嘉美心 純米吟醸生酒 冬の月 無濾過 (24BY)

 第649回目。
 「嘉美心 純米吟醸生酒 冬の月 無濾過 (24BY)」――岡山県の酒です。
 昨年10月頃に季節限定品を飲んだ際に「そろそろ再挑戦しなければ!」と書きましたので、早速再挑戦してみました!……私がこんなに早く有言実行するだなんて……明日は大雨でしょうか?
 ……と、そんな自虐ネタはともかくとしまして(笑)、今年は色々な反省を元にして前向きに頑張っていこうと思います!
 ――で、今回の酒ですが、以前飲んだ際の記憶通りでやはり良い感じでした。人気があるのも頷けます!
 実際に当時の感想と見比べると、細かい部分に結構違いはあるものの、生酒故の飲むタイミングによる違いも考えれば、十分想定の内に収まっているではないでしょうか?
 やはり人気をキープし続けるには安定性も重要ですからね~

 では、本文をどうぞ。

(飲み始め:2012年12月27日)

 綺麗で華やかさのある香り。
 青リンゴに……若干米。

 舌には若干の刺激感がありつつ、口当たりは柔らかく滑らかで、フワフワと口内で降り積もるような飲み口です。
 味わい的には穏やかでしっとりとした旨味と甘味がメイン。
 それをキュッと引き締める若干の刺激感を伴う酸味が良い感じです。
 うん、余り生酒生酒してないのも逆に良いかも。
 飲みやすいな~

 食べ物には少々甘味が干渉。
 合わせるなら味の濃い物や甘い物と。
 単独で飲んだ方が旨いですねー

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 58%
 アルコール分 16度以上17度未満
 使用酵母 白桃酵母
 製造年月 2012.11.27
 嘉美心酒造(株)


2012年12月28日追記――
 若干香りは穏やかに。

 うん、やはり滑らか!
 そして初日よりも少しだけ涼しげな印象に。
 全体的に少しだけ味が増えてきました。
 穏やかで良い飲み口です。

 お、食べ物との相性も結構改善!
 良いですね!


2012年12月29日追記――
 香りは少しだけ軽快に。

 アルコールの風味が若干増加し、丸い口当たりの後で、軽めに自己主張。
 少しだけ酒質がしっかり、そしてしっとりしてきたかも。
 まだまだ良い感じです。


2012年12月31日追記――
 アルコールの香りと旨味を感じさせる香りが増え、若干しっとりとした香りに。

 香りと同様な感じにアルコールの風味と旨味が増加。
 飲み口はしっとり、そして若干重量感が出現。
 少々バランスが尖ってきました。


2013年01月02日追記――
 しっとりとした甘い香りが強く。
 アルコールの香りも増加。

 アルコールの風味と渋味が増え、口当たりには引っ掛かる感じが出現し、少々ピリッとした感じも強く。
 全体的に若干重量感も。
 ここまでは置かない方が良さそうです。
 開栓後は……少なくとも二、三日以内に飲みきるのがお勧めですねー


1886370956_214.jpg
スポンサーサイト



tag : 純米吟醸 嘉美心酒造

冬まで待てない冬の月 純米吟醸ビン囲い 三季熟成

 第625回目。
 「冬まで待てない冬の月 純米吟醸ビン囲い 三季熟成」――岡山県の酒です。
 この酒は人気銘柄「冬の月」を瓶燗火入れし、冬~夏の三季熟成したもの、とのこと。
 ラベルも可愛らしくて良いですよね。ちなみに一升瓶だと月面から見る丸く青い地球、と言う構図になるようです。
 で、以前飲んだ冬の月の感想ですが、三年以上前か……ううむ、そちらにもそろそろ再挑戦しなければ!

(飲み始め:2012年10月18日)

 軽快さのある丸みを帯びた甘い香り。
 ……わずかにバナナジャム風の香りも?

 お、第一印象は濃いめかなと思いきや、捌けの良さと、舌にピリリと来る刺激感が、酒質を軽快にしています。
 穏やかで舌触りのしっかりとした旨味とそれを追いかける甘味がメイン。
 そしてそれらをキュッと引き締める酸味とアルコールの風味、刺激感。
 含み香は若干バナナに……ふかしたサツマイモ?
 うん、飲みやすいのでクイクイイケますねー
 ぽってりとした旨味と、刺激感が良いバランスです。

 食べ物と合わせるなら濃厚な味の物と。
 他の物には甘味が干渉し、甘い物にはエグみが干渉。
 うーん、スナック菓子と一緒に飲むとかでなければ、単独で飲んだ方が良いかな……

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 日本晴
 精米歩合 58%
 アルコール分 16度以上17度未満
 使用酵母 岡山白桃酵母
 製造年月 2012.09.
 嘉美心酒造(株)


2012年10月19日追記――
 旨味を感じさせる香りが若干増え、わずかにクラッカー風の香りもあるような?

 旨味とアルコールの風味が若干増加。
 さらにポテッとした雰囲気に。
 む、ただ二口目を含むと軽快さが増加……これは初日と共通の特徴ですねー
 そして後口にも旨味が強めに。


2012年10月20日追記――
 アルコールの香りが増え、しっとりとした印象に。

 旨味とアルコールの風味がさらに若干増。
 口当たりは若干しっかりと。


2012年10月22日追記――
 アルコールの香りが強めに。

 旨味が増え、舌奥に若干塩味?
 アルコール風味とキリッとした口当たりが強く。
 若干飲み口が尖ってきました。


2012年10月24日追記――
 アルコールのしっとりとした香り。

 酸味とアルコールの風味が若干増加。
 前回と大まかな印象は変わらず。
 綺麗さは減っていますが、これはこれで悪くないです。
 ただ綺麗さは減っていますので、その辺りが気になるのであれば開栓後は三日以内に飲むのがお勧めですねー


1876568085_41.jpg tag : 純米吟醸 嘉美心酒造

嘉美心(かみこころ) 「冬の月」純米吟醸 無濾過生酒

 第156回目。
 実はこの酒、見た目と名前に惹かれて購入した物だったりします。
 私の(余り多くない)経験則から言うと、ラベルにこだわっている日本酒は中身もしっかりしている印象なんですよね。今回もアタリだったと思いますし。
 今後も色々とジャケ買いしていきますよ~……冷蔵庫はパンク寸前ですが。

(飲み始め:2009年03月26日)

 岡山県の酒です。
 「嘉美心(かみこころ) 「冬の月」純米吟醸 無濾過生酒」

 濃いめのまったりとした甘い香り。アルコールの香りも若干。
 白桃酵母を使用したそうなので勝手に華やかな香りを想像していましたが、それほど強い香りはありません。
 あえて言うならば……サイダー系の香りも?……いや、どうだろう?

 トロリとした舌触り。
 まずはまったりとした甘味。続いて旨味と酸味がその甘味を抑えるように広がります。
 なので甘口の酒ではあると思いますが、全体的に見るとそれほど強い甘味は感じません。
 お、舌に感じる微炭酸の刺激が良いアクセント。まったり。

 食べ物との相性も悪くないですね。特に味の濃い物や甘い物との相性が良い感じです。

 なかなかに良い酒でした!変化にも期待します。

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 58%
 アルコール分 16度以上17度未満
 使用酵母 白桃酵母
 製造年月 20.12.
 嘉美心酒造(株)


2009年03月27日追記――
 若干アルコールの香りが増加。

 甘味が増して初日よりも甘口な印象に。
 まろやかな口当たりと甘味、旨味、酸味の調和が非常に良い感じです。
 旨いですねー
 私は初日よりも今日の方が好きです。
 これは良い変化!


2009年03月29日追記――
 若干香りは濃く。

 旨味とアルコールの味わいが増加。
 少々バランスが崩れてきましたね……


2009年04月01日追記――
 アルコールの香りが結構強くなり、その後ろから濃い甘い香りがチラホラ顔を出します。

 濃いめの甘味に、米の旨味と軽めの酸味。
 含み香はバナナ系が若干とアルコールの風味も。

 アルコールの風味の効果もあって全体的にスッキリめな印象に。そして非常にまったりと。
 綺麗さやバランスの面で見ると、開栓1日目、2日目に比べて落ちますが、これも悪くはないですね~

 ただなるべく早く飲んだ方のが旨いと思います。
 開けたらスパッと飲みきってしまいましょう!

 良い酒でした~


1119834968_92.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 嘉美心酒造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif