スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田酒 一号しぼり 特別純米 生原酒

 第631回目。
 「田酒 一号しぼり 特別純米 生原酒」――青森県の酒です。
 製造年月日が平成24年10月31日というまさにしぼりたて!……季節感バッチリです!(笑)
 しかし特別純米ということですが、この酒を火入れして加水(後は熟成?)するとレギュラー商品の特別純米酒になる感じなのでしょうか?うう、む? (特別純米酒の感想その1その2)
 ……む、よく見てみると結構前の感想ですね……これはリベンジしなければ!
 ……
 それにしても酒店のサイトをちょくちょくチェックするのって結構重要ですよね……偶然発見できてラッキーでした。
 プレミア価格がついてしまうような酒は無理にしても、少々珍しいぐらいの酒なら通販でも結構買えてしまったりするのがなかなか……
 ……まあ、余計な話はともかくとして、本文をどうぞ!

(飲み始め:2012年11月04日)

 フレッシュな甘い香り。
 この香りは……マスカットにラムネ?

 うーん、フレッシュ!
 若干若さというか硬質な感じはありますが、軽快さのあるみずみずしい酸味と旨味がスルリと口内を撫で、若干の渋味と苦味を残しつつも、フワッと解けていきます。
 そして最後に旨味がジワリと。
 あー、良いですね~
 時間を置いて丸みを帯びた味わいも良いですが、この季節感を味わう感じもまた良し!
 クイクイイケます。

 おお!食べ物と合いますね!
 何にでも合わせられそうです。
 焼き魚と合うなぁ。

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 55%
 アルコール分 18度
 検定年月日 H24.10.30
 製造年月 H24.10.31
 (株)西田酒造店


2012年11月05日追記――
 香りは若干腰が強く。

 初日よりも若干濃い印象に。
 増加したのは甘味と刺激感、そして苦味が少々。
 やはり若い感じはありますが、なかなかに飲み応えもあって良いですねー


2012年11月06日追記――
 若干香りはしっとりと。

 酸味と渋味、旨味が若干増加。
 刺激感もさらに若干増。
 少々味は増えてきましたが、なかなかに良いバランスです。


2012年11月08日追記――
 アルコールの香りが増え、さらにしっとりとした香りに。

 アルコールの風味と渋味、苦味が若干増加し、辛口な印象が出現。
 結構尖った飲み口になってきました。
 若干呑みづらさも。


2012年11月10日追記――
 香りは余り変わらず。

 アルコールの刺激感と苦味、甘味が若干増加。
 やはり尖った少々飲み口です。
 まだ個人的には嫌いじゃないですが、ここまでは置かない方が旨いです。
 開栓後は早めに飲みきりましょう!……出来れば三日以内に!(?)


1879124322_86.jpg
スポンサーサイト
tag : 特別純米 西田酒造店

外ヶ濱 FLOWER SNOW 2012 GINJO SAKE 生酒

 第565回目。
 「外ヶ濱 FLOWER SNOW 2012 GINJO SAKE 生酒」――青森県の酒です。
 蓋の所に田酒と書かれたシールは貼ってありましたが、どうやらこれは田酒ブランドでは無く外ヶ濱というブランドになるみたいですねー
 先月の喜久泉の感想で「田酒のにごりも飲む」とか書いちゃってましたよ……
 ……本文をどうぞ!

――
 カチッ――シューッ
 !?
 うわぁ……余所見して開けたら噴き出してしまいました……40mlぐらい?
 イカンなぁ……近頃たるんでました……
 そして瓶の中で浮かぶにごりの部分……酒がこぼれたのにも関わらず、水面が下がる気配は全くありません……
 ……ああもうこれは普通に開けるの無理だ!
 風呂場で好きなだけ炭酸には抜けてもらいます!
 軽く蓋を開けて多少の泡がこぼれるのも構わず放置です。
 シュージュジュジュジュジュ――うう、勿体ない……
 三分程経過――
 ……泡がこぼれなくなりました。
 結局トータルで80mlぐらいこぼれた感じでしょうか?
 ……厳しいなぁ。
 しかし完全に製造日から時間の経った密閉蓋の恐ろしさを失念していましたね……
 いや、むしろここまで激しい物と最近出会っていなかったので、どこか舐めてしまっていたのかもしれません……
 今後は気を引き締めてかからねば……

 さて――
 若干にごり酒らしい感じもありますが、基本は穏やかでスッキリ綺麗な香りです。

 炭酸が爽やかですね~
 穏やかな旨味と渋味、軽めの甘味を爽やかな炭酸と酸味が引き締めつつ、それらがまとまってジュワッと口内を満たして行きます。
 軽快な苦味も良いアクセント。
 にごり酒故か結構味の多い印象ですがバランスは良く、非常に飲みやすいです。
 炭酸の強さでスカッと飲めてしまうので、口当たりに重たさなどもありませんし。若干渋味が舌に絡むぐらい?
 スルスルいけます!
 うん、開けるのに苦労したかいがありまし、た?――いややっぱり80mlはキツいですよねぇ(笑)
 む、炭酸が抜けてくるとさらに味が増える印象。

 食べ物との相性は余り良くない感じです。
 渋味や甘味が干渉。
 単独で飲んだ方が旨いです。
 開けるのが大変なのでハッキリ向いているとは言えませんが、大人数でスパッと食前酒として飲むのも良いかもしれませんね~


二日目――
 香りは控えめに。

 炭酸がほとんど抜けてしまって微炭酸より若干弱い程度になり、その分味わいの輪郭がハッキリとしてきました。
 酸味の質が若干変化し、わずかに甘味が増加。
 穏やかな飲み口にわずかな炭酸の刺激感がキリリと。
 うん、良いバランスです。
 重たさなどは全く無いのでスルスル飲めます!初日とはまた違った感じで良い味わいですね~
 しかし一気に炭酸が抜けてしまいました。
 なかなか抜けない酒との違いはどの辺りにあるんでしょう?

 ただ食べ物とはやはり合わず。
 無念……

 そして初日にこぼした分も考えず調子に乗って飲んでいたら今回で無くなってしまいました……
 追記の回数が少なくなりまして申し訳ありません……
 色々な意味で(!?)非常に危険な酒です……飲み過ぎ注意!

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 精米歩合 60%
 アルコール分 16度
 製造年月 H24.1
 (株)西田酒造店


1837368731_105.jpg tag : 吟醸 西田酒造店

喜久泉 吟冠 吟醸造 生詰

 第557回目。
 「喜久泉 吟冠 吟醸造 生詰」――青森県の酒です。
 酒質が大きく変化する前に飲もうと考えると、火入れの酒は近頃どうしても後回しになってしまいがちなのですが、さすがに今年分が発売されるよりは前に飲まなければ!と思い……ってなんか酷い理由ですねコレ(笑)
 いや、ただまあ買ったのは今年に入ってからなんですけども……うん、生酒じゃなきゃ全く問題無い!
 と言う訳で(?)久々の喜久泉です。近々田酒のにごりも飲みますよ~

(飲み始め:2012年03月18日)

 柔らかく甘い香り。
 米に若干リンゴとヨーグルト風の香りも。

 スッキリ柔らかな酸味と旨味が口内でふんわり、そしてジワリ。
 軽快さと滋味の同居……良い感じです。
 飲みやすいなぁ。
 派手な感じはありませんがスルスルと体に染みて行く感じです。
 まったりと……

 食べ物との相性は結構良し!
 幅広く合わせられますね~

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 精米歩合 60%
 アルコール分 16度
 製造年月 H23.04.
 (株)西田酒造店


2012年03月19日追記――
 ほんのり甘酸っぱい香りに。

 前回と比較すると若干甘味が増え、ほんの少しだけ刺激感が増したぐらいで、全体的な印象はあまり変わらず。
 スッキリまったり穏やかな飲み口です。
 スルスルと飲めます!


2012年03月20日追記――
 ヨーグルト風の香りが増加。

 含み香にも上立ち香と同様の雰囲気が。
 再度柔らかさが強く。
 口当たりは若干濃い感じに。
 穏やかです。


2012年03月22日追記――
 アルコールの香りが少しだけ増加。
 香りは若干スッキリと。

 アルコールの風味が若干増え、口当たりの綺麗さは減少。
 ただ味わいのバランスは全く崩れておらず、軽快な酸味が良い感じです。
 まったりと飲めますね~


2012年03月24日追記――
 香りは若干弱く。

 旨味が増加。
 口当たりに若干重たさが出てきました。
 バランスも少し崩れてきた感じです。
 個人的にはこれはこれでアリな気もしますが、無理にここまで置く必要もなさそうです。
 ただすぐに飲みきらなければならないと言う程でもないので、のんびりと飲むのも良いと思います!


1831264976_85.jpg tag : 吟醸 西田酒造店

田酒 純米吟醸 華吹雪

 第278回目。
 「田酒 純米吟醸」――青森県の酒です。
 スペック的には以前飲んだ生原酒の火入れバージョンになるのでしょうか?
 何となく飲むのが勿体なくて、冷蔵庫に長期間眠らせてしまっていました……私の悪い癖ですね。
 ちなみに「華吹雪」とは青森県オリジナルの酒造好適米品種になります。

(飲み始め:2009年10月18日)

 柔らかい米と酒の甘い香り。
 若干ヨーグルト系の香りもあり。

 柔らかいながらもキリッとした印象。
 口に含むと米の旨味がフワリ、そしてスッキリとしながらもフレッシュな酸味がジワッと広がり、全体をギュッと引き締めます。
 後口にはアルコール感と苦味が若干。
 これはなかなかに旨いな~

 常温――
 おお、柔らかい!
 これと比較すると、冷えた状態は微妙に尖っていたようにも思えますね。
 このフレッシュな酸味は火入れ酒にも関わらず微妙に生酒っぽい気も?
 うん、旨味が良いな~

 燗――
 少々酸味や苦味が尖り気味?
 これはこれで悪くないですが、まあ温めない方が無難ですね。

 食べ物との相性は若干悪し。エグみが結構出現?
 合わせるなら甘い物と。
 ……おお、これは旨い!和菓子と凄く合います!……って普通合わせませんよね(笑)

 なかなかに良い酒です。……ただ、他の田酒と比較すると若干硬さがある、かも?
 変化にも期待します!

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 華吹雪100%使用
 精米歩合 50%
 アルコール分 17度
 製造年月 H21.3
 (株)西田酒造店


2009年10月19日追記――
 若干エステル香が出現。涼しげな香り。

 む、初日とは結構印象が違いますね。
 香りの影響か、若干華やかな印象に。
 旨味、甘味、酸味が増加。
 わずかに味わいは柔らかくなったような?


2009年10月21日追記――
 米に若干バナナ系の香り。

 旨味がジワッと。
 フレッシュ感の正体は若干刺激感のある酸味が、微妙に炭酸系の刺激を想起させていた?
 そして以前よりさらに味わいは柔らかく。
 開栓直後よりも旨くなってきた気がします!


2009年10月23日追記――
 アルコールに若干エステル香。

 米の旨味と甘味がまったり。酸味がジワリ、渋味が少々。
 若干舌に引っかかる感触が出てきているものの、味わいは穏やかでなかなかに良い感じです。
 個人的には開栓後少し経ったぐらいが好みかな?

 ううむ……良い酒なのですが、他の田酒と比べると若干インパクトが弱かったような?
 もしかしたら長期間保存し過ぎたことで何か影響があった、かも?
 今度買ったらすぐに飲んでみようと思います。


1314200136_184.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 西田酒造店

田酒 特別純米酒

 再挑戦回(第111-2回)です。
 「田酒 特別純米酒」(前回の感想はこちら→第111回目)

 前回は初日に飲み過ぎて追記がほとんど出来なかったので、今回は一週間の追記込みで再挑戦してみることにしました。……実はただ単にもう一度飲みたかっただけなんですけども(笑)
 その結果はまあ本文を見ていただくとしまして……
 前回飲んだ時と微妙に感じ方が違うのはやはり、1.私の舌が肥えた、2.私のコンディションが悪かった、3.酒の出来が微妙に違った、4.保存や流通の状態が違った――のどれかでしょうか?
 とりあえず再々挑戦は確実にすると思われますので、その時の状態で判断します!――と単純に行かないのが、生き物たる日本酒の難しさですよね……うむむ。
 ……本文をどうぞ~

(飲み始め:2009年08月20日)

 まったりとした甘い酒と米の香り。わずかにヨーグルト系の趣も。

 穏やかな味わい。
 口に入れた瞬間は軽快な面持ちを見せますが、次には米の旨味と柔らかな酸味がじわりと染み渡ってきます。
 後口には苦味も若干。ミネラル感も少々。
 うん、やっぱり旨いな!
 ただ初めて飲んだ時の方がさらに旨く感じたかも?うむむ……気のせいかな?
 ……お、飲んでいる内にさらに柔らかく感じるように!良いですね!

 食べ物との相性は結構良し。
 何にでも合わせられる感じだな~

 燗――
 全体的に味わいが濃く。特に甘味がワッと。
 まったり。

 私は常温が一番好きですね。
 柔らかくて旨い!
 そして飲み過ぎた!(笑)

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 55%
 アルコール分 15度以上16度未満
 製造年月 H21.05.
 (株)西田酒造店


2009年08月21日追記――
 全体的に香りが濃く。

 酸味とアルコールの風味が若干増加。初日より口当たりも濃く。
 まったりとして良い味わいです。


2009年08月22日追記――
 アルコールの香りが増加。

 旨味が増加。旨味と酸味がまったり。
 まだ良い味わいですが、微妙にバランスは悪くなってきたかも。


2009年08月24日追記――
 アルコールの香りがさらに増加。
 他の香りも濃くなって、少々重たい感じに。

 アルコールの味わいが増加。
 舌触りは少々もったりと。


2009年08月26日追記――
 香りはさらに重く。……豆っぽい香り?

 アルコール感と旨味が強く。後口には渋味にエグみ、舌に引っかかる感触も。
 かなり崩れました……早く飲むべきでしょう。
 ……前回、開栓二日目で飲みきってしまったのは正解だったようですね。
 好きな酒だけに崩れるのはやっぱりヘコみます……


1260697061_84.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 特別純米 西田酒造店

田酒 純米大吟醸

 第192回目。
 「田酒 純米大吟醸」――青森県の酒です。
 少し前に飲んだ喜久泉の感想の際、なかなか開ける決心がつかない、と書きましたが、あっさりと開けてしまいました……ちょっとした良いことに対するお祝いということで無理矢理(笑)
 どちらも旨かったですが、どちらが好きかと問われれば今回の酒ですねー
 ただ、系統が結構違うので単純比較は難しいと思いました。そこは好みの問題かと。
 ――本文をどうぞ!

(飲み始め:2009年05月25日)

 柔らかい青リンゴ系の香り。甘く綺麗な香り。

 おお!これは柔らかい……
 口内で柔らかい甘味と米の旨味がふわーっと広がります。
 舌触りもなめらか!うん、旨い!

 含み香は青リンゴ系ですが、軽く香る程度。
 ただ、その強く主張しない感じが逆に上品さを醸しだしています。

 食べ物との相性も良し。
 結構何にでも合わせられますが、ナッツなどとの相性は抜群!いやー、良いなコレ!

 飲みやすいのでいくらでも飲めそうです!たまらん!
 特別純米を全ての面でバージョンアップした味わい、といえなくもないかな?
 なかなか売っていない上に値段が720ml4,000円と高いので、手軽には買えませんが、これはまた飲みたくなる味わいです!
 お祝いで誰かに酒をプレゼントする場合とかにも良さそうですねー
 いやー、旨かった!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 山田錦
 精米歩合 40%
 アルコール分 16度以上17度未満
 日本酒度 +2
 酸度 1.3
 製造年月 H20.10.
 (株)西田酒造店


2009年05月26日追記――
 香りは若干まったり。

 なめらかー
 若干味が濃くなったものの全く崩れず!旨い!


2009年05月28日追記――
 若干香りは重く。

 酸味と旨味、アルコールの味わいが増加。綺麗さは減少。
 しかしまったりとして良い味わいです。


2009年05月31日追記――
 香りは濃く。

 全体的に味が強くなり、甘味も増加。
 味が強くなったことで、若干渋味やエグみが出現しましたが、この酒の根底にある口当たりの良さや綺麗さは未だ残っています。少々舌に引っかかる感覚はあるもののスッキリ。
 ただ、開栓後数日以内に飲むのが一番旨いと思うので、その辺りはご注意を。

 非常に良い酒でした!


1177936378_91.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米大吟醸 西田酒造店

喜久泉(きくいずみ) 大吟醸

 第187回目。
 「喜久泉(きくいずみ) 大吟醸」――青森県の酒です。
 田酒で有名な西田酒造店の酒ですね~
 田酒が純米ブランドなのに対し、こちらはアルコールを添加した物になっております。
 で、今回飲んでみて、田酒の純米大吟醸も早く飲まなければ!と思いました。比較をしたいなー、と。
 ……ただ720mlで4,000円とお高いので、なかなか開ける決心がつかないんですよねー

 ……本文をどうぞ~

(飲み始め:2009年05月18日)

 スッキリとした甘い香り。青リンゴ系にマスカット系?

 ん、旨い!
 まろやかな甘味と酸味がパーッと口内で広がり、柔らかい余韻を残しながら、喉の奥にスルリと消えていきます。
 口当たりが優しいなー
 含み香は青リンゴ。柔らかくスッキリ。

 む、飲んでいる内に少々アルコールが立ってきました……
 飲みやすいのでカパカパ飲めますが、余り飲みすぎない方が良い、かな?

 食べ物との相性は結構良し。何にでも無難に合わせられます。
 甘い物とも合うなー
 良い酒だー
 ……まあ値段は720mlで2,753円ですから、旨くなきゃ困りますが(笑)
 さすが田酒の蔵元――純米以外もお手の物です。

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 原料米 山田錦
 精米歩合 40%
 アルコール分 16度以上17度未満
 日本酒度 +3
 酸度 1.3
 製造年月 H20.12.
 (株)西田酒造店


2009年05月19日追記――
 若干香りは濃く。

 酸味が少々増加。味わいがキリッと。
 綺麗で旨いな~


2009年05月20日追記――
 マスカット系の甘い香り。

 軽快な甘味。んースッキリ。
 全く崩れません!


2009年05月22日追記――
 香りは……過熟気味の青リンゴ?

 軽快な味わい。少々旨味が増加。
 綺麗さは以前の方が上でしたが、これはこれで!


2009年05月24日追記――
 ……若干モモ系の香りも追加?

 甘味、軽めの酸味。後口には旨味と若干エグみ。
 味だけを見るとそれほど大きくは崩れていないものの、バランスは次第に崩れてきており、全体の印象としては少々物足りない感じもします。
 開栓後数日以内に飲みきるべきでしょう!
 良い酒でした~


1171127516_248.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 大吟醸 西田酒造店

田酒 純米吟醸生原酒 華吹雪

 第161回目。
 田酒の季節限定品です。
 珍しい酒とのことですが、田酒を販売しているサイトを『頻繁に』チェックしていたらたまたま入荷しており、購入することが出来ました。
 もし気になった方がいらっしゃいましたら、12月から1月頃に特約店をこまめにチェックしましょう!
 ……執念さえあれば何とかなります(笑)

(飲み始め:2009年04月02日)

 青森県の酒です。
 「田酒 純米吟醸生原酒 華吹雪」

 スッキリと涼しげな香り。青リンゴ系の香り。

 柔らかい甘味とスッキリした酸味が口内を満たします。
 ……これは旨い!
 フレッシュな青リンゴを頬張ったかのようなジューシーさ。
 その後ろから柔らかい米の旨味がじわりと広がっていく――
 以前飲んだ特別純米とは系統が違いますがどちらも旨いです!

 味の濃い食べ物との相性は良し、ただ味の薄い物とは甘味が干渉。
 食べ物と合わせるかどうかはお好みで。

 ぬる燗――甘味と旨味が立ち上がります。多少渋味が出るものの結構良い感じです。
 熱燗――お、結構良いぞ?まったり。
 一番美味しく飲めるのは個人的には冷酒だと思いますが、変化球として温めるのもアリですね。

 非常に良い酒でした!
 以前、同じ名前のスペック違いで、味の系統が全く違う酒に関して文句を言いましたが、これだけレベルが高いとこちらも黙るしかありません(笑)
 さすがに長年に渡って人気銘柄を造り続ける会社ですね……素晴らしい……

データ――
 原材料名 米、米麹
 使用米 華吹雪100%
 精米歩合 50%
 アルコール分 17度
 製造年月 H20.12.25
 (株)西田酒造店


2009年04月03日追記――
 若干香りはまったり。ミルク系の香りも。

 柔らかい甘味にクリームを思わせる含み香。
 トロリとした舌触りと相まって非常に優しい味わいです。

 初日とは変化したものの旨い!


2009年04月04日追記――
 全体的に香りは濃く。

 旨味、甘味、酸味が一体となって、口の中にコロンと存在するイメージ。
 軽快な味わいに。


2009年04月07日追記――
 若干ミルク系の香り。アルコールの香りも増加。

 旨味が増加して味わいはまったり。
 綺麗さは減少したものの、バランスは悪くないです。

 最初に比べると結構酒質も変化していますが、それぞれに良さがありますね……


2009年04月09日追記――
 アルコールの香りにミルク系の香り。

 酸味に旨味、甘味。渋味も少々。含み香にはエステル系も。
 開栓直後に比べると少々崩れてきたものの、やはり旨いです。

 良い酒でした!


1126805823_14.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 西田酒造店

田酒 特別純米酒

 第111回目。
 色々な雑誌などで紹介されることの多い銘柄ですが、これまた需要に対して供給量が少ないんですよね。
 もっと簡単に買えれば良いのに……でもそうしたら飲む酒が固定されて色々な酒の感想が書けなくなりそうだな……
 ……良い酒は『少々買い難い』ぐらいがちょうど良いのかもしれませんね(笑)

(飲み始め:2009年01月09日)

 本日は青森県の酒です。
 「田酒 特別純米酒」

 まったりとした酒の香り。米を思わせる香りも。

 穏やかで柔らかい口当たり。
 柔らかい酸味と米の旨味がじんわりと口内で広がります。
 まったりとした酒質ながらも、のど越しはスッキリしており……あー、旨いわー

 食べ物との相性も非常に良し。何にでも合わせられます。
 薄味の物でも甘い物でも何でもござれ!まさに万能選手!

 燗――
 優しい甘味がふわっと……
 うん、これも旨い……冷やした状態よりもさらに優しい感じに。
 少々温度高めぐらいまで温めるのが良さ気ですねー
 スッキリ飲みたければ冷やして、まったり飲みたければ温めて、でしょうか?
 どちらにもそれぞれの良さがありますので、どうせなら両方やりたい所です!

 うーん素晴らしい!
 地酒ブーム(昭和56年頃?)から長い間人気を保っているのも納得です!

 データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 55%
 アルコール分 15度以上16度未満
 製造年月 H20.08.
 (株)西田酒造店


2009年01月12日追記――
 甘い酒の香り。若干アルコールの香りも。

 甘味、旨味、酸味。まったりと柔らかい口当たり。
 ジワリと口内で優しく広がって、そのまますーっと消えていきます。
 やっぱり旨いなー
 こういう系統の酒の中では、私は一番好きかもしれません。
 飲んでいると、何と言うか癒されます……

 相変わらず食べ物との相性も抜群!たまらん。
 ……買えたらまた買おう。うん。

 飲み終わってしまったので追記はここまで。
 なかなか手に入れるのは難しい酒ですが、他にも色々と飲んでみますよ!
 非常に良い酒でした!


1048013226_39.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 特別純米 西田酒造店
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。