久保田 生原酒

 第570回目。
 「久保田 生原酒」――新潟県の酒です。
 しかし居酒屋などでは時々飲んでいたものの、家で久保田を飲むのは久しぶりですねー (他の感想はこちら)
 値段は720mlで1,417円でスペックは特別本醸造とのこと。
 この酒にプレミア価格がつけられているかはわかりませんが、特約店ならば定価で買えますので間違って高いお金を払わないようご注意ください。
 その特約店の場所は……お!今調べたら公式サイトで全国の特約店を表示するようになってました。
 ……ただトップページからそこまでたどり着くのがちょっとややこしい感じなので、「久保田 販売店」でググった方が早いと思います。
 この調子で、特約店では普通に買えるのに、他の場所では未だにプレミア価格で売られている、と言う状況が無くなれば良いんですけども……

(飲み始め:2012年04月26日)

 キリッとしたアルコールの香りに……若干ブドウ風の香りも?
 涼しげな香りです。

 お、しっかりとした飲み口ですね~
 香りと同様のキリッとした腰の強いアルコールの風味に、トロッと舌に絡む甘味と旨味、そして舌の上にポンと乗っかる感じの酸味がアルコールの風味と共にキリッと自己主張。
 これが生原酒だ!って感じの力強い飲み口です。
 久保田のレギュラー品とは結構違う酒質なので、他の久保田のつもりで飲むとびっくりするかもしれません。
 ただこういう感じもアリだと思います。うん。

 食べ物と合わせるなら味の濃い物と。
 普通の物には甘味やアルコールの風味が干渉。

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 精米歩合 55%
 アルコール分 19度
 製造年月 2012.01
 朝日酒造(株)


2012年04月27日追記――
 酒の香りが若干増加。

 やはり力強い飲み口です。
 ただ初日よりも刺激感が若干増えた反面、しっとりと、そして若干丸くなった気がします。
 濃厚で良い感じです。


2012年04月28日追記――
 アルコールの香りがしっとりと。

 アルコールの風味と香りが増加。
 濃厚さはありますが、よりキリッとした感じが強くなり、若干辛口な雰囲気も出てきました。
 これもなかなか……


2012年04月30日追記――
 若干香りは穏やかに。

 む、含み香にわずかに酒っぽさが出てきました。
 味わい的には酸味とアルコールの風味が若干増え、甘味は減少。
 口当たりはさらにキリッとしつつも飲み口は穏やかに。
 全体的に味が若干増加してきましたが、崩れた印象はありません。


2012年05月02日追記――
 甘く穏やかな香り。
 アルコールの香りに……若干クリーム?

 甘味が若干復活。
 口当たりにはピリピリ感。
 アルコールの風味は増えたような、若干落ち着いたような?
 苦味や旨味も若干増。
 元の味が濃いので大崩れした感じではありませんが、若干粗は出てきた気がします。
 ただ個人的には、これはこれで嫌いじゃない、かも。
 ……まあ無理に置かずに数日以内で飲み切った方が旨いので、私みたいな変なマニアの真似なんてせずにスパッと飲んじゃいましょう!(笑)


1840661217_193.jpg
スポンサーサイト



tag : 特別本醸造 朝日酒造

久保田 碧寿

 第271回目。
 「久保田 碧寿」――新潟県の酒です。
 メーカーのサイトによるとスペックは山廃の純米大吟醸とのこと。
 久保田も色々と飲んできましたが、今回で一段落でしょうか?(今までの久保田の感想は→こちら)
 ……次は久保田の名前を冠していない、同社の720mlで5,000円クラスの酒、かな?
 ……いつかは挑戦したいと思います。はい。

(飲み始め:2009年10月01日)

 米と酒の香り。
 甘い穀物系の香りに、スッキリとしたアルコールの香りも。

 お、今まで飲んだ久保田の中で一番味が濃く、腰も強い印象ですねー
 キリッとした酸味と、舌に絡みつく旨味。
 他の久保田には結構綺麗な印象がありますが、これは一味違いますね。
 結構ズシッとくる感覚も。
 飲みやすくてなかなかに良い味わいですが、完璧に万人向けと言える萬寿などとは違って、若干好き嫌いがわかれるかも?
 この酒だけを見れば問題無しだと思いますが。

 ぬる燗――
 旨味が少々重たいかな?
 熱燗――
 アルコール感が若干尖り、苦味が出現。
 これは温めない方が旨いですね。

 食べ物との相性は若干悪し。
 完全に合わない訳ではありませんが、どんな物にでも何かが微妙に干渉するような?
 単独で飲んだ方が良いと思います。

 うーむ、個人的な印象では余り久保田らしさを感じられませんね。
 これで720ml、2,247円か……
 この酒自体はそれほど悪くないのですが、わざわざ高い金を出して久保田ブランドとして買うのには向いていない気がします。
 まあ山廃なので今後の変化に期待しましょう!

 データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 五百万石
 精米歩合 50%
 日本酒度 +2
 酸度 1.2
 アルコール分 15度以上16度未満 
 製造年月日 09.03.04
 朝日酒造(株)


2009年10月02日追記――
 甘い香りが強く。

 む、味わいは若干スッキリと、そして全体的にマイルドになった印象。
 うん、良い感じです。
 個人的には初日より好きですね~


2009年10月03日追記――
 旨味を感じさせる香りが強く。バター系の香りも。

 旨味にアルコールの味わい、酸味、苦味。
 増加した旨味が若干塩味も想起させます。
 ……うん、悪くない。


2009年10月05日追記――
 香りは全体的に濃く。

 旨味、酸味、アルコール、後口に若干渋味。
 それほど崩れた感じはありません。


2009年10月07日追記――
 酒にバター系の香り。旨味や塩味を感じさせる香りも。

 まったり……
 前面で旨味がパッと広がるのに続き、酸味がジワリ。
 含み香にはアルコール。
 ……うん、穏やかでなかなかに良い味わいです。
 結構しっかりとした味わいと見せながら、久保田らしい淡麗な飲み口も確かに存在している感じですね。
 相反しそうな要素が同居する不思議な感覚と言うか。
 初日は物足りない印象もありましたが、ここにきて大きく改善した気がします。
 他の久保田は結構早く崩れる印象がありますが、逆にこの酒は何日か置くべきですね~
 ううむ……初日にも思いましたが、何でこの酒に久保田の名前をつけたのでしょう?
 いや、悪くない酒なんですよ?……ただ久保田らしくないと言うか。

 それはともかくとして――
 今日の味わいはなかなかに良い感じでした!
 ……ただやっぱりコストパフォーマンスは少々低めな気がしますけど。


1299127677_15.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米大吟醸 朝日酒造

久保田 紅寿

 第172回目。
 「久保田 紅寿」――新潟県の酒です。
 スペックは特別純米とのこと。

 さて、恒例の「発見した久保田特約店を書こう」のコーナー!…………コーナー?
 はい!と言うわけで、本日は磯子区岡村の「山本屋商店」です! (住所:横浜市磯子区岡村3-1-1)
 最寄りの駅は京浜東北線の根岸駅ですが、ちょっと徒歩で行くには遠い距離ですねー
 ちなみに住所を見ると分かる方は分かるかもしれませんが、この店の前の道をしばらく歩きますと、「ゆず」ファンの聖地でもある「岡村中学校」があります!
 ……それはともかくとして、この近辺の方で久保田を定価で購入したい方は是非チェックをば。

 で、店のホームページが無いので、もう少し書きますと、定休日は2日、12日、22日の「2の付く日」だそうです。ご注意を。
 久保田以外にもなかなか濃い品揃えなので、私のような酒屋の冷蔵庫を眺めてニヤニヤ出来る人間にもお勧めですよ~……って、今回の酒に全く関係ない話に(笑)

 酔っぱらっている時に文章を書くと大変ですねー
 ああ、頭が働かない…… (以前の感想はこちら:千寿萬寿翠寿)

(飲み始め:2009年04月24日)

 甘いスッキリとした酒の香り。若干青リンゴ系の香りも。

 口に入れた瞬間は軽快な酸味の作用もあってスッキリとした印象ですが、その直後に口内で甘味と旨味が柔らかく膨らむため、全体的には優しい味わいになっています。
 ……うん、なかなかに旨い。

 常温――アルコールの味わいと甘味が強くなるもののまったり。
 燗――む、少々尖った甘味が出現してバランスが崩れますね……
 温めないで飲む方が良さそうです。

 食べ物との相性は悪くないです。
 味の薄い物など、物によっては甘味が干渉しますが……

 際立った特徴がある訳ではありませんが、なかなかに良い酒です!
 値段は720mlで1,512円……コストパフォーマンス的にもアリだと思います。

 変化はどんな感じでしょう?

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 五百万石
 精米歩合 55%
 アルコール分 15度以上16度未満
 日本酒度 +2
 製造年月日 09.01.07
 朝日酒造(株)


2009年04月25日追記――
 若干香りは濃く。

 アルコールの味わいと甘味が増加。初日に比べると少々崩れた感じに。


2009年04月26日追記――
 香りはさらに濃く。

 酸味と旨味が増加。結構濃くなってきました。
 ただ、元の感じもチラリと見えるので、酒単独で飲まなければそれほど気にならないかも。


2009年04月28日追記――
 酒の香り。若干香ばしい香りも。

 アルコールの味が強くなり、少々味わい尖ってきました。
 うーむ……これは結構崩れたな……


2009年04月30日追記――
 甘い酒の香り。アルコールの香り。

 旨味の増加が一番目立つ感じです。
 旨味、酸味、アルコールの味わい、後口にはエグみも。
 ……開けたら早く飲んでしまいましょう!


1147799680_102.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 特別純米 朝日酒造

久保田 翠寿

 第128回目。
 昨年末に飲んだ千寿萬寿に続いて今回は翠寿になります。
 購入した店は横浜は金沢文庫にあります田島屋酒店です。久保田の特約店でもありますねー
 翠寿以外の久保田も大量に売っていました。

 久保田は朝日酒造の意向でネット販売が禁止されているため、通販を行っている店でも店舗でしか売ることが出来ないんですよね。(……その売り方の是非についてはここでは触れません。)
 なので、久保田を定価で購入したい方は少々面倒でも特約店を確認して店舗まで足を運びましょう。
 年間生産量がかなり多い酒なので、特約店で売り切れていることは滅多にないと思いますよ?

(飲み始め:2009年02月02日)

 新潟県の酒です。
 「久保田 翠寿」
 値段は720mlで定価が2,835円!……やはり少々お高いです。

 さて――
 それほど強くはありませんが、スッキリとした綺麗な香りです。

 綺麗で柔らかい口当たり。嫌みさの無い甘味がフワリと広がります。
 含み香はわずかにマスカット系?
 あー、飲みやすいのでスルスル飲めますねー
 うん、旨い!
 萬寿の印象が「ふっくら」だとしたら、こちらは「スッキリ」とでも言いましょうか。
 スルスルと飲める点は同じですが、結構印象は違いますね。

 食べ物との相性も良し。
 味の薄い物から甘い物まで、何にでも合わせられます。
 良い酒だー

 飲みやすい上に、酒量が増えても崩れないのでいくらでも飲めそうです!
 ……非常に危険な酒なのでご注意を(笑)

 しかし、720mlで2,835円……日常的には手を出しづらいぐらいの絶妙な値段設定ですよねー(?)
 2,000円前後なら間違いなくまた買うんですけども。

 さて、その変化や如何に?

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 原料米 五百万石
 精米歩合 42%
 アルコール分 14度以上15度未満
 日本酒度 +4
 酸度 1.0
 製造年月日 08.07.17
 朝日酒造(株)


2009年02月03日追記――
 香りが若干濃くなり、わずかにバナナ系の香りも出現。

 少々昨日よりも味が増加。甘味に加えて酸味や旨味、米の風味がうかがえます。
 綺麗さは初日の方が上でしたが、これぐらいなら全く問題ないと思います。


2009年02月08日追記――
 わずかな甘い香り。何だろう……イチゴ系?

 柔らかい口当たり。優しい甘味がフワリと心地良く。
 以前に比べれば酸味や旨味、アルコールの風味が出てきていますが、それでもまだ綺麗さは失われていません。
 柔らかく、それでいてスッキリ。
 うん、旨い……何と言うか、飲んでいて心地良いです。
 私は萬寿よりもこちらの方が好きかもしれません。
 値段は高いですがいつかまた買っても良いかも?……ただその前に他の種類も飲んでみなければ。


1069982671_249.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 大吟醸 朝日酒造

久保田 萬寿

 第104回目。
 本日は萬寿ですよー
 少々値段は張りますが、昨日の千寿と同様衝動的に購入してみました。
 何年か前に飲んだことはあるものの、味はすっかりと忘却の彼方!……ある意味リベンジ?

 しかし、私は久保田って年末年始に結構無くなるイメージを持っていたたんですが、特約店にはたくさんあるみたいですね。本日行ってきた、久保田の特約店でもある御徒町近くのふくはら酒店にもまだ普通に売ってましたし。萬寿以外にも色々と。
 購入される予定のある方は、少々手間でもご近所の特約店を調べられた方が良いですよ?
 ……しかし、手段が電話しか無いのがなー
 ちなみに私の場合は酒屋巡りが趣味な所もあるので、副産物的に特約店を見つけています(笑)
 朝日酒造の公式サイト(http://www.asahi-shuzo.co.jp/brand/kubota.html)で、前もって久保田の値段を調べておくと、特約店かそうでないかわかりやすいと思います。
 ……
 それはともかく本文をどうぞ。

(飲み始め:2008年12月23日)

 昨日に引き続き新潟県最大の酒造会社の酒です。
 「久保田 萬寿」
 値段は720mlが定価で3,664円……お高いです。
 スーパーなどでは7,000円以上で売られてたりするのを見ますね。……恐ろしい。
 さて、その味やいかに?

 おお!良い香りだ!
 綺麗な甘い香り。マスカットやメロン系の香りも。

 ……む?香りから味を期待すると少々落差が。
 しかし――ああこれは飲みやすい。うん、旨いです。
 ふっくらとした柔らかい口当たり。優しい酸味と甘味が口一杯に広がります。

 食べ物との相性は結構良し。

 燗は――ぬる燗が一番まったりと飲めて良いですね。熱燗は少々甘味が立ちすぎる気も。
 ただ、冷やして飲んだ方が旨いと思いました。温めると香りが飛んでしまいますし。

 酒量が増えると甘味が少々クドくなってきますが、まあそれはそれで。

 良い酒です。
 プレミア価格の価値はもちろんありませんが、この味なら定価でも納得する人はいるのではないでしょうか?
 私は……値段が半額なら絶対にまた買います。と言うか頻繁に買うと思います(笑)
 3,664円はさすがに高い……せめて2,500円ぐらいなら……
 ……
 変化はどんな感じでしょう?

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 五百万石
 精米歩合 35%
 アルコール分 15度以上16度未満
 日本酒度 +2
 酸度 1.2
 製造年月 08.12.02
 朝日酒造(株)


2008年12月25日追記――
 香りはほとんど変わらず。

 少々雑味は出現したもののやはり旨いです。

 もう少し置いてみようと思います。


2008年12月29日追記――
 香りは減少。綺麗なアルコールの香りにヨーグルト系の香りも。

 口に含むとアルコールの味わい。舌先には甘味、続いて柔らかい酸味……口当たりの柔らかさはありますが、何と言うか以前よりも特徴が減った気がします。
 後口に旨味が出現し、含み香にはアルコールの香りが増加。む、若干エグみもありますね。
 どうやら結構崩れてしまったようです。
 ……つくづく私は勿体ない飲み方をしていますよね。
 この酒もなるべく早く飲むべきだと思いました。

 いつか紅寿や翠寿も飲んでみます!(碧寿も。)
 (翠寿飲みました。)(紅寿も飲みました。)


1031458715_154.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 純米大吟醸 朝日酒造

久保田 千寿

 第103回目。
 年末ということで超有名銘柄に挑戦です。
 しっかりと考えて酒を飲むようになってからまだまともに飲んだことが無かったので、この度衝動的に購入してみました。
 やはり一度は飲んでみなければ語れませんので!

 で、本文中にも書いてありますが、久保田は特約店で購入しましょう。定価で買えます。
 朝日酒造に電話で問い合わせれば家の近くの特約店を教えてもらえるそうです……電話か。

 そして、プレミア価格で売られている物は保存状態が悪かったりして、変質している可能性もあるのでご注意ください。高い値段出して不味かったらガッカリしますからね……

 ちなみに明日の更新は萬寿になります。

(飲み始め:2008年12月22日)

 本日は新潟県の、年間生産量約5万石を誇る大手酒造メーカーの酒です。
 「久保田 千寿」
 よくスーパーなどでプレミア価格がつけられているのを見ますよねー
 私は特約店(吉野町駅近くの君嶋屋)にて定価(1,092円)で購入しました。
 購入するなら是非特約店で。

 さて――
 スッキリとした酒の香り。ヨーグルト系の香りも。

 キリッとした飲み口。柔らかい酸味、わずかな甘味。
 うん、特徴は無いですが飲みやすいですね。
 ただ、香りと比較すると味に厚みが無いのが玉に瑕でしょうか?

 1,092円でこれならアリだと思います。
 ――ただし、プレミア価格の価値は全くありませんので、ご注意を。
 高い値段を出してこの味だったら、下手をすると日本酒が嫌いになる可能性も……

 食べ物との相性は結構良し。シンプルなので食べ物の邪魔をしません。

 燗はアルコールがツンとする上に、味のバランスが崩れます。
 冷やして飲むことをお勧めします。

 定価ならアリなのではないでしょうか?

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 原料米 五百万石
 精米歩合 57%
 アルコール分 15度以上16度未満
 日本酒度 +6
 酸度1.0
 製造年月日 08.11.25
 朝日酒造(株)


2008年12月24日追記――
 む、甘いラムネ系の香り。良い香り。

 アルコールの味が増加、若干渋味も出現。酸味や甘味もわずかに増加したかな?
 極端には崩れていませんが、初日の方が綺麗な感じでした。
 ただラムネ系の含み香が面白いアクセントになっています。

 もう少し置きます。


2008年12月28日追記――
 アルコールやヨーグルト系の香りが増加。結構香りが濃くなりました。

 アルコールの味わい、酸味、旨味、甘味、渋味が増加、後口には若干エグみも。
 全体的に濃くなった印象です。

 やはり初日の方がスッキリとしていましたね。
 食べ物との相性も初日の方が上でしたし。

 早めに飲んだ方が良い酒だと思います。……淡麗辛口の酒は基本的にどれもそうですが。
 つくづく私は勿体ない飲み方をしていますよね……


1030509702_119.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 特別本醸造 朝日酒造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif