蓬莱泉 しぼりたて 生酒 特別純米酒

 第402回目。
 「蓬莱泉 しぼりたて 生酒 特別純米酒」――愛知県の酒です。
 やはり新酒発売の時期はあちこち目移りしてしまって困りますねー
 もう一度飲みたい銘柄もあれば、飲んだことがない銘柄も気になる……体が三つぐらいあれば良いのに!
 ……まあそうなると財布的には大ピンチなのですが(笑)

(飲み始め:2010年12月16日)

 フレッシュで穏やかな香り。
 バナナを思わせる柔らかく甘い香り。

 スッキリ柔らかい口当たりから、濃い甘味がグググッときた後、柔らかい酸味と旨味が口内でジワッと広がります。
 お、飲んでいる内に旨味と酸味がしっかりと感じられるように。
 口当たりもしっかりと力強くなり、最初に感じた華やかさは薄まって全体的に若干穏やかな印象になりました。甘味も第一印象より控えめです。
 後口には若干の苦味と渋味。
 うん、なかなかに良い味わいです。

 食べ物との相性も結構良し。
 かなり幅広い食べ物と合わせられます。
 結構甘味があるのにこれは凄いですね~
 お、甘い物と特に合います!

 なんだかんだで飲みすぎました。
 ……意外と怖い酒かも(笑)

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 55%
 アルコール分 17度
 製造年月 10.11.05
 関谷醸造(株)


2010年12月17日追記――
 香りはさらに柔らかく。
 うん、良い香りです。

 やはり第一印象は甘味がハッキリ、そして少し飲み進めると旨味と酸味が立ってきます。
 初日と比べると旨味と若干のアルコールの風味が増加。
 少々濃くなった感じですね。


2010年12月18日追記――
 香りは少々弱く。バナナ系の香り。

 アルコールの風味が増加。
 酸味と旨味、若干後口の苦味と渋味も増え、より濃い味わいに。
 綺麗さが若干減って、アルコールのピリピリ感も出てきましたが、まだまだ良い感じです。


2010年12月20日追記――
 アルコールの香りが増加。
 甘い、若干の穀物香。

 丸い甘味と旨味、口当たりはコロンと。
 そして酸味に若干の苦味と渋味がジワリ。
 綺麗さが減って若干の重量感が出現。アルコール感もさらにピリピリと。
 ただこれはこれでアリかな。


2010年12月22日追記――
 香りはしっとりと。

 アルコールの風味が増加し、含み香にも重量感。
 苦味や渋味も増して、クセが結構出てきた印象です。

 それほど悪くはないですが、ここまでは置かない方が良いですね。
 新酒らしいフレッシュさもほとんど無くなってしまいましたし。
 出来れば開栓後二日ぐらいで飲みきりましょう!


1640401736_4.jpg
スポンサーサイト



tag : 特別純米 関谷醸造

蓬莱泉 吟 純米大吟醸

 第279回目。
 「蓬莱泉 吟 純米大吟醸」――愛知県の酒です。
 蓬莱泉の最高峰(特殊な品は除く)で、値段は720mlが5,000円――さすがにお高いです。
 そしてこの酒も大事にし過ぎた結果、製造年月から1年が経過してしまいました……いくら低温のパーシャルルームに保存していたとは言え、放置しすぎですね。
 加えてこの酒は「まろやかさや旨みを出すために地下の低温貯蔵庫で約2年半の熟成」が行われているそうなので、ある意味3.5年物と言うことに?
 ……本文をどうぞ~

(飲み始め:2009年10月20日)

 綺麗な香り。
 スッキリとした米とアルコールの香りに、若干柑橘系やメロン系の趣も。

 ああ、これは柔らかい……
 口内でまろやかな甘味と旨味がコロリと転がり、そこにジワリと酸味が絡みつきます。
 綺麗な酒質だなぁ……
 お、飲んでいる内に旨味を若干強く感じるように。ジワーッと染み入る味わいです。
 うん旨い!

 おお、食べ物との相性も悪くないですね。
 味の薄い物には若干甘味が干渉するものの、それ以外の物とは無難に合わせられます。

 いやー、良い酒です!
 ……ただコストパフォーマンスは少々低めですね。
 720mlで5,000円を出すのであれば、もう少し+αが欲しい所です。
 やはりどうしても値段が高いと、「旨くて当然」と言う見方をしてしまうので……
 これで値段が――半額ぐらいなら、文句なしに良い酒なのですが……

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 山田錦
 精米歩合 40%
 アルコール分 15度
 製造年月 08.10.
 関谷醸造(株)


2009年10月21日追記――
 アルコールの香りに若干チョコレート系の香りも?

 あー、綺麗だなー
 わずかに旨味と酸味が増加。
 印象としては初日よりも若干濃くなった気がしますが、まろやかでスッキリとした口当たり。
 旨いです。


2009年10月23日追記――
 アルコールの香りと甘い香りがさらに増加。

 味わいもさらに濃く。
 主に旨味が増加。
 これも悪くないですが、初日に比べて綺麗さは大幅減。

 昨日追記出来なかったのが少々悔やまれますね……
 ただ初日に飲みすぎて余り残っていないと言うのが何とも(笑)


2009年10月25日追記――
 ヨーグルトに柑橘系の香り。

 む、渋味が結構強く。
 旨味、甘味、渋味、酸味。口当たりは少々もったりと。
 ううむ、結構崩れてしまいました……これは勿体ない……
 やはり値段の高い綺麗な系統の酒は早く飲まないと駄目ですね……

 良い酒でした~
 ……ただ、コストパフォーマンスまで考えると少々厳しい気が。
 私なら、もう一度これを買うよりも、この会社の他の酒を色々と組み合わせて飲みたいですねー


1316061642_101.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米大吟醸 関谷醸造

蓬莱泉 可(べし)。特別純米酒

 第222回目。
 「蓬莱泉 可(べし)。特別純米酒」――愛知県の酒です。
 以前飲んだ「和」に続いて今回は「可。」になります。
 和は独特な甘味のある個性の強い酒でしたが、今回の物はかなり万人向けで、まったり系の酒としては相当なレベルの高さを感じました。……旨いです。
 ますます上位酒を飲むのが楽しみになってきました!……今度何か良いことがあった時にでも飲みたいですねー

(飲み始め:2009年07月17日)

 スッキリとした優しい酒と米の香り。良い香り。

 うわ、飲みやすい!
 柔らかく、それでいてスッキリとした味わい。
 米の旨味がジワリ、続いて柔らかい酸味が全体を引き締め、後口には米の甘味がフワリ。
 うーん、旨いなぁ……
 若干ミネラル感があるので人によってはわずかに固さを感じるかもしれませんが、普通に飲む分には全く気になりません。

 む、常温になると甘味が強調されますね。これも良いなぁ……

 おお、食べ物との相性も抜群ですね。
 食中酒としてもかなり完成度が高いですよコレ!
 んーたまらん!

 ぬる燗――
 全体的に味が強く。少々アルコール感が尖りますが、結構良い感じです。

 熱燗――
 柔らかい……結構味が多くなる印象ですがこれも旨いですね。

 どの温度も旨いですが、個人的には温めない方が好き、かな?
 わざわざこちらで手を加えなくても十分旨い感じと言うか……
 うん、個人的にはかなり好きな味わいです!
 ……そして飲み過ぎましたー
 いやー、他のスペックの物も気になりますけど、この酒も今度また買いたいですね~

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 麹米:夢山水 掛米:チヨニシキ
 精米歩合 55%
 アルコール分 15度
 製造年月 09.03.02
 関谷醸造(株)


2009年07月18日追記――
 甘い米の香り。

 若干全体的に味が濃くなった印象。
 そしてまったり。……うん、やっぱり旨い!


2009年07月19日追記――
 甘い酒の香り。

 甘味が減少。他はほとんど変わらず。


2009年07月21日追記――
 スッキリとした酒の香り。

 優しい口当たり。
 米の甘味と旨味、スッキリとした酸味。
 初日とは違う感じで甘味が立ち上がってきた印象。これもまた良し!
 若干綺麗さは減少してきたものの、ほとんど気にはなりません。
 良い酒だなぁ……


2009年07月23日追記――
 甘い香り。
 この香りは……ティラミスっぽいような?
 若干ビターな甘い香りに加えバター系の趣も。ううむ……

 相変わらずクセがほとんど無く飲みやすいです。
 綺麗さは開栓後の初期に比べれば減少しており、舌に感じるミネラルやアルコールの刺激は強まったものの、それ以外に劣った面はほとんどありません。
 含み香にはわずかに熟成香が出現。

 開栓後数日以内に飲んだ方が良いとは思いますが、無理せず日数をかけて飲んでも大丈夫でしょう。
 さらなる長期間放置による変化も気になりますが、追記はここまで……
 良い酒でした!


1228531973_201.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 特別純米 関谷醸造

一念不動 純米吟醸 但馬強力

 第208回目。
 「一念不動 純米吟醸 但馬強力」――愛知県の酒です。
 蓬莱泉で有名な関谷醸造の新ブランドになります。(一念不動公式サイト)
 この酒のコンセプト等について詳しくは上記サイトを見ていただくとして、今回飲んだ印象からは飲み飽きしない日常酒らしさを強く感じました。
 蓬莱泉との比較もしてみたいので、この会社の酒には今後も色々と挑戦してみたいと思います。

(飲み始め:2009年06月21日)

 この酒のラベルには何だか面白げな文言が書かれています。
 「一番は前ばかりではない。いちばん後ろもある。だれでも前へ行きたがる。お前は後ろを狙え!。」
 ……前向きなんだが後ろ向きなんだか、良く分からない感じが良いですね(笑)

 さて――
 まったりとした米の香り。どこか涼しげな香り。

 柔らかい米の旨味と甘味、スッキリとした酸味が優しくふわりと広がっていきます。
 まろやかで軽快な口当たり。クセが少ないので非常に飲みやすいです。
 これはなかなかに旨いなー
 含み香は米。まったり。

 おお、食べ物と合いますね!しかもかなり万能!
 特に合うのはシンプルな味わいの和食系?
 ……ただ全部が全部という訳でもない、のか?難しいです。

 燗――
 全体的に濃く、味わいの輪郭もくっきり。これはこれで!
 まったり……
 結構どの温度帯も良いな……

 際立った特徴は無いものの、まったりと飲める良い酒だと思います。
 他にも色々と飲んでみたいですねー

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 但馬強力100%使用
 精米歩合 55%
 アルコール分 15度
 製造年月 09.09.12
 関谷醸造(株) ほうらいせん吟醸工房


2009年06月22日追記――
 まったりとした酒らしい香り。若干バター系の香りも。

 旨味が少々増加。ただ逆にクセはさらに減った印象。


2009年06月23日追記――
 甘い米と酒の香りに、アルコールの香り。

 旨味が増加。まったり。

 常温になるとクセは若干増すものの、さらにまったり。


2009年06月25日追記――
 香りは余り変わらず。

 アルコールの味わいが増したことで全体的にスッキリめに。
 微妙に綺麗さは減少している印象ですが、それほど崩れてはいません。


2009年06月27日追記――
 スッキリめの味わい。後口には微妙に雑味。
 大きく崩れてはいませんが、早めに飲んだ方が綺麗で旨いと思います。


1203628002_86.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 関谷醸造

蓬莱泉 和 純米吟醸 熟成生酒

 第191回目。
 「蓬莱泉 和 純米吟醸 熟成生酒」――愛知県の酒です。
 人気の高い銘柄ですね!他にも色々と飲みますよ~

(飲み始め:2009年05月23日)

 まったりとした甘い香り。若干熟成を感じさせる香り。

 まず来るのはしっかりとした甘味、続いて旨味、その後ろからじわりと染み出してくるかのような酸味、そしてアルコールの微刺激。
 まったりと柔らかいながらも、強い甘味が太い背骨としての存在感を放ちます。
 後口には強めの甘味や旨味の副作用か、微妙に渋味とエグみも。
 ただなかなかに良い酒ですね。
 若干クセがあるので少々人を選ぶかもしれませんが、甘くて濃い酒が好きな方にお勧めです!

 常温になると味は全体に濃く。少々クセが強くなるもののまったり。
 ぬる燗――旨味が強く。
 熱燗――少々アルコールがツンと。
 冷やした状態が一番だなー

 しかし結構特殊な印象の酒ですねー
 熟成と劣化の境界線と言うか……ギリギリ老ねていない感覚?
 飲んでみて若干の危うさも感じました。保存方法を間違えたら一気に崩れてしまいそうな……
 もしかしたら、この酒ぐらいの味わいでも、熟成感が苦手な方は敬遠してしまう、かも?
 私は嫌いじゃないですけどねー
 ……ちなみにこの酒が家に届いたのは先月末なので、私が間違って熟成を進ませたと言うことも無いと思います。多分。
 さて、今後の変化や如何に?

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 麹米:山田錦 掛米:チヨニシキ
 精米歩合 50%
 アルコール分 15度
 製造年月 09.02.12
 関谷醸造(株)


2009年05月24日追記――
 甘い香り。アルコールの香りが若干増加。

 酸味が増加し、強い甘味が少々抑制気味に。
 味わいは昨日よりもまろやかでスッキリと。
 熟成感は含み香と後口に。昨日より少し控えめかな?
 なかなか良い感じです。


2009年05月25日追記――
 香りは余り変わらず。

 酸味が更に増加。旨味も。
 口に入れた瞬間、透明感のある味わいが一瞬だけ顔を出しますが、すぐやってくる旨味に上書きされます。
 後口には渋味とエグみが少々。舌に微妙に引っかかる感じも。


2009年05月29日追記――
 濃厚な甘い香り。

 まったりとした甘味に若干軽快な酸味と旨味。
 少々舌に渋味と引っかかりを感じますが、かなり穏やかな味わいです。
 む?飲んでいるうちに、次第に味覚それぞれの輪郭がハッキリとしてきました。
 どの味も強いですね……
 舌先に強い甘味→即酸味と旨味が上書き→残るのは渋味にエグみ少々。
 まるで舌のエラーチェックをしているかのような感覚も。結構面白いですねー

 現在の状態を開栓したばかりの時と比べると、アルコールの風味やギリギリな熟成感は大きく減少した反面、雑味が増加しているので、完全に良い方向に変化したとは言えません。
 個人的には開栓後一日経過したぐらいの状態が好きかな?
 一番綺麗でまったりとしていたような気がします。

 他のスペックの物も色々と飲んでみますよ~


1175999733_29.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 関谷醸造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif