スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大那 特別純米 仕込み壱号初しぼり 無濾過生

 第664回目。
 「大那 特別純米 仕込み壱号初しぼり 無濾過生」――栃木県の酒です。
 究極の食中酒を目指す大那の、今酒造年度最初の一本になります。
 ……ただもうとっくに次の酒も発売されているので、季節物としてまたズレた感じになってしまい、申し訳ありません。
 しかし製造から多少時間が経っているとは言え、やはりこういう初物からは通常品と少々毛色の違う印象を受けますね。
 この酒もまだそこまで食中酒になりきれていない、と言うか……
 ……まあそういう面も楽しんでこそが、正しい(?)マニアの姿だと思いますが!(笑)
 今度は久々に火入れの物も飲んでキチンと感想を書きたいですね。
 では本文をどうぞ!

(飲み始め:2013年02月07日)

 スッキリ涼しげな香り。
 穏やかな甘い香り。
 ……わずかにサイダー風の香りも?

 穏やかで飲みやすい!
 口当たりはトロリ、そこからほんのり刺激感が広がり、後口には若干舌に絡む渋味が少々。
 あー、優しい酸味と旨味の混じりあう感じが良いですねー
 そしてふんわりと続く軽めの甘味。
 若干の刺激感や渋味も良いアクセント。
 スイスイ幾らでも飲めそうです。

 食べ物との相性もなかなかに良し。
 ただ味の薄い物やシンプルな物には若干甘味が干渉するので、合わせるなら濃い物と。

データ――
 原材料名 米、米麹
 使用米 五百万石(栃木県産)100%使用
 精米歩合 55%
 アルコール分 17度以上18度未満
 製造年月 24.11.
 菊の里酒造(株)


2013年02月08日追記――
 甘い香りが強く。
 若干砂糖菓子風の香り。

 口当たりが若干しっかりと、そして刺激感も若干増。
 酸味と渋味が若干強く。
 バランスが変わったためか、結構印象が変わった気がします。
 飲みやすさは初日の方が上でしたが、悪くないです。


2013年02月09日追記――
 アルコールの香りがわずかに増加。

 旨味が若干増加。
 うん、昨日はバランスが若干尖った感じもありましたが、初日の印象に結構近づいた気がします。
 飲みやすさもアップ!
 ……ううむ、これだけ激しく変わると、自分の昨日の体調が疑わしくなってきますね……


2013年02月11日追記――
 しっとりとした酒の香り。

 アルコールの風味が増加し、結構キリッとした雰囲気が出てきました。
 雑多さも少々。


2013年02月13日追記――
 香りは若干控えめに。

 酸味、アルコールの風味、苦味が増加。
 若干酸っぱ辛い印象も。
 結構尖ったバランスになってきました。
 開栓後は……三日以内……いや、ただ二日目の変化が何とも……
 ううむ、初日の感じが気に入ったのであれば初日に飲みきってしまっても良いかもしれません。


1891862838_206.jpg
スポンサーサイト
tag : 特別純米 菊の里酒造

大那 純米吟醸無濾過生原酒 限定直汲み 那須美山錦

 第574回目。
 「大那 純米吟醸無濾過生原酒 限定直汲み 那須美山錦」――栃木県の酒です。
 今年二種類目の大那になります。 (一種類目の感想はこちら)
 居酒屋メニューをつまみながらまったりと飲んだら良い感じでしょうね~
 では、寝落ちのせいでまたスゴイ時間(午前四時過ぎ)になってしまいましたが、本文をどうぞ!

(飲み始め:2012年05月10日)

 穏やかな甘い香り。
 若干アルコール。

 しっとり滑らかな酸味、旨味、甘味が多層的に口内でスルスルと広がります。
 穏やか!
 お、何口か飲むと、味わいに腰が増し、口当たりも若干しっかりとしてきました。
 若干太さを増した酸味と旨味が、若干の渋味やアルコールの風味と共にジワリと口内で膨らんでいきます。
 良いですね~、飲んでいて落ち着く味わいです。

 味の薄い物には甘味が若干干渉するものの、他の物との相性は概ね良し!
 ちょっと濃い味の物をつまみながらこうキュッと!

データ――
 原料名 米、米麹
 使用米 美山錦(栃木県那須産)100%使用
 精米歩合 55%
 アルコール分 17度以上18度未満
 製造年月 24.2.
 菊の里酒造(株)


2012年05月11日追記――
 香りは若干しっとりと。

 お、初日よりも味わいが全体的に濃くしっかりと。
 増えたのは酸味と旨味、渋味に苦味が若干。
 口当たりは若干ピリッと。
 少しだけクセはある感じですが、これまたなかなか……


2012年05月12日追記――
 アルコールの香りが若干増加。

 口当たりはより濃く、若干しっとりと。
 酸味と渋味、苦味もさらに若干増。
 二日目の変化がそのまま進んだ感じですねー


2012年05月14日追記――
 む、わずかにエステル香が出現?
 米の香りも若干増加。

 甘味が若干増え、全体的に落ち着いた飲み口に。
 うん、穏やかです。
 前回までの味の多さはあるのですが、クセが減ってどこかスッキリとまとまった感じに思えます。
 これは良い変化ですね!


2012年05月16日追記――
 穏やかな香りが強く。
 アルコールの香りも若干増加。

 アルコールの風味と甘味が若干増加。
 しっとり穏やかです。
 うん、飲みやすい。
 スルスルと入ってくる感じですね~
 後口には若干苦味はあるものの、全体的に綺麗にまとまった味わいです。

 やはり良い変化です!
 個人的にお勧めの飲むタイミングは、開栓初日と、開栓五日目以降、かな?
 逆に開栓後二、三日だと少々クセがあるように感じられました。
 ……まああくまでこれは個人の好みですので、気になった方は実際にお試しください!


1844403452_228.jpg tag : 純米吟醸 菊の里酒造

あかまる大那 辛口 おりがらみ本生

 第541回目。
 「あかまる大那 辛口 おりがらみ本生」――栃木県の酒です。
 等外米を使用した普通酒ですが、蔵元が生産農家から直接買い付けた米で造られているそうです。
 しかし一升瓶だと1,995円なのに、今回のこれ(四合瓶)は1,200円だったんですよね……
 購入時には気づけなかったので、なんとなく何かに負けた気分です。ぐぬぬ。
 しかし特に一升瓶と中身に違いがあるとかは書かれていなかったのですが、実際は何かあるんでしょうか?
 まあそれはともかくとして、今度は他のラインナップにも挑戦してみたいと思います。
 この銘柄自体2年も前に飲んだきりでしたし……ううむ、最近同じようなことばかり言ってる気がするなあ……
 ……では本文をどうぞー

(飲み始め:2012年02月05日)

 スッキリとした香り。
 アルコールに、甘い何らかの香り……わずかに……キノコ?

 お、結構キリッとした感じがありますね!
 若干ペタッと感のある酸味、甘味、旨味がアルコールの風味と共にスルッジワッと口内で広がり、後口には苦味と渋味が若干。
 うん、少々味の多さは感じられますが、なかなかに良い感じですね~

 混ぜて――
 旨味と酸味、渋味が増加し、少々複雑さが増した印象。
 飲み応えアップ!
 若干刺激感も増加?

 おお!
 食べ物と合わせたら酒だけで飲んだ際に感じられた雑多が完全に姿を消しました!
 なるほど……そのままでももちろん悪くないのですが、この酒は食中酒として飲むべきですね。
 本領発揮!といった感じで。
 物によっては甘味がわずかに引っかかりますが、かなり幅広く合わせられます。
 うん、良い……
 グイグイいけます!

データ――
 原材料 米、米麹、醸造アルコール
 原料米 等外米(五百万石、美山錦)
 精米歩合 65%
 アルコール分 16度以上17度未満
 日本酒度 +4
 酸度 1.6
 製造年月 23.11
 菊の里酒造(株)


2012年02月06日追記――
 香りは若干穏やかに。

 アルコールの風味が増加し、辛口な印象が強く。
 結構ピリッとした感じが出てきました。
 渋味と苦味も若干増加。
 舌触りには引っかかる感触が少々。
 雑多な感じが若干強くなってきましたが悪くないですね。
 それに食べ物と合わせるなら全く問題無くなりますし!
 やっぱり合うな~


2012年02月07日追記――
 アルコールの香りが強くなり、若干尖った印象に。

 アルコールの風味と酸味が増加。
 さらに辛口な感じになりました。
 ただ逆にピリッとした雰囲気が増した分、雑味が余り気にならなくなった気がします。
 うん、悪くない……


2012年02月09日追記――
 若干香りは控えめに。

 アルコールの風味と苦味が増加し、結構尖った印象が出現。
 少々バランスが崩れてきました。
 口当たりはピリピリと。


2012年02月11日追記――
 香りはさらに弱く。

 アルコールの風味と旨味、渋味が若干増加。
 口当たりの引っかかる感触やアルコールのピリピリ感は強くなっていますが、意外とバランスはとれているような?
 ただ今日の感じだと若干好き嫌いがありそうな酒質なので、ここまでは置かない方がお勧めです。


1819703881_31.jpg tag : 普通酒 菊の里酒造

大那 sparkling 純米吟醸活性にごり

 第315回目。
 「大那 sparkling 純米吟醸活性にごり」――栃木県の酒です。
 活性にごりが大好きだ!……そんな宣言はともかく(笑)、またまた新酒の活性にごりになります。何故かフラフラと買ってしまうんですよねー
 そんな中でも他の酒とはひと味違うスッキリと穏やかな味わいのこの酒……活性にごりというカテゴリの奥深さに触れた気がしました。
 甘みの強いにごり酒が苦手な方にもお勧めですよ~

(飲み始め:2010年01月14日)

 おお、軽く蓋をひねると液面がジワジワと上昇。しかし蓋を閉めたらすぐに下降。
 浮き上がったにごり部分に空気の通り道が出来たためか、再度開けても液面の上昇は見られず。
 ……開けやすくて良いなぁ(笑) (この前吹き出させた事で若干反省しました)

 おお良い香りです!
 若干熟したバナナ?旨そうな香りですね~

 バナナ系の甘い含み香……お、しかし味わいは辛口の面持ち。
 旨味たっぷり。酸味と炭酸の刺激感でスッキリ。その後ろから若干の苦味。
 炭酸は余り強くなく、にごり部分の舌触りは若干重め。しかし優しい味わいです。
 うん、まったりと飲めますね~

 食べ物と合わせるなら甘味のある物と。
 他の物には甘味の干渉が強めです。
 単独で飲んだ方が旨いかも?

 フレッシュで刺激感のある酒ですが、どこか穏やかな印象が感じられました。
 こういう活性にごりもなかなかに良い感じですね~

データ――
 原材料名 米、米麹
 使用米 那須五百万石
 精米歩合 50%
 アルコール 16.8%
 製造年月 H21.12
 菊の里酒造(株)


2010年01月15日追記――
 炭酸は消滅?全く泡は立たず。
 香りはバナナケーキ。若干アルコールの香りが増加。

 酸味、アルコールの風味が増加。旨味と共に口内でワッと広がります。
 にごり部分には酸味と苦味。
 炭酸が減ったのもあるかもしれませんが、柔らかさが増加。まったり。

 お、食べ物との相性は大幅改善。
 幅広く無難に合わせられるように!


2010年01月16日追記――
 上澄みから――
 アルコールの香りが増加。バナナ系の香りは余りせず。

 お、スッキリめです。
 酸味、旨味、甘味のバランスが良い感じ。
 結構ハッキリとした味わいですね。うん、旨いかも。

 続いて混ぜて――
 旨味系の香りが追加。

 む、旨味や酸味が増した他に、渋味やエグみも追加。
 口当たりも悪く。
 これは上澄みだけの方が旨いような?
 結構崩れてきました……


2010年01月18日追記――
 上澄み――
 アルコールの香りに若干のエステル香。涼しげな香り。

 酸味が若干増加。
 腰の強い酸味、旨味、甘味。後口には若干苦味。
 ハッキリとした味わいでなかなかに良い感じです。

 続いて混ぜて――
 米の香り。ヨーグルト系の香りも若干。旨味を感じさせる香り。

 酸味が増加。
 上澄みに比べて雑味は多いものの、バランスはそれほど悪くないです。
 前回よりも落ち着いた印象?


2010年01月20日追記――
 量が少なく上澄み飲みは見られず……無念。
 ほんのりバナナ系の香り。アルコールの香りに……若干パン?

 たっぷりの旨味とそれに絡む酸味。
 渋味や苦味が増し、口当たりは少々粉っぽくなったものの、それほどクセはありません。
 初日は香りなども含め結構派手な印象でしたが、炭酸がほぼ抜けたのもあってかなり落ち着いた印象に。
 穏やかな味わいでなかなかに良いですね~
 うん、私は結構好きです。
 ただ綺麗な味わいがお好きであれば早めに飲んだ方が良い、かも?

 変化の過渡期で若干崩れた感じになりましたがかなり良くなりました!
 ……いや、もしかしたらその時はたまたま体調不良だったのでしょうか?
 健康には一応気をつかっているものの、100%無いとは言い切れないのが何とも……
 ……しかしそうであったとしても今日の変化は個人的には良い感じでした!
 これ以上置いたらどうなるのか若干気になりますが、それはまたいつか!

 また今度別のスペックの物も飲みますよー


1389214265_222.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 菊の里酒造

大那 特別純米 那須五百万石 一貫造り

 第244回目。
 「大那 特別純米 那須五百万石 一貫造り」――栃木県の酒です。
 ダイナと書くと車やウルトラマンの名前みたいですよね!
 ……それはともかく、dancyuなどでも紹介された上り調子の銘柄になります。
 栃木県の酒好きな私としては、是非とも頑張って貰いたいですね~

(飲み始め:2009年08月16日)

 柔らかい米の香りの後ろから、スッキリとしたアルコールの香りが顔を出します。

 米の旨味と甘味がトロリ、続いてキリッとした酸味がふわり。
 ミネラル感があるためか、口当たりは若干固く、舌触りにはわずかに粉っぽさも。
 柔らかいのに固い、不思議な酒質。
 ただ独特のまったり感が良いですね~

 食べ物との相性は結構良し。
 結構食べ物に対する自己主張はあるものの、ミネラル感が食べ物とマッチして面白い印象です。
 む、甘い物とはさらに合いますね。

 ぬる燗――
 全体的に味わいが強く。少々尖った印象も。

 熱燗――
 アルコール感が尖って、若干エグみも。

 これは温めない方が旨いな。

 なかなかに良い食中酒だと思います。
 変化はどんな感じでしょう?

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 特別栽培米那須五百万石
 精米歩合 57%
 アルコール分 16度以上17度未満
 製造年月 21.4
 菊の里酒造(株)


2009年08月17日追記――
 わずかにブドウ系の香りも追加。

 口当たりは柔らかく。酸味が増加して全体がスッキリと。
 良い味わいですね。
 私は初日より好きだな~


2009年08月18日追記――
 ヨーグルト系のスッキリとした甘い香りが追加。

 スッキリとした口当たり。
 柔らかい酸味と甘味、旨味が良い感じ。
 ミネラル感はやはり感じるものの、さらに柔らかく飲みやすくなった気がします。
 良いですね~


2009年08月20日追記――
 ヨーグルトに若干ブドウ。

 アルコール感が増加。ミネラル感も強く。
 若干口当たりが硬くなってきたような?
 後口には若干渋味。
 ただスッキリとして飲みやすいです。


2009年08月22日追記――
 アルコールの香りが増加。

 含んだ瞬間の口当たりはスッキリとしたままですが、渋味やエグみ、舌に引っかかる感触が結構強くなってきました。
 味わいそのものは極端に崩れていないのですが……

 開栓後三、四日以内に飲みきるべきですね~

 今度は生酒も買ってみます!


1257076054_97.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 特別純米 菊の里酒造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。