スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志田泉 純米吟醸原酒 八反35号

 第624回目。
 「志田泉 純米吟醸原酒 八反35号」――静岡県の酒です。
 公式サイトによるとここの会社は結構積極的に、様々な米を使った酒造りを行っているみたいですねー
 お、毎年どんな米を使っているかも公開しているのか……これは興味深い…… (公式サイト)
 ちなみに使用米の八反35号は広島八反の別名とのことです。

(飲み始め:2012年10月14日)

 控えめなスッキリとした香り。
 ほんのりエステル香も。

 含んだ瞬間の柔らかい口当たりから一転、キリリとした雰囲気が口内を満たします。
 味わい的には若干しっとり感のある穏やかな旨味がメインで、旨味に寄り添うような若干の甘味が続き、そこから軽快な酸味とアルコールの刺激感が全体を引き締めています。
 後口には渋味と苦味が少々。
 なかなかに飲み応えもあって良い感じですねー

 味の薄い物には甘味が干渉。
 濃い物や甘い物との相性は良し!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 使用米 広島県産八反35号100%使用
 精米歩合 50%
 アルコール分 17度
 日本酒度 +3.5
 酸度 1.2
 使用酵母 静岡酵母NEW-5
 製造年月 24.3
 (株)志太泉酒造


2012年10月15日追記――
 アルコールの香りが若干増加。

 キリッと辛口な印象が前面に。
 アルコールの風味と酸味が増加、苦味も若干増。
 力強い飲み口です。


2012年10月16日追記――
 甘いアルコールの香りとエステル香。

 アルコールの風味と刺激感、渋味、苦味が若干増加。
 舌触りはピリピリと。
 綺麗さは減りましたが、まだ悪くない感じです。


2012年10月18日追記――
 アルコールの香りが若干増え、他の香りは控えめに。

 アルコールの風味がさらに若干増加。
 ただキリッとした感じはあるものの、旨味や甘味が若干増えたためか、どこか柔らかさも出現。
 穏やかな辛口酒って感じです。
 うん、前回よりも良いな……


2012年10月20日追記――
 香りは余り変わらず。

 アルコールの風味が若干尖り、全体的に味が増えた印象。
 綺麗さやバランスは少々崩れていますが、悪くないです。
 ただ早めに飲んだ方が旨いですねー


1875900540_231.jpg
スポンサーサイト
tag : 純米吟醸 志太泉酒造

志太泉 特別本醸造 五百万石

 第606回目。
 「志太泉 特別本醸造 五百万石」――静岡県の酒です。
 今年の4月頃に試飲販売で購入しました。
 値段は720mlで1,260円――特別本醸造としては若干お値段高めな気もしますが、精米歩合はなんと50%です!
 ……しかし元々特別純米や特別本醸造は曖昧でいい加減な区分ですが、もしこういう酒が増えたら逆の意味でさらに混沌としそうですよね(笑)
 まあ何にせよ、選ぶ際には名前が全てではないということも頭の隅に置いておく必要がある、と言うことで……うーん、やっぱりこれってどう考えても日本酒を余り知らない方にはハードル高めだよなぁ……
 ……とりあえず本文をどうぞー

(飲み始め:2012年08月19日)

 スッキリ涼しげな香り。
 軽快なアルコールの香りに若干メロン。

 香りと同様スッキリ飲みやすいですね~
 口当たりは柔らかく、軽快でスッキリとした甘味が口内にふわりと留まって、そしてやはり軽快で柔らかい旨味と共に隅々までをじわりと満たした後、スルスルと喉に消えていきます。
 酸味もあくまで強く主張せず、裏側でスッキリとした印象を強めている感じです。
 うん、良いですね……
 私の印象としては甘味が味わいのメインではあるのですが、甘口という感じはほとんどなく、濃い甘い系の酒とも全く違うので、甘い酒が苦手な方でもすんなり入っていけると思います。

 と、ここで裏ラベルを見たのですが、結構日本酒度は高い感じ(+6.5)なんですねー
 かといってやはり辛口という感じもほとんどしない絶妙なバランス……良い酒です!

 食べ物と合わせるなら味のしっかりとした物か、甘い物と。
 他の物には若干甘味が干渉。
 単独で飲んだ方が旨いかな?

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 使用米 兵庫県産五百万石100%使用
 精米歩合 50%
 アルコール分 16度
 日本酒度 +6.5
 酸度 1.2
 使用酵母 静岡県酵母NEW-5
 製造年月 24.3
 (株)志太泉酒造


2012年08月20日追記――
 アルコールの香りが若干増加。
 若干落ち着いた香りに。

 甘味と旨味が若干増え、少しだけ濃い口当たりに。
 ただ全体として若干穏やかさが増したぐらいで、大きくは変わっておらず、柔らかくスルスル飲めます。


2012年08月21日追記――
 全体的に香りは弱く。
 若干アルコールの香りは増加。

 旨味とアルコールの風味が若干増加。
 口当たりは少々トロリと、そして少しだけ力強く。
 飲み応えが増してきました。

 食べ物との相性は、甘味の干渉が減ったおかげで悪くない感じに。


2012年08月23日追記――
 しっとりとしたアルコールの甘い香り。

 口当たりはさらにトロリ、そしてしっとりと。
 この舌に絡む感じの甘味は……糖ではない甘味?
 若干舌触りにピリッとした感じも。


2012年08月25日追記――
 香りは前回と余り変わらず。

 飲み口は穏やかながらも、舌触りのピリッと感が若干増加。
 ただ香りと同様に味わいも、少し味が増えたぐらいで前回から余り変化していません。
 開栓直後の方が綺麗さは上でしたが、悪くないですねー
 ただわざわざ変化を見るためだけに放置するほどではないと思いますので、初日の感じがお好きでしたら早めに飲むことをお勧めいたします。


1866042672_79.jpg tag : 特別本醸造 志太泉酒造

志太泉 純米吟醸愛山 2008年度(H19BY)醸造酒

 第138回目。
 愛山を使用した酒です。値段は720mlで約2,500円と少々高め……
 今回が3度目の愛山使用酒ですが、未だ私には米の特徴が理解出来ておりません。
 ……心底勿体ないと思います。頑張らねば……

(飲み始め:2009年02月21日)

 静岡県の酒です。
 「志太泉 純米吟醸愛山 2008年度(H19BY)醸造酒」

 スッキリとした甘い米の香り。

 柔らかい米の甘味と旨味が口内に広がり、スッキリとした酸味がふわりと追いかけます。
 うん、なかなかに旨い!口当たりはトロリとしており、まったりとして心地良いです。
 含み香はエステル香が強めかな?

 食べ物との相性は……物によっては苦味が出現して邪魔をする感じですね。
 ……何に合って何に合わないか良くわかりません。とりあえずナッツなどには合わず。
 強いて言うなら甘味のある食べ物と合う、のかな?

 常温になると若干酸味が増加。
 冷やした状態とどちらが飲みやすいかは人によると思いますが、結構良い感じですねー

 ぬる燗――
 む、まったり。旨味と酸味が増加しました。これはこれで。
 熱燗――
 エグみは出るものの悪くないです。……ただ苦手な人は苦手かな?
 私はどの温度帯も好きですねー

 なかなかに良い酒でした!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 使用米 愛山100%
 精米歩合 50%
 アルコール分 17度以上18度未満
 使用酵母 HD-1(蔵内自家培養酵母)
 日本酒度 +3
 酸度 1.5
 製造年月 20.9.
 (株)志太泉酒造


2009年02月22日追記――
 香りは若干濃厚になり、アルコールの香りも少々出現。

 旨味と酸味が増加し、含み香も濃くなった印象。

 昨日に比べると若干崩れた感じですが、これはこれで悪くないと思います。


2009年02月27日追記――
 スッキリとした甘いバナナ系の香り。

 酸味が増加してキリッとした印象に。含み香はエステル強め。
 アルコールの味わいも強くなり、後口には若干の渋味に苦味……結構崩れてしまいましたね。
 ただ、私は意外と嫌いじゃありません……まあ早めに飲んだ方が旨いとは思いますが。
 比べなければ良し、かな?
 ……なるべく早く飲みましょう!


1088076488_38.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 志太泉酒造

志太泉 純米吟醸原酒生

 第31回目。
 結構気合いの乗った良い感想ですね――って何この自画自賛(笑)
 しかし一口目と二口目の変化か……近頃見逃し気味だったのでもっと注目してみようと思います。
 過去の感想を読み返すのも、色々と発見があって良いですね……

(飲み始め:2008年05月30日)

 本日は全国有数の酒所として名高い静岡県のお酒です!
 「志太泉 H19BY 純米吟醸原酒生」
 2ヶ月ぐらい前、某京急百貨店にて試飲だけで酔っぱらいながら買ってきました(笑)
 1つの銘柄をじっくりと味わってから購入するのも良いですね~、米やグレードの違いで印象も大きく変わりますし。
 結構頻繁にこのような試飲コーナーが出来ているみたいなのでなかなか侮れません!また酔っぱらいに行くかな~

 さて――
 酒の香りに青リンゴやヨーグルトのような香りが混ざります。
 それほど強くはないですが綺麗な香りです。

 一口目の印象は濃厚な味わいでしたが、キリッとしつつもまろやかな口当たりで、いったん口に広がった後スルスルと喉の奥に消えていきます。
 二口目からは濃厚さよりも爽やかさが。酸味と甘味が良い感じです。
 うん、甘味のある濃い味の食べ物との相性は抜群ですね。
 そして温度が上がると米の味わいが増加……

 燗――
 濃厚な味わいですが、ふっくらとした米の旨味も感じられます。
 少々渋味が立ちますが、これは結構旨い……
 ただ私の好みは、低めの常温かな?……いやどれも捨てがたい(笑)

 しっかりと造られた良い酒だと思いました!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 使用米 兵庫山田錦特等100%
 精米歩合 50%
 酵母 静岡酵母
 アルコール分 17度以上18度未満
 日本酒度 +5.0
 酸度 1.3
 蔵元出荷日 20.4.1
 (株)志太泉酒造


2008年05月31日追記――
 香りは柔らかく。
 初日に強めに感じた酸味と甘味がだいぶ落ち着きました。
 口当たりはさらにまろやかに。これは米の旨味が上手く作用しているのかな?
 随分と印象が変わった感じですね~
 飲みやすさで言えば断然今日の方なのですが、どちらが良いかは好みの問題かと。
 私は……どっちも好きだ!……ってまた同じようなことを(笑)


823014749_204.jpg tag : 純米吟醸 志太泉酒造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。