スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵩村桂(たかむらけい)

 第597回目。
 「嵩村桂(たかむらけい)」――新潟県の酒です。
 今回の酒は「村祐酒造と地元の仲間たちで醸す、秋葉の酒。」とのこと。
 地域密着、皆の力で造り上げる……良い試みですよね。
 ただ、ちょっと問題がありまして、購入したのは今年の5月なのですが、製造年月が昨年の7月となっておりまして……
 生酒ではないのでおそらく品質的には問題無い、とは思うのですが、本来の実力を発揮できていない可能性もありますので、その辺りはご理解の程をお願いいたします……
 では本文をどうぞ。

(飲み始め:2012年07月19日)

 甘くスッキリとした香り。
 これは……リンゴジュース風?

 お!想像していた感じと全然違いました!
 結構キリッとした飲み口ですね~
 スッキリ柔らかくも腰のある酸味と、やはり柔らかい旨味に渋味、ほのかな甘味が口内で広がった後、舌をググッと締め付けます。
 柔らかい酒質ですが、なかなかに飲み応えがあります。
 うん、悪くない……

 食べ物との相性は若干アルコールの風味が干渉。
 ただ合わない訳ではありません。

 しかしスペック未表記なのに500mlで1,890円はちょっと高いなぁ……
 興味があったので購入しましたが、もう一度買うかとなると少々躊躇ってしまいますね……

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 原料米 たかね錦
 アルコール分 15度
 製造年月 23.7.月
 村祐酒造(株)


2012年07月20日追記――
 わずかにアルコールの香りが増加。

 酸味の腰が強くなり、旨味と渋味、アルコールの風味も若干増。
 口当たりはさらに力強く。
 結構辛口な感じが出てきました。


2012年07月21日追記――
 アルコールの香りがさらに若干増加。

 アルコールの風味と渋味、苦味が若干増加。
 少々クセが出てきました。
 ううむ、元の酒質から考えると、この変化の仕方はちょっと残念ですね……


2012年07月23日追記――
 香りは若干控えめに。

 前回の変化がそのまま進んだ印象。
 甘味も若干増えていますが、やはり結構辛口な感じです。
 お、第一印象では結構飲みづらい感じでしたが、何回か口に含んでいると少々柔らかくなってきました。


2012年07月25日追記――
 アルコールの香りに、しっとりとしたほのかな甘い香り。

 甘味が若干増加。
 ただ口当たりのキリッとした感じは変わらず。
 うん、全体的に味は増えているのですが、これはこれで悪くない、かも。
 ……今回は食後に飲んでいるためか、前回の数口飲んだ後の状態に一足飛びで入った気がします。評価がぶれてすみません……

 一度開栓したら次の日までに――出来たらその日の内に飲みきることをお勧めします。


1859782526_211.jpg
スポンサーサイト
tag : 区分不明 村祐酒造

村祐 黒 無濾過本生

 第543回目。
 「村祐 黒 無濾過本生」――新潟県の酒です。
 少々お値段高め(720mlで4,200円)の村祐になります!
 ……おかげでお得意の貧乏性が発動してしまいなかなか飲めませんでした(笑)
 しかし飲んだ時にようやく気づいたのですが、製造年月が「22.12月」ってなっていたんですよね……
 誤植なのか本当なのか……とりあえず年始めに購入した酒店では同じ箱が何本も並んでいて特に注意書きも無かったので、わざわざ古い物を売っていたということはないと思うのですが……生酒を一年置いた風の熟成感も(多分)無かったように思いますし。
 ……うん、まあ今回は誤植ということにしておきましょうか! (何か心当たりのある方はご指摘ください)

 他の村祐が色々と変化を見せる中にあって、この酒は和三盆のような甘味が話題になっていたかつての村祐を彷彿とさせてくれます。
 値段が高いので手放しにはお勧め出来ませんが、日本酒初心者の方はもちろん、以前の村祐がお好きだった方も結構楽しめる気がしますよ~

(飲み始め:2012年02月11日)

 濃いめのミルキーな雰囲気のある甘い香り。
 若干甘酸っぱさのある香り。

 うん、ハッキリとしながら穏やかな甘味と酸味が良い感じです!
 低アルコール酒だけあって軽快な飲み口ですが、上述の味わいや丸っこい旨味、少しだけ感じられる軽快な渋味も手伝って結構飲み応えがあります。
 口に含んだ瞬間はコロンと、そこから穏やかにジンワリと口内に満ちていく感じですね……
 うん、良い味わいです。
 これなら日本酒――いや酒自体が苦手な方でもすんなりと飲めるのではないでしょうか?
 こうクイッと飲めてしまいます!

 あー、イチゴとかなり合いますねー……これは危険過ぎる(笑)
 そして甘い物との相性はもちろん、他の食べ物全般との相性も良し!
 凄いなコレ……この甘味の強さで食中酒としてもイケるとは……
 ただ個人的にはデザート酒として甘い物と一緒に飲むのがお勧めでしょうか?
 濃い味の食べ物と合わせたら逆に酒の良さが目立たなくて、勿体無い気がしますので。

 うん、値段(720mlで4,200円)を考えなければ素晴らしいですね!
 ……良い酒ですが、もう少し安かったら嬉しいなぁ。

データ――
 原材料名 米、米麹
 アルコール分 13度
 製造年月 22.12月 (誤植か本当に一年物かは不明です)
 村祐酒造(株)


2012年02月12日追記――
 ほんのりと柔らかい酸味を感じさせる香りが増加。
 若干香りは軽快に。

 甘味が増加し、酸味は若干減少。
 初日よりも若干濃い印象に。
 口に含んだ瞬間はトロリ、そしてそのままスッと消えていくような飲み口です。
 良い感じですね~
 グイグイ飲めます!
 ……ただこのハッキリとした甘味は、甘口の酒が苦手な方にはお勧め出来ないかも。


2012年02月13日追記――
 若干香りは薄い感じに。
 穏やかさが増加。

 甘味がさらに増加……甘っ!
 これはかなりの甘さですね……
 相対的に他の味わいは控えめな印象に。
 後口にはわずかに苦味。
 ただこれはこれで悪くないかも……


2012年02月15日追記――
 若干香りは太く。

 うわ甘っ!
 ちょっとシロップぽさもありますねー
 ……いかん、甘味が強すぎてイマイチ変化がわかりません(笑)
 若干雑味は増えてきている気がしますが、余り気にならないかも。


2012年02月17日追記――
 香りは結構しっとりと。
 甘い香りです。

 うん、甘い!
 ただ前回までと違って、甘味以外の味わいも若干強くなってきました。
 主に酸味と旨味が増加。
 苦味とエグみ、舌に引っかかる感じも若干増。
 ただバランスは意外と悪くないですねー
 個人的には嫌いじゃないです。
 ……まあ早めに飲んだ方が旨いんですけども。
 少し時間を置くとかなり甘味が増してしまうので、開栓したらその日の内か次の日までに飲み切るべきかもしれません。


1821465880_248.jpg tag : 純米大吟醸 村祐酒造

村祐 常盤ラベル 亀口取り 無濾過生原酒 (23BY)

 第540回目。
 「村祐 常盤ラベル 亀口取り 無濾過生原酒 (23BY)」――新潟県の酒です。
 ううむ、この酒ももう飲み始めてから四年になるんですねー (以前の感想:20BY21BY22BY)
 ……酒質が結構激しく変わるのも、何だかんだで楽しかったりします(笑)
 で、今回特に印象に残ったのは「苦味の使い方」でした。まさかこの酒の例えにビールを用いることになろうとは……
 まあ細かい感想は本文を読んでいただくとして……とりあえず私は来年の酒質でも妄想しておきます(笑)
 あ、少し前に飲むと言った村祐黒ですが貧乏性発動中につきもう少しお待ちください!……すみません。 (飲みました)
 では本文をば!

(飲み始め:2012年02月02日)

 スッキリ爽やかな香り。
 ラムネにブドウ?

 おお!
 結構甘味はハッキリとしているのに、香りと同様スッキリ爽やかな飲み口です!
 含み香にはブドウと……ホップ?
 これは興味深い……
 上品な甘口白ワインを思わせる印象に加え、含み香や爽やかで綺麗な苦味からほんのりビール風の雰囲気も感じられます。
 軽快でわずかに刺激感を伴う酸味も良い感じですね~
 しっかりとした丸い甘味は土台にありますが、他の味わいが結構立っているため、そこまで甘口!といった感じではありません。
 うん、良い味わいです。

 味の濃い物や甘い物との相性は良し。
 他の物とは甘味が干渉。

データ――
 原材料名 米、米麹
 アルコール分 16度
 製造年月 24.1.月
 村祐酒造(株)


2012年02月03日追記――
 香りは若干丸っこく。
 ブドウ飲料風の香り。

 苦味が増加し、旨味と甘味、渋味が若干増。
 そして酸味の質が若干穏やかに変化。
 初日の感じが甘口白ワイン+ラガービールだとしたら、今日は上面発酵のスウィートビールっぽさが感じられる気もします。
 これも良いですね……

 食べ物と合わせるなら甘味のある物と。
 すき焼きとかも良さそうですね~


2012年02月04日追記――
 若干香りは軽快に。

 旨味と初日とは若干違う感じの酸味が若干増加。
 反対に苦味や刺激感のある酸味は減少。
 うん、だいぶ穏やかな印象になりました。
 苦味が減った分ある意味飲みやすさも若干アップ?
 そして甘味のある食べ物以外の物との相性も若干向上。
 こういう変化もアリだな!


2012年02月06日追記――
 香りは若干減少?

 アルコールの風味と酸味、渋味が若干増加。
 若干アルコールのピリッとした感じが出現。
 雑味は増してきましたが、甘味が結構強いのでそこまでハッキリとは目立たない感じかも。
 うん、悪くない……


2012年02月08日追記――
 旨味や酸味を感じさせる香りが増加し、若干太い印象に。

 アルコールの風味と苦味、酸味、渋味、旨味が増加。
 結構雑多な味わいになりました。
 口当たりはピリピリと。
 ここまでは置かない方が旨いですねー
 開栓後は……二、三日以内に飲み切るのがお勧めでしょうか?


1818974028_59.jpg tag : 純米大吟醸 村祐酒造

村祐 茜ラベル 無濾過本生 (23BY)

 第532回目。
 「村祐 茜ラベル 無濾過本生 (23BY)」――新潟県の酒です。
 常磐ラベルの味わいが大きく変わった(亀口取り22BY)ので、他の酒はどんな感じになったのかなと思い、この度久々に挑戦してみました。(約二年半前の感想)
 結論から言うと、元々が結構味の多い酒質だったので、常磐ラベルと比べるとそこまで劇的な変化は無かった感じでしょうか。
 あまり露骨に甘味がメイン!って感じではないのも以前の物と共通した部分ですねー

 あ、今年は黒が買えたので、そちらも近々飲みますよ~!
 ……そして紺瑠璃ラベル(約三年前の雑気味な感想)にもいつかリベンジしなければ。

 では本文をどうぞ!

(飲み始め:2012年01月13日)

 濃厚で若干重量感のある甘い酒の香り。
 若干香ばしさも。

 含み香は丸みのある酒。
 腰の強い酸味と丸みを帯びた力強い甘味がメインで、しっかりとした旨味が続きます。
 舌がキュッと引き締まる感じの酸味が特徴的です。
 後口には渋味とアルコールの風味。
 結構味が多く、少々人を選びそうな感じもありますが、まとまりがあってなかなかに良い味わいですねー
 以前飲んだ際には先入観から素直に楽しめない面もありましたが、結構アリかも……

 おお……甘味が強いのに結構食べ物と合いますね……
 む!?ご飯とも意外と、合う?
 あ、甘い物とは逆に合わないかも……
 余り食中酒って感じではないのですが、面白くて良いですね!

データ――
 原材料名 米、米麹
 アルコール分 16度
 製造年月 24.1.月
 村祐酒造(株)


2012年01月14日追記――
 酒の香りが強く。
 若干チーズクラッカーを思わせる香りも?

 旨味が増加し、酸味は若干控えめに。
 全体的に丸く穏やかになった印象。
 甘味も結構穏やかです。
 個性は若干減った気がしますが、かなり飲みやすさはアップしました。
 後口にはわずかに塩味?
 じっくりと楽しめる感じで良いですね~


2012年01月15日追記――
 旨味を感じさせる香りが増加。
 ……ほんのりチーズケーキ風の香り?

 アルコールの風味と旨味、酸味、甘味、苦味が若干増加。
 口当たりには若干ペタッとした感じも出現。
 舌触りには若干引っかかる感触も。
 クセがジワジワと増してきて、さらに人を選びそうな感じになりましたが、これはこれで悪くないですね……


2012年01月17日追記――
 若干香りに重量感。
 甘い酒の香り。

 含み香も酒。
 甘味とアルコールの風味が増加し、渋味も若干増。
 含み香の影響か、いわゆる酒らしさが結構強く。
 ただこの感じも個人的には嫌いじゃないかな……初日とは結構別物ですけども。


2012年01月19日追記――
 甘く若干ズシッとした香り。

 アルコールの風味と苦味、酸味、渋味、エグみが増加。
 バランスが崩れて、結構尖った印象に。
 ここまでは置かない方が良さそうですね。
 個人的には開栓後三日以内に。
 初日の味わいが気に入ったならばその日の内に空けてしまっても良いと思います!


1813654576_20.jpg tag : 特別純米 村祐酒造

村祐 常磐ラベル純米大吟醸 亀口取り 無濾過生原酒 22BY

 第430回目。
 「村祐 常磐ラベル純米大吟醸 亀口取り 無濾過生原酒 22BY」――新潟県の酒です。
 昨年大きく酒質を変えた常盤亀口取りに、今年もまた挑戦してみました。
 詳しい内容は本文中に譲りますが、どうやら以前の酒質には戻さず、昨年の感じをより洗練させる方向に進むようです。(注:あくまで個人の感想です)
 来年はどんな感じになるんでしょうね~……これはこれで個人的には楽しみだったりします。
 そして昨年末発売になった黒い村祐、値段が高め(720mlで4,200円)なのでためらっている内に完売してしまいましたが、どうやらかなり評価が高い様子……正月用に色々と購入したことが仇に……
 今年は是非とも飲んでみたいところです!……多分出ますよね?

(飲み始め:2011年02月24日)

 スッキリ涼しげな甘い香り。
 サイダーにブドウ……若干エステル香寄りな感じです。

 甘味と酸味の二本柱。
 ハッキリとしながらもどこか軽快な甘味にスッキリジューシーな酸味、そしてその後ろから顔を出す柔らかい旨味とブドウの皮を思わせる渋味。
 昨年の白ワイン路線(?)に、一昨年以前の味わいを若干取り入れたようなイメージでしょうか?……いや、それよりも昨年の路線を洗練した感じ?……ううむ、難しい。
 ただこの味わい、個人的には結構好きです!

 む、飲んでいる内に甘味以外の味わいが強まってきました。
 しかしそれでも口当たりは軽快で良い感じです。
 旨味が柔らかいなー
 これは飲みやすいですね……カパカパ飲めます!

 甘味が強いので、食べ物とは余り合わない感じです。
 合わせるならチーズのような味の濃い物や、甘い物と。

データ――
 原材料名 米、米麹
 アルコール分 16度
 製造年月 23.2.月
 村祐酒造(株)


2011年02月25日追記――
 アルコールの香りが微増。
 よりスッキリとした香りに。

 旨味と渋味が増加。
 全部の味わいが一度に来る印象です。後口には苦味も。
 酸味の質が若干変わってジューシーさは大幅減少。
 初日に比べれば少々雑多な感じが出て、綺麗さは減ってきましたが、これはこれでなかなかに良い感じです。


2011年02月26日追記――
 アルコールの香りが増加。
 わずかにミルクっぽい感じも。

 強い甘味とそこに絡む酸味と旨味、アルコールの風味。
 そして渋味と苦味、エグみが増加。
 かなり雑味が増して、舌に引っかかる感触も出現。
 少々崩れてきましたが、これはこれで。

 む、味の薄い食べ物と以外の物とは少し合うようになりました。


2011年02月28日追記――
 エステル香が強く。若干ブドウ系の香り。

 これは甘い!
 甘味が増加し、かなりガツンと来ます。
 そして甘味の効果か、雑味などが以前よりも若干目立たない感じに。
 面白いですねー


2011年03月02日追記――
 サイダー風の香り。

 アルコールの風味と酸味、苦味、渋味、エグみが増加。
 前回の強烈な甘さは若干控えめな印象です。
 ……もしかしたら前回は舌のコンディションに問題が?……酒と舌、どちらでしょう?
 それはともかく、結構崩れてきました。
 なるべく早く――いや、飲めるなら初日で飲み切ってしまうのが一番かもしれません。


1679302030_1.jpg tag : 純米大吟醸 村祐酒造

村祐 常盤ラベル純米大吟醸 無濾過生原酒 21BY

 第352回目。
 「村祐 常盤ラベル純米大吟醸 無濾過生原酒 21BY」――新潟県の酒です。
 例年の物と比べて大きく変化した亀口取りに続いて、今回は通常品(?)になります。
 亀口取りの場合は、元の完成度の高い味わいに手を加えたことで、若干世間の評価を下げてしまいましたが、通常品は元から微妙に好き嫌いの分かれる甘味の強い酒だったので、手を加えた結果が亀口取りとは違う感じで出る可能性はある、かも?ぐらいに思っていました。
 いや、亀口取りが特別なだけで、例年通りの味に戻っているのではないか?……実際はそちらの考えの方が強かったんですが。
 ……うん、細かいことはともかくとして本文をどうぞ!

(飲み始め:2010年04月10日)

 巨峰を思わせる甘くスッキリとした香り。

 おお、甘い!しかしはっきりとしながらも穏やかな甘味です。
 続くスッキリとした酸味やブドウ系の含み香、後口の柔らかい渋味の効果で上品な白ワインを思わせる雰囲気も。
 うん、やはり今年の亀口取りと同じ系統の味わいですね。
 ただ、炭酸の入っていない分、よりダイレクトに味わいが伝わってくるので、今回の物の方がわかりやすくて良い気がします。
 昨年飲んだ際は亀口取りに軍配を上げたのですが、今年は通常品の方が個人的にも好みですね~
 これは甘味以外の味わいが増した事が原因でしょうか?なかなかに良い味わいです!
 ただ今年の亀口取りと同系統と言うことは、昨年の物とは結構違うと言うことなので、例年の味わいがお好きな方はご注意を……
 個人的には、今年は今年でアリだと思いますが。

 味の薄い食べ物には微妙に甘味が干渉。
 ただ意外に合わなくはない感じです。
 んー、甘い物に合うな~

データ――
 原材料名 米、米麹
 アルコール分 15度
 製造年月 22.3.月
 村祐酒造(株)


2010年04月11日追記――
 香りは完熟ブドウ。

 酸味と旨味が増加。渋味や苦味も微増。
 甘味はやはり強めでありながらも、昨日よりも控えめに感じます。
 ギュッと甘味を引き締める酸味に旨味。
 雑味は若干増していますが、なかなかに良い味わいですね~


2010年04月12日追記――
 酸味を感じさせる香りが増加。ブドウ酒を思わせる香りも。

 酸味と旨味がさらに増加。甘味はさらに控えめに。
 ふっくらとした酒質を引き絞る渋味。
 うん、悪くないですね。


2010年04月14日追記――
 旨味を感じさせる香りとアルコールの香りが増加。

 む、前回よりもわずかに甘味がはっきりと?
 柔らかい甘味、旨味、酸味。
 わずかにブドウジュースを思わせる雰囲気も。……私はなかなかに好きです。


2010年04月16日追記――
 香りは……ブドウソース入りのアイス――若干パナップを思わせる雰囲気も?

 甘味、酸味、旨味、渋味、若干苦味。
 皮ごと絞ったブドウジュースをしばらく熟成させるとこんな感じになる、かも?
 雑味は結構増えているのですが、なかなか面白い印象です。
 うん、私はこの味結構好きです!
 これ以上置くとどう変化するか分かりませんが、こういう変化もまた面白くて良い感じですね~
 お勧めのタイミングは……開栓直後か、逆に少し置いたぐらいでしょうか?
 なかなかに良い酒でした!

 ううむ、今年の村祐はこの路線で行くことに決めたのですかね?
 これはこれで好きですが、例年通りの味の物もまたいつか飲みたいなぁ……


1459412207_167.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米大吟醸 村祐酒造

村祐 常盤ラベル純米大吟醸 亀口取り 無濾過生原酒 21BY

 第325回目。
 「村祐 常盤ラベル純米大吟醸 亀口取り 無濾過生原酒 21BY」――新潟県の酒です。
 去年飲んだ20BYに続いて、大人気の銘柄「村祐」の新酒ですよ~
 ……しかし、本文中でも触れている通り、今年の物は様々な場所で例年との酒質の違いが指摘されています。
 詳細は本文中に譲りますが、改めて酒造りの技術的、そして理念的な難しさを考えさせられる一本でした。

(飲み始め:2010年02月08日)

 様々な所で例年との違いを指摘されている、今年の亀口取りですが、実際の所はどんな感じでしょうか?
 ……前もって違うと分かっていれば、自分の舌を疑う作業が省けるので楽で良いですねー(笑)

 さて――
 甘い香りにわずかに酸味を感じさせる香り。
 若干穀物感のある香り。
 む、超微炭酸が良い感じです。

 ああ、確かに全然違いますね……
 甘味はやはり強めですが、結構ハッキリとした酸味に加え、若干の渋味や苦味の効果で、昨年のような「綺麗で甘い酒」と言った印象は余り感じられません。
 そして含み香にはブドウ系の面持ちが若干。

 ううむ、この酒質は白ワインのような味わいを目指した感じでしょうか?
 今までの味が好きな方はガッカリする可能性があると思いますが、別の酒だと考えればアリだと思います。
 これは後発の感想の強みですね、覚悟が出来ていたので。
 ……ただそうは言っても、私もやっぱり昨年の物の方が好きだったりします。
 そして、こんなに酒質を変えるぐらいなら別ブランドでやれば良いのに、という思いも若干。
 難しいですね……

 食べ物と合わせるなら甘味のある物と。
 それ以外の物には甘味が強く干渉。
 無理に合わせなくても良いかな?

 燗――
 酸味や旨味が立ち上がって面白いです。
 変化球的にはアリかも?

データ――
 原材料名 米、米麹
 アルコール分 16度
 製造年月 22.1月
 村祐酒造(株)


2010年02月09日追記――
 ブドウ系の香りが若干。

 酸味と旨味が増加。
 渋味や苦味も少々強くなり、舌に引っかかる感触も少々。
 ただ全体的な味の構成はそれほど変わらず。


2010年02月10日追記――
 若干香りはしっとりと。

 甘味が若干軽くなったような?……いや、そうでもないな。
 アルコールの風味が増加。他は前回と余り変わらず。


2010年02月12日追記――
 若干ベタッとした甘い香りに、エステル香少々。

 甘味が増加し、少々重たい印象に。
 アルコール感と苦味も増加。
 甘味に絡む苦味と酸味。後口には若干エグみ。
 少々もったりとした感じも出現。
 ううむ、崩れてきてますね……


2010年02月12日追記――
 アルコールの香りが少々ツンとした感じに。
 ただそのおかげか香りは微妙にスッキリ。甘い香りにエステル香。

 酸味と渋味、他にも雑味が色々と増加。
 強い甘味に絡む、酸味、渋味、エグみ、アルコールの風味に苦味。
 そして舌触りに引っかかる感触。
 含み香には微妙に漢方薬っぽさが出現?ブドウの皮の渋みっぽい感じも?
 だいぶ崩れてきています。
 ううむ、これは飲みづらい……ただ個人的にはちょっと面白いかな、とも思うんですが(笑)

 まあ私のマニアックな楽しみ方はともかくとして、出来ることなら初日に飲みきってしまった方が良いかも知れません。
 しかし、例え初日であっても、例年の味が好きな方は満足出来ないでしょうね……
 来年の亀口――いや、今年の亀口取り以外の酒にも期待しましょう!


1409180651_220.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米大吟醸 村祐酒造

村祐 茜ラベル特別純米 無濾過本生

 第247回目。
 「村祐 茜ラベル特別純米 無濾過本生」――新潟県の酒です。
 これが村祐の最も基本的な酒、でしょうか?
 常磐ラベル紺瑠璃ラベルと比べると、良く言えば複雑、悪く言えば雑多な印象でした。
 甘い酒というイメージでこの酒を手に取ると、人によっては少々痛い目を見るかも知れません。
 やはり村祐初心者の方にお勧めなのは常磐ラベルの亀口取りですねー、ひたすら甘い酒が飲みたければノーマルな常磐ラベルの方が良いかもしれませんが。
 (2012年01月21日追記――常磐ラベルは二種類とも大きく味わいが変わりました。追記時点最新の感想→ノーマル21BY亀口22BY)
 ……他の酒の話はともかくとして、本文をどうぞ!

(飲み始め:2009年08月21日)

 甘い香りがじわりと。……何だろう?粉砂糖?若干和菓子っぽさも?
 丸いイメージの香り、と言うか……

 おお、結構酸味が強いですね。
 腰の強い酸味がギューッと広がった後、重厚な甘味がズシッと響いてきます。
 濃厚だ~……む、アルコールの風味も結構強いですね。
 日本酒度や酸度は非公開ですが、かなり面白い値が出ていそうな予感?
 後口には強い味の影響か、エグみや渋味も結構感じます。
 かなり独特、と言うかマニアック(?)な酒質ですね~
 決して万人向けな味わいではありませんが、ハマる人はもの凄くハマる気がします。
 私も嫌いじゃないな~、飲んでいて面白いので!(笑)

 食べ物との相性も意外ですが結構良し。
 味の薄い物には酸味や甘味が干渉するものの、結構幅広く合わせられます。
 これはなかなかに良いな……

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 非公開
 精米歩合 非公開
 アルコール分 16度以上17度未満
 日本酒度 非公開
 製造年月 21.7.月
 村祐酒造(株)


2009年08月22日追記――
 甘い香り。……微妙にキュウリの浅漬けっぽい香りも?

 酸味が増加。初日よりも味わいが尖った印象。
 味が濃い!

 燗――
 酸味に柔らかくなる部分と尖る部分が出現。
 ……飲みやすいんだか飲みにくいんだかよくわかりません(笑)


2009年08月23日追記――
 甘味を強く感じる少々ズシッとした感じの香り。
 アルコールに……瓜系の香り?

 濃い!
 酸味がガツン、甘味がワッ、苦味や渋味がギューッと。
 相変わらず少々尖った味わい。
 ただまあ、これはこれでアリですね~


2009年08月25日追記――
 濃厚な、甘味と酸味を感じさせる香り。
 アルコールの香りが増加。

 酸味、甘味、旨味が一気にワッと。
 味わいの強さ故か、先日とそれほど違いが無いように感じます。
 ただ若干柔らかくなったような?
 強い酒質です……


2009年08月27日追記――
 乳酸菌――と言うか、やはり漬け物っぽい香りも。
 ……基本の香りはヨーグルト+α?

 む、酸味が減少?
 アルコールの味わいは増加。
 甘味と旨味が来た後に酸味。全体的に若干スッキリとしたような?
 味わっている内に旨味と酸味が強く。後口には若干渋味にエグみ。
 ただ大きく崩れた印象はありません。雑味にさえ目をつむれば、初日よりも個性は減ったものの、むしろある意味飲みやすくなったような?
 ……少々判断が難しいので、その辺りはお好みで是非。

 個性的で面白い酒でした!


1261709676_84.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 特別純米 村祐酒造

村祐 常盤ラベル純米大吟醸 亀口取り 無濾過本生

 第147回目。
 以前飲んだ『村祐常磐ラベル』の新酒です!
 かなり飲みやすいので飲み過ぎにご注意を。……1日で5合はさすがに失敗しました(笑)
 ただ本文中にも書いたとおり結構すぐに崩れてしまうんですよね。一升瓶しか無いですし。
 と言うわけで、大人数でパッと飲んでしまうことをお勧めいたします。
 楽しく酔えると思いますよ~

(記述日:2009年03月08日)

 新潟県の酒です。
 「村祐 常盤ラベル純米大吟醸 亀口取り 無濾過本生」
 飲み過ぎて寝落ちしてしまったので、2日分まとめての感想となります……
 ……飲み過ぎは危険です……お気を付けください。

 初日――(2009年03月07日)
 まったりと柔らかい甘い香り。
 猪口に注ぐと、酒中に微小の泡が浮かんできます。

 甘い!しかし微炭酸の酸味の良い作用で全体が引き締まっています。
 うん、旨い!これは良い味わいです!
 通常の常盤ラベルの綺麗さに心地よい酸味が加わる――これは旨くない訳がないですね(笑)
 もし常盤ラベルの味が苦手な人でも、この味ならイケるんじゃないでしょうか?
 非常に良いバランスです!

 チーズや味の濃い食べ物、甘い物との相性は抜群!旨いわー
 む、味の薄い物とは少々合わないかな?

 飲み過ぎました……非常に危険な酒です……
 甘い酒が好きな方には特にお勧めですよ~


 2日目――(2009年03月08日)
 香りは余り変わらず。

 酸味と旨味が若干増加。若干後口に苦味も出現。
 綺麗さは初日の方が上でしたね。
 ただこれも悪くないです!良い酒だー

 以後の変化や如何に?

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 非公開
 精米歩合 非公開
 日本酒度 非公開
 アルコール分 16度
 製造年月 21.1.月
 村祐酒造(株)


2009年03月09日追記――
 若干アルコールの香りが増加。

 以前より更に旨味が増加。後口にはエグみも少々。
 うーん……なるべく早く飲んでしまうべきかも?


2009年03月12日追記――
 香りは大分重たい感じに……

 やはり甘味は強いですが、他の味が目立ってきたので以前よりも弱めに感じます。
 増加したのは主に旨味、渋味、苦味……これは日を置くほど崩れていきますね……


2009年03月14日追記――
 香りはやはり重たいです。
 ……少々ベタっとした糖の香りのようにも感じます。

 苦味と渋味、アルコールの風味が増加。……結構ヘビーな印象に。崩れたなー
 ただ腰の強い甘味は健在なので甘い酒が好きなら平気かもしれません。
 ……初日との比較をしなければ、ですが。

 栓を開けたら2日ぐらいで飲みきりましょう!


1102459500_243.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米大吟醸 村祐酒造

村祐 紺瑠璃ラベル 純米吟醸無濾過本生

 第139回目。
 ……新酒は後日飲みます!(飲みました)

(飲み始め:2009年02月24日)

 新潟県の酒です。
 「村祐 紺瑠璃ラベル 純米吟醸無濾過本生」

 まったりとした柔らかい甘い香り。ミルク系の香りもあり。

 おお、これは甘い!
 腰の強いしっかりとした甘味が口いっぱいに膨らみ、続いて柔らかい酸味と旨味が追いかけます。
 常盤ラベルの方が綺麗な酒質で甘味に特化したイメージでしたが、これもなかなか良いですね~

 食中酒には余り向かない、かな?
 甘味が干渉する他、物によって(主にナッツなどと)は苦味が出現してぶつかります。
 む、ドライフルーツやチョコレートとの相性は抜群!うん、旨い。

 私は結構好きですが、少々甘味がヘビーなので苦手な方は苦手かもしれません。
 変化はどんな感じでしょう?

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 非公開
 精米歩合 非公開
 日本酒度 非公開
 アルコール分 16度以上17度未満
 製造年月 20.9.月
 村祐酒造(株)


2009年02月26日追記――
 香りは余り変わらず。

 うん、甘い!
 若干酸味が増加しましたが、甘味もさらに増加した印象です。
 ある意味スッキリしたような、まったりとしたような……
 私は今日の方が初日よりも好きですが、これもまた人による、かな?


2009年03月01日追記――
 若干アルコールの香りが増加。

 強めの甘味に、酸味、旨味、渋味。後口には苦味も若干。
 うーん、結構崩れましたね……
 そしてやはり甘味は強いのですが、以前に比べるとかなり控えめです。
 なるべく早く飲むべきだと思いました。


1091075822_164.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 村祐酒造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。