スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋鹿 無濾過生純米原酒

 第124回目。
 特別純米の基準についても色々と調べてみました。
 色々と考えさせられました……

(飲み始め:2009年01月27日)

 本日は大阪の酒です。
 「秋鹿 無濾過生純米原酒」
 ラベルの横側に特別純米酒と書いてあるのですが、特別純米って精米歩合60%以下だった気が……勘違い?法律が変わった?
 とりあえず自分で調べます。
 ――
 調べました。
 国税庁のホームページより転載――(清酒の製法品質表示基準を定める件)
 『純米酒又は本醸造酒のうち、香味及び色沢が特に良好であり、かつ、その旨を使用原材料、製造方法その他の客観的事項をもって当該清酒の容器又は包装に説明表示するもの(精米歩合をもって説明表示する場合は、精米歩合が60%以下の場合に限る。)に「特別純米酒」又は「特別本醸造酒」の名称を用いること。』
 ――とのこと。
 ちなみに概要では『60%以下又は特別な製造方法(説明表示要)』となっています。
 特別な製造方法?……ある意味何でもアリってことでしょうか?
 加えてこの酒のラベルには特に説明表示もなされていませんし、そこまで厳密でもない?
 となれば、ますます曖昧過ぎますねコレ……
 ……こういう細かいことの積み重ねも日本酒の敷居を高くしている気が。
 ただでさえ精米歩合60%以下という基準が吟醸酒と被っているのに。
 「特別~」って何のために存在しているんでしょうね?付加価値?そんなに効果があるとも思えませんけども……もっとシンプルにしたら良いのに。
 ――

 さて――
 酒の香り。アルコールの香りも。

 しっかりとした腰の強い酸味と米の旨味(+甘味)がジュワーッと口内に広がります。
 含み香は米とヨーグルト。戻り香は青リンゴ。
 うん、なかなかに旨いです。
 かなり濃い酒質だなぁ……

 食べ物との相性は少々悪し。酸味の干渉がキツいです。
 む、つまみ系の物とは合いますね。

 燗――
 ぬる燗。甘味が増加。
 熱燗。酸味が増加。
 ……どちらもエグみが若干目立ちます。
 冷酒の方が飲みやすくて旨いと思いました。

 濃厚な酒質でした!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 秋鹿山田錦100%
 使用精米歩合 70%
 使用酵母 901号
 日本酒度 +4
 酸度 2.5
 アミノ酸度 1.4
 アルコール分 18度以上19度未満
 製造年月 20.7.
 秋鹿酒造(有)


2009年01月28日追記――
 さらに濃厚になった酒の香り。

 甘味が増加。強めの甘味をやはり強めの酸味が引き締めます。なかなか良い味わい。
 含み香は米やバター。ふっくら。一日で随分変化したなあ……

 温度が上がると渋味が出現。
 お勧めは冷酒、かな?


2009年02月01日追記――
 まったりとした酒と米の香り。良い香り。

 腰の強い甘味、旨味、酸味。濃厚な味わい。
 アルコールっぽさが結構増えましたが、極端には崩れておらずまったりと飲めます。

 食べ物との相性は、甘味が強く干渉するため少々悪し。
 味の濃い物とはそこそこ合うのですが。

 次は火入れした物を買ってみます!


1064325189_90.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
スポンサーサイト
tag : 純米 秋鹿酒造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。