スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満寿泉 花一献 寒しぼり吟醸生酒

 第686回目。
 「満寿泉 花一献 寒しぼり吟醸生酒」――富山県の酒です。
 吟醸の満寿泉として有名な銘柄ですね~
 それほど強すぎない綺麗な香りにキリリとした飲み口、それでいて意外としっかりとした口当たり……なんと言うか、吟醸に+αしたような雰囲気、と言うか……
 ……とりあえず今度別のスペックの物も買ってみます!
 では、本文をどうぞ。

(飲み始め:2013年04月14日)

 すっきり綺麗なほんのり華やかな香り。
 ……何らかの花っぽい香り?

 お、結構キリッとした飲み口です。
 アルコールの風味のキリッとした印象や刺激感と共に、じんわりと舌に絡む酸味や、口内でスルッと広がる大人しめながらも意外に腰のある甘味が、口に含んだ瞬間に一気に弾けます。
 うん、力強い――というよりは瞬発力のある(?)酒ですね!
 含み香も上立ち香と同様にほんのり華やか。
 これはなかなかに独特の雰囲気を持ってますねー
 名前の通り花見酒にも……桜はとっくに散っておりました、すみません……

 食べ物との相性は、味の薄い物には甘味が干渉するものの悪くない感じです。

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 精米歩合 58%
 アルコール分 17度以上18度未満
 製造年月 25.1
 (株)桝田酒造店


2013年04月15日追記――
 香りは若干しっとり控えめに。

 む、キリッとした感じと甘味が増加。
 辛口な印象と甘口な印象が両方とも強くなりました。
 そして全体的に口当たりも濃くなった気がします。


2013年04月16日追記――
 アルコールの香りが若干増加。
 ……わずかにジンライムを思わせる香りも?

 前回の変化がさらに進んだ印象。
 どちらかと言うと甘口感が強めになり、そこにキリリとしたアルコールの風味が絡みます。
 なかなかに尖った飲み口ですが、悪くないです。


2013年04月18日追記――
 キリッとした香り。

 さらに甘味とアルコールの風味が若干強く。
 口当たりはキリリと。
 飲み応えがありますね~


2013年04月20日追記――
 アルコールの香りがさらに若干増加。

 む、前回に比べると若干甘味の比率が下がった気がします。
 そしてアルコールの風味が若干スッキリと。
 増えたのは旨味と酸味、渋味が少々。
 うん、全体的に若干柔らかくなった気がします。
 これもなかなか……
 開栓後は――吟醸らしさ(?)をしっかりと味わいたければ初日の内に、そうでなければ変化を楽しみつつのんびりと飲むのも悪くない、と思います。
 ……いや、個人の好みもあるので、その辺りはご自身で判断なさった方が安全かもしれません。


1899082709_136.jpg
スポンサーサイト
tag : 吟醸 桝田酒造店

満寿泉 純米生

 第337回目。
 「満寿泉 純米生」――富山県の酒です。
 購入した酒店の紹介文によるとこの酒は「満寿泉が吟醸蔵として長年培った高度な醸造技術と経験を注いで仕込んだ冬季限定醸造」とのことです。
 私も少し前(!?)から、満寿泉が能登杜氏四天王「三盃幸一氏」の造る酒であることぐらいは認識していたのですが、酒そのものの知識はほとんど無く、「吟醸の満寿泉」と賞されるぐらいの吟醸造りの実力蔵であることを今の今まで全く知りませんでした……
 微妙に詳しくなったつもりでいても、ちょっとつつけばボロが出てくるあたり、まだまだ私には知識が足りていないようです……頑張らなければ、うん。
 反省はこれぐらいにしますが、とりあえずこの酒は気に入ったので他にも色々と買ってみようと思います。
 このレベルの高さで吟醸の名前を冠していないと言うのにも、かなり期待感が膨らみますし!
 それでは本文をどうぞ……

(飲み始め:2010年03月06日)

 香りはアルコールにメロン。
 若干エステル香に片足が入ってる感じも。
 スッキリとした香り。

 ふっくらとした酸味がジワーッと口内を満たします。
 酸味の後ろには柔らかく軽快な甘味にしっとりとした渋味。
 うん、旨いです!
 若干クセはありますが、ハマる人にはビシッとハマる酒質ではないでしょうか?
 あー、いかん、カパカパ飲めてしまう(笑)
 このジューシーさと渋味は微妙に白ワインを思わせる感じもありますね~

 食べ物とは余り合わず。
 単独で飲んだ方が旨いかな?

 良い酒です!
 以前に貴醸酒は飲みましたが、今後も色々と飲んでみなければ!
 さて変化はどんな感じでしょう?

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 60%
 アルコール分 17度以上18度未満
 製造年月 21.12
 (株)桝田酒造店


2010年03月07日追記――
 メロンソーダを思わせる香り。

 酸味が微増。旨味も若干増加。
 穏やかでジューシー、これは良いな~
 後口には若干苦味が出現。
 うん、旨い!


2010年03月08日追記――
 エステル香が強く。

 甘味と渋味が増加。酸味との絡みが良い感じです。
 若干クセが増してきましたが、まだまだ旨い!


2010年03月10日追記――
 干しブドウを思わせる香りが出現?

 甘味が増加。
 アルコール由来の苦味や渋味などクセが結構増加。
 ただなかなかに良い感じ。まったりと。


2010年03月12日追記――
 甘い香りが若干強く。
 ドライフルーツを思わせる香り。

 今までの変化がそのまま全体的に進行している印象です。
 酸味や甘味の他、渋味やアルコール由来の苦味なども強く。
 ジワジワとクセが強くなっている感じもありますねー
 大崩れはしていませんし、個人的にも嫌いじゃないのですが、開栓後は余り置かない方が旨そうです。
 とりあえず現段階では開栓後二、三日で飲むのが一番かな?

 しかしそれでも良い酒でした!
 次はどの酒に挑戦しようか迷いますね~


1430546131_207.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米 桝田酒造店

満寿泉 貴醸酒

 第322回目。
 「満寿泉 貴醸酒」――富山県の酒です。
 仕込み水の代わりに清酒で仕込んだ酒になります。
 値段は500mlで2,100円……少々割高にも思えますが、貴醸酒としてはそれほど高くない感じでしょうか?
 とりあえず濃くて甘い酒がお好きな方には本気でお勧めです!
 ……私も余りに飲みやすかったので、危うく初日に飲みきってしまうところでした(笑)
 ちょっと変わった瓶の形やラベル代わりの木札もオシャレ?

 もし次に買ったらアイスクリームにかけて食べるのにも挑戦してみたいですねー
 ……酒店推奨の味わい方だったのに、今まですっかり忘れてました(泣)

(飲み始め:2010年02月01日)

 濃い甘い香り。しかし濃さの中にもどこかスッキリとした印象が。
 アイスワインを思わせる香り?若干フルーティというか……

 んー、甘い!
 甘いけど飲み口は非常に軽快。
 舌触りはトロリとしながらも、スルリと捌ける印象。
 柔らかいなぁ……
 含み香はシロップや若干蜂蜜風?
 甘味に続く酸味も柔らかく――何というか上品な印象?
 うん、旨いです!
 かなり飲みやすいので飲み過ぎ注意!

 食べ物と合わせるなら甘い食べ物と。
 普通の物には甘味が強く干渉します。

 この甘さと飲みやすさは、恐らく子供でもスルスルと飲めてしまうぐらいだと思います!
 ……あ、もちろん飲ませちゃ駄目なんですけども(笑)
 ううむ、危険な酒です……

データ――
 原材料名 米、米麹、清酒
 アルコール分 15度以上16度未満
 製造年月 21.9
 (株)桝田酒造店


2010年02月02日追記――
 甘い香り。バナナに……カフェオレ風?

 甘味がかなり増加。かなり甘い!
 アルコールの風味も増加。濃厚な甘味がガツンと!
 キリッとした酸味では抑えきれないぐらいの甘味です。
 これはこれで楽しいですし、個人的には好きなのですが、初日よりも結構人を選ぶと思いますねー


2010年02月03日追記――
 甘い香り。……バナナケーキ?

 アルコールの味わいが微増。
 ガツンと来る甘味。
 やはりかなり甘いのですが、前回追記時よりも酸味とアルコールの味わいが良い感じに影響を与えている気がします。バランスが向上?


2010年02月05日追記――
 さらに甘い香りが強く?グリセリンっぽい香りも?

 アルコールの風味が増加し、アルコール由来の苦味も出現。
 甘味は相対的に減少気味。うん、悪くない……


2010年02月07日追記――
 アルコールの香りが増加し、甘い香りは若干減少したような?

 おお……やっぱり甘味は強いものの、以前よりもさらに控え目な印象になりました。
 酸味やアルコール由来の苦味などとの兼ね合いで、微妙にアンズ酒やライチ酒など果実酒のような趣も。
 開栓二日目の強烈な甘味も面白かったですが、今日の味わいも悪くないですね!

 個人的には開栓当日が一押しですが、逆に少し時間を空けたぐらいの味わいもお勧めですよ~


1402669146_56.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : その他 桝田酒造店

銀嶺立山 吟醸

 第277回目。
 「銀嶺立山 吟醸」――富山県の酒です。
 以前飲んだ本醸造に引き続き、今回も頂き物だったりします。
 ……別の方から同じ銘柄を貰うと言うのも、不思議な巡り合わせですね。
 でも次こそは自分で買います!……多分。

 しかし300mlという量でも、追記出来るぐらい残しつつしっかりと味わわねば!と思いながら飲むと結構楽しめますねー……いや、実際はもっと飲みたくて仕方がなかったんですが(笑)
 ただ、酒量を抑えたい時にはお勧めですよ!(?)

(飲み始め:2009年10月15日)

 それほど強くはないものの、スッキリとした酒の香り。

 おお、味は香りから想像していたよりもさらにスッキリと、そして綺麗です。
 口内に優しく広がる米の甘味と旨味、軽快な酸味と綺麗なアルコールの味わいがそれらを引き締め、キリッとした口当たりに仕上げています。
 含み香には米の香りがフワリ。
 ああ、旨いですねこの酒。
 綺麗で非常に飲みやすく、淡麗辛口のお手本のような味わいです。
 飲んでいる内にアルコール感が若干増してきますが、ほとんど気になりません。
 300mlぐらいなら一気にいけそうですが、それでは酒量を減らそうと小瓶にしたのに本末転倒ですね(笑)

 ぬる燗――
 アルコールの刺激が増加。味は旨味が強め。
 悪くないな……

 熱燗――
 アルコールの刺激はあるものの、結構柔らかい味わい。
 なかなかに良い感じ。

 食べ物との相性も結構良し。かなり幅広く合わせられそうだな~

 うん、良い酒でした。
 300mlで609円、720mlでも1,323円。コストパフォーマンスも悪くないですね。
 自分でも今度買ってみます。

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 精米歩合 53%
 アルコール分 15度以上16度未
 満製造年月 090521
 立山酒造(株)


2009年10月16日追記――
 米の香りが増加。

 甘味と旨味が増加し、少々濃い味わいに。
 柔らかい味わいで、これもまた良し!


2009年10月17日追記――
 全体的に香りが濃く。アルコールの香りも増加。

 酸味と旨味が強く。
 アルコールの味わいも増加。
 これはこれで悪くは無いですが、綺麗さは大幅減。
 開栓後は早めに――出来るなら初日に飲みきった方が良いかもしれません。


2009年10月19日追記――
 旨味や塩味を感じさせる香りも。

 全体的に濃く。アルコール感も増加。


2009年10月21日追記――
 香りは余り変わらず。

 アルコールの味わいに旨味、酸味、後口には若干苦味。
 今日の味わいは今日の味わいで、まったりとしていて良い感じだが、やはり初日の綺麗さにはかないませんねー
 初日にスパッと飲みきることをお勧めします!
 良い酒でした!


1311631592_38.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 吟醸 立山酒造

銀嶺立山 本醸造

 第148回目。
 スッキリとして非常に飲みやすい酒です。海の近くで造られる酒は、新鮮な料理に合わせる為にスッキリとした物になるとのことですが、それも納得の酒質です。
 今回は頂き物ですが、値段もお手頃ですし次は自分で買ってみても良いかな、と思いました。
 む、吟醸も気になるな……

(飲み始め:2009年03月10日)

 本日は富山県の酒です。
 「銀嶺立山 本醸造」
 とある方からいただきました……ありがたい話です。

 スッキリとした甘い酒の香り。

 軽快な酸味に柔らかい米の旨味と甘味。
 含み香はアルコールに若干のエステル系。
 直球な淡麗辛口の趣――スッキリと非常に飲みやすいです。

 食べ物との相性はなかなか良し。何にでも無難に合わせられます。
 晩酌に持って来い!って感じですねー
 今回は食べていませんが、白身魚の刺身などとも合いそうな予感!

 ぬる燗――若干クセがありますが、甘味が柔らかく立って良い感じ。
 熱燗――は少々エグみが目立ちます……
 燗冷まし――まったり。
 ……私は冷やした状態が一番好きかな?

 なかなかに良い味わいでした~
 変化にも期待!

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 使用米 五百万石、山田錦
 精米歩合 65%
 アルコール分 15度以上16度未満
 日本酒度 +5
 酸度 1.4
 製造年月 081105
 立山酒造(株)


2009年03月12日追記――
 若干甘い香りとアルコールの香りが増加。

 全体的に味が濃くなりました。
 綺麗さは初日の方が上ですが悪くないですね。まったり。


2009年03月13日追記――
 香りは若干濃く。
 甘い米の香りに、若干カラメルを思わせる香りも混じります。

 若干酸味と渋味が増加。アルコールの香りも少々。

 やはり結構崩れてきましたが、これぐらいならまだ良し、ですね。


2009年03月16日追記――
 香りは余り感じません。若干アルコールの香りが前よりも強めかな?

 アルコールの味わいが結構強くなり、若干苦味と渋味も。
 結構崩れてしまいました……
 ああ……勿体無い……

 温度が上がると甘味、旨味、渋味が増加……
 ……なるべく早く飲みましょう!


1104418828_10.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 本醸造 立山酒造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。