スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手取川 一号しぼり 大吟醸生原酒無濾過

 第675回目。
 「手取川 一号しぼり 大吟醸生原酒無濾過」――石川県の酒です。
 以前書いた通り、一号しぼり四本セット(?)の最後の一種類になります!(田酒南部美人國権)
 売り切れそうになっていたのを慌てて購入しました(笑)……私はいつもこんな感じですねー
 そしてもう時期的にも一号しぼりがどうとか――と毎度の話はともかく……
 しかしこうやって一見接点の無さそうな酒蔵が共同で企画を行うと言うのは面白いですよね。
 またどこかで似たような企画があると嬉しいかも!……問題は私の低いアンテナに引っかかるか、ですが。
 ……何にせよ、本文をどうぞ!

(飲み始め:2013年03月14日)

 しっとり穏やかな甘い香り。
 もっと早く買っていたら、もっとフレッシュな感じの香りだったのでしょうか?

 しっとりと、若干濃いめの口当たり。
 ……おお!それでいて綺麗さもあって、捌けはなかなかに良いですね~
 味わい的には濃いめの甘味と旨味がメインで、それらを酸味が軽く引き締めています。
 後口には軽めの渋味。
 若干の刺激感も良いアクセントです。

 食べ物とは甘味が干渉。
 合わせるなら甘い物と。

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 精米歩合 45%
 アルコール分 18度
 製造年月 2012.12
 平成24年11月21日検定
 (株)吉田酒造店


2013年03月15日追記――
 アルコールの香りがわずかに増加。

 アルコールの風味と刺激感が増加し、結構キリッとした雰囲気が出現。
 味の濃さとそれらが同居。
 少々印象は変わりましたが、悪くない感じです。


2013年03月16日追記――
 香りは若干控えめに。
 ほんのり蜜風の香りも?

 旨味が若干増え、反対に甘味は若干減少?
 味の濃い感じも含め、全体的にしっとり落ち着いた印象です。
 刺激感は若干。
 なかなかに激しい変化ですね~


2013年03月18日追記――
 アルコールの香りが若干増加し、しっとり感も増加。

 香りと同様にアルコールの風味が若干増加。
 うん、全体的にさらに落ち着いた飲み口になってきました。
 味の濃さも薄れた印象。
 悪くない……


2013年03月20日追記――
 しっとり甘いアルコールの香り。

 む、ピリピリとした刺激感が増加。
 アルコールの風味と苦味も若干増。
 味の濃さがさらに薄れたためか、全体的に結構味が増えた印象です。
 バランスも少々悪く。

 開栓後は三日ぐらいかけて変化を楽しみながら飲むのがお勧め、でしょうか?
 あ、初日の感じが気に入った方はその日の内に是非!


1895832734_207.jpg
スポンサーサイト
tag : 大吟醸 吉田酒造店

The 手取川 大吟醸酒 改

 第659回目。
 「The 手取川 大吟醸酒 改」――石川県の酒です。
 何とも日本酒らしくないど派手な(?)ラベルに惹かれて購入しました。
 1890199964_24.jpg
 ……しかしその中身は、外見からは想像出来ない綺麗な大吟醸!(注:外見云々はあくまで個人の感想です)
 ジャケ買い大正解!(笑) 値段も720mlで1,350円とお手頃なのが良い……
 さらに米や水も地元産で揃えているとのことですので、地域密着型の地酒にこだわる方にもお勧めです。
 今度は他の酒も飲んでみようと思います。

 では本文をば!

(飲み始め:2013年01月24日)

 しっとりとした穏やかな香り。
 ほのかにイチゴ系の香りも。

 滑らかな舌触りとわずかに刺激感のある口当たりが同居。
 香りと同様、しっとり穏やかな飲み口です。
 含み香には米とわずかにイチゴ。
 あー、優しい飲み口ですねー
 軽快で柔らかい旨味と控えめの甘味に、やはり軽快な酸味と若干の刺激感がクイッと。
 飲みやすいのでスルスルイケます!

 おお、食べ物とも合いますね!
 味の濃い物から薄い物まで何にでも合わせられます。
 ただ酒単独でも十分旨いので、合わせるか合わせないかはお好みで?

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 使用米 麹米:山島産石川門、掛米:山島産五百万石
 精米歩合 50%
 アルコール分 15度
 製造年月 2012.10
 出荷年月 2012.10
 (株)吉田酒造店


2013年01月25日追記――
 穏やかな甘い香り。
 ごくわずかに何らかの蜜風の香りも?

 旨味と酸味が若干増え、口当たりが少しだけ強く。
 渋味もわずかに増加。
 綺麗さは若干減。
 ただやはり飲みやすくて良い感じです。


2013年01月26日追記――
 む、この香りは……何らかのフルーツヨーグルト風?

 旨味とアルコールの風味が若干増加。
 口当たりの強さや舌触りの刺激感も若干増。
 ただまだまだ飲みやすいです!
 スイスイイケますね~


2013年01月28日追記――
 旨味や酸味を感じさせる香りが若干増加。

 アルコールの風味が増え、わずかに辛口感が出現。
 後口の渋味や苦味も若干増。
 少々バランスが尖ってきました。


2013年01月30日追記――
 香りは若干落ち着いた印象に。

 前回の変化がそのまま進んだ感じですねー
 個人的にはまだまだ嫌いじゃないですが、早く飲んだ方が綺麗で旨いです。
 開栓後は二、三日以内に飲みきりましょう!


1890199964_135.jpg
tag : 大吟醸 吉田酒造店

福光屋 酒炭酸 三種類(clear、old、tonic)飲み比べ

 第603回目。
 「福光屋 酒炭酸」を三種類(clear、old、tonic)飲み比べしてみました。石川県の酒になります。
 デパートの酒売り場で並んでいるのを見て、思わず購入していました。
 直球な名前が潔くて良いですね!
 余りキャッチーな酒質ではありませんが、爽やかにサクッと飲みたい方には悪くない、かも?……old以外は。
 ……では本文をどうぞ!

――
一日目――
 とりあえず香りと味を通して見てみます。
 まずは一週。
 ・clear
 香りは控えめでほんのり甘く。
 柔らかい香りです。
 うん、穏やかな酒に炭酸を加えた感じですねー
 米の旨味に炭酸の酸味。
 ちょっと味は薄めですが、逆にさっぱりと飲めて良いのかも?

 ・old
 おお?ちょっと不思議な香りに。
 軽めの熟成香を炭酸の爽やかさが減らしているような?
 うわっ……すみませんこれ、私苦手です……
 古酒としては軽めな感じなのですが、炭酸の刺激感や酸味が、熟成感のある含み香とミスマッチと言うかちぐはぐと言うか……
 む、ただ口で味わわずグイッと飲み込むと、悪くはないのかも……
 そうすると重たさを余り感じません。
 これならアリ、かな?

 ・tonic
 うん、香りはトニックウォーターって感じですねー
 爽やかな香りです。
 ほんのりヨーグルトラムネ風の雰囲気も。
 ああ、これは飲みやすいですねー
 ただ全く清酒らしさはありませんけども。
 グレープフルーツ風の苦味が良いアクセントに――と思ったら原材料に苦味料が(笑)
 まあ割りきって飲む分にはこれでも結構良いのかもしれませんね。

 続いて二週目。
 ・clear
 うーん、やっぱり薄いなぁ……
 グイグイ飲める感じは夏らしく爽やかで良いのですが……

 ・old
 ああ……最初はインパクトが強くて気づかなかったのですが、これも酒としては薄いですね……
 まあこんな感じのインパクトがあれば逆に個性があって良いとも考えられる気がしますよ?

 ・tonic
 ほんのりヨーグルト風味の炭酸飲料+苦味……
 あれ?こんな感じの清涼飲料がちょっと前にあったような?
 ……うん、相変わらず清酒っぽさはゼロですが、私はこの味嫌いじゃないです。

 食べ物と合わせて。
 ・clear
 味が薄いので食べ物を邪魔しません。

 ・old
 味の薄い食べ物には香りが若干ぶつかります。
 合わせるなら香りに負けない物と。

 ・tonic
 味の薄い食べ物には若干甘味が干渉。
 ただまあ幅広く無難に合わせられます。

 ……さて、変化はどんな感じでしょうか?


二日目――
 ・clear
 香りは少しだけ太く。
 炭酸以外の酸味が若干増加。
 炭酸が少し減ったため、微妙に特徴も減ってしまった気がします。

 ・old
 香りは若干穏やかに。
 軽快さのある熟成香です。
 ああ……味わい的には余り変わっていません……
 炭酸が減って、ほんのわずかに甘味が顔を出したぐらいでしょうか?
 やはりグイッと一息にあおるのが良いと思いますが、初日よりものど越しは少し重たくなったかも?

 ・tonic
 香りはわずかに穏やかさが増加。
 苦味が増加。酸味も若干増。
 甘味は少し控えめに。
 初日よりも若干バランスが尖ってきました。


四日目――
 ・clear
 香りはさらに太く。
 若干旨味を感じさせる香りも。
 さっぱり穏やかです。
 炭酸は減ったものの、酸味と旨味が若干増加。
 後口にはわずかにエグみ。

 ・old
 香りは少しだけはっきりと。
 炭酸が減ったため、ほんのり炭酸の酸味が絡む薄めの熟成酒といった感じに。
 ただやはりアンバランスな感じは否めませんね……
 む、後口にはエグみや重さが若干。

 ・tonic
 ヨーグルトラムネ風の香りが強く。
 酸味が増加し、苦味もわずかに増加。
 後口には渋味。
 これはこれで……


七日目――
 ・clear
 む、香りは若干控えめに?
 炭酸は大幅に減少し、ほんのり炭酸由来の酸味とわずかな泡が残っているぐらい。
 うん、若干味が増えた感じもありますが、やっぱり薄めな印象です。

 ・old
 香りは薄めの熟成酒。余り印象は変わらず。
 ああ……炭酸が大きく減ったせいで薄さが目立ちますね……
 酸味やエグみなど味がさらに増え、少々飲みづらさも……
 薄いのに重たいという微妙な印象というか……
 炭酸があった時の方が良かったかも?

 ・tonic
 む、わずかにジンライム風の香りも?
 酸味、苦味、渋味、エグみが増加。
 ただまあこういう酒もアリっちゃアリ、かな?

 ……とりあえず、一度開栓したらその日の内に飲みきることをお勧めいたします。
 一本200mlでアルコール分も6度ですから、多分余裕です!

 少々狙い所がぼやけている印象はありますが、こういう酒を出してみたこと自体に価値がある気がします。
 新しい市場開拓につながる可能性もありますからねー

データ――
 ・clear
 原材料名 米、米麹、炭酸ガス
 アルコール分 6度
 製造年月 2012.05
 (株)福光屋

 ・old
 原材料名 米、米麹、炭酸ガス
 アルコール分 6度
 製造年月 2012.06
 (株)福光屋

 ・tonic
 原材料名 清酒、果糖ブドウ糖、酸味料、香料、苦味料
 アルコール分 6度
 製造年月 2012.02
 (株)福光屋


1859960478_206.jpg tag : 純米 その他 福光屋

常きげん 新酒ヌーボー 初しぼり

 第567回目。
 「常きげん 新酒ヌーボー 初しぼり」――石川県の酒です。
 もう4月も終わりが近いと言うのに、未だ新酒~や、しぼりたて~などの酒がが冷蔵庫に数多く……
 それほど酒に強くもないのに調子に乗って買いすぎたのが原因なのですが……
 季節外れに飲むことになり造り手の方々には申し訳なく思っております……
 ……
 今年は常きげんの上位酒にも出来たら色々と挑戦したいですね!

 ……ちなみに更新の間が開いてしまったのは、更新したつもりになって素で忘れていたためです。
 ……すみません。

(飲み始め:2012年04月16日)

 しっとり甘い香り。
 アルコールの香りも若干。

 舌先ではしっかりとした感じですが、舌の奥ではスルリとした滑らかが感じられるような気がします。
 お、何回か口に含むと滑らかさよりも力強さが出てきました。
 逆に舌先はピリッとしなからもスルリとした印象に。
 キリッとした飲み口で良い感じですね~
 力強いアルコールの風味に酸味、旨味がググッと。
 む、飲んでいる内にさらに力強い飲み口に。
 少しだけ尖った部分が出てきたような?
 余り飲みすぎない方が良いかもしれません。

 食べ物とは味の濃い物と。
 味の薄い物にはアルコールの風味が若干干渉。

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 精米歩合 60%
 アルコール分 18度以上19度未満
 製造年月 2012.1.
 鹿野酒造(株)


2012年04月18日追記――
 香りは余り変わらず。
 アルコールの香りが若干増加。

 甘味が若干増。
 キリッとした感じは若干減って、少しだけ濃い印象が増加。
 苦味もわずかに増加し、全体的に味が増えてきました。
 飲み応えがありますねー


2012年04月20日追記――
 スッキリ甘い香り。
 やはり香りは余り変わらず。

 アルコールの風味と苦味、渋味が若干増加し、結構辛口で尖った印象に。
 舌触りには引っ掛かる感じが出現。
 少々飲みにくくなってきました……


2012年04月22日追記――
 アルコールの香りが増加し、少々尖った香りに。

 前回の変化がそのまま進んだ感じです。
 結構クセが出てきてますねー……ただ個人的にはこの少々飲みづらい感じも嫌いじゃないです。
 ……お勧めは出来ませんが(笑)
 うん、なるべく早く飲みきるべきでしょう!


1838386600_97.jpg tag : 区分不明 鹿野酒造

常きげん 山廃仕込純米酒 (2011年産)

 第510回目。
 「常きげん 山廃仕込純米酒 (2011年産)」――石川県の酒です。
 長い間品切れが続いていた山廃純米がついに復活しました!
 結構数も出ているみたいなので、気になっていた方はこの機会に是非!

 ……しかし、昨年の感想と見比べてみたのですが、結構味わいや変化の仕方が違うような?
 酒質が若干変わったか、それとも自家熟成期間の差か……む、スペック的には変化してないみたいですね……まあ色々と考えられますが、どちらも良い感じなので良し!(笑)……いや、私の味覚のせいでなければ良いのですが。
 では本文をどうぞ……

(飲み始め:2011年11月17日)

 甘く丸い香り、砂糖菓子にわずかにバター?

 若干ミネラル感のある口当たりから、ジワリと染み出す旨味と腰の強い酸味、そして柔らかい若干の渋味と苦味。
 スルリ、ジワリと。
 そして温度が少し上がると若干の刺激感が出現し、全体にビシッとした印象をもたらします。
 うん、単純な飲みやすさや旨さでは山廃純米吟醸の方が上でより万人向けの味わいだと思いますが、これもまたじっくりと楽しめる良い味わいですね~
 染み入ります……
 あ、もしこの酒でも飲みやすさを優先するなら、冷蔵庫でしっかりと冷やしながら飲むのが良いかも?どちらもアリです!

 うん、食べ物との相性もやはり良い感じだ……

 ぬる燗――
 柔らかいですね~
 ……ただ既に飲み食いし過ぎて細かい味わいがよく分からなくなってしまいました(笑)
 明日再挑戦します!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 五百万石
 精米歩合 65%
 アルコール分 16度以上17度未満
 日本酒度 +3
 酸度 1.8
 アミノ酸度 1.5
 製造年月 2011.10.
 鹿野酒造(株)


2011年11月18日追記――
 若干香りはスッキリと。

 お、初日では温度が上がるまで出てこなかった刺激感が低温でも出てますね。
 増加したのは酸味と苦味、若干渋味。
 結構しっかりと力強い飲み口になりました。

 む、常温に近づくと全体的に味が濃くなり刺激感も増加、少々辛口な感じの尖った印象に。
 これはこれで面白いです。

 ぬる燗――
 おお!尖った味わいが全体的に柔らかくなり、酸味が米の旨味、軽快な甘味と共に丸く立ち上がります。
 うん、良い味わいです!
 まったり……


2011年11月19日追記――
 米の香りが増加。

 酸味と渋味が若干増加。
 少し酒の輪郭が尖ってきた印象。

 燗の温度が低めだと刺激感が前面に。
 ただ高めに燗つけると酸味が若干尖りますね……
 今日の感じだと無理に燗しなくても良いかもしれません。


2011年11月21日追記――
 穏やかな米の香り。
 わずかに熟成感?

 苦味が増加し、さらに尖った印象が強く。
 結構辛口な感じになり、クセも増えてきました。


2011年11月23日追記――
 アルコールの香りが増加。

 大まかな印象は前回と余り変わらず。
 酸味と苦味が結構尖っているので、少々飲みづらい感じも。
 開栓後はなるべく早く飲んだ方が良いですね。


1796494219_31.jpg tag : 純米 鹿野酒造

常きげん 山廃純米吟醸

 第503回目。
 「常きげん 山廃純米吟醸」――石川県の酒です。
 2年ちょっと前に生原酒を飲みましたが、今回は火入れになります。
 さすがの旨さでした……いつかもっと高位の酒にも挑戦したいですね……
 そして品薄気味だった山廃純米(以前の感想)もちらほら見かけるようになったので、そちらもまた買おうと思います!

(飲み始め:2011年10月27日)

 穏やかで濃い米の甘い香り。

 うん、旨い……
 穏やかで濃醇な甘味と旨味は口当たり滑らか。
 軽快でそれでいてしっかりとした酸味と共に口内をじっくり満たします。
 含み香は米に若干栗?穏やかな甘い香りです。
 優しい味わいだな~

 んー食べ物と合いますね~
 何にでも合うのが良いなぁ、食も酒も進む進む!
 危険な酒だわ~(笑)

 ロック――
 甘味が減少。
 マイルドな飲み口です。
 これまたなかなか……

 む、常温に近づくと甘味に重量感が出現。
 食べ物にも若干甘味が干渉するように。
 裏ラベルの通り冷やした方が旨いですねー

 ぬる燗――
 旨味と酸味、軽めのアルコールの風味が立ち上がります。
 うん、良いですね~
 ホッとする味わいです。
 ただ冷やした状態でも十分旨いので、温めるかどうかはお好みで良いかな?
 ……いや、温める前にさんざん飲み食いしたせいで、私の味覚が万全では無くなっているだけの可能性も?
 ……どちらにせよ良い酒でした!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 55%
 アルコール分 17度
 日本酒度 +3
 酸度 1.6
 製造年月 2011.1.
 鹿野酒造(株)


2011年10月28日追記――
 香りはさらに穏やかに。
 若干の熟成香も?

 あー、穏やかだな~
 含み香にも上立ち香と同様の印象が出現。
 甘味が若干減少し、旨味と酸味が若干増加。
 口当たりには若干の刺激感、後口にはそれに加えて苦味が少々、ピリッと。
 やっぱり旨い!


2011年10月29日追記――
 熟成香が増加。
 穏やかでしっとりと。

 旨味が増加し、アルコールの風味と苦味が若干増加。
 少し味が増えた感じです。


2011年10月31日追記――
 アルコールの香りが若干増え、少しスッキリとした印象に。

 酸味と甘味、アルコールの風味が若干増加。
 若干刺激感はありつつも穏やかな味わいです。


2011年11月02日追記――
 スッキリとした印象と熟成香の重厚さが同居。
 結構良い感じかも。

 若干渋味が増え口当たりに少々重量感が出現。
 ただアルコールの刺激感と相まってなかなかに良いバランスです。
 そして綺麗さは減少しているものの、味わい的にはほとんど崩れていません。
 やっぱり良い酒だなぁ……


1789798231_203.jpg tag : 純米吟醸 鹿野酒造

常きげん 特別純米 自社栽培米仕込 幻の加賀の庄

 第483回目。
 「常きげん 特別純米 自社栽培米仕込 幻の加賀の庄」――石川県の酒です。
 今年初め頃の試飲販売で購入した際に聞いた所によると、昨年3月から山廃純米の品切れが続いていたそうで、この酒は急遽持ってきた速醸もとの製品とのことでした。
 今日現在でも公式サイトの通販ページでは品切れ状態だったので、未だその人気は衰えを知らないようです。恐るべしプロフェッショナルの効果……

 一緒に別の酒も購入しているので、なるべく早く飲みたいと思います!……変化に強そうなイメージの酒だと、飲むタイミングが遅れがちになってしまっている現状なので、何とかしなければ……
 では本文をば!

(飲み始め:2011年08月28日)

 柔らかい米の香り。
 ごくわずかに熟成香?

 穏やかな旨味と酸味に、軽めの甘味とわずかな苦味が続きます。
 後口には若干渋味、そして含み香には米と若干の熟成感。
 派手さや際立った個性はありませんが穏やかで飲みやすいです。

 常温――
 旨味と酸味が増え、若干濃く、そしてさらに穏やかな印象に。
 若干重量感が出てきたものの、これは良い米の味わいです!
 まったりと……

 お、食べ物とも結構合いますね~
 良い感じだ!

 ぬる燗――
 常温から重量感を減らして酸味を増やした感じですね。
 うん、旨い。

 熱燗――
 ぬる燗+甘味と渋味?
 悪くないですが、ぬる燗の方がバランスが良いかな。

 冷やした状態とぬる燗が個人的には特にお勧めです!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 60%
 アルコール分 16度
 日本酒度 +3
 酸度 1.5
 アミノ酸度 1.3
 製造年月 2011.1.
 鹿野酒造(株)


2011年08月29日追記――
 穏やかな香り。
 若干酸を感じさせる香りも。

 酸味が増加。
 柔らかい酸味と刺激感のある酸味の多重構造。
 続くのは旨味と若干渋味、最後に甘味。
 うん、良い感じです。
 結構キリリとした酒質になってきました。

 ぬる燗――
 甘味と酸味が穏やかに立ち上がります。
 柔らかくて旨いです!


2011年08月30日追記――
 若干香りは軽快に。

 穏やかな飲み口。
 独特の酸味は前回からそのまま。
 そして若干渋味が増加。
 まったりと。

 ぬる燗――
 む、若干刺激感が出てきました。
 ただ、なかなかに良い味わいです。


2011年09月01日追記――
 穏やかな米の香りに、アルコールの香りと熟成感が若干。

 甘味が増加し、全体的に濃く、柔らかくなった印象。
 後口の苦味も強く。
 む、常温に近づくと酸味や若干の刺激感、苦味が前面に。
 少々雑味も増えてきました。
 ただ穏やかで悪くない飲み口です。

 ぬる燗――
 刺激感やアルコールの風味が立ち上がり、若干尖った印象が出現。
 温めない方が旨いかも?……いや、これは好みの問題、かな?


2011年09月03日追記――
 米とアルコールの香りが若干増加。

 うん、穏やかで飲みやすい!
 ただ常温に近づくと色々と味が増えて若干クセも出てきました。
 また前回と大きくは変わらないものの、若干刺激感が増しています。

 少しずつクセが増えてきてはいますが、それほど崩れた感じはないので、のんびりと飲んでも良いと思います。
 ただ温めるなら余り置かない方が個人的にはお勧めですねー
 まったりと飲めて良い感じです……


1768444172_165.jpg tag : 特別純米 鹿野酒造

花さかゆうほ 純米吟醸 無ろ過生原酒 うすにごり (22酒造年度)

 第434回目。
 「花さかゆうほ 純米吟醸 無ろ過生原酒 うすにごり(22酒造年度)」――石川県の酒です。
 春らしく可愛らしい見た目と名前に惹かれて購入しましたが、実際には……!?
 ……などと思わせぶりな書き方をしてみましたが、花見等で弁当片手にこの酒を飲むなんてのも結構良さそうです。うん。

――
 この度被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
 幸いなことに私の周囲では特に大きな被害もなく、仙台に住む親戚とも何とか連絡を取ることができました。
 一刻も早い復興を成し遂げられるよう願っております。とりあえず少額でも募金をしたりしつつ……
――
 相変わらず軽い内容のブログですが、今後も細々と更新させていただきます。
 しかし今日から始まる輪番停電で、冷蔵庫の中身が果たしてどうなるか……

(飲み始め:2011年03月06日)

 この香りは……果汁100%ではないブドウジュース?
 そしてアルコールの香りも若干。

 まずは上澄みから――
 お、甘い香りから一転、口に含んだ瞬間の印象は強めの炭酸とアルコールの風味でかなりキリッとしています。
 そしてそこから広がる炭酸とは別種の酸味に旨味。甘味はフワリと香る程度。
 うん、良い感じです。

 続いて混ぜて――
 むむ、味わいがググッと複雑に!
 上澄みと比べて増加したのは旨味、酸味、苦味、渋味。
 んー、これまた結構良い感じですね~
 ただ、微妙にビールを想起させる苦味など、独特の味わいなので多少の好き嫌いはあるかもしれません。
 好みに合えばバッチリですが……グイグイ飲めるわー(笑)

 味の薄い物には苦味と甘味が干渉するものの、食べ物との相性はなかなかに良し。

データ――
 原材料名 米、米麹
 米種類 麹:兵庫県山田錦、掛:長野県美山錦
 精米歩合 55%
 アルコール度 18度
 日本酒度 +7
 酸度 1.8
 蔵出年月 23.2.
 御祖(みおや)酒造(株)


2011年03月07日追記――
 若干香りは軽快に。

 炭酸が減って甘味が若干増加。
 初日よりも穏やかな印象です。
 飲みやすいな~

 混ぜて――
 やはり初日より穏やかな感じです。
 旨味が増加しました。

 食べ物との相性もさらに良く。
 うん、良い感じです!


2011年03月08日追記――
 香りは穏やかな印象に。

 若干旨味と苦味が増加。刺激感は残り少し。

 混ぜて――
 酸味と苦味が増加し、若干クセが強く。
 これはこれで!


2011年03月10日追記――
 アルコールの香りが若干増加。

 旨味が増え、アルコールの風味と苦味が微増。
 アルコールと若干の炭酸の刺激感が良いアクセント。
 そして若干濃い口当たりに。

 続いて混ぜて――
 旨味が増加。
 クセも含め前回よりも穏やかな印象です。
 そして上澄みと同様に口当たりは濃く。


2011年03月12日追記――
 米の香りと酸味を感じさせる香りが増加。
 ……何かの果実をアルコールに漬けた感じの香りのようにも?

 前回の変化がそのまま進んだ印象、ただ口当たりは若干軽快に。
 炭酸の刺激感はほぼ消滅。

 続いて混ぜて――
 アルコールの風味、旨味、苦味、渋味が増加。結構味の多い印象に。
 若干ヨーグルトっぽさも。
 個人的には嫌いじゃないですが、炭酸がしっかりしていた開栓後すぐの方がバランスは良かったと思います。
 ……まあその辺りはお好みで!


1684666985_72.jpg tag : 純米吟醸 御祖(みおや)酒造

常きげん 山廃仕込純米酒

 第367回目。
 「常きげん 山廃仕込純米酒」――石川県の酒です。
 昨年飲んだ生酒に続き(?)、今回は火入れの酒です!
 今年の3月に放送されたNHKの番組では杜氏である農口尚彦氏の酒造りが紹介されました。
 『魂の酒、秘伝の技』……見れば飲みたくなること請け合いですよ~

(飲み始め:2010年08月05日)

 穏やかで柔らかく、それでいてしっかりとした香り。
 米にバナナクリーム?そして柔らかいアルコール。
 良い香りです!

 腰の強い酸味がビシッと!
 続いてそこから酸味と旨味、苦味がググッ、ジワーッと広がります。
 そしてほのかな甘味がフワリ。
 かなりしっかりとした味わいなので、若干苦手に思う方もいらっしゃるかも知れませんが、こういう力強さもまた良い感じですよね~

 お、食べ物と合わせると柔らかい甘味が前面に。
 そして幅広く無難に合わせられる印象。まったり。

 ぬる燗――
 酸味が立ちますが、旨味もハッキリ柔らかく。
 まろやかだな~

 熱燗――
 やはり酸味が一番前にあるのは変わらないのですが、ぬる燗同様まろやかな印象です。

 どの温度にもそれぞれ良さがあるので、好みの温度を探してみると良いかも。
 個人的には若干熱燗寄りのぬる燗が好みかな?

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 五百万石100%使用
 精米歩合 65%
 アルコール分 16度以上17度未満
 日本酒度 +3
 酸度 1.8
 アミノ酸度 1.5
 製造年月 09.12
 鹿野酒造(株)


2010年08月06日追記――
 かなり濃い香りに。ズシッとした米と酒の香り。

 味にも重量感が増してきました。
 旨味と酸味がドッシリと。濃い!

 食べ物との相性はやはり良し。
 む、甘い物とは合わないか……


2010年08月08日追記――
 む、若干香りは穏やかで柔らかく。
 米と酒の香り。
 少々旨味を感じさせる香りが強くなりました。

 じわりじわりと味の腰が強くなってきている印象です。

 ぬる燗――
 酸味が強調され、若干キリリとした印象に。

 熱燗――
 お、飲みやすい!
 穏やかで良い味わいです。


2010年08月10日追記――
 アルコールの香りが強く。
 酒!という感じの香り。

 んー、濃いなー
 さらに味が強くなってきました。
 旨味とアルコールの味わい、苦味が強く。
 この変化はこの酒だからこそ耐えられる感じかも?
 もし元々線の細い味わいの酒だったとしたら、若干崩れてきているように感じたかもしれません。


2010年08月12日追記――
 米に酒の香り、若干サイダー系の香りも。

 む?前回よりも若干柔らかい印象?
 あ、飲んでいる内に色々と強くなってきました。
 旨味、酸味、苦味がググーッと!
 クセは増していますがこれはこれで。

 ぬる燗――
 アルコールの風味は若干増すものの、旨味と甘味が柔らかくフワリ。
 雑味も控えめですし、これはアリです!
 お、ぬる燗から若干冷めた状態も結構柔らかくて良い感じですねー

 熱燗――
 ぬる燗に酸味をプラス。
 あー、和みます……

 温めたらクセが減ってかなり飲みやすさもアップしました!
 これは良い味わいです!
 冷やした状態ですと個人的には開栓後すぐが好みでしたが、温めるなら一週間以上経っても十分旨いですね~
 酒によっては逆だったりもしますし、奥が深いなぁ……

 いつか高級品にも挑戦したいと思います!


1554401602_154.jpg tag : 純米 鹿野酒造

常きげん 山廃純米吟醸 無濾過生原酒 山純吟

 第232回目。
 「常きげん 山廃純米吟醸 無濾過生原酒 山純吟」――石川県の酒です。
 先日(と言っても随分前ですが……)の純米に引き続き今回は純米吟醸です!
 そして今回の酒も純米と同じく京急百貨店の試飲販売で購入を決めました。
 やっぱり試飲販売は最高ですね~……来月のチラシが今から楽しみです(笑)

(飲み始め:2009年07月31日)

 優しい甘い香り。若干クリーム系の趣も。

 まろやかな口当たり。
 柔らかいながらも少々強めな甘味とスッキリとした酸味が口内ではじけ、その後からそれらの味わいが米の旨味と共にジワーッと味覚に浸透していくイメージ。
 うん……旨い!
 一般的に山廃の酒と言うと強めの酸が自己主張する太い味わいを想像しますが、この酒は驚くほど綺麗でスッキリ。
 しかし決して線が細い訳ではなく、しっかりと芯の部分には力強い味わいを感じられます。
 濃厚なのに飲みやすく、ジワリと体に染み入るような感覚……旨いなぁ……

 食べ物との相性は、ご飯などの味の薄い物には甘味が干渉しますが、他の物とはかなり良し!
 この酒が寿司屋とかにあったら凄く嬉しいと思います……うん、たまらん。

 常温――
 旨味が立ち上がり、甘味は控えめに感じます。
 若干アルコールの風味が目立つもののこれも悪くないですね~

 裏ラベルでは非推奨の燗――
 少々酸味がチクリ。確かに温めない方が旨いと思います。

 旨かった!
 やはり試飲して買うとハズレはありませんね~
 ……もっと上位の酒も非常に気になってきました。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 美山錦、山田錦
 精米歩合 55%
 アルコール分 16度以上17度未満
 日本酒度 +4.5
 酸度 1.6
 アミノ酸度 1.4
 製造年月 09.03
 鹿野酒造(株)


2009年08月01日追記――
 若干香りは穏やかに。

 甘味が減少。穏やかな甘味にスッキリまろやか酸味、続く柔らかい旨味。
 旨い……初日より優しく、そしてスッキリと。

 初日とどちらが旨いか?……もちろん両方とも旨いです(笑)


2009年08月02日追記――
 甘い香り。若干しっとりと。
 バター系の香りも少々?

 酸味と旨味がジワリと染み入ります。酸味が以前よりも増加。
 バランスの良さは若干減少気味ですが、まだまだ旨いです!


2009年08月04日追記――
 バター系の香りが少々濃く。

 旨味が増加。旨味、酸味、甘味のバランスが面白い。
 香りとの組み合わせもあって、レーズンバターのような印象も若干。
 少々酸味が尖ってきて、後口の雑味も目立ち始めてきてはいるものの、これはこれで良い感じです。
 私はこれも結構好きですね~


2009年08月06日追記――
 まったりとした甘い米の香り。若干クリーム系?

 酸味がわずかに増加。甘味が減って若干スッキリとした印象?
 旨味、酸味……含み香は米、そして酸化した感じも若干。
 綺麗さは減少。後口にはエグみや舌に引っかかる感じも出現。
 ……先日とはかなり印象が変わりました。
 崩れたと言うか、全く違う酒のような印象を受けました……ううむ。

 これ以降の変化も少々気になりましたが、追記はここまで……
 とりあえず今の段階の印象では、開けたらなるべく早く飲むべきだと思います。
 この酒も崩しちゃ勿体ないですよ!


1241866667_50.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 鹿野酒造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。