スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾瀬の雪どけ 純米桃色にごり本生

 第680回目。
 「尾瀬の雪どけ 純米桃色にごり本生」――群馬県の酒です。
 桜の時期もほぼ終わりかけですが、春らしい、花見にピッタリな桃色の日本酒になります!
 そしてこの酒の何が良いかと言うと、しっかりと味わいが見た目を裏切っていないことですね~
 いや、意外性のある酒も好きですが……って結局何でもアリってことに(笑)
 ……まあ、何にせよ、春らしく華やかで、非常に飲みやすい酒なので、普段日本酒を飲まない方にもお勧めです!

(飲み始め:2013年03月28日)

 上澄みを飲もうと思ったら!
 1897324097_214.jpg
 ……これはちょっと時間かかりそうだなぁ。――と思いきや、二分ほどで落ち着きました。良かった……

 香りは穏やか……
 ほんのり甘酸っぱい香り。
 サクランボ風の香りも?

 おお、甘酸っぱくて爽やか!
 良いですね~、見た目を裏切らないジューシーでフレッシュな飲み口です。
 丸くコロンとした甘味と、そこに続く穏やかで軽めの旨味、そしてジューシーな炭酸由来の酸味にそれ以外の酸味が全体をクイッと引き締め、みずみずしい印象を与えています。
 若干の苦味も良いアクセント。
 うん、良いですね~
 飲みやすいのでグイグイイケます!

 食べ物と合わせるなら甘い物や、味の派手な物と。
 普通の食べ物とは甘味が干渉。
 食前酒やデザート酒としてもお勧めです!

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 55%
 アルコール分 10度
 日本酒度 -33
 酸度 3.3
 赤色酵母使用
 製造年月 25.3.
 龍神酒造(株)


2013年03月29日追記――
 若干香りは控えめに。
 穏やかな甘い香り。
 にごり酒らしい香りも少し。

 炭酸が減って酸味も減少。
 甘味は増加し、結構はっきりと。
 フレッシュさやジューシーさは減りましたが、この感じも結構良し!


2013年03月31日追記――
 香りは余り変わらず。

 酸味と旨味、渋味が若干増加し、甘味は少し落ち着いた印象に。
 全体的に味が太くなった印象です。
 ただ甘味や酸味がはっきりしているので、余り大きくは目立たない感じですね。


2013年04月01日追記――
 香りは若干控えめに。

 さらに酸味が増加。
 他にも全体的に甘味以外が増えた印象。
 甘酸っぱくてなかなかに良いバランスです。


2013年04月03日追記――
 ほんのり甘酸っぱい香り。

 酸味の他に、渋味や苦味などの雑味も増加。
 ただやはり元の味が強いので、雑多さは増しているものの、それほど崩れた感じはありません。
 初日の派手さとは別物ですが、これはこれでなかなか……
 ただまあ、アルコール度数も低めで飲みやすいので、炭酸がしっかりとある初日の内に複数人でスパッと空けてしまう方が、この酒の「らしさ」を味わえて良いと思います。
 わざわざ残して変化を見るのは……私のようにマニアックな趣向をお持ちの方のみで(笑)


1897324097_101.jpg
スポンサーサイト
tag : 純米 龍神酒造

町田酒造 純米吟醸50 直汲み無濾過生酒

 第564回目。
 「町田酒造 純米吟醸50 直汲み無濾過生酒」――群馬県の酒です。
 スペックや酒の搾り方など細かい違いが色々とあってどれにするか迷ってしまいました。
 今度は飲み比べにも挑戦してみたいですねー

(飲み始め:2012年04月05日)

 穏やかでスッキリとした甘い香り。
 アルコールに若干バナナ?
 ほんのり米?

 若干刺激感のあるジューシーな酸味と若干の苦味が、穏やかでしっとりとした甘味と旨味にググッと絡みながら、ジンワリと口内を満たします。
 後口にはスッキリ感のある酸味と苦味がビシリ。
 うん、結構飲み応えがありますね!
 バランスも良い感じです。

 む、飲んでいる内に苦味が強く。
 私はアリだと思いますが、これは若干好き嫌いがあるかもしれません……

 食べ物との相性も悪くない感じです。
 結構幅広く合わせられる印象。
 甘い物には少し苦味がぶつかるかな?

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 兵庫県産米 山田錦
 精米歩合 50%
 アルコール分 16度以上17度未満
 日本酒度 +2
 製造年月 2012年1月
 (株)町田酒造店


2012年04月06日追記――
 香りは若干柔らかく。
 旨味を感じさせる香りが出現。

 酸味と旨味、渋味が若干増加し、口当たりは若干太く穏やかな感じに。
 反対に苦味と甘味が若干減少。
 口当たりは少しだけピリッと。
 うん、まったり飲めます。


2012年04月07日追記――
 香りは穏やかさが強く。

 前回の変化がそのまま若干進んだ印象。
 苦味は若干ありますが、穏やかで良い感じですね~


2012年04月09日追記――
 アルコールの香りが若干増え、少しだけスッキリとした香りに。
 ほんのり甘酸っぱさも。

 甘味と酸味、渋味が若干増加し、口当たりのピリッと感が強く。
 全体的に味が増えてきましたが、バランスは悪くないです。


2012年04月11日追記――
 アルコールの香りがさらに増加。
 若干ペタッとした感じも。

 アルコールの風味が増加。
 ピリピリ感も強くなり、辛口な雰囲気が強く。
 少々尖った感じが強くなってきました。
 ここまでは置かない方が旨いですが、無理に早く飲まなくても問題無いと思います。
 じっくりと苦味の変化を見るのもなかなかに楽しい感じですよ~


1835643744_143.jpg tag : 純米吟醸 町田酒造店

尾瀬の雪どけ 純米大吟醸 澄酒 生酒

 第545回目。
 「尾瀬の雪どけ 純米大吟醸 澄酒 生酒」――群馬県の酒です。
 裏ラベルによると「澄酒とは、しぼったお酒の上澄みを集めたお酒です」とのこと。
 旨そうで良い説明ですね!……ただせっかくなのでその残った部分も飲みたいかも(笑)

(飲み始め:2012年02月16日)

 スッキリとした、若干の甘酸っぱさを感じられる香り。
 サクランボ風の香りもわずかに?

 口に含んだ瞬間のふっくらとした口当たりから、若干ピリッとした刺激感が広がります。
 穏やかな甘味と旨味、酸味がメインで、柔らかく軽快な苦味と渋味が良いアクセント。
 フレッシュ感はそれほど強くないですが、新酒らしい爽やかさが感じられます。
 む、飲んでいる内に若干アルコール感が立ってきました。
 これはこれで!

 食べ物と合わせるなら甘味のある物と。
 ただ甘い物とは若干合わないかな?
 無理に食べ物と合わせなくても良いかも。

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 47%
 アルコール分 16.5度
 日本酒度 +1
 酸度 1.3
 製造年月 23.12
 龍神酒造(株)


2012年02月17日追記――
 甘い香りが増加。
 若干スッキリと。

 刺激感が若干増加し、キリッとした雰囲気が強く。
 む、ただ飲んでいる内に穏やかさが増してきました。
 旨味と酸味、アルコールの風味が若干増加。


2012年02月18日追記――
 香りはさらにスッキリと。

 アルコールの風味と刺激感が若干増加し、さらにキリッと。
 ただ前回とそれほど変わらない感じですねー


2012年02月20日追記――
 アルコールの香りと若干のエステル香。

 刺激感が若干減少し、どこかスッキリ穏やかになった印象。
 そして甘味が若干増加。
 全体的に雑味が増えてはいるのですが、バランスはとれてる感じです。
 スルッと飲めます。


2012年02月22日追記――
 香りは若干減少。

 旨味と甘味が若干増え、かなり落ち着いた飲み口に。
 ピリピリした刺激感はほぼ無くなりました。
 渋味や苦味などの雑味はそこそこあるものの、穏やかで飲みやすいです。
 好みの問題もあるので一概には言えませんが、個人的には初日と別方向でアリだと思います。
 というか私はこの感じ結構好きです(笑)
 ただこれはいつまでに飲んだ方が良いかはハッキリと言えないかも……
 初日の感じが気に入ったらそのまま飲みきってしまって良いと思いますし、細かい粗が気にならないのであれば一週間経っても十分楽しめるのではないでしょうか。


1822750641_113.jpg tag : 純米大吟醸 龍神酒造

龍神 山田錦 五十五

 第265回目。
 「龍神 山田錦 五十五」――群馬県の酒です。
 代表銘柄「尾瀬の雪どけ」が有名な龍神酒造の、自らの社名を冠した酒になります。
 使用米やスペックによってラベルの色が違うのですが、結構そのカラフルな感じが以前から気になっていたんですよね~
 今回も酒店ではカラフルなラベルがズラリと並んでおり、色々と目移りしてしまいました……
 ただせっかく飲むならと言うことで、最も龍神らしいと言う山田錦使用の酒を選択!
 今度は他にも色々と挑戦してみたいですね~

(飲み始め:2009年09月18日)

 穏やかな香り。それほど強くはない甘い香り……若干バナナ?

 穏やかながらも結構ハッキリとした甘味が、アルコールの味わいと軽快な酸味の効果でスッキリと。
 じわじわと広がる旨味も良い感じ。
 うーむ、なかなかに良い酒だなー
 派手な特徴などはありませんが、飲みやすいのでグイグイ飲めてしまいます。
 お、飲んでいる内にじわじわと旨味が広がってきますね~

 食べ物との相性は物によっては甘味が干渉するものの、悪くないです。
 うん、なかなかに良い酒です!

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 山田錦
 精米歩合 55%
 アルコール分 17度以上18度未満
 製造年月 21.8.
 龍神酒造(株)


2009年09月19日追記――
 穏やかな甘い酒の香り。良い香り。

 旨味が増加し味わいが若干濃い印象に。
 酸味も増加、アルコールの味わいも濃く。後口には苦味が出現。

 食べ物との相性は初日より悪く。
 甘味の干渉が若干強いですね。

 ぬる燗――
 アルコールが少々ツンと。
 味わいにもエグみが少々……

 熱燗――
 アルコール感は強いものの、立ち上がった甘味が面白いです。

 ただ温めない方が旨いかな?


2009年09月20日追記――
 アルコールの香りが増加し、いわゆる酒らしい香りが強く。

 アルコールの味わいと香りが少々尖った印象に。
 そしてその後から来る、甘味、旨味、酸味、若干苦味。
 悪くないですが、少々アルコール感が気になってきました。


2009年09月22日追記――
 エステル香が強く。
 アルコールの香りとエステル香の組み合わせで、少々尖った印象の香りに。

 アルコール感がかなり強いですねー
 アルコール、甘味、酸味、旨味。
 後口には若干エグみも。……これはアルコール由来でしょうか?


2009年09月24日追記――
 いわゆる酒らしい香り?

 酸味が増加。
 アルコール感は前回よりも弱くなった気がします。
 甘味、酸味、旨味、苦味。
 後口にはさらに苦味、そして渋味。
 結構酒質が重たくなってきて、舌触りにも引っかかる感触が出現。

 個人的には今日の味わいも嫌いではありませんが、早めに飲んだ方が美味しく飲めると思いました。


1287215731_200.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 龍神酒造

浅間山 鑑評会出品酒

 第59回目。
 鑑評会も以前とは大きく様変わりしてきたようで、派手な酒とそうでない酒を大まかに分けてから審査しているそうです。
 なので最近では、以前なら受賞出来なかったような酒から受賞酒が生まれているとのこと。
 まあ既に多くの審査を乗り越えて全国新酒鑑評会まで来ているような酒には、極端な質の優劣なんて無いらしいのですが……
 以上、本文中の補足でした(笑)

(飲み始め:2008年08月31日)

 最近よく行く酒屋で、店長の方とちょくちょくお話ししています。
 やっぱり酒業界の最前線に関わっている方の言葉は非常に面白いですね~
 私も日本酒関連の本を色々と読んできましたが、生の知識というのはやはり重みが違います。
 鑑評会の最新の動向なんて、普通の生活じゃ学べませんし。
 ……と言うわけで、鑑評会出品酒を衝動買い(笑)
 500mlで3,000円と結構お高いですが、後悔はしてないぜ!

 群馬県の酒です。グレードは大吟醸。
 「浅間山 鑑評会出品酒」

 綺麗で涼しげなスッキリとしたマスカットのような香り。

 おお、もの凄く飲みやすい!
 綺麗で柔らかい口当たり。口の中をまろやかに巡ります。
 柔らかい酸味に甘味、それに軽めの渋味。
 含み香はマスカットやメロン、それにアルコールが少々。
 しかしその香りはフワリと広がった後、スッと消えていきます。
 ああ、旨いな……これは値段の高さも納得できる……

 食べ物との相性もなかなか良し!
 横からスッと手を差し伸べ、それほど自己主張はしませんが、その軽く差し出しただけの手には食べ物を持ち上げる力があります。
 うーん素晴らしい。非常に良い酒です。

 しかしぜいたくな悩みですが、いきなり最高峰の物を飲んでしまうと、次に何を飲んで良いのか困りますねー
 まあとりあえずは明日の変化を追うのですが……微妙に不安です(笑)

データ――
 原材料 米、米麹、醸造用アルコール
 精米歩合 35%
 アルコール分 17度以上18度未満
 製造年月 20.6.
 浅間酒造(株)


2008年09月01日追記――
 香りはマスカットに青リンゴ。
 スッキリ柔らかい酒質。相変わらず綺麗な印象。
 酸味と甘味が増加。弾ける香り――
 旨い……
 劣化するかと思っていましたが、全くそんなことはありませんでした。強い酒ですねー
 他のグレードと言いましたが、この酒ももう一度飲みたいです。
 いやー、良い酒でした!


919282590_22.jpg tag : 大吟醸 浅間酒造

尾瀬の雪どけ 純米吟醸びん囲い本生

 第13回目。
 この頃になると感想の書き方もだいぶこなれてきましたね。
 ……当時読んだ本の影響か、大手酒造会社に噛みつく悪い癖は消えてませんけども。
 そして、この時にスキル(?)「一週間放置」を獲得。
 これ以降、それまで何となく見ていた時間による酒質の変化を、より意識して見るようになります。

(飲み始め:2008年03月16日)

 「尾瀬の雪どけ 純米吟醸びん囲い本生」
 群馬県のお酒です。

 米の香り……そしてマスカットのような香り。
 甘味と酸味、渋味。苦味も少々。甘味が強めかな?
 口から鼻に抜ける香りはもろみに青リンゴが少々。
 アルコールの強さも感じます。空きっ腹が熱い(笑)
 無濾過無加水だけあって力強さのある酒ですね。

 お燗してみると酸味が立ち、バランスが良くなりました。
 食べ物にも良く合います。うん。

 ――
 家に来た親戚に四合瓶に移して一本あげました。
 一升瓶は一人で開けると消費に困るので難しいですよね。
 銘酒が一合瓶や二合瓶などで手軽に買えるようになれば、普通の人が日本酒を手に取ってくれる機会も増えるのでしょうけど。
 少し前のカップ酒ブームも継続したヒットまでには至らなかったですし……体力のある大手酒造メーカーがもっと世間に訴えかけるような商品を出してくれればなあ……
 ……脱線しました。
 ちびちびと飲んでいきます。

データ――
 アルコール分 17度以上18度未満
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 55%
 製造年月 20.2
 龍神酒造(株)


2008年03月18日追記――
 甘味が減少。酸味と苦味、アルコールの味が大幅増加。
 口から鼻にアルコールの香りが抜けていきます。

 燗してみる。酸味増加……アルコールの香りも。

 むむ、随分早く崩れたような?
 飲んでいる内に渋味も強く感じるようになりましたし……
 やはりこの酒も大人数で一気に消費してしまうべきかもしれませんね。


2008年03月19日追記――
 酒、というかアルコールの香りがかなり強くなりました。
 甘い香りは姿を消し、何とも重たげな香りに……

 しかし――
 アルコールの味が濃くなりましたが、それだけではなく甘いが辛いという印象に変化。
 ……これは意外と面白いかも。
 不思議と昨日は強く感じた酸味を余り感じませんし。
 体調の問題もあるのでしょうか?
 後口に苦味や渋味が残りますがこれはこれで!
 うん、昨日より旨い気がします。
 ……残りはもう少し日数を置いて飲んでみよう。
 こんなに何段階も変化するものとは……
 改めて自分の見識の浅さを思い知らされました。


2008年03月23日追記――
 おお!
 甘味と酸味のバランスが良いです。しかも飲み口スッキリ。
 逆に少々強かったアルコールの味は減少した感じに。
 これは良い変化……というか、凄まじい変化ですよ?
 開栓後一週間ですがこんなにも複雑に変化するんですね……
 飲んでいる内に甘味が増して少し重くなってきますが、それは飲み過ぎなければ良い話。
 何にせよまた新しい日本酒観を得られました!


746413749_97.jpg tag : 純米吟醸 龍神酒造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。