スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿櫻 純米吟醸 山田錦

 第688回目。
 「阿櫻 純米吟醸 山田錦」――秋田県の酒です。
 ……やはり舌のコンディションは重要ですね。
 私は基本的に真っ新な舌の状態(?)で酒を利こうと考えているのですが、そのことが逆に酒の魅力を損なわせていることもあり得る、と言うのを今回思い知らされた気がしました。
 酒は面白いけど難しい……

 では本文をば。

(飲み始め:2013年04月22日)

 穏やかさのある甘い香り。
 ……蜜にほんのりバナナ?

 うん、穏やかです。
 柔らかい口当たりからジワリと広がる酸味、旨味、若干甘味に渋味、ほんのり苦味。
 少々クセのある味わいですが、じんわりと染み渡る感じが良いですね~

 味の薄い食べ物には若干渋味が干渉するものの、相性自体は悪くない感じです。

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 兵庫県産山田錦全量仕込
 精米歩合 50%
 アルコール分 16度
 製造年月 24.10.
 阿桜酒造(株)


2013年04月23日追記――
 やはり何らかの蜜を思わせる香り。
 若干しっとりと。

 酸味が増加し、舌をキュッと絞ります。
 旨味と苦味も若干増加。
 うん、悪くないですが、さらにクセが増えて、結構人を選びそうです。
 ……と、言うか苦手な人もいそうな予感。


2013年04月24日追記――
 アルコールの香りが増え、若干重量感が出現。

 甘味と渋味が若干増加。
 昨日よりはクセが減少した、かな?
 なかなかに尖った味わいですが、これはこれで悪くない……


2013年04月26日追記――
 アルコールの香りがさらに増加。

 酸味と……辛味が若干増加?……いや、正確には辛味ではないのかもしれませんが、若干ピリピリと……
 やはり結構クセが……

 お、食べ物と合わせたり、常温にしたら甘味が若干立ち上がって柔らかい飲み口に!
 これならアリかも。


2013年04月28日追記――
 香りはしっとり、若干ズッシリと。
 ……ごくわずかに、コーヒーリキュール風の香りも?

 おお……やはり味は増えていて、酒単独で飲むと結構尖った感じなのですが、食べ物と合わせると、丸くて良い感じになりますね!
 二日目も食事と合わせてみるべきだったかもしれません。

 食中酒として飲むならのんびりと、酒単独で飲むならなるべく早く、出来たら初日に飲みきるのがお勧めですねー


1899827194_19.jpg
スポンサーサイト
tag : 純米吟醸 阿桜酒造

阿櫻 特別純米 無濾過原酒生

 第639回目。
 「阿櫻 特別純米 無濾過原酒生」――秋田県の酒です。
 試飲販売で購入しました、が、今回の瓶は本文中でも書いた通り少々変質の見受けられる物でした。
 ……日本酒は(他の酒も?)時々これがあるから怖いんですよね。初めて飲んだ酒が変質していたならば、再度飲むまでは、変質した味を元にした評価をその酒に持ち続けてしまう訳ですから。
 ただまあ、今回の酒に関して言えば、試飲販売で多少なりとも元の味を覚えていたことに加え、変質もそれほど酷い物ではなかったので、そのまま感想を続けさせていただきました。
 なので、この酒本来の感想とは違うものである、と認識された上でお読みくださると幸いです。
 必ず再挑戦しますので、正確な(?)感想はその時までお待ちください。

(飲み始め:2012年11月29日)

 しっとり濃厚な香り。
 アルコールの香りに重量感も少々。

 おお、キリッと!
 香りから想像されるような濃厚さは一瞬フワリと感じるぐらいで、力強い味わいが全体をググッと引き締めるため、重たさはほとんどありません。
 アルコールの風味と酸味、若干の渋味がビシッと口内で自己主張し、そこから穏やかな旨味と酸味、若干の甘味がフワリと広がります。
 含み香は上立ち香と似た印象なので、少々アンバランスさもありますが、逆に面白くて良い感じです。
 飲み応え十分!
 ……あれ?ただ試飲した時はもっと軽めな飲み口だったような?
 ……うん、アルコール感はもっと控えめだった、筈……多分。 (追記:正解でした)

 食べ物とはアルコールの風味が若干干渉。
 合わせるなら味の濃厚な物をつまみながら飲むのが良いかも?

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 60%
 アルコール分 17度
 製造年月 24.10.
 阿桜酒造(株)


2012年11月30日追記――
 香りは若干スッキリと。

 やはりキリリとした飲み口ですが、初日よりも柔らかく軽快になった印象。
 甘味と酸味が若干増加。
 うん、初日に感じた若干のアンバランスさは消え、だいぶまとまりが良くなりました。
 良い感じです!


2012年12月01日追記――
 香りは穏やかな印象が強く。

 お!かなり印象が変わってきました!
 甘味と旨味が増加し、刺激感は減少!
 穏やかな旨口酒といった感じに。
 ……ああ、試飲した時はこんな味わいでしたよ、うん。
 初日の感じも嫌いではなかったんですけども、やはり若干ハズレ瓶だったみたいですね……で、開けて空気に触れたことで揺り戻しが起きた、と。
 どの会社の酒でも起こりえることですが……よく戻ってきてくれた!ありがとう!(!?)
 グイグイイケます!


2012年12月03日追記――
 しっとり甘い香りが若干増加。

 甘味と酸味、アルコールの風味が若干増。
 渋味と苦味も少し増加。
 初日とはまた違った感じで飲み口に力強さが出てきました。


2012年12月05日追記――
 アルコールの香りが強く。

 アルコールの風味と刺激感、渋味と苦味が増加。
 舌に引っ掛かる感触も強く。
 結構バランスが崩れてきました。
 個人的にはまだ嫌いじゃないですが、早めに――
 ああ……この瓶に関してはそうも言い切れないんでした……
 ただまあ普通なら初日は、三日目の味わいを基本にして綺麗さを加えた感じの酒質だと思うので、早めに飲むので問題ないと思います。
 いつかリベンジしますよー!


1882706755_12.jpg tag : 特別純米 阿桜酒造

阿櫻 特別純米 秋田酒こまち New無濾過原酒(生詰)

 第619回目。
 「阿櫻 特別純米 秋田酒こまち New無濾過原酒(生詰)」――秋田県の酒です。
 日本醸造協会のサイトによるとKT-901とは「きょうかい901号から新たに分離した「酸生成の多い清酒酵母」」とのことで「味に爽やかさと旨味が増すリンゴ酸とコハク酸が増え」るそうです。
 ……下の感想で「プレーンヨーグルトを思わせる雰囲気」とか書いてしまいました。
 いや!これは別に乳酸を感じたからヨーグルト云々言った訳ではなく、何となく酸味とか渋味とかが砂糖を加えないでそのまま食べたプレーンヨーグルトっぽさを思い起こさせるというか、なんと言うか……
 ……まあそんな言い訳は横に置くとしまして(笑)
 本文をどうぞー

(飲み始め:2012年09月27日)

 涼しげな甘い香り。
 ……若干シロップ風の香り?

 お、軽快ですね!
 ただそこから軽めながらも意外に腰のある酸味がジワリと舌に絡むため、低アルコールながらもなかなかに飲み応えもあります。
 味わい的にはその酸味がメインで軽めの甘味、旨味、渋味がフワリと続きます。
 うん、結構個性的な酒質ですね~
 何だろう……控えめな甘味と酸味的に若干プレーンヨーグルトを思わせる雰囲気があるような?
 それほど飲みやすい!という訳ではないのですが、結構クイクイとイケる感じです。

 食べ物との相性も結構良し。
 味の濃い物から薄い物まで幅広い食べ物と問題無く合わせられます。これは良いですね!

データ――
 原材料 米、米こうじ
 原料米 秋田酒こまち100%使用
 精米歩合 60%
 アルコール度 12度以上13度未満
 日本酒度 +1
 酸度 2.0
 アミノ酸度 0.8
 使用酵母 KT901
 製造年月 24.7.
 阿桜酒造(株)


2012年09月28日追記――
 若干酸味を感じさせる香りが増加。

 む、口当たりが若干強く、そしてわずかにしっとりと……酸味の質が少し変わってきた、かな?
 舌触りには少しだけピリピリ感が出現。
 ただ大まかな印象は前回と余り変わらず。


2012年09月29日追記――
 アルコールの香りが若干増加。

 酸味と苦味、渋味が若干増。
 舌の奥に絡む刺激感が増加。
 味わいは少しだけ尖ってきた印象です。


2012年10月01日追記――
 しっとり甘酸っぱい香りにアルコールの香り。

 前回の変化がさらに進み、エグみも結構感じるように。
 強めの渋味が捌けた後の甘味は、個人的には悪くないと思うのですが……


2012年10月03日追記――
 アルコールの香りがメインに?

 かなり渋いですね……
 これはちょっとキツイかも……大分崩れてしまいました。
 開栓後は早めに、出来たら二日目ぐらいには飲みきってしまいましょう!


1873040579_2.jpg tag : 特別純米 阿桜酒造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。