スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出羽桜 純米大吟醸酒 一路 (2012年3月発売分)

 第586回目。
 「出羽桜 純米大吟醸酒 一路 (2012年3月発売分)」――山形県の酒です。
 IWC2008のチャンピオンサケとなった一路は純米吟醸でしたが、その翌年から純米大吟醸としてリニューアルされています。
 そして今回の酒は三年前の物へ再挑戦――と、思いきや、当時は純米吟醸純米大吟醸の生しか飲んでいませんでした。……と言うか、てっきり飲んでいる物とばかり。
 イカンなぁ、激しく寝落ちして時々今日のように更新時間が大変なことに(朝の四時過ぎに)なるのも含め、近頃ちょっと弛んでいる気がします。……疲れが溜まっているのでしょうか?
 ……と、まあ余計な話はともかくとしてこの一路、720mlで2,800円と少々値は張りますがその実力は十分にあると思います。
 年に三回発売ということで比較的手に入れやすいですし、気になった方は是非お試しを。
 では、本文をどうぞー

(飲み始め:2012年06月17日)

 スッキリ綺麗な香り。
 若干イチゴ系の香り?

 スッキリ柔らか!
 口に含んだ瞬間にスルリと滑らかに酒が広がり、そこから柔らかく軽快な甘味と旨味がフワリと立ち上り、そして穏やかな酸味がジワジワーと舌を撫でます。
 うん、旨い!
 そして飲みやすい!
 スルスルといくらでも飲めそうです……

 食べ物とも合うな~
 うん、良い酒だなぁ。さすがチャンピオンです!

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 山田錦100%使用
 精米歩合 45%
 アルコール分 15度
 製造年月 12.3.
 出羽桜酒造(株)


2012年06月18日追記――
 若干香りは濃くしっとりと。

 アルコールの風味と旨味が若干増加し、口当たりもしっかりとしてきました。
 悪くないですが、初日と比べると落ちるかも。
 ううむ……ちょっと勿体無い……


2012年06月19日追記――
 アルコールの香りが増加。

 アルコールの風味と刺激感、渋味、苦味が若干増加。
 口当たりはさらにしっかりと、そして若干ピリッと。
 これはこれで悪くない気もしますが、初日の綺麗さはほぼ消えてしまいました。


2012年06月21日追記――
 アルコールの香りがさらに増え、少々尖った感じに。

 アルコールの風味と旨味、口当たりのピリピリ感が若干増加。
 甘味はあるものの、辛口な印象が出現。


2012年06月23日追記――
 香りは若干ペタッとした印象。

 酸味と苦味が若干増加。
 ピリピリ感はありますが、前回にくらべると若干酒質は落ち着いた気がします。
 ただバランスに少し重さが出てきたかも。
 初日と比較しなければそこまで悪くないですが、初日に飲みきってしまった方が確実に旨いです。
 一人が無理なら複数人で、開けたその日の内に飲んでしまいましょう!


1852976974_22.jpg
スポンサーサイト
tag : 純米大吟醸 出羽桜酒造

出羽桜 桜花吟醸酒 さらさらにごり 本生

 第534回目。
 「出羽桜 桜花吟醸酒 さらさらにごり 本生」――山形県の酒です。
 少し前に季節ものを飲むと言ったので早速飲んでみました!……予告通りなんて珍しいですね(笑)
 綺麗な吟醸酒に生酒ならではのフレッシュ感を追加、そしてそこにオリを絡めることで深い味わいに変化……オリを混ぜても混ぜなくてもそれぞれに別の良さがあるのが素敵です。
 瓶の半分ぐらいを上澄みだけで飲んで、その後に混ぜるという楽しみ方もアリかな、なんて思いました。

(飲み始め:2012年01月19日)

 スッキリ爽やかな香り。
 何だろう……炭酸入りのジュース……これは、サクランボ風?

 おお爽やか!
 スッキリとした酒質と爽やかな炭酸が同居。
 滑らかな甘味と旨味にジューシーな酸味がピリッと絡みます。
 飲みやすくて良いですね~
 グイグイいけます!

 続いて混ぜて――
 お、味わいが一気に複雑に。
 増えたのは旨味と苦味。
 爽やかさは若干減りましたが、ジワーッと染み渡るかのような飲み口になっています。
 単純な飲みやすさなら上澄みだけの方が上だったと思いますが、飲み応えがあってこちらも良い感じです!
 こうグイッと含んでから、口内でジワジワ広がってゆくのが楽しいというか……

 味の薄い物から甘い物まで、かなり幅広く食べ物とも合わせられますね~
 うん、良い酒だ!

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 精米歩合 50%
 アルコール分 16度
 製造年月 11.11
 出羽桜酒造(株)


2012年01月20日追記――
 完全に分離してない感じなので、最初から混ぜた状態で。
 香りは若干涼しげに。

 軽めの炭酸が良い感じです。
 穏やかで爽やか!
 旨味と甘味が若干増加し、酸味は若干減少。
 苦味もわずかに増加。
 やっぱりこのジワーッと染み渡る感じが良いですね~
 良いバランスです……


2012年01月21日追記――
 香りに若干ペタッとした印象も。

 炭酸が減ってだいぶ落ち着いた印象に。
 そして旨味が増加。
 全体的に味わいの腰がしっかりとしてきました。


2012年01月23日追記――
 甘い香りが少し濃く。
 そして旨味を感じさせる香りが増加。

 酸味と旨味、甘味、苦味が若干増加。
 炭酸は残りわずかで、それとは別種の刺激感が出現。
 口当たりには引っかかる感触も若干。
 雑味が増え綺麗さは減ってきていますが、まだ大きくは崩れていない印象。


2012年01月25日追記――
 ほんのりマスカット系の香りも。

 酸味とアルコールの風味、苦味が増え、口当たりのピリピリ感が強く。
 後口には若干エグみ。
 バランスが結構崩れてきました。
 ……む。ただ飲んでいる内に余り気にならなくなってきたような?
 まあそれでも開栓後は早めに飲んだ方が旨いと思います。
 開栓後は二、三日以内にはスパッと!


1815260646_179.jpg tag : 吟醸 出羽桜酒造

出羽桜 特別純米酒 一耕

 第515回目。
 「出羽桜 特別純米酒 一耕」――山形県の酒です。
 名前に入った「耕す」の文字の通り「農」にこだわった酒とのことです。
 出羽桜と言えば吟醸酒のイメージが強いですが、こういう優しい味わいの純米もキッチリとこなせるのが素晴らしいですね~
 そして最近買った雑誌では海外での展開について色々と載っており、読んでいてこう、テンションが上がりました!
 近々この勢いのまま(?)何かしらの季節ものも飲もうと思います!(笑)

(飲み始め:2011年12月01日)

 穏やかな米の香りに……わずかにメロン系の香りも?

 おお、まろやかです!
 スッキリとした口当たりから軽めの酸味と旨味、ほのかな甘味がフワリと口内で広がっていきます。
 そしてその後ろから柔らかい旨味がジワリと。後口には若干渋味。
 良いですね~
 まったりと飲めます。

 食べ物との相性も良し!
 幅広い食べ物をフワッと持ち上げてくれます。
 甘味のある食べ物により合う感じかも。

 ぬる燗――
 旨味と酸味が立ち上がり、若干キリッとした雰囲気も。
 うん、なかなかに良い感じです。

 熱燗――
 酸味がググッと立ち上がり、全体的に引き締まった印象に。
 これはこれでなかなか……

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 55%
 アルコール分 15度
 製造年月 11.9
 出羽桜酒造(株)


2011年12月02日追記――
 香りは若干スッキリと。

 酸味と渋味が若干増加。
 そして若干口当たりは太くなり、わずかにキリッとした雰囲気が出現。

 燗――
 口当たりにわずかにピリッとした刺激感が出現したものの、柔らかく立ち上がった酸味と若干の甘味が良い感じです。
 やっぱり寒い日は燗が良いですね~


2011年12月03日追記――
 米と酒の香りが若干強く。

 旨味と甘味が若干増加。
 全体的に若干柔らかい印象に。
 まったりと。

 燗――
 うん、良い。
 昨日の味わいから刺激感を除いた感じでしょうか。
 柔らかい!


2011年12月05日追記――
 バナナケーキ風の香り。

 穏やかな酸味が増加。
 アルコールの刺激感が若干増えたものの、柔らかくて良い感じです。

 燗――
 アルコールの風味と刺激感、渋味と酸味が若干立ち上がります。
 悪くないですが、綺麗さは若干減ってきました。


2011年12月07日追記――
 エステル香とアルコールの香りが若干増加。

 アルコールの風味と渋味が若干増加。
 味が増え若干綺麗さは減ってきた感じですが、崩れた感じではありません。
 まったりと。

 燗――
 若干ピリピリとした感じはありますが、柔らかさもあって悪くないです。

 綺麗さに関しては開栓直後が一番でしたが、崩れた訳ではないのでのんびりと飲んでも良いと思います。


1800608822_245.jpg tag : 特別純米 出羽桜酒造

出羽桜 純米吟醸酒 江戸ラベル‏

 第388回目。
 「出羽桜 純米吟醸酒 江戸ラベル‏」――山形県の酒です。
 江戸ラベルという名前と見かけに惹かれて衝動買いしてみました!
 動機に関してはいつも通りなので横にうっちゃっておきますが、今回飲んでみて、香りの衰えのなさと開栓後しばらくの変化の良さが印象的に感じられました。
 何となくですが、こういう感じの酒はちょっと程度熟成させると面白い予感がします!
 今度挑戦してみたいですねー

(飲み始め:2010年10月21日)

 ふっくら柔らかく甘い香り。
 何だろう……ナシに米、若干ブドウ?
 穏やかで良い香りです。

 キリッとした味わいで口当たりには軽快感。
 アルコールの味わいとスッキリとした酸味がキリリと辛口感を演出し、そこから軽快な甘味がひょっこりと顔を出します。
 そして舌に酸味と若干の渋味がビシリと。
 うん、流行りの酒質とは少々違いますが、こういうある意味で直球な吟醸酒もなかなかに良いですねー

 おお、甘い物と非常に合います!旨い!

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 国産米「出羽燦々」100%
 精米歩合 50%
 アルコール分 15度以上16度未満
 製造年月 10.7
 出羽桜酒造(株)


2010年10月22日追記――
 酒の香りと酸味を感じさせる香りが増加。
 野性味の増した和ナシ系の香り?

 辛口な印象が増加。
 酸味と刺激の強いアルコールの風味。甘味は若干減少。
 ただ含み香に果物感があるためか、完全な辛口とは違う感じです。
 口当たりには軽快さよりもしっかりとした印象が表に出てきました。

 お、温度が上がると全体的に柔らかい印象になり、辛口感も若干抑え目に。
 なかなかに良い感じです。

 うん、つまみ系の食べ物とも合います。
 ただ味の薄い物にはそれほど合わないかな。


2010年10月23日追記――
 酒を注いで立ち上る香りは……ブドウにモモ?……いや、違うかな?
 鼻を近づけて嗅ぐと米やアルコールの香りがはっきりと。
 若干アルコールの香りが増加しました。

 前回の変化がそのまま進んだ印象です。
 キリリとした味わい。後口の渋味が増加し、若干白ワインを思わせる雰囲気も。
 うん、アリですね!


2010年10月25日追記――
 ブドウ系のスッキリとした香り。他の香りは弱めに。
 良い香りです。

 アルコールの味わいと苦味が増加。
 そして酸味が若干尖った印象になり、辛口な印象が強く。
 アルコールの風味、酸味苦味渋味、若干甘味、後口には渋味苦味。
 クセが増してきましたが、これはこれで悪くないです。


2010年10月27日追記――
 若干白ワインを思わせる香りに、バナナ系の香り少々。

 アルコールの味わいと苦味、渋味がさらに増加。
 結構ピリピリとした口当たりです。
 含み香は干しブドウ?
 クセがさらに増してきました、これは好き嫌いが分かれそうです。

 個人的には開栓後少しぐらいがお勧めでしょうか。


1606826236_197.jpg tag : 純米吟醸 出羽桜酒造

出羽桜 一路 純米大吟醸しぼりたて生原酒

 第201回目。
 「出羽桜 一路 純米大吟醸しぼりたて生原酒」――山形県の酒です。
 以前飲んだ純米吟醸酒に続いて、今回は純米大吟醸の生になります。
 火入れと生でそれぞれに違った良さがありますねー
 生は濃い感じ、火入れはスッキリ……どちらも旨いです。

 微妙にいつもとフォーマットが違う感じですが、お気になさらずどうぞ~


 一日目――
 柔らかく甘い香り。青リンゴに若干マスカット、かな?

 んー、ジュワーッと広がる濃厚な甘味と酸味、そして柔らかい旨味。
 しっかりと熟した果物を口いっぱい頬張ったかのような感覚も。
 ああ、良い味わいですね……非常に飲みやすいです。
 ……ただ、本当の意味でのしぼりたてを飲んだら、もっとフレッシュな味わいだったのでしょうか?
 小さい瓶だからすぐに飲めて勿体ない、と考えて大事にしていたら、逆に飲むのが遅くなってしまいました。
 もし来年また買うとしたら、買ってすぐに飲みたいと思います!

 お、食べ物との相性も意外と悪くないですね。
 様々な物と無難に合わせられます。
 特に甘い物との相性は抜群!旨い!

 良い酒でした!


 二日目――
 甘い香り。……例えるならフルーツ入りパウンドケーキ?

 旨味と酸味が増加。若干甘味は減少。
 初日よりもスッキリとした印象。ただ後口には渋味が少々出現。
 悪くはないですが初日の方が綺麗で旨かった気がします。
 500mlと比較的少量なので初日で飲みきってしまった方が良いと思いました。

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 山田錦100%使用
 精米歩合 45%
 アルコール分 17度
 日本酒度 +4
 酸度 1.3
 出羽桜酒造(株)


1198044909_41.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米大吟醸 出羽桜酒造

出羽桜 一路 純米吟醸酒

 第157回目。
 本文中にも書いた通り、IWCの2代目王者です。
 (初代王者の感想はこちら→菊姫鶴乃里山廃純米酒)
 気になって探し始めた時には既にどこも完売していたので、まさか今になって購入できるとは思ってもみませんでした。
 やはりネット販売の他に、自分の足で動き回るのも重要ですねー
 「純米大吟醸しぼりたて生原酒」の感想はまた後日!

(飲み始め:2009年03月28日)

 山形県の酒です。
 「出羽桜 一路 純米吟醸酒」
 インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2008のチャンピオン・サケです。
 で、今回の酒はスペックが純米吟醸――つまり今年になってからリニューアルして発売された物ではありません。
 なんとたまたま立ち寄った酒屋に普通に置いてありました。
 ……これだから酒屋巡りは止められません!

 さて――
 スッキリとした甘い香り。……青リンゴ系の香りも?

 おお、これは旨い……
 ふっくらとした口当たりに、花を思わせる優しい含み香、スッキリとした柔らかい酸味が口内を駆け巡ります。
 キリッとした味わいながら、酸味を追いかけてフワリと広がる軽めの甘味や旨味が良い感じ。
 非常に良い味わいですねー。飲みやすいのでカパカパ飲めます!

 食べ物との相性も良し。様々な食べ物の邪魔をしません。
 香りが強すぎないのも良いのでしょうか?

 良い酒でした!
 さて、変化や如何に?

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 50%
 アルコール分 15度以上16度未満
 製造年月 08.4.
 出羽桜酒造(株)


2009年03月29日追記――
 若干アルコールの香りが増加。

 旨味が若干増加。
 バランスは初日の方が上でしたが旨いです。


2009年03月30日追記――
 アルコールの香りが増加。香りは濃く。

 酸味と旨味が増加。ただ骨格は崩れておらず、良い感じ。


2009年04月03日追記――
 スッキリとした香り。

 最初に目立つのは酸味、しかし二口目からは柔らかく控えめに。
 スッキリとした口当たりの後に、じわりと米の旨味が広がる――
 若干アルコールの風味や渋味を後口に感じますが、良い味わいです。

 む、常温になると若干粗が目立つように……
 やはり初日に比べるとバランスなどは崩れてきてますね。
 大崩れではありませんが、良い状態で飲みたければ早めに飲むべきだと思います。

 良い酒でした!
 新スペックの酒も楽しみです!


1121639219_55.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 出羽桜酒造

出羽桜 本醸造おり酒 春の淡雪しぼりたて

 第136回目。
 にごり酒が時々無性に飲みたくなります。休肝日の次の日とか特に。……多分私だけだと思いますが。
 身体が濃厚な酒を求めている、のかな?
 それはともかくとして、今回はスッキリしたうすにごりの酒です。
 これもまた良し!

(飲み始め:2009年02月16日)

 山形県の酒です。
 「出羽桜 本醸造おり酒 春の淡雪しぼりたて」

 スッキリとした甘い香り。ラムネのような香り。

 まずはおりを絡めずに――
 キリッとした酸味、その後を弱めの甘味が追いかけます。若干重たい酒質ですね。

 次は混ぜて――
 おお!酸味が控えめになり、柔らかい甘味と米の旨味が前面に押し出されました。
 キリッとした味わいながらも、口当たりは柔らかく。
 これはなかなかに旨い!
 おりと絡めた方がスッキリとするんですね~

 甘味のある食べ物やつまみ系の食べ物との相性良し。
 変化にも期待!

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 使用米 雪化粧
 精米歩合 55%
 使用酵母 小川酵母
 アルコール分 15度
 日本酒度 +8
 酸度 1.3
 製造年月 08.11
 出羽桜酒造(株)


2009年02月17日追記――
 若干アルコールの香りが出現。

 米の甘味と旨味が柔らかく広がり、続く酸味が全体を引き締めます。
 なんとなく昨日よりもまったりした印象ですね。うん、良い感じ。


2009年02月22日追記――
 まったりとした甘い香り。以前とそれほど印象は変わらないです。

 む、米の旨味と柔らかい酸味。甘味は控えめに。
 結構アルコールが前面に出てきましたね、渋味も若干。
 少々崩れた感じです。……少し置き過ぎたかな?
 開栓後三日ぐらいで飲みきった方が良いと思いました。


1083439614_84.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 本醸造 出羽桜酒造

出羽桜 桜花吟醸酒 山田錦

 第64回目。
 桜花吟醸の限定品です。本文中にある通り日付が1年前の物ですけども(笑)
 ネット販売は日付が確認できないのでそう言うこともある、と言うのを認識しなければ駄目ですね。
 ……今回の場合は完全に私の注意不足ですが。

(飲み始め:2008年09月10日)

 そろそろひやおろしの季節ですね!
 一夏を越えた新酒が素晴らしい円熟味を見せてくれる季節……
 そんな季節ですが本日の酒は一年前出荷の物だったりします(笑)……いや、(笑)じゃない。
 ……よく考えれば、9月発売の限定酒が7月の時点であることが不思議だったんですよねー
 何て事だ……
 まあ、それはともかくとして、山形県の酒です。
 「出羽桜 桜花吟醸酒 山田錦」

 スッキリとしたマスカット系の香りにアルコールの香りが少々。
 甘味、酸味、渋味。後口にも渋味。
 少々硬質な感じで、口の中でピリピリとしています。
 含み香はアルコールが強め。
 食べ物との相性はなかなか。特に甘い食べ物とは良い感じ。

 悪くないですが、この酒は置いたらもっと良くなる気がします。
 これは以前飲んだ火入れ酒にも共通する感想ですねー
 とりあえず明日の変化を見てから一週間置いてみよう!

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 アルコール分 16度以上17度未満
 使用米 山田錦100%
 精米歩合 50%
 製造年月 07.9
 出羽桜酒造(株)


2008年09月11日追記――
 香りは少々濃くなりました。

 酸味と渋味が増加。そして後口にはスッキリした甘味が目立つように。
 む、これは良い変化ですね。
 アルコールの尖っていた部分が結構丸くなったおかげで飲みやすさアップ!
 一週間後にはさらに良くなっている予感がします!
 楽しみだー


2008年09月18日追記――
 スッキリした香り。マスカット系の香りに青リンゴのような香りも。
 ふっくらとした酸味を控えめながらも柔らかい甘味が追いかけます。
 後口には渋味。含み香にはアルコールの香りにマスカット系の甘い香り。
 飲みやすくなったなー

 食べ物との相性は可もなく不可もなく。お、チーズとの相性は凄く良いですね。

 想像していたのと結構違う変化。
 以前飲んだ火入れ酒の方が劇的な変化だった気も。でもこれはこれで。

 飲みやすい良い酒でした。


929494880_66.jpg tag : 吟醸 出羽桜酒造

出羽桜 桜花吟醸酒 火入れ

 第15回目。
 会社ホームページ上の説明によると、「吟醸酒の普及に貢献した、地酒界を代表するスタンダード吟醸酒。」とのことで、1980年の発売以来、順調に日本酒ファンを増やし続けているそうです。
 確かにこの酒が好きな方は結構いらっしゃいますね。以前どこかで、居酒屋に置いてあるとホッとする、という話を読んだ覚えもあります。

 そして、味を占めたのか早速開栓後一週間放置を実行。
 描写は本文中に譲るとして、驚くような変化を目の当たりに。
 初日が素晴らしすぎる酒以外は、結構放置するのも良さそうですよ?
 ……ある意味ギャンブルですけども。
 (2010年07月19日追記:完全にギャンブルなのでお勧めは出来ません。特に生酒の放置はリスクの方がずっと大きいので止めておいた方が無難です。)

(飲み始め:2008年03月21日)

 山形県は出羽桜酒造――
 「出羽桜 桜花吟醸酒(火入れ)」の300ml瓶です。
 小さくてお手軽ですねー

 さて――
 甘くてフルーティな……非常に華やかな香りです……
 口から鼻に抜ける香りはメロン系。
 少々渋味と苦味が強いですが、食べ物と合わせると甘さが立ってなかなか旨いです。
 なるほど、この名前だけあって花見の宴会などで、皆でワイワイ飲み食いするのに向いた酒な気がしますよ?

 少量なので一度に飲んでしまおうと思っていましたが、数日置いてみることにしました。
 これはしばらく空気に触れさせれば、良くなる酒のような気がします!
 ……ただの勘ですが(笑)

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 使用米 掛米 雪化粧 こうじ米 美山錦
 精米歩合 50%
 アルコール分 15度以上16度未満
 日本酒度 +5
 酸度 1.2
 使用酵母 小川酵母
 製造年月 08.1
 出羽桜酒造(株)


2008年03月28日追記――
 香りはだいぶ弱まりましたが、甘いメロンのような香りがまだ残ります。
 最初に来るのは甘味、しかしそれはすぐに消え、スッキリとした辛口の飲み口に。
 そして酸味も良い感じに印象を引き締めています。……何の食べ物にも合いませんが(笑)
 酒自体を楽しむ――吟醸酒の見本のような酒ですねー
 しかし素晴らしい変化です……

 今度は生酒や限定の山田錦使用酒も飲んでみたいと思います!


751691735_58.jpg tag : 吟醸 出羽桜酒造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。