スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久保田 萬寿

 第104回目。
 本日は萬寿ですよー
 少々値段は張りますが、昨日の千寿と同様衝動的に購入してみました。
 何年か前に飲んだことはあるものの、味はすっかりと忘却の彼方!……ある意味リベンジ?

 しかし、私は久保田って年末年始に結構無くなるイメージを持っていたたんですが、特約店にはたくさんあるみたいですね。本日行ってきた、久保田の特約店でもある御徒町近くのふくはら酒店にもまだ普通に売ってましたし。萬寿以外にも色々と。
 購入される予定のある方は、少々手間でもご近所の特約店を調べられた方が良いですよ?
 ……しかし、手段が電話しか無いのがなー
 ちなみに私の場合は酒屋巡りが趣味な所もあるので、副産物的に特約店を見つけています(笑)
 朝日酒造の公式サイト(http://www.asahi-shuzo.co.jp/brand/kubota.html)で、前もって久保田の値段を調べておくと、特約店かそうでないかわかりやすいと思います。
 ……
 それはともかく本文をどうぞ。

(飲み始め:2008年12月23日)

 昨日に引き続き新潟県最大の酒造会社の酒です。
 「久保田 萬寿」
 値段は720mlが定価で3,664円……お高いです。
 スーパーなどでは7,000円以上で売られてたりするのを見ますね。……恐ろしい。
 さて、その味やいかに?

 おお!良い香りだ!
 綺麗な甘い香り。マスカットやメロン系の香りも。

 ……む?香りから味を期待すると少々落差が。
 しかし――ああこれは飲みやすい。うん、旨いです。
 ふっくらとした柔らかい口当たり。優しい酸味と甘味が口一杯に広がります。

 食べ物との相性は結構良し。

 燗は――ぬる燗が一番まったりと飲めて良いですね。熱燗は少々甘味が立ちすぎる気も。
 ただ、冷やして飲んだ方が旨いと思いました。温めると香りが飛んでしまいますし。

 酒量が増えると甘味が少々クドくなってきますが、まあそれはそれで。

 良い酒です。
 プレミア価格の価値はもちろんありませんが、この味なら定価でも納得する人はいるのではないでしょうか?
 私は……値段が半額なら絶対にまた買います。と言うか頻繁に買うと思います(笑)
 3,664円はさすがに高い……せめて2,500円ぐらいなら……
 ……
 変化はどんな感じでしょう?

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 五百万石
 精米歩合 35%
 アルコール分 15度以上16度未満
 日本酒度 +2
 酸度 1.2
 製造年月 08.12.02
 朝日酒造(株)


2008年12月25日追記――
 香りはほとんど変わらず。

 少々雑味は出現したもののやはり旨いです。

 もう少し置いてみようと思います。


2008年12月29日追記――
 香りは減少。綺麗なアルコールの香りにヨーグルト系の香りも。

 口に含むとアルコールの味わい。舌先には甘味、続いて柔らかい酸味……口当たりの柔らかさはありますが、何と言うか以前よりも特徴が減った気がします。
 後口に旨味が出現し、含み香にはアルコールの香りが増加。む、若干エグみもありますね。
 どうやら結構崩れてしまったようです。
 ……つくづく私は勿体ない飲み方をしていますよね。
 この酒もなるべく早く飲むべきだと思いました。

 いつか紅寿や翠寿も飲んでみます!(碧寿も。)
 (翠寿飲みました。)(紅寿も飲みました。)


1031458715_154.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
スポンサーサイト
tag : 純米大吟醸 朝日酒造

久保田 千寿

 第103回目。
 年末ということで超有名銘柄に挑戦です。
 しっかりと考えて酒を飲むようになってからまだまともに飲んだことが無かったので、この度衝動的に購入してみました。
 やはり一度は飲んでみなければ語れませんので!

 で、本文中にも書いてありますが、久保田は特約店で購入しましょう。定価で買えます。
 朝日酒造に電話で問い合わせれば家の近くの特約店を教えてもらえるそうです……電話か。

 そして、プレミア価格で売られている物は保存状態が悪かったりして、変質している可能性もあるのでご注意ください。高い値段出して不味かったらガッカリしますからね……

 ちなみに明日の更新は萬寿になります。

(飲み始め:2008年12月22日)

 本日は新潟県の、年間生産量約5万石を誇る大手酒造メーカーの酒です。
 「久保田 千寿」
 よくスーパーなどでプレミア価格がつけられているのを見ますよねー
 私は特約店(吉野町駅近くの君嶋屋)にて定価(1,092円)で購入しました。
 購入するなら是非特約店で。

 さて――
 スッキリとした酒の香り。ヨーグルト系の香りも。

 キリッとした飲み口。柔らかい酸味、わずかな甘味。
 うん、特徴は無いですが飲みやすいですね。
 ただ、香りと比較すると味に厚みが無いのが玉に瑕でしょうか?

 1,092円でこれならアリだと思います。
 ――ただし、プレミア価格の価値は全くありませんので、ご注意を。
 高い値段を出してこの味だったら、下手をすると日本酒が嫌いになる可能性も……

 食べ物との相性は結構良し。シンプルなので食べ物の邪魔をしません。

 燗はアルコールがツンとする上に、味のバランスが崩れます。
 冷やして飲むことをお勧めします。

 定価ならアリなのではないでしょうか?

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 原料米 五百万石
 精米歩合 57%
 アルコール分 15度以上16度未満
 日本酒度 +6
 酸度1.0
 製造年月日 08.11.25
 朝日酒造(株)


2008年12月24日追記――
 む、甘いラムネ系の香り。良い香り。

 アルコールの味が増加、若干渋味も出現。酸味や甘味もわずかに増加したかな?
 極端には崩れていませんが、初日の方が綺麗な感じでした。
 ただラムネ系の含み香が面白いアクセントになっています。

 もう少し置きます。


2008年12月28日追記――
 アルコールやヨーグルト系の香りが増加。結構香りが濃くなりました。

 アルコールの味わい、酸味、旨味、甘味、渋味が増加、後口には若干エグみも。
 全体的に濃くなった印象です。

 やはり初日の方がスッキリとしていましたね。
 食べ物との相性も初日の方が上でしたし。

 早めに飲んだ方が良い酒だと思います。……淡麗辛口の酒は基本的にどれもそうですが。
 つくづく私は勿体ない飲み方をしていますよね……


1030509702_119.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 特別本醸造 朝日酒造

菊水の味わい三種缶

 第102回目。
 菊水の定番酒が180ml缶入りに!……この報を聞いた時はときめきました!
 日頃から言っていますが、紫外線対策にはやはり缶が一番だと思うんですよ。瓶の場合は蛍光灯下にある程度置いたら一発で老ねますからね……
 それに小さな缶だとお手軽+持ち運びも簡単です。駅弁と一緒に旅行のお供というのもまた一興!
 ……他の会社(特に大手酒造)も真似すれば良いのになぁ。

 ――と言うわけで(?)
 菊水の味わい三種缶(菊水の辛口、菊水の純米酒、菊水の四段仕込)を飲み比べてみました。
 本当は発売後すぐにやりたかったのですが、なかなか辛口以外の缶を発見できなかったんですよね。……それはともかくレッツゴー!

 以下、キャップに貼られたシールより、「菊水の辛口→辛」「菊水の純米酒→旨」「菊水の四段仕込→甘」と略します。一回で他種類を飲み比べする経験はそれほど無いので、微妙な表現等があるかもしれませんが、ご了承の程を。

 まずは香りから。
 辛――
 スッキリとした香り。ヨーグルトやミルク系の香りも。良い香り。
 旨――
 まったりとした香り。アルコールの香り。余り香りは強くありません。
 甘――
 甘い香り。綿菓子のような香りも若干。

 味は。
 辛――
 うん、スッキリ。キリッとした味わい。柔らかい酸味。スタンダードな淡麗辛口です。
 旨――
 柔らかい口当たり。酸味や旨味がフワッと広がります。まったり。
 甘――
 口内で酸味と甘味がジワリと広がります。スッキリとした甘味。思ったよりも甘くないですね。

 食べ物と合わせてみる。
 辛――
 スッキリとしているので食べ物と無難に合わせられます。うん、良いですね。
 旨――
 無難に合わせられます。ただ、若干辛口には劣るかな?
 甘――
 合わせられますが、味の薄い物には甘味がぶつかってしまいます。他の二つに比べると少々合わせづらいですね。

 燗。
 辛――
 ぬる燗。少々アルコールがチクチクしますが悪くないです。ふっくらとします。
 熱燗。甘味が出てきました。多少エグみはありますが、これはこれでアリだと思います。
 旨――
 ぬる燗。旨味が強まりました。少々エグみがあるかな?でも良い味わいです。
 熱燗。酸味と旨味が増加しました。……うん悪くない。
 甘――
 ぬる燗。若干エグみはありますがまったりと飲めます。悪くないです。
 熱燗。甘味が強調されます。キリッとした甘味に酸味。これはこれでアリですね。

 さらに飲んでみる。
 辛――
 スッキリ飲めます。結構な量を飲んでも平気そうです。
 旨――
 少々旨味が重たくなってきました。余り量は飲めないかもしれません。
 甘――
 甘味が若干クドく……これも大量に飲まない方が美味しく飲めますね。

 結論。
 どれも際立った特徴がある訳ではありませんが、日々の晩酌には優れていると思います。
 ただ、一回で一合だけ飲むと考えると、ふなぐちの方がインパクトも含めて上だと思いました。……まあ、私がふなぐち好きなだけですけども(笑)
 それでも私が選ぶとしたら……辛口かな?
 スッキリと飲みやすいですし、食べ物にも合いますので。
 菊水関係者の方の「三種類の中で一番売れているのは辛口」という言葉も納得な気がしました。
 ……それに甘口と旨口ならふなぐちがありますからねー(!)

 しかし、一回で三合はさすがに酔っぱらいました……

データ――
 「菊水の辛口」
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 アルコール分 15度
 精米歩合 70%
 製造日 08.07.24
 「菊水の純米酒」
 原材料名 米、米こうじ
 アルコール分 15度
 精米歩合 70%
 製造日 08.08.06
「菊水の四段仕込」
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 アルコール分 15度
 精米歩合 70%
 製造日 08.09.08
 全て、菊水酒造(株)


1034581162_229.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 純米 本醸造 菊水酒造

三重錦 純米大吟醸中取り 山田錦50 火入済

 第101回目。
 経過簿をラベルにしてしまった酒です。
 詳しくは本文中に譲りますが、酒に対する熱い思いのような物が見える蔵ですね~
 年間生産量が非常に小さいらしいのですが、その分フットワークも軽く様々な事に挑戦できるのでしょうか?
 今度また別の酒も買ってみます! (飲みました:純米吟醸 中取り生酒)

(飲み始め:2008年12月20日)

 本日は三重県の酒です。
 「三重錦 純米大吟醸中取り 山田錦50 火入済」
 写真を見れば分かる通りラベルに謎のグラフが描かれています。
 これは経過簿と言って酒造りで重要な工程を毎日記録した物とのこと。
 原料にどれぐらいの重量を使用しているかとか、何日目に水を何リッター加えたとか普通晒しませんよ……しかも毎日の温度や日本酒度の変化を事細かに記載……
 何と言うか、その心意気に惚れそうです(笑)

 さて――
 甘い柔らかい香り。モモ系の香り。

 スッキリとした甘味が口内でふんわりと広がります。
 まったりとした優しい口当たりが心地良いです。
 含み香はメロン系。
 うん、これは良い!華やかですが和む味わいです。

 食べ物との相性は少々悪し。香りと甘味が干渉します。
 む、甘い物とは結構合いますね。軽めの甘さの物やドライフルーツが良い感じです!

 余り大量に飲める酒ではありませんが、その分酒量を抑えられるので飲み過ぎの私にはちょうど良いです……って、何を言っているのでしょう?(笑)
 変化にも期待します!

データ――
 原材料名 米、米麹
 使用米 三重県産山田錦
 アルコール度数 15~16度
 精米歩合 50%
 日本酒度 +4
 酸度 1.6
 アミノ酸度 1.0
 製造年月 20.3.
 中井仁平酒造場


2008年12月22日追記――
 若干香りはまったりと。

 甘味、酸味、スッキリ。
 綺麗さは初日の方が上でしたが、若干柔らかく飲みやすくなった気がします。

 さらなる変化にも期待します!


2008年12月25日追記――
 香りは少々スッキリ。

 味わいもスッキリとした感じに。甘さが良い感じです。
 ……華やかさは減少しましたが、何だか初日より旨くなった気がします。

 食べ物との相性も大幅改善!うん、旨い。
 飲みやすいので、大量に飲めそうです。

 非常に良い変化でした!
 これは他のスペックの物も買ってみなければ!


1028541291_36.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 純米大吟醸 中井仁平酒造場

仙禽 吟醸中取り無濾過原酒 瓶囲い瓶火入れ 山田錦

 第100回目。
 このブログの更新もついに100回を達成!……と思いきや番外編もあったので、数日前にとっくに超えていたのでした。
 ……いつも通りの更新です。

(飲み始め:2008年12月18日)

 栃木県の酒です。
 「仙禽 吟醸中取り無濾過原酒 瓶囲い瓶火入れ 山田錦」
 瓶の底に「おり」が沈んでいます。

 甘い香り。しっかりとした濃い香り。

 まずは上澄みだけ。
 ジュワッと広がる酸味、しっかりとした米の旨味に甘味。
 味が強いので、後口には少々エグみを感じます。……しかし旨い。

 次は「おり」を絡めて。
 味が更に多い印象に。しかしキリッとした酸味が全体を引き締めています。
 うん、旨い。これはおりを絡めて飲むべき酒ですね!

 濃い味付けの食べ物や甘い物と良く合います。
 ただ繊細な味付けの食べ物だと酒に当たり負けするので、食中酒として使うなら、味の濃い物と合わせましょう。

 変化にも期待します。

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 原料米 山田錦
 精米歩合 60%
 使用酵母 T-F
 アルコール分 18度
 日本酒度 +3
 酸度 1.9
 製造年月 20.5.
 仙禽酒造(株)


2008年12月21日追記――
 甘い香り……上手い例えが見つかりませんが、濃い香りです。

 甘味、酸味、旨味、渋味。濃厚です。
 甘味が強くなった印象。……初日の方がバランスは良かったかな?

 もう少し置きます。


2008年12月23日追記――
 濃厚ながらもスッキリした香り。良い香り。

 骨太で濃厚な味わいが心地良いです。

 数日前と変化はほとんどありません。
 甘味が強い事もあり、バランスは初日の方が良いと思いましたが、これはこれで旨いです。
 やはり良い酒ですね~
 今度また、別のグレードの物を買おうと思います。


1026794783_88.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 吟醸 仙禽酒造

風の森 純米大吟醸しぼり華 キヌヒカリ45% 無濾過無加水生原酒

 第99回目。
 風の森第4弾!(第1弾:アキツホ65%、第2弾:雄町80%、第3弾:山田錦70%)
 今回は食用米であるキヌヒカリを使用した酒です。味が多いのはその為でしょうか?

 以前の感想を読み返してみると、米の種類によって書いている内容が結構違うのですが、風の森として全体の印象を思い返してみると、何となくイメージが似ている気もします。
 そう言った曖昧な部分を感想に反映できるようになれれば良いのですが……精進いたします。

(飲み始め:2008年12月15日)

 奈良県の酒です。
 「風の森 純米大吟醸しぼり華 キヌヒカリ45% 無濾過無加水生原酒」
 風の森も今回で4回目になります。

 甘いふっくらとした香り。クリーム系、若干バナナ系の趣も。

 これは旨い……しっかりとした旨味と甘味が口の中でジュワッと広がります。
 その後には柔らかい酸味。
 骨太な味わいですね。非常に味が多い印象。

 食べ物との相性もなかなかのもの。特に濃い味付けの物とは非常に合います。

 旨味の強い酒です、表示はされていませんがアミノ酸度も高い気がします。
 ……多少人によってはその辺りに好き嫌いがあるかもしれませんね。私は大好きですが。

 燗――
 ぬる燗は甘味がかなり強いので、甘い酒が好きな人なら良い気が。
 熱燗は甘味と旨味が強調されます。あー、まったりと飲めるなー、これはなかなかに旨い!

 やっぱり風の森は良い!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 使用米 奈良県産キヌヒカリ
 精米歩合 45%
 アルコール分 17度以上18度未満
 日本酒度 -2.5
 酸度 1.8
 もろみ日数 40日
 酵母 K-7
 製造年月 08.09
 油長酒造(株)


2008年12月17日追記――
 バナナ系の香りが増加。

 旨味やアルコールの香りが増加。やはり味の多い酒です。
 ……少々バランスが崩れたかな?悪くはないですが。
 もう少し置いてみます。


2008年12月21日追記――
 アルコールの香りが増加。

 旨味、甘味、酸味。相変わらず味の多い酒です。
 ただ旨味がさらに増加しており、その部分が少々うるさい印象に。
 むむ……そこまで悪くはないですが、早めに飲んだ方が無難かな?

 次は雄町50の予定!……来月中?


1024096179_50.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 純米大吟醸 油長酒造

どぶろっく 活性純米 にごり酒

 第98回目。
 一日で四合空ける物じゃないですねー
 四時間意識飛ぶわ、二日酔いだわで……まあそれはともかく遅めの更新です。
 今年はもう活性にごりを控えた方が良い気がしてきました……
 ……って今年!?

 ――
 本日は青森県の酒です。
 「どぶろっく 活性純米 にごり酒」
 蓋を開けるまで無駄にテンション高くゴチャゴチャと書いていますが、暇だったんだろうな、と思って許してやってください(笑)

 負けられない戦いがここにある――
 今のところ二戦二敗(1回目2回目)……果たして勝機はあるのだろうか?
 うわぁ!やはり液面が!
 ……ただ、今回は下がる!イケる!
 それに今日は30分ぐらい覚悟してきている!逆に覚悟しろ!
 絶対に吹きこぼし無しで開けてみせる!
 ……しかしまた余り下がらなくなってきた……最初だけだったか……
 振動は良くないかもしれないが、せり上がった濁り部分から空気を抜くために瓶を小突いてみる。
 ……下がってきた!

 ――25分経過――

 ……ツラい。
 それにこの書き方も何だかツラくなってきました……
 ただ開け閉めを繰り返していると次第に泡がすんなりと瓶上部へ逃げるようになり、液面が下がりやすくなってきた感じです。
 おお、今回は本当にイケそうですね。
 ――
 所要時間35分にて開栓成功!
 ……身体も冷え切っていますが嬉しいです。ええ、本当に。

 さて――
 甘い香り。意外にスッキリとした香り。

 口内で炭酸がはじけます。
 炭酸の酸味と酒本来の酸味が強めの甘味を引き締めていますね。んー、旨い!
 米の旨味も良い感じ。
 後口には若干エグみがありますが、飲みやすいので幾らでも飲めそうです。

 しかし今回は清酒だからか、濁り部分が沈殿しませんね。
 均一になってくれて非常に飲みやすいです。

 食べ物との相性も結構良い感じ。
 甘味は強いですが、食事を余り邪魔しません。

 旨かったー
 飲み過ぎたー

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 78%
 アルコール分 16度以上17度未満
 日本酒度 -14
 酸度 1.9
 製造年月 08.11.
 八戸酒造(株)


1027852863_34.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 純米 八戸酒造

賀茂緑 今朝しぼり 純米吟醸

 第97回目。
 しぼった次の日に届けられる、しぼりたての酒です。
 実は去年から結構気になっていたんですよね~
 ちなみにラベルに注文者の名前が入るので、今回の酒瓶の写真は斜め気味になっております(笑)

 本文中にも書いた通り、もう一本は少々時間を置く予定です。
 ……造った方から怒られそうな飲み方ですね。

(記述日:2008年12月17日)

 本当は12月16日に開けたのですが、まさかの寝落ちによって更新できず。何て事だ!
 と言うわけで本日まとめての更新になります。

 岡山県の酒です。
 「賀茂緑 今朝しぼり 純米吟醸」
 会社のサイトに――早朝樽からしぼり出されたばかりの原酒をそのまま瓶詰めにして蔵元から直接お宅へ急送。――と書かれている通り、まさにしぼりたてのフレッシュな酒です!
 しかし購入するためには、一升瓶か四合瓶二本から選ばなければならないのが、基本一人で飲んでいる私にはツラいところ……まあ、衝動買いには逆らえませんでしたけどね!
 ……つくづく私は駄目な人間だと思います。
 まあそれはともかくとして――

 フレッシュな香りだー!
 ラムネのような香りにミルクのような香りも。

 おお!爽やか。これは旨い!
 最初は非常に濃厚な味わいに感じましたが、飲んでいる内にどんどんスッキリと。
 旨味、酸味、甘味。目には見えないわずかな炭酸が口内ではじけます。
 含み香は芋?にパイナップル。
 そして、い草?何らかの青くさい香りも?もしかしてこれは樽香?独特の香りですね。
 飲みやすいのでカパカパ飲めます!

 ……食べ物との相性は諸事情により見られず。無念。


 開栓二日目。
 炭酸は弱めに。渋味や苦味が顔を出し始めました。
 旨味も増加して結構クセが出てきましたね……アルコールの香りも強く。
 初日からかなり崩れましたが、まだアリですね。
 ただ開栓したら初日で全部飲んだ方が良いとは思いました。

 で――
 会社サイトには、配送の翌日には飲んで貰いたいと書かれていましたが、二本目はすぐに開けずに少々置いてみようと思います。
 ……単純に二本ともすぐに飲みきれる程、酒に強くないだけなのですが。
 私の無計画のしわ寄せがこんな所に……
 でも、開栓しないでどんな変化をするかには結構興味があったりもします!……ありません?
 ……期待せずにお待ちくださいませ!

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 50%
 アルコール分 17度以上18度未満
 上漕日付 20年12月15日
 丸本酒造(株)


1026013261_78.jpg


2009年03月09日追記――
 ひっそりと追記です。

 乳酸を感じさせる香り。若干チーズっぽい香りにも感じます。

 酸味に甘味、旨味、わずかに炭酸の刺激も。
 ……む?苦味が結構ありますね。
 全体的にクセが増加しており、独特の含み香も主張が強いです。
 これは……すみませんでした……早く飲んだ方が絶対に旨いです。
 次の機会があったらすぐに飲みきります……
tag : 純米吟醸 丸本酒造

車坂 純米大吟醸出品酒 瓶燗原酒

 第96回目。
 車坂です。しかも金賞受賞酒なのに驚異的な安さ!
 こういう事をやってくれるから、ますますこの会社にハマってしまうことになるのでした(笑)
 そして開栓後数時間での変化も本当に素晴らしかったです……たまらん!

 しかし日本酒ごとに、ベストな飲むタイミングが全く違うと言うのは本当に難しいですね……

(飲み始め:2008年12月11日)

 和歌山県は吉村秀雄商店の酒です。
 「車坂 純米大吟醸出品酒 瓶燗原酒」
 全国新酒鑑評会の金賞受賞酒ですよ!
 しかも720mlで1,900円!お買い得すぎる!(普通なら5,000円前後、ぐらい?)

 スッキリした甘い香り。それほど強くはありませんが、青リンゴやマスカットのような香り。

 うーん、綺麗な味わい。
 ふっくらとした酸味が口の中で優しく広がり、その後には自然な甘味がふわっと広がります。
 米の旨味もしっかりと感じられて非常に良いバランス。
 旨い!これは良い酒です!
 金賞受賞酒ということで派手な酒質を想像していましたが、じっくり、しみじみと楽しめる味わいですね。

 む、食べ物とは合わせず単独で飲んだ方が旨い、か。
 全く合わない、と言うわけではありませんけども。

 変化にも期待します。

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 40%
 酵母 和歌山酵母
 原材料米品種 兵庫県特A産山田錦100%
 アルコール分 16度
 製造年月 20.6.
 (株)吉村秀雄商店


追記(初日夜)――
 甘い香りがふわりと広がります。

 甘味が増加。しかし嫌な甘味ではなく、非常に優しい甘味です。
 おお、旨い……たった数時間でこの変化とは……
 ますます飲みやすく、よりキャッチーになった印象です。
 開栓後にはまだ固さがあったんでしょうね、言うなれば隠されていた本質が一気に開花したイメージでしょうか?
 素晴らしい!


2008年12月17日追記――
 モモやイチゴのような香り。

 若干渋味は出てきたものの、スッキリとした甘味と酸味が良い感じ。
 やはり飲みやすく旨い酒です。軽い舌触りが心地良く飲ませてくれます。
 ただベストの状態は開栓後数時間かな?
 多分次の日でも平気だったんでしょうが……追記しなかったことが少々悔やまれます。

 来年は生酒バージョンも飲みたいですね。


1020350896_12.jpg tag : 純米大吟醸 吉村秀雄商店

金鼓 濁酒 伝承水もと仕込み

 またまた番外編です。
 今回の酒は、昔ながらの水もと仕込みで造られた物とのこと。
 この水もと仕込みというのは、他所で作った酸性水(ソヤシ水)を利用して酒を醸す手法なので、現在の速醸もと仕込みの原型とも考えられている手法ですね。
 まあ、そんなウンチクはともかくとして、本文をどうぞ~

(記述日:2008年12月14日)

 2日続けて奈良県の酒です。
 「金鼓 濁酒 伝承水もと仕込み」
 そしてまた活性濁り酒だったりします。

 ――
 昨日のトラウマがあるのでさらに慎重にいきます……本当に少ししか開けない感じで……
 細かい泡が筋のように、濁りの部分から何本も立ちのぼります。
 よしよし良い感じ!…………!?
 あんれ?液面が既に蓋まで?そして放置しても液面が全く下がらないなー
 ……そっかー、結局駄目かー
 …………チキショウめ!(泣)
 でも昨日よりはロスを少なくしてやる!
 うう、スクリューの隙間から酒が湧き出してくる……あー、やっぱり無理だ……
 ……もう負けで良いです。

 吹きこぼれが止まりません……
 今日はトータルでどれぐらいロスるのか……
 ……結局100mlぐらいロスりました…………どうすりゃ良いんでしょう?

 さて――
 甘いフレッシュな、濃厚な香り。
 うわ、見た目が米そのものですね……

 酸味、甘味、旨味……米粒の旨味、甘味、微妙にエグみ。
 これは……米だ……
 しっかりと米そのものの食感が残っています。しかも結構固い。
 言うなれば水に浸した生米?蒸してあるのでしょうか?
 そしてアルコール度数が低めなせいか、酒を飲んでいる感覚が弱めですね。
 まさに食べる酒?……うん、なかなかに旨い。
 ただ、開栓時に抜けてしまったのか、炭酸は余り強くない感じです。

 食べ物との相性は悪くはない……ですが、この米粒がだんだんとキツくなってきました。
 重た過ぎる上に、食感と味が食べ物と余り合わない……必然的に瓶の底に溜まってますし……
 最後の方は液体は全部飲んだもののギブアップ……もう食べられません……

 開栓時のロスと、大量の沈殿した米粒で飲める部分が少ないですね……
 しかもアルコール度数が低いので、ほぼ一本飲んだにも関わらず余り酔いませんでした。
 なかなか旨いのですが、飲むためには非常に労力を要しますので、色々とツラいです……
 さすがに開栓開始から20分かけても炭酸がまるで抜けないのにはヘコまされました……

 あ、でも今度は他にも色々と飲んでみますよ~

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 アルコール分 12度以上13度未満
 原料米 岡山県産アキヒカリ
 精米歩合 70%
 日本酒度 -30
 前後酸度 3.0前後
 アミノ酸度 3.0前後
 酵母 自社蔵付き酵母
 もろみ日数 14~15日
 製造年月 20-11
 (株)大倉本家


1023020158_142.jpg
tag : その他 大倉本家

百楽門(ひゃくらくもん) どぶろく生酒

 番外編です。……少々不本意ですが。
 「アルコール分が20度未満かつエキス分2度以上のもの」に抵触したから雑酒になってしまったんでしょう。
 (2009年12月15日追記――間違いでした。一度も濾過していないから清酒ではない、が正解です。)
 ううむ……
 そして、今回は全編を通して微妙なテンションで失礼致します(笑)

 ……しかし最近酒量が増え過ぎですね。
 追記出来ずに申し訳ありません……

(記述日:2008年12月13日)

 本日は奈良県の酒です。
 「百楽門 どぶろく生酒」
 厳密に言うと清酒(日本酒)じゃないようですが……多分エキス分が2度以上あるせい?

 開栓注意だ?
 余裕だろ!
 ……そう思っていた時期が私にもありました。
 つーか、もろみが!もろみが!もろみが浮かび上がってきて液面が既に限界に!
 蓋までMAXだよ!空気を抜く余裕が無いよ……これはどうしたら!?

 …………知ったことか!!

 場所を風呂場に移しましてレッツオープン!
 ぬわーっ!
 ああ……蓋を押さえているのにこぼれるのを止められない……60mlぐらいこぼれた気が……

 ……瓶をシャワーで水洗いしましてー……さて、頂いてみましょうか!(?)

 注ぐという感じではなく、器にボトボト流し込む感じですねー……

 甘いフレッシュな香りに酒の香り。ヨーグルト系の香りも。

 濃い!甘味、旨味、酸味、渋味……味が口内で炸裂します。
 おお、炭酸が非常に良いですね!シュワシュワと口の中ではじけます!旨い!
 凄まじいまでの米の食感(米粒がそのまま)、クリーム感が強烈だー
 ……ただ苦手な人はこれが駄目みたいです。
 私は結構好きなんですが!

 食べ物との相性は結構良い感じ。む、意外に万能選手?

 くはぁー
 飲みやすいんでカパカパ幾らでも飲めそうだわー
 結構こぼれたとは言え1人でほぼ一本空けてしまいました……活性濁り酒怖いわー
 旨かったです!

 百楽門の他の酒も買ってみます!

データ――
 原材料名 米、米麹
 アルコール分 16度
 製造年月 20.11.
 葛城酒造(株)


1022170254_82.jpg
tag : その他 葛城酒造

常盤松 にごり酒

 第95回目。
 村祐酒造の限定品です。
 500mlで2,625円と結構高いので躊躇っていましたが、先月つい衝動的に購入してしまいました。
 ……製造年月がほぼ1年前のため、この酒本来の魅力を味わえていない可能性もありますので、その辺りはご了承の上ご覧くださいませ。

(記述日:2008年12月12日)

 あっおやまほーとり
 とっきわまつー
 あ、よいしょ!
 ……それはさておき。
 新潟県は村祐酒造の酒です。
 「常盤松 にごり酒」

 活性にごり酒ということで開栓注意のシールが貼られていますが、吹き出すほどの炭酸ではありませんでした。激しく瓶を振っても平気なぐらい。
 もしかして出荷直後なら違ったのでしょうか?

 甘い香りにアルコールの香り。もろみの香りも。

 うはっ、甘っ!
 強い甘味に炭酸の酸味、濁り成分由来のしっかりとした旨味。濃厚な味わいです。
 これは凄い……甘酒のような感覚も結構ありますねー

 む、意外と食べ物と合わせられる感じです……味の濃い物や甘い物とは特に。
 飲みやすいので飲み過ぎました!

 スッキリとした酒が好きな人には少々キツいかもしれませんが、甘い物が好きな人には結構お勧めです!スイーツ感覚?
 ……しかし村祐常盤ラベル(720mlで1,575円)に比べるとコストパフォーマンスはかなり低い感じですね。
 うーん……新酒なら違ったのかなぁ……
 いつか、リベンジしようと思いました。……高いので数年以内に(笑)

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 非公開
 精米歩合 非公開
 日本酒度 非公開
 アルコール分 17度以上18度未満
 製造年月 20.1.月
 村祐酒造(株)


1021279979_160.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 純米大吟醸 村祐酒造

東一 吟醸酒 生

 第94回目。
 本文中にも書いた通り、日本酒嫌いな人や日本酒初心者に是非飲ませたいお勧めの一本です。
 本当は純米大吟醸を推したいところですが値段が一本約2,500円と高めなので、コストパフォーマンスまで考えると今回の酒が非常に優れている気がします。
 さあ、何も言わずに飲むんだ!(?)

(飲み始め:2008年12月06日)

 本日は佐賀県の酒です。
 「東一 吟醸酒 生」
 こちらの蔵では全量自家栽培の山田錦を使用しているそうです。
 米作りから酒造りまで一年を通して酒と向かい合う……素晴らしい!

 マスカットのような甘い香り。

 んー、ジューシー。
 超微炭酸由来の酸味と華やかな甘味、その裏には意外にしっかりした米の旨味が、口の中でジュワーッと広がっていきます。
 パイナップルのような面持ちもありますね、うーん旨い!

 食べ物との相性は基本的に余り良くはありませんが、チーズや漬け物のような発酵食品と物凄く合います。お、甘い食べ物ともなかなか。

 やっぱり東一は日本酒嫌いな人に飲ませる酒の第一弾として最適だと思いますね。
 ただ少々甘味が強めなので、スッキリした酒が好きな方には若干重たく感じるかもしれません……私は大好きですが(笑)
 しかし1,500円ちょっとでこの味は本当にお買い得だと思います!

 ……さて開栓後の変化はどんな物でしょう。

データ――
 原材料 米、米麹、醸造アルコール
 原料米 山田錦100%
 精米歩合 49%
 アルコール分 17度
 製造年月 08.03
 五町田酒造(株)


2008年12月07日追記――
 香りは全体的に濃くなりました。甘い香りも増加。

 炭酸由来の酸味が無くなった代わりに、甘味と酸味が増加して濃くなった印象です。
 初日の方が飲みやすかったかな?

 もう少し置いてみます。


2008年12月11日追記――
 マスカット系の香りに酒の香り。少々濃いめの香り。

 ジュワッとした酸味にキリッとした甘味。しっかりとした米の旨味。渋味は若干。
 んー、濃い!

 ああ、やっぱりチーズと合うなー

 初日のインパクトは絶大でしたが、これはこれで悪くないですね。
 良い酒でした!


1015642097_251.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 吟醸 五町田酒造

奈良萬 純米吟醸

 第93回目。
 シンプルで飲みやすい酒です。
 約1,800円……もう少し安いと嬉しいかな?

(飲み始め:2008年12月05日)

 福島県の酒です。
 「奈良萬 純米吟醸」

 モモ系の香りにヨーグルト系の香り。少々アルコールの香りも。

 軽い口当たり。
 キリッとした酸味、その後に少々尖ったアルコールの味わいと軽めの甘味。
 若干渋味はあるもののスッキリと飲みやすいです。

 結構色々な食べ物と合いますね。
 うん、良い感じ。

 際立った特徴はありませんが、なかなか良い酒でした。
 変化にも期待しましょう!

データ――
 アルコール度数 15度以上16度未満
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 五百万石
 精米歩合 53%
 酵母 うつくしま夢酵母
 日本酒度 +2
 酸度 1.4
 製造年月 08.06
 夢心酒造(株)


2008年12月06日追記――
 アルコールの香りが増え、全体的に香りは濃くなった印象。少々バナナ系の香りも。

 酸味と米の旨味が増加。まったりと飲めます。


2008年12月10日追記――
 涼しげな甘い香り。ブドウ系にミルク系、アルコールの香りも。

 柔らかい甘味にしっかりとした米の旨味、そのあとに軽めの酸味が広がります。
 後口には渋味が若干。
 含み香は青リンゴ系に少々重ためな米の香り、ナッツ系の香りも。

 やはり軽めの口当たりでまったりと飲めますね。
 表情は結構複雑に変わるものの、本質は余り変わらない印象でしょうか?
 安定した飲みやすい酒でした。


1014640134_20.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 純米吟醸 夢心酒造

伯楽星 純米吟醸

 第92回目。
 本文中にも書きましたが、派手さは無いものの非常にじっくりと飲ませてくれる酒です。
 目標とする酒質をしっかりと見定めて造られている上に、劣化を防ぐためしっかりとした管理が出来る酒販店のみに販路を限定しているそうです。
 これは本当に素晴らしい……やはりどんな酒も最高の状態で飲みたいですからね~
 ……で、色々と調べている内にこの会社を応援したくなってきました(笑)
 今後も是非頑張って頂きたい所です!

(飲み始め:2008年12月01日)

 宮城県の酒です!
 「伯楽星 純米吟醸」
 ラベルの情報によると「究極の食中酒」を意識したとのこと。
 これを先に読んでおかなかったため、飲んでみて結構驚きました。

 さて――
 スッキリとした甘い米の香り。それほど強くはないですが綺麗な香りです。

 ふっくらとした酸味に米の旨味。含み香はパンや味噌のような発酵食品を思わせる香り。
 派手さは無いですが非常にまったりと飲めますね。

 食べ物との相性は抜群。横からスッと手を差し伸べるかのような味わいです。
 おお、何にでも合わせられますね!これは凄い!

 燗――
 温度高めのぬる燗が、酸味と渋味は立つものの結構バランスが良いです。
 燗冷ましもまったりと飲めて良い感じ!これはなかなか!
 ……まあ冷酒の方が飲みやすくて旨いんですが。

 甘い食べ物とも良く合いますし、脇役として非常に素晴らしい酒でした!
 こういう酒は幾らでも飲めるから困りますね(笑)
 酔ったー

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 蔵の華
 精米歩合 55%
 アルコール分 16度
 日本酒度 +3.0
 酸度 1.5
 アミノ酸度 1.3
 製造年月 20.7.
 (株)新澤醸造店


2008年12月03日追記――
 少しだけ酒の香りが濃くなりました。

 腰の強い酸味と旨味。口当たりはまろやかでじっくりと飲める味わい。
 やはり良い酒です。そして全く崩れていません。
 まったり飲める酒は良いですね~


2008年12月07日追記――
 ヨーグルト系の甘い香り。

 口に含んだ瞬間に甘味が少々、続いて強めの酸味、旨味。
 ……むむ、渋味やエグみが出てきましたね。
 極端に崩れてはいませんが、なるべく早めに飲む方が無難かな?

 食中酒としてじっくり楽しみたい方にお勧めです!
 良い酒でした。


1010962771_172.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 純米吟醸 新澤醸造店

松の司 純米吟醸 渡舟

 第91回目。
 あまりに飲みやすかった為、初日でほとんど飲んでしまい追記が一回しか出来ず……
 とりあえず以前飲んだ松の司の変化を見て、この酒の変化を想像してみたり……
 うーん……早めに飲んで正解?……いや、そうとも限らないかな?

(飲み始め:2008年12月02日)

 滋賀県の酒です。
 「松の司 純米吟醸 渡舟」

 メロンセーキのような香り。穏やかながらも華やかな良い香り。

 キリッとした味わいです。酸味の後に柔らかい甘味。含み香はメロン。
 喉の奥にスルスルと、しかしじっくりと飲める味わいです。
 うん、これは旨い!
 しかも量を飲んでいる内に更にまったりと飲めるようになってきます。
 飲みやすい上に、量を飲んでも崩れないので幾らでも飲めそうです。

 食べ物との相性もかなり良いですね。
 つまみ系の物や味の濃い物、甘い物と非常に合います。

 しかし酒単独で旨い上に、食べ物とも合わせられるのは良いですねー
 良い酒だー……飲み過ぎたー

データ――
 原材料 米、米麹
 原料米 滋賀県竜王産渡舟6号100%
 精米歩合 50%
 アルコール度数 16.4%
 日本酒度 +5
 酸度 1.4ml
 使用酵母 金沢酵母
 出荷年月 08.1.月
 松瀬酒造(株)


2008年12月04日追記――
 完熟メロンのような香り。

 酸味に甘味。
 旨味が増えて結構濃くなりました。
 初日の方が綺麗で飲みやすい印象でしたがこれはこれでアリですねー

 で、初日に飲み過ぎたため、追記はここまでとなります。
 どのような変化をするか少々気にはなりましたが……
 でもまた松の司は飲みます!……多分違うスペックの物ですけども。……すみません。


1011964091_246.jpg

 お気に召しましたら↓リンクのクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 純米吟醸 松瀬酒造

松の寿 吟醸 山田錦

 第90回目。
 結構長い間気になっていた銘柄だったのですが、この度ようやく飲むことが出来ました。
 詳細は本文中に譲るとして、栃木県には本当に良い酒が多いですね~

(飲み始め:2008年11月29日)

 本日は栃木県の酒です。
 「松の寿 吟醸 山田錦」

 スッキリした酒の綺麗な香り。乳酸系の酸性の香りもあります。

 んー、まったりとした優しい口当たり。
 舌の上ではスッキリした酸味と甘味が、口内に広がる際にはジワーッと柔らかく染み入るように変化します。
 これは旨い……
 ヨーグルトや青リンゴを思わせる含み香も派手ではなく心地良いです。
 あー、良いなこの酒……

 おお……食べ物との相性も良い感じですね。
 かなり色々な物と合わせられます。

 ぬる燗は少々ピリピリ感がありますが、まったりとしています。
 しかも少し温度を高めにしたぬる燗ではその欠点が克服されておりかなり良し!
 む、この温度だとさらに食事が進みますね~

 熱燗――綺麗な嫌みさの無い綺麗な甘味……心地良い甘味。
 これは良いですね……この酒はある程度高めの温度に燗するが良いようです。

 しかしこの時期は酒の温度が上がりにくいですねー
 ……まあそれも湯煎燗の楽しみの内か(笑)

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 原料米 山田錦
 精米歩合 50%
 アルコール分 16度以上17度未満
 使用酵母 T-F+Newデルタ
 日本酒度 +6.0
 酸度 1.45
 製造年月 2008.5.
 (株)松井酒造店


2008年12月01日追記――
 若干香りが濃くなり、どこかイチゴを思わせる香りが混ざるように。

 む?甘味が結構増加したため、濃いめの酸味と相まってフルーツのような趣も出現。
 これは驚きの変化。
 どちらかと言うとまったりしていた酒質が、ギュッと濃縮したかのような味わいに。
 うん、初日とはまた違った旨さがあって良いですね。


2008年12月04日追記――
 イチゴのような香りがさらに濃く。

 スッキリした酸味に膨らみのある甘味。含み香はイチゴジャム。
 綺麗な舌触り、続いて口の中でジュワーッと広がります。
 若干渋味が出てきたものの旨いですね。
 ああ、良い酒だ……

 む、食べ物との相性は若干悪くなったような?
 燗も甘味が少々勝ちすぎるので温めない方が良いかな?

 しかし凄い変化でした……
 変化前も後もどちらも旨い!
 とりあえずこの銘柄は他にも色々と飲んでいこうと思います!


1008928976_232.jpg

 お気に召しましたら↓リンクのクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 吟醸 松井酒造店

村祐 和(なごみ) 吟醸

 第89回目。
 本文中で何度も言及している通り、村祐(常磐ラベル)などの味を期待して飲むと痛い目に遭うと思います……全く違う酒質なので。
 飲む方はその辺りをしっかりと認識してお飲みください!
 ただ、これはこれで面白い酒だとは思うんですけどね。特に一週間置くと酒質が全く違う物になる辺りとか。
 ……別ブランドで出せば良いのに。

(飲み始め:2008年11月27日)

 本日は新潟の酒です。
 「村祐 和(なごみ) 吟醸」
 以前飲んだ純米大吟醸は非常に甘くて特徴的な味わいでした。
 さて、今回の吟醸はどんな感じでしょう?

 !?……余りに直球な酒の香りに少々びっくりしました。

 舌の上にキリッとした酸味が広がり、続いて口内も酸味が巡ります。
 そして酸味の後ろに隠れて目立ちませんが、意外と強めの甘味がスッと顔を出します。
 後口には渋味とエグみが若干。

 食べ物との相性は、甘みのある物やつまみ系の物と良く合います。
 それ以外は……合ったり合わなかったり。

 うーん、燗は少々エグみが立つので余り良くないですね。

 む?飲んでいる内に甘味が立ってきました。……そして少々エグみも気になるように。
 余りたくさん飲まない方が良い酒なのかな?

 何と言うか、余り特徴の無い酒ですね……村祐という名前で買うと痛い目に遭う可能性が。
 スペックによって酒質が全く違う、と言う事を認識しておくことが肝要かと。
 決して悪く無い酒だとは思うのですが……

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 原料米 非公開
 精米歩合 非公開
 日本酒度 非公開
 アルコール分 15度以上16度未満
 製造年月 20.10月
 村祐酒造(株)


2008年11月29日追記――
 香りが濃くなったせいで、ますます所謂日本酒らしい香りに。
 この香りは日本酒が苦手な人なら拒否反応を示すかもしれません。非常に重たい香りです。

 しかし味に関しては、濃い酸味と甘味の作用でなかなか良いバランスになってきています。
 初日よりもしっかりと味が乗っており、酒の香りの奥から現れる甘い含み香も心地良いです。
 ……随分と味が濃くなりましたねー
 後口にエグみはありますが、総合的に見てこれは非常に良い変化だと思います。

 さらなる変化に期待します!


2008年12月03日追記――
 うお、さらに香りが濃くなりました。甘い香りも結構強く。

 含み香はアルコール+木香が少々。
 む、最初に口に含んだ時には結構キツく感じた香りも、飲んでいる内に次第に気にならなくなってきますね。
 ……お、これは冷やして飲むよりも常温で飲む方が良さそうです。
 冷やした状態だと結構アルコールの風味やエグみがチクチクしていましたが、温度が上がると少々酸味は立つものの甘味が口内で優しく広がるようになりました。
 香りも常温だとさらに穏やかです。そして後口にはバターやナッツを思わせる味わいも。

 少々クセがある上に甘味が重ためなので人を選ぶ可能性はありますが、まったり飲めるのでなかなか良い感じですね。
 しかし一週間でとんでもなく変化しました……人によっては初日のスッキリした感じが好きかもしれませんが、私は日数を置いたこの複雑な味わいを推したいです。
 ……ただどちらにしろ村祐という名前で買ったら、痛い目に遭うとは思いますけど(笑)
 単品として見れば味わい深くて面白い酒でした~


1007120061_237.jpg

 お気に召しましたら↓リンクのクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 吟醸 村祐酒造

御代櫻 三丁目のにごり酒

 第88回目。
 新酒の活性濁り酒です!グレードは本醸造。
 私は、この手の酒を飲むのは初めてだったのですが、旨かったですね~
 俄然他の会社の活性濁り酒にも興味がわいてきました!今度買ってみよう、うん。
 しかしこれだけ飲み口が良いと本当に飲み過ぎますね……久々に三合とかやってしまいました(笑)……笑ってないで気をつけます。

(記述日:2008年11月30日)

 岐阜県の酒ですよー
 ちなみに父親からの貰い物です。父親は遠出や小旅行が大好きでこの間の週末も(後略
 「御代櫻 三丁目のにごり酒」
 凄い名前ですが、これは親しみを持って貰いたいと言うことで蔵元の所在地からつけられたそうです。……私はてっきり三丁目の夕日とかから採ったのかと思っていました。

 それはともかく――
 うわ!凄い炭酸!少し蓋を開けただけで、酒が物凄い勢いで上昇しました。
 だてに蓋にガス抜き穴があったり、720ml瓶内に600mlしか入っていないだけはありますね~
 もしかして日数を置いたら、ここから更に瓶内の炭酸が増えるのでしょうか?……なるほどそのためのガス抜き穴か。

 フレッシュな香り、甘いもろみの香り。

 米の粒が残った酒は濃厚な口当たりで、しっかりとした米の旨味と甘味が楽しめます。
 加えてその全体を炭酸の酸味がキリッと引き締めているので、濃厚ながらも意外にスッキリと飲みやすい仕上がりです。
 含み香にはヨーグルトを思わせる面持ちも。
 このフレッシュさは良いなぁ……
 これはやっぱり新酒独特の物かな?旨い!

 食べ物との相性もなかなか良いですね。
 特に若干甘味や酸味のある食べ物とは物凄く合います。キムチとか。
 飲みやすいのでカパカパ飲めます!
 ……で、さすがに飲み過ぎました。
 そして追記も出来無くなってしまいました(笑)

 御代櫻の通常商品もいつかは飲んでみようと思います!

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 使用米 岐阜県産あさひの夢100%
 アルコール分 14度以上15度未満
 日本酒度 -24
 酸度 1.3
 製造年月 08.11.
 御代桜醸造(株)


1009996439_171.jpg

 お気に召しましたら↓リンクのクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 本醸造 御代桜醸造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
11 ≪│2008/12│≫ 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。