここの会社の他の酒も含めガンガン飲んでいきますよ~

(飲み始め:2011年12月22日)

 フレッシュさと穏やかさが同居した甘い香り。
 若干しっとり感のある砂糖菓子?
 アルコールの香りも若干。

 おお、濃い!
 そしてフレッシュだ!
 あー、このピリピリ感がいかにも新酒って感じで良いですね~
 含み香にはパイナップルと麹、そして何らかの砂糖菓子風?
 たっぷりの甘味と若干刺激感のある酸味、そして柔らかい旨味が、若干の苦味とアルコールの風味、舌に絡む渋味と共に口内で一気に炸裂します。
 洗練された感じよりも結構荒々しさが立っている印象ですね……だがそれが良い!(笑)
 飲み応えがあるのに、それでも飲みやすいのはさすがです!
 グイグイいけますね~

 食べ物とは甘味が干渉し、味が薄めの甘い物にはアルコールの風味が干渉するので無理に合わせなくても良さそうです。
 合わせるなら味の濃い物か、しっかりとした甘い物と。

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 原料米 麹/華吹雪、掛/まっしぐら
 精米歩合 麹米55%・掛米60%
 アルコール分 18度
 製造年月 2011年12月
 八戸酒造(株)


2011年12月23日追記――
 香りは若干丸っこく。

 おう濃い!
 刺激感や酸味が減少して甘味と旨味が強く。
 初日よりも濃く丸くなった印象です。
 アルコールの風味や渋味などの雑味や、若干の重量感はありますが、土台の味わいが強力なのでそれほど気にはなりません。


2011年12月24日追記――
 香りは若干穏やかしっとりと。

 アルコールの風味と苦味、旨味が増加。
 後口の渋味も若干増。
 初日とは少し違う方向に尖った感じですねー、キリッと。
 そして口当たりの重量感も若干増加し、雑多な印象が強く。わずかに崩れてきたかも?


2011年12月26日追記――
 香りはさらに穏やかに。
 アルコールの香りも若干増加。

 前回のキリッとした印象はそのままに甘味が増加。
 強めの甘味にアルコールの風味と渋味が絡みます。
 口当たりの引っかかる感触やエグみも強くなっていますが、甘味が強いのでそこまで目立ってはいません。
 ただ初日の良さと比べると結構崩れてきた印象です。


2011年12月28日追記――
 香りは若干控えめに。

 若干甘味に重量感が出てきました。
 そして口当たりのピリピリ感が強く。
 苦味やエグみも増加。
 大崩れといった感じではありませんが、ここまでは置かない方が飲みやすくて良いと思います。
 ただこれはこれで比較しなければまだアリかも。……まあ余り置かずに大人数でスパッと空けてしまいましょう!


1806461645_202.jpg tag : 吟醸 八戸酒造

陸奥八仙 ひやおろし ミドリラベル 特別純米無濾過原酒 (22BY)

 第516回目。
 「陸奥八仙 ひやおろし ミドリラベル 特別純米無濾過原酒 (22BY)」――青森県の酒です。
 一昨年に飲んだ酒に再挑戦してみました。
 比較してみると感想に結構細かい違いがあって、自分でもちょっと興味深い感じです。
 同社のにごり酒や新酒も購入したので、そちらも近々飲みますよ~

(飲み始め:2011年12月04日)

 穏やかな甘い香りと、そこに絡む若干の酸味を感じさせる香り。

 第一印象は強い甘味がパッと弾ける濃厚な感じでしたが、二口目を含むとハッキリとした旨味が甘味を若干押しのけて味わいのメインに座り、軽快さはあるものの芯のしっかりとした酸味がそこに絡みます。
 後口には若干渋味。
 うん、第一印象の濃厚さはほぼ姿を消して、逆にどこかスッキリとした雰囲気さえ感じますねー
 口当たりにはわずかに重量感があるものの、良い感じです。

 味の薄い物には若干甘味が干渉しますが、食べ物との相性はなかなかに良し。
 甘味のある物の方が合う感じですねー

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 麹:華吹雪、掛:むつほまれ・まっしぐら
 精米歩合 麹55%、掛60%
 アルコール分 17度
 製造年月 2011年4月
 出荷年月 11.09
 八戸酒造(株)


2011年12月05日追記――
 甘酸っぱい香りが若干増加。

 甘味とアルコールの風味がわずかに増加。
 大まかな印象は余り変わらないものの、初日よりも一部分は穏やかに一部分はスッキリとした感じです。
 まったりと飲めて良いですね~


2011年12月06日追記――
 穏やかな甘い香り。

 アルコールの風味が若干増加。
 ただ穏やかな印象が強く。
 うん、柔らかい……


2011年12月08日追記――
 若干旨味を感じさせる香りが追加。
 少しだけペタッとした香り?
 パイナップルキャンディ風の雰囲気も。

 アルコールの風味がさらに増え、少しだけキリッとした味わいに。
 また旨味と若干渋味も増加して、反対に口当たりには重量感も。
 段々と味が増えてきて綺麗さも減ってきましたが、まだ悪くない感じです。


2011年12月10日追記――
 香りのしっとり感が強く。
 若干甘酸っぱい香り。

 旨味と渋味、アルコールの風味が若干増加。
 前回の変化がそのまま進んだ感じですが、前回よりもバランスは良い、かも?
 味の多さをキリッとした感じが抑えているというか……うん、悪くないですね!
 ただやはり崩れた訳ではないのですが、ここまで置くよりも早めに飲んだ方が綺麗で飲みやすいと思います。


1801459720_2.jpg tag : 特別純米 八戸酒造

陸奥八仙 華想い 生 純米大吟醸無濾過原酒 (22BY)

 第462回目。
 「陸奥八仙 華想い 生 純米大吟醸無濾過原酒 (22BY)」――青森県の酒です。
 陸奥八仙の生原酒らしい濃く甘い味わいと、純米大吟醸ならではの綺麗さが組み合わさって良い感じでした!
 日本酒が苦手な方にもお勧めですよ~
 ただ結構甘味が強めなので、この系統でもう少しスッキリとした味わいの物がお好みでしたら、同ブランドの原酒ではない物の方がお勧めかもしれません。……いや、私もまだしっかりと比較出来るほどは飲めていないので、間違っている可能性もあるのですが……うん、今度色々と買ってきます。

(飲み始め:2011年06月23日)

 注いだ瞬間に立ち上る香りは綺麗で華やか!
 鼻を近付けて嗅ぐと穏やかさもある甘い香り。
 メロンに米……何らかの果物?

 濃いな~
 それでいて綺麗さもありつつジューシー!
 うん、良い味わいです!
 しっかりとしながらも柔らかいたっぷりの甘味と、そこに絡み引き締めるジューシーな酸味とわずかな苦味、そして強すぎないアルコールの風味がキリッと良いアクセントに。

 食べ物とは甘味が干渉するので余り合わず。
 ただ甘い物とは合いますね~
 無理に合わせなくても良いと思いますが、甘い物と一緒にデザート酒として飲むのも良さそうです。

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 華想い(青森県産)
 精米歩合 50%
 アルコール分 17度
 製造年月 2011年3月
 八戸酒造(株)


2011年06月24日追記――
 あ、なるほど……洋ナシやリンゴの雰囲気もある感じですね~
 良い香りです。

 おお、甘い!
 甘味が強くなり口当たりも若干しっかりと。
 そして刺激感が減少して穏やかさも出現。

 お、食べ物との相性は若干向上。
 味の濃い物と無難に合わせられるように。


2011年06月25日追記――
 アルコールの香りが若干増加し、香りは若干しっとりと。

 酸味が若干増加。
 強い甘味を刺激感の増したアルコールの風味と共に引き締めます。
 旨味も若干増え、少しだけ重量感も。
 ただまだまだ悪くないですね~


2011年06月27日追記――
 アルコールの香りがさらに増加。
 しっとりキリリと。

 アルコールの風味が増加し、甘味も前回より前面に。
 後口の苦味も若干増。
 若干クセが出てきたかも。


2011年06月29日追記――
 若干香りには重量感。
 わずかにクラッカーを思わせる香りも?

 旨味が若干増加し、酸味は減少。
 ペタッとした甘味と旨味、そこに絡むアルコールの風味と苦味。
 後口には若干エグみが出現し、少々重たい印象も。
 クセが増え若干バランスも崩れてきました。
 ここまでは置かない方が良さそうです。……毎度のことながら勿体無い。


1741296445_110.jpg tag : 純米大吟醸 八戸酒造

どぶろっく 純米活性 にごり酒 (22BY)

 第401回目。
 「どぶろっく 純米活性 にごり酒 (22BY)」――青森県の酒です。
 2年前に飲んだ酒に再挑戦です。……しかし前回の感想シンプルだなー
 来年買うとしたら密閉蓋の物にも再挑戦したいですね。

(飲み始め:2010年12月12日)

 穴あき蓋の効果で全く吹き上がらず。
 楽ですが、若干寂しい気分……いや、自分でこちらを選んだのですけども(笑)

 まずは上澄み――
 結構ハッキリとした甘い香り。
 熟れたバナナ、若干エステル香寄り。

 おお、濃い!
 濃厚な旨味と甘味が、刺激感のある酸味と共に口内で炸裂!
 アルコールの味わいもキリッと。
 若干尖った印象はありますが、悪くないですね~

 続いて混ぜて――
 む、なかなか混ざらないな……
 米の香りが増して、全体的に穏やかな香りに。うん、良いですね。

 旨味たっぷり!
 酸味が爽やかで良い感じです!
 炭酸由来の酸味と他の酸味が両立している印象でしょうか。
 舌触りには若干粉っぽさはあるものの、炭酸の爽やかさや刺激感で余り気になりません。トロトロです。
 上澄みのみと比べると甘味は若干控えめですが、旨味をググッと押し上げる甘味が良い感じです。
 うん、飲みやすい!
 これはなかなかに旨いなー

 味の濃いつまみ系の食べ物とは合わなくもないのですが、無理に合わせず単独で飲んだ方が良さそうです。

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 78%
 アルコール分 16度
 製造年月 10.11
 八戸酒造(株)


2010年12月13日追記――
 米の香りにエステル香。
 そしてヨーグルトを思わせる香り。

 酸味とアルコールの風味、苦味が増加。
 炭酸は若干減ったものの、代わりに別種の酸味が増している印象です。
 若干クセが出てきましたが、悪くないですね。


2010年12月14日追記――
 香りは少々マイルドに。
 熟れたバナナやメロンを思わせる香り。

 甘味が若干増加。旨味、甘味、酸味がまとめてググッと。
 濃厚でありながらもどこか柔らかい飲み口。
 後口には苦味と若干の渋味。
 うん、なかなかに良い感じです。


2010年12月16日追記――
 香りは米にサイダー。若干エステル香。

 甘味が増加して前面に、反面酸味は以前よりも若干控えめに感じます。
 炭酸はほぼ消滅し、全体的にさらに柔らかい口当たりに。
 派手さは無くなりましたが、この変化も悪くないですね~


2010年12月18日追記――
 香りは弱く。若干メロン風。

 甘味と酸味が微増。旨味とアルコールの風味も増加。
 アルコールと、わずかに残った炭酸の刺激感。
 後口には若干のエグみ、渋味、苦味、そして舌に引っかかる感触も。
 む、飲んでいる内にクセがさらに強く。
 大崩れしたほどではありませんが、ここまでは置かない方が良さそうです。
 炭酸の刺激感やフレッシュさを味わいたければ初日に飲みきってしまっても良いかもしれません。
 ただ密閉蓋ならもう少し炭酸が持続した可能性がありますね。……一応今回も穴あき部分にはセロテープを貼ってたんですけども(笑)


1638262286_116.jpg tag : 純米 八戸酒造

陸奥八仙 特別純米 無濾過原酒 ひやおろし

 第296回目。
 「陸奥八仙 特別純米 無濾過原酒 ひやおろし」――青森県の酒です。
 近頃新酒の誘惑が激しいですが、今回もひやおろしです!
 ……まあ冷蔵庫が発達していない時代には、新酒を飲むよりも一夏を経て落ち着いたひやおろしを飲むのが普通であった、と考えればそれほど問題は無いような…………相変わらず季節感が無くて申し訳ありません。
 それはともかくとして(!?)、濃厚な甘(旨)口酒好き御用達の陸奥八仙です。
 生酒よりも若干落ち着いた味わいが結構良い感じですよ~

(飲み始め:2009年11月26日)

 しっとりとした甘い香り。
 米の香りと、何だろう……若干黒蜜飴?

 濃厚な甘味がジュワッと口内を満たします。
 しかし口当たりにはどこか軽快さも。
 甘味のすぐ後ろから旨味、若干苦味。
 生酒のフレッシュさも良いですがこれも結構良いですね~

 食べ物と合わせるならこの酒に負けないぐらい濃厚で味の濃い物と。
 濃厚なチーズやバターを使った甘い物などが良いですね。
 旨い!

 常温――
 甘味は少々控え目に?
 柔らかくてなかなかに良い感じです。

 ぬる燗――
 甘味が常温より強く。

 熱燗――
 アルコール感は立ちますが悪くないですね。

 変化球的に温めるのも良さそうです。
 ただ冷やして飲むのが一番かな?
 なかなかに良い酒でした~

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 華吹雪・むつほまれ(青森県産米100%使用)
 精米歩合 麹米55%、掛米60%
 アルコール分 17度以上18度未満
 製造年月 2009.8
 八戸酒造(株)


2009年11月27日追記――
 穏やかなしっとりとした甘い香り。

 甘味が減少して濃厚さも若干控え目に。
 インパクトは初日の方が上でしたが、今日も飲みやすくて良いですね~

 そして食べ物との相性も大幅に向上!
 かなり幅広く合わせられるようになりました。


2009年11月28日追記――
 少々香りは重たく。

 旨味とアルコールの風味が増加。
 甘味は結構ありますが、昨日の変化がさらに進んだ印象も。
 まったりと。


2009年11月30日追記――
 旨味を感じさせる香りが強く。
 ……野性味溢れる蜂蜜?若干調味料っぽくも。

 旨味が強く。甘味と旨味がまったりと。
 含み香にも若干調味料感。ただ悪くはないですね~


2009年12月02日追記――
 少々香りは重たく。

 アルコールの味わいが濃くなり、旨味もさらに強く。
 苦味や渋味が増加。若干舌に引っかかる感触も出現。
 大崩れはしていないものの、少々バランスは悪くなってきています。
 早めに飲んだ方が旨いですね。


1348405341_124.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 特別純米 八戸酒造

陸奥八仙 吟醸中汲み 無濾過生酒

 第270回目。
 「陸奥八仙 吟醸中汲み 無濾過生酒」――青森県の酒です。
 以前飲んだ純米吟醸は濃厚な味わいでしたが、今回の酒は味の濃さはあるものの軽快で飲みやすい印象が先に立ちました。
 夏吟醸もそうでしたが、ここの会社の吟醸酒は軽い口当たりを目指して造られているのでしょうか?……いや、それとも原酒かそうでないかの違いかな?
 ……まあ、私が言えるのはどれも旨かった、と言うことですね(笑)

(飲み始め:2009年09月29日)

 穏やかな甘い香り。
 アンズを思わせる香りも。

 お、結構甘味が強いのにも関わらず口当たりは軽快で、スルスルと喉の奥に滑り落ちていきます。
 うーん、飲みやすい!綺麗な口当たりです。
 アルコール添加酒ではありますがアルコール感はほとんどありませんね~
 口に含むと同時にパッとはじける甘味、その後ろから旨味がジワリ。
 いやぁ、旨いです!
 む、飲んでいる内に旨味が強く。これもまた良い感じです。

 食べ物との相性は、甘味が強いのにも関わらず、幅広く無難に合わせられますね。
 甘味のある物との相性はさらに良し!

 やはりこの会社は良い酒を造りますね~
 ……ひやおろしも早く飲まなければ。

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 原料米 華吹雪、むつほまれ(青森県産米100%使用)
 精米歩合 麹米55%、掛米60%
 アルコール分 16.5度
 製造年月 09.6
 八戸酒造(株)


2009年09月30日追記――
 甘い香りバナナにアンズ。うん、良い香り。

 クッキリとした輪郭の甘味がパッと。
 旨味と酸味がジワリ。
 口当たりは初日よりもさらに軽快に。旨いです!


2009年10月01日追記――
 わずかにアルコールの香りが増加。

 旨味とアルコールの味わいが強く。
 若干濃い感じになったせいか、口当たりの綺麗さは少々減少。
 しかしこれはこれで!


2009年10月03日追記――
 干しアンズの香り?

 穏やかで柔らかい口当たり。
 甘味が控えめになって旨味が目立つように。
 これはなかなかに良いバランス!
 良い味わいです……


2009年10月05日追記――
 駄菓子のアンズのような香り?

 旨味とアルコール感が増加。
 綺麗さは減少し、若干バランスも悪く。
 うーむ、少々崩れてきましたね……
 大崩れではありませんが、余り長期間は置かない方が良さそうです。
 数日以内に飲みきりましょう!……ああ、勿体ないことしました。

 良い酒でした!


1297263865_16.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 吟醸 八戸酒造

夏どぶろっく 純米活性にごり酒

 第264回目。
 「夏どぶろっく 純米活性にごり酒」――青森県の酒です。
 夏酒です!……多分これで最後の筈?……多分。
 そんな前置きはともかくとして、以前飲んだ「どぶろっく」の夏酒バージョンになります。
 主力銘柄の陸奥八仙とはまた違った種類の酒ですね~、これはこれで面白い感じです。

 ……開栓後は早めに飲みましょう。

(飲み始め:2009年09月17日)

 うーむ、やはり炭酸が余り立ち上りませんねー
 次からは炭酸抜け対策を施してみます!
 ……で、強炭酸の酒に施してとんでもない事態になる、と。
 ……あり得ないとは言い切れませんね(笑)

 それはともかく、まずは上澄みから――
 スッキリとしたアルコールの香り。

 炭酸は微炭酸ぐらい。
 ハッキリとした甘味と旨味を、炭酸の刺激と味わいが引き締めている印象。
 アルコールの味わいも涼しげ。後口にはわずかな苦味。
 なかなかに良い味わいです。

 続いて混ぜて――
 ……うーむ、にごり部分が混ざりづらい。多分、にごりの量が少ないのもありますねー
 これは混ぜるために結構振らないといけないので、炭酸がすぐに無くなってしまうかもしれません。

 旨味が結構強く。炭酸はさらに弱めに。
 後口に苦味が増加、渋味が若干出現。
 ……あれ?混ぜない方が旨かったような?
 いや、これは好みの問題ですね。
 上澄みのみと比較して雑味は増えたものの、柔らかくなった、ような?

 ……む、食べ物とは全く合いません。
 甘味が強く干渉。そして甘い物には酸味が干渉。
 うーむ、絶対に単独で飲むべき酒ですね。
 食前酒がお勧めです!
 夏の暑い時期にこう、キュッと!……すみません、酒造会社の方。

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 70%
 アルコール分 16度以上17度未満
 製造年月 09.6
 八戸酒造(株)


2009年09月18日追記――
 上澄み――
 アルコールにヨーグルト系の香り。
 甘味が増加し、それを微炭酸が軽く引き締めます。
 なかなかに良い味わい。

 混ぜて――
 香りは若干弱く。
 やはり上澄みのみに比べて味の多い印象ですが、初日に比べると若干まろやかになった気も。
 炭酸が減ってきたため、舌触りは少々粉っぽく。


2009年09月19日追記――
 アルコールの香りが増加。わずかにブドウ香料のような香りも?

 うん、さらにまろやかな味わいに。
 他は余り変わらず。
 む、舌触りが余り気になりませんね。不思議です……


2009年09月21日追記――
 特殊な香料を使ったラムネ菓子のような香り、とも思えなくもない香り?
 ……かなり表現が難しい香りです。たとえが思い浮かびません……

 旨味と苦味が増加。
 粉っぽくなってきた舌触りと相まって結構ズシッとした酒質に。
 ううむ……早く飲んだ方が旨いと思います。


2009年09月23日追記――
 まずは上澄み――
 むむ、さらに香りが濃く……これは何でしょう、絶対嗅いだことのある香りなんですが……
 ……何らかの草、いや……これは、キノコ!
 生のキノコ――例えるならシメジのような香りです!
 ああ、何となく山を思わせる香りにも思えますね。……何でこんな香りに?
 そしてそれに少々混ざる甘い香り。
 さて、味は――
 ……エグい!?
 そして苦い……含み香もキノコ系で、味と香りの両面が……
 うわぁ……これはかなり酷い崩れ方です……

 続いて混ぜて――
 上澄みのみに比べて香りは余りありません。
 味も(比較的)マイルドです。
 旨味、酸味、甘味。若干エグみ。
 後口には強めの渋味に、舌に引っかかる感触も。
 そして舌触りは粉っぽく。
 ……ハッキリ言って大崩れしているのですが、上澄みのみと比べたらはるかにマシです。しかし……

 ……開栓後は絶対に早く飲み終えましょう!


1286332558_221.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米 八戸酒造

陸奥八仙 夏吟醸 無濾過生酒

 第257回目。
 「陸奥八仙 夏吟醸 無濾過生酒」――青森県の酒です。
 9月になってしまったので、冷蔵庫に入っている「夏」を冠した酒を早く飲まなければ!と微妙に追い立てられている気分です。
 ……まあ、このブログの季節感の無視は今に始まった話ではありませんが(笑)
 それはともかくとして、この酒良いですよ~
 結構夏の酒は爽やか系統の味わいが多いのですが、これはひと味違う印象です。うん。
 詳細は本文をどうぞ~

(飲み始め:2009年09月04日)

 涼しげな甘い香り。米の香りに、この香りは……スイカ香料?いや、違うか……

 !……これはなんて軽い口当たり!
 口の中でコロンと転がって、柔らかい米の甘味と旨味をふわりと振りまいた後、そのまま喉の奥に滑り落ちていく印象?
 あー、この軽快さは良いなー
 そして、アルコールの風味もスッキリと良いアクセント。
 む、飲んでいる内にまろやかさが前面に出てきました。……この酒、結構旨いですね。

 食べ物と合わせるなら甘味の強い物と。む、ナッツにも合いますね。

 いやー、ハッキリとした果実香や派手な味わいがある訳ではありませんし、以前飲んだ純米吟醸ともまた違う趣の味わいですが、これはかなり良い酒ですねー
 多分また違う系統なんでしょうが、ひやおろしも買わねばなるまい!と心に刻みました。

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 原料米 華吹雪、むつほまれ(青森県産米100%使用)
 精米歩合 麹米55%、掛米60%
 アルコール分 13度以上14度未満
 製造年月 09.5
 八戸酒造(株)


2009年09月05日追記――
 甘い香り。若干ナシ系?

 んー、柔らかい!
 若干甘味とアルコールの味わいが増加。
 軽い甘味が口内で転がります。
 まろやかだな~
 良いですね、この酒……


2009年09月06日追記――
 和ナシ系の香り?

 旨味とアルコールの味わいが若干増加し、酒質が少々しっとりとしてきました。
 しかし口当たりの軽快さと柔らかさはほとんど崩れず!


2009年09月08日追記――
 涼しげな香り。米に……若干サイダー?

 旨味がさらに増加。含み香には若干バター。
 口当たりの軽快さは次第に減少。まったり系にシフト。
 これも悪くないですね。


2009年09月10日追記――
 若干香りは重く。
 ……何の香りだろう?若干酸化した香り?

 含み香にも少々酸化した印象が。若干プロセスチーズっぽい印象も。
 旨味、酸味、甘味、後口には若干苦味。酒質も少々重く。
 味わいに関しては大崩れしていませんが、初期に比べると綺麗さや軽快さはほとんど無くなってしまいました。
 開栓後数日以内に飲むのが一番だと思います。
 初期の軽快さはかなり良いですよ~


1274625291_199.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 吟醸 八戸酒造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。