スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東光(とうこう) 純米大吟醸限定酒 飲み比べセット

 第652回目。
 「東光(とうこう) 純米大吟醸限定酒 飲み比べセット」――山形県の酒です。
 ちょっと更新のタイミングが遅くなってしまいましたが、このセットが今年初めて飲んだ酒になります。
 せっかくの朝っぱらから酒を飲んでも怒られない日なので(笑)、何人かで飲み比べしてみても面白いかなー、なんて思いまして、昨年末にスパッと購入してみました!
 しかし今年の年始の酒は、本当に我ながら変化球な感じで攻めていますよねー(笑)
 ……まあ、楽しく、そして美味しく飲めれば問題無しです!

 話は変わりますが――
 今回の飲み比べて思い知らされたのは、本文中でも触れている通り、セットの内容によっては片方の酒の良さが消えてしまう危険がある、という事でした。
 味覚や嗅覚に絶対的評価基準をお持ちの利き酒名人の方ならばともかく、私にはそのようなスキルはありませんので、どうしても直前に触れた物に影響を受けて評価が変わってしまいます。
 もしかしたら、利き酒イベントのタイミングによって、本来の実力が発揮出来なかった酒も今までに幾つか存在するんじゃないか、なんて思ったみたり……
 ……まあ、ちょっと脱線気味な話題になりそうなので、この話はここまでにしますが、とりあえず私個人の利き酒能力は上げていかなければならないな、とは思いました。頑張ろう……

 では本文をどうぞ!

(飲み始め:2013年01月01日)

 さて飲み比べセットになります。
 おまけのお猪口も可愛らしくて良い感じですねー
 1887375500_35.jpg
 ただこの猪口はちょっと横に置きまして(笑)、いつもの利き猪口を二つ並べていざ飲み比べ開始!

(山田錦:以下「山」)
 スッキリ甘い香り。
 ほんのり青リンゴ風の香りも。

(美山錦:以下「美」)
 しっとりとした甘い香り。
 若干蜜っぽい香り?

(山)
 芯にあるのは若干キリッとした酸味、そこからジワリと口内へ染み出すのは穏やかな旨味。
 その酸味もほんのりと瑞々しさがあって良い感じですねー

(美)
 ポテッと柔らかい旨味と酸味が口内をジワリと満たします。
 含み香は……おせちの黒豆風?
 トロリと舌に絡む穏やかな酒質です。
 山田錦に比べると少しクセがあるかも。
 そして比較しなければそれほど気にならなくなる気もするのですが、交互に飲むとどうしてもこの含み香をしつこく感じてしまいますね……

(山、美)
 食べ物との相性は……
 味の薄い物には甘味が干渉。
 他の物には無難に合わせられます。
 これは両方共余り変わらないかな。

(山、美)
 燗――
 うん、柔らかい。
 穏やかに立ち上がった酸味と旨味が良いですねー
 美山錦の方が若干キリッとしているかな?
 どちらも飲みやすいです。

データ――
「東光 純米大吟醸 山田錦 限定酒」
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 山田錦
 精米歩合 40%
 アルコール分 16度
 製造年月 12.12
 (株)小嶋総本店

「東光 純米大吟醸 美山錦 限定酒」
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 美山錦
 精米歩合 48%
 アルコール分 16度
 製造年月 12.12
 (株)小嶋総本店


2013年01月01日夜追記――
 初日の夜ですが、開栓してからそこそこ時間も経っているので、普通の追記扱いとしました。

(山)
 やはりスッキリとした香り。
 ラムネ風の香りも。

(美)
 む、朝よりも香りは軽快に。
 アルコールの香りに、ほんの少し生クリーム?

(山)
 うん、全体的に若干柔らかくなりました。
 特に酸味。

(美)
 甘味が若干増加。
 独特の含み香も控えめになり、飲みやすさアップ!
 これは良い変化!
 む、温度が常温に近づくとクセが若干増加。


2013年01月02日追記――
(山)
 アルコールの香りが若干増加。

(美)
 やはり蜜っぽい香り。

(山)
 口当たりにはピリッとした刺激感が少々。
 旨味が増加。
 穏やかな飲み口です。

(美)
 甘味がさらに若干増加。
 む、やはりクセはありますが、ポッテリ穏やかな感じの飲み口は悪くないかも。
 ……お!より香りが強い酒の後だとクセはほとんど感じられませんでした。
 やっぱり飲み比べだと相対評価になってしまうので、色々と難しい感じですね……


2013年01月04日追記――
(山)
 しっとりとしたアルコールの香り。
 若干重量感も。

(美)
 アルコールの香りが若干増え、しっとりと、そして控えめな印象に。
 ……コーヒー牛乳風の香りがわずかに?

(山)
 アルコールの風味と刺激感、エグみが若干増加。
 全体的に味が増えてきました。
 少々クセが出現。

(美)
 アルコールの風味が若干増え、全体的に少しスッキリと。
 やはり山田錦と同様に、全体的に味が増えてきていますが、逆に飲みやすさはアップしているかもしれません。
 ……いや、そこまでではないかな?エグみなどの雑味も増していますので。
 そしてやはりこの酒の不幸は飲み比べセットに入ってしまったことなのかもしれませんね……
 山田錦の方の直後に飲むのと、しばらく間を開けて飲むのでは印象が全く違います。
 最初の方で気付きたかったです……


2013年01月06日追記――
 最終日ですが、飲み比べ形式を止めてみました。

(山)
 アルコールの香りが若干増加。
 前回と余り変わらない感じです。

 アルコールの風味と苦味、エグみが増加。
 結構飲みづらい印象に。
 急激に崩れてしまいました……
 早めに飲みきりましょう。

(美)
 香りは若干穏やかに。
 アルコールの風味が増え、わずかに辛口な印象も出現。
 少々バランスが尖ってきましたが、大崩れといった程ではありません。
 悪くない……
 ただここまでは置かなくても良いかも。
 ……出来ることならこの酒は、最初から比較せずに味わいたかったです。


1887375500_177.jpg 1887375500_242.jpg
スポンサーサイト
tag : 純米大吟醸 小嶋総本店

日本響 純米吟醸

 第319回目。
 「日本響 純米吟醸」――山形県の酒です。
 今回の酒を造る小嶋総本店は、1597年創業で米沢藩上杉家の御用酒屋だったそうです。
 で、この日本響と言う銘柄ですが、会社サイト上の商品説明によると「弊社の創業400年を記念し、平成8年に戦前使っていた銘柄『日本響』を復活させた酒。」とのこと。
 しかも第3回インターナショナル・サケ・チャレンジ2009でゴールドメダルを受賞した酒だったりします。
 ……何と言うか受賞品や記念品に弱い私としては手を出さずにはいられない感じですね(笑)
 まあ、それはともかくとして、酒のラベルには「上杉藩の軍旗の商標使用」が特別に認められているそうなので、上杉家がお好きな方にもお勧め、かも?
 ……本文をどうぞ!

(飲み始め:2010年01月23日)

 穏やかなアンズを思わせる甘い香り。

 穏やかで綺麗な味わい。
 柔らかい甘味と酸味、旨味がジワーッと、それでいて軽やかに口の隅々まで染み渡ります。
 これは落ち着くなー
 うん、旨いです!
 飲みやすいのでグイグイいけますね~

 お、飲んでいる内にさらに旨味がジワリと。
 若干の苦味も出現しましたが、これまた良いアクセントになっています。
 染み入るなぁ……

 食べ物との相性も良い感じ。
 結構甘味が立つものの、不思議と合う印象です。
 ううむ、良い感じ!

 燗――
 少々アルコール感と酸味が増加し、若干ピリピリ。
 ただ結構面白い味わい。
 変化球的にはアリかな?

データ――
 原材料 米、米こうじ
 精米歩合 四拾八%
 酒精分 拾六度~拾七度
 製造年月 09.12.
 (株)小嶋総本店


2010年01月24日追記――
 酸味を感じさせる香りが増加。アンズジャムっぽさも?

 穏やかです……
 旨味が増加、アルコールの味わいも若干増。
 全体的に味が濃くなったためか、綺麗さは微妙に減少?
 しかし大まかには変わらず。
 良い味わいです。

 食べ物との相性はさらに向上!
 甘味が減ったためか(?)、さらに甘味が食べ物を邪魔しません。
 旨いですね~


2010年01月25日追記――
 アルコールの香りが増加。若干スッキリ。

 味わいが全体的に濃く。
 旨味が増加。まったりとして良い味わい。


2010年01月27日追記――
 香りはそれほど変わらず。若干弱く?

 アルコールの風味が増加。
 口当たりには若干アルコールのピリピリ感と引っかかる感触が出現。


2010年01月29日追記――
 香りはアルコールに干しアンズ。

 アルコール感が結構強く、少々尖った味わいに。
 アルコールの後ろから酸味、旨味、甘味、そしてアルコール由来の苦味、後口には若干渋味。
 ううむ、結構辛い印象がありますね。かなり酒質が変化しました。
 この味がお好きな方もいらっしゃると思いますが、私は少々苦手です……
 開栓二日目ぐらいまでは非常に好きな味わいだったのですが。
 ……個人的にはなるべく早く飲むことを推奨いたします!
 酒質の変化はともかく、良い酒ですよ~


1396105679_82.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 小嶋総本店
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。