車坂 出品酒 斗瓶取り 純米大吟醸 瓶燗原酒 (21BY)

 第417回目。
 「車坂 出品酒 斗瓶取り 純米大吟醸 瓶燗原酒 (21BY)」――和歌山県の酒です。
 昨年購入した物になります。
 それほどアルコールに強くない身としましては、一升瓶、しかも原酒を飲むに当たって、結構気合いを入れなければならないのが弱みですねー
 値段は1,800mlで5,000円――平成二十二年受賞酒の傾向とは若干違う酒質のように感じますが、このスペックならばそれほど割高感は無いと思います!
 ……的外れな評価でしたら、ご指摘ください。

 では本文をば!(一昨年飲んだ生酒の感想はこちら)

(飲み始め:2011年01月20日)

 穏やかな香り。
 この香りは……イチゴヨーグルト?

 第一印象はスッキリ涼しげなのに、しっかりとした甘味と旨味が口いっぱいに広がります。
 若干刺激のある酸味とアルコールの風味も全体を引き締める良いアクセント。
 後口には渋味が若干。
 含み香はイチゴに……何らかのフルーツ?
 これはなかなかに良い味わいですね~

 普通の食べ物とは甘味が干渉するので単独で飲んだ方が旨いです。
 お、洋菓子のような濃厚な甘い物とはかなり合いますね、ドライフルーツともなかなか。
 おお、グミとも合わせられるとは!……うん、面白い、これはちょっと凄いです。

 ぬる燗――
 酸味、甘味、アルコールの風味が立ち上がり、若干ピリピリと。
 熱燗――
 濃い味わいの中に柔らかさも。

 せっかくなので試してみましたが、無理して温める必要はないかな?
 冷やしてクイッと!特に甘い物と一緒に飲むのがお勧めです!

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 兵庫県播州特A産山田錦100%
 精米歩合 40%
 アルコール分 17度以上18度未満
 使用酵母 明利
 製造年月 22.5
 (株)吉村秀雄商店


2011年01月21日追記――
 若干イチゴ系の香りが濃く。
 熟したイチゴを使ったリキュールを思わせる香り?

 酸味とアルコールの風味が増加し、刺激感も強く。
 旨味と渋味が若干増、甘味は若干減。
 飲み口に刺激感は増しましたが、味わい自体は穏やかな印象です。

 食べ物との相性は大幅改善!
 幅広い食べ物と無難に合わせられるように。

 お、飲んでいる内に刺激感が控えめになってきました。
 ただ若干渋味を強めに感じるように。


2011年01月22日追記――
 アルコールの香りが若干増加。
 イチゴリキュール風の香り。

 アルコールの風味、渋味、苦味が若干増加。
 クセがジワジワと増してきました。
 ただ大きく崩れした印象はありません。

 あー、やっぱり甘い物と合うな~


2011年01月24日追記――
 香りは若干弱くなった程度で余り変わらず。少々しっとりと。

 前回の変化がそのまま進行した印象です。
 アルコールのピリピリした感じが強くなり、クセがさらに増加。

 普通の食べ物とは渋味が少々干渉するものの、やはり甘い物とは抜群に合います!
 お勧めはデザートと一緒に食後に飲む感じでしょうか?


2011年01月26日追記――
 香りはさらに減少。

 お、前回とそれほど印象は変わっていません。
 クセは増しつつも、若干穏やかになってきたぐらいでしょうか?
 甘味と旨味がメインで、アルコールの風味とピリピリ感、渋味に酸味、そして苦味。

 個人的にはクセの強くない開栓後二日目ぐらいまでに飲みきるのがお勧めですが、甘い物と合わせるなら一週間経っても全く問題無しですね~


1660341511_155.jpg
スポンサーサイト



tag : 純米大吟醸 吉村秀雄商店

鉄砲隊 爆発にごり 純米吟醸

 第354回目。
 「鉄砲隊 爆発にごり 純米吟醸」――和歌山県の酒です。
 以前飲んだ吟醸に続き、今回は純米吟醸になります。
 データを比較するとアルコール度数が結構違うので、もしかしたら吟醸の方は原酒なのかもしれませんね。(違ったらすみません)
 どちらも旨いですが、濃い味わいがお好きな方には吟醸がお勧め、かな?

(飲み始め:2010年04月15日)

 さて、まずは千枚通しと木槌で金属蓋に小さい穴を開けます。
 そこへワインオープナーをねじ込み、蓋下部のプラスチック部分に穴が開いたら少し戻し、液面がある程度上がったら再度差し込みます。
 で、しばらく放置と。
 うん、慣れたものですねー
 どうやらもう一升瓶なら平気みたい――……って、ギリギリまで液面上げすぎたせいで、蓋に酒が侵入してきた!
 うわぁ、穴を広げ過ぎたせい?泡が!酒が穴から!
 ……敗北しました。
 余りワインオープナーは深く差し込まない方が良いかもしれません、ご注意を……

 さて――
 柔らかく甘い香り。米に砂糖菓子、マイルドなヨーグルト系の香りも若干。

 爽やかさと穏やかさが同居。
 スッキリ爽やかな炭酸と酸味、続く穏やかな旨味に甘味、そして再度酸味がきりりと。
 後口には若干渋味に苦味。
 うん、良い味わいです。

 しかし元からなのか、製造年月から多少時間が経ってしまったからかはわかりませんが、にごり部分の本体が瓶の底に溜まったままで浮かび上がりません。
 心なしか炭酸が弱めな気もしますし。……開ける時は大暴れしたくせに!
 それはともかくとして、これは追記時に若干困るかもしれませんね……
 一部を冷凍用に分けたのですが、ほとんど上澄み部分だけになってしまいましたし。

 続いて、瓶をひっくり返して(!)にごり部分を混ぜます。
 柔らかい食感。うん、これまた良い味わい。
 全体的に味が少々増加するものの、極端に味わいは変わらず。

 食べ物と合わせるなら甘い物と。他の物には甘味が強く干渉。

 なかなかに良い酒です!
 ただ、以前飲んだ吟醸の方が鮮烈な味わいで旨かった気もします。
 単に濃い味が好きな私の好みの問題かもしれませんが。
 うん、どちらも良い酒には違いありませんよ~

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料材料 山田錦
 精米歩合 58%
 アルコール分 16度以上17度未満
 製造年月 22.2.
 (株)吉村秀雄商店


2010年04月16日追記――
 見た目的に炭酸は完全消滅。
 香りは米にヨーグルト、若干パイン。

 にごり部分の味が濃く、雑味も若干増加。
 炭酸はかなり弱くなっているものの、別種の酸味が若干増加して前面に。
 そして甘味は若干減少。
 初日の派手さはほとんど無くなり、かなりまったりとした味わいに。
 うん、悪くないですねー
 ただにごり部分の食感には少々固い物が混ざっている印象も。
 にごり部分が吟醸よりも重たいのかもしれませんね。


2010年04月17日追記――
 香りは若干ズシッと。

 酸味と旨味、そして渋味が若干増加。さらに甘味は減少。
 炭酸はほぼ消滅しました。
 綺麗さは減少しているものの、崩れた印象はまだ余りありません。


2010年04月19日追記――
 香りは若干弱く。しっとりとした香り。

 む、にごり部分の割合が高くなっているからかも知れませんが、米の風味が結構強く。
 余り甘くない甘酒、といった感じの印象もありますね。
 かなり味が多くなってきました。


2010年04月21日追記――
 香りはさらに弱く。にごり部分が多いからでしょうか?

 さらに甘酒感というか、発酵食品ぽさが増加。
 旨味と酸味が強く。
 これは食べる酒ですね。七割方が米粒です(笑)
 うん、炭酸は完全に無くなりましたし、味わいに結構雑味も増加。
 大きく崩れた訳ではありませんが、開栓後は早めに飲むことをお勧めいたします!

――
 さて、続いて濾過してみます。
 コーヒーフィルターをザルの上に設置して、ポタリポタリ……これはかなり時間がかかりそうです。
 ただ完全に濾過されそうな予感?
 酒の色はほんのり白濁した黄金色です。
 では濾過途中ですが、落ちてきた酒をとりあえず飲んでみます。
 おお、濃い!
 旨味、酸味、甘味がビシッと。アルコール感が若干ピリピリ。
 うん、濾過前とは全く別物ですが悪くないですね。
 さて、さらに放置を。
――
 四時間ほど放置したらだいぶ濾過出来ました!
 フィルターが目詰まりするまでは先ほどのように若干濁った酒が落ちるのですが、今はすっかり透明です。ある意味中取りですね。
 味は……濃くしっかりとした味わいですが、どこか綺麗な印象に。
 そして先ほどよりもどこか柔らかいような?あ、これは冷えているからかな?
 もちろん初日に同じことをすればもっと綺麗だったんでしょうが、楽しいので問題無しです!

――
 では冷凍していた物を一本飲んでみます――
 まずは凍った状態で。
 微炭酸がシュワシュワ。濃いなー
 旨味と酸味を結構感じますね。
 ただ爽やかさは以前飲んだ吟醸の方が上だったかも。
 続いて溶かして。
 うん、やはり開栓二日目を思わせる味わいですね。微炭酸が良い感じです。
 しかし白濁はしているものの、にごり部分が入っていないので少々物足りない印象も。
 開栓直後の炭酸の弱さが微妙に足を引っ張っていますね。にごり部分の重さもあるかもしれませんが。
 うん、どちらにせよ、やっぱり吟醸の方が私は好きですね。
 この酒ももちろん良い感じですけども!
 もう一本の凍らせた酒は吟醸と同じく夏にでもスパッといきますよ~


1463138586_33.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 吉村秀雄商店

鉄砲隊 爆発にごり 吟醸

 第318回目。
 「鉄砲隊 爆発にごり 吟醸」――和歌山県の酒です。
 ガツンと来る旨い活性にごり酒が飲みたい方にお勧めです!
 本文をどうぞ!

(飲み始め:2010年01月21日)

 取扱注意のシールと赤いテープで固定された蓋が怖いです(笑)
 しかし酒の黄金色が良い感じですね~
 43682842_3576304234.jpg

 さて……今回は千枚通しを使用せず、酒造会社の公式サイトに載っている特殊な開栓方法に挑戦してみようと思います。
 使用するのはスクリュータイプのワインオープナー。
 まずは瓶に巻かれていた付属のビニールシート(!?)を新聞紙の上に敷いて、オープナーの先端で蓋に軽く穴を……意外と硬い!
 43682842_1724558784.jpg
 ……何が起こるか分からないので、念のため千枚通しと木槌で上蓋に少しだけ穴を開けておきます。
 続きまして、その穴からオープナーをねじ込み――しばらく回すとシューと空気が抜けるような音がして、液面がジワジワと上昇。
 43682842_4101541329.jpg 43682842_2163284797.jpg
 そこでオープナーの位置を微調整――おお……本当に手を離しても大丈夫なんですね。
 という訳でこのまましばらく様子を見ます。

 あ、ここで一つ注意事項が。
 オープナーの位置取りが決まったら、最初の内は余りそこから動かし過ぎない方が良さそうです。
 微妙に穴の形が不安定だったのか、とっさに深く差し込んでも液面の上昇が止まらなかったりしたので。……ちょっと焦りました(笑)

 しばらくすると、上昇したにごり部分に空気の通り道が出来て液面が下がりやすくなるので、オープナーの位置を再調整します。
 そして何度か調整を繰り返している内に、にごり部分が酒全体に均一に混ざり、浮き上がるのはほぼ泡のみに。
 43682842_4108175393.jpg
 こうなったら液面もすぐに下がるので、結構激しく調整しても平気ですねー
 プシューという空気音を聞きながらなんども開け閉めを繰り返します。
 ううむ……しかしさすがのガス量というか、なかなかガスが無くなる気配がありませんねー(笑)

 結局液面の上昇が止まるまで、30分ちょいかかりました。
 しかし開栓後もひたすら上り続ける泡……これは凄い。

 猪口に注ぐ――
 そのままの形で残っている米粒が少量、酒の表面にプカプカと。
 綺麗な香りです、にごり酒っぽくないというか。
 スッキリとした甘い香り。何らかのフルーツ?

 味は……旨い!
 口内で炸裂する甘味、旨味、酸味。濃厚なのに爽やか。
 意外と柔らかい炭酸の刺激もピチピチと心地良いです。
 含み香は砂糖菓子に若干クリーム?
 米粒にも雑味は無く、噛むと柔らかい甘味がフワリ。
 食感も非常に柔らかいので、そのまま飲み込んでも支障はありません。
 あー、良い飲み口だなー
 結構アルコール度数が高いのにも関わらずスルスルと飲めます!
 旨いわー

 と、ここでペットボトル2本に350mlずつぐらいの量の酒を移して冷凍庫へ。
 こうしておくと活性が失われないので、後々まで開栓直後の味わいが楽しめるそうです。
 また、みぞれ酒としても楽しめるとのこと。(詳しくは公式サイトを参照)
 上手くいくと良いな~

 食べ物との相性は若干甘味が干渉気味。
 合わない訳ではないですが、無理に合わせなくても良いかな?

 む、飲んでいる内に、段々と炭酸が抜けてきて甘味が強めに。
 ただこれはこれで!

 ぬる燗――
 炭酸がシュワッと。
 雑味が若干増すものの、立ち上がった酸味が面白いです。

 熱燗――
 なるほどこれが公式サイトの言う大人の甘酒か……
 結構にごり酒らしくもろみの香りが強くなり、甘酒っぽさも確かに出現。
 旨味と酸味が増加して、甘味は控えめな印象。
 これまた面白い味わいです。

 うん、変化球としてはアリですね~
 ……温めない方が旨いと思いますが。

 いやー、非常に良い酒でした!
 今まで飲んできたにごり酒の中でもかなりの上位に入る旨さです!
 今後の変化と凍らせた分の味わいにも期待大!

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 原材料米 玉栄
 精米歩合 58%
 アルコール度数 18度以上19度未満
 製造年月 22.1.
 (株)吉村秀雄商店


2010年01月22日追記――
 む、炭酸はほとんど無くなりましたね。
 蓋を外しても全く泡が立ちません。

 まずは上澄み――
 甘い香りがさらな濃く。和菓子風の香り?

 旨口です!
 濃厚な旨味がワッと口一杯に広がります。
 少々アルコールの味わいも強く。

 続いて混ぜて――
 お、上澄みよりも香りが軽く。良い香り。

 おお、甘味の主成分はにごり部分にあるんですね~
 甘味、旨味、微炭酸由来の酸味が口一杯に。
 うん、やっぱり旨い!
 初日よりもにごり酒らしい味わいや含み香が出現。
 濃厚さは初日の方が上かな?
 まったり……

 食べ物との相性は若干向上。
 ただ、甘味の干渉は少々アリ。


2010年01月23日追記――
 最初から混ぜて。
 見た目は完全に甘酒だなー
 香りは米に和菓子、アルコール。甘酒っぽさも。

 酸味とアルコールの風味が増加。
 微妙に綺麗さは減少。
 しかし濃厚な甘味と旨味が良い!
 極わずかな炭酸の刺激も良いアクセント。
 旨いですね~

 燗――
 アルコール感が少々ツンと。
 酸味も尖り、さらに雑味も出現。
 温めない方が良いですねー


2010年01月25日追記――
 アルコールの香りが増加。
 そして若干甘い香りが重たい感じに。

 アルコールの風味と酸味が増加。
 含み香には微妙に酸化した印象も出現。
 エグみや渋味、苦味も少々増加。
 若干崩れてきましたねー


2010年01月27日追記――
 香りはアルコールにミルク、米。

 前回追記時とそれほど印象は変わらず。
 大きく崩れたという訳ではありませんが、早めに飲んだ方が旨いですね。
 これは空気に触れる回数が必然的に増えてしまうにごり酒の宿命でしょうか……

――

 そして、せっかくなので凍らせた分も飲んでみます。
 43682842_2393470689.jpg

 まずはみぞれ酒――
 お、柔らかいペットボトルを使ったので、凍らせた状態でも簡単に注げますね。ボトボトと。
 しかも必要な分だけ押し出せば、残りは再度冷凍出来そうな予感?
 うん、もし凍らせるなら、潰しやすいペットボトルの使用がお勧めです!
 43682842_2555327370.jpg

 アルコールの味わいに甘味、旨味がキリリと。
 シャリシャリとした食感が良いですね~
 これは面白い!
 夏に飲んでも爽やかで良さそうです。……よし、もう一本は夏に飲もう!

 続いて溶かして――
 んー、濃厚!
 これは開栓した次の日ぐらいの味わいかな?
 炭酸の残り具合もそんな感じですね~
 ああ、この軽めの刺激感が良いなぁ……旨い!

 と、言うわけで、もし二、三日中に飲みきれないなら、他は全て凍らせる事をお勧めいたします!
 私のように、一日二合ぐらいしか飲まないのであれば、ペットボトル2、3本分(500mlペットボトルにそれぞれ360ml(二合)ぐらい)を凍らせるのがちょうど良いかな?
 ミネラルウォーター入りの潰しやすいペットボトルでしたら、酒を入れる前に洗う必要が無い上に、飲みたい分だけ押し出して飲めるので便利ですよ~


1394648351_92.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 吟醸 吉村秀雄商店

車坂 普通じゃない普通酒

 第305回目。
 「車坂 普通じゃない普通酒」――和歌山県の酒です。
 さて、お気に入りの銘柄車坂の、以前から妙に気になっていた酒を飲んでみました。
 ……どう普通じゃないか気になりますよね?(笑)

 味や香りの感想は本文に譲りますが、この酒は普通酒なのに山田錦を65%まで精米し、さらに貯蔵熟成に1年の月日をかける、こだわりの酒だったりします。
 それなのに値段は一升瓶で1,900円以下、これは飲むしかない!
 ……と言うわけで本文をどうぞ~

(飲み始め:2009年12月17日)

 お、酒の色は極僅かに赤みの混ざった黄金色――熟成を感じさせる色合いですね。
 若干の熟成香。酒の香り。
 少し温度が上がると甘い米の香りも。

 少々アルコールの風味は立つものの、柔らかい味わい。
 じわりと広がる旨味と甘味に、それらを引き締める酸味。
 若干の苦味と熟成香の効果で香ばしい印象も。
 ううむ……これは多分ブラインドで飲んだら普通酒だって分からないと思います。

 お、飲んでいる内に酸味が膨らんできた印象。
 ……ただアルコール感も若干強くなってきたかな?
 そして、さらに飲むと全体的に味が強く。

 ぬる燗――
 甘味が立ち上がってなかなかに良い感じ!柔らかさアップ!

 熱燗――
 アルコール感が強く。少々尖った味わいに。
 温めるならぬる燗ですねー

 食べ物との相性はなかなかに良し。
 かなり幅広い食べ物に無難に合わせられます。
 んー、まったり。

 やはり普通酒らしくないとは言え低価格路線の酒なので、上位の酒と比べると少々厳しい感じもしますが、なかなかに良い酒です!
 値段が一升瓶で1,900円以下とお手頃なのも良し!
 さて、変化はどんな感じでしょう?

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 原料米 富山県産 山田錦100%
 精米歩合 65%
 アルコール分 15度以上16度未満
 製造年月 21.4.
 (株)吉村秀雄商店


2009年12月18日追記――
 香りは余り変わらず。

 味わいも余り変わらず?
 いや、若干柔らかくなってますね~
 うん、まったり。
 初日よりも飲みやすいです!


2009年12月19日追記――
 香りは穏やかに。
 熟成香やアルコールの香りも抑え目に。

 味わいがかなり柔らかく!
 米の甘味と旨味が増加。酸味は若干減少。
 アルコールの味わいも軽快に。
 熟成香や香ばしさはそのままに、飲みやすさは大幅アップ!
 さらに普通酒らしからぬ味わいに。
 あー、これは良い味わいですねー


2009年12月21日追記――
 香りはさらに穏やかに……というよりも弱く?

 アルコールの味わいが若干増加。
 旨味というかアミノ酸の風味?も増加。
 含み香の熟成を感じさせる香りが減ってきた代わりに、別種のクセが増してきていますね。
 私は結構好きですが、日本酒が苦手な方には合わないかもしれません。


2009年12月23日追記――
 米の香りに熟成香。それほど強くない香り。

 前回の変化をそのまま進めた印象の味わい。まったり。

 ううむ、個人的には開栓後1~2日経過ぐらいが好み、かな?
 こういう酒も良い物ですね~


1365891252_113.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 普通酒 吉村秀雄商店

車坂 出品酒 純米大吟醸生原酒 20BY

 第274回目。
 「車坂 出品酒 純米大吟醸生原酒 20BY」――和歌山県の酒です。
 昨年飲んだ物は火入れでしたが、今年は生を飲んでみました!
 出品酒なのに720mlで2,000円以下という驚異の酒です。
 ……しかし、今年からこの会社は全国新酒鑑評会に出品する資格を剥奪されてしまったとのこと。
 詳しくは――こちらの「蔵元のページ」をご覧ください。
 とりあえず私は「日本酒造組合中央会」の心の狭さに心底がっかりしました。
 日本酒業界の未来よりも組織の体面の方が重要なのでしょうか?情けない限りです。
 (少々追記――これは組合だけでなく、酒類総合研究所にも問題がありますよね。いくら共催者の要望だと言っても、理不尽な内容であれば断るべきでした。……普段、全国新酒鑑評会を褒めている人間としては、むなしい気分です。何故、自らの価値を貶めるような事をするのか……)

 それはともかくとして、上記リンクにも書いてある通り、大阪国税局主催の新酒鑑評会で見事「☆印(優秀)」を獲得されたそうです。
 今後もつまらない人々の思惑に囚われず、素晴らしい酒造りを続けてもらいたいですね~

(飲み始め:2009年10月09日)

 綺麗な甘い香り。モモにナシ系?良い香りです。

 おおこれは旨い!
 濃厚な甘味、旨味、酸味が口内でジュワッと広がった後、生酒らしいフレッシュさと若干の刺激感がジワリ。
 甘味と旨味が自己主張するものの、それほど出しゃばらずに、そのまま綺麗な余韻を残してスルリと喉の奥に消えていきます。
 派手な感じは余りなく、高精白の良さは綺麗さにしっかりと出ている印象ですね~
 あー、旨いなー

 食べ物と合わせるなら味の濃い物や甘い物と。
 味の薄い物との相性もそれほど悪くはないですが、若干甘味がぶつかり気味?

 燗――
 味わいが濃くくっきりと。リンゴ系の含み香も若干。
 うん、綺麗な感じは隠れますが、これはこれでアリですね!
 ……ただわざわざこの酒でやる必要は無いかな?
 他の車坂の燗と若干似た印象もありますので。

 いやー、良い酒です!
 これで2,000円しないんですから……
 本当に素晴らしいです!

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 兵庫県特A産山田錦100%
 精米歩合40%
 アルコール分 16度以上17度未満
 製造年月 21.4.
 (株)吉村秀雄商店


2009年10月10日追記――
 若干旨味を感じさせる香りが増加。

 む、酸味と旨味が強く。
 全体的に味が濃くなり、綺麗さは若干減少。
 ただそれ以外の部分は全く衰えていません。
 うん、旨い!


2009年10月11日追記――
 甘い米の香り。

 甘味と旨味がジワリ。酸味がギュッと。
 濃いのにどこか軽快な印象。


2009年10月13日追記――
 柔らかい米の香りに、わずかにヨーグルト系の香りも?

 柔らかい酸味が良い感じだなー
 この酸味の効果か、かなり全体の印象がスッキリと、そして軽快に感じられます。
 細かい部分を見れば綺麗さは減少し、微妙に酒質も重たくなってきていますが、やはり良い味わいですね~


2009年10月15日追記――
 香りは若干弱く。

 軽快な甘味と酸味。柔らかい口当たり。
 後口に渋味やエグみなど雑味が出現。綺麗さも大分減ってきましたが、大崩れという程ではありません。
 ただやはり早めに飲んだ方がこの酒の良さを最も味わえると思います。
 開栓後2日以内に飲みきるのが良い、かな?

 いや~、良い酒でした!


1306315473_64.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米大吟醸 吉村秀雄商店

車坂 純米吟醸赤ラベル

 第153回目。
 単純に「甘口」と言っても、会社によって様々な解釈があるのだな、と思った一杯でした。

(飲み始め:2009年03月20日)

 和歌山県の酒です。
 「車坂 純米吟醸赤ラベル」

 スッキリとした甘い香り。それほど強くはないものの良い香りです。

 柔らかくスッキリとした甘味が口内でフワリと広った後、爽やかな酸味がそれを追いかけます。
 あー飲みやすいな……うん、旨いです。
 後口には酸味に重なるように渋味も若干。ですがそれほど気にはなりません。

 食べ物とは若干渋味が干渉。単独で飲んだ方が旨いですねー

 温度が常温に近づくとまったり。
 燗は若干雑味が増すものの、甘味と酸味がキリッと立ち上がって面白いです。良い感じ。

 変化にも期待!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 使用米 和歌山県産山田錦100%
 精米歩合 58%
 アルコール分 16.7
 日本酒度 -4
 酸度 1.4
 アミノ酸度 1.3
 使用酵母 和歌山酵母
 製造年月 20.12
 (株)吉村秀雄商店


2009年03月22日追記――
 若干アルコールの香りが増加。

 まったりとした甘味。酸味が若干太くなり、アルコールの味わいが出現。
 ただ極端には変化せず。


2009年03月23日追記――
 香りに酸味を感じる物が混ざります。

 味わいも昨日より酸味がさらに若干膨らんだ感じです。


2009年03月26日追記――
 酸味を感じさせる香りが増加。

 お、酸味が結構増加して甘味よりも目立つぐらいに。ううむ。
 ……む!飲んでいる内に甘味が立ってきて酸味は控えめに変化してきました。
 なので酸味の印象は開栓直後と余り変わりません。
 開栓直後に比べれば若干渋味等の雑味が増加しましたが、全体的な味わいはまったりと丸くなっている気がします。
 飲みやすくて良い感じです!

 ……しかし難しい変化ですねー
 私は開栓直後の方が好きですが、今日の状態の方が好きな方もいるでしょう。

 とりあえずこの会社の「甘口」はひと味違う事がわかりました(笑)


1114097803_77.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 吉村秀雄商店

車坂 純米大吟醸出品酒 瓶燗原酒

 第96回目。
 車坂です。しかも金賞受賞酒なのに驚異的な安さ!
 こういう事をやってくれるから、ますますこの会社にハマってしまうことになるのでした(笑)
 そして開栓後数時間での変化も本当に素晴らしかったです……たまらん!

 しかし日本酒ごとに、ベストな飲むタイミングが全く違うと言うのは本当に難しいですね……

(飲み始め:2008年12月11日)

 和歌山県は吉村秀雄商店の酒です。
 「車坂 純米大吟醸出品酒 瓶燗原酒」
 全国新酒鑑評会の金賞受賞酒ですよ!
 しかも720mlで1,900円!お買い得すぎる!(普通なら5,000円前後、ぐらい?)

 スッキリした甘い香り。それほど強くはありませんが、青リンゴやマスカットのような香り。

 うーん、綺麗な味わい。
 ふっくらとした酸味が口の中で優しく広がり、その後には自然な甘味がふわっと広がります。
 米の旨味もしっかりと感じられて非常に良いバランス。
 旨い!これは良い酒です!
 金賞受賞酒ということで派手な酒質を想像していましたが、じっくり、しみじみと楽しめる味わいですね。

 む、食べ物とは合わせず単独で飲んだ方が旨い、か。
 全く合わない、と言うわけではありませんけども。

 変化にも期待します。

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 40%
 酵母 和歌山酵母
 原材料米品種 兵庫県特A産山田錦100%
 アルコール分 16度
 製造年月 20.6.
 (株)吉村秀雄商店


追記(初日夜)――
 甘い香りがふわりと広がります。

 甘味が増加。しかし嫌な甘味ではなく、非常に優しい甘味です。
 おお、旨い……たった数時間でこの変化とは……
 ますます飲みやすく、よりキャッチーになった印象です。
 開栓後にはまだ固さがあったんでしょうね、言うなれば隠されていた本質が一気に開花したイメージでしょうか?
 素晴らしい!


2008年12月17日追記――
 モモやイチゴのような香り。

 若干渋味は出てきたものの、スッキリとした甘味と酸味が良い感じ。
 やはり飲みやすく旨い酒です。軽い舌触りが心地良く飲ませてくれます。
 ただベストの状態は開栓後数時間かな?
 多分次の日でも平気だったんでしょうが……追記しなかったことが少々悔やまれます。

 来年は生酒バージョンも飲みたいですね。


1020350896_12.jpg tag : 純米大吟醸 吉村秀雄商店

車坂 純米吟醸酒 和歌山県産山田錦100%

 第86回目。
 冷蔵庫内に車坂を冠する酒がまだ何本も……これはもうお気に入りの銘柄と言ってしまっても過言ではない気がしてきました。
 Viva和歌山!(!?)

(飲み始め:2008年11月22日)

 本日は和歌山県の酒です。
 「車坂 純米吟醸酒 和歌山県産山田錦100%」

 しっかりとした酒の甘い香り。シンプルながらも良い香り。

 はっきりした酸味と米の旨味、その後を甘味が追いかけそのままスッと消えていきます。
 ギュッと濃縮したような味わい。うーん濃厚。
 含み香は若干バターっぽさも感じます。

 食べ物との相性はかなり良いですね。色々な物を持ち上げてくれます。これは素晴らしい!

 熱燗――
 少々アルコールの香りが立ちすぎますが、バターキャンディを思わせるようなふっくらとした柔らかい味わいです。
 おお、燗冷ましは凄く良いですね!まったりと飲めます。
 ぬる燗は少々エグみが強いのでお勧め出来ませんが、それ以外の温度帯はかなり良いです。

 この骨太な酒質がたまりませんね~

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 58%
 日本酒度 +3
 酸度 1.6
 アミノ酸度 1.3
 酵母 和歌山酵母(協会号9系)
 原材料米品種 和歌山県産山田錦100%
 アルコール分 16度以上17度未満
 製造年月 20.3.
 (株)吉村秀雄商店


2008年11月23日追記――
 少々香りは重ために。

 酸味、旨味、若干渋味とアルコールの風味。
 昨日よりも少々雑味が増えたかな?
 ただ極端には変わってませんね。


2008年11月25日追記――
 アルコールの香りが増加。

 酸味、甘味、渋味、アルコールの風味。
 む?甘味は強くなった気がしますが、全体の印象はスッキリめに。
 この変化は人によって良いか悪いか評価が分かれると思います。
 やはり初日が濃いめの酒はスッキリ方向に変化しますね。
 もう少し置いてみます。


2008年11月28日追記――
 酒の香りは増加しましたが、青リンゴのような甘い香りもあります。

 む、独特の酸味、甘味、渋味。含み香にはハチミツを思わせる趣も。
 濃くなったようなスッキリしたような不思議な印象。
 これはこれでアリですね。
 ……ただ初日の方がまとまりがあって良かった気が。
 面白い変化ではありますが、無理して日数を置くまででは無い気もします。
 開栓後は早めに飲むことをお勧めします!


1002337271_105.jpg

 お気に召しましたら↓リンクのクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 純米吟醸 吉村秀雄商店

鉄砲隊 純米吟醸 播州産山田錦55%

 第58回目。
 冷やして良し、温めて良し――こう言うしっかりとした酒は良いですね~
 ……どうしても酒量が増えますが(笑)

(飲み始め:2008年08月26日)

 「鉄砲隊 純米吟醸 播州産山田錦55%」
 以前飲んだ「車坂」を出している会社の酒となります。
 こちらの会社は平成19年度全国新酒鑑評会で、和歌山県勢で唯一金賞を獲得!
 今非常に勢いのある会社です!

 日本酒らしい香り+何らかの甘い香り、しかしどこかスッキリとしています。

 酸味、甘味、渋味、旨味――濃厚で複雑。
 含み香はやはり日本酒らしい香り。
 これは旨い……ガツンと弾けるような味わいというか……
 なるほどこれが鉄砲隊という言葉の意味の一つなんですね!(……違うかな?)

 うん、食べ物にも凄く合います!
 結構何にでも対応出来る骨太さがあるなぁ……

 常温――
 甘味が優しく広がり、柔らかく心地よい味わいに。
 冷酒も良いですが、これも非常に良いですね!

 燗――
 強調されるのは甘味と旨味。優しく柔らかく口の中に広がります。
 非常に和む味わいですねー……旨いなー
 熱燗だと少々渋味が立つので、やるならぬる燗がお薦め!

 素晴らしい……どの温度帯でも実力十分です。
 やはりこの会社の酒は良いですね!
 これは爆発にごりも買わねばなるまいて……

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 播州産山田錦100%使用
 精米歩合 55%
 アルコール分 18度以上19度未満
 蔵出出荷日 20.4.
 (株)吉村秀雄商店


2008年08月27日追記――
 甘い香りが増加。
 酸味と甘味が増加――全体的に濃くなりましたが、飲みやすさは増加したような?
 やはり良い酒です……


2008年08月28日追記――
 香りが少々スッキリ。
 酸味が増して爽やかさアップ。でも相変わらず優しい口当たりで旨いです。
 そして食べ物にもやはり良く合います。

 む、ぬる燗では少々渋味が……他の温度でも。燗に関しては初日の方が良かったですね。
 今日は冷酒一押しで。

 今度は別のグレードの物も飲みますよー!


914279126_22.jpg tag : 純米吟醸 吉村秀雄商店

車坂 純米大吟醸うすにごり

 第28回目。
 和歌山の酒の感想が非常に多い当ブログです。
 28回中6回?……明らかに比率がおかしいですね(笑)
 私が日本酒にハマったきっかけの一つが龍神丸を飲んでみたいと言う願望だったので、和歌山の酒を飲む機会が増えるのはある意味当然なんですが。
 ……一番の原因は「○円以上購入すると送料無料」という通販の罠?

 それはともかくとして――
 この「吉村秀雄商店」と「高垣酒造」のおかげで、今後も当ブログ内では和歌山県の酒の感想が高比率を維持すると思われます。
 そう言う所で微妙な個性を発揮していこうと思います(笑)

(飲み始め:2008年05月22日)

 本日は和歌山県のお酒になります。
 「車坂 純米大吟醸うすにごり」

 上立ち香は酒の甘い香り。
 含み香はヨーグルト系。
 濃厚ながらもさっぱりとした酸味、甘味、米の旨味、苦味が少々……良いバランスです。
 うん、旨いな~

 少々甘味のある食べ物との相性もなかなか。
 ただ普通の味の食べ物には甘味の干渉がキツめかな?

 燗――
 酸味と甘味が大幅増加。
 悪くはないですが、冷酒が一番ですねー
 冷酒でいただきましょう!

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 50%
 原材料米品種 和歌山産山田錦100%
 アルコール分 17度以上18度未満
 製造年月 20.3.
 (株)吉村秀雄商店


2008年05月26日追記――
 甘い香り。少々エステル系の香りも。
 酸味、旨味が増加。それを追いかける柔らかい甘味。……渋味も少し増したかな?
 うん、やはりなかなかに旨い!

 今度は古酒を飲みますよ~
 ……なるべく近い内に、出来たら……良いな。……一升瓶がネックなんですよねー


814890090_192.jpg tag : 純米大吟醸 吉村秀雄商店
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif