スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンカップ大関 秋の商品飲み比べ

 第629回目。
 「ワンカップ大関 熟成 秋あがり 上撰」「ワンカップ大関 まろやか仕立て お燗酒 上撰」――両方とも兵庫県の酒です。
 いやー、近頃急激に寒くなってきましたねー
 と、言うわけで(?)、コンビニで見かけたワンカップ大関を飲み比べてみました!
 ……私の中身は基本的に勢いや衝動買いで構成されております。
 ……では本文をどうぞ!

――
 まずは香りから。

 ワンカップ大関 熟成 秋あがり 上撰(以下、秋あがり)――
 ほのかに甘い穏やかな酒の香り。
 わずかにヨーグルト風の香りも。

 ワンカップ大関 まろやか仕立て お燗酒 上撰(以下、燗酒)――
 ほのかな甘い香りに、若干
 旨味を感じさせる香りとアルコールの香りが少々。

 ちなみに冷蔵庫に入れていないので、最初から常温です。

 では、飲み比べを。

 秋あがり――
 穏やかな味わいです。
 口当たりにはピリピリ感が少々。
 旨味、酸味、甘味がメインで、アルコールの風味と刺激感が続きます。
 んー、通常のワンカップよりわずかに味がはっきりしている、かな?
 いや、常温だからそう感じるだけでしょうか?
 ……今度冷やさずに通常品も飲んでみます。

 燗酒――
 秋あがりよりもさらに穏やかな飲み口。
 味わい的には甘味、旨味、酸味がメイン。
 ピリッとした感じはごくわずか。
 含み香にはヨーグルト系の雰囲気が少しだけ。
 際立った特徴はありませんが、結構飲みやすいですねー
 燗酒とは言えそのままでもイケる感じです。
 若干低アルコールですが、それが逆に良い作用をもたらしている気がします。
 さすがはまろやか仕立て!(?)

 続いて燗してみます。

 秋あがり――
 温度は若干高めの方が良いかも。
 立ち上がるのは甘味。
 アルコールのピリピリ感も若干増しますが、悪くない飲み口です。

 燗酒――
 お、こっちはぬる燗の方が上かも?
 温度低めだと甘味が、温度を高めにすると旨味が強くなります。
 む、ただ低めだとピリッと感が強まる反面、熱燗では控えめになるのか……
 ううむ……これは好みの問題なのかも?

 最後に食べ物と合わせて。
 両方とも似た感じなのでまとめての感想です――
 む、大まかな印象は余り変わりませんが、食べ物と合わせると秋あがりの方が甘味が干渉気味かな。
 ただどちらも無難に合わせられます。
 この辺りは通常品と同じ感じですねー
 うん、悪くない……

 ワンカップ大関の通常品とそこまで大きな差はありませんが、お手軽にサクッと飲めるのは悪くないと思います。

データ――
 ワンカップ大関 熟成 秋あがり 上撰
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 アルコール分 15度以上16度未満
 製造年月 12.08.
 大関(株)

 ワンカップ大関 まろやか仕立て お燗酒 上撰
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 アルコール分 13度以上14度未満
 製造年月 2012.08.
 大関(株)


1875642332_145.jpg
スポンサーサイト
tag : 普通酒 大関

花泡香 hana-awaka

 第596回目。
 「花泡香 hana-awaka」――兵庫県の酒です。
 近所のスーパーでちょっと安売りしていたので買ってみました。
 ちなみに一本の定価は250mlで税別351円とのこと。
 結構安いですよねー……味や香りはそれなりって感じですけども。
 手軽に発泡日本酒を味わいたい方向け、でしょうか?
 では本文をどうぞ~

――
 若干ペタッとした感じのある柔らかく甘い酒の香り。

 お、炭酸の刺激感はありますが柔らかい感じです。
 香りと同様に若干ペタッと感のあるたっぷりの甘味と、それを引き締める爽やかな炭酸の酸味、アルコールの風味もほんのりと。
 含み香には、同じ会社の製品故か、ワンカップ大関にも若干通じるような酒らしい香りも。
 うん、飲みやすいですし、悪くないですねー

 食べ物との相性もなかなかに良し。
 味わい的には甘味が結構あるので、食前酒やデザート酒向きかと思いきや、結構懐が深いですね……


三日目――
 香りは若干しっとりと。
 パン風の香りも若干。

 含み香は、酒らしさが増加。
 味わい的には旨味が増え、酸味が若干穏やかに。
 悪くないですが、カップ酒っぽさが強くなってきました。


五日目――
 香りはさらにしっとりと。
 若干ペタッとした感じも。

 旨味が増加し、酸味は大幅減少。
 炭酸が無くなったことも大きいでしょうが、少々重たさが出てきました。


七日目――
 香りは……焼いていない食パンにアルコール?

 む、炭酸は完全に抜けて、含み香には酒っぽさがまだ残っていますが、これはこれで面白いです。
 濃いめの口当たりに、甘味と旨味、酸味が渾然一体と。
 日本酒風味の清涼飲料風?……いや日本酒なんですけども(笑)
 うん、なかなかに良い感じですね、個人的には嫌いじゃないです。
 ……ただ最初から今日の感じだとしたら、評価するのはちょっと難しいかもしれません。
 元の味わいがあってこそ許容出来る変化というか……
 ……まあ何にせよ、量も250mlと多くないですし、開栓初日にスパッと飲んでしまうのをお勧めします!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 アルコール分 7%
 製造年月 12.3
 大関(株)


1853237294_110.jpg tag : 普通酒 大関

コールド大関

 第578回目。
 「コールド大関」――兵庫県の酒です。
 こんな変わった酒が発売されていたのを今まで見落としていたなんて!
 と、言うわけで「アルコール分:半分」「カロリー:40%オフ」が売りの「冷用日本酒」ことコールド大関を飲んでみました!
 ……売り文句から危険な気配がプンプンと漂ってきますねー
 他には公式サイトに「全麹仕込みの純米酒をブレンドした酒質」と言う記述もありますが、原材料に色々と含まれているのを見ると、いったい何とブレンドしたのかが気になってしまいます……
 ……まあ細かい事はともかく本文をどうぞ!

――
 しっとりとした感じのある若干控えめな酒とアルコールの香り。

 む、軽め――というか薄め?
 含み香は若干穀物っぽさもある酒に……若干ヨーグルト?
 味わい的には、弱めながらも若干舌にまとわりつくような酸味と旨味がメインで、渋味も少々。
 もしかしたら薄くなりすぎないように、わざと引っ掛かる部分を出したのでしょうか?……いやそれは穿ち過ぎか。
 薄いのでそこそこ飲みやすいっちゃ飲みやすいのですが、こういう極力個性を薄める方向で実際に商品化まで持っていく会社があるとは思いませんでした(笑)
 ううむ……しかし私のような人間にはやはり物足りない感じですねぇ……

 食べ物とは若干渋味が干渉。
 余り相性は良くない感じです……

 これは……どこの層がメインターゲットなんでしょうか?
 若い方でカクテルやチューハイがお好きな方ならば、もっと甘味のハッキリとした物のが合うでしょうし……
 やはり350mlなのに定価が税別227円という手軽さが一番の売りですかね?量販店だとさらにもう少し安いですし。
 うーん……度数の高い酒が飲めなくて、甘い酒も苦手だけど、とりあえず日本酒の雰囲気だけでも味わいたい人向け、とか?……余りいなそうですね。

 ……わ!糖類と酸味料入りだこの酒!
 え?ということは、これらが入ってなかったら、個性なんて欠片も残らない気が……
 ……ただまあ私もそれらが入っていることに成分を見るまで気づけなかったので、偉そうなことは言えないのですが…………

 む、飲んでいる内にわずかに甘味が出てきました。
 ただ大まかな印象は変わらず。
 ……お!食べ物との相性も若干改善。……どういうことでしょうか?舌が慣れたとか?
 いかんなぁ……成分の話も含め、また自分の舌に自信がなくなってきました。
 色々と考えさせてくれるので、こういう酒もたまには良いのかな?

 とりあえず結論としましては……アルコール度数を下げるのは良いとしても、カロリーまで無理に下げる必要はなかったような気がします。あまりにもインパクトが薄すぎるので。
 もし次に似たような商品を出すのであれば、もう少し日本酒らしさが欲しい所ですねー

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール、糖類、酸味料
 アルコール分 7%
 日本酒度 -6
 酸度 1.0
 製造年月 2012.03.
 大関(株)


1845194460_133.jpg tag : 普通酒 大関

大阪屋長兵衛 全麹 濃醇旨口 特撰 特別純米酒

 第459回目。
 「大阪屋長兵衛 全麹 濃醇旨口 特撰 特別純米酒」――兵庫県の酒です。
 大手酒造会社による全麹の酒……変わった酒が好きな私としましては、見かけたからには買わざるを得ませんでした(笑)
 クセがそこそこあるので万人向けの味わいではありませんが、なかなかに興味深い酒ですよ~
 そして今回の経時変化を鑑みるに、以前飲んだ他社の全麹の酒のように年単位で長期保存してみても面白いかも、なんて思いました。うん。
 ……しかしこの酒に限らず定義が曖昧すぎるんで、特別純米って名称必要ないですよね。
 ……失礼脱線しました、では本文をば!

(飲み始め:2011年06月12日)

 濃く甘い酒と米の香り。
 いわゆる酒らしい香りを若干スッキリ穏やかにして、甘い香りを立たせた感じでしょうか。

 お、濃い。
 含み香には上立ち香と似た印象と、若干の香ばしい香り?
 しっかりとした甘味と酸味が旨味と渋味を引き連れつつじわりと。
 後口には苦味と、若干舌に引っかかる感触も。
 少々クセはありますが、この感じはなかなかに悪くないですねー
 ただ、公式サイトの「白ワインのような味わい」はほとんど感じられませんでした。
 ……もしかしてどこか(店か家か)で酒質が変化してこうなった可能性も?いや、どうだろう?ううむ……

 温度が上がって室温に近づくと旨味が増加し柔らかさがアップ。
 うん、アリだな……

 食べ物と合わせるなら、甘味が強いので濃厚な味わいの物と。
 味が薄いと、甘味が強くても何かしらの風味がぶつかってしまいます。

 燗――
 温度が低めだと甘味が立ち、高めだと酸味が立つ印象。
 ……温めるならぬる燗かな?
 これまた悪くないです。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 73%
 アルコール分 14度以上15度未満
 日本酒度 -20
 酸度 2.7
 製造年月 10.09.
 大関(株)


2011年06月13日追記――
 米の香りに旨味を感じさせる香りが強く。
 若干香りに重量感。

 酸味と渋味が若干減り、旨味と甘味が増加。
 口当たりは若干柔らかく。そして香ばしい香りが強く。
 うん、悪くない……


2011年06月14日追記――
 旨味の強さを感じる濃厚な香り。
 さらにどっしりと。

 強い甘味に絡むのは旨味と、最初と比べて若干質の変わった酸味。
 そして続くのは香ばしい感じのある苦味が若干。
 白ワインというよりも、みりんのような味わいです。
 これはこれで!


2011年06月16日追記――
 アミノ酸のしっかりとした香りに、アルコールの香りがキリッと。

 お、何だか柔らかくなった感じですね~
 特に旨味と酸味が丸くなりました。
 大まかな印象は前回とそれほど変わりませんが、なかなかに良い変化です。


2011年06月18日追記――
 アルコールの香りが若干増して、若干香りは穏やかに。

 香ばしい香りが増加。
 口当たりはさらに柔らかく。
 甘味、旨味、酸味がたっぷり、続くのは苦味、後口には渋味。
 うん、やはりクセや重量感はありますが悪くないです。
 私は開栓直後よりも好きですね~
 あ、ただあくまで個人的な好みなので、その辺りはご注意を。


1736133078_133.jpg tag : 特別純米 大関

ワンカップ大関 にごり酒

 第399回目。
 「ワンカップ大関 にごり酒」――兵庫県の酒です。

――
 風邪をひいてしばらく酒が飲めない状態なので、今回はあっさりめの更新になります。
 ちなみにこれは風邪をひく前に飲んだ物で、本当は若干載せるかどうか迷った回なのですが……
――
 次回か次々回の更新は少し間が開くと思います。
 ……さっさと風邪を治して新酒が飲みたいです(笑)
――

 以前飲んだ缶入りの酒が、名前通りのワンカップ(ガラスカップ)入りになって帰ってきました!……そのはずだったのですが。
 そもそも遮光性に優れた缶を止めたのが勿体無いというか……いや、見た目は今回の方が綺麗だと思いますけども。
 ちなみにデータの違いとしてはアルコール分が缶入りの物より3%ほど低くなっています。

 さて、まずは上澄みから――
 柔らかく甘い香り。米に……わずかにバナナ風?

 柔らかく若干控えめな甘味と旨味、そして軽めの酸味。
 低アルコール酒らしさのある穏やかな味わいです。ただ少々線が細いかなぁ……
 あー、このままの味わいをもっと濃くハッキリとさせれば、結構良くなりそうな予感がします。軽快な甘口低アルコール酒と言った感じで。

 続いて混ぜて――
 若干米の香りが増加し、にごり酒らしい香りが少々追加。

 上澄みと比べると酸味がよりハッキリとした印象。
 酸味に控えめな甘味、旨味、続いて若干渋味。
 口当たりには粉っぽさや、舌に引っかかる感触も。
 後口にはエグみに苦味が若干。
 ううむ……それほど悪くはないと思うのですが、以前飲んだ缶入りバージョンに比べるとどうも薄ぼんやりとした印象ですね。舌触りや口当たりも結構もったりとしてしまいましたし。
 「なめらかで上品な甘み」か……個人的にはまた以前と同じ味が飲みたい気分です……
 この味がお好きな方には申し訳ありませんが、来年以降の再リニューアルに期待します。
 ……あー、何でこうなっちゃったかなぁ、勿体ないなぁ。

データ――
 原材料 米、米こうじ、醸造アルコール
 アルコール分 10度以上11度未満
 製造年月 10.09
 大関(株)


1631666809_85.jpg tag : 普通酒 大関

大関 白のものも

 第233回目。
 「大関 白のものも」――兵庫県の酒です。
 ……何を飲んでいるんだと言われそうですが、パック酒です。
 パック酒愛好家の中でこの酒の評価が非常に高い事は知っていましたので、近所のやまやで見かけた際に思わず購入してしまいました。
 詳しい内容は本文中に譲りますが、私の場合飲んでも感想を書かない事がちょくちょくありますので、ここに載せている時点である程度評価していると認識くださって構いません!
 ……何を偉そうに言っているんでしょう私は(笑)

 本文をどうぞ~

(飲み始め:2009年08月01日)

 酒の香り。パンのような……穀物っぽい甘い香りも。

 酸味、甘味、旨味、アルコールの味わいが渾然一体として広がります。
 含み香は酒らしい酒の香りに、麦菓子の趣?
 ……ううむ、意外に悪くないですね。
 際立った特徴は無いのですが、一般的なパック酒と比較するとかなりしっかりとした味わいで、パック上部に書かれた「ストロング」の文字にも納得出来るものがあります。
 アルコール感も普通酒にしては少なめで、結構飲みやすいですし。

 食べ物との相性もかなり良し。
 何にでも問題なく合わせられる印象です。悪くない……

 常温――
 アルコールの風味が増加。全体的に味が若干強く。ただ極端には変わらず。

 ぬる燗――
 アルコール感も含め全体的に味わいが増加。ただまったり。

 熱燗――
 アルコールの風味は立つものの、クセが少なく飲みやすいです。

 ……どの温度も悪くないですね。逆に困ります(笑)

 むむむ……これで1,800mlが1,000円以下で購入可能(やまや等の量販店で購入した場合。定価だと1,380円)なのか……安く手軽に酔いたいなら、この酒はかなり良い気がします。
 パック酒愛好家からの評価が高いのも良く分かるなぁ……

 ……もちろん日本酒初心者の方への入門用には向きませんし、特徴的な味わいや香りがある訳でもありません。
 しかしこの酒がもっと浸透すれば日本酒業界の底上げも可能なのでは、と思わせてくれます。
 大量生産の酒でこのレベルの物が増えてくるならば、意識を変えなければ生き残れない蔵が出てくる可能性もあるのでは?

 もし私が「どのパック酒を買えば良いか」と聞かれたら、真っ先にこの酒を推薦します。
 ……私が普段感想を書いているような酒と同レベルの物は期待しないよう、一言付け加えますけども(笑)

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 アルコール分 15度以上16度未満
 日本酒度 +1
 酸度 1.2
 麹 白麹一部使用
 製造年月 2009.03.
 大関(株)


2009年08月02日追記――
 若干香りは濃く。

 酸味が増加。
 香りに少し熟成感が混ざり始めたような?
 ただそれ以外は余り変わっていません。


2009年08月03日追記――
 アルコールの香りが強く。

 酸味と旨味が増加。
 アルコール感も増して後口にはエグみが出現。
 少々崩れてきました……


2009年08月05日追記――
 甘い香りとアルコールの香りが強く。
 少々アルコール感が尖ってきました。

 甘味が減少。酸味が増加。アルコールの風味も増して、後口には若干エグみ。
 全体の印象としては味わいがぼんやりと薄まってきた感じです。


2009年08月07日追記――
 穀物のような香りに、何となく香ばしい香り。アルコールの香り。

 酸味にアルコール、甘味、旨味。
 全体的に味が薄くなってきている印象。
 この酒の長所が消えた、と言うよりも特徴が無くなったような?
 ただ反対に印象が薄くなった影響か、雑味が目立たなくなった気もします。

 今日の印象は「何の特徴もないパック酒」ですね。
 酔っぱらう以外の目的では飲まない方が無難だと思います。
 ……この酒の長所を味わいたければ、開栓後はなるべく早く飲むべきでしょう。


1242866624_193.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 普通酒 大関

ワンカップ大関 にごり酒 (アルミ缶入り)

 第151回目。
 本日はカップ酒(アルミ缶入り)です!
 「ワンカップ大関 にごり酒 (アルミ缶入り)」
 兵庫県の酒ですね。そしてチャンピオンズカップ2008で審査員賞(本醸造酒・普通酒部門)を受賞した酒だったりもします。
 ……受賞酒とかを見るととりあえず飛びつくクセは相変わらずです(笑)
 (2010年12月09日追記――この酒は追記日現在購入することが出来ません……後継酒に当たる酒は全く違う酒質になってしまいました。非常に残念です。後継酒の感想は→こちら)

 さて――
 スッキリとした香り。
 それほど強くはないですが、綺麗なもろみの香りに軽めのアルコールの香りが混じった感じでしょうか?

 あ、これは結構良い感じかも。
 甘味が結構強めですが、サラサラとした甘味で嫌みさは感じません。
 キリッとしたアルコールの味わいもそれに一役買っています。
 そしてにごり酒独特のもろみ系の含み香が弱めなので、トロリとした舌触りを楽しめながらも、にごり酒としてはかなり軽快な印象を受けます。
 甘味が他の味を覆って目立たないようにしているのも一因でしょうか?

 大量に飲むと甘味などが重たくなってくるような気もしますが、一合缶を飲みきるぐらいでは全く崩れません。
 やはりカップ酒の先駆者たる大関はその辺りに抜かりがないですね。なかなかに良い酒です!
 少量飲むのに非常に適しており、カップ酒としての完成度はかなり高いように思えます。
 こういう一点突破的な酒も良いなー
 期間限定ということで余り売っているのを見かけない酒ですが、また買っても良いと思いました。
 普通酒と言えども侮るべからず、ですね。

データ――
 原材料 米、米こうじ、醸造アルコール
 アルコール分 13度以上14度未満
 製造年月 08.11.
 大関(株)


1115919696_234.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 普通酒 大関
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。