末廣 ひやおろし 純米吟醸原酒

 第630回目。
 「末廣 ひやおろし 純米吟醸原酒」――福島県の酒です。
 このブログにしては珍しく、正しい(?)季節感酒が続いております!(笑)
 やはりこう気温が下がってくると、鍋でもつつきながらホッと一息つける酒は嬉しいですよねー
 と言うわけで本文をば!

(飲み始め:2012年11月01日)

 穏やかな酒と米の香り。
 ほんのりと熟成香も。

 うん、穏やか!
 柔らかい旨味と甘味がジンワリと口内を満たし、そこから滋味に酸味、若干の刺激感と苦味がジワジワと染み出します。
 落ち着く味わいですね~
 スイスイと口に運んでしまえます。
 まったり……

 んー、食べ物と合うなぁ……
 かなり幅広く合わせられる印象です。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 58%
 アルコール分 17度以上18度未満
 日本酒度 +3
 酸度 1.5
 アミノ酸度 1.4
 製造年月 12.09.
 末廣酒造(株)


2012年11月02日追記――
 酒の香りが若干増え、さらに穏やかな印象に。

 酸味が若干増加。
 旨味は少しだけ後ろに下がったかな?
 初日よりもわずかに軽快になった気がします。
 そして刺激感もほんのり増加。
 やっぱり飲んでいると落ち着きますね~

 ぬる燗……いや、日向燗ぐらい?――
 刺激感も若干増えますが、柔らかく立ち上がった酸味と旨味が良い感じです!
 旨い!

 熱燗――
 悪くないですが、酸味と刺激感が勝ち気味なので、軽く温めたぐらいの方がバランスは上かも。


2012年11月03日追記――
 旨味を感じさせる香りが増加。
 アルコールの香りもわずかに増。

 酸味とアルコールの風味が若干増え、穏やかな旨味も再び前に。
 穏やかです……

 燗――
 温度が低めでも刺激感が少々前面に。
 ただやはり穏やかで飲みやすいです!
 うん……ぬる燗から若干冷ましても良い感じだな……


2012年11月05日追記――
 若干香ばしい香りも。

 旨味と甘味が若干増加。
 口当たりが少しだけ濃く、そしてしっとりと。
 若干雰囲気は変わってきましたが、これもアリですね!

 燗――
 む、刺激感や雑味が増す感じに……


2012年11月07日追記――
 穏やかな甘い香り。

 アルコールの風味と刺激感が増加し、渋味も若干増。
 味は増えましたが、悪くないです。
 崩れませんねー

 燗――
 やはり刺激感が強くなる感じです。
 これはこれで悪くない……
 んー、ただ燗する場合には、開栓後は余り時間を置かない方が良いかも。
 そのまま飲むのであれば一週間ぐらい余裕です!


1878688910_226.jpg
スポンサーサイト



tag : 純米吟醸 末廣酒造

純米吟醸 末廣

 第504回目。
 「純米吟醸 末廣」――福島県の酒です。
 先日福島旅行をしてきた両親にお土産としてもらいました。
 せっかく現地に行ったのなら地域限定品の方が良かったなー、と言ったら怒られました(笑)
 まあそちらはいつか自力で買いに行くか、友人が遊びに出てくる際にでも頼もうと思います!
 では本文をば!

(飲み始め:2011年10月30日)

 穏やかで甘い米の香り。

 香りと同様に穏やかなたっぷりとした旨味と、軽快さと腰の強さが同居した酸味、そして軽めの甘味と苦味が一気にバッと広がります。
 口当たりには若干重量感があるものの、まったりと飲めて良い感じです。

 食べ物との相性は結構良し。
 かなり幅広く合わせられる印象です。
 和菓子とも合うな~

 燗――
 酸味と旨味が立ち上がり、甘味も若干増加。
 これまたなかなか。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 58%
 アルコール分 15度以上16度未満
 日本酒度 +3
 酸度 1.3
 製造年月 11.7
 末廣酒造(株)


2011年10月31日追記――
 若干甘酸っぱい香りが出現。

 うん、柔らかい。
 甘味が若干増加。
 酸味と渋味が若干太く。
 まったり……


2011年11月01日追記――
 アルコールの香りが若干増え、少々ズッシリとした香りに。

 アルコールの風味と刺激感、甘味と渋味が若干増加。
 口当たりは若干まとわりつくような感じがあるものの、少しスッキリとした印象。
 穏やかな飲み口です。


2011年11月03日追記――
 香りは余り変わらず。

 アルコールの風味が若干増加。
 前回よりもさらにスッキリ穏やかになった印象。
 なかなかに良い感じです。


2011年11月05日追記――
 香りは若干穏やかになった、かな?

 旨味とアルコールの風味、苦味が若干増加。
 口当たりには若干もたつく感じがあり、雑味は少々増しているものの、味わい的にはほとんど崩れていません。強い酒質です!
 まったりと飲めて良いですね~


1790775559_72.jpg tag : 純米吟醸 末廣酒造

末廣 山廃純米原酒 蒼白ノ月

 第447回目。
 「末廣 山廃純米原酒 蒼白ノ月」――福島県の酒です。
 ずいぶん可愛らしいラベルですが、会津大学短期大学部の学生さんがコンペ形式でデザインした物の中から採用されたそうです。
 こういう酒蔵地元の学校や企業とのコラボレーションは色々と盛り上がりそうで良いですね!
 ……私のような変わった物好きの人間も誘因できますので今後も是非(笑)

(飲み始め:2011年05月08日)

 穏やかで涼しげな米とアルコールの香り。

 含み香には酒らしい穏やかな香り。
 柔らかい旨味と甘味がたっぷりと、そして穏やかながらも山廃らしく腰の座った酸味が口内でジワリと広がります。
 後口の若干の渋味も柔らかくて良いアクセント。
 原酒らしい力強さもありつつ、度数の高さを余り感じさせない優しい飲み口――これは良いですね~

 お、食べ物との相性も良い感じです。
 結構甘味が強いのですが、無難にスルリと合わせられます。

 燗――
 酸味と甘味が増加。
 若干口当たりに刺激感はでますが、悪くないですね。
 ……ただ無理に温めなくても良いかな?
 そこはお好みで!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 60%
 アルコール分 18度
 製造年月 11.02
 末廣酒造(株)


2011年05月09日追記――
 アルコールの香りが若干増加し、全体的に若干軽快な香りに。

 うん、穏やかで力強い味わいですね~
 若干旨味と渋味が増加。
 そして食べ物との相性も向上。
 これは良いなあ。


2011年05月10日追記――
 穏やかな酒の香り。

 アルコールの風味が若干増え、飲み口の力強さがアップ!


2011年05月12日追記――
 アルコールの香りと旨味を感じさせる香りが増加。

 口当たりはさらにキリッと。
 アルコールの風味、苦味、酸味が若干増。
 クセが少し出てきました。


2011年05月14日追記――
 旨味を感じさせる香りが増え、若干重量感が出現。

 アルコール感が増加。
 旨味も若干増え、口当たりにも少々重量感。
 ただ若干のクセはあるものの、崩れた感じではありません。
 この辺りは原酒の力強さが好影響を与えているのかもしれませんねー
 度数も若干高めなので、じっくりと飲むのが個人的にはお勧めでしょうか。


1718578859_7.jpg
tag : 純米 末廣酒造

末廣 山廃純米吟醸

 第407回目。
 「末廣 山廃純米吟醸」――福島県の酒です。
 別にそんなことは無いのですが、久々の通常更新な気がしますねー
 ……完全にただの飲み過ぎが原因です(笑)

(飲み始め:2010年12月27日)

 穏やかな酒と米の香り。
 熟成香に酸味を感じさせる香りも。

 柔らかくそれでいて腰の強い旨味と甘味、そして酸味が口内でジワーッと染み渡ります。
 濃厚で若干の刺激感がありつつも穏やかな飲み口、これはなかなかに良い味わいです。
 米の香りも良い感じですねー

 燗――
 酸味とアルコールの風味が増加し、甘味は控えめに。
 若干ピリピリとした口当たりになりましたが、これはこれでなかなか。

 冷やした状態で飲んで、途中から変化をつけて温めるのも良いかもしれませんねー

 食べ物との相性もかなり良し!
 味の薄い物にも問題無く合わせられます。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 55%
 アルコール分 15度以上16度未満
 日本酒度 +1
 酸度 1.4
 製造年月 10.3
 末廣酒造(株)


2010年12月28日追記――
 熟成香が若干強く。

 若干甘味が減少し、酸味が若干増加。
 初日よりも穏やかで、少しだけ涼しげな味わいに。

 常温に近づくと旨味たっぷり!
 良い感じです。


2010年12月29日追記――
 若干香ばしい香りが出現し、カラメル風の印象も。

 旨味が若干増加。やはりどこか涼しげな雰囲気があります。
 うん、柔らかいですね~

 常温に近付くと若干苦味や渋味が増加、舌触りにも重量感が少々。
 少しクセが出てきました。


2010年12月31日追記――
 甘い香りが若干増加。
 穏やかな米の香りに、熟成香が少々。

 冷やした状態だと余り変化は感じ取れず。
 結構強い酒質かも。

 常温になると前回よりもわずかに重量感が増加。
 ただ冷やした状態と同様に、それほど変化していない印象です。


2011年01月02日追記――
 熟成香が増加。
 若干鉱物感のある香りも?

 旨味が増加し、舌触りにはもったりとした感じと重量感。
 少々重たい甘味と、エグみも強く。
 急激にクセが増してきました。
 ううむ、これは勿体無い……
 一週間は置かない方が良いですねー


1646553458_249.jpg tag : 純米吟醸 末廣酒造

末廣 特別純米酒 夢の香

 第391回目。
 「末廣 特別純米酒 夢の香」――福島県の酒です。
 福島在住の友人に貰いました。ありがとう!
 この酒は福島県産米「夢の香」と福島県開発の酵母「うつくしま夢酵母」を使用して造られた酒とのことです。
 以前飲んだ他社の酒と同じコンセプトですが、どうやらどちらの酒も「うつくしまふくしまブランド酒」になるようですね~
 他にも色々と同ブランドの酒があるようなので、見つけたら飲んでみようと思います!

(飲み始め:2010年11月04日)

 穏やかな甘い香り。
 米に酒、軽めの何らかの果物。……何だろう?

 柔らかくスッキリとした口当たり。
 米の旨味と甘味が、軽めの酸味とアルコールの風味と共に口内でジワリと広がります。
 後口には若干の渋味。
 うん、柔らかい甘味が良い感じです。
 際立った個性はありませんが飲みやすくて良いですね~

 食べ物との相性は若干甘味が干渉するものの、合わせるのには問題無しです。
 お、甘い物には合いますねー

 ぬる燗――
 甘味が増加。まったりと。

 熱燗――
 甘味は控えめ。旨味が立ち上がってこれもなかなか。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 福島県産米「夢の香」100%使用
 精米歩合 58%
 アルコール分 15度以上16度未満
 使用酵母 うつくしま夢酵母
 製造年月 1006
 末廣酒造(株)


2010年11月05日追記――
 甘い香り。和菓子系の香り?

 甘味が若干減少し、旨味と酸味が増加。渋味も若干増。
 柔らかい印象が強くなりました。
 そしていわゆる酒らしさも強く。

 お、食べ物との相性が向上。
 まったりと飲めますねー


2010年11月06日追記――
 米と酒の香り。

 旨味とアルコールの風味が増加。
 若干重量感も出現。


2010年11月08日追記――
 アルコールの香りが増加。

 アルコールの風味が増加して、若干ピリピリとした印象に。
 ううむ、だいぶ個性が薄くなってきた感じです。


2010年11月10日追記――
 かなり直球な酒の香り。

 含み香からは、酒らしい酒という雰囲気が感じられますが、その後ろからは旨味と酸味が結構しっかりと出てくるので、ギャップがあって面白い感じです。
 うん、味わい的にはほとんど崩れた感じはありませんねー
 ただ早めに飲んだ方が米の味わいと言うか個性を感じられて良いと思います。


1615411440_15.jpg tag : 特別純米 末廣酒造

末廣 嘉永蔵生もと純米酒 手造り限定品

 第142回目。
 今回の酒は福島在住の友人に貰いました。
 何でも蔵に行かないと買えない限定品とのこと。……限定品万歳!

 で、この酒(と言うよりも末廣の生もと酒全般)では山卸しの前に、女性が素足で蒸米を踏みつぶす「荒踏み」と言う作業を行っているそうです。
 素足か……色々と考えさせられる物がありますね……
 …………いや、もちろん変な意味じゃありませんよ!……多分(!?)。

(飲み始め:2009年02月26日)

 福島県の酒です。
 「末廣 嘉永蔵生もと純米酒 手造り限定品」

 甘い米の香り。若干スパイシーな趣も。

 キリッとした腰の強い酸味に米の旨味。
 酸味が結構強いのでもしかしたら苦手な人もいるかも?
 ただ、なかなかに良い感じです。

 常温に近付くと柔らかい米の甘味が立ってきます。
 おお、これは結構良いですね……まったり。

 食べ物との相性も結構良し。何にでも無難に合わせられます。

 ぬる燗――
 酸味と甘味が良いバランス。まったり。
 熱燗――
 酸味がキリッと。む、少々クセが出ますね。でもこれはこれで。
 燗冷まし――
 酸味を追いかける甘味が心地良い……あー、これは良いなぁ。
 ……ただ温度を下げ過ぎるのは駄目ですね。結構重たい感じになってしまいます。

 私は、常温が一番好きかな?
 柔らかい甘味が良い感じに膨らんで旨いです。

 さて、変化はどんな感じでしょう?

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 60%
 アルコール分 15度以上16度未満
 製造年月 08.11.
 末廣酒造(株)


2009年02月27日追記――
 香りは余り変わらず。

 まったりとした味わい。含み香には酒らしい香りもあり。
 柔らかい酸味と米の旨味、甘味。まったり。

 やっぱり常温が良いですねー
 柔らかい甘味が心地良いです。


2009年03月05日追記――
 それほど強くはない柔らかい香り。

 おお、随分とマイルドな味わいに!
 酸味よりも先に柔らかい米の甘味と旨味がふわりと広がります。
 これは良いですね~

 常温に近付くとさらにまったり。
 非常に飲みやすいです!

 少し置いたら更に良くなった気がします。

 この会社の酒は他にも色々と飲んでみようと思います。


1092892647_225.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米 末廣酒造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif