上喜元 翁 生詰

 第390回目。
 「上喜元 翁 生詰」――山形県の酒です。
 この酒は本醸造に大吟醸をブレンドした物だそうです。
 今年もそこここで入荷情報が出てきていますね~
 ……まあ、これは去年の物なのですが。
 …………さて、自家製一年熟成の味や如何に!?

(飲み始め:2010年10月31日)

 スッキリとしたマスカットに熟したバナナを思わせる香り。

 お、良い味わいです!
 ふくらみのある柔らかい酸味に旨味が口いっぱいに。
 綺麗な含み香と共にごくわずかな甘味も感じられます。
 甘味は少ないのですが、それほど辛口な印象はありません。これは香りと酒質の柔らかさの効果でしょうか?
 若干の渋味が良いアクセント。あー、まったりと飲めますねー

 とりあえず一年近く冷蔵庫に置いてしまった影響はよくわかりませんでした。
 先日飲んだ、今年の猛暑を冷蔵庫外で越えさせてしまった酒(今回の酒とは何ら関係ありません)は、かなり古酒の風合いが出ていたのですが……やはり冷蔵庫は偉大ですね!(?)

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 精米歩合 57%
 アルコール分 16度
 製造年月 09.11.
 酒田酒造(株)


2010年11月01日追記――
 若干香りは柔らかく穏やかに。良い香りです。

 酸味が増加。甘味も若干増。
 まったりとして良い味わいです。

 味の濃い食べ物との相性は良い感じですね~
 今度は薄い物とも合わせてみます。


2010年11月02日追記――
 アルコールの香りが若干増加。綺麗な香りです。

 アルコールの風味が増加し、若干キリッと。
 そして酸味と甘味がさらに増加。
 スッキリ、ふっくらと。
 うん、若干綺麗さは減ってきましたが、柔らかくて良い味わいです。

 味の薄い食べ物には若干甘味が干渉。
 これは甘味の少なかった開栓直後も見るべきでした……


2010年11月04日追記――
 若干香りはしっとりと。
 甘い瓜系の香り?メロンとは違う感じですね。

 アルコールの風味と苦味が増加。含み香のアルコール感も強く。
 微妙に酒らしさ(?)が増してきたような?
 悪くないですが、少々個性が薄くなってきた気がします。


2010年11月06日追記――
 ほぼ元の香りは消滅。軽めのアルコールの香り。

 アルコールの風味がさらに増加。
 若干舌触りには引っかかる感じも。
 酒と米の風味に酸味と渋味。
 崩れた訳ではありませんが、ほのかな含み香を残して個性はほぼ消えた感じですねー
 開栓後は余り時間を開けずに早めに飲んだ方が良さそうです。


1612904465_156.jpg
スポンサーサイト



tag : 本醸造 酒田酒造

上喜元 酒和地(しゅわっち) 純米吟醸生

 第246回目。
 「上喜元 酒和地(しゅわっち) 純米吟醸生」――山形県の酒です。
 名前の通りシュワシュワ感が楽しい活性にごりタイプの酒になります。
 低アルコールで甘さ控えめの「上喜元 涼夏」も良かったですが、こんな感じで甘味のある爽やかな炭酸の酒も夏向きで良いですね~
 飲み口が良いのでカパカパ飲めます!飲み過ぎにはご注意!……私はバッチリ飲み過ぎました!
 ……
 日本酒初心者の方にもお勧めですよ~

(飲み始め:2009年08月18日)

 スッキリとした甘い香り。米にヨーグルト、わずかにブドウ?

 まずは上澄み――
 柔らかい甘味とスッキリとした酸味がスルスルと口内を満たします。
 炭酸の刺激のスッキリ具合からは、爽やかな炭酸飲料のようなイメージも。
 爽やかで柔らかい飲み口。
 あー、これは旨いですね~

 続いてオリを絡めて――
 酸味と旨味が増加、苦味も若干追加。
 味わいが複雑になった分、甘味は若干控えめに感じます。
 んー、まったり。これもまた良し!

 食べ物とは甘味が干渉気味。
 ただ全く合わないと言う訳ではなく、少々難しい感じですね。

 燗――
 酸味と旨味が強く。
 これはこれでアリだと思いますが、炭酸も飛んでしまうので、やはり冷やした状態でグイッと!

 いやー、余りに飲みやすいので飲み過ぎました!(笑)
 この爽快感はまさに夏向きですね~
 旨かった!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 美山錦
 精米歩合 50%
 アルコール分 17度
 日本酒度 +2
 酸度 1.4
 製造年月 09.6.
 酒田酒造(株)


2009年08月19日追記――
 香りは若干薄く。

 甘味、旨味、酸味がジュワッと。
 微炭酸の刺激も良い感じ。
 やっぱり爽やかで良いですね~
 これなら日本酒が苦手な人でもカパカパ飲めると思います!


2009年08月20日追記――
 香りはさらに薄く?

 酸味と旨味が増加。
 炭酸が減って爽やかさは若干減少。味わいも濃く。
 そして含み香から少々綺麗さは減少。
 少々崩れてきた印象です。


2009年08月22日追記――
 香りは余り変わらず。
 若干ヨーグル(駄菓子)風な香りも。

 ジュワーッと広がる酸味、甘味、旨味。
 味わいも前回とさほど変わらず。
 うん、悪くない。


2009年08月24日追記――
 アルコールに若干ラムネの香り?
 少々酸化したような香りも。

 旨味、酸味、甘味、少々苦味。
 含み香にも若干酸化した感じが出現。
 しかし、味わいやバランスは大きく崩れてはおらず、意外と残っている炭酸の刺激と相まって、なかなかに悪くない印象です。
 薄にごりタイプとは言え、活性にごり系の酒でここまで崩れないのはかなりスゴいですね~、細かいことを気にしなければ一週間ぐらい置いても平気でしょう!
 ……ただやはり開栓直後の状態と比較すると、舌に引っかかる感触や味わいの面などで劣るので、個人的には開栓した次の日ぐらいまでには飲みきった方が美味しく飲めて良いと思いますが。

 良い酒でした!


1259027116_135.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 酒田酒造

上喜元 涼夏(すずか)

 第225回目。
 「上喜元 涼夏(すずか)」――山形県の酒です。
 爽やかな低アルコール(9.5%)型の発泡日本酒になります。
 夏の暑い日にビール感覚でスパッと!
 甘味も控えめなので、甘さの強い発泡日本酒が苦手な方にもお勧めですよ~


初日――
 ヨーグレットのような香り。

 炭酸がシュワーッ!
 んー、爽やか!口当たりスッキリ。
 泡と酸味の立ち具合からは、苦味が控えめなビールも連想させられます。
 甘味が余り無いのもその一因かな?うーん、良い苦味!
 お、炭酸の後ろからはキチンと米の風味に旨味も感じられます。

 む、食べ物とも合いますねー
 ビール感覚でグイッと!


二日目――
 甘い香りが強く。

 お、振らずに密閉していたら炭酸が結構残ってますね~
 旨味が増加し、苦味も若干増加。
 爽やかは若干減少。……これはこれで!


三日目――
 香りは薄く、旨味を感じさせる香りが増加。

 旨味と炭酸以外の酸味が若干増加。
 昨日との大きな違いは炭酸が抜けたぐらい。
 まったり。
 炭酸飲料らしい爽やかさは無くなりましたが、これはこれでアリかと。
 元から甘味が控えめだったのが良かったのでしょう。
 ……ただ当然こんな風に無理に置く必要なんてありませんよ?(笑)
 初日でスパッと飲みきりましょう!
 爽やかで良い酒でした!

データ――
 原材料名 米、米麹
 アルコール分 9.5%
 内容量 330ml
 製造年月 200907
 酒田酒造(株)


1239167129_48.jpg
(いつもと背景が違いますが、特に深い意味はありません)

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米 酒田酒造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif