スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津島屋 純米吟醸 信州産美山錦 無濾過生原酒

 第658回目。
 「津島屋 純米吟醸 信州産美山錦 無濾過生原酒」――岐阜県の酒です。
 箔押し文字のラベルを見るととりあえず買ってみたくなる、そんな習性ってありますよね!?
 ……はい、それはともかくとしまして。
 この銘柄は昨年4月からの新ブランドのようですねー
 結構しっかりと流行の路線も押さえている感じなので、知名度が上がれば人気が出そうな気がします。
 今度また別のスペックの物も買ってみなければ!

(飲み始め:2013年01月20日)

 穏やかで若干しっとりとした甘い香り。
 ほのかに柑橘系の香りも。

 飲みやすいですね~
 生酒らしいフレッシュさや若干の刺激感もありながら、飲み口は穏やかです。
 口に含んだ瞬間にトロリとした舌触りと共に、しっとりとした旨味、甘味、酸味がスルッ、ジワッと広がります。
 後口には若干の、やはりしっとりとしたアルコールの風味がジワリ。
 うん、良い旨甘口酒です。

 食べ物との相性も、味の薄い物には若干甘味干渉するものの、なかなかに良し。

データ――
 原材料名 米、米麹
 使用米 美山錦100%
 精米歩合 55%
 アルコール分 17度
 製造年月 12.12.
 御代桜醸造(株)


2013年01月21日追記――
 砂糖菓子風の香りも若干?

 旨味が少し増え、飲み口に穏やかさが増した印象。
 甘味は若干減。
 まったりと飲めます。


2013年01月22日追記――
 香りは若干しっとりと。
 青リンゴ風の香りも若干。

 アルコールの風味が若干増。
 香りと同様に少々しっとりとした飲み口に。
 後口の刺激感もわずかに増加。


2013年01月24日追記――
 酸味を感じさせる香りが若干増。

 酸味がわずかに前面に出てきた印象。
 しっとり濃い口当たりです。
 後口には若干苦味。
 少々旨味に重量感が出てきました。


2013年01月26日追記――
 丸く甘い香り。
 若干ペタッとした香り。

 アルコールの風味と刺激感、酸味、甘味が若干増加。
 ぽってりトロリとした飲み口で、そこにピリッとした刺激感が絡みます。
 そしてその後ろから苦味や渋味がジワリ。
 個人的にはまだ悪くないと思いますが、ここまで置かない方が旨いです。
 開栓後は二日……少なくとも三日以内に飲みきるのがお勧め、かも。


1889718627_138.jpg
スポンサーサイト
tag : 純米吟醸 御代桜醸造

竹雀 山廃純米吟醸 無濾過生 23BY

 第599回目。
 「竹雀 山廃純米吟醸 無濾過生 23BY」――岐阜県の酒です。
 22BYから立ち上がったブランドとのことですが、今回飲んでみて十分にその質の高さが窺えました。
 ここからさらに質が上がっていくことが期待出来るとなれば、これはもう注目せざるを得ないと言うか……とりあえずまた買ってきます。
 ちなみにこの酒も以前タモリ倶楽部で紹介された東中野の酒店で購入しました。
 東中野は私のような酒マニアにとっては聖地たり得る場所かもしれませんね!(!?)
 ……では本文をば。

(飲み始め:2012年07月27日)

 若干力強さのある香り。
 アルコールの香りに、若干甘酸っぱい香り。

 口に含んだ瞬間に、舌の上をキリリとした酸味とアルコールの風味がスパッと通り過ぎ、そこから柔らかい口当たりで若干濃さもある旨味と甘味がスルッと口内を広がり、続いて若干の刺激感を伴う穏やかな酸味と軽快な苦味がジワリと染み渡ります。
良いですね~
 結構しっかりとした印象もありながら、あくまで飲み口は軽快……
 絶妙なバランスで、グイグイ飲めてしまいます。旨い!

 食べ物とは若干甘味が干渉。
 合わせるなら味の濃い物と。

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 岡山県産雄町100%
 精米歩合 50%
 アルコール分 17度以上18度未満
 日本酒度 +5
 酸度 1.5
 アミノ酸度 1.3
 使用酵母 6号酵母
 製造年月 2012.4.月
 大塚酒造(株)


2012年07月28日追記――
 アルコールの香りと甘い香りが若干増加。

 初日よりもキリリとした飲み口に。
 反面口当たりの濃さも若干増。
 増えたのは主に旨味と、若干アルコールの風味に苦味。
 初日とはまた違うバランスですが、これも良い味わいです。


2012年07月29日追記――
 アルコールの香りがさらに若干増加。

 旨味と渋味が若干増え、口当たりが若干しっかりと。
 キリッとした感じの後ろから穏やかさが少しだけ顔を出す感じでしょうか?
 良い飲み応えです。


2012年07月31日追記――
 しっとりとした香り。
 アルコールに甘酸っぱい香り。

 旨味と甘味が若干増加し、刺激感は少しだけ減少。
 若干濃く、そして穏やかな口当たりに。
 全体的に味は若干増えてきましたが、この変化も悪くないかも。


2012年08月02日追記――
 む、若干香りに重量感。

 苦味と甘味、アルコールの風味が増加。
 舌に引っ掛かる感じも若干。
 ううむ、急激にバランスが崩れてきてしまいました……
 一週間は置かない方が良さそうですねー

 開栓初日の感じが気に入ったのであれば、初日に飲みきってしまうのも手でしょうか?ただ度数はなかなかに高めなので、その場合は複数人で飲まれることをお勧めいたします。
 そうでなければ……開栓後二、三日以内に飲むのがお勧め、かな?
 良い酒でした!


1861402940_250.jpg 1861402940_222.jpg
tag : 純米吟醸 大塚酒造

醴泉 特別本醸造

 第590回目。
 「醴泉 特別本醸造」――岐阜県の酒です。
 醴泉の中では低価格帯の商品ですね~
 たまたま入った店に置いてあったので衝動的に購入しました。
 720mlで1,000円以下というのが良い!
 アルコール添加というと悪印象を持つ方はいらっしゃいますが、価格を抑えて幅広く飲んでもらうには、本醸造も実際アリだと思うんですよ……なかなかに難しい問題ですが……
 まあ細かい話はともかく本文をどうぞ!

(飲み始め:2012年06月28日)

 スッキリとしたほんのり甘い香り。
 飴に若干ラムネ?

 お、香りと同様に軽快な飲み口ですね~
 スッキリとしたアルコールの風味と穏やかな旨味、ほのかな甘味がスルリと口内で広がり、続いて酸味と若干の渋味、刺激感がビシリと自己主張。
 含み香は上立ち香と同様な印象。
 うん、力強さもありますが結構飲みやすい感じです。

 食べ物との相性は、味の薄い物には若干甘味がぶつかるものの、概ね良い感じです。

 続いて燗。
 旨味と酸味が立ち上がり、結構しっかりとした飲み口に。
 ただ穏やかさもあって飲みやすいです。

データ――
 原材料 米、米麹、醸造アルコール
 原料米 兵庫県産山田錦100%使用
 精米歩合 60%
 アルコール分 15度以上16度未満
 日本酒度 +4
 酸度 1.3
 アミノ酸度 1.2
 使用酵母 山形9号候補使用
 製造年月 12.4
 玉泉堂酒造(株)


2012年06月29日追記――
 香りは軽快さが若干アップ。

 アルコールの風味と甘味、渋味が若干増加。
 口当たりは少ししっかりと。
 そして若干穏やかに。


2012年06月30日追記――
 アルコールの香りと甘い香りが若干増加。
 穏やかにしっとりと。

 旨味と酸味が若干増え、少々濃く穏やかな飲み口に。
 口当たりにはアルコールの刺激感が若干。


2012年07月02日追記――
 香りは若干控えめに。

 アルコールの風味と刺激感が増加。
 全体的に味わいもスッキリ控えめになってきました。


2012年07月04日追記――
 アルコールの香りが結構しっかりと。

 アルコールの風味と苦味、渋味が増加。
 結構尖った味わいに。
 辛口感も結構強くなり、口当たりには引っ掛かる感触も。
 ここまでは置かない方が良いですね……開栓後はスパッと二、三日で飲みきってしまいましょう!
 ただ余り置かない方が旨いと思いますが、このアルコールを飲んでいる!って感じは個人的には嫌いじゃないかも(笑)


1855359398_48.jpg tag : 特別本醸造 玉泉堂酒造

久寿玉 純米吟醸 花金箔入

 第464回目。
 「久寿玉 純米吟醸 花金箔入」――岐阜県の酒です。
 東京農業大学花酵母研究会(外部リンク)が分離培養した花酵母(アベリア)を使用し、ちょっとオシャレな瓶の中には花の形の金箔が二輪――何だかウキウキしてきますね!(?)
 ……そして上記リンク先を色々と見ている内に俄然花酵母に興味が湧いてきました!
 もう既にかなりの数の商品が出ていますが、いつか色々と飲み比べてみたいなぁ。

――
 うん、瓶も猪口も可愛らしくて良いですね~
 一合で893円は少し高いとも思いましたが、器代込みと考えればそれほど悪くないかも。
 色々と再利用も出来そうですし……とりあえず今度冷凍庫でキンキンに冷やして徳利代わりに使ってみます!

 さて――
 甘酸っぱい香り。
 米に何らかの……果実酢少々?

 ほう、穏やか。
 柔らかい米の旨味と酸味がふわり、甘味がそれをスルッと追いかけます。
 含み香にも上立ち香と同様のニュアンスがあるため、酒っぽくないような若干不思議な感覚も。
 後口には若干の刺激感、これまた良いアクセントに。
 うん、良いですね……まったりと飲めます。
 小さい瓶の酒だと(すぐ無くなって勿体ない的な意味で)じっくり味わうことになるので、四合瓶とはまた違った感覚で楽しいかも。
 続きはまた明日!


二日目――
 香りは余り変わらず。

 甘味と酸味が若干増加。
 刺激感も若干増え、初日よりもしっかりとした飲み口に。
 ただ穏やかにじっくりと飲める感覚はそのまま。
 うん、良い感じです。

 と、ここで金箔を猪口に移動。
 1723412736_231.jpg
 おお、黒い背景で見るとますます綺麗だな~
 金箔とかには余り興味はありませんでしたが、こういう視覚で楽しめる商品もアリですね……

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 50%
 アルコール分 15度以上16度未満
 日本酒度 -1
 酸度 1.4
 使用酵母 アベリア花酵母
 製造年月 23.3.
 (有)平瀬酒造店


1723412736_48.jpg tag : 純米吟醸 平瀬酒造店

無風(むかで) 純米吟醸 瓶囲熟成原酒‏

 第403回目。
 「無風(むかで) 純米吟醸 瓶囲熟成原酒‏」――岐阜県の酒です。
 ラベルのインパクトに惹かれて購入しました。
 無風で「むかで」と読ませるのも変わっていて面白いですねー

(飲み始め:2010年12月19日)

 スッキリ穏やかな香り。米に若干のアルコールと、サイダー系の香り。

 穏やかで柔らかいながらもしっかりとした旨味と酸味がじんわりと口いっぱいに。
 そしてその後ろから意外とハッキリとした甘味に、軽快な苦味が続きます。
 これはなかなかに良い味わい!

 食べ物との相性も結構良し。
 味の薄い物にも問題無く合わせられます。

 常温――
 若干熟成香が出現。
 微妙に渋味や苦味も出てきましたが、冷やした状態よりも柔らかい味わいに。
 うん、良い感じです。

 ぬる燗――
 アルコールの風味が増加するものの、甘味と旨味が柔らかくふわりと。
 これもなかなか!

 熱燗――
 旨味と酸味が立ち上がります。
 若干苦味も立ちますがこれまた悪くない感じです。

 温めるのもアリですが、冷やした状態や常温の方がバランスは良い気がします。
 いや、これは好みの問題かな?
 それに一年近い自家熟成(冷蔵庫)が多少影響した可能性もありますね……
 さて変化や如何に?

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 特A地区山田錦使用
 精米歩合 60%
 アルコール分 16度以上17度未満
 製造年月 09.11
 玉泉堂酒造(株)


2010年12月20日追記――
 わずかにアルコールの香りが増加。
 さらにスッキリとした香りに。

 甘味が若干増加して、旨味と酸味と共に前面に。
 含み香にわずかな熟成香。
 これは穏やか!
 個人的には初日よりも好きかも。これは良い味わいです!


2010年12月21日追記――
 米と酒の香りが増加。若干穏やかな印象です。

 旨味とアルコールの風味が微増。
 うん、やはり穏やかで良いですね。スルスルと飲めます。


2010年12月23日追記――
 穀物香とアルコールの香りが増加。

 アルコールの風味が増加して、少々キリッとした味わいに。
 そして酸味、後口の苦味、熟成香も若干増。
 わずかにクセが増してきましたが、まだまだ飲みやすくて良い感じです。


2010年12月25日追記――
 酒らしい香りが強く。
 米と酒の香り。ごくわずかにメロン系の香りも。

 アルコール感がさらに増加し、若干口当たりはピリピリと。旨味も増加。
 柔らかさを追いかける刺激感、後口の苦味も強く。

 そこまで悪くないのですが、結構クセが増して少々飲みづらさも出てきました。
 一週間は置かない方が良さそうです。


1641898277_226.jpg tag : 純米吟醸 玉泉堂酒造

房島屋 純米吟醸五百万石 生酒

 第370回目。
 「房島屋 純米吟醸五百万石 生酒」――岐阜県の酒です。
 今度は火入れの酒にも挑戦してみたいと思います!

(飲み始め:2010年08月16日)

 香りは米に若干ナシと……バナナミルク?

 濃厚な旨味と酸味、若干の苦味にアルコールの風味。
 ジューシーさとたっぷりな旨味、若干の爽やかさと重量感が同居しています。
 製造後すぐならもっと爽やかでジューシーだったのでしょうが、これはこれで悪くないですねー
 ただ少々ズッシリとした印象があるので、若干人を選ぶ部分もあると思います。
 ……製造後すぐに飲めず申し訳ありません。

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 五百万石
 精米歩合 50%
 アルコール度数 17度以上18度未満
 日本酒度 +1
 酸度 2.0
 製造年月 22.2.
 所酒造(資)


2010年08月17日追記――
 アルコールと米の香りが増加。

 甘味が若干増加。
 初日よりもジューシーさや重量感が減り、穏やかな印象に。
 酸味と旨味がジュワッと。
 だいぶ飲みやすさもアップしました!

 食べ物と合わせるなら甘味のある物と。他の物には甘味が干渉。
 単独で飲んだ方が旨いかも。


2010年08月18日追記――
 甘く濃い香り。
 米に何らかの糖分?若干カルピス風?

 柔らかさとジューシーな酸味が同居。
 酸味が少し立ったためか、昨日よりも若干スッキリとした印象に。


2010年08月20日追記――
 香りはカルピス+アルコール?

 甘味が増加し、旨味は柔らかく控えめに。
 酸味も良いアクセントになっていて、全体をキュッと引き締めている印象。
 あー、かなり飲みやすいですね~
 若干苦味などの雑味は増してきているものの、初日の重たさが嘘のように良い感じです。


2010年08月22日追記――
 アルコールの香りが増加。
 アルコールに若干のエステル香と旨味を感じさせる香り。

 旨味とアルコールの風味、若干苦味と渋味が増加。
 飲み始めは若干クセが強く感じられましたが、飲んでいる内に柔らかくまったりとした印象に。
 うん、悪くないです!

 雑味の増加と味の変化のバランスを考えると、個人的には前回(開栓後4日経過)の状態が一番好みですねー
 ただ製造後すぐの物だともっと違う変化だったかもしれないので、実際に変化を見る際はご注意ください。


1564319725_110.jpg tag : 純米吟醸 所酒造

醴泉 酒無垢 純米吟醸雄山錦 生原酒 21BY (岐阜県)

 第328回目。
 「醴泉 酒無垢 純米吟醸雄山錦 生原酒 21BY」――岐阜県の酒です。
 かなり前に19BYの物を飲んで以来になります。
 感想を見返してみると、今回の方が評価が高そうな感じ、ですね。
 酒造りのレベルが上がっているのか、私の酒への感受性が高まっているのか……どちらにせよ良いことです(笑)
 お、使用酵母も金沢9号から熊本9号に変わってますね。香りの違いはその辺りが理由でしょうか?
 以前の感想時に書いから大分経ってしまいましたが、そろそろ高価格帯の物にも挑戦したいですね~

(飲み始め:2010年02月14日)

 柔らかく甘い香り。べっこう飴……いや、粉砂糖?綿菓子?
 良い香りです!

 おお、スッキリ綺麗!それでいて柔らかい!
 口に含んだ瞬間の綺麗さから、舌の奥に進むにつれて柔らかい甘味と酸味がパーッと広がり、最後にはキリリと余韻を引き締めてキレて行きます。
 飲みやすいわー、もうスルスルと。
 こういう穏やかな旨さも良いですね~

 食べ物との相性もかなり良し!
 何にでも合うなぁ。
 甘味がそこそこあるのですが、味の薄い物にまでバッチリ合わせられます!

 ぬる燗――
 柔らかく立ち上がった酸味や、若干性質の変わった甘味が良い感じです。
 うん、結構旨いかも。

 熱燗――
 ぬる燗よりもさらに酸味がフワリと。
 うわースルスル飲めますよこれ!
 燗も良いですねー

データ――
 原材料 米、米こうじ
 原料米 富山県南砺産雄山錦100%使用
 精米歩合 五十五%
 アルコール分 16度以上17度未満
 日本酒度 +2
 酸度 1.6
 アミノ酸度 1.4
 使用酵母 熊本9号酵母
 製造年月 09.12
 玉泉堂酒造(株)


2010年02月15日追記――
 香りは余り変わらず。穏やかな香り。

 全体的に味が濃く。口に含んだ瞬間からパーッと広がって行く感触。
 綺麗さは初日に若干劣りますが、スッキリと飲みやすく良い感じです!


2010年02月16日追記――
 わずかに何らかのフルーツを思わせる香りが追加?

 若干アルコールの風味が増加。甘味も増加。
 穏やかだなぁ。


2010年02月18日追記――
 甘い何らかのジュースの香り?

 前回の変化がそのまま進行した印象。
 若干アルコール由来の苦味も出現。
 綺麗さは減少しているものの、スッキリ穏やか!


2010年02月20日追記――
 輪郭のクッキリとした甘いエステル香。

 アルコール感がさらに増加して前面に。
 アルコールの風味、甘味、旨味、続いて酸味と苦味。
 若干尖り気味な味わいで、後口には結構強めの苦味も残ります。
 少々崩れてきました、開栓後は二、三日以内に飲みきってしまうのがベストかな?

 穏やかで良い酒でした!


1414106900_98.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 玉泉堂酒造

房島屋 兎心(ぼうじまや ところ) 純米吟醸 五百万石 生酒

 第243回目。
 「房島屋 兎心(ぼうじまや ところ) 純米吟醸 五百万石 生酒」――岐阜県の酒です。
 買おうと思った矢先に売り切れていて焦ったりと色々ありましたが、何とか購入できました!
 ……どうやら私が知らないだけで結構人気のある銘柄だったようです。
 兎心と書いて「ところ」と読む――酒造会社の名前に引っかける、こういう遊び心が良いですよね。

(飲み始め:2009年08月14日)

 まずは上澄みから――
 砂糖菓子のような趣に、米の香りも柔らかく。まったりとした良い香り。

 柔らかい口当たり。
 まろやかな甘味と軽めの米の旨味、スッキリとした酸味が口いっぱいに広がります。
 あー、飲みやすい!

 続いてオリを絡めて――
 香りが若干深く。

 お、旨味が増加し、軽快な苦味も追加。味わいが結構複雑に。
 単純な飲みやすさならオリを絡めない方が上かもしれませんが、この多層な味わいが非常に楽しいですね~
 どっちも良い感じです!これはなかなかに旨いな~

 食べ物と合わせるなら甘い物と。他の物には甘味が強く干渉。単独で飲むべきですね。

 良い酒でした!
 甘味主体で飲み口も非常に良いので飲み過ぎに注意!
 ……ええ、飲み過ぎましたとも(笑)

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 五百万石100%
 精米歩合 50%
 アルコール度数 16度以上17度未満
 日本酒度 +4
 酸度 1.5
 製造年月 21.6.
 所酒造(資)


2009年08月15日追記――
 香りに若干もろみ――というか甘酒感が追加。

 む、甘味や旨味が強く。
 ギュッと圧縮したような味わいが口内で炸裂する感じですね~
 これまた良い感じです!

 ぬる燗――
 旨味がワッと一気に。苦味も強く。

 熱燗――
 若干爽やかな甘酒風?含み香も甘酒っぽい感じに。

 ……温めないで飲むべきでした!……いや、初日に温めるべきだった、かも?

 それはともかく、米のジュースというか不思議なまったり感が良いですね……


2009年08月16日追記――
 香りに甘酒感が増加。

 旨味が増加。口当たりと含み香の綺麗さは若干減少。ただ良い味わい。
 旨味、甘味、酸味が口内でパッと。


2009年08月18日追記――
 香りは完全に酒粕由来の甘酒風?

 んー、甘味が強い!
 甘味、旨味、酸味がジュワッと。後口には若干エグみが出現。
 しかし薄にごりの酒とは思えないほど口当たりは綺麗ですね~


2009年08月20日追記――
 む?この香りは……酒粕そのもの?

 含み香は基本甘酒ですが、一瞬バナナっぽさも。
 甘味、旨味、酸味、苦味、後口には若干エグみ、舌に引っかかる感触も。
 アルコール感が増加。
 大崩れはしていないものの、以前の綺麗さは消滅してしまった感じです。

 私としては開栓後数日以内に飲むことをお勧めいたしますね~
 ……ただ、おりがらみ系の酒は飲むたびにオリを混ぜる必要があるため、頻繁に飲む場合には変質が早くなる可能性が高いです。なので、大事に飲むならばもう少し長く置いても平気かもしれません。
 その辺りの判断はご随意に……

 この会社の酒は他にも色々と買ってみます!


1255135505_23.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 所酒造

小左衛門 純米吟醸38号 攻め採り

 第238回目。
 「小左衛門 純米吟醸38号 攻め採り」――岐阜県の酒です。
 昨日に引き続き中野区の「酒道庵 之吟」で購入したノンラベルの酒になります!
 これはPBではなくて――普通の(?)限定品なのかな?
 ラベルには「いつも御愛顧いただいてる皆様に感謝の意を込めて特別に商品化をさせて頂きました」と書かれています。
 ……これが初めて飲む小左衛門なんです。……酒造会社の方すみません。

(飲み始め:2009年08月07日)

 ヨーグルト系の香りにアルコールの香り。

 ふっくらとした柔らかい口当たり。
 米の旨味が口内でふわり、その直後に柔らかい酸味と甘味が同じくふわり。
 若干のミネラル感はあるものの、硬さはほとんど感じません。
 んー、飲みやすいなぁ……

 食べ物と合わせるなら酸味のある物と。
 それ以外の物とは甘味が干渉。
 単独で飲んだ方が旨いかな?

 ぬる燗――
 全体的に味が濃く。口当たりがさらにまろやかに!
 飲みやすい!旨いなこれ!

 熱燗――
 アルコール感が尖り、若干エグみも。
 ただ悪くはないです。

 ラベル推奨の飲み方の通り、冷やした状態とぬる燗が旨いですね!
 ……あー、飲み過ぎたー
 良い酒でした!

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 備前雄町100%使用
 精米歩合 50%
 アルコール分 15.5%
 日本酒度 +1
 酸度 1.3
 製造年月 2009.5
 製造年度 19BY
 中島醸造(株)


2009年08月08日追記――
 香りは若干濃く。

 旨味と酸味が増加。口当たりも全体的に濃く。


2009年08月09日追記――
 まったりとした米の香り。

 若干アルコールの味わいが増加。
 でも、まったり。


2009年08月11日追記――
 甘い香りに若干重量感も。

 旨味、酸味、甘味。口当たりは柔らかく。
 若干舌触り等の綺麗さは減少してきているものの問題なし!


2009年08月13日追記――
 甘く若干ペタッとした香り?

 旨味、甘味、酸味。
 口当たりスッキリ、そしてまったり。
 若干含み香や舌触りの綺麗さは減少しているものの、全体を見れば余り崩れていない印象。
 柔らかくて良い味わいです。
 うーん、まったり!

 これもまた限定品ではない商品も買わねばなりませんね!
 いや~、攻めでこの味わいなら他の物にも期待できそうだな~


1248445841_168.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 中島醸造

白川郷 純米にごり酒

 第140回目。
 本日は岐阜県の酒です――
 「白川郷 純米にごり酒」
 スーパーなどに売っているにごり酒としては一、二を争うほど有名な銘柄なのでは無いでしょうか?
 色々とにごり酒を飲んだので、ここらで一発スタンダードな物も飲んでみようと、先日衝動買いしました!……相変わらず私は無軌道です。

 さて――
 米と酒の香り。まったりと濃厚な香りから甘酒も連想されます。

 ズシッとした口当たり。
 ……これは言うならば、液体と言うよりも薄めのペースト……いや、おかゆ?
 飲むと言うよりも食べる感覚が強いですねー
 しっかりとした米の甘味と旨味、続いて酸味とアルコールの味わい、後口には若干雑味も。
 この濃厚さは、人によって好き嫌いがあるかも知れませんが、私は嫌いじゃないです。

 甘い物と合わせると、香りや口当たりと相まって甘酒っぽさが増加。面白い!

 む、常温に近づくと全体的に味が強くなって、重たくなりますね。
 お、温めると甘くない甘酒と言った感じに!
 ……冷やして飲むのが一番かな?

 際立った旨さがある訳ではありませんが、まったりと飲むには悪くないと思います。
 糖類を添加していないので、嫌な甘さが無いのも良いですねー
 手軽にスーパーなどでも買えますし、変化球な晩酌用として楽しむのも一興かと。

データ――
 原材料名 米、米麹
 使用米 キヌヒカリ他
 精米歩合 70%
 アルコール分 14度以上15度未満
 日本酒度 -25
 酸度 2.0
 アミノ酸度 1.8
 使用酵母 7号
 製造年月 09.01.21
 (株)三輪酒造


1095741762_106.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米 三輪酒造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。