義侠 五百万石 純米原酒60% 生酒 滓がらみ

 第642回目。
 「義侠 五百万石 純米原酒60% 生酒 滓がらみ」――愛知県の酒です。
 義侠では初めて飲む生酒(しかも新酒)になります! (前回飲んだ火入れの物の感想はこちら)
 しかし良い酒を造る会社は、火入れも生も関係ないと言うことを今回改めて思い知り――
 ……とまあ、細かい内容は本文中に譲るとしましてまして、本文をどうぞ!

(飲み始め:2012年12月06日)

 おお!若々しい香りですね~
 甘い香り――若干サクランボ?

 柔らかい!
 口当たりはトロッと滑らか。
 香りからもっと若い雰囲気を想像していたら、良い意味で裏切られました!
 穏やかな旨味と若干の甘味がスルスル、トロリと口の隅々までを満たし、やはり穏やかな酸味が全体を適度に引き締めつつ、ジワリと口内を撫でていきます。
 あー、旨いですねー、スルスルといくらでも飲めそうです。
 ……実は火入れの酒が旨いので、わざわざ生酒を飲む必要はないかな、などと思っていたのですが……すみません、完全に私の認識不足でした……
 良い酒です……やはりもう少し柔軟に物事を考えなければなりませんね……

 食べ物との相性も良し。
 幅広く合わせられます。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 富山県なんと農業協同組合産五百万石100%
 精米歩合 60%
 アルコール分 16度以上17度未満
 製造年月 H24.11
 山忠本家酒造(株)


2012年12月07日追記――
 香りは若干柔らかく。
 穏やかで良い香りです。

 アルコールの風味が少しだけ増え、口当たりは若干スッキリ、わずかにキリッと。
 そして旨味や渋味など、全体的に若干味が増えた印象。
 ただやはり良い味わいです。


2012年12月08日追記――
 若干丸い香りに。

 キリッとした感じが若干強く。
 前回の変化がそのまま少し進んだ感じです。


2012年12月10日追記――
 甘い香りが若干増加。

 酸味と渋味、苦味が若干増え、やはりわずかにキリッとした方向に進んだ印象。
 味が増えて、少しだけ雑多な感じも出てきました。


2012年12月12日追記――
 香りは余り変わらず。

 前回の変化が進んだ印象。
 全体的に雑味が増え、クセも強く。
 ただ味わいの骨格がしっかりとしているので、バランスはまだ悪くない感じかも。
 個人的にはまだまだアリですね……
 開栓後は……余り急いで飲まなくても平気ですが、変化を追うためにわざわざ残す必要はない、って感じでしょうか?


1883640162_235.jpg 1883640162_80.jpg
スポンサーサイト



tag : 純米 山忠本家酒造

義侠 純米原酒60% H22BY

 第494回目。
 「義侠 純米原酒60% H22BY」――愛知県の酒です。
 当ブログ最初期の頃飲んだ酒に再挑戦してみました。
 全く違う感想になったのがちょっとアレと言うか、なんであんなに微妙な評価なのかが……
 まあ当時はろくに基準もなく手探りでやっていたので仕方ないと言えば仕方ないのです、が……
 うん……とりあえず色んな意味で消してしまいたいです……

 で、上記リンク内で50%云々と言っている感想はこちら。ちなみにそこでさらなる上位酒について触れていますが、結局飲む機会がないまま今日までズルズルと……
 上位酒は全体的に値段高めなのがネックなんですよねー……ただ確実に旨いと思うのでいつか絶対買うつもりです!
 そしてやっぱり過去に飲んだ酒には積極的にリベンジしていかないと駄目な気がしてきました。
 自分で世界を狭めていたら勿体ないですからね!きっと飲むぞー!

(飲み始め:2011年10月02日)

 穏やかな酒の香りにキリッとしたアルコールの香りが若干。

 濃厚で穏やかな旨味と甘味がたっぷり、そしてふっくらと。
 しっとりとしつつも柔らかく力強い酸味がググッと全体を引き締め、軽快で若干の香ばしさのある渋味と苦味がコロンと自己主張。
 フワリと広がる米の香りと風味が良い感じです。
 うん、旨い!
 そして第一印象は結構濃厚な感じがありましたが、飲んでいる内にどんどん気にならなくなってきます。
 しっかりとした味わいながらもかなり飲みやすいですね~
 こうスルリ、スルリと杯に注ぐ度に酒が消えていく感じと言うか……

 食べ物との相性も良し!
 食事をしながらスルリと飲めてしまいます。

 常温に近付くと甘味が減少し、酸味が若干増加。
 ただ大まかな印象は冷やした状態と余り変わらず。

 燗は酸味が立ち上がりますが、やはり他と大きくは変わりません。
 変化球的にアリかも。
 ただそのままでも十分旨いので、燗酒がどうしても飲みたいとかでなければ、無理に温めなくても良いと思います。

 あー良い酒だなぁ……
 これは他のスペックの物も飲みたくなりますね~

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 兵庫県東条産特A地区山田錦100%
 精米歩合 60%
 アルコール分 16度以上17度未満
 製造年月 10.12
 山忠本家酒造(株)


2011年10月03日追記――
 穏やかな甘い酒の香り。
 初日よりもさらに穏やかに。

 酸味が増加し、口当たりに若干刺激感が出現。
 渋味と苦味も若干増加。
 濃厚さが若干弱まりどこかスッキリとした印象に。
 初日とは結構印象が変わりましたが悪くないです。


2011年10月04日追記――
 若干アルコールの香りが増加。

 前回の変化がそのまま少し進んだ感じです。
 酸味が前面に出てきて、渋味や苦味が強まったためか、若干辛い印象も出現。
 うーん……悪くないですが、初日と比較すると大分落ちますね……
 今後の変化や如何に?


2011年10月06日追記――
 甘い米の香りが若干増加。

 お、何だか少し揺り戻しが起きた感じですねー
 穏やかな旨味が増え、酸味は若干減少。
 雑味は若干増していますがこれはこれで。


2011年10月08日追記――
 甘い香りが濃くなり、若干ペタッとした香りに。

 アルコールの風味や苦味が増加し、全体的に味が多く。
 旨味とアルコールの風味がメインでそこに酸味と苦味が絡みます。
 ううむ、個人的にはまだアリかとも思いますが、結構崩れてきました。
 そして初日の素晴らしさがほぼ消滅してしまったともなると……

 開栓後はなるべく早く――出来たら初日に飲みきることをお勧めします。
 ……ただ、もしかしたら約10ヶ月という自家熟成の長さが若干酒質に影響している可能性も?
 うーん……まあ初日の味わいが気に入ったらそのままスパッと行く感じで!
 今度は製造年月が新しい物にも挑戦してみます。


1781488035_143.jpg tag : 純米 山忠本家酒造

義侠 純米生原酒 1,500kg 50% H19BY

 第42回目。
 華やかな酒も好きですが、こうやってしみじみと飲ませてくれる酒も好きです。
 詳しくは本文に譲るとして、この酒は非常に良い酒です……

 そして以前の感想時に色々と書いた件ですが、なんと私陥落しませんでした!
 ……単純にいつも買う店で40%が売り切れだっただけ、なんですけども。あれば間違いなく買っていましたので、これで陥落していないと言い張るのも気が引けると言うか何と言うか(笑)
 まあいつかは確実に買うと思いますのでその時は生暖かく見守ってやってください……

(飲み始め:2008年07月12日)

 今日は愛知県の酒ですよ~
 「義侠 純米生原酒 1,500kg 50% H19BY」
 以前飲んだ物の上位グレードになりますね~

 酒の甘い香りに、青リンゴ系とヨーグルト系の香り。
 ……最近色々と嗅いでいる内に微妙に自分の嗅覚がわからなくなってきました(笑)
 何か基準が欲しいなぁ……

 柔らかくトロリとした口当たり。
 スッキリとした酸味をふっくらと柔らかい甘味と旨味が追いかけます。
 綺麗な酒ですね~、のどごしも甘味を残してスルリと消えていく感じです。
 そして後口には米の旨味が。
 酸味が良いですねー
 自己主張をし過ぎる訳でもなく、キリリと全体を引き締めると言うか……

 食べ物との相性はなかなかの物です。
 一緒に飲んでも食事を邪魔しませんし、つまみ系の物とは特に良く合います。
 こりゃあ良い……

 燗――
 酸味が強くなってなかなか面白いですね。でも冷酒のが良いかな?

 色々やっている内に結構大量に飲んでしまいました。
 飲み飽きしない良い酒ですね~
 さて、これより上のグレードになると値段が跳ね上がるのですがどうした物やら……
 とりあえずこのレベルでも十分旨いんですが、以前の物より格段に旨くなっているのがわかるのが心憎い演出と言うか……
 ……逃げる訳にはいかないか(笑)

 いつかは最高クラスの物も飲んでみたいですねー
 ……確か720mlで12,600円?……まあまた今度考えよう、うん…………

データ――
 アルコール分 16度以上17度未満
 精米歩合 50%
 原材料名 米、米こうじ
 使用米 兵庫県東条産特A地区山田錦米100%
 製造年月 H.20.1
 山忠本家酒造(株)


2008年07月13日追記――
 香りの変化は弱め。少し重たく、しかしまったりとした感じに。

 アルコールの味が増加。
 酸味が少々渋味を呼び起こすも、口当たりの良さや柔らかさは衰えず。
 いや、むしろさらに飲みやすいような?
 やっぱりこのスッキリとした酸味が良いですね。うん、旨い。

 次は40%……?


867717955_232.jpg tag : 純米 山忠本家酒造

義侠 純米生原酒 1,500kg 60% H19BY

 第9回目。
 熱狂的なファンも多い銘柄です!
 この酒は、低価格の物を気に入るともう少し上の物、それを気に入るともっと上の物、そしてそれを気に入ると(以下略)――という素敵なアリ地獄方式を採用しております(笑)……もちろん褒め言葉ですよ?
 まあアリ地獄と言う言葉は冗談にしても、実際ハマると上位の酒がもの凄く気になりだします。
 ……上の方はとっても高いんですけどねー
 私の場合、この60%を飲んだ当時はそれほどまでではなかったのですが、その後に50%を飲んだ時に相当キました……詳細は後日に譲るとして、かなりアリ地獄に足を突っ込み気味です。
 50%の感想を載せる時までに、果たして陥落しているかどうか?……お楽しみ、に?

(飲み始め:2008年03月02日)

 本日は愛知県の酒です。
 「義侠 純米生原酒 1500kg 60% H19BY」
 種類が多過ぎてどれから飲めば良いのかわかりにくい酒ですが、とりあえずその通販サイト上の一番お手頃な物を選択してみました。
 ……後から知りましたがどうやら70%と言うのもあるみたいですね、値段の差は僅かですけども。

 青リンゴのようなきれいで甘い香り。
 どっしりとした酸味、その後ろからは控えめな甘味が。
 口から鼻に抜ける香りは青リンゴ。
 トロリとした酒質で、しっかりとした米の旨味も感じられます。旨い!
 ただ後口に少々余計な苦味や渋味が残るのが気になるところ。
 しかしこの酒は、購入時に見かけた中では最も安い物。
 より高精白な物であればこの問題は解決していることでしょう!
 ……余り高い物には手が出しづらいのがアレですが。

 こういうタイプの酒は置くとどういう変化をするんでしょう?
 自信がないのでチビチビ飲みながら消極的に変化を見ていこうと思います(笑)

データ――
 アルコール分 16度以上17度未満
 精米歩合 60%
 原料米 兵庫県東条産特A地区山田錦米100%
 原材料名 米、米こうじ
 製造年月 H19.12
 山忠本家酒造(株)


2008年03月04日追記――
 香りに米を感じるように。言うなれば旨そうな香り?
 甘味が増して全体のバランスが各段にアップ!
 アルコールの香りも心地良く、んー旨い!
 燗上がりもなかなかのものですね……
 開栓時に燗した時は酸味ばかりが目立っていたのですが、今日は様々な風味を感じさせてくれています。
 こういう変化をしてくれるとは……嬉しい誤算でした。

 購入済みの50%を開けるのも非常に楽しみになってまいりました!
 いやー、酒は良い……


732596476_58.jpg tag : 純米 山忠本家酒造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif