スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲州純情娘 純米原酒

 第477回目。
 「甲州純情娘 純米原酒」――山梨県の酒です。
 萌えラベルですよ!萌えラベル!……当ブログは基本的に気になったら手当たり次第です(笑)
 それはともかくとして――
 こういうキャラクター物の商品は版権等の問題で値段が高めになることが多いようですが、この酒に関しては1,800mlで2,300円となかなかのお手頃価格でした。
 裏ラベルには「福重なつき プロデュース」と言う表記がありますが、この方がキャラクターの作者でしょうか?……それともこのキャラクターの名前?いや、それは無いか……
 とりあえず今日現在では検索にもほとんど引っかからなかったので、プロのイラストレーターとして活躍されている方ではないのかもしれません。酒蔵の関係者の方だったりも?
 まあ何にせよ、ライセンス料が(多分)発生していないと言うことは、酒の値段が上がらないと言うことなので、購入の敷居が低くなって良いですよね。それに値段が高いとどうしても評価が厳しくなってしまいますし。
 きっかけは何でも良いので、日本酒を手にとって貰えれば嬉しいですね~

 では本文をば!

(飲み始め:2011年08月13日)

 穏やかな甘い香り。
 米に……クッキー?いや違うか……

 うん、飲み口も穏やかです。
 柔らかい甘味がパッと口内で広がり、これまた柔らかい酸味がキュッと甘味を引き締めた後ジワリと浸透します。
 そこに絡む若干角張った(?)旨味と少し腰のあるアルコールの風味もなかなかに良いバランス。
 若干の苦味や渋味も悪くないですねー
 なかなかに良い酒だと思います。
 萌えラベルなのに手頃な値段、そして名前とラベルを意識したのか若干荒削り(?)な部分のある甘味が強めの酒質……純情、そして萌え……コンセプト的には結構アリなのでは!?
 他にも旨い酒や良い酒はたくさんありますが、初めて飲む日本酒がこの酒であるという方に日本酒の魅力をアピールすると言う意味では、十分に及第点が与えられる出来だと思います。

 食べ物と合わせるなら甘味のある物か甘い物と。
 普通の物には甘味が干渉するので、無理に合わせなくても良いかも。

 うん、話の種にもなると思いますし、ちょっとした飲み会に持って行っても面白い気がします。
 ……ただし、周囲からの視線がそれまでとは違ったものになる可能性もありますのでご注意ください(笑)

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 70%
 アルコール分 17度以上18度未満
 日本酒度 -1
 酸度 2.3
 アミノ酸 1.3
 製造年月 11.2.
 笹一酒造(株)


2011年08月14日追記――
 香りは余り変わらず。

 酸味と旨味、アルコールの風味と刺激感が増加。
 初日と比べてだいぶキリッとした印象になりました。
 しっかりとした甘味も、他の味との兼ね合いで若干控えめに感じます。
 これまたなかなかに良し!


2011年08月15日追記――
 アルコールの香りが若干増加し、少々スッキリとした香りに。

 甘味と旨味が増加し、アルコールの風味、渋味、苦味も若干増。
 かなり濃い味わいです。
 甘味が強いなー……いや、ちょっとクドいかも……
 また全体的に味が増えため、少々雑多な雰囲気も出現。
 ……次の変化に期待します。


2011年08月17日追記――
 若干甘酸っぱい香り、微妙に梅酒系の香り?

 酸味と旨味、アルコールの風味、ピリピリ感が増加。
 苦味と渋味も若干強く。
 雑味は増していますが、クドさは減少した感じです。


2011年08月19日追記――
 アルコールの香りは増えているものの、香り自体は若干初日に近づいたような?

 渋味と苦味、酸味が増加。
 甘味はさらに減少。
 結構雑味が多くなり、前々回とは違った意味で少々飲みづらい印象が出てきてしまいました。
 開栓後は早めに――開栓後二日以内に、飲みきるべきですね。
 大人数でスパッと空けてしまうことをお勧めいたします!


1762471159_129.jpg 1762471159_190.jpg
スポンサーサイト
tag : 純米 笹一酒造

七賢 甕(かめ)ぐち 本醸造無濾過原酒 2007年度醸造弐年氷温熟成

 第398回目。
 「七賢 甕(かめ)ぐち 本醸造無濾過原酒 2007年度醸造弐年氷温熟成」――山梨県の酒です。
 昨年の試飲販売の際に購入した酒になります。
 ……また冷蔵庫の中で一年以上自家熟成させてしまいました。
 ただ常温で放置していた訳ではないのできっと平気なはずです!……多分。
 それに当時のおぼろげな記憶を辿ってみてもそれほど変化していなかった、ような気がします。旨かったですし!
 ……うん、何度もすみません。
 では本文をば。

(飲み始め:2010年11月28日)

 しっとり穏やかな甘い香り。
 香りは……甘栗にクリーム?……モンブラン!?
 そして柔らかいアルコールの香り。

 濃密な甘味に続き、アルコールの風味がキリッと、そして再び甘味と共に腰の強い旨味と酸味がググッと、最後には穏やかな苦味が後口を引き締めます。
 若干尖った印象はありながら、どこか穏やかさも感じられますねー
 人によっては好き嫌いがあるかもしれませんが、良い味わいです!

 食べ物と合わせるならつまみ系の味の濃い物と。
 味の薄い食べ物には甘味が干渉。
 無理に合わせなくても良いかな?

 常温に近づくと、全体的に味わいが濃く。
 ただアルコールの風味も増すので、印象としては若干尖った感じに。
 これはこれで!

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 精米歩合 65%
 アルコール分 19度以上20度未満
 製造年月 09.9
 山梨銘醸(株)


2010年11月29日追記――
 アルコールの香りに旨味を感じさせる香りが増加。
 若干重量感のある香り。

 アルコールの風味が増加し、ガツン、ピリピリと。
 酸味と苦味も増え、甘味は減少、そして熟成香が少々出現。
 結構辛口な印象が出てきました。
 ううむ、初日とはだいぶ印象が変わりましたねー
 ただクセは増しているものの悪くないです。

 常温に近づくと甘味が強く。
 冷やした状態よりも初日の味わいに近いかも。


2010年11月30日追記――
 む、若干香りは軽快に。
 甘い香りにアルコールの香り。

 初日よりは甘さ控えめですが、二日目より甘味が強く。
 ハッキリとした甘味と旨味にアルコールの風味がガツン。
 後口には苦味とアルコールの刺激感がビシッと。
 印象としては初日と二日目の中間?
 不思議な変化と言うか、こういう感じの変化も面白いですね。


2010年12月02日追記――
 旨味と酸味を感じさせる香りが増加。
 ……あんみつの中の、黒蜜がかかったアンズを思わせる香り?よくわからない例えに(笑)

 おお、だいぶ穏やかな味わいになってきました。
 柔らかい酸味と旨味が立ち上がり、穏やかな甘味と共にジワリと口内に広がります。
 アルコールの刺激感も抑え目に。
 そして後口の苦味がキリリと全体を引き締めます。
 うん、今までの味わいとは違いますが、これまた良い味わいです。
 激しい変化でも、こういう変化なら大歓迎です!


2010年12月04日追記――
 アルコールの香りが若干増加。

 味わいは前回とそれほど変わらず。アルコールの風味が若干増。
 後口の苦味もじわじわと増えてきていますが、崩れた感じはありません。
 さらに置くとどんな変化をするかも気になりますが、今回はここまで。
 結構珍しい酒だそうですが、またいつか飲んでみたいですねー


1630092489_228.jpg tag : 本醸造 山梨銘醸

七賢 純米吟醸生原酒 ひやおろし

 第284回目。
 「七賢 純米吟醸生原酒 ひやおろし」――山梨県の酒です。
 この七賢ですが、私がそれほど日本酒に興味を持っていなかった頃、知り合いの方に薦められて一度飲んだことがありました。
 もちろん味は全く覚えておらず、飲みやすかったと言う印象しか残っていません。
 ……いや確かに日本酒の味自体良くわかっていなかったので、仕方ないと言えば仕方ないと思うのですが、こうやって飲むようになった身からしてみればもう少ししっかりしろ、と当時の自分に言いたいですね。
 と言うわけで、思い出の銘柄(?)に何年越しかの再挑戦です!
 ……しかし、よくよく考えてみると、当時どんなスペックの物を飲んだかすら覚えていません……これは、日本酒に興味のない人間が日本酒をどう見ているかを考える際に、数年前の自分を思い出せば良い訳ですから、ある意味便利なのでしょうか?
 ……自分で言っていて何だかこう、やるせない気分に(笑)

 そんな話はともかく、本文をどうぞ!

(飲み始め:2009年10月31日)

 スッキリとした酒と米の香り。穏やかな香り。

 酸味、旨味、若干の渋味と苦味がジワーッと染み入ります……
 若干の熟成香と組み合わさって非常に落ち着く味わい。
 これは旨いな……
 飲み始めは若干苦味などが尖っている印象がありましたが、飲めば飲むほど体に馴染んできます。
 いかん!これは自重しないと飲みすぎてしまう!(笑)

 燗――
 酸味やアルコールの味わいが若干強くなるものの、これはこれでアリですね~
 ただ私は結構好きですが、無理に温めなくても良いかな?

 いやあ……派手な感じや強力なインパクトなどは無いものの、かなり飲みやすくて良い味わいでした!
 しかし苦味の絡み方など、少々好みの差が出そうな酒質なので、人によっては多少の好き嫌いがあるかもしれません。
 ……私は大好きです(笑)

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 55%
 アルコール分 17度以上18度未満
 製造年月 09.09
 山梨銘醸(株)


2009年11月01日追記――
 穏やかな甘い酒の香り。

 若干全体的に味わいが濃く。
 ジワッと広がる酸味、旨味、甘味。そこに絡む軽快な苦味。
 やっぱり旨いなあ……昨日よりもさらに柔らかくなった気もします。
 じっくりと楽しめる味わいです。


2009年11月02日追記――
 穏やかな香り。

 旨味が若干増加?
 あー、まったり……


2009年11月04日追記――
 穏やかな酒の香り。
 余り強くないものの良い香り。

 甘味が若干増加。
 酸味と旨味、甘味がじんわりと。苦味も少々。
 穏やかな味わい。


2009年11月06日追記――
 香りは余り変わらず。

 酸味と旨味がギュッと、そしてそれに絡みつく苦味、続くのは若干の甘味。
 やっぱり穏やかな味わいですね~
 若干苦味が増加しているものの、全体のバランスは良し!
 うん、旨いです!一週間ぐらいでは全く崩れません。
 いや~、良い酒でした!


1325705691_110.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 山梨銘醸
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。