萌酒とむりえ おじょう

 第314回目。
 「萌酒とむりえ おじょう」――福島県の酒です。
 一体何を飲んでいるんだと思われるかも知れませんが、「気になった酒は手当たり次第」が当ブログの方針です(笑)
 今回の酒ですが多分このシリーズの第2弾にあたる、筈?
 第1弾は時々利用する酒販店のサイトで数ヶ月前に見つけたのですが、500mlで2,000円オーバーと少々手を出すのに躊躇う値段でして……で、今回の物が比較的値下がり(それでも500mlで1,450円ですが)したのを見て、意を決して(?)手にとってみました。
 第1弾が純米と吟醸の2種類で、今回は本醸造?……いや、もしかしたら普通酒でしょうか?
 ラベルや公式サイト(http://www.tomulier.com/)には何も書かれていないので、当ブログの分類では普通酒にさせていただきます。(ご指摘があれば訂正いたします)
 ……しかしCV(キャラクターボイス)付きの酒って前代未聞ですよねー、うん意味が分からない(笑)

 さて、こういう商品に関しての私の考えですが、もちろん「旨ければ何でも良し」です!……いや、それでは話が終わってしまいますので(笑)、もう少し付け加えますと、日本酒の裾野を広げると言う意味では新たな挑戦大いに結構!ぐらいに思っています。
 少し前に一部で話題になった萌え米や萌えイチゴもラベルを変えただけで売り上げが大幅アップしたそうですし、普段買わない層にアピール出来るのは良いことですよね。
 ……ただ、そこからリピートしてもらえるか、もしくは別の日本酒にも興味を持ってもらえるかは、完全にこの酒の実力次第なのが厳しい所です。
 普通の味であればもしかしたらリピーターは現れるかもしれません、素晴らしい味であれば日本酒全体にも興味を持ってもらえるでしょう、しかし逆に不味ければ日本酒全体にそっぽを向かれてしまうに違いありません。
 まさに諸刃の剣……新たな挑戦大いに結構ですが、安易な商売にだけは走ってもらいたくないものです。

 ……ハードルを上げすぎました(笑)
 本文をどうぞ!

(飲み始め:2010年01月11日)

 柔らかく甘い香り。綿菓子を思わせる香り?若干ミルク系の面持ちも。

 スッキリとした酸味で軽快な飲み口。
 一口目の印象では酸味が強めでしたが、飲み進める内に軽めの甘味がフワリと出てきました。
 うん、悪くないですねー

 味の濃い食べ物やつまみ系の食べ物と合わせると、単独で飲んだ際の「飲みやすいものの、インパクトの弱い酒」という印象から一転、柔らかい甘味が立ち上がって結構良い感じに。
 どちらかというと、この酒は食中酒向きなのでしょうか?

 ううむ、悪くない味わいですが、日本酒の入り口としては少々弱い気も。
 可愛らしいキャラクターを使ってパッケージは華やか(?)なのですから、もう少し酒自体にもインパクトがあれば良かったと思います。
 値段も500mlで1,450円と若干高めですし……
 さて、変化や如何に?

データ――
 原材料 米、米麹、醸造アルコール
 原料米 夢の香
 精米歩合 65%
 アルコール分 15度以上16度未満
 製造年月 09.11
 開当男山酒造


2010年01月12日追記――
 甘いまったりとした香り。
 酒の香りが増加。わずかにメロン系の香りが出現?

 軽快な味わい。
 甘味とアルコールの風味が増加。若干スッキリ。
 酸味がメインの構成は変わらず。


2010年01月13日追記――
 甘い酒の香りにほんのりエステル香。

 酸味が微増。旨味とアルコールの風味が少々増加。
 若干ビターな印象も。


2010年01月15日追記――
 香りは余り変わらず。ほんのりメロン系の香りも。

 わずかに甘味が増加。
 徐々に渋味やアルコールの風味などが増してきている感じも。
 ただ全体としてはそれほど変化していません。


2010年01月17日追記――
 香りはあまりせず。アルコールの香り。

 旨味が増加。口当たりは少々もったり。
 旨味と酸味、アルコールの風味、渋味、若干エグみ。
 結構崩れてきました。
 印象としては特徴の無い酒、と言った感じに。
 500mlと量も少なめですし、早めに飲みきってしまいましょう。

 ううむ、それほど悪くもないのですが、日本酒の入り口としてはやっぱり弱いですよね。
 もっとパッケージに合わせてある程度のクセを持たせた方が良かった気もします。
 ……いや、逆にこういう酒の場合は、好き嫌いを減らす方向で万人向けに味を設定した方が良いのかな?
 難しい問題です……ただ一つ言えるのは、クセの有無関係なしにもっとインパクトのある酒だったら良いのに!と言うことでしょうか?
 万人向けであるなら、無難な万人向けではなく、誰もが飲みたいと思うような万人向けを目指す感じで。

 ……第1弾にも挑戦するべきかなぁ。
 売り文句的にも多分この酒より本気だと思うんですよねー、値段は高いのですが……


1386828951_232.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
スポンサーサイト



tag : 普通酒 開当男山酒造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif