川中島幻舞 特別純米 無濾過生原酒

 第627回目。
 「川中島幻舞 特別純米 無濾過生原酒」――長野県の酒です。
 久々の川中島幻舞ですねー
 家から電車で数駅ぐらいの場所に特約店が見つかったので、多分次の感想も余り時間を置かずに――いや、こういうことを書くと逆に遅くなりそうなので、やめておきます(笑)
 公式の通販でも扱ってくれたら良いのになぁ……

(飲み始め:2012年10月25日)

 うん、久々の濃厚な生酒らしい(?)甘い香りです。
 シロップにほんのりクリーム?

 おお濃厚!
 フレッシュな甘味と旨味がたっぷりです。
 しかしそれでいてそのフレッシュさと、ほのかにジューシーな酸味と若干の刺激感が、酒質を軽快にしています。
 後口には若干苦味。
 うん、アルコール度数が若干高めな印象も受けますが飲みやすいです。

 食べ物との相性は、味の薄い物には若干甘味が干渉するものの、合わないという訳ではありません。
 そして他の物とはなかなかに合う感じです。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 59%
 アルコール分 17度
 製造年月 24.9
 (株)酒千蔵野


2012年10月26日追記――
 アルコールの香りが若干増加。
 香りは、しっとりとしつつ全体的に控えめな印象に。

 酸味と甘味、アルコールの風味が若干増加。
 口当たりにはピリッとした刺激感が追加、部分的には軽快に、部分的にはしっかりと。
 後口の苦味も若干増加。
 綺麗さは若干減りましたが、まだまだ良い感じです。


2012年10月27日追記――
 香りはさらにしっとり落ち着いた印象。

 ピリッとした刺激感と酸味、旨味と苦味が若干増。
 初日の濃厚さは弱まってきましたが、口当たりの力強さは増えた感じですねー
 だいぶ印象が変わってきました。結構飲み応えもあります。


2012年10月29日追記――
 アルコールの香りが若干増加。

 アルコールの風味と酸味、苦味が若干増加。
 飲み口の力強さは余り変わらないものの、どこか落ち着いた感じも出てきた気がします。
 綺麗さは減ってきていますが、これはこれで悪くないかも。


2012年10月31日追記――
 若干香りはペタッのとした感じに。

 ピリピリとした刺激感と苦味、渋味が増加。
 だいぶ味わいが尖ってきました。
 元の雰囲気は若干残っているのですが、雑味が大きく干渉しています。
 少々飲みづらさも。

 開栓後は早めに飲みきった方が旨いですね。
 出来たら……二日以内に飲んでしまうべき、かも?


1877618304_243.jpg
スポンサーサイト



tag : 特別純米 酒千蔵野

善光寺御公許ノ酒 特別純米

 第479回目。
 「善光寺御公許ノ酒 特別純米」――長野県の酒です。
 何でも「その歴史と品質から『善光寺』の名を許された逸品」で、「善光寺平(長野盆地)で古くから善光寺参りの江戸の人々の疲れを癒してきた」地酒とのことです。
 創業1540年というのは本当に素晴らしいですよね~
 ……では本文をば!

――
 しっとりとした甘い香り。
 若干の重量感、そしてアルコールの香り。

 しっかりとした旨口の印象はありつつも、口当たりは意外に軽快で、腰の強いアルコールの風味と軽めの甘味の影響か、結構キリリとした飲み口です。

 お、飲んでいる内に甘味が若干立ってきました。
 穏やかで良い感じです。

 食べ物とは甘味が若干干渉。
 無理に合わせなくても良いかも。

 燗――
 酸味が柔らかく立ち上がりました。
 なかなかに良いバランスです!

 実際に善光寺参りをしながら(?)飲んだらさらに旨いんでしょうね!
 いつか挑戦してみたいです、うん。


二日目――
 若干香りは軽快に。

 口当たりも若干軽くなり、そこから旨味やアルコールの風味がジワリと染み出します。
 穏やかさとキリッとした感じが同居しています。


四日目――
 香りは余り変わらず。

 酸味が増加し、旨味も若干増。
 初日の燗に若干印象が似ているかも。
 穏やかです。


六日目――
 アルコールの香りとエステル香が若干増加。

 口当たりは軽快で、そこから酸味と旨味がジワリ。
 続くのはアルコールの風味、若干の甘味、渋味、苦味。後口には若干エグみ。
 第一印象は開栓直後とあまり変わっていないように感じましたが、結構雑味が増えてしまった印象です。
 それほど崩れたわけではありませんが、ここまでは置かない方が良いと思います。
 500mlなのでパパッと飲んでしまいましょう!……あ、ちなみに720mlも売ってますので、その辺りはお好みで。

データ――
 原材料 米、米麹
 原料米 美山錦
 精米歩合 59%
 アルコール分 14度以上15度未満
 製造年月 23.3
 (株)酒千蔵野


1763463015_227.jpg tag : 特別純米 酒千蔵野

silky white 川中島純米にごり酒 (22BY)

 第463回目。
 「silky white 川中島純米にごり酒 (22BY)」――長野県の酒です。
 ブログには書いていないものの、実は今回の物と同じ酒を2ヶ月ほど前に飲んでいます。
 少々アルコール感が尖った印象で、それはそれで悪くない感じだったのですが、今回の物との違いに、もしかしたら若干変質していたのかな?と思ってみたり。
 同時購入で製造年月も同じなのに結構な違い――こういう嗜好品は本当に難しいですね……
 と、若干ネガティブな話はここまでとして、今回ほぼ2年ぶりの再挑戦です。(前回の感想)
 トロトロ滑らかな舌触りはさすがにごり酒の魔術師!(注:私が勝手に呼んでいるだけです(笑))、少し前に飲んだFuwari-Suisuiも含め、本当に良いにごり酒を造ってくれます!
 2年前の物と比較するとだいぶ甘味が控えめになった気がしますが、両方とも良い感じなのでどちらを選ぶかとなると……うん、選べません(笑)
 では本文をば。

――

 まずは上澄みから――
 甘く柔らかい米の香り、若干旨味を感じさせる香り。
 アルコールの香りも若干。

 濃いめの旨味に続いてしっかりとした甘味と酸味がジワリ。
 含み香は米。
 濃厚ですね~

 続いて混ぜて――
 若干ビターな雰囲気な香りも追加?
 ……コーヒー牛乳風?いや違うかな?

 トロットロです!
 柔らかい酸味がメインで、そこに腰の強い旨味と軽めの甘味が絡みます。
 穏やかで良い飲み口です。
 トロリと滑らかな舌触りと相まって非常に飲みやすい感じです!良いなぁ。

 味の薄い物には甘味が若干干渉するものの、他には問題無く合わせられる印象。
 お、特に味の濃い物との相性は抜群!

 ロック――
 あー、これは良いですね~
 ストレートと大きくは変わらないものの、軽快になってさらに飲みやすくなったような。
 うん、良い!アリだ!


二日目――
 若干香りは穏やかに。

 甘味が若干増加。
 若干口当たりはスッキリと。
 穏やかな飲み口が良い感じです。


四日目――
 柔らかい米の香り。

 アルコールの風味と甘味が若干増加。
 トロトロとした舌触りは変わらず。
 崩れた感じは全くありませんが、バランス的には前回までの方が良かったかも。
 量も少なめなので早めにスパッと飲み切ってしまっても良いと思います。
 比べなければ今日の感じもアリなんですけどね~

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 65%
 アルコール分 15度~16度
 製造年月 23.3
 (株)酒千蔵野


1743957886_82.jpg tag : 純米 酒千蔵野

Fuwari-Suisui 純米吟醸活性酒 (22BY)

 第453回目。
 「Fuwari-Suisui 純米吟醸活性酒 (22BY)」――長野県の酒です。
 以前飲んでから約2年ぶりの再挑戦になります!
 しかしやはりこの酒は、普段日本酒を飲まない方にも是非お勧めしたいですねー
 もっと多くの店で買えると良いんですけども……もし見かけましたら是非!

 ――
 オープン!――危ない!
 何も考えずに開けて危うくまた吹き出る所でした……相変わらず学習できていません(笑)

 柔らかくスッキリとした甘い香り。
 何らかの甘い香りに、米の香り。

 んー、ジューシーで爽やか!
 たっぷりの甘味と酸味、そして柔らかい米の旨味に、若干の軽快なアルコールの風味と苦味が口内を満たします。
 含み香は……ナシ?いや違うかな?
 あー、飲みやすいな~、グイグイと飲めますね!
 やっぱり旨い!


二日目――
 軽快な甘い香り。
 米の香りは控えめな印象。

 炭酸が減ったため、酸味も減少。
 甘味が若干増え、口当たりには重量感も少々。
 後口の苦味と渋味も若干増。
 ううむ、そこまで悪くはないですが、初日に比べると結構曖昧な印象になってきましたねー

 食べ物とは甘味や酸味が干渉。単独で飲むべきですね。


三日目――
 アルコールの香りが増加し、若干重量感が出現。

 炭酸はほぼ消滅。
 酸味の質が変わり、甘味が増えてさらに目立つように。
 気の抜けた炭酸飲料のような尖った甘味というか……
 後口にはエグみも若干。

 以前飲んだ際は開栓初日で飲みきりましたが、どうやら正解だったようです。
 ……まあ私のようなちょっとアレな人間でもなければ、わざわざ好きこのんで置かないとは思いますが(笑)
 初日で飲みきりましょう!旨いですよ!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 59%
 アルコール分 12度以上13度未満
 製造年月 23.3
 (株)酒千蔵野


1711015550_107.jpg tag : 純米吟醸 酒千蔵野

川中島 純米にごり酒 (22BY)

 第441回目。
 「川中島 純米にごり酒 (22BY)」――長野県の酒です。少し前に飲んだ感想になります。
 一昨年に飲んだ酒に再挑戦しました!(一昨年の感想)
 ……む、改めて見てみると結構今回とは違う感想のような。
 私の味覚の変化か、それとも若干酒質の方が変わったのか……
 ただまあ前回と今回に共通して言えることは、どちらも良いにごり酒!ってことですね。
 ちなみにこの酒の他にも色々と同社の酒を購入したので、そちらの感想も近々。
 では本文をば!

(飲み始め:2011年03月27日)

 上澄み――
 米と酒の香り。若干おかゆ?

 お、結構甘味が強いですね。
 米の甘味と旨味がググッと、そしてアルコールの風味がビシリ。
 含み香には若干甘酒風の面もちも。
 これはなかなか!

 混ぜて――
 米の香りが強くなり、全体的に穏やかな香りに。

 上澄みにたっぷりの米の旨味と、柔らかい酸味、軽めの渋味が追加。
 粉っぽさは控えめで、口当たりはトロトロ、そして若干刺激感を伴う酸味が良いアクセントを与えています。
 うーん、まったり!
 この「米の酒を飲んでいる!」って感じがやっぱり良いですね~

 食べ物との相性はかなり良し!
 味の薄い物ともバッチリ合います!
 うん、良い感じです。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 65%
 アルコール分 15度以上16度未満
 製造年月 23.3
 (株)酒千蔵野


2011年03月28日追記――
 にごり部分が分離しなかったので、最初から混ざった状態で。

 甘い香りが若干強く。
 穏やかな酒の香り。

 酸味と渋味が若干増加。
 口当たりはどこかしっかりと。
 そしてさらに粉っぽさも減少!
 まったり……


2011年03月29日追記――
 香りは若干軽快に。
 甘い米の香り。

 アルコールの風味と甘味が増加。
 含み香は酒と米、若干甘酒っぽさも。
 前回よりもさらに濃くなってきた印象です。


2011年03月31日追記――
 アルコールの香りが若干増加。

 アルコールの風味が増加し、エグみも若干増。
 雑多な印象が強くなり、少々口当たりに重量感。
 ただこれはこれで悪くないと思います。うん。


2011年04月02日追記――
 米と酒の香り。
 若干香りに重量感。

 前回の変化がそのまま進んだ印象。
 クセがジワジワと強くなり、重量感も出現。
 それほど崩れた感じではありませんが、ここまでは置かない方が良さそうです。


1696799782_150.jpg tag : 純米 酒千蔵野

川中島 純米にごり酒

 第295回目。
 「川中島 純米にごり酒」――長野県の酒です。
 この会社のにごり酒は何種類か飲んで来ましたが、この酒はある意味それらの大本と呼べる酒かもしれません。(他の酒の感想はこちら)
 シンプルながらも丁寧に造られていることが良くわかる味わいで、飲んでいて非常に落ち着きます。
 またこの名前の表す通り、川中島合戦の頃から飲まれていた酒(1540年創業)ということで、歴史的にも非常に味わい深い酒ですね~

(飲み始め:2009年11月24日)

 まずは上澄み――
 スッキリとした香り。米の香りにヨーグルトを思わせる香り。
 旨味、甘味、酸味がジワリと。
 強めの旨味故か、微妙に塩味を思わせる味わいも。
 アルコールの刺激感がピリピリ。後口には若干渋味に苦味。

 続いて混ぜて――
 香りは若干弱めに。柔らかい米の香り。
 おお、トロトロですねー
 米の旨味に甘味、若干酸味。
 上澄みのみよりも柔らかい味わい。まったりと飲めます。
 トロトロ、そしてこってりとしていますが、どこかスッキリとした面も。
 うん、飲みやすい!

 濃い味の食べ物や甘い物との相性は非常に良し。

 燗すると若干アルコール感は立つものの、旨味が柔らかくて良い感じ。
 アリですね……

 シンプルではあるものの、しっかりとした良い酒ですね~

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 美山錦
 精米歩合 65%
 アルコール分 15.1度
 日本酒度 -27
 酸度 1.8
 アミノ酸度 1.4
 製造年月 21.10
 (株)酒千蔵野


2009年11月25日追記――
 米にヨーグルト、若干バナナミルク?

 トロトロです。
 甘味が微増。柔らかさが増加。
 まったり……


2009年11月26日追記――
 穏やかな米と酒の香り。

 む、若干スッキリ。
 柔らかい甘味と旨味、酸味がジワリ。
 良い味わいです。飲みやすいな~


2009年11月28日追記――
 香りは余り変わらず。穏やかな良い香り。

 クリーミーで舌触り滑らか!
 アルコールの風味が若干増したものの、柔らかくて良い感じです。


2009年11月30日追記――
 米にバナナセーキ。柔らかい香り。

 旨味とアルコールの味わいが増加。
 舌触りは滑らかですが、少々粉っぽさが出てきたかも?
 綺麗さや味わいのバランスは以前に若干劣りますが、なかなかに良い感じです。
 うーん、まったり。

 良い酒でした!
 にごり酒が好きな方はこの会社の酒を色々と飲むべきだと思います!是非!


1346757152_158.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米 酒千蔵野

川中島幻舞 純米吟醸 無濾過生原酒 直汲み中取り

 第223回目。
 「川中島幻舞 純米吟醸 無濾過生原酒 直汲み中取り」――長野県の酒です。
 少々思うところがあっていつもよりも細かく追記してみたのですが、結果その変化の仕方に愕然としました……まさかここまで酒質が激しく変化するとは……
 とりあえず今後の感想を書くに当たっては、より注意深く酒質を見極めなければならない――と胸に刻みつけました。
 酒は本当に難しいですね……

(飲み始め:2009年07月18日)

 甘い酒の香り。若干クリーム系の趣も。

 柔らかい甘味と炭酸由来のスッキリとした酸味が口内をジュワッと満たします。
 うーん、甘味が良い感じだなぁ……
 続いて来るのは米の旨味に炭酸とは別の酸味。後口には若干ビターな印象も。
 ジュワーッと染み入る味わい、それでいて柔らかく。
 ああ、これは良い味わいですね……

 味の薄い食べ物とは若干甘味が干渉。それ以外の物とはかなり良し!和むな~

 ぬる燗――
 甘味と旨味、酸味が強調された感じに。
 悪くはないですが若干印象は混沌としたような?

 熱燗――
 バナナ系の香りが若干?
 少々雑味が目立ちますね……温めない方が旨いと思います。

 良い味わいでした!
 火入れの酒も気になりますね~

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 美山錦
 精米歩合 49%
 アルコール分 16度以上17度未満
 製造年月 21.3
 (株)酒千蔵野


2009年07月19日追記――
 まったりとした甘い香り。若干砂糖菓子っぽさも。

 甘味が微減、酸味と旨味が少々増加。
 んー、まったり。


2009年07月20日追記――
 アルコールと……ミルクケーキのような香り。

 おお……甘味がまろやかだ……そして旨味と酸味が絡み合う見事なバランス。
 ……旨い!
 見事な調和と言うか、とにかく丸く柔らかな味わい。
 うん、私はこの味凄く好きです!初日よりも今日の方が断然!
 これは嬉しい変化だな~、たまらん!


2009年07月21日追記――
 香りは若干まったり。

 む、酸味と旨味がさらに強くなり、若干尖った印象に。
 香りにも少々危うい感じの熟成香が混ざり始めたような。
 ……なんだか唐突に崩れた印象です。
 昨日の味わいは奇跡のバランスだったのでしょうか?

 やっぱり酒は生き物ですね……


2009年07月22日追記――
 若干酸化したような香り?

 酸味が増加。
 む、甘味や旨味が減少して、昨日よりもスッキリとしたような?
 ……うん。含み香には危うさが残っているものの、甘ダレギリギリの印象だった昨日に比べればかなり回復した感じですね!
 ううむ……酒は本当に難しいと言うか恐ろしいと言うか……


2009年07月23日追記――
 香りは余り変わらず。

 酸味が若干増加。
 柔らかい酸味が広がった後、軽めの旨味と甘味がジワリと。
 まったりとした味わい。含み香も落ち着いた印象。
 結構良い味わいです。
 ……しかし変化が激しいですね。
 ただこれ以降はこのまま落ち着いた方向に変化していくのではないか、と思われます。


2009年07月24日追記――
 香りは若干落ち着いた感じに。

 旨味と酸味が柔らかく。
 まったりとした味わい。……悪くないですね。


2009年07月25日追記――
 アルコール感のあるギュッとした甘い香り。

 酸味、旨味、甘味がギューッと。後口には苦味がわずかに。
 口当たりや含み香の綺麗さは初期に比べると落ちるものの、一回崩れかけたとは思えない味わい。
 含み香からも微妙な熟成香がほとんど無くなり、かなりバランスも良く。
 うん、良い味わいです……
 さらに置いたらどんな変化をするんでしょう?
 ……かなり期待出来る気がしますよ?

 いやー、途中崩れかけた時は少々心配になりましたが、飲み終えて見れば良い酒でした!
 早く飲むのであればなるべく早く飲む、開栓後時間を置くなら一週間程度開ける――そんな飲み方がお勧めだと思います!


1229409578_213.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 酒千蔵野

ふわり粋酔(すいすい) 純米吟醸活性酒

 第213回目。
 「ふわり粋酔(すいすい) 純米吟醸活性酒」――長野県の酒です。
 本日は、昨日のにごり酒に引き続き「酒千蔵野」の活性にごり酒ですよ~
 ……そして私は今回の酒を飲んでみて、この会社を「にごり酒の魔術師」と個人的に呼びたくなりました(笑)
 いやー、凄いですよこの酒。昨日の酒も良かったですが、また方向性が違う感じで。
 とりあえず、にごり酒以外の酒も冷蔵庫に一本ありますので、近い内に飲みたいと思います。(飲みました)

 ――
 軽く蓋をひねると、結構激しく炭酸が立ち上ります。
 なかなか簡単には開かない感じですね……開け閉め、開け閉め……
 ……まあ、良いか。
 開けて――吹き出す前に猪口へ注ぐ!

 さて――
 スッキリとした和梨のような香り。良い香りだなぁ……

 おお!爽やかでジューシーな甘味に、スッキリとした酸味。
 これはまるで和梨のジュース?
 うーん、旨い!
 スッキリとした味わいと相まってにごり酒っぽさは余り感じないものの、わずかに香る米の風味も柔らかくて良い感じ――
 爽やかだなー、これは夏の暑い日に飲むのには最適な気がしますよ?
 あー、これなら日本酒が苦手な人でも絶対イケますね!
 なんて飲みやすさだ……

 食べ物とは甘味が結構干渉、単独で飲んだ方が旨いですね。
 食前もしくは食後に飲むべき酒だと思います。
 シャンパン的に乾杯に用いるのもお勧め!

 む、常温に近づくと酸味が若干増加。
 これもアリですが、冷やして飲んだ方が爽やかで良いかな。

 旨かったー
 そして飲みやすいのでアッサリと飲み終わってしまいました……まあ今回は一人で飲んだのでは無かったのもありますが……
 500mlで1,200円、さらに小さなサイズも存在。
 この酒は来客用に何本か常備しておいても良いかも……たまりません!
 とりあえず布教用にまた買ってこよう。うん。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 59%
 アルコール度数 12度以上13度未満
 製造年月 21.5
 (株)酒千蔵野


1219430925_22.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 酒千蔵野

川中島silky white 純米にごり酒

 第212回目。
 「川中島silky white 純米にごり酒」――長野県の酒です。
 瓶からして非常にオシャレというか格好良い感じですよね……
 以前この酒造会社の活性にごり酒を飲んで以来、この酒も含め色々と気になる商品が目についていたので、いつか飲まねばなるまいと機会を窺っておりました!
 ……って、フットワークが重いんだか軽いんだか良くわかりませんね。
 ……それはともかく本文をどうぞ!(翌日飲んだ酒の感想はこちら)

 ――
 まずは上澄み。
 甘いにごり酒の香り。
 強めの甘味とそれを引き締める酸味がじわりと。
 含み香は米にブドウ。アイスワインのような趣も。

 混ぜる――
 む、香りがスッキリと。柔らかい米の香り。
 濃厚でクリーミー。
 しっかりとした甘味に米の旨味、キリッとした酸味が後口まで自己主張。
 舌触りや香り、強めの甘味など、甘酒を思わせる部分もアリ。
 食べ物との相性は結構良し。
 味の薄い物には若干甘味が干渉するものの、他の物には万能さを発揮。良い感じ!
 甘味が強いのに凄いなぁ……

 常温――
 アルコールの風味や甘味が増加。少々重たく。
 ぬる燗――
 エグみが若干出現。
 熱燗――
 酒粕を温めた香り?アルコールの風味も強く。

 ロック――
 酸味が立って甘さは控えめに。スッキリとして飲みやすく。
 おお、これは良い感じですね!

 冷酒かロックが一番だと思います。

 む、最後の方はにごり部分がさらに濃厚に。
 このドロドロ感は……まるでポタージュスープのよう?
 しかし、舌触りはなめらか……凄い。

 で、飲み終わってしまいました。
 飲みやすかったのと、容量が500mlなので……むむむ。
 良い酒でした!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 65%
 アルコール分 15度~16度
 製造年月 21.2
 (株)酒千蔵野


1218773113_141.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米 酒千蔵野

川中島 純米にごり活性生

 第150回目。
 キリの良い回数な気もしますが、淡々と更新です。
 次は活性ではない物も飲みたいですね~(同社の他の感想はこちら)

(飲み始め:2009年03月14日)

 本日は長野県の酒です。
 「川中島 純米にごり活性生」

 ラベルにふき出し注意の文字がありますが、製造年月が1年近く前なので平気でしょう。
 ……うん、全く吹き出さず。
 お、でもにごり部分を混ぜてみると結構炭酸も残っているのが分かりますね。
 猪口に注いだ酒から立ち上る泡が良い感じです!

 まったりとした米やもろみの甘い香り。若干ヨーグルト系の趣も。

 しっかりとした甘味と米の旨味、炭酸の刺激とスッキリした酸味がシュワシュワと口内を巡ります。
 うん、なかなかに旨い!クリーミーな舌触りと軽快な炭酸の刺激が心地良いですね~
 活性にごり酒の中では(糖類を添加した酒を除いて)比較的甘味が強いですが、それもまた飲みやすさに一役買っている気がします。

 味の濃い食べ物との相性はなかなか良し。
 ……ただ味の薄い食べ物とは甘味がぶつかりますね。

 良い酒でした。飲みやすいのカパカパ飲めます!
 火入れの酒も飲んでみなければ!

データ――
 原材料 米、米麹
 精米歩合 65%
 アルコール度数 15度以上16度未満
 製造年月 20.5
 (株)酒千蔵野


2009年03月15日追記――
 香りは余り変わらず。

 お、初日よりも甘味が減ってキリッとした味わいに。
 それでいて炭酸の刺激は消えていないので初日よりもかなりスッキリした印象です。
 これは旨いな!
 私は初日よりも断然今日の方が好きですね~
 いやー、こういう変化はたまりません!


2009年03月16日追記――
 若干アルコールの香りが増加。

 む、若干アルコールの味わいや雑味が増加したかな?
 ただにごり部分の味が濃いのでそれほど気にはなりません。
 炭酸も余り衰えず。面白いですねー


2009年03月17日追記――
 ヨーグルト系の香りが増加。

 味わいが大分まったりとしてきました。
 軽めの酸味と柔らかい旨味が前面に押し出されてきています。
 炭酸も次第に弱まってきており、かなり優しい印象に。
 なかなかに良い味わいです。


2009年03月20日追記――
 アルコールの香りが増加。

 酸味の後ろから旨味と甘味が顔を出します。アルコールの味わいが増加。
 なかなかに強い酒質です!
 にごり部分の味が強いので、若干後口に渋味は増したものの、ほとんど味わいが崩れません。
 やはり良い酒ですね~


1108202488_114.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米 酒千蔵野
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif