スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雁木 純米吟醸 無濾過 ひやおろし

 第655回目。
 「雁木 純米吟醸 無濾過 ひやおろし」――山口県の酒です。
 昨年九月頃に試飲販売で購入しました。
 ひやおろしと言うと結構季節感がありますが、基本的に一夏越した酒を秋以降に飲むものなので、若干季節を外れているような感じがするのは多分気のせいです!
 と、そんな感じでいつも通りの言い訳もしつつ(笑)、本文をどうぞ! ……あ、まだ冷蔵庫に(

(飲み始め:2013年01月10日)

 スッキリとした香り。
 穏やかで甘い――ほんのりラムネ風の香りも?

 スッキリ滑らかでわずかにミネラル感のある口当たりから、穏やかで柔らかな甘味と旨味がフワリ、続いて舌の上でジュワッと軽快で若干腰のある酸味が広がります。
 うん、良いですね……飲んでいて和みます。
 飲みやすい……

 食べ物との相性も結構良し!
 物によっては酸味がわずかに干渉するものの、幅広く合わせられる印象。

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 山田錦100%使用
 精米歩合 50%
 アルコール分 16度以上17度未満
 製造年月 12.8.
 八百新酒造(株)


2013年01月11日追記――
 香りはわずかにしっとりと。
 イチゴ風の香りもわずかに。

 酸味が若干増加し、刺激感もわずかに強く。
 口当たりが若干しっかりとしました。
 ただやはり穏やかで良い飲み口です。


2013年01月12日追記――
 若干香りは控えめに。

 わずかにミルク系の含み香が出現。
 前回の変化がそのまま少し進んだ印象。
 舌に引っ掛かる感触も少々。
 ただまだまだ悪くないです!

 燗――
 うん、柔らかくて飲みやすいですね。
 これは和むなぁ。
 若干低めの温度……ぬる燗ぐらいがお勧めかも。


2013年01月14日追記――
 若干しっとり感のある甘い香り。
 アルコールの香りがわずかに増加。

 アルコールの風味と渋味が若干増加し、舌触りの引っ掛かる感触が少し強く。
 若干雑多な感じが出てきました。


2013年01月16日追記――
 香りは余り変わらず。

 酸味、アルコールの風味と刺激感、苦味が若干増加。
 少々バランスが尖ってきた印象。
 ここまで置かない方が旨いですねー
 開栓後は……三日以内ぐらいには飲みきるのがお勧めでしょうか。


1888498458_55.jpg
スポンサーサイト
tag : 純米吟醸 八百新酒造

長陽福娘 山田錦純米吟醸50 仕込九号限定直汲み

 第579回目。
 「長陽福娘 山田錦純米吟醸50 仕込九号限定直汲み」――山口県の酒です。
 酒店で売れている銘柄を見るとつい――と言う話は毎度のことなので省略するとして(笑)、山口県では実力のある蔵として昔から知られている会社みたいですね~
 今度は火入れの物も飲んでみたいと思います!

(飲み始め:2012年05月27日)

 若干キリッとした感じのある甘い香り。
 酸味を感じさせる香りに、アルコールの香りも若干。

 少々太さの感じられるジューシーな酸味と微炭酸の刺激感が、少ししっかりとしつつも軽快な甘味や旨味、柔らかくも意外と腰のある苦味と共に、じわりじわりと口内で広がります。
 後口には若干渋味。
 含み香はラムネに……パイナップルが若干?
 お、飲んでいる内に旨味が前面に。
 結構苦味があるので苦手に思う方もいるような気はしますが、バランスは良いのでグイグイイケます!

 食べ物とは余り合わず。
 甘味や旨味が干渉。

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 山田錦100%
 精米歩合 50%
 アルコール度数 16度以上17度未満
 日本酒度 +4
 酸度 1.9
 製造年月 24.2.
 岩崎酒造(株)


2012年05月28日追記――
 香りは少しだけスッキリとしたような?

 旨味が増加し、酸味は若干穏やかに。
 後口の渋味もわずかに増加。
 なかなかに複雑な味わいですが、グイグイいけます!


2012年05月29日追記――
 若干酸味を感じさせる香りが増加。

 む、酸味が若干キリッと。
 力強い飲み口です。


2012年05月31日追記――
 香りは若干しっとりと。

 酸味を含め、全体的に前回よりもキリッとした感じが強くなってきて、結構辛口な印象が出てきました。
 甘味はそこそこあるのにピリ辛、というか……
 なかなかに尖った感じのある飲み口ですが、個人的には嫌いじゃないです!


2012年06月02日追記――
 アルコールの香りが強くなり、若干尖った印象に。

 甘味と旨味、渋味が若干増加。
 辛口な感じは前回より若干弱く。
 全体的に結構味が増えてきて、飲みづらさも少々出現。
 やはり個人的には嫌いじゃないですが、もっと早く飲んだ方が旨いと思います。
 開栓後は二、三日でスパッと空けてしまうべきかも。


1848227078_46.jpg tag : 純米吟醸 岩崎酒造

獺祭 発泡にごり酒50

 第554回目。
 「獺祭 発泡にごり酒50」――山口県の酒です。
 いつか飲まねばと思いつつも何年か経過……今回ようやく飲むことが出来ました!
 私の中で獺祭は結構スルッと飲める酒というイメージなのですが、今回の物や以前飲んだ生酒には個性というか通常品(?)とは別種の飲み応えのような物が感じられたような気がします。
 元々獺祭が好きな方もそうでない方も、普段とは違う獺祭が味わえますので試してみるのも楽しいと思いますよ~
 では本文をどうぞ。

――
 あ、シャンパン栓だコレ……開けるの緊張するなー
 ……まあ、蓋に穴開けて炭酸抜きしなくて良い分楽と考えましょう!
 いやそもそも広い流通に乗っている酒が、購入者に覚悟を求めるレベルの物と同じじゃマズいのかな?(笑)
 あれはあれでまたツラさはありながらも結構楽しいんですが……失礼、脱線しました。
 さあ、ゆっくりと……オープン!
 ――シュッ、ポン!
 良い音だ!そして吹き出したりもせず!
 やっぱり基本は冷暗所への静置ですよねー

 さて――
 軽快で良い香りですね~
 フレッシュな甘い酒の香りにわずかにバナナ?

 シュワシュワ!
 爽やかな炭酸の酸味と刺激感と共に、柔らかい旨味と甘味がジュワッと舌の上ではじけます。
 続くのはジューシーな酸味、そして先ほどの旨味に甘味がハラハラと降りてきます。

 混ぜて――
 米の香りが増加し、穏やかな雰囲気に。

 上澄みに比べて増えたのは米の風味、酸味、旨味、甘味、渋味、苦味。
 味わいが一気に複雑になりました。
 そして炭酸が減った分、穏やかな印象が強くなり、よりダイレクトに酒の味わいが伝わるように。
 含み香は米。
 たっぷりの米の旨味と軽快さのある甘味、全体をググッと引き締める酸味に渋味、後口には爽やかな苦味がビシッと。
 うん、だけど飲みやすいです。
 グイグイイケます!


二日目――
 最初から混ぜて。
 若干香りは丸っこく。

 旨味と苦味、炭酸由来ではない酸味が若干増加。
 炭酸が減って口当たりは穏やかに。
 若干味わいが太くなった印象です。


三日目――
 若干香りにミルクっぽさも?

 米の風味と旨味が増加。
 穏やかなにごり酒を微炭酸がクイッと引き締めている印象です。
 後口の渋味も若干増加。
 まったりと。


四日目――
 若干香りは控えめに。

 酸味と渋味が若干増。
 炭酸が減って口当たりが若干粉っぽくなってきました。
 少しだけもったりとした感じも出現。


六日目――
 香りは穏やかしっとりと。
 アルコールの香りが若干増加。
 む、炭酸がほぼ消滅し、にごり部分が若干重たく感じるように。
 舌に引っかかる感じや、エグみも強く。
 ここまでは置かない方が旨いですねー
 炭酸がある内に飲みきりましょう!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 50%
 アルコール分 15度
 製造年月 12.01
 旭酒造(株)


1830339168_132.jpg tag : 純米大吟醸 旭酒造

獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分 (22BY)

 第411回目。
 「獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分 (22BY)」――山口県の酒です。
 以前飲んだ新酒と一緒に、試飲販売の際に購入した酒になります。
 ただ何故か試飲時とは全く印象が違ったんですよねー
 体調や舌の状態の違いか、それともロット違いによるものか……ううむ。
 ちなみにこの酒の試飲時の印象は、他の酒(除く生酒)と比べて柔らかく味の乗りもしっかりとしていたように思えました。(50は若干堅く尖った印象、二割三分は逆に綺麗すぎて腰が弱い印象でした。……あくまで個人的な感想なのでご理解の程を)
 ……いつか再挑戦します。

(飲み始め:2011年01月05日)

 洋ナシに和ナシを思わせる甘い香り、若干ヨーグルト系の香りも。

 スッキリとした口当たりに、鉱物感もアリ。
 酸味と甘味に若干の苦味、渋味。
 甘味は軽め、酸味はスッキリしながらも腰がしっかり、そして全体を引き締める渋味と苦味は後口でも結構自己主張。
 むむむ……試飲した時はもっとクセが少なくて飲みやすい感じだったのですが、結構尖った印象のある飲み口ですねー
 と言うよりも試飲時の方が旨かったように思います。……特に体調不良とかではない筈なのですが。
 ただこれはこれでなかなかに良い味わいです。

 常温に近づくと旨味が増加。これもなかなか。

 明日以降の変化にも期待です!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 39%
 アルコール分 16度
 製造年月 10.11
 旭酒造(株)


2011年01月06日追記――
 ヨーグルト系の香りが強く。

 酸味と旨味が増加。渋味も若干増。
 これは……以前購入してみた低温蒸留の米焼酎を思わせる味わい?
 キリッとした辛口の味わいから、旨味や酸味がジワーッと。
 含み香は米。舌触りにはアルコールが少々ピリリと。
 これは焼酎好きの方にお勧めの味わいかも?
 個人的にはもう少し柔らかい味わいの方が好きですが、これはこれでなかなかに良い感じですねー
 ……ただ試飲した時の味わいは一体どこへ?

 食べ物とは若干渋味が干渉するものの悪くないです。
 ただ甘い物には強く渋味が干渉するので合わせない方が良さそうです。


2011年01月07日追記――
 若干バナナを思わせる香りも。

 甘味が若干増加。渋味や苦味、アルコールの風味も増加。
 結構苦渋い感じです……クセが急激に増してきました。


2011年01月09日追記――
 香りには若干ビターな雰囲気が。重たい香りも出現。

 苦味と渋味が増加し、酸味も少々尖ってきました。
 微妙に甘くない乳酸菌飲料な雰囲気も?苦酸っぱいと言うか。
 かなりクセが強くなってきましたが、これはこれで面白いかも?


2011年01月11日追記――
 香りは少々穏やかに。

 甘味とアルコールの風味が若干増加。渋味は微減。
 アルコール感はピリピリとしていますが、前回よりも若干飲み口が柔らかくなった気がします。
 ただ微妙に薬っぽい雰囲気も感じられるような。
 やっぱり早めに飲むべきですねー


1652271139_185.jpg tag : 純米大吟醸 旭酒造

獺祭 純米大吟醸48 寒造早槽しぼりたて生

 第394回目。
 「獺祭 純米大吟醸48 寒造早槽しぼりたて生」――山口県の酒です。
 新酒ですよ!新酒!私だってたまには新しい酒も飲むんです!……たまには?
 まあそれはともかくとして(笑)、先日横浜高島屋の地下を通過した際に、たまたま試飲販売をしていたので購入してきました。
 良いですよね-、試飲販売。普段出来ない飲み比べも出来ますし。……おかげで出費が増えますけども。
 ちなみに今回購入したのはこの酒と、(火入れ酒の)飲み比べの結果一番好みだった「三割九分」です。バランスも一番優れていたように思えたんですよねー……そちらの感想はまた後日にでも少し。
 と言うわけで本文をどうぞ!

(飲み始め:2010年11月15日)

 スッキリ涼しげな香り。
 メロン系の香りにアルコール、若干ヨーグルト?
 良い香りです。

 ジューシーな酸味に、軽快な甘味と旨味が口いっぱいにジュワーッと広がり、アルコールの刺激感と若干の渋味がキリリと引き締め、最後に柔らかい甘味がフワリと余韻を残します。
 含み香には若干ブドウ系の面持ち。
 これはクセの無いワイン風の雰囲気もあるような。
 うん、旨い!
 一年中飲める火入れの酒には若干優等生な雰囲気も感じられますが、この酒は生酒だけあって結構印象が違いますね~
 たまたま試飲販売していてラッキーでした!良い酒だ!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 48%
 アルコール分 16度
 製造年月 10.11.
 旭酒造(株)


2010年11月16日追記――
 スッキリとした香りに、フレッシュな新酒らしい香り。
 ブドウを思わせる香りも。

 旨味と甘味、アルコールの風味が増加。
 初日よりも全体的に濃い味わいに。ジューシーながらもキリッと!
 後口の渋味と苦味が若干増加しましたが、逆に面白いアクセントになっています。
 やっぱり新酒は良いな~

 食べ物と合わせるなら味の濃いつまみ系の物や甘い食べ物と。
 薄味の食べ物とは甘味が結構干渉します。
 無理に合わせなくても良いかも。


2010年11月17日追記――
 甘い香りとアルコールの香りが増加。
 若干サイダーっぽさもある感じです。

 酸味、アルコールの風味、渋味が若干増加。
 さらにキリッとした味わいに。
 うん、良い味わいです。


2010年11月19日追記――
 若干香りはしっとりと。

 旨味、渋味、苦味が増加し、甘味は減少。
 若干クセが増し、尖った印象が出てきました。


2010年11月21日追記――
 アルコールの香りと酸味を感じさせる香りが増加。若干尖った印象に。

 旨味と渋味が増加。甘味は微増?
 アルコールの刺激感はあるものの、どこか柔らかい印象も。
 クセは増してきていますが、バランス的には不思議と飲みやすいですねー
 うん、悪くない……
 ただ個人的には今日の変化も悪くないと思いますが、開栓後すぐの味わいの方が確実に旨いので、無理して変化を見る必要は無いと思います。
 開栓後なるべく早く――少なくとも3日以内に飲みきるのがお勧めですねー

 近い内に一緒に買った火入れの酒も飲みます!楽しみだ!


1622273124_100.jpg tag : 純米大吟醸 旭酒造

山猿 純米吟醸 山廃仕込

 第377回目。
 「山猿 純米吟醸 山廃仕込」――山口県の酒です。
 この酒は今年から使用米が「穀良都」に変わったそうなので、今回と同じ物はもう買えないみたいですね。
 今度は穀良都バージョンにも挑戦してみたいと思います。

(飲み始め:2010年09月09日)

 米に何らかの穀物、そしてバナナチップを思わせる香り。
 アルコールの香りもしっかり涼しげ。

 まずは腰の強い酸味と柔らかさのある苦味がビシッと。
 口に含んでから飲み込むまで、この味わいが芯となっていて、そこに軽めの甘味と旨味が絡んできます。
 しかし口当たりにはどこか軽快さもあり、結構スルスルと飲めてしまいます。
 飲みやすいような、独特のクセがあるような……辛口ながらも穏やかな味わいです。

 食べ物との相性は若干悪し。
 甘味の干渉が強いので、合わせるなら甘い物と。

 ぬる燗――
 お、甘味が立ち上がり、酸味も柔らかくて良い感じです。

 熱燗――
 旨味も増加。柔らかくて良い飲み口です。
 うん、旨い!

 冷やした状態もなかなかに良い感じですが、燗はもっと良いですね~

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 山口県産山田錦
 精米歩合 60%
 アルコール分 15度以上16度未満
 製造年月 21.10.
 永山酒造(名)


2010年09月10日追記――
 米の香り、アルコールの香りが微増。

 酸味と旨味が増加。初日よりも若干しっかりとした印象。
 後口の苦味が若干増。渋味も出現。
 少々クセが増えた気もしますが、悪くないです。

 ぬる燗――
 柔らかいな~
 苦味が穏やかで良いですね~

 熱燗――
 ぬる燗プラス旨味、甘味。
 あー、まったり……熱燗旨いなぁ。


2010年09月12日追記――
 アルコールの香りがさらに増加。

 旨味と甘味が増加。若干穏やかな印象に。
 む、クセが減ってきました。……うん、良い感じです!


2010年09月15日追記――
 米の香りにアルコールの香り、若干旨味を感じさせる香り。

 あー、柔らかいですね~
 穏やかでまろやかな旨味と酸味、ほのかな甘味がフワリ、その後ろから柔らかい苦味がジワリ。
 これは旨いです!
 開栓後しばらくは若干クセもありましたが、かなり飲みやすくなりました。
 まったり……この変化は素晴らしいです!

 ぬる燗――
 おお!これまた穏やか!
 フワリと立ち上がった甘味とさらに柔らかくなった酸味が優しくて良い感じです。
 うん、旨い。

 熱燗――
 柔らかさはそのままにキリッと立ち上がった酸味と旨味が良い感じです。
 冷えた状態よりも苦味などは感じにくいですし、結構綺麗な印象もあります。
 これまた旨いな~

 久々に開栓後に時間を置いた方が良くなる酒に出会いました。
 崩れるのを気にせず、しかも変化を楽しみながらじっくりと飲めるのは良いですよね。
 この会社の酒には、今度また挑戦してみます!


1579161939_47.jpg tag : 純米吟醸 永山酒造

獺祭 純米大吟醸 遠心分離50 (2回目)

 第359回目。
 「獺祭 純米大吟醸 遠心分離50」――山口県の酒です。
 リベンジ回ですが通し番号をつけることにしました。(前回の感想はこちら)
 三割九分のリベンジもすると言いながらしていないので、いつかきっと……

 微妙に体調を崩しやすい気候なので、みなさんもお気をつけください。
 私はばっちり風邪を引きました!……今後気をつけます。

(飲み始め:2010年04月26日)

 香りは……プレーンヨーグルトに、わずかにリンゴ?
 若干酸味を感じさせる香りです。

 穏やかな口当たり。
 柔らかい米の旨味がふわり、それを軽快な酸味がビシッと引き締めます。
 わずかに感じる軽快な渋味も良いアクセント。
 含み香は何らかの乳酸系の発酵食品?
 うん、派手さはありませんがまったりと飲めて良いですね~

 食べ物との相性も結構良し。
 結構幅広く合わせられる印象です。
 まったり。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 50%
 アルコール分 16度
 製造年月 10.03
 旭酒造(株)


2010年04月27日追記――
 わずかにアルコールの香りが増加。若干スッキリとした香りに。

 酸味と旨味が増加。
 全体的に味が濃くなり、初日よりもしっかりとした味わいに感じられます。
 悪くないですね~


2010年04月28日追記――
 旨味を感じさせる香りが増加。
 若干リンゴジャム風にも思える香り。

 穏やかで柔らかいながらもしっかりとした味わい。
 若干綺麗さは減少していますが、まろやかで良い感じです。


2010年04月30日追記――
 香りは青リンゴにアルコール。

 若干アルコールの風味が増加し、口当たりは少々キリッと。
 そこから染み出す酸味、旨味。後口には若干苦味。
 まったりと。


2010年05月03日追記――
 アルコールの香りが増加し、若干涼しげな印象も増加。
 微妙に熟れた青リンゴ風の香りも?

 若干アルコールの刺激感が増加。
 綺麗さは減少しているものの、大きく崩れた印象はありません。
 ……数時間置いたとは言え、実は本日大量のアルコールを摂取した後なので、細かい差がわからないだけの可能性もありますが。
 あー、昨日体調不良で追記出来なかったのが微妙に悔やまれます……
 ただとりあえず今飲んだ印象では悪くないと思いました!

 今後は体調管理に気をつけます……


1471906483_241.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米大吟醸 旭酒造

貴 特別純米 ひやおろし

 第302回目。
 「貴 特別純米 ひやおろし」――山口県の酒です。
 様々な雑誌で取り上げられている銘柄ですね~
 変わったスペックの物(発泡にごり微発砲純米)は以前飲んだのですが、今回が初めての本道な製品だと思われます。……それでも季節物ですが。
 初日の印象はそれほど強いものでは無かったのですが、開栓後少し経過した状態の物は様々な場所で推されるのも納得味わいに思えました。
 今度また別のスペックの物も飲んでみようと思います!

(飲み始め:2009年12月10日)

 スッキリとした甘い香り。米にメロン?

 柔らかい米の旨味に甘味、スッキリと若干フレッシュ感のある酸味、じわりと広がる渋味と苦味が少々。
 若干固い印象もありますが、穏やかで良い味わいです……

 シンプルな味の食べ物とは甘味が干渉するものの、少しでも甘味のある物との相性は良い感じ!

 ぬる燗――
 酸味が立ち上がって味わいは若干スッキリ。

 熱燗――
 酸味と旨味が柔らかい!
 甘味は消えるものの、ホットミルクを思わせる柔らかい味わいも。
 これは面白いな~

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 60%
 アルコール度数 15度以上16度未満
 製造年月 21.10
 (株)永山本家酒造場


2009年12月11日追記――
 香りは穏やかなメロン?

 甘味が増加し、香りも初日よりハッキリと。
 おお、何と言うか酒そのものがパッと開いた感じです。
 初日はやっぱり若干固かったみたいですね、これは良い!

 そして食べ物との相性もはるかに向上!
 かなり幅広い物と合わせられるように。
 甘味の増えた印象もあるのですが面白いですね~

 うん、初日よりもずっと良くなりました!


2009年12月12日追記――
 香りはメロンソーダに若干ヨーグルト。

 おお!さらに柔らかく!
 旨味、甘味、酸味、若干苦味。アルコールの味わいもスッキリと。
 うん、旨いです。まったり……


2009年12月14日追記――
 香りは若干穏やかに。

 旨味が増加。
 渋味や苦味も増加しているものの、口当たりは柔らかくなかなかに良い感じです。


2009年12月16日追記――
 ヨーグルト系の香りに若干メロン。

 旨味、酸味、渋味、苦味。
 舌触りには若干引っかかる感じも出現。
 悪くはないですが、余り置かない方が旨いかも?
 個人的には開栓後1日、2日が好みです!


1360142709_109.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 特別純米 永山本家酒造場

貴 夏純米 発泡にごり

 第250回目。
 「貴 夏純米 発泡にごり」――山口県の酒です。
 様々な雑誌等で盛大に推されている銘柄になります。主にdancyu。
 しかし、以前飲んだ花音に引き続き、この会社の本道から外れた酒ばかり飲んでいる気がしますねー
 次は本道に沿った酒も飲んでみよう、うん。

(飲み始め:2009年08月25日)

 微発泡ですねー
 香りは……微妙に以前飲んだ花音に似ている部分もあるような?
 米の香りの裏にサクランボ風の香りが少々。

 まずは上澄み――
 酸味がジュワー。続くのは旨味と少々甘味。
 まったりとした味わいを炭酸がスッキリと引き締めています。
 これはなかなかに旨いですねー

 続いてオリを絡めて――
 わずかに渋味と苦味が出現。旨味が増加。
 よりまったり系に舵が切られたイメージ。
 これまた良い感じです。
 うーん、飲みやすい!
 こういう飲み口の良い薄にごり酒は危険だな~
 ……もちろん飲み過ぎました(笑)

 食べ物との相性は物によっては甘味やエグみなどが干渉。
 何に合って何に合わないかイマイチ分かりません……実際にお試し下さい。
 ……ただ食中酒には余り向かない感じですね。食前酒向き?

 燗――
 酸味と旨味、苦味が増加。苦味が結構尖る感じに。
 面白いですが温めない方が良いかも。

 まったりとした発泡にごり酒……なかなかに良い酒でした~

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 山口県産山田錦100%
 精米歩合 60%
 アルコール度数 16度以上17度未満
 製造年月 21.6
 (株)永山本家酒造場


2009年08月26日追記――
 米の香りが増加。

 含み香はサクランボ?
 酸味と旨味がジュワー。
 味は大きく変わらず。
 まったりとした良い味わい。


2009年08月27日追記――
 甘い香りが濃く。

 含み香には若干ヨーグルト系も。
 旨味が増加、苦味も若干増加。
 炭酸が抜け口当たりは若干悪く。
 ただ悪くない味わいです。


2009年08月29日追記――
 ヨーグルト系の香り。

 旨味がじわり。追いかけるのは酸味に若干苦味。
 口当たりは若干重たくなり、含み香には少々酸化した感じも。
 悪くはないですが少々崩れてきた印象。


2009年08月31日追記――
 香りは弱く。
 若干ヨーグルト系?

 含み香はヨーグルト香料。
 旨味に酸味、渋味に苦味、若干エグみ。
 炭酸がほとんど消え、舌触りは結構粉っぽく。
 口内が引きつるような感触もあり、結構重たい印象です。
 味のバランスは意外と悪くないのですが、口内の感触が少々キツい感じですね……
 早めに飲みましょう!


1265593816_153.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米 永山本家酒造場

花音(かのん) 微発泡純米酒

 第230回目。
 「花音(かのん) 微発泡純米酒」――山口県の酒です。
 貴(たか)で有名な「永山本家酒造場」の低アルコール(8%未満)発泡酒になります。
 甘味が強く特徴的な味わいなので、カクテルやチューハイの感覚でグイッと。
 しかし、桜酵母の力は想像していた以上でした。花酵母は奥が深いですね……


初日――
 チェリーガム――サクランボ香料のような強めの甘い香り。

 スッキリとした強めの酸味がシュワッと!それに続くのはハッキリとした甘味。
 桜酵母を使用しているとのことですが、ワイルドチェリーのような味わいにも思えます。
 続いて米の旨味がふわり、スッキリとした苦味もあり。
 後口には若干ベタッとした甘味が残り、苦味も少々尖って感じますが、概ね爽やかで良い感じです。

 若干クセのある味わいなので好き嫌いは分かれるかもしれませんが、なかなかに面白い酒だと思います。


二日目――
 葉桜のような香り?……初日の香りに若干葉っぱ感を追加したような?

 酸味が増加――酸っぱ甘い!……クエン酸入り健康飲料のようなイメージ?
 確か外国産のチェリードリンクに、こんな味の物があったような気もします。
 ……既に日本酒の範囲を大きく逸脱している気もしますが、これはこれで楽しいですね~


三日目――
 香りは極端に変わらず。

 若干旨味が増加。口内ではじける酸味、甘味、旨味。
 爽やかさは初日より劣るものの、味わいが穏やかになったので結構飲みやすい印象。
 やはり何らかの健康飲料っぽいですが、そういう飲み物だと割り切れば結構旨いと思います。
 ……飲んでいたら健康になれそうです(笑)

 日本酒……というよりそもそも酒らしさを余り感じませんが、面白くてなかなかに良い酒だと思います。

 飲むタイミングは……蓋が王冠で保存がきかないので初日でしょうね。
 個人的には二日目以降も面白いとは思うのですが。

データ――
 原材料名 米、米麹
 アルコール度数 8度未満
 使用酵母 やまぐち桜酵母
 製造年月 21.7
 (株)永山本家酒造場


1244831831_217.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米 永山本家酒造場
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。