スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒龍 火いら寿 大吟醸純米酒 生酒 (23BY)

 第566回目。
 「黒龍 火いら寿 大吟醸純米酒 生酒 (23BY)」――福井県の酒です。
 という訳で(?)火いら寿に約四年ぶりのリベンジになります。(前回の感想)
 値段は720mlで5,000円……うん、やっぱり少々お高い!(笑)
 細かい感想は本文中に譲りますが、この酒に関しては二回飲んで十分堪能出来たので、次に再挑戦するとしても相当後になると思います。
 他にもリベンジしたいものや、冷蔵庫のパーシャルルームに年単位で眠っている物などがありますのでとりあえずそちらを優先したいと思い――いや、実際そちらもいつになるか分からないんですけども。
 ……いつか良いことがあったら飲もうと思ってから、もう結構な時間が経ち――と、お決まりの話はこの辺りで(笑)
 しかし途中で寝落ちしてしまったせいで、こんな時間(深夜4時前)の更新になってしまいました……気をつけねば……
 ……では、本文をどうぞ!

(飲み始め:2012年04月14日)

 穏やかで透明感のある香り。
 優しい香りです。

 味わいも香りと同様の雰囲気。
 透明感がありますねー
 穏やかで軽めの旨味と酸味が若干のアルコールの風味や渋味――いや滋味?と共にスルッと口内を滑り、ジンワリと舌の上で広がっていきます。
 お、何杯か飲んでいると軽快なコロンとした口当たりになってきました!
 うん、飲みやすい!良い味わいです。
 スルスルいくらでも飲めそうですね~
 ……ただ綺麗さが強い分、個性は減ってる感じかも。
 ちょっと物足りなく感じる方もいそうな予感……いや、私自身もう少しプラスアルファがあった方が嬉しいと言うか……こういう酒もアリだとは思うんですけどね。

 食べ物とは……合わない訳ではないですが、酒の味が分からなくなるので若干勿体無い感じかも。
 無理に合わせずに単独で飲んだ方が良いかもしれません。

データ――
 原材料名 米、米麹
 使用米 兵庫県東条産山田錦100%
 精米歩合 35%
 アルコール分 16度
 製造年月 12.2
 黒龍酒造(株)


2012年04月16日追記――
 香りは若干丸い感じに。

 甘味とアルコールの風味が若干増え、キリッとした雰囲気が出現。
 舌触りにはわずかに引っかかる感じも。
 結構力強い飲み口になってきました。
 二日目に飲めなかったのはちょっと残念だったかも……


2012年04月18日追記――
 アルコールの香りが増加。
 若干キリッとした香りに。

 アルコールの風味と甘味がさらに増加。
 初日に比べると結構濃い印象も出てきました。
 ……それでも他の一般的な酒に比べればまだまだスッキリとしている気もしますが。


2012年04月20日追記――
 香りにわずかに重量感。

 アルコールの風味と刺激感、渋味やエグみが若干増加し、若干尖った印象に。
 少々崩れてきました。
 勿体無いので早めに飲みきりましょう!


1837907538_103.jpg
スポンサーサイト
tag : 純米大吟醸 黒龍酒造

黒龍 垂れ口 生酒 本醸造

 第562回目。
 「黒龍 垂れ口 生酒 本醸造」――福井県の酒です。
 今年二本目の黒龍になります! (一本目の感想)
 先日衝動買いした高級路線の物も近々飲みますよ~……って、しばらく買わないみたいなことを前回言った矢先にこの体たらくという(笑)
 ……いつか私は物欲によって破滅するかもしれません。
 まあ細かい事はともかく(!?)、本文をどうぞー

(飲み始め:2012年03月31日)

 スッキリ綺麗な甘い香り。
 若干洋ナシ風の雰囲気も?

 おお、柔らかジューシー!
 たっぷり軽快な果実様の甘味と穏やかでジューシーな酸味がスルリ、ジュワッと口内を満たします。
 わずかな刺激感も良いアクセント。

 続いて混ぜて。
 旨味と酸味が増加し、苦味と渋味も若干増加。
 若干複雑な味わいになりましたが、大まかな印象は上澄みと余り変わらないかも?

 うん結構甘味は強いのですが、スッキリとした感じもあるのでかなり飲みやすいです。
 良い味わいだ!
 しかしこれは従来の黒龍のイメージとは結構違う雰囲気ですね~

 食べ物とは甘味が干渉。
 合わせるなら甘い物と。
 食前酒や食後酒、もしくは酒のみで楽しむ方が良いかも。

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 原料米 福井県産五百万石100%使用
 精米歩合 65%
 アルコール分 18度
 製造年月 11.12
 黒龍酒造(株)


2012年04月01日追記――
 最初から混ざった状態で。
 エステル香が若干増加。

 旨味と酸味が若干増加。
 たっぷりな甘味と旨味に、少しキリッとした感じのある酸味や軽めの渋味が絡みます。
 前回よりも少しだけ濃くなり、若干味も増えた印象です。


2012年04月02日追記――
 アルコールの香りが若干増加。

 酸味とアルコールの風味が若干増し、口当たりは少しだけスッキリと?
 後口には若干苦味。
 味は増えてきましたが、バランスは良い感じです!


2012年04月04日追記――
 若干しっとりとした甘い香り。

 アルコールの風味と渋味が増加、苦味も若干増。
 口当たりのピリピリ感も強く。
 結構雑味が増えてきました。


2012年04月06日追記――
 アルコールの香りとエステル香が増加。
 若干尖った香りに。

 強い甘味と旨味に絡む、酸味、アルコールの風味、苦味、渋味、若干エグみ。
 雑味がだいぶ増え、舌触りは若干いがらっぽく。
 元の味が強いので、大きく崩れたという程ではありませんが、もっと早い内に飲んだ方が旨いです。
 開栓後は二、三日で飲みきるのがお勧めですね~


1834293817_42.jpg tag : 本醸造 黒龍酒造

黒龍 吟醸 いっちょらい

 第536回目。
 「黒龍 吟醸 いっちょらい」――福井県の酒です。
 久々の黒龍になります。……居酒屋などではちょくちょく飲んでいたのですけども。
 この銘柄にも色々と再挑戦したいですね……ただ高価格帯の物は金銭的にもうちょっと後で(笑)

(飲み始め:2012年01月23日)

 軽快さのある甘い香り。
 これは……砂糖菓子に、何らかのフルーツが若干……何だろう?

 うん、わずかに刺激感がありながら軽快で良い感じです。
 コロンとした口当たりの軽快な甘味と旨味、そしてスッキリ柔らかい酸味がスルッと。
 後口には若干の渋味と苦味。
 クセが無くてかなり飲みやすいですね~
 スルスル飲めます!

 お、食べ物とも結構合いますね!
 かなり幅広い物と無難に合わせられる印象です。

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 原料米 福井県産五百万石100%使用
 精米歩合 55%
 アルコール分 15度
 製造年月 11.7
 黒龍酒造(株)


2012年01月24日追記――
 香りは若干しっとりと。

 刺激感が増加し、口当たりは若干ピリッと。
 酸味が増して、渋味と苦味も若干増。
 甘味は若干減少。
 初日が結構綺麗な感じだったので、変化がちょっと目立ちやすいかも?


2012年01月25日追記――
 旨味を感じさせる香りが増加。

 アルコールの風味と旨味、苦味が若干増加。
 若干口当たりがしっかりしつつクセも若干増、ただまだ悪くないです。


2012年01月27日追記――
 エステル香が若干増加。
 若干香りに重量感。

 旨味が若干増え、渋味もわずかに増加。
 含み香には若干酒。
 若干個性が弱まってきました。


2012年01月29日追記――
 アルコールの香りが増加。
 ラムネと酒の香り?

 アルコールの風味が増加し、若干キリッとした雰囲気に。
 口当たりにはわずかに引っかかる感触が出現。
 後口にはエグみも少々。
 綺麗さや個性は減ってきていますが、余り崩れた感じではありません。
 ただもっと綺麗な内に飲んだ方が旨いと思います。
 開栓後は……出来たら初日に、もしくは二日目までに飲み切るのがお勧めですね~


1816285740_235.jpg tag : 吟醸 黒龍酒造

九頭龍 大吟醸燗酒

 第194回目。
 「九頭龍 大吟醸燗酒」――福井県の酒です。
 黒龍酒造が燗のために造った酒――しかも大吟醸になります。
 値段が720mlで2,625円と少々お高いものの、衝動的に購入してしまいました!
 細かい感想は本文中に譲りますが、今回飲んでみてやはり実力のある会社なのだな、と再認識しました。
 しかし結構暑い日が増えてきましたが、まだまだ燗酒もイケますね~

(飲み始め:2009年05月29日)

 ほのかに甘い――スッキリとした、若干熟成感のある所謂日本酒らしい香り。綺麗な香り。

 まずは冷酒で――
 スッキリとした淡麗な味わい。少々アルコールの主張が強めかな?
 若干固さがあるものの、米の旨味と甘味がふわりと。
 悪くないです。

 常温――
 味が濃く。酸味とアルコールの風味が増加。

 ぬる燗――
 全ての味が増加。特に柔らかい甘味が立ち上がります。……良い感じだなぁ。
 アルコール感はほとんど無し。まったり。
 うーん、旨い!これは良い味わいです!

 熱燗――
 ぬる燗と比べて旨味と酸味が立ち、甘味は控えめ。少々ピリピリ感もアリ。
 ……私はぬる燗の方が好きですが、こちらが好きという人もいらっしゃるかと。

 燗冷まし――
 余り熱燗と印象は変わらず。……これは結構不思議、と言うか面白いですねー

 食べ物との相性も良し。
 うん、かなり幅広い食べ物を持ち上げてくれます。
 良いなこの酒……

 食中酒としてかなり良い酒です!
 何と言うか……食事が楽しくなる酒ですね!……720mlで2,625円と少々お高いですが。
 旨い燗酒は和みます……

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 精米歩合 50%
 アルコール分 15度
 製造年月 09.1下
 黒龍酒造(株)


2009年05月31日追記――
 甘くスッキリとした酒の香り。香りは余り変わらず。

 甘味、旨味が増加。

 常温――
 まったり。味わいは全体的に柔らかく。
 あ、これは結構良いな……

 燗――
 雑味やアルコールの味わいが少々増加。
 ただ、柔らかくて良い感じです。

 今日の感じだと常温が好み、かも?
 まったり。


2009年06月04日追記――
 甘い酒の香り。若干旨味を感じさせる香りも。

 酸味と熟成香が増加し、全体的に濃く。
 スッキリとした酸味の後を米の甘味と旨味、アルコールの味わいが追いかけます。
 後口に微妙な苦味やエグみが出現したものの、味わいから硬さは消え、かなりまろやかな印象に。

 常温――
 香りはまろやか。
 酸味にアルコールの味わい、微妙なエグみも増加。
 冷やした状態よりも粗が目立ちます。

 ぬる燗――
 常温の味を全体的に強くした印象。アルコール感がピリピリ。

 熱燗――
 アルコールが目立ちますが、その代わり他の味が控えめな印象に。
 比較的まったりめ?

 燗冷まし――
 ぬる燗よりもまろやかで粗が目立たないですね。
 これは若干アルコールが飛んだ効果?

 今日の感じだと冷やして飲むのが一番良いですねー
 温めるとやはり崩れていることが分かってしまいますので……
 開栓直後は温めて、少し日にちが経ったら常温で、更に経過したら冷やして――
 こんな感じがお勧めです!……まあ早めに温めて飲むのが一番だと思いますけども。
 値段は少々張りますが良い酒でした!


1181742363_102.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 大吟醸 黒龍酒造

黒龍 純米吟醸

 第144回目。
 黒龍のスタンダードな商品です。新デザインの瓶が面白い感じですね。
 で、実はこの酒の感想も以前のリベンジだったりします。……あの時の感想は微妙に自信の持てない物だったんですよねー、ハズレを引いたか舌がおかしかったかのどっちかだろう、何て思ったりもしまして。
 しかし今回飲んでみて以前の感想と余り変わらない事が判明しました!私は間違っていなかった!万歳!(?)

 ……と言うわけでリベンジの感想をどうぞー

(飲み始め:2009年03月01日)

 本日は福井県の酒です。
 「黒龍 純米吟醸」

 エステル系の香りとアルコールの香り。少々固い香り。

 キリッとした味わいです。
 まず感じるのは少々セメダインや熟れたバナナを思わせるような強めのエステル系の香り。
 そしてアルコールの味わいに、米の旨味、酸味、後口には苦味やエグみ。
 甘味は少ないですが、甘い香りの作用で結構甘さがあるようにも感じます。

 食べ物とは全く合わず。香りと苦味が食べ物とぶつかってしまいます。
 うーん、合わせるなら香りの弱い甘い物かな?一部のチョコレートとか。
 ただ単独で飲んだ方が良いと思いました。

 燗は――雑味が増加するので、温めない方が吉ですね。

 今日の印象は「固い」かな?
 早く開けすぎたかもしれません。……開栓後の変化に期待!

データ――
 原材料名 米、米麹
 使用米 福井県産五百万石100%
 精米歩合 55%
 アルコール分 15度
 日本酒度 +3
 酸度 1.5
 製造年月 09.1上
 黒龍酒造(株)


2009年03月02日追記――
 若干香りはまったり。チョコバナナのような香りも感じます。

 昨日よりは若干マイルドになったかな?
 ただやはり硬質な印象ですね。

 もう少し置きます。


2009年03月09日追記――
 む?これは……バナナフレーバー入りカフェモカ?何だかまったりとした甘い香り。

 スッキリした酸味に軽快なアルコールの風味。含み香はエステル系ですが、どこかまったり。
 そして以前よりも米の甘味と旨味が目立つように。だいぶ柔らかくなった印象です。
 わずかな苦味も良いアクセント。

 多少好みの差はあると思いますが、私は開栓直後よりも今日の味わいの方が好きですねー
 いやー、こういう変化は嬉しいです!


1095707597_125.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 黒龍酒造

梵 しぼりたて初雪 活性生原酒 山田錦 純米大吟醸

 第125回目。
 ……今回は感想が非常に短いです。
 濁り酒の細かい違いが表現できる味覚と語彙が欲しいですね……
 とりあえずもっと量を飲むしかないか……

(飲み始め:2009年01月29日)

 福井県の酒です。
 「梵 しぼりたて初雪 活性生原酒 山田錦 純米大吟醸」

 甘く柔らかいもろみの香り。

 まずは上澄みから。
 少々強めの甘味を炭酸が引き締めているため、スッキリとした味わいです。
 続いて濁り部分を混ぜて。
 おお……上澄みのみの時よりも複雑な味わいです。甘さも結構控えめに。
 柔らかい酸味と甘味、それに米の旨味。む、炭酸は余り感じなくなりましたね。
 うん、なかなかに旨い!かなり飲みやすいのでカパカパといけます!

 薄味の食べ物とは甘味が干渉。
 お、味の濃い食べ物や甘い物とは合いますね~

 なかなかに良い酒でした!
 今度は濁り酒以外も飲んでみなければ!
 ……そしていつかは720mlで10,500円の物も飲んでみたいですねー

データ――
 原材料名 米、米麹
 使用米 山田錦(兵庫県特A地区産契約栽培米)100%
 精米歩合 40%
 アルコール分 18度
 製造年月 2008.7
 (資)加藤吉平商店


2009年01月30日追記――
 香りは若干濃く。

 甘味、旨味、酸味。ジュワッと。
 む、甘味が結構増加。炭酸も良い感じ。後口には若干苦味?
 なかなか悪くない変化です。


2009年02月03日追記――
 アルコールの香りにラムネ系の香りが混ざります。

 んー、甘味が強い!
 含み香のもろみっぽさや濁り成分と相まって、甘酒を飲んでいるかのような感じも受けます。そして強めの甘味の後を追う、酸味、旨味、渋味。
 ……む、飲んでいる内に甘味が弱まってきましたね。
 代わって苦味が台頭、加えてエグみも目立つように……

 結構崩れた印象ですが、私は嫌いじゃありません。これはこれで!
 ……ただ早めに飲む方が無難だとは思いました。
 他にも色々と飲みます!


1066030618_69.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米大吟醸 加藤吉平商店

黒龍しずく 大吟醸

 第72回目。
 前回飲んだ黒龍の限定品は値段が高いながらも見所があったのですが……
 「現在の」この酒を飲んだ上で、私の感想に納得のいかない方がいらっしゃいましたら、遠慮無くご指摘ください。よろしくお願いします。
 しかし区切り後初っ端でこんな感想になるとは……
 (2010年07月20追記:もしかしたら劣化していた可能性も……いつかリベンジしたいです)

(飲み始め:2008年10月19日)

 本格的に飲酒復活!万歳!
 ……ただまあ、酒量は減らし気味になりますけども。一日二合以内に抑える方向で。
 もう味覚障害は勘弁です……

 と言うわけで復帰第一弾は福井県のこのお酒~
 「黒龍しずく 大吟醸」
 また720mlで5,000円ですよ!高い!
 さてその実力や如何に!?

 モモやブドウのような甘い香り。柔らかくスッキリとした香り。

 ほのかな甘味が口に広がり、アルコールの味わいが全体をキリッとさせています。
 少々硬質なイメージですね、アルコールの固さが感じられると言うか。
 香りはそれほど強くないながらも、口の中で長く自己主張を続けます。
 何と言うか……派手なのに地味、という不思議な印象を受けました。

 食べ物とはあまり合わず。香りが結構干渉しますね……渋味やエグみも顔を出しますし……
 む、エグみは気になりますが、甘い食べ物とはそこそこ合います。

 ……悪くはないのですが、今日の感じでは値段の割に少々不満が。
 時間を置けば柔らかく変化するのでしょうか?
 明日以降に期待します。

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 精米歩合 35%
 アルコール分 15度
 使用米 山田錦100%
 製造年月 08.6
 黒龍酒造(株)


2008年10月20日追記――
 香りがまったりと柔らかくなりました。結構良い感じです。

 甘味、酸味、スッキリ。アルコールの主張は減少。
 口当たりが良くなり、まったりと飲める感じです。
 ただ綺麗さのせいか、少々薄っぺらく感じてしまいます。深みが足りないと言うか……
 ……値段が1,500円ぐらいなら問題は無いんですけどね。
 やはり値段が高いと、その価値に見合うかどうかを結構考えてしまいます。
 数日置いて変化を見ます。


2008年10月22日追記――
 エステル系の香りが増加。バナナのような感じを受けます。

 む、全体的にふくらみが増しましたね。
 甘味、酸味、若干米の旨味。これはなかなか良い感じ。
 うん、次第に良くなってきている気がします。
 次が多分ラスト……さて、どんな感じになるでしょう?


2008年10月24日追記――
 アルコールの香りが濃くなりました。

 甘味、酸味。
 スッキリ飲みやすいです。前回から極端に変わっていません。
 ただ、食べ物との相性は好転したような気が。
 悪くはないと思います。

 結論。
 値段が高いです。でもその割に特徴がありません。
 悪い酒ではありませんが、もう一度5,000円を出すなら他の酒を二、三本買うと思います。
 ……杜氏が替わる前の物を飲んでみたかったです。


968527915_130.jpg tag : 大吟醸 黒龍酒造

黒龍 吟醸 吟十八号

 第50回目ですが淡々と更新。
 もう8月に書いた感想です……ストックがそろそろ不味い……
 とりあえず追いつくまではこのままで行きます。

(飲み始め:2008年08月02日)

 本日の酒は福井県のこちらー
 「黒龍 吟醸 吟十八号」

 バナナ系の香りにマスカット系の香り、そしてスッキリとしたアルコールの香り。

 綺麗な酒質です。淡麗で非常に飲みやすいですね。
 弱めの甘味と酸味に加え、少々渋味はありますが、アルコールの優しい味わいとマスカットのような含み香が合わさって良い感じです。

 色々な食べ物とも無難に合わせられます。
 甘い食べ物とも良く合いますねー

 あまりに飲みやすかったので、飲み過ぎました……
 うーん、恐ろしい(笑)

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 使用米 五百万石
 精米歩合 55%
 アルコール分 15度以上16度未満
 製造年月 08.2
 黒龍酒造(株)


2008年08月03日追記――
 アルコールの香りやバナナ系の香りが濃く。
 む、少し甘味が増加。含み香もバナナ系の香りが強く。
 酸味も増したので全体的に濃くなりましたが、やはり淡麗なのは変わらないです。
 スッキリサッパリ飲みやすい!
 黒龍は多彩ですね~


889561410_89.jpg tag : 吟醸 黒龍酒造

黒龍 火いら寿 純米大吟醸

 第38回目。
 黒龍の限定商品の中では比較的購入しやすい一品です。
 店によっては売り切れても何度も再入荷したりするので、根気さえあれば余裕です!
 2月頃発売なのでさすがに今の時期では買えませんが……
 ポイントは色々なネット通販の店をチェックすること、かな?
 ……
 それはともかくとして、本文をどうぞ。

(飲み始め:2008年07月06日)

 福井県の酒――
 「黒龍 火いら寿 純米大吟醸」
 720mlで5,000円――高い!
 さてその味や如何に?……いや、この値段でマズい訳は無いですけどね(笑)
 とりあえず箱にしろ瓶にしろ凄まじい高級感です。

 酒の甘い香りに、青リンゴや白ワインを思わせる香りが混ざります。
 含み香にはわずかにバナナ系の趣も。
 フレッシュでジューシー。
 膨らみのある柔らかい酸味をすっきりとした甘味が追いかけます。
 んー、飲みやすい。こりゃ危険な酒です……スルスルと飲めますね……
 旨いなー

 む、普通の食べ物やつまみ系の物には全く合いませんが、洋菓子とは結構合いますね!
 特にバター系やクリーム系の菓子との相性はバッチリ!

 一番のお勧めのタイミングは食前酒かな?
 この酒で乾杯……なかなか贅沢ですね。

 むむむ……旨いのですが、この値段ならもっと+αがあって欲しかったかもしれません。
 しかし値段を考えなければ間違いなく旨かったです!
 来年――は財布に厳しいので、数年後にもう一度飲んでみます(笑)

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 35%
 アルコール分 15度以上16度未満
 使用米 山田錦100%
 製造年月 08.2
 黒龍酒造(株)


2008年07月07日追記――
 酸味と甘味がわずかに増加。
 好みの問題でしょうけど、私は二日目の方が好きかもしれません。
 しかし相変わらず雑味の無い綺麗な酒質です。
 うーん、旨い……やっぱり食前酒に最高!
 でも空きっ腹にはやっぱり効きますなー


2008年07月08日追記――
 バナナ系の上立ち香が増加。
 甘味とアルコールの味が増加し、全体的に濃くなった印象。
 少々甘味の奥に渋味が顔を出し始めています。
 ただ変化の賜物か、食べ物との相性は改善。
 かわき物とはそこそこ合うように。
 一長一短?……いや、やはりこの酒本来の魅力は初日の物なんでしょうね。


861354414_16.jpg tag : 純米大吟醸 黒龍酒造

黒龍 吟醸垂れ口

 第11回目。
 黒龍の上級酒は皇室御用達として有名です。
 しかし不当競争になるということで、ラベルにそのことを表示するのは法律で禁止されています。
 友人にそのことを話したら「てっきり皇室では洋酒ばかりだと思ってた」とぬかしやがりましたよ。
 やはり世間的に見ると日本酒の地位は低いんですよね……
 賓客をもてなすのはワイン!……そんな考えで昔から凝り固まっていると言うか。
 まあ洞爺湖サミットでは日本酒や焼酎、梅酒が振る舞われたようですけども……
 だから御用達の表示も別に良いじゃないですかねー、例えその銘柄が人気になってますます買いづらくなったとしても、日本酒全体のイメージが上がるのであれば!
 …………いや、やっぱり私が全種類を一度は飲んでみるまで待ってください(!?

 台無しな感じですが、本文をどうぞ。
 ちなみにこの酒は上に書いたような上級酒ではありませんのでご注意を~

(飲み始め:2008年03月07日)

 本日は福井県のお酒――「黒龍 吟醸垂れ口」を飲みました。
 冷蔵庫に静置した状態では、わずかな「おり」が瓶の底に沈んでいます。
 瓶を何度か揺するとおりが全体に混ざり、わずかに濁った酒に。
 特に書かれてはいませんが、「うすにごり」や「おりがらみ」と呼ばれる酒の一種ですね。

 バナナのような香りに、手作りパンのような香りが混ざります。
 良い香りです。酵母の種類が関係しているのでしょうか?
 そして、このバナナのような香りが黒龍の特徴?
 まだ二種類しか飲んでいないのでアレですが、前に飲んだ純米吟醸も似た香りでしたし。
 別の酒もまた今度飲みますので、そこの辺りはまた後日~

 甘味、苦味、そして刺激を伴う酸味。
 目立って発泡はしていませんが炭酸系の酸味ですね。ピリピリと口内が刺激されます。
 鼻に抜ける香りはラムネ系。
 そして旨味のバランスも良いです。こりゃ旨いなー
 つまみ無しでもぐいぐいイケます!……いや、つまみは逆に無粋?
 ただ、もし何かと合わせるなら甘い物が良いですね。
 普通の食べ物にはこの香りが重荷になると思います。
 いやーなかなか良い酒ですね、これ。
 季節限定品ではあるものの、価格はお手軽。お勧めです。

 あー、空きっ腹に二合は効くわー(笑)

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 使用米 五百万石100%
 精米歩合 55%
 アルコール分 17度
 製造年月 08.1
 黒龍酒造(株)


2008年03月09日追記――
 やはりバナナ系の香り。
 甘味と渋味が増し、苦味も少々増加。反対に酸味は減ったような気が。
 ……食べ物との相性が変わった?
 甘い物との相性が少し悪くなった代わりに、塩味の強い食べ物には良く合うように!
 あー長期熟成チーズ旨ーい。辛い乾き物にも良く合うなー
 今後も限定品等を色々と飲んでみたい所存。旨い!


737544921_86.jpg tag : 吟醸 黒龍酒造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。