黒牛 純米吟醸

 第329回目。
 「黒牛 純米吟醸」――和歌山県の酒です。
 昨年飲んだ純米酒に続き今回は純米吟醸になります。
 しかし、すぐに飲む予定の筈がほぼ一年越し……当ブログは行き当たりばったりで出来ております!
 何だかいつも同じ事を言っている気がしますので、それは横に置くとして――
 同じブランドの低価格帯の物が旨いと、どうしてもコストパフォーマンスに目が向いてしまいます。
 本文中でも言及していますが、黒牛純米の火入れバージョンが結構お気に入りなもので……
 つくづく私はわがままな消費者です……

(飲み始め:2010年02月16日)

 穏やかな米の香りに若干の熟成香。

 んー、濃厚!
 口内でワッと広がる米の旨味、甘味、酸味、若干渋味。
 しかし濃厚ながらもどこか穏やかな印象。
 お、飲んでいる内に濃厚な印象は形を潜め、穏やかで柔らかい甘味と旨味が口内を満たすように。
 スッキリとした印象も出現して、結構綺麗な感じです。

 おお、食べ物との相性も良い感じです!
 かなり幅広く合わせられますね~
 これは良いなぁ。

 飲み続けていると印象はさらに変化。
 スッキリした感じから、結構しっかりとした味わいに。
 旨味がメイン、続く渋味。綺麗さは減少。

 燗――
 若干クセのある香り。
 旨味と酸味が増加。雑味も強く。
 うん、悪くないです。ただ温めない方が旨いかな?

 なかなかに良い酒ですね~、和むわー
 ……ただ純米とそれほど大きな差は感じないので、個人的には普通の純米で十分かも?
 値段も純米が720mlで1,150円なのに対し、こちらは1,600円しますし。
 いや、単純に純米のコストパフォーマンスが高いだけですね、あれは良い酒だ……

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 使用米 山田錦100%
 精米歩合 50%
 アルコール度数 16.5%
 日本酒度 +3
 酸度 1.6
 アミノ酸度 0.9
 使用酵母 協会号9系
 製造年月 21.11.
 (株)名手酒造店


2010年02月18日追記――
 香りはそれほど変わらず。

 旨味、甘味、酸味、若干渋味。
 甘味が若干増加?
 スッキリとした口当たりからジワジワと広がる刺激感と米の味わい。
 まったりと飲めて良い感じですね~


2010年02月20日追記――
 アルコールの香りが増加。

 旨味と酸味が穏やかで良い感じです。
 甘味は減少?後口には若干の渋味と苦味。
 じっくりと飲めます。


2010年02月22日追記――
 熟成香にアルコールの香り。

 穏やかな米の旨味と甘味、酸味、アルコールの風味に渋味。後口には若干苦味。
 しっかりとした味わいながらも、濃厚な印象は大きく減少。まったりと。
 綺麗さの面では開栓直後に若干劣りますが、柔らかさや飲みやすさはアップ?
 飲んでいると落ち着きます……
 うん、良い酒でした。


1415851397_167.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
スポンサーサイト



tag : 純米吟醸 名手酒造店

黒牛 純米酒

 第175回目。
 「黒牛 純米酒」――和歌山県の酒です。
 以前飲んだ生酒の火入れ加水バージョンになります。
 今にして思えば当たり前の話ですが、初期の頃は生酒と火入れした酒で酒質が大きく違うとを知りませんでした。そしてそれを微妙に引きずったこともあって、黒牛は一通り飲んだように錯覚してしまっておりました……不覚です。
 なので、ようやく今回が本当の意味での「スタンダードな黒牛」になります。……色々と反省しました。

(飲み始め:2009年04月28日)

 今年は丑年ということで、ラベルに金色の牛が描かれています。
 何となくめでたい感じがしますねー

 さて――
 スッキリとした酒と米の甘い香り。アルコールの香りが涼しげ。

 おお……濃いのにスッキリしています。
 腰の強いしっかりとした米の甘味と旨味、そして酸味。
 骨太な味わいにギュッと舌の感覚が引き寄せられます。
 それでいて口当たりに重さは無く、しっかりと口内で自己主張した後はスルリと捌けていく――
 ああ、これは良いな……

 生原酒は結構自己主張の激しい味わいでしたが、この酒はどの辺りで引けば自分を一番アピール出来るか良く分かっているかのような味わいです。……って分かりづらい(笑)
 私は今回の方が生よりも好きですが、そこはあくまで個人の好みなのでご注意を……多分生酒の方が好きな方もいらっしゃると思いますので。

 濃い味の食べ物との相性は良し。薄味の物には甘味が干渉。
 む、甘い物とは余り合わないか……

 常温――
 旨味が立って甘味は控えめに。まったり。なかなかに良い。
 ぬる燗――
 柔らかい酸味が立つ。米の旨味が非常に良い。あ、これは旨い!
 熱燗――
 バターを思わせる風味も。そして酸味がキリッと。

 どの温度も良いですね~
 私は……ぬる燗が一番好きかな?
 良い酒でした!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 使用米 山田錦25%、酒造好適米75%
 精米歩合 麹米50%、掛米60%
 アルコール度 15.6%
 日本酒度 +1
 酸度 1.6
 アミノ酸度 1.5
 使用酵母 K9系
 製造年月 21.01.
 (株)名手酒造店


2009年04月29日追記――
 香りはまったり。甘い米の柔らかい香り。

 酸味がパッと広がり、米の旨味がジワリと追いかけます。
 初日よりも若干スッキリとしたなー
 これもまた良し!


2009年04月30日追記――
 アルコールの香りが増加。

 酸味と旨味がまったり。


2009年05月01日追記――
 まったりとした香り。

 酸味が柔らかくなり、さらにまったり。

 ぬる燗は酸味が若干キリッとするものの良い感じ。熱燗も結構柔らかい感じに。
 これは良い感じ。


2009年05月02日追記――
 それほど強くはないが甘い香り。

 おお……マイルドだ……
 柔らかい甘味と酸味が調和。良いバランス。


2009年05月05日追記――
 スッキリとした酒の甘い香り。良い香り。

 アルコールの味わいと酸味、旨味が増加。後口には少々エグみが出現。
 若干クセが強くなってきた気もしますが、これはこれで。
 お、飲んでいる内にクセの部分は気にならなくなってきました。良いですねー
 ただ個人的には早めに飲んだ方が旨いとは思います。うん。

 次は純米吟醸かな~


1151531811_208.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米 名手酒造店

黒牛 中取り純米吟醸生原酒

 第78回目。
 限定品の黒牛です。
 「中取り」ですがやはり黒牛らしくガツンと来る酒でした。

(飲み始め:2008年11月02日)

 もたもたしていたら日付が変わってしまいました……
 本日は和歌山県の酒――「黒牛 中取り純米吟醸生原酒」です。
 限定品の中取りですよ!……通常の純米吟醸を飲んでいないのに大丈夫でしょうか。

 しっかりとした酒の香りに青リンゴ系の香り。少々バナナ系の香りも。

 濃い――しかし純米とくらべると若干スッキリしている気がします。
 まずは酸味が口内を巡り、続いて旨味と甘味がワッと広がります。
 徹頭徹尾強めの酒質で、喉ごしも濃い感じ。そして後口にはエグみも。
 多少人を選ぶ酒質だと思いますが、これが自分たちの酒だ!と強烈に自己主張しているかのような味わいには、一種の潔さと爽快さすら感じます。うーん、濃い!

 む、食べ物とは余り合わず……
 強めの甘味が干渉するので結構エグく感じてしまいます。
 おお、ナッツやチーズのような食べ物とは少し合いますね。
 クリームのようなコッテリとした甘い物とも少々。……でもスポンジ部分は駄目か。

 燗――
 少々エグみと渋味が立ちますが甘味が強調されて面白い味わいに。
 好きな人は好きかも?……私は冷酒の方が好きですけども(笑)

 ……やっぱり食べ物と合わないと量が飲めませんね。
 悪く無い酒ではあるのですが……変化に期待します。

データ――
 アルコール分 18度以上19度未満
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 山田錦
 精米歩合 50%
 使用酵母 協会9号系
 日本酒度 +2.0
 酸度 1.7
 アミノ酸度 1.0
 製造年月 20.5.
 (株)名手酒造店


2008年11月03日追記――
 濃い酒の香りと米の香り。

 アルコールの味わいが少々増加。
 全体的に濃くなったような、さっぱりしたような不思議な変化。
 トータルでは極端に変化していない印象。


2008年11月07日追記――
 香りは若干スッキリした反面、濃くなったような印象も。

 酸味が広がって捌けた後、しっかりとした旨味と甘味が舌の上で自己主張。
 その次にまた酸味が現れ、最後に渋味を残して消えていきます。
 しかし濃さはあるものの以前よりスッキリしており、大分飲みやすくなった印象。

 明日がラストかな?
 食べ物と合わせてみます。


2008年11月08日追記――
 やはりスッキリと飲みやすくなっています。
 食べ物との相性も大幅改善!うん、これはなかなか。
 特に甘みの強い物と良く合いますね。

 量を飲むと次第にクドく思えてきますが、少しだけ温めると酸味がフワリと立って甘味などを抑えてくれるようになります。これは良い感じ!
 ああ、和む。

 やはり初日が重ための酒は、時間を置くと飲みやすくなりますね。

 黒牛では古酒とか造らないのかな?


982392173_254.jpg

 ――
 やはり今のように1週間ほどかけて追記していく方式だと更新頻度に限界がありますね。
 ……まあ、それを止めてしまうと、このブログのせっかくの個性が失われてしまいますけども(笑)
 無理せず更新していきますので、まったりとお付き合いくださると幸いです。


 お気に召しましたら↓リンクのクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 純米吟醸 名手酒造店

黒牛 純米生原酒しぼりたて

 第21回目。
 スタンダードな黒牛の生原酒です。
 以前飲んだ物(平成十九年春上槽 黒牛 純米大吟醸)とは違い、非常に濃い味となっております。
 ある意味両極端な感じですね。
 ならばそれらのちょうど中間はどうか、と言うことで純米吟醸を購入!
 ……現在まだ飲めておりません。(飲みました)

(飲み始め:2008年04月10日)

 和歌山の酒「黒牛 純米しぼりたて」です。

 米や酒の香りに、甘い――桃のような香りが混ざります。

 うーん、濃厚!
 口に広がる米の香り。ぎっしりとした甘味と旨味。
 飲んでいる内に酸味が立ってきます。
 そして後口は日本酒らしい、しっかりとした余韻。
 この腰の強さは味の濃い食べ物にも当たり負けしませんね。
 これはなかなか……

 ぬる燗――うお、結構甘味がクドい感じに。
 熱燗――甘味と酸味が調和して良いですね。ただ温度が下がると甘味が強過ぎる気も。

 む……食べ物に当たり負けしない、というよりは自己主張の強さで、食べ物の味を打ち消している気もしてきました。
 味の濃いつまみ系の食べ物には良く合うのですけど。
 この酒質ならもう少し普通の食事に合って欲しい気分?

 冷やして単独で飲むべき酒ですね。

データ――
 アルコール度数 18.2%
 日本酒度 +2.0
 酸度 1.8
 アミノ酸度 1.4
 使用米 山田錦25% 酒造好適米75%
 精米歩合 麹・酒母50% 掛米60%
 使用酵母 協会9号系
 仕込水 万葉黒牛の水
 製造年月 20.2.
 (株)名手酒造店


2008年04月12日追記――
 濃いなぁ。
 甘味と旨味が非常に強いです……というかかなりクドくなってしまいました。
 開栓後2日目ですが結構崩れてしまいましたね。

 そして開栓時よりもさらに食べ物に合わなくなり……
 諦めずに色々と試してみる――
 濃い味のチーズ、ウスターソース、マヨネーズ、そしてバーベキュー味のスナック……
 なるほど多少酸味があって味の濃いものとならそこそこ……そこそこですね……

 ぬる燗――甘ったるい!?これはいかん……
 熱燗でも少し厳しい……結構甘味がエグいです。

 今日飲んだ感想は正直言って厳しい感じです。
 ……しばらく放置するべきか。
 そしてこの酒、度数が高いせいかアルコールが相当効きます。むむむ……


2008年04月17日追記――
 甘味とアルコールの味、そして酸味、渋味、苦味。
 含み香はキレイな米の香り。
 重さはあるもののクドくはありません。なかなか旨いですね……

 ぬる燗――
 お!これは旨い!
 酸味が良い感じで甘味を抑えており、舌触りもとろりと心地よいです。
 熱燗――
 渋味と苦味が少々強い、かも?
 ただ悪くはないですね。しっかりと米の味を感じさせてくれますし。
 燗冷ましは渋味が少々残りますがぬる燗の味に近いです。
 どれが良いと言えばぬる燗、かな?

 開栓後一週間でもの凄く良くなりました!これはビックリ。
 最初は新酒独特のトゲトゲしさが悪影響を及ぼしていたのかもしれませんね。
 もっと色々と飲んでみよう。うん。


772280118_123.jpg tag : 純米 名手酒造店

黒牛 純米大吟醸 平成十九年春上槽

 第2回目――日付は1回目よりも前ですが。
 そして初めて飲んだ黒牛がこれという不幸。(と言うほどでも無いか)
 今考えてみると非常に黒牛らしからぬ酒だったと思います。
 複雑な味わいですが意外にスッキリとした酒質だったんですよね。
 この酒に関して言えば、今感想を書いたらもっとしっかりとした物が書けると思います。
 ……でも高いんだよなー
 とりあえず今は多くの種類を飲むことに精一杯なのでリベンジは何年か後(!?)にでも……

(飲み始め:2008年01月14日)

 今日はせっかくだから高い酒を開けちゃうぞー
 と、言うことで「平成十九年春上槽 黒牛 純米大吟醸」!
 黒牛と言えば和歌山を代表するお酒の一つですね!
 ……実は結構大事にとってありました(笑)

 さて――
 鼻をお猪口に近づけると綺麗な米の香りします。
 そして口に含むと――
 最初に感じるのは酸味。おおこれは!
 渋味と苦味のバランスがいいですねー
 吟醸香は余りありませんが、複雑な味わいで美味しいです。

 ……ただ値段が3,800円と非常に高く。
 コストパフォーマンスは低めかもしれません。
 逆に純米大吟醸の綺麗さがあだになっている感じもしますし……
 そして杯を重ねると次第に苦みが立ってくるので、全体のバランスの崩れが少々気になってきます。
 雑味がもう少しあっても良い気がしますね。
 うん今度は別のグレードの物も買ってみよう。
 ……
 開栓後の変化には大きく期待してます。
 楽しみですね~

 ただ久しぶりの日本酒は旨かったです……

データ――
 アルコール度数 16.5%
 日本酒度 +3.0
 アミノ酸 0.8
 使用米 山田錦100%
 精米歩合 35%
 使用酵母 非公開
 (株)名手酒造店


2008年1月18日追記――
 独特の渋味と酸味。
 いぶし銀の貫禄がある酒――そして改めて飲んで思ったのは、日数を置いたからと言ってそれほど大きくは変化しないってことですね。
 ただ今回はエビチリと一緒に飲んだのですが、エビチリの辛味と酸味にも負けない――いや、むしろそういう物と合わせてこそ本領を発揮出来る酒だと思いました。
 旨かった……


tag : 純米大吟醸 名手酒造店
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif