スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誠鏡 純米吟醸八反錦 生詰原酒 限定 京急百貨店15周年記念

 第675回目。
 「誠鏡 純米吟醸八反錦 生詰原酒 限定 京急百貨店15周年記念」――広島県の酒です。
 ……まあ冷蔵庫に保存している内に16周年を迎えてしまった訳ですが。
 一緒に買った酒も近い内に飲むと書いてから約一年半とは……相変わらずの駄目っぷり……
 ……しかし!この酒はそんな長期間保存しても全く崩れませんでした!素晴らしい!
 では本文をどうぞ! ……すみません。

(飲み始め:2013年05月12日)

 スッキリ柔らかく甘い香り。
 米にアルコールの香り。

 うん、穏やかです。
 それでいてスッキリ感のある酸味がなかなかにキリリとした口当たりを演出しています。
 味わい的には酸味、若干しっかりとしつつも軽快さのある甘味や旨味がメイン。
 うん、良いバランスです。
 いやぁ、冷蔵庫に一年以上置いてしまった感じは全くありませんね~
 スイスイイケます!

 食べ物との相性は、味の薄い物にはわずかに甘味が干渉するものの、なかなかに良し。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 八反錦100%使用
 精米歩合 55%
 アルコール度数 16度
 日本酒度 +3
 酸度 1.5
 酵母 協会9号
 製造年月 2011.11
 中尾醸造(株)


2013年05月13日追記――
 米の香りが若干増加。

 酸味がわずかに太くなり、刺激感も若干増加。
 ほんのり飲み口の力強さがアップ。
 しかし柔らかい旨味と甘味はそのままです。


2013年05月14日追記――
 アルコールと酒の香りが増加。

 刺激感がさらに若干増え、口当たりは少々ピリピリと。
 アルコールの風味や苦味も若干増加。
 ただ悪くない感じです。


2013年05月16日追記――
 穏やかで甘い香り。
 酒に……何らかのドライフルーツを思わせる香り?

 甘味と酸味が若干増加。
 口当たりのピリピリ感も少しだけ強く。
 ただ穏やかで良い飲み口です。
 まったり飲めますね~


2013年05月18日追記――
 アルコールの香りが増加。
 やはりほんのりドライフルーツ風の香りも。

 うん、穏やかです……
 増えたのは旨味と、少々渋味。
 全体的にじわじわと味が増えてきていますが、崩れた感じはありません。
 まったりと。

 お、食べ物とも合いますね。
 初日にあった干渉も無くなっています。
 これはアリだな……

 綺麗さは開栓直後の方が上でしたが、味わい的には開栓一週間後でも問題ありません。
 結構強い酒質です!


1901777517_245.jpg
スポンサーサイト
tag : 純米吟醸 中尾醸造

純米吟醸 山本 生原酒 (24BY)

 第673回目。
 「純米吟醸 山本 生原酒 (24BY)」――秋田県の酒です。
 この酒も約四年ぶりですね……同社の他の酒は何度か飲んでいるのですが。(他の感想はこちら)
 しかし、やはり自らの名を冠した酒というのは、良い物ですね……

(飲み始め:2013年05月05日)

 香りは若干スッキリそしてしっとり。
 ほんのりリンゴにアルコール。

 みずみずしい酸味と甘味が口内でジュワッと広がり、そのまま酸味と若干の渋味が舌を撫でていきます。
 そしてそこに若干遅れる形で旨味がぐぐっと。
 うん、酸味の立ち上がり方の影響か、キレが良く、口当たりはさっぱりとしています。
 何となく昔の記憶からもっと濃厚なイメージを持っていたので、良い意味で裏切られた感じです。
 結構飲みやすくて良いですね~

 食べ物との相性は味の薄い物には甘味、甘い物には酸味がわずかに干渉するものの、なかなかに良し。
 うん、良いキレだ……

データ――
 原材料 米、米麹
 精米歩合 麹(酒こまち)50%、掛米55%
 アルコール分 16度
 製造年月 24.12
 山本(名)


2013年05月07日追記――
 アルコールの香りが若干増加。

 酸味がしっとりと、そして若干太く。
 刺激感も若干増加。
 口当たりなども全体的に初日より濃くなった感じですねー


2013年05月09日追記――
 酸味を感じさせる香りが若干増加。
 甘酸っぱい香りです。

 酸味がさらに太く力強い印象に。
 苦味や渋味なども若干増加。
 少々飲み口が尖ってきました。
 ただこれはこれで!


2013年05月11日追記――
 アルコールの香りが結構強く。

 酸味は部分的に若干落ちついた印象に。
 甘味や苦味、渋味、刺激感が若干増加。
 少々バランスが崩れてきました。
 早めに飲みきった方が旨いですねー
 開栓後二、三日で飲みきるのがお勧めかも。
 ……しかし二日目の追記が出来なかったのが悔やまれます。申し訳ありません……


1901093973_225.jpg tag : 純米吟醸 山本

空木(うつぎ) 純米吟醸

 第670回目。
 「空木(うつぎ) 純米吟醸」――宮城県の酒です。
 はせがわ酒店のプライベートブランド――だと思います。東京駅地下で購入しました。
 公式の通販ページによると「空木ウツギとは花の名前で、スカイツリー開業日である5月22日の誕生花。『伯楽星』の新澤醸造店が宮城県産蔵の華を60%精米で醸した純米吟醸です。食中に最適な、後切れの爽やかな味わいです。」とのこと。
 ……うん、書くことが無くなってしまいました(笑)
 ……何にせよ伯楽星の蔵元らしく食べ物との相性は抜群です! (他の感想はこちら)

(飲み始め:2013年04月25日)

 バナナセーキ風の甘い香り。
 うん、スッキリとした良い香りです。

 口内にグググッと絡む旨味に酸味、若干渋味。
 ピリリとした刺激感も少々。
 口に含んだ直後のそれらの味わいに続くのはスッキリとした口当たり。
 キレが良いですね~

 うん、食べ物と合う!
 何にでも合わせられる上に、なんとコーヒーと一緒に飲んでも崩れないという懐の深さ!
 ……これは凄いかもしれません。

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 宮城県産 蔵の華
 精米歩合 60%
 アルコール分 16度
 日本酒度 +5
 酸度 1.7
 製造年月 12.12
 (株)新澤醸造店


2013年04月26日追記――
 香りは落ち着いた感じに。

 お、舌触りが柔らかく。
 全体的に飲み口が丸くなった気がします。
 うん、良いですね!
 スイスイ飲めます!


2013年04月27日追記――
 アルコールの香りが若干増加。
 しっとり落ち着いた香り。

 香りと同様アルコールの風味が若干増え、口当たりもしっとり落ち着いた感じに。


2013年04月29日追記――
 アルコールの香りがさらに若干増。

 安定した良い味わいです。
 わずかに口当たりには刺激感が増していますが、落ち着いた感じでスルスルイケます!


2013年05月01日追記――
 ……わずかに柑橘系の香りも?

 前回の変化がそのままわずかに進んだ印象。
 綺麗さは少しずつ減っていますが、全体的な印象はほとんど変わっていません。
 強い酒質ですね~
 食べ物と一緒にじっくり味わいましょう!


1900103669_52.jpg tag : 純米吟醸 新澤醸造店

阿櫻 純米吟醸 山田錦

 第688回目。
 「阿櫻 純米吟醸 山田錦」――秋田県の酒です。
 ……やはり舌のコンディションは重要ですね。
 私は基本的に真っ新な舌の状態(?)で酒を利こうと考えているのですが、そのことが逆に酒の魅力を損なわせていることもあり得る、と言うのを今回思い知らされた気がしました。
 酒は面白いけど難しい……

 では本文をば。

(飲み始め:2013年04月22日)

 穏やかさのある甘い香り。
 ……蜜にほんのりバナナ?

 うん、穏やかです。
 柔らかい口当たりからジワリと広がる酸味、旨味、若干甘味に渋味、ほんのり苦味。
 少々クセのある味わいですが、じんわりと染み渡る感じが良いですね~

 味の薄い食べ物には若干渋味が干渉するものの、相性自体は悪くない感じです。

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 兵庫県産山田錦全量仕込
 精米歩合 50%
 アルコール分 16度
 製造年月 24.10.
 阿桜酒造(株)


2013年04月23日追記――
 やはり何らかの蜜を思わせる香り。
 若干しっとりと。

 酸味が増加し、舌をキュッと絞ります。
 旨味と苦味も若干増加。
 うん、悪くないですが、さらにクセが増えて、結構人を選びそうです。
 ……と、言うか苦手な人もいそうな予感。


2013年04月24日追記――
 アルコールの香りが増え、若干重量感が出現。

 甘味と渋味が若干増加。
 昨日よりはクセが減少した、かな?
 なかなかに尖った味わいですが、これはこれで悪くない……


2013年04月26日追記――
 アルコールの香りがさらに増加。

 酸味と……辛味が若干増加?……いや、正確には辛味ではないのかもしれませんが、若干ピリピリと……
 やはり結構クセが……

 お、食べ物と合わせたり、常温にしたら甘味が若干立ち上がって柔らかい飲み口に!
 これならアリかも。


2013年04月28日追記――
 香りはしっとり、若干ズッシリと。
 ……ごくわずかに、コーヒーリキュール風の香りも?

 おお……やはり味は増えていて、酒単独で飲むと結構尖った感じなのですが、食べ物と合わせると、丸くて良い感じになりますね!
 二日目も食事と合わせてみるべきだったかもしれません。

 食中酒として飲むならのんびりと、酒単独で飲むならなるべく早く、出来たら初日に飲みきるのがお勧めですねー


1899827194_19.jpg tag : 純米吟醸 阿桜酒造

帰山 参番 純米吟醸 無加水 帰山蔵低温熟成

 第685回目。
 「帰山 参番 純米吟醸 無加水 帰山蔵低温熟成」――長野県の酒です。
 かなり前にこちらの生酒を飲んだのですが、今回の酒は6ヶ月以上熟成した物だそうです。
 ……いや、名前が同じなだけで全く同じ酒とは限らないのですが。結構感想も違いますし。
 ただこの違いは数年の間に私の味覚が変化した、とも考えられますね……いつか生酒にもリベンジしたいです。
 ……しかし、当時の感想は頑張っていますね、近頃は酸味の違いの表現なんてすっかり薄ぼんやりとした感じに……あー、イカン、もっとしっかりしないと……

 ……本文をどうぞ。

(飲み始め:2013年04月11日)

 若干重量感のある旨酸っぱい香りが、酒の香りと同居。

 おお、香り同様酸っぱ旨い味わい――いや、香りと比べるとだいぶ軽快です。
 ハッキリとした口内に絡み付く酸味と米の旨味、若干渋味。
 そしてそれらの後ろに続いてフワリと広がる甘味。
 うん、良いバランスです……
 若干好き嫌いはわかれそうですが、ハマる人は徹底的にハマると思います。
 私も結構好きですね~

 食べ物と合わせるなら味の濃いものと。
 やはりこれくらい酒の味が濃いと、味の薄い物じゃ当たり負けしてしまいます。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 使用米 信州産「美山錦」100%使用
 精米歩合 55%
 アルコール分 15度
 日本酒度 -16前後
 酸度 3前後
 製造年月 12.8.
 千曲錦酒造(株)


2013年04月12日追記――
 お、香りは若干軽快な感じに。
 穏やかな旨味を感じさせる香り。

 うん、香りと同様酸味も若干軽快になりました。
 そして甘味が若干増加。
 これは初日よりも確実に飲みやすくなった気がします!


2013年04月13日追記――
 旨味を感じさせる香りが若干強くなり、酒らしい香りも若干。

 しっとり旨酸っぱい味わいです。
 酸味や旨味の腰が若干強くなりました。
 ただ力強さは初日の方が上かも。
 悪くない……


2013年04月15日追記――
 しっとりとした酒の甘い香り。
 ほんのりヨーグルト風の香りも。

 甘味が若干増加。
 穏やかさと力強さが同居。
 旨甘酸っぱいです。


2013年04月17日追記――
 旨味を感じさせる香りが強く。
 若干ペタッとした感じも出現。

 うん、穏やかで飲みやすいですね。
 酸味も少々落ち着いた印象で、旨味や甘味と共に口内でたっぷりと。
 元の味が濃いので崩れた感じもありませんし。
 なかなかに良い感じですね~


1899082704_55.jpg tag : 純米吟醸 千曲錦酒造

仙禽 金平糖

 第676回目。
 「仙禽 金平糖」――栃木県の酒です。
 シンプルに「金平糖」とはなかなかに思い切った名前ですよねー
 スペック的には「純米吟醸中取り・無ろ過生原酒」だそうです。
 で、ラベルによると「『日本酒における米の甘味とはなにか』という考えの下甘味について追求した作品です。」とのこと。
 良いですよね、米の甘味……
 元々色々と実験的な酒造りもされている蔵なので、次はどんな感じの酒が出てくるか楽しみです!
 ……あ、そう言えば一本冷蔵庫に…………そちらも近々!

(飲み始め:2013年03月17日)

 コロンと丸っこい甘い香りに、スッキリとした感じも少々。
 名前の通り砂糖菓子っぽさも。

 どこか軽快な感じもある、はっきりと芯の通った甘味がメインですが、やはり軽快でそれでいてキュッと引き締まった酸味や、甘味に少し遅れてついて行く穏やかな旨味の効果で、そこまで甘い!って感じではありません。
 後口には酸味と、わずかに渋味。
 自然な感じの良い甘味です。
 カパカパと大量に飲む感じではないのですが、こう、じっくり味わいつつ盃を重ねる感じが良いですね~

 食べ物と合わせるなら甘味のある物と。
 他の物には甘味が干渉。
 食前酒やドライフルーツやチョコレートと一緒にデザート感覚で飲むのもアリかも。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 栃木県さくら市産酒造好適米100%
 精米歩合 50%
 アルコール分 17度
 製造年月 2012.11.
 (株)せんきん


2013年03月18日追記――
 若干香りはしっとりと。

 甘味や酸味が少し穏やかになり、全体的に落ち着いた印象に。
 そして軽快さもアップ!

 食べ物との相性もわずかに良くなった、かも。


2013年03月19日追記――
 アルコールの香りが若干増加。

 うん、さらに軽快さが増えた気がします。
 甘味は初日とは違う感じに若干増加?
 苦味や渋味も若干増えましたが、まだまだ悪くないバランスです。


2013年03月21日追記――
 む、若干香りに重量感。
 しっとり、ペタッと。

 アルコールの風味と酸味、渋味が若干増加。
 全体的に味が増え、少々雑多な感じも。後口にはエグみ。
 若干バランスが崩れてきました。


2013年03月23日追記――
 アルコールの香りが少々尖った感じに。
 ズシッと。

 アルコールの風味と刺激感、渋味に酸味が増加。
 舌に引っ掛かる感触も出現。
 そして甘味が減って、この酒の個性が大幅減。
 ううむ、結構激しく崩れてしまいました……
 早めに飲みきりましょう!少なくとも三日以内に!


1896134555_181.jpg tag : 純米吟醸 せんきん

風の森 純米吟醸しぼり華 露葉風60% 無濾過無加水生酒 24BY

 第674回目。
 「風の森 純米吟醸しぼり華 露葉風60% 無濾過無加水生酒 24BY」――奈良県の酒です。
 昨年に飲んで以来の風の森、そして三年前に飲んだ酒への再挑戦でもあります。
 ……うん?結構当時の感想と違う感じですね……この違いは…………いつかリベンジします!

 しかし様々な米を使用している銘柄なので、いつも何を買おうか迷うんですよねー
 次に飲むのはどれにしよう……リベンジもしなきゃならないですし……
 まあ、何にせよ、本文をどうぞ!

(飲み始め:2013年03月10日)

 旨味を感じさせる香りとブドウやバナナ風の香りが同居。
 杯の底の小さな泡がほんのり爽やかで良いですね~

 たっぷりジューシーな口当たりの酸味と、そこから酸味と共に一気にジュワッと広がる旨味。そしてそれらを追いかける渋味と苦味。
 味が多く若干のクセ――というかなかなかに複雑な味わいですが、バランスは結構良し!
 フレッシュさも良い感じです!

 食べ物とは酸味や渋味が若干干渉。
 無理に合わせない方が良いかも。

データ――
 原材料 米、米麹
 奈良県産露葉風100%使用
 精米歩合 60%
 アルコール分 17度
 日本酒度 +4
 酸度 1.9
 使用酵母 K-7系
 製造年月 13.01
 油長酒造(株)


2013年03月11日追記――
 酸味を感じさせる香りが若干増加。
 ……ほんのりバナナシフォンケーキ風の香り?

 柔らかい酸味が若干増加し、渋味も若干太く。
 初日よりも落ち着いた味わいになりました。
 穏やかで良いですね……


2013年03月12日追記――
 む、若干香りはスッキリと?

 旨味と酸味が若干増え、さらに落ち着いた雰囲気に。
 ただそこに微炭酸の刺激がキュッとアクセントを与えています。
 ああ、やっぱりこの味の多さが良い感じだなぁ。


2013年03月14日追記――
 何らかの熟れた果物風の雰囲気もある香り。

 酸味の質が若干変わって、口当たりが濃くなった印象。
 ……酸味や旨味がキュッと口内で収束するような飲み口?
 うん、なかなかに良いバランスです。


2013年03月16日追記――
 この香りは、ラムネにブドウ……そしてわずかにスパイシーな香り?

 旨味が増加し、酸味や渋味も若干増。
 ううむ、少々旨味が突出して、若干バランスが崩れてきました。
 雑味も若干強く。
 大崩れした訳ではありませんが、ここまでは置かない方が旨いです。
 開栓後……三、四日以内……いや五日ぐらいは大丈夫だな……
 やはり最初から味が多めだと崩れにくくて良いですね。


1895401488_103.jpg tag : 純米吟醸 油長酒造

夜明け前 純米吟醸 生一本 なまざけ

 第673回目。
 「夜明け前 純米吟醸 生一本 なまざけ」――長野県の酒です。
 試飲販売で購入した際の説明では、造ってから一夏越えて熟成させた生酒だそうです。
 一緒に試飲したひやおろしに当たる商品が、火入れした上で熟成させた物だったため、色々と飲み比べた結果、今回の物と今年の一月に飲んだ物を選択しました。
 ひやおろし飲み比べ、なんてことも考えたのですが……個人的な好みを優先してしまい申し訳ありません。
 ……フレッシュな生酒も、落ち着いた感じのある生酒もそれぞれに良さがあって嬉しいですよねー
 では本文をどうぞ。

(飲み始め:2013年03月07日)

 しっとり穏やかな、わずかにクリームを思わせる甘い香り。

 トロリとした穏やかな甘味や旨味が、キリッとした酸味やアルコールの風味でキュッと引き締められ、そのまま混ざり合いつつ捌けていきます。
 甘旨口酒と辛口酒両方の顔を持っている感じですね~
 バランス的には辛口寄り?
 なかなかに飲み応えもあります!

 食べ物との相性もなかなかに悪くないです。
 ただキリッとした感じが味の薄い食べ物には若干干渉気味かも。
 合わせるか合わせないかはお好みで。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 55%
 アルコール分 16度以上17度未満
 製造年月 24.11.
 (株)小野酒造店


2013年03月08日追記――
 アルコールの香りが増え、しっとりとした感じが強く。

 香りと同様にアルコールの風味が増え、よりキリッとした飲み口に。力強さもアップ!
 そして酸味や甘味も若干増加。
 これもまた良し!


2013年03月09日追記――
 しっとり涼しげなアルコールの香りに、甘い香りが少々。

 む、さらに飲み口にキリリとした力強さが増しました。
 それらが穏やな旨味や甘味をググッと押し流していきます。
 うん、酒飲んでる!って感じです。


2013年03月11日追記――
 香りに若干重量感。

 アルコールの風味が増え、さらにキリリと辛口寄りに。
 綺麗さは若干減ってきました。
 ただこれはこれでなかなか……


2013年03月13日追記――
 ぽってりと丸い香り。
 旨味を感じさせる香りにアルコールの香り。

 む、結構口当たりはピリピリと。
 増えたのはアルコールの風味と渋味、若干酸味と甘味。
 全体的に味が増え、少々雑多な印象も。
 それほど崩れたわけではありませんが、ここまでは置かない方が旨いです。


1895055712_136.jpg tag : 純米吟醸 小野酒造店

梅乃宿 純米吟醸酒 アンフィルタード・サケ(無濾過袋しぼり生) 2013

 第666回目。
 「梅乃宿 純米吟醸酒 アンフィルタード・サケ(無濾過袋しぼり生) 2013」――奈良県の酒です。
 直訳な感じの横文字名前が結構前から何となく(?)気になっておりました!
 そして飲んでみて思ったのは、やはり直感は大切ということですねー
 ……では本文をば!

(飲み始め:2013年02月15日)

 落ち着いた香り。
 ほんのり米にアルコール。
 ……後は、何だろう?
 わずかにラムネ?

 含み香には若干ブドウ?
 穏やか、そしてジューシー!
 軽快さのあるたっぷりの酸味が、穏やかな旨味と軽めの甘味、そして若干の渋味と共にジュワーッと口内の隅々までを満たします。
 結構複雑な味わいですが、バランスが良いのでかなり飲みやすいですね!
 ピリリとした刺激感も良いアクセント。

 お、飲んでいる内に甘味が若干しっかりと。
 これもまた良いバランスです。

 食べ物と合わせるなら、甘味のある物か味の濃い物と。
 味の薄い物には甘味が干渉。
 煮物とも結構合いますねー

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 50%
 アルコール分 17度以上18度未満
 製造年月 13.1.
 梅乃宿酒造(株)


2013年02月16日追記――
 穏やかでフレッシュさのある香り。

 酸味が若干増えつつ、しっとりと、そして部分的に柔らかく。
 甘味と渋味も若干増加。
 刺激感は減っていますが、ジューシーさはキープ。
 さらに複雑な味わいになった感じですね~
 ただそれが良い!
 私はこの味わい好きです!

 食べ物との相性も若干良くなった印象。
 合う物の幅が広がりました。


2013年02月17日追記――
 香りはしっとり、若干控えめになった印象。

 甘味が若干増え、酸味は少しだけ軽快に。
 わずかに飲みやすさアップ?


2013年02月19日追記――
 旨味を感じさせる香りが若干増加。

 甘味がさらに若干増加。
 渋味も若干増。
 全体的にじわじわと味が増えてきた印象ですが、バランスに崩れた感じはありません。
 やはり元から複雑な味わい故か強い酒質です。


2013年02月21日追記――
 しっとりとしたアルコールの香り。

 む、アルコールの風味が増え、飲み口もしっとりとしてきました。
 渋味や辛味?も含め全体的に味が増加。
 少々バランスは尖った印象。
 ちょっとだけ粗が出てきたかも。
 個人的にはまだまだアリですが、もう少し早く飲んだ方がより旨いですねー


1892796503_194.jpg tag : 純米吟醸 梅乃宿酒造

NEXT5"ECHO 2012" 純米吟醸

 第665回目。
 「NEXT5"ECHO 2012" 純米吟醸」――秋田県の酒です。
 当ブログでは三種類目のNEXT5ブランドになります。
 そして前回と同様モタモタとしていたらほぼ売り切れ状態になってしまい、再びセットで購入するというこの体たらく……
 ……次こそは見かけたら即買います!…………買えたら良いなぁ。

 今回の感想はタイミングの関係でいつもより一日短くなっております。ご理解の程を。
 と言うわけで(?)、本文をどうぞ!

(飲み始め:2013年02月14日)

 お、若干派手さのある香りですね。
 この香りは……ほんのりモモやメロン?
 アルコールの香りも若干。

 んー、ジューシー!
 コロンと滑らかな口当たりから、みずみずしい酸味と甘味がジュワッと染み渡ります。
 そして何口か飲んでいる内に、しっとりとした旨味と酸味がジンワリと広がるように。
 ピリッとした刺激感も少々出現し、辛口な雰囲気も若干。
 華やかさと穏やかさのバランスが良いですね……旨い。

 食べ物とは甘味や刺激感が干渉。
 合わせるなら味の濃い物や、甘い物と?
 ただ単独で飲んだ方が旨いです。

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 美山錦100%
 精米歩合 55%
 アルコール分 16度
 使用酵母 亀山酵母(蔵付分離酵母)
 製造年月 2012年12月
 醸造元 春霞(名)栗林酒造店


2013年02月15日追記――
 香りは若干しっとり落ち着いた感じに。
 アルコールの香りがわずかに増加。

 うん、微炭酸の刺激感が良い感じです。
 増えたのは旨味と酸味が若干。
 みずみずしさは初日の方が上でしたが、口内でこうジュワッと弾ける感じが良いですね~
 グイグイイケます!


2013年02月16日追記――
 前回の変化がそのまま若干進んだ感じの香り?

 旨味とアルコールの風味が若干増え、刺激感やみずみずしさは若干減。
 少々濃くしっとりとした飲み口に変わってきました。
 これはこれでなかなか。


2013年02月18日追記――
 落ち着いたアルコールの香りに甘い香り。
 若干香りは控えめに。

 む、前回とは別種のピリピリとした刺激感が出現。
 そしてアルコールの風味が増え、若干飲み口もキリッとした印象。
 少々渋味などの雑味が増えてきました。


2013年02月19日追記――
 香りはよりしっとりと。

 アルコールの風味と旨味、渋味が若干増加。
 口当たりは若干ピリピリと。
 後口に若干エグみが出てきました。
 含み香にはわずかに酸化した感じも?
 それほど崩れた!って感じではありませんが、早く飲んだ方が旨いです。
 開栓の翌日ぐらいには飲みきってしまうのがお勧め、かも。


1892683877_9.jpg 1892683877_44.jpg tag : 純米吟醸 NEXT5
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。