菊水ふなぐち一番しぼり生原酒本醸造の飲み方を少し考えてみた。

 今回は番外編です。
 タイトル通り新潟の「菊水ふなぐち一番しぼり 生原酒 本醸造」を少し考えつつ飲んでみました。
 少し前にコメントでこの酒について触れたのですが、よくよく考えてみると(濃さ的に)余り日本酒初心者向けの酒質では無かったなと思い直したので、色々と試しつつ、久々にキチンと感想を書いてみようと思います。
 それに、手軽に購入出来るので時々飲んではいたものの、実際に感想を書いたのは約三年前とかですし。
 ……あ、当時の感想読み直すのちょっとキツいですねコレ(笑)
 缶ごとの違いや変化について、当時はまだ分かってなかったみたいですし……

 と、まあ細かい話はともかく(?)、色々と試してみるのもたまには良いですね~
 もし気になったら試してみるのも楽しい、かもしれません?
 では本文をば!

――
 とりあえず最初はそのままでいきましょう!
 濃く甘い香りにしっかりとしたアルコールの香り。

 やはり濃い!
 しっかりとした甘旨口の味わいです。
 口いっぱいに広がる濃厚な甘味と旨味に柔らかくしっとりとした酸味が絡み、アルコールの風味と共にジワーッと舌の上から広がっていきます。
 後口には若干苦味。

 このふなぐち、缶入りで光に強いとは言え生酒なため、常温下に長期間置くと酒質が変化してアルコール感が強くなってくるのですが、その辺りさえ注意していれば安定した品質がいつでも楽しめます。
 アルコール度数が19%と普段から酒を飲み慣れていない方には若干キツい部分もあるとは思いますが、やっぱりこの酒には独特の良さがありますね~

 では続きまして、飲みやすさを考えると言う意味も込め、ロックで飲んでみましょう。
 若干マイルドになりつつも味わいの骨格は崩れず。
 個性は少々弱まりますが、飲みやすさは断然ストレートよりも上ですね!
 濃い味わいがお好みならば、小さめの氷を選べば問題無しです。
 しかし薄めても印象がぼやけないのが良いですね。……逆に元が濃すぎるとも考えられますが(笑)

 さて本日のメインイベント!(?)、ハイボール風の飲み方に挑戦です!
 氷に酒を注ぎ、同量の炭酸水とレモン数滴を加える……
 相変わらずのきき猪口ですが見た目は余り気にしない方向で!(笑)
 1780420504_20.jpg
 おお、飲みやすい!これは「ぽい」とかじゃなくて、かなりしっかりとしたハイボールになってますよ!
 爽やかだな~、グイグイ飲めます。
 ……まあウイスキーの場合と同じく、原型は香りぐらいにしか残っていないのですが。
 ただ、甘味や旨味はかなり薄まりつつも、爽やかな炭酸水にほんのり米、いや「菊水ふなぐち」が香る、と……うん、アリだ!
 次はレモン果汁じゃなくてレモンそのものでやってみなければ!ライムとかも良さそうですね。

 日本酒ハイボールというとどうしても色物っぽさが抜けきれませんが(?)、この酒で作るのだったら個人的には悪くないと思います。
 炭酸水やレモンに当たり負けしない濃厚さ、そして何より市販されている日本酒ハイボールと違って「糖類不使用」でイケるのが良いですよね~
 ……いい加減に酒造会社は日本酒に糖類添加するの止めるべきでしょう、本気で。
 ……すみません今回の酒と関係ない話でした。

 濃厚でアルコール度数が高く少々人を選ぶこの酒ですが、工夫次第ではかなり飲みやすくなることが分かりました。
 この飲み方では日本酒そのものの魅力とは呼べないかもしれませんし、いくら飲みやすいとは言え明確に日本酒初心者向けの味わいと言う訳ではありませんが、やはりこの「手に入りやすさ」は大きな魅力ですからね!
 ……しかし、もう少し暑い時に試してみるべきだったかもしれません。
 爽やかにスカッと飲みたいときにお勧めです!

データ――
原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
精米歩合 70%
アルコール分 19度
製造日 11.07.28
菊水酒造(株)


1780420504_92.jpg
スポンサーサイト



tag : 本醸造 菊水酒造

菊水の味わい三種缶

 第102回目。
 菊水の定番酒が180ml缶入りに!……この報を聞いた時はときめきました!
 日頃から言っていますが、紫外線対策にはやはり缶が一番だと思うんですよ。瓶の場合は蛍光灯下にある程度置いたら一発で老ねますからね……
 それに小さな缶だとお手軽+持ち運びも簡単です。駅弁と一緒に旅行のお供というのもまた一興!
 ……他の会社(特に大手酒造)も真似すれば良いのになぁ。

 ――と言うわけで(?)
 菊水の味わい三種缶(菊水の辛口、菊水の純米酒、菊水の四段仕込)を飲み比べてみました。
 本当は発売後すぐにやりたかったのですが、なかなか辛口以外の缶を発見できなかったんですよね。……それはともかくレッツゴー!

 以下、キャップに貼られたシールより、「菊水の辛口→辛」「菊水の純米酒→旨」「菊水の四段仕込→甘」と略します。一回で他種類を飲み比べする経験はそれほど無いので、微妙な表現等があるかもしれませんが、ご了承の程を。

 まずは香りから。
 辛――
 スッキリとした香り。ヨーグルトやミルク系の香りも。良い香り。
 旨――
 まったりとした香り。アルコールの香り。余り香りは強くありません。
 甘――
 甘い香り。綿菓子のような香りも若干。

 味は。
 辛――
 うん、スッキリ。キリッとした味わい。柔らかい酸味。スタンダードな淡麗辛口です。
 旨――
 柔らかい口当たり。酸味や旨味がフワッと広がります。まったり。
 甘――
 口内で酸味と甘味がジワリと広がります。スッキリとした甘味。思ったよりも甘くないですね。

 食べ物と合わせてみる。
 辛――
 スッキリとしているので食べ物と無難に合わせられます。うん、良いですね。
 旨――
 無難に合わせられます。ただ、若干辛口には劣るかな?
 甘――
 合わせられますが、味の薄い物には甘味がぶつかってしまいます。他の二つに比べると少々合わせづらいですね。

 燗。
 辛――
 ぬる燗。少々アルコールがチクチクしますが悪くないです。ふっくらとします。
 熱燗。甘味が出てきました。多少エグみはありますが、これはこれでアリだと思います。
 旨――
 ぬる燗。旨味が強まりました。少々エグみがあるかな?でも良い味わいです。
 熱燗。酸味と旨味が増加しました。……うん悪くない。
 甘――
 ぬる燗。若干エグみはありますがまったりと飲めます。悪くないです。
 熱燗。甘味が強調されます。キリッとした甘味に酸味。これはこれでアリですね。

 さらに飲んでみる。
 辛――
 スッキリ飲めます。結構な量を飲んでも平気そうです。
 旨――
 少々旨味が重たくなってきました。余り量は飲めないかもしれません。
 甘――
 甘味が若干クドく……これも大量に飲まない方が美味しく飲めますね。

 結論。
 どれも際立った特徴がある訳ではありませんが、日々の晩酌には優れていると思います。
 ただ、一回で一合だけ飲むと考えると、ふなぐちの方がインパクトも含めて上だと思いました。……まあ、私がふなぐち好きなだけですけども(笑)
 それでも私が選ぶとしたら……辛口かな?
 スッキリと飲みやすいですし、食べ物にも合いますので。
 菊水関係者の方の「三種類の中で一番売れているのは辛口」という言葉も納得な気がしました。
 ……それに甘口と旨口ならふなぐちがありますからねー(!)

 しかし、一回で三合はさすがに酔っぱらいました……

データ――
 「菊水の辛口」
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 アルコール分 15度
 精米歩合 70%
 製造日 08.07.24
 「菊水の純米酒」
 原材料名 米、米こうじ
 アルコール分 15度
 精米歩合 70%
 製造日 08.08.06
「菊水の四段仕込」
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 アルコール分 15度
 精米歩合 70%
 製造日 08.09.08
 全て、菊水酒造(株)


1034581162_229.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 純米 本醸造 菊水酒造

菊水ふなぐちを飲み比べてみた

 番外編です。

 先日某所で菊水の関係者の方から色々とお話を聞いて参りました。
 で、その際に聞いた話を一つご紹介。

 菊水では四季醸造が行われているので、一年を通して酒が造られている。
 そのため、ふなぐちの緑缶は新米新酒と強調されているが、造り方は黄色缶と全く変わらない。
 ちなみに緑缶の米は8月頃から仕込みを開始する関係で、九州産の物を使用している。

 つまり!先日の私の感想では緑缶のフレッシュさを褒め称えておりましたが、日付の新しい物を選べば黄色缶も同じようにフレッシュなのではないか?
 ――と言うことで本日の企画です。

 「菊水ふなぐちを飲み比べてみよう!」
 ちなみに緑缶の製造日は08.10.15、黄色缶の製造日は08.10.22となります。
 黄色缶の方が新しいですね。これは良い結果が得られそうな予感?

 さて――
 香りは、若干緑缶の方が綺麗?

 味は……極端な差はありませんが、緑缶の方がスッキリして飲みやすく、黄色缶の方がまったりしていて濃い印象です。

 む、食べ物と合わせると両方とも少々エグみが気になりますね。
 以前飲んだ黄色缶は非常に相性が良かったので、食べ物と合わせる場合は多少日数を置いた方が良いのかもしれません。
 ただそこまで悪くはないので、まったりと飲み食いできます。

 ……結構地味な結果に(笑)
 しかし、フレッシュさや飲みやすさで比較すると、緑缶の方が若干優れた印象を受けました。
 黄色缶も以前飲んだ時と比べてフレッシュで飲みやすかったのですけども。
 新米だから?……いや、これは造りの微妙な差、かな?
 仕込みのタンクによって結構味が違ったりするみたいですからね~

 結論――
 小さな差はあるものの、緑缶と黄色缶には大きな違いはありません。
 ある意味狙い通りの結果となりました。
 しかし飲むまでに置かれていた環境によっては、大きな変化も考えられます。
 購入される際はその辺りをご注意ください。製造日なども重要です。

 ……ただ、小さな差とは言え、今年の緑缶は良い出来のような気がします。
 気になった方はフレッシュさが失われる前に、自宅冷蔵庫に保護しましょう!
 私も冷蔵庫のパーシャルルームに何本か入れておこうと思います。
 ……何だか自分が菊水の回し者のような気がしてきました(笑)


F1000213.jpg

 お気に召しましたら↓リンクのクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 本醸造 菊水酒造

菊水ふなぐち一番しぼり 新米新酒 本醸造生原酒

 第75回目。
 私の基準酒の一つでもある菊水ふなぐち(黄色缶)の新米新酒です!緑缶ですよ!
 さっき書いたばかりの感想となります。
 ……余り張り切り過ぎると、来週に反動が来そうで怖いですね(笑)
 実際追記する場合は1週間弱かかりますので……
 今日は四合瓶を開栓すべきだったか、いやしかし(後略

(飲んだ日:2008年10月30日)

 本日は新潟県の酒です。
 「菊水ふなぐち一番しぼり 新米新酒 本醸造生原酒」
 SATYで購入……見つけた時は異常にテンションが上がりました(笑)

 爽やかでまろやか、ミルキーな香り。
 ラベルに麹香うんぬんと書いてあったのですが、これが麹香でしょうか?

 さて――
 まず来るのは甘味、そして旨味。
 やはり甘味が強めですが、それを爽やかな酸味が引き締めます。
 非常に飲みやすいですねー、どこかフレッシュなフルーツを思わせる味わいも。
 ……うん、これは結構旨い。何と言うか、若々しい力強さが感じられますね。
 この酒も時間を置くと、黄色缶や赤缶のような味になるのでしょうか?

 かなり飲みやすいのでふなぐち初心者の方や、黄色缶だと少々重たい人にもお勧めです!
 私もかなり気に入りました!普通にスーパーで買えるのも良いですよね~
 あ、ちなみに食べ物と合わせると少々エグみを感じるので、食中酒にするなら黄色缶の方がお勧めですよ?

 いやー、やっぱりふなぐちはこのお手軽な感じが良いですよね!
 キュッとこう一杯……最高!

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 アルコール分 19度
 精米歩合 70%
 日本酒度 -2
 製造日 08.10.15
 菊水酒造(株)


979422663_97.jpg tag : 本醸造 菊水酒造

五郎八 にごり酒

 番外編です。
 サイト上の説明を転載しますと――「2006年5月の酒税法改正に伴い、『五郎八』の品目が「清酒」から「リキュール」に変更となりました。これは原材料を変えることなく、ご支持いただいている従前の風味を守るためのものですので、味わいの変更はございません。」、とのこと。
 立派な心がけですよね。普通なら清酒という名前を守る為にアルコール添加の量を減らすと思いますよ!
 …………ん?何だか別に立派でもないような気が?(笑)

 また原材料内の「雑酒」が気になりますが、これは某通販サイトの説明によると酒税法上表示出来ないだけで「米、米こうじ、醸造アルコール」らしいです。……ただこの表示出来ないと言う記述が酒税法の中に見あたらないんですよね。もしかしたら一時的にアルコール度数が22度を上回っていると言うこと?わからない……
 ……細かいことはともかく、ディスカウントストアで大々的に展開されていたこのお酒、その実力や如何に!?

(飲み始め:2008年10月27日)

 今日は日本酒風のリキュールいってみますよー
 「五郎八 にごり酒」
 微妙に危険な予感もしますが、菊水ふなぐち好きとして一度は飲んでみなくてはなりますまい!
 ……ん?なんで日本酒じゃないのかって?
 昔は日本酒だったんですが、法律が変わって日本酒じゃなくなったんですよね……成分的に。

 さて――
 アルコールの尖った香り。ヨーグルト系の甘い香りもありカルピスサワーっぽくも感じます。

 ……むおっ、これは!
 コッテリとした舌触り、つんけんしたアルコールの味、強くてチクチクする甘味に、酸味、渋味……後口にはエグみ。
 これは凄まじいまでのジャンクフード感!(笑)
 苦手な人はきっと全く駄目ですよこれ!……私はまあそれなりに平気です。

 ロックもお勧めみたいなのでやってみました。
 む、コッテリ感やアルコールの味が抑えられて良い、かも?……極端には変わりませんが。

 食べ物との相性は意外に悪くない、ような?あまり邪魔をしないと言うか……

 ……最初は楽しかったんですが、四合は持て余しますね。多いわー
 む?しばらく置いても濁り部分が沈まないのは、何か成分配合に秘密があるんでしょうか?

 非推奨の燗もやってみました。
 (中略)
 ……バランスが崩れまくるので止めておきましょう。

 さすがに菊水ふなぐちラブだけじゃ少々キツかったですねー
 日本酒として見なければ平気だと思ったんですが……
 あ、でも一合ぐらいならノリだけでイケたかもしれません。

 しかし、この酒はどこの層をターゲットにしているんでしょう?
 これが日本酒(清酒)という名称を捨ててまで守りたかった味?
 熱狂的なファンの方もいらっしゃるみたいですが、どれぐらいの人数なのかは……
 ただまあ面白い酒だとは思います!
 ……私はふなぐちさえあれば十分ですが(笑)

データ――
 原材料名 雑酒、醸造アルコール、糖類、酸味料
 アルコール分 21度
 製造年月日 08.09.20
 菊水酒造(株)


2008年10月28日追記――
 とりあえず上澄みだけ飲んでみました。……甘い!
 しかも尖った甘さ……そして酸味と渋味がチクチク……
 うーむ……

 混ぜる。
 む……バランスは上澄みのみに比べると良いな……ただ感想は昨日と余り変わらず。

 菊水のサイトを見てみる……!五郎八に180ml缶が!
 あー、そっちでも良かったなー

 ……ただ、これに懲りずに今後も菊水の商品は色々飲んでいきますよ!


976582614_208.jpg 976582614_126.jpg
tag : その他 菊水酒造

薫香 菊水ふなぐち一番しぼり生原酒 酒粕焼酎入

 第48回目。
 限定品とは言え、またもや缶入りの酒です。
 ……そろそろこんなブログ誰も見に来なくなるんじゃないかと微妙に不安になってきました(笑)
 しかし元々の内容が誰に向けてと言う訳でもなく、ミクシィでグダグダと書いていただけの物ですからね……微妙に無軌道と言うか何と言うか……
 まあ、今更何を考えたところでどうしようもないので、このまま緩く行こうと思います。
 これもある意味個性!……個性?

(記述日:2008年07月29日)

 限定品の黒缶ですよ!
 「薫香 菊水ふなぐち一番しぼり生原酒 酒粕焼酎入」
 この酒には普段の醸造アルコールの代わりに酒粕由来の焼酎が使われているとのこと。
 いわゆる粕取り焼酎と言う奴ですね。
 この「粕取り焼酎」と言う言葉は、戦後の混乱期に「カストリ」と呼ばれた密造酒が多量に出回っていた影響で非常に印象が悪くなっていますが、本来は江戸元禄の頃から行われていた伝統ある酒造りの技術だそうです。
 ……まあ最初に酒粕から取るようになったのは、コスト低減が目的だったようですが。
 (室町末期に薩摩に焼酎が伝えられて以来、基本の原料はずっと米だったみたいです。ちなみに現在の芋焼酎の由来は、江戸初期に当時米が不足していた薩摩が、琉球から伝来した唐芋(サツマイモ)を原料に用いて唐芋焼酎を造ったことが始まり――って脱線し過ぎました(笑))
 余計な話は以上!

 甘い香り……バナナ系の香りも。
 む、これは今までに飲んだ黄色缶赤缶には無かった要素ですね。
 うーん、控えめながらも良い香りです。

 おお、これは結構旨い!
 含み香はラムネ系に、わずかにブドウ系も。
 甘味の強さにはやはりこのシリーズらしさを強く感じますが、膨らみのある酸味や旨味が甘味を適度に抑え、さらに全体を柔らかくまとめ上げています。うん、非常に良い感じ!
 そして食べ物にも無難に合わせられますね~
 他の色の缶はかなり個性的で飲む人を選ぶ要素が強かったと思うのですが、今回の黒缶はかなり万人向けになっていると思います。
 それでいて印象が散漫になっている訳では無いのが素晴らしいなぁ……

 添加するアルコールが変わるだけでずいぶん違う物なんですね。
 精米歩合の違いよりもはるかに大きな差が見えました。
 アルコール添加は嫌っている人も多いジャンルですが、色々と考えてみるのも楽しそうです。
 旨ければ何でも良し!の精神で邁進して行きますよ~(笑)

データ――
 原材料名 米、米こうじ、単式蒸留しょうちゅう
 (醸造アルコールではないのでスペックは普通酒になります――追記090115)
 アルコール分 19度
 精米歩合 70%
 製造日 08.06.11
 菊水酒造(株)


885660797_213.jpg tag : 普通酒 菊水酒造

菊水ふなぐち 一番しぼり 熟成吟醸生原酒

 第45回目。
 前回の黄色缶に引き続き今度は赤缶です。
 菊水ふなぐちに次第に傾倒していく様が本文から見て取れますねー
 やはりお手軽に買える酒は良い!
 ……という訳で、今後の感想ラインナップはますます混沌としていくのでした(笑)
 (2010年07月19日追記――缶の個体差について本文中で言及していますが、後に何度か飲んでみた結果、やはり缶ごとの違いは結構あるように感じました。造りの差の他に、熟成期間や環境の差も結構大きと思います。)

(記述日:2008年07月19日)

 企画「定番酒を飲もう」第4.5回ですよ~
 「菊水ふなぐち 一番しぼり 熟成吟醸生原酒」
 新潟県の酒です。
 たまたまスーパーで発見し、気づいた時には購入しておりました!(笑)

 甘い酒の香り。
 む、黄色缶より落ち着いた香りかも。
 酒の色は「熟成」だけあって少々黄色みがかっていますね。

 おおっ!これはもの凄く、甘い……
 炸裂する甘味。舌の先、口全体、喉……甘味、酸味、甘味、甘味……
 わー、黄色缶の比じゃないぞ、これ……
 これは濃いなぁ……後口には苦味が少々。

 うーむ、黄色缶は結構食べ物と合わせられたのに、これは甘さが濃すぎて合いません……
 つまみ系の物や甘い物とも合わず……何て事だ……
 酒として見たらなかなか面白いのですが、汎用性を考えれば黄色缶の勝ちかな?
 ……黄色缶の方が安いですし(笑)

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 アルコール分 19度
 精米歩合 55%
 日本酒度 -4
 製造日 08.03.14
 菊水酒造(株)


2008年07月21日追記――
 黄色缶と飲み比べてみました。
 確かに濃いですが、黄色缶と比べて多く米を削っているためか、雑味は黄色缶よりも少ない感じですね。全体的に引き締まっているような印象です。
 おお、比較すると赤缶も旨いですね……
 そしてスナック菓子など味の濃い物とはなかなか合うことが判明!
 こりゃあ良いですね、甘味も何故か前回より控えめな気がしますし。
 ……いや、気のせいじゃないな、前回と結構違いますよこれ。……缶によって個体差がある?それとも私の体調の違い?……何だろう?
 ……まあ結論としては、私はやはりこの菊水ふなぐちシリーズが好き、ということで(笑)

 次は限定の黒缶でお会いしましょう!(?)
 緑缶(新酒)も飲むぞー!

874872065_143.jpg tag : 吟醸 菊水酒造

菊水ふなぐち 一番しぼり生原酒 本醸造

 第36回目。
 これまで感想を書いた酒の中で、最も一般的な酒だと思われます。
 ほぼいつでもどこででも買えて、極端に品質も変わらない、そして一缶200mlと1回で簡単に飲みきれる量――多少人を選ぶ酒質ではありますが、この酒は私の基準酒の一つだったりします(笑)
 もっと旨い酒は世の中にたくさんありますが、あまり良い酒を基準にすると、他の酒を素直に楽しめませんからねー
 それに四合瓶や一升瓶だと開栓後にどんどん劣化してしまうので、一度に大量に飲めない私にとって基準酒としては荷が重いと言うか……まあ結局は人それぞれなんですけども。

 以下の感想はこの酒が私の基準酒になる前の物となります。本文をどうぞ~

(記述日:2008年06月08日)

 企画「スタンダードな日本酒を飲んでみよう」改め「定番酒を飲もう」も今回で4回目です。
 さて、本日のお酒は新潟県のこちら~
 「菊水ふなぐち 一番しぼり生原酒 本醸造」
 コンビニやスーパーによく置かれている銘柄ですね。
 この黄色い缶を見たことのある方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 酒の甘い香り……それほど特徴的ではありませんが、嫌みさの無い香りです。

 む……甘味が強い。
 これは独特の甘味ですね……何と言うか口全体に炸裂するような甘味?
 口に含んだ時の甘さと、舌の上に広がる甘さが別物な感じでしょうか。
 そして甘味と共に訪れる米の旨味――うーん、濃厚!
 甘味と旨味が引くと、軽めの酸味、そして少々舌の上に苦味が残ります。
 お……食べ物の邪魔をしない?何にでも無難に合わせられる気がします。
 これは携帯性に優れた缶入り酒の用途に見事にマッチしていますね。
 旅行などのお供に駅弁とこの酒の組み合わせも良いでしょう……飲んだくれ万歳!
 そう考えると紫外線遮断に優れたアルミ缶はカップ入りの酒よりも優れているような気がしてきました……
 うん、これはなかなか良い酒です。気に入りました。
 安酒と侮っちゃいけません!(2011年09月26日追記:確かに全く安酒ではないです)

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 アルコール分 19度
 精米歩合 70%
 日本酒度 -2
 製造日 08.03.11
 菊水酒造(株)


832594693_223.jpg tag : 本醸造 菊水酒造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif