スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶯印のどぶろく

 今回は濁酒ということで番外編になります。
 「鶯印のどぶろく」――福岡県の酒です。
 公式サイトによると「古式製法にて可能な限り手造りで仕込ん」だ酒とのことですが、味わい的には軽快さもあって、結構流行りも取り入れているように思えました。
 甘酸っぱくてグイグイ飲めるので、低アルコールとはいえ飲み過ぎにはご注意を!……と飲み過ぎた人間が言ってみたり(笑)
 ……では本文をどうぞー

(飲み始め:2012年09月30日)

 まずは上澄み。
 穏やかな香り。
 これは……焼く前の食パン?
 若干菓子パン風の雰囲気も。

 お、穏やかな飲み口です。
 若干旨味が立ち気味ですが、この甘味がメインで酸味が柔らかく続く感じは、普通の低アルコール日本酒としてもなかなかに良い感じだと思います。

 続いて混ぜて。
 甘い香りが若干増加。

 お!飲みやすい!
 甘味と酸味の感じはそのままに、米の風味や旨味が、優しく酒を持ち上げて(?)いる、と言うか……
 後口には米粒由来の渋味とエグみがわずかに。
 米粒の食感も滑らかで楽しい感じですね~
 うん……柔らかめの甘口酒や、軽めのにごり酒が好きな方に特にお勧めです!

 食べ物と合わせるなら甘味のしっかりとした物と。
 む、甘い物には若干酸味が干渉……
 無理に合わせなくても良いかも?

データ――
 原材料 米、米麹
 アルコール分 6度
 蔵出し年月 12.05
 (名)山口酒造場


2012年10月01日追記――
 最初から混ざった状態で。
 酸味を感じさせる香りが若干増加。

 穏やかな酸味と旨味が若干増加。
 少しだけキリッとした雰囲気が出現し、はっきりとした甘味をクイッと引き締めています。
 やはり飲みやすくて良いですね~


2012年10月02日追記――
 甘酸っぱい香りに、若干パン風の香り。

 酸味と米の風味が若干増加。
 苦味もわずかに増。
 全体的に味が増えてきました。


2012年10月04日追記――
 む?焼いたパン風の香りが若干?

 前回の変化がそのまま少しだけ進んだ印象。
 甘酒っぽさもわずかに増加。
 うん、悪くない……


2012年10月06日追記――
 米の香りに、若干甘酸っぱい香り。

 全体的に味がさらに増加。
 増えたのは主に酸味、旨味、渋味、苦味、アルコールの風味。
 口当たりは少々ピリピリと。
 じわじわとクセが増してきました。
 個人的にはまだ嫌いじゃないですが、早く飲んだ方が旨いと思います。
 開栓後は二、三日以内に飲みきるのがお勧めです!


1873643772_241.jpg
スポンサーサイト
tag : その他 山口酒造場

田中六五 糸島産山田錦純米酒 なま

 第576回目。
 「田中六五(たなかろくじゅうご) 糸島産山田錦純米酒 なま」――福岡県の酒です。
 生産量はまだ少ないながらも新進気鋭の若手が醸す酒、なんて聞くと何だかワクワクしてきますよね~
 ……そして酒店で推されているのを見ると、とりあえず気になって仕方なくなるのはいつも通りです(笑)
 今後の造りにも注目していきたいところです!

(飲み始め:2012年05月17日)

 しっとり涼しげな香り。
 アルコールに……ちょっと変わった香り……何だろう?
 ほんの少しミルク系の香りも。

 お、軽快です。
 口に含んだ瞬間はコロンとした口当たりで、そこからトロリと旨味や甘味が広がり、続いて酸味とアルコールの風味、若干の渋味と苦味がジワリ。
 そして後口には軽快な甘味がフワッと。
 上立ち香と同様に若干複雑な含み香があるので、味わいの多層的な感じと合わさって若干変わった飲み口に感じられます。
 ……製造日から少々時間が経過しているのも関係しているかもしれません。
 うん、どちらにせよなかなかに良い味わいです。
 今後の造りにも期待大!

 食べ物との相性は物による感じでしょうか?
 どちらかというとコッテリとした物と合うような?

データ――
 原材料 米、米麹
 原材料品種 糸島産山田錦100%
 精米歩合 65%
 アルコール 16度以上17度未満
 製造年月 24.1.
 (有)白糸酒造


2012年05月18日追記――
 米の香りが若干増加。

 お、第一印象の軽快さは健在ですね~
 旨味とアルコールの風味が若干増加。
 少しだけ味わいが太くなった感じです。


2012年05月19日追記――
 若干香りは太く。
 砂糖菓子風の香りも若干。

 アルコールの風味と酸味、渋味が若干増加。
 口当たりは若干しっとりと。
 全体的に味が増えてきました。


2012年05月21日追記――
 アルコールの香りが増加し、重量感も出現。
 若干ズシッとした香り。

 アルコールの風味と苦味、渋味が増加。
 香りと同様、口当たりにも重量感。
 若干バランスが尖ってきました。


2012年05月23日追記――
 アルコールの香りがメインで、前回よりもスッキリしたような?

 全体的にさらに味が増加。
 ただ若干増えた旨味と酸味の影響か、前回よりも口当たりは丸くなったかも?
 いや、そうでもないかな……渋味や苦味も増えてます。
 個人的にはこの感じも嫌いじゃないですが、早めに飲みきるべきですねー


1845840383_212.jpg tag : 純米 白糸酒造

純米吟醸 黒兜 秘伝黒麹仕込み

 第506回目。
 「純米吟醸 黒兜 秘伝黒麹仕込み」――福岡県の酒です。
 以前から日本酒だけでなく焼酎も造られているこちらの蔵、黒麹の使い方は熟知されていたのでしょう、「長年の試行錯誤」を経た上で既に数年前から黒麹を使って日本酒を造られていたそうです。素晴らしい……
 名前の由来が「黒麹菌がまるで黒い兜をかぶっているように見えるので黒兜と名付けました」というのも何となく可愛らしい感じで良いですよね~
 あ!……今公式サイトを見たのですが、炭酸割りもお勧めだったようです。不覚でした……今度買ったら挑戦してみなければ!

(飲み始め:2011年11月06日)

 穏やかなイチゴヨーグルト風の香り。

 クッキリとした甘味と腰の強い酸味に旨味、そして若干の渋味に何らかの果実様の含み香。
 この香りは……イチゴにリンゴ?
 うん、若干尖った印象もありますが、結構良い感じかも。

 む、温度が若干上がって常温に近づくと、旨味、酸味、甘味が柔らかく混ざり合い、飲みやすさが大幅アップ!
 果実感は若干減少するものの、クキクキとした(?)飲み口が楽しいです。

 食べ物とは明日合わせてみます。

データ――
 原材料 米、米麹
 使用米 麹米:山田錦、掛米:夢一献 (使用比率 山田錦20%、夢一献80%)
 精米歩合 55%
 アルコール分 15%
 製造年月 23.8.
 池亀酒造(株)


2011年11月07日追記――
 アルコールの香りが若干出現。
 しっとり穏やかな香り。

 甘味や酸味が若干軽快になり、旨味は若干増加。
 全体的に穏やかな飲み口に。
 後口はほんのり苦味。
 ほんのり果実酢風――ではないな……もっと飲みやすくてクセがない果実由来の何か風?
 これは良い感じですね~
 初日よりもだいぶ飲みやすさがアップしました!
 私はこの感じ結構好きです。

 お、味の薄い物には若干甘味が絡みますが、余り干渉って感じではないですね。
 そして濃い味の食べ物との相性はなかなかに良し!
 ただ酒質の変化を考えると、初日よりも相性は良くなっているかもしれません。
 うん、何にせよ良い感じです。


2011年11月08日追記――
 香りはさらにしっとり穏やかに。

 若干酸味の質が変わってきた印象。少し太くなったような?
 そこに増えた旨味が絡んで果実酢っぽさは若干増加。
 ……いや、これはある種のワインの方が近いかも。
 果実感がほんのり。戻り香には若干ナシ風の印象?
 まったりと飲めて良いですね~


2011年11月10日追記――
 酸味を感じさせる香りが強く。

 旨味と酸味が増加し、苦味も若干増。
 前回よりも太い味わいに。
 しっかりとした旨味と酸味が何らかの健康飲料を思わせます。
 果実感は減少して、若干クセが出てきた感じですねー


2011年11月12日追記――
 しっとりとしたイチゴシロップ風の香りが若干?

 甘味と苦味、渋味が若干増加。
 前回よりは若干軽快になった、かな?
 ただクセはさらに増えてきた感じなので、ここまでは置かない方が良いと思います。
 開栓後は数日――三、四日以内に飲み切るのがお勧めでしょうか。
 甘酸っぱい酒がお好きな方は是非!


1793083817_58.jpg tag : 純米吟醸 池亀酒造

庭のうぐいす スパークリング 本生酒

 第485回目。
 「庭のうぐいす スパークリング 本生酒」――福岡県の酒です。
 ラベルの感じなどから元々気になっていた銘柄だったのですが、この度ようやく購入出来ました。
 ……ただ、初っぱなから変化球な感じの物を選ぶ辺りが非常に私らしいと言うか(笑)
 あ、本文中にも書いていますが、開栓の難易度はかなり高めです。
 くれぐれも自分の実力(?)を過信せぬようご注意ください……

(飲み始め:2011年09月04日)

 おー、コルクも含めて完全にシャンパンボトルなんですねー
 ……コルク固いわー
 ……抜けないわー
 ……(破裂音)
 !!?
 ……周りが酒だらけに…………
 結構危険なので開けるのは風呂場とかのが良いかも。
 とりあえず70mlぐらい吹き飛んだ気が……ああ、勿体ない……

 ――
 ヨーグルトに……何らかのスパイス?
 若干刺激感のある香り。

 お、結構ドライというか辛口な印象です。
 強めの炭酸と控えめな甘さでスッキリ爽やか。
 酸味と軽めの苦味も良い感じ!
 続く旨味も柔らかく、爽やかさに加えて穏やかな印象をもたらします。
 うん、良い感じだ!
 グイグイ飲めますね~

 味の薄い食べ物には酸味や渋味が干渉気味。
 無理に合わせなくても良いかも。

 しっかりと冷やして飲むのが爽やかでお勧めです!

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 夢一献
 精米歩合 60%
 アルコール分 13度
 日本酒度 ±0
 酸度 2.1
 製造年月 11.07
 (名)山口酒造場


2011年09月05日追記――
 香りは若干穏やかに。
 ……若干新鮮なシメジっぽい香りも?……香りを例えるセンスが皆無ですみません。

 酸味と苦味が若干増加。
 穏やかなビールを思わせる雰囲気に。
 初日の派手さも良かったですが、結構今日の味わいも良い感じですね~


2011年09月06日追記――
 香りはさらに穏やかに。

 甘味がわずかに増え、酸味の質が若干変化してきた印象。
 微炭酸の刺激と穏やかさの同居が良い感じです。
 そして苦味が若干穏やかになったためか、ビール感は減少。
 濃さとかは全然違うのですが、甘くない酸味控えめのヨーグルト風の雰囲気も?
 私結構好きですコレ。


2011年09月08日追記――
 穏やかな香り。

 旨味と酸味が若干増え、甘味と苦味が若干減少?
 後口には若干渋味。
 さらに穏やかな飲み口になりました。


2011年09月10日追記――
 若干香りはしっとりと。

 酸味が増加し、旨味と渋味が若干増加。
 甘味と苦味が減り、残った苦味の質も変化。
 後口には若干エグみ。
 そして……若干辛味?
 んー……大きく崩れた訳ではありませんがここまでは置かない方が旨いです。
 印象も結構ぼんやりとした感じになってしまったので、やはり炭酸がある内にスパッと飲み切りましょう!
 個人的には三日目ぐらいまでに……ただ人によっては初日で飲み切ってしまった方が良いかも?
 爽やかで良い感じですよ~


1771116223_227.jpg tag : 純米吟醸 山口酒造場

三井の寿 春純吟「クアドリフォリオ」無濾過生酒

 第363回目。
 「三井の寿 春純吟「クアドリフォリオ」無濾過生酒」――福岡県の酒です。
 ただいま夏まっさかりですが春の酒です!……色々とすみません。
 この「クアドリフォリオ」とはイタリア語で「四つ葉のクローバー」を意味するそうです。
 ラベルの雰囲気と相まって、爽やかな感じで良いですね。

 またこの酒に使われている酒米「吟のさと」は、九州沖縄農業研究センターが山田錦と西海222号を交配して育成した新しい酒米だそうです。
 まだ微妙に扱いづらさもあるようですが、同センターサイトによると、山田錦並の大粒で、心白の形状と発現も良好、しかも背丈が低く倒れにくいと良いことずくめなので、今後はさらに使用する酒蔵が増えていきそうです。

 では本文をば。

(飲み始め:2010年07月18日)

 穏やかな甘い香り。
 パイナップルにマスカット、若干ヨーグルト?

 お、柔らかいですね~
 甘味、旨味、酸味、アルコールの風味に若干の苦味。
 軽快な口当たりからジワリと旨味やアルコールの風味が染み出します。
 裏ラベルによると「春の白詰草の花畑をイメージした香り高い薄にごりの純米吟醸酒」とのことですが、製造年月から時間が経ってしまったためか、はたまた現在の季節的なイメージか、どちらかというと個人的には緑あふれる草原をイメージしました。
 次は製造後すぐの物も飲んでみたいです!
 なかなかに良い酒でした。

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 吟のさと
 精米歩合 60%
 アルコール度数 15度
 製造年月 22.3.月
 井上(名)


2010年07月19日追記――
 若干香りはしっとりと。

 ヨーグルト系の含み香が増加。
 旨味と酸味が強くなり、上立ち香と同様に若干しっとりとした印象に。
 爽やかさは減りましたが、なかなかに良い感じです。

 食べ物と合わせるなら和風の物より洋風な物ですねー


2010年07月20日追記――
 む、少々重たい香りに?

 お、しっとり穏やかな感じです。
 旨味と渋味が増加。
 全体的に味が増えてきた印象です。


2010年07月22日追記――
 アルコールと酸を感じさせる香りが増加、ズシッとした重たい香りに。

 アルコールの風味に苦味が増加。雑味も結構増え、口当たりも重く。
 うーん、崩れてきましたねー


2010年07月24日追記――
 前回の変化がそのまま進行した香り。尖った印象の香り。

 酸味とアルコールの風味が強く。
 ピリピリとした若干引っかかるような口当たり。
 結構クセが強く。へたれてきた印象です。
 開栓後は早めに飲みきりましょう!


1540782967_203.jpg tag : 純米吟醸 井上

穀良都 山廃純米

 第261回目。
 「穀良都 山廃純米」――福岡県の酒です。
 この穀良都(こくりょうみやこ)とは、大正から昭和初期にかけて栽培され、その後栽培の難しさから途絶えてしまったと言う、非常に優れた性質を持った米だったそうです。
 そして、その幻の酒米が、多くの人々の努力によって12粒の種籾から現代に蘇った――
 亀の尾もそうですが、復活した「幻の酒米」にはやっぱりロマンを感じますよね~

(飲み始め:2009年09月11日)

 穏やかな酒と米の香り。良い香り……
 お、バナナ系の香りがチラホラと見え隠れ?

 ん、まったり……
 まずは腰の強い、それでいてまろやかな酸味がパッと、そのすぐ後ろから優しい米の旨味がじわーっと。
 ああ、落ち着く味わいですね……舌触りは山廃らしくしっかりと。
 うん、なかなかに旨い!

 食べ物との相性はかなり良し!
 味の薄い食べ物には甘味が少々干渉するものの、それほど気にはなりません。

 燗――
 若干アルコールの味わいや酸味が尖りますが、立ち上がった甘味や蜂蜜のような含み香が良い感じです。

 私は冷やした状態の方が好きですが、燗も結構良いですね~

 米の特徴などは今回だけでは良くわかりませんでしたが、良い酒でした!

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 穀良都100%
 精米歩合 70%
 アルコール分 15度以上16度未満
 製造年月 21.3.月
 井上(名)


2009年09月12日追記――
 甘い香りが濃く。酒の香り。

 含み香には若干の熟成香も。
 旨味が増加し、酸味は柔らかく。
 うん、やっぱりなかなかに良い味わいだな~


2009年09月13日追記――
 米と甘い酒の香り。

 ハッキリとした柔らかい酸味が旨味と共にジワリ。


2009年09月15日追記――
 米の香りと酸味を感じさせる香り。

 味わいはほとんど変わらず。
 若干アルコールの味わいが増してスッキリとしたぐらいですね~
 まったり。


2009年09月17日追記――
 香りは若干穏やかに。

 前回よりもさらにスッキリ。
 酸味に旨味がまったりと。
 含み香には蜂蜜少々。
 全く崩れません!

 常温――
 全体的に味が濃く。

 燗――
 少々酸味が尖り、エグみも出現。

 燗にしたら若干粗を感じましたが、温めなければ問題無し!
 穏やかで良い酒でした~

 その内、この会社の代表銘柄「三井の寿」も飲みたいと思います。うん。


1280957104_227.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米 井上

須々許里(すすこり) 純米古酒 隧道熟成

 第126回目。
 一年を通じて16℃に保たれた環境に五年以上置かれたという古酒です!
 日本酒の一番の弱点は紫外線と温度変化なので、実は生酒以外ならそれほど冷蔵庫にこだわる必要は無いんですよね。……まあ温度に気を遣わない店だと、必然的に日中は暖房、夜間は低温状態で放置という環境になので(夏は逆になります……そして夏の方が危険です)、もちろん冷蔵庫に入っている物を選ぶのが一番安全なのですが。
 (追記:やはり酒造会社が冷蔵管理を推奨している酒に関しては冷蔵してある物を選ぶべきですね……申し訳ありません。)
 で、私は今まで一度か二度ぐらいしか古酒を飲んだ事が無く、どうしてもクセの強い印象があったのですが、この酒に関しては非常に飲みやすく思えました。
 それに古酒云々を抜きにしても食中酒としての実力は十分なので、食べ物と合う酒をお探しの方なら一度試してみても良いと思います。まったりと飲めますよ~
 ……結局地元の某酒店の冷蔵庫内で更に数年熟成されていた点については、今回飲んだだけでは分かりませんでした。すみません。

(飲み始め:2009年02月03日)

 本日は福岡県の酒です。
 「須々許里(すすこり) 純米古酒 隧道熟成」
 名前の通り(廃線になった鉄道の)トンネルで熟成された物です。
 たまたま行った酒店にて発見いたしました。
 酒店で長期間保存されていたため、実質10年以上の古酒となっております。

 さて――
 年月を感じさせる熟成感の強い香り。
 ただ、酒の色合いは10年以上前に作られたとは思えない色合いです。
 あえて言うなら……茶味がかった薄い黄色、かな?結構薄い色です。

 濃厚な味わい。しっかりとした旨味と酸味がジワーっと広がります。
 ……もっとクセがあるかと思っていましたが、結構飲みやすいですね。
 含み香は醤油やカラメルを思わせる濃厚な香り。……この香りは苦手な人は苦手かも。
 ただ飲んでいる内に、香りは余り気にならなくなってきます。
 うん、なかなかに旨い。

 ぬる燗――
 香りが強調されますが甘味が立って面白いです。
 熱燗――
 少々アルコールを強く感じます。そして酸味が少々増加。
 まったりとして良い感じです!……む、温めた方がクセが若干少ない?
 これもなかなかに面白い感じですね。
 ……逆に燗冷ましは、クセが強調されるので、一度温めたら冷まさない方が良いかもしれません。

 食べ物との相性は抜群!
 ラベルに書かれている通り、何にでも合わせられます。
 単独で飲むより旨いかも。
 うーん、旨い!

データ――
 5年熟成特別純米酒
 平成9酒造年度隧道入れ
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 60%
 アルコール分 15度以上16度未満
 製造年月 05.11.
 (株)杜の蔵


2009年02月05日追記――
 香りは変わらず。

 ズシッとくる酸味と旨味、独特の香り。
 しかしこれらは飲んでいる内に次第に柔らかく感じるようになります。
 後口には渋味と、じんわり染み入る味わい……所謂滋味?
 じっくりと楽しめる味わいです。まったり。
 そして開栓直後と印象もほとんど変わっていません。
 さすがに古酒なので(?)強いですね~

 500mlと少なめなので飲み終わってしまいました……
 他にも色々と古酒に挑戦してみようと思います!


1070950873_25.jpg 1070950873_180.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米 杜の蔵
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。