スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍋島 大吟醸 限定品 兵庫県産特A地区山田錦100%使用

 第575回目。
 「鍋島 大吟醸 限定品 兵庫県産特A地区山田錦100%使用」――佐賀県の酒です。
 I.W.C2011のCHAMPION SAKEと言うことで、通販などでも即売り切れるような人気の酒になります。
 私もたまたま買えてラッキーでした!やはりこういうのはタイミングが重要ですねー
 値段は720mlで2,861円とそこそこ高めですが、スペック的には逆にお得感もあるような?
 気になった方は、鍋島を扱っている店の入荷情報等をちょくちょくチェックしてみてください!
 ……では本文をどうぞ~

(飲み始め:2012年05月13日)

 穏やかな香り。
 それほど強くない、甘い……ほんのりイチゴアイス風の雰囲気も?

 穏やか!
 口当たりはフワリ、トロリ。
 柔らかく若干刺激感のあるふくよかな酸味と、軽快で丸い旨味と甘味がスルスルと口内を滑り落ちていきます。
 あー、優しい味わいですね~
 スルスルといくらでも飲めてしまいそうです!
 うん、旨い……

 食べ物と合わせるなら味の濃い物や甘味がある物と。
 薄味な物には若干甘味が干渉。
 合わせるかどうかはお好みで。

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 使用米 山田錦100%
 精米歩合 35%
 アルコール分 17度
 製造年月 2012.02
 富久千代酒造(有)


2012年05月14日追記――
 アルコールの香りが少しだけ増え、若干しっとりとした雰囲気が出現。

 甘味と旨味が若干増加し、口当たりは若干濃くしっとりと。
 そして刺激感もわずかに増え、穏やかさよりも少しだけ力強さが出てきた感じです。
 なんと言うか、落ち着ける、良い飲み口ですね……
 スルッと。


2012年05月15日追記――
 若干香りは濃さを増し、しっとりとした感じが増加。

 味わいも香りと同様にしっとり感が増加。
 そして全体的に少し味が増えた印象。
 ただまだまだ良い感じです!


2012年05月17日追記――
 青リンゴ風の香りが若干追加。

 アルコールの風味が増加し、口当たりにもピリピリ感が少々。
 後口の渋味も若干増。
 少し尖った感じが出てきました。


2012年05月19日追記――
 アルコールの香りが増加し、リンゴサワー風の印象もわずかに?

 アルコールの風味と刺激感、旨味、苦味、渋味が若干増加。
 少々尖った飲み口になり、口当たりには重量感も少々。
 崩れてきてしまいました……
 勿体ないので開栓後は早めに飲みきりましょう!
 開栓した次の日には――いや、可能ならばその日の内に飲みきってしまっても良いかもしれません。
 良い酒でした!


1844869177_185.jpg
スポンサーサイト
tag : 大吟醸 富久千代酒造

鍋島 純米吟醸あらばしり 生酒 山田錦 (23BY)

 第546回目。
 「鍋島 純米吟醸あらばしり 生酒 山田錦 (23BY)」――佐賀県の酒です。
 いやー、やっぱり人気出ましたね鍋島!
 IWCでチャンピオン・サケを受賞したり、色々な雑誌で紹介されたり――近頃は品切れになっているのも結構見かけるようになりました。
 ……と言うか私も、モタモタしている内に何度も買いそびれていました(笑)
 それはともかくとして、これからもさらなる進化が期待出来る銘柄だと思いますので、気になった方は是非チェックをば!
 あ、ただスペックによって様々な個性が出ていますので、その辺りはご注意を…… (過去の感想)
 では本文をどうぞ~

(飲み始め:2012年02月17日)

 穏やかな、それでいてフレッシュな甘い香り。
 これは……ブドウにリンゴ?

 んー、ジューシー!
 みずみずしい果物を思わせる酸味と穏やかな甘味が、超微炭酸の刺激感と共にシュワッとはじけ、その爽やかさのままジューシーな酸味と若干の苦味を残しつつスパッと捌けて行きます。
 良いキレだ!そして喉ごしも良い!

 お、飲んでいる内に旨味が増して穏やかな印象が強くなりました。
 これまた良い感じですね~

 食べ物と合わせるなら甘味のある物か、コッテリとした物と。
 ただ無理に合わせなくても良いかな?

データ――
 原材料名 米、米麹
 使用米 山田錦100%
 精米歩合 50%
 アルコール分 16度
 製造年月 2012.01
 富久千代酒造(有)


2012年02月18日追記――
 甘酸っぱい感じの香りが若干増加。

 お、若干刺激感が減って穏やかさが増えましたが、やっぱりジューシーで良い感じですね~
 主に旨味が増加し、酸味は若干穏やかに。
 後口には若干渋味。
 初日に比べて全体的に少しずつ味が増えてきました。


2012年02月19日追記――
 香りは若干落ち着いた感じに。
 若干しっとりと。

 刺激感がさらに減少し、口当たりは穏やかに。
 旨味と甘味が若干増加。
 後口には若干渋味。
 初日とは少し印象が変わってきましたが、なかなかに良い感じです。


2012年02月21日追記――
 米の香りが増加。

 刺激感はほぼ無くなり、かなり穏やかな飲み口に。
 旨味と酸味が若干増加。
 まったりと飲めます。


2012年02月23日追記――
 香りはしっとりと。

 旨味とアルコールの風味、渋味が増加し口当たりは重たい感じに。
 舌触りには引っかかる感触も。
 ううむ、少々崩れてきましたね……
 ジューシーさを楽しみたいのであればなるべく早く、そうでなくてもここまでは置かない方が良さそうです。
 スパッと飲んでしまいましょう!


1823004870_93.jpg tag : 純米吟醸 富久千代酒造

鍋島 愛山純米 熊本酵母

 第505回目。
 「鍋島 愛山純米 熊本酵母」――佐賀県の酒です。
 久々の鍋島になります。
 やはり鍋島はこの酒質の多彩さが魅力ですね~

(飲み始め:2011年11月03日)

 軽めの若干甘酸っぱさのある香り。
 ……柿を思わせる香りのようにも?いや、どうだろう……

 軽めの炭酸風の刺激感と酸味、それとは別種で口内を撫でる酸味と旨味、続いてそこからジワーッと染み出してくるのは若干の甘味とわずかな渋味。
 若干刺激感はありつつも、その佇まいはどこか穏やかです。
 これは……言うなれば、火入れの酒なのに、生酒のフレッシュさを少し導入した感じでしょうか?
 口当たりには若干まとわりつくような感触があるものの、なかなかに良い味わいです。
 グイグイ飲むようなタイプの酒ではなさそうですが、じっくりと楽しめます。

 お、和菓子と合いますね~
 明日は他の物とも合わせてみます。

データ――
 原材料名 米、米麹
 使用米 愛山100%
 精米歩合 65%
 アルコール分 15度
 使用酵母 熊本酵母
 製造年月 2011 9
 富久千代酒造(有)


2011年11月04日追記――
 若干甘い香りが濃く。

 甘味が若干増加し、全体的に柔らかくほんの少しだけ濃い印象に。
 ただ酸味のスッキリとした感じはそのままなので、結構良いバランスになっている気がします。
 うん、私は初日よりも好きかも。

 おお、食べ物とかなり幅広く合わせられます。
 良い!


2011年11月05日追記――
 香りはさらに濃くしっとりと。

 旨味が若干増え、穏やかな印象が強く。
 そして酸味が若干の軽快さを演出し、口当たりも少しだけ滑らかになった感じです。
 うん、飲みやすくて良いですね~


2011年11月07日追記――
 アルコールの香りが増加。

 酸味と渋味、アルコールの風味が若干増加。
 少々クセが出てきました。


2011年11月09日追記――
 アルコールの香りがさらに若干増。

 旨味と酸味が増加し、渋味と苦味が若干増加。
 クセは若干増していますが、大きく崩れた感じではありません。
 丸っこい酸味が楽しいです。
 ただ無理にここまでは置かなくても良いかな?
 その辺りはお好みで。……個人的には開栓二、三日目ぐらいが好きです!


1792421483_77.jpg tag : 純米 富久千代酒造

鍋島 New Moon しぼりたて純米吟醸 中汲み無濾過生原酒

 第424回目。
 「鍋島 New Moon しぼりたて純米吟醸 中汲み無濾過生原酒」――佐賀県の酒です。
 過去の感想を読み返してみて思ったのですが、今回の酒はもしかしたら一昨年の末に飲んだしぼりたて生酒をリニューアルした物かも知れません。
 使用米は両方とも雄山錦で精米歩合も同じ、違いは原酒かどうかぐらいなので。
 だとしたら当時感じた欠点――と言うか荒々しさ(?)が、旨口の良さを残しつつも解消されており、かなり酒質も向上していると思います。
 ……しかし、こうやってどんどんレベルが上がっていくのを実感出来ると嬉しいですねー
 もちろん他の酒も良くなっているでしょうし、色々と以前飲んだ物にも再挑戦したいです!
 うん、何度同じことを言っているかは忘れましたが、飲みたい酒が増えすぎてピンチです(笑)

(飲み始め:2011年02月07日)

 甘酸っぱい香り、梅やアンズを思わせる香りも?

 濃厚でジューシー!
 たっぷりの甘味と旨味に続き、爽やかな酸味がジュワーッと口の隅々まで広がります。
 後口の苦味も爽やかで良いアクセント。
 旨味が強いので果実感は余りありませんが、良い味わいです!

 甘味の無い食べ物だと若干甘味が干渉しますが、それでも悪くない印象。
 結構幅広く合わせられますね~

データ――
 原材料名 米、米麹
 使用米 雄山錦100%
 精米歩合 50%
 アルコール分 17度
 製造年月 2010.12
 富久千代酒造(有)


2011年02月08日追記――
 爽やかなアンズ系の香り。

 ジューシーな印象はそのままに、初日よりも穏やかな味わいに。
 旨味と甘味が若干軽快になった印象です。苦味も若干増加。
 飲みやすさアップ?……いや、人によるかな?


2011年02月09日追記――
 若干クリームを思わせる香りも?

 アルコールの風味が若干増加。
 酸味が若干減って口当たりは滑らかに。そして穏やかな印象がさらに強く。
 若干渋味や苦味などの雑味は増えてきましたが、飲みやすくて良い感じです。


2011年02月11日追記――
 穏やかな甘い香り。若干ドライフルーツのようにも。

 む、前回よりも甘味が濃く。そして苦味がさらに増加。
 ジワジワとクセが増えてきました。


2011年02月13日追記――
 アルコールの香りが増加。
 どこか香ばしいような……クラッカーを思わせる香りが出現?

 酸味と苦味、渋味が増加。
 苦味がだいぶ目立ってきました……結構飲みにくい印象に。
 開栓後は早めに飲んだ方が良さそうです。
 二日後ぐらいまでに飲み切るのがお勧めかな?スパッと空けてしまいましょう!


1670005115_127.jpg tag : 純米吟醸 富久千代酒造

鍋島 愛山 純米吟醸 lovely label

 第392回目。
 「鍋島 愛山 純米吟醸 lovely label」――佐賀県の酒です。
 愛山だけにラブリーラベル……うん、良いと思います!(笑)
 しかしこういう旨い酒が出てくるから、ここの会社の多彩な酒質がさらに魅力的に思えてくるんですよね。
 そして愛山の純米が出たみたいなので、近い内に買ってきます!今度はどんな感じだろうな~

(飲み始め:2010年11月07日)

 甘く柔らかい香り。ナシにモモ?

 んー、柔らかい!
 スッキリしながらもジューシーな旨味に甘味、そして火入れ酒にも関わらずわずかな炭酸風の刺激を伴う酸味が口いっぱいに。
 うん、旨い。
 濃厚なのに後口も綺麗で非常に飲みやすいです。
 カパカパいけますね~

 お、食べ物とも結構合います。
 ご飯などの味の薄い物には若干甘味が干渉しますが、かなり幅広い物と合わせられそうです。

 これは良い酒です!
 生産量の少ない愛山を使用しているので、値段は720mlで2,100円と若干高めですが、日本酒初心者の方にもお勧めです!

データ――
 原材料名 米、米麹
 使用米 愛山100%
 精米歩合 50%
 アルコール分 16度
 製造年月 2010.8
 富久千代酒造(有)


2010年11月08日追記――
 香りは若干穏やかに。
 ナシに……若干メロン?

 お、味わいも穏やかに。
 綺麗で柔らかいな~
 初日にあった刺激感がほぼ無くなったのでさらに柔らかくなった印象です。旨い!
 ただあの刺激感も爽やかで良い感じだったので一長一短かもしれません。
 味わい的には甘味が若干増加、酸味が微減した感じですね~
 後口にはわずかに苦味も。

 む、初日より食べ物とは若干合わなくなった気がします。
 甘味の干渉が強くなりました。


2010年11月09日追記――
 若干香りはしっとりと。

 アルコールの刺激感がわすがに出現し、柔らかな味わいに若干ピリピリと。
 甘味が増加し、若干苦味と渋味も増加。
 綺麗さは減少しましたが、まだまだ良い味わいです!


2010年11月11日追記――
 若干熟してきた果物に、アルコールの香りがしっとり。

 アルコールの刺激感がさらに増加し、口当たりはピリピリと。
 旨味、酸味、渋味、苦味が若干増加。
 綺麗さが減り、少々尖った印象も出現してきました。


2010年11月14日追記――
 香りは干しアンズに少々アルコール?
 柔らかい香りです。

 旨味に渋味、苦味が増加。
 口当たりのピリピリ感は減り、少々もったりした感じが出現。
 そして綺麗さは大きく減少……
 大きくは崩れていませんが、ここまでは置かない方が良さそうです。
 個人的には開栓後二日以内で飲みきってしまうのがお勧めですね~


1617267646_239.jpg tag : 純米吟醸 富久千代酒造

鍋島隠し酒 純米吟醸生酒

 第381回目。
 「鍋島隠し酒 純米吟醸生酒」――佐賀県の酒です。
 新しく買ってきた鍋島を飲もうとしたら、この酒が冷蔵庫の中に隠れていました。
 これが本当の隠し酒!…………今は反省しています。
 それはともかくとして、この隠し酒ですが、純米吟醸のあらばしりとせめの部分を混ぜた酒、とのことです。
 来年は買ってすぐ飲みますよー!

(飲み始め:2010年09月23日)

 米に……甘いシロップを思わせる香り?
 若干クリーム系の香りも。

 濃厚ながらも丸っこい甘味と旨味が舌の上でコロンと、その周りを柔らかい酸味がスルリ、そしてそのまま下からクイッと持ち上げます。
 んー、まろやか!
 出来立ての物を飲んでいないので比較出来ませんが、この味であれば自家熟成も悪くないと思いました。
 生酒ならではのジューシーさも(ごくわずかですが)残しながら、柔らかく調和のとれた丸みのある味わいです。
 うん、旨い!
 飲みやすいのでスルスルといくらでも飲めそうです。

 ぬる燗――
 若干甘味と旨味が立ち上がる印象。結構良い感じです。

 熱燗――
 若干酸味がキリッとして、より強くなった甘味をビシリと。
 これもアリですね……

 どの温度も良い感じです!
 冷やして飲んで、途中からぬる燗というのが個人的には好みでしょうか?
 良い酒でした~

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 50%
 アルコール分 16度
 製造年月 10.03
 富久千代酒造(有)


2010年09月24日追記――
 若干香りはしっとりと。穏やかな香り。

 酸味とアルコールの風味が増加。
 初日よりも濃厚さは弱まった印象。
 軽快で丸みを帯びた味わい。飲みやすいな~


2010年09月25日追記――
 アルコールの香りが微増。

 旨味が増加。
 若干アルコールの風味に、苦味と渋味も増加。
 微妙にキリッとした印象も。
 綺麗さは若干減ってきたものの、まだまだ良い感じです。


2010年09月27日追記――
 アンズを思わせる香り。

 アルコールの風味が増え、さらにキリッとした印象に。
 後口の苦味も増加。
 うん、悪くないです!


2010年09月29日追記――
 香りはアルコールに……干しアンズ?
 ドライフルーツを思わせる香り。

 若干酸味が増加。
 柔らかい旨味、甘味、酸味に若干の渋味と苦味。
 綺麗さは減少してきましたが、崩れた感じはほとんどありません。
 まったりとして良い感じです。

 製造後すぐの場合はもっと違う変化をしたのかもしれませんが、今回のような穏やかな変化なら大歓迎です!
 しかし同じ鍋島でも酒ごとにかなりの幅があって面白いですねー


1588632965_165.jpg tag : 純米吟醸 富久千代酒造

鍋島 純米吟醸 passion label 雄町生酒

 第366回目。
 「鍋島 純米吟醸 passion label 雄町生酒」――佐賀県の酒です。
 製造年月から半年近く経ってしまったので、出来たてと比べるとジューシーさやフレッシュ感は劣ると思いますが、これはこれで良い味わいでした!
 今後も鍋島は色々と飲みますよ~ (過去の感想はこちら)

(飲み始め:2010年07月29日)

 穏やかな甘い香り。若干マスカット風?

 しっかりとしながらも、どこかスッキリとした口当たり。
 若干のミネラル感が良いアクセントになっている感じでしょうか?
 スッキリとした酸味、甘味、旨味、アルコールの風味、若干苦味。
 柔らかさがありつつもキリリと、なかなかに良い味わいです。

 お、飲んでいる内に甘味がはっきりとしてきました。
 結構力強い印象ですねー
 際立った個性はありませんが、安定した旨さが感じられる酒です。
 さて、変化や如何に?

データ――
 原材料名 米、米麹
 使用米 岡山県産雄町100%
 精米歩合 50%
 アルコール分 16度
 製造年月 10.02
 富久千代酒造(有)


2010年07月30日追記――
 若干ミネラルを感じる香り。

 甘味と旨味が若干増加。
 軽快なコロリとした口当たりから、飲んでいる内に旨味や甘味がしっかりとしてくる印象です。

 食べ物と合わせるなら、普通の物には甘味などがぶつかるので、味の濃いつまみ系の食べ物と。


2010年07月31日追記――
 アルコールの香りが増加。

 甘味と旨味がさらに増加し、酸味よりも前面に。
 口当たりは若干柔らかく。
 しかし飲んでいる内に強く感じるのは変わりません。
 まったりと飲めて良い感じです。


2010年08月02日追記――
 香りは若干重たく。

 アルコールの風味が増加。
 若干全体的に味が増えてきました。少々雑多な雰囲気に。


2010年08月04日追記――
 アルコールの香りが強くなり、重量感も大幅増。

 旨味が増加。酸味も若干増加。
 アルコール感が少々ピリピリと。
 後口には雑味が結構増え、少々飲みづらい印象も。
 ううむ、崩れてきました。
 開栓後は2、3日以内に飲みきりましょう!


1549357688_148.jpg tag : 純米吟醸 富久千代酒造

鍋島 純米吟醸生酒 兵庫県特A地区山田錦

 第335回目。
 「鍋島 純米吟醸生酒 兵庫県特A地区山田錦」――佐賀県の酒です。
 元々お気に入りの銘柄ではありますが、近場で買えるのと、ちょくちょく利用する複数の酒販店(ネット上)で取り扱いがあることで、自然と飲む回数が増えております。
 今年はどんな新商品が出るのか楽しみだな~

(飲み始め:2010年03月01日)

 米の香りに若干バナナとヨーグルト?
 穏やかな甘い香りの後ろからスッキリとした雰囲気も。
 うん、何となく鍋島らしい香りな気もします。

 んー、ジューシー!
 ジュワーッと口いっぱいに広がる旨味、甘味、酸味。
 味わい自体は結構穏やかながらも、生酒らしいフレッシュ感や微炭酸のピチピチとした刺激感が、非常に爽やかな印象を生み出しています。
 お、刺激感が先に立っているので若干分かりづらいですが、結構綺麗な酒質ですね。
 これは良い感じだな~

 食べ物と合わせるなら甘い物と。
 他の物には甘味や酸味が干渉。

 若干大人しい印象もありますが、穏やかさと爽やかさが同居している感じが良いですね~
 炭酸が抜けた後の味わいも気になります!

データ――
 原材料名 米、米麹
 使用米 山田錦100%
 精米歩合 50%
 アルコール分 16度
 製造年月 平21.12
 富久千代酒造(有)


2010年03月02日追記――
 米の香りが強く。若干穏やかな香りに。

 甘味が微増。
 旨味、甘味、酸味。
 微炭酸のピリピリ感と酸味は若干弱くなったものの健在。
 ただジューシーな味わいから穏やかな味わいにシフト。
 初日のフレッシュさも良かったですが、個人的には今日の方が好みかも。


2010年03月03日追記――
 ふんわりと甘い米とヨーグルト系の香り。
 サイダーを思わせる香りも若干。

 お、軽快で柔らかい飲み口に。
 刺激感はさらに減。
 うん、穏やかで良い感じです!


2010年03月05日追記――
 アルコールの香りが若干増加。

 刺激感はほぼ消滅。
 旨味が増加し、濃く柔らかい酒質に。
 まったり。


2010年03月07日追記――
 酸味を感じさせる香りが増加。サイダーにヨーグルト。

 かなり穏やかで柔らかく。
 旨味と甘味がフワリ、続いてそれを引き締める酸味がジュワッと。
 余り強く主張しない生酒感が良いですね~

 食べ物との相性も良くなってますし、綺麗さは減少していますが結構好みかも?
 どうやら鍋島に関して言えば、出来たてよりも少しぐらい熟成させた方が私は好きなようです。
 あ、ただこれはあくまで個人の好みなのでご注意ください。


1426760853_38.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 富久千代酒造

鍋島 中汲み純米吟醸雄山錦 しぼりたて生酒

 第308回目。
 「鍋島 中汲み純米吟醸雄山錦 しぼりたて生酒」――佐賀県の酒です。
 今年の目標は「生酒は早めに飲む」です!……果たしてこれは目標と呼べるのでしょうか?(笑)
 それはともかくとして、今回は私お気に入りの銘柄「鍋島」のしぼりたてになります!
 若干荒々しい印象はありましたが、このフレッシュ感は新酒ならではって感じで良いですね~

(飲み始め:2009年12月27日)

 柔らかく甘い香り。
 米にアンズ。フレッシュな香り。

 みずみずしい味わいです。
 柔らかくジューシーな旨味と甘味が口いっぱいに広がります。
 わずかに舌や喉にチリッ感じる刺激は、新酒ゆえのフレッシュさでしょうか?
 含み香には若干穀物感――これが麹香?加えてアンズ系の香りも。

 旨口な酒ですね~
 うん、旨味が強い!……いや、というよりも少々旨味が尖り気味かも?
 量を飲むと若干酒質が重たく思えてきます。
 もちろん味わい自体は結構良い感じなのですが……この辺りは他の鍋島に比べると少々荒い印象がありますね。
 これは時間を置くと熟成されて落ち着いていくのでしょうか?
 何ヶ月後かにこの酒の成熟バージョンなどが発売されたら嬉しいなぁ。

 食べ物と合わせるなら味の濃い物甘い物と。
 味が薄いと甘味や旨味が干渉します。

 燗――
 若干ピリピリとした刺激感が増加。
 旨味よりも甘味を強く感じるように。
 これも楽しいですね~
 不思議なことに結構清涼感が増す印象も。

 さて、開栓後の変化はどんな感じでしょう?

データ――
 原材料名 米、米麹
 使用米 雄山錦100%
 精米歩合 50%
 アルコール分 16度
 製造年月 2009.12.
 富久千代酒造(有)


2009年12月29日追記――
 香りは若干穏やかに。

 おお……味わいも以前より穏やかです。
 柔らかい旨味と甘味がジワリ、それからフレッシュ感が若干ピリッと。
 甘味が控え目になり、旨味も柔らかく。
 初日よりも飲みやすくなった気がします。うん、スルスルと。


2009年12月31日追記――
 甘い米の香り。和菓子風の香りも。

 アルコールの味わいが若干増加。
 少々尖った印象はあるものの、口当たりはスッキリ。
 アルコールの味わいの後に旨味と甘味がワッと。続くのは酸味に渋味。
 若干荒い感じもありますがこれはこれで悪くないですね~


2010年01月02日追記――
 香りは若干軽く。

 む、味わいが柔らかく。旨味も若干軽く?
 甘味、旨味、酸味、アルコールの風味、軽めの苦味が渾然一体と。
 後口には渋味や苦味、舌に引っかかる感触も少々。
 雑味が増えたので飲み口が少々悪くなっていますが、この強い旨口からスッキリとした味わいへの変化は、個人的には嫌いじゃないですねー

 ますますこの酒の熟成したバージョンが気になってきました!
 ……発売されると良いなぁ。


1374156394_147.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 富久千代酒造

鍋島 生もと純米 9号酵母

 第300回目。
 「鍋島 生もと純米 9号酵母」――佐賀県の酒です。
 気付けばもう300回目……早い物ですね。しかし今日も変わらず淡々と更新です!(笑)
 さて、本日も前回の更新に引き続き、鍋島の新しい試みである生もと造りの酒になります。
 ……では本文をば!

(飲み始め:2009年12月05日)

 ヨーグルトを思わせる香りに、何らかのフルーツ系の香り。

 おお、香りから想像していたよりもスッキリとしてますね~
 ハッキリとした酸味に、それを追いかける旨味。
 若干ピリピリとしたフレッシュ感もあり。
 第一印象には結構軽快な感じもありましたが、飲み進めていくとやはり生もとらしく腰の強いしっかりとした味わいです。
 うん、飲みやすい。
 日本酒度の差は甘辛よりも口当たりの濃さに現れている感じですね。
 ……若干精米歩合の差も出ているのでしょうか?
 前回の物と今回の物、どちらを旨く感じるかは完全に飲む人それぞれの好みだと思います。
 私は今日の印象だと今回の方が好きですね~
 ただ、濃厚な酒がお好きな方には前回の物の方が良いかも?

 食べ物と合わせるなら味の濃い物と。味の薄い物には甘味が干渉。

 いやぁ、良い酒です!

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 55%
 アルコール分 16度
 日本酒度 +6
 製造年月 H21.9
 富久千代酒造(有)


2009年12月06日追記――
 メロン系の香りが強く。

 しっかりとした味わいながらもやっぱり飲みやすいですね~
 若干初日より甘味が増加、そして柔らかく。
 含み香にはヨーグルト。
 うん、旨い。

 ぬる燗――
 若干アルコール感が増すものの、なかなかに良い味わいです。

 熱燗――
 酸味が少々尖ります。温めるなら温めすぎない方が旨いですね~


2009年12月07日追記――
 炭酸入りヨーグルトドリンクを思わせる香り?

 甘味がさらに増加。次第に味わいが濃くなってきている印象。
 甘味と酸味が渾然一体と。
 柔らかい味わい。


2009年12月09日追記――
 プレーンヨーグルトを思わせる香り。旨味と酸味を感じさせる香り。

 おお、甘味が柔らかい。
 酸味や旨味とのバランスが良い感じ。まったり。


2009年12月11日追記――
 香りは若干穏やかに、そして甘い香りが若干増加。

 ああ、穏やかだなぁ……
 旨味が増加し、酸味は若干控え目に。まったりとした味わい。
 おお、温度が少し上がってきたらさらに柔らかく!
 バランス的には僅かに前回に劣る気もしますが、今日の味わいも良いですね~
 熊本酵母とはまた違った変化ですがこれまた良い感じでした!

 ううむ、個人的にどちらが好きかを開栓一週間の印象で判断するならば、熊本酵母に軍配でしょうか?
 初日から数日間は断然9号酵母の方が好きなんですけどね~
 ただ、これはあくまで私個人の好みなのでご注意を……
 ……とにかくどちらも良い酒なのでお勧めです!(笑)


1355936803_94.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米 富久千代酒造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。