スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瑞穂 黒松剣菱(みずほ くろまつけんびし)

 第155回目。
 かなり前に一合瓶で本醸造の物を飲みましたが、今回は純米です。
 (本醸造の感想)……あー、今見ると結構いい加減な事言ってますねー

 まあそれはともかくとして、少々人を選ぶ酒質だと思いますが非常に良い味わいの酒でした!
 今度は一升瓶しか発売していない古酒も買ってみたいと思います。

(飲み始め:2009年03月23日)

 兵庫県の酒です。
 「瑞穂 黒松剣菱(みずほ くろまつけんびし)」

 深い、熟成を感じさせる酒の香り。
 私が昔持っていたイメージでは、これが所謂「日本酒」らしい香りでした。
 今ならこういう香りも良いと思いますが、当時はイマイチ良くわかっていなかった気がします。

 しっかりとした酸味に太い米の旨味。後口には柔らかい甘味がフワリと広がります。
 軽い苦味も良いアクセント。
 良い味わいです……
 少々ヘビーな味わいは人を選ぶかもしれませんが、これもなかなかに旨い!

 常温に近づくと味わいが柔らかく。甘味が若干増し、酸味も軽快に変化。良い感じだなー

 食べ物との相性は結構良し。
 ただ、味の薄い物には若干甘味が干渉。

 ぬる燗――クセが増加。
 熱燗――甘味が立ち上がってなかなか良い感じ。
 私の好みは……常温かな?

 こういう重厚な味わいは久々でしたが、結構良いですねー
 変化にも期待!

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 山田錦、愛山
 アルコール分 17度
 日本酒度 +0.5~+1.0
 酸度 1.2
 仕込み 山廃仕込み
 製造年月 H20.11.8.
 剣菱酒造(株)


2009年03月24日追記――
 香りも味も初日とほぼ変わらず。
 酸味にキレがあってやはり良いですね~


2009年03月28日追記――
 香りはほとんど変わらず?

 甘味とアルコールの風味が若干増加。他は余り変わらず。
 良い味わいです……


2009年03月30日追記――
 濃い香りですが、若干以前よりも軽快になってきた気が。
 バターキャンディを思わせる香りもアリ。

 む、やはり味わいも若干スッキリめになったような?
 旨味が増加し、焦げ目を思わせる軽い苦味?と言うか、香ばしい味わいも感じます。
 これは面白いですねー

 常温になると甘味が立ち上がり、かなりまったりとした味わいに。
 そして飲んでいる内に多少のクセは気にならなくなってきます……
 あー、これは良い味わいだー

 この酒は崩れませんね……うん、旨かった!


1116997155_244.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
スポンサーサイト
tag : 純米 剣菱酒造

奈良萬 純米生酒おりがらみ(爆発) 無ろ過生原酒

 第154回目。
 活性にごり系の酒は開けるタイミングが難しいですねー
 以前飲んだ、蓋に空気抜き穴のついていたある酒は、開栓する前に1ヶ月ほどで炭酸が抜けてしまいましたし……ただ次は失敗しません!
 ……それはともかく本文をどうぞ。

(飲み始め:2009年03月22日)

 福島県の酒です。
 「奈良萬 純米生酒おりがらみ(爆発) 無ろ過生原酒」
 爆発というある意味不吉な名前がついていますが(通称?)、通常の物との違いはオリの量が通常の3倍あって瓶内のガス圧が強力とのこと。……ワクワクしますねー(笑)

 さて、緊張しながらオープン!……?
 あれ?全く吹き出ず……と言うよりもほとんど炭酸が立たず。
 製造年月を確認――「09.03」
 ……もしかしたら開栓が早過ぎた?
 今までも開栓が遅くなって炭酸が抜けてしまったことはありましたが、逆は初めてです……
 もう少し待ったら、「爆発」の名に相応しい炭酸が瓶内に溜まっていたのでしょうか?
 あー、勿体ない……
 ……ただまあ、開けてしまった物は仕方無いので余り気にせずゴー!

 まずは上澄みから。
 お、上澄みからももろみの香りが。乳酸系の香りもあり。
 んー、濃厚!濃い甘味と旨味がジュワーッと口内で広がります。

 続いておりを絡めて。……む、混ぜたら結構炭酸が持ち上がってきましたね。
 香りが若干まったり。ミルク系の香りも?

 おお!濃いめの味わいが、にごり部分が加わったことでキリッとした酸味に炭酸の刺激と酸味が混じり合い、非常に引き締まった味わいになりました!
 これは爽やかだー
 上澄みの時のような「濃厚!」といった感じはありません。
 シュワシュワとした刺激が良い感じで、非常に飲みやすいですねー
 カパカパ飲めるわー
 ……イカンまた飲み過ぎて大変なことになるところだった!(笑)

 フレッシュで良い酒でした!
 変化にも期待です。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 会津産五百万石
 精米歩合 55%
 アルコール分 17度
 日本酒度 +3
 酸度 1.5
 製造年月 09.03
 夢心酒造(株)


2009年03月23日追記――
 む、若干香りがスッキリしたような。

 米の旨味がしっかりと感じられます。
 甘味は昨日よりも減少。炭酸も若干弱まりました。
 これもまた良しですね。


2009年03月24日追記――
 香りは余り変わらず。

 若干もろみの風味が増加し、味わいも全体的にマイルドに。
 良い変化です。


2009年03月28日追記――
 香りは若干まったり。軽めのもろみの香りも。

 一番強く感じるのは柔らかい旨味。アルコールの味わいが若干増加。
 以前よりもさらにマイルドな味わいに。まったり。
 うん、旨い。
 綺麗さは開けたばかりの頃の方が上でしたが、非常に良い味わいですねー

 良い酒でした!
 ただ、今度買うなら製造年月をよく見てから開けます……


1115882650_53.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米 夢心酒造

車坂 純米吟醸赤ラベル

 第153回目。
 単純に「甘口」と言っても、会社によって様々な解釈があるのだな、と思った一杯でした。

(飲み始め:2009年03月20日)

 和歌山県の酒です。
 「車坂 純米吟醸赤ラベル」

 スッキリとした甘い香り。それほど強くはないものの良い香りです。

 柔らかくスッキリとした甘味が口内でフワリと広った後、爽やかな酸味がそれを追いかけます。
 あー飲みやすいな……うん、旨いです。
 後口には酸味に重なるように渋味も若干。ですがそれほど気にはなりません。

 食べ物とは若干渋味が干渉。単独で飲んだ方が旨いですねー

 温度が常温に近づくとまったり。
 燗は若干雑味が増すものの、甘味と酸味がキリッと立ち上がって面白いです。良い感じ。

 変化にも期待!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 使用米 和歌山県産山田錦100%
 精米歩合 58%
 アルコール分 16.7
 日本酒度 -4
 酸度 1.4
 アミノ酸度 1.3
 使用酵母 和歌山酵母
 製造年月 20.12
 (株)吉村秀雄商店


2009年03月22日追記――
 若干アルコールの香りが増加。

 まったりとした甘味。酸味が若干太くなり、アルコールの味わいが出現。
 ただ極端には変化せず。


2009年03月23日追記――
 香りに酸味を感じる物が混ざります。

 味わいも昨日より酸味がさらに若干膨らんだ感じです。


2009年03月26日追記――
 酸味を感じさせる香りが増加。

 お、酸味が結構増加して甘味よりも目立つぐらいに。ううむ。
 ……む!飲んでいる内に甘味が立ってきて酸味は控えめに変化してきました。
 なので酸味の印象は開栓直後と余り変わりません。
 開栓直後に比べれば若干渋味等の雑味が増加しましたが、全体的な味わいはまったりと丸くなっている気がします。
 飲みやすくて良い感じです!

 ……しかし難しい変化ですねー
 私は開栓直後の方が好きですが、今日の状態の方が好きな方もいるでしょう。

 とりあえずこの会社の「甘口」はひと味違う事がわかりました(笑)


1114097803_77.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 吉村秀雄商店

一ノ蔵 特別純米酒 松籟(しょうらい)

 第152回目。
 昨年、地元の京急百貨店で行われた試飲販売の際に購入した酒です。
 試飲販売に行くとほぼ確実に何かしらの物を購入してしまうんですよねー
 どうしても飲んでいる内に変にテンションが上がってきて、こう!
 ……単純に酔っぱらっているだけでしょうか?

 しかし酒販店以外でも酒に力を入れている所は良いですね。
 上記店舗の場合は、週替わりで様々な酒造会社の方がいらっしゃるので毎月のちらしを見るのが楽しみだったりします。……!今週末行かなければ!
 ……このままだと際限なく話が脱線していきそうなのでこの辺りで(笑)
 本文をどうぞ~

(飲み始め:2009年03月17日)

 宮城県の酒です。
 「一ノ蔵 特別純米酒 松籟(しょうらい)」

 柔らかくスッキリとした米と酒の香り。良い香り。

 柔らかい甘味に酸味、米の旨味。
 トロリとした舌触りが心地良いです。
 後口には若干渋味を感じますが、それほど気にはなりません。
 うーん、まったり。なかなかに旨いなー

 おお、常温に近づくとさらに柔らかくなりました。
 これは良い感じです!

 食べ物との相性も結構良し。様々な物に合わせられます。
 良いですねー

 燗――若干渋味は立つもののまったり。
 私は温めない方が好みですが、これもなかなか。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 使用米 蔵の華
 精米歩合 55%
 アルコール分 15度以上16度未満
 製造年月 08.10
 (株)一ノ蔵


2009年03月18日追記――
 スッキリとした香り。若干アルコールの香りが増加。

 旨味が増加して、甘味は少し減少したように感じます。
 酸味と旨味、後口には渋味。温度が上がると熟成酒を思わせる香りが出現。
 まったりと飲めますね~


2009年03月24日追記――
 香りはさらにスッキリ。若干ヨーグルト系の香りも。

 キリッとした酸味。さっぱりとした口当たり。続いてくるのは柔らかい米の旨味。
 若干後口の渋味が気になりましたが、飲んでいる内に目立たなくなってきます。
 甘味は以前よりもさらに減少。まったりとしてなかなかに良い感じです。

 時間を置いても本質的な部分では崩れない、なかなかに強い酒質。
 違いは、甘味が減少して渋味が若干増し、全体的にさっぱりとした程度。
 ……結構違いますね(笑)
 もう少し長く置いても面白かったかもしれません。
 なかなかに良い酒でした!


1111227272_150.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 特別純米 一ノ蔵

ワンカップ大関 にごり酒 (アルミ缶入り)

 第151回目。
 本日はカップ酒(アルミ缶入り)です!
 「ワンカップ大関 にごり酒 (アルミ缶入り)」
 兵庫県の酒ですね。そしてチャンピオンズカップ2008で審査員賞(本醸造酒・普通酒部門)を受賞した酒だったりもします。
 ……受賞酒とかを見るととりあえず飛びつくクセは相変わらずです(笑)
 (2010年12月09日追記――この酒は追記日現在購入することが出来ません……後継酒に当たる酒は全く違う酒質になってしまいました。非常に残念です。後継酒の感想は→こちら)

 さて――
 スッキリとした香り。
 それほど強くはないですが、綺麗なもろみの香りに軽めのアルコールの香りが混じった感じでしょうか?

 あ、これは結構良い感じかも。
 甘味が結構強めですが、サラサラとした甘味で嫌みさは感じません。
 キリッとしたアルコールの味わいもそれに一役買っています。
 そしてにごり酒独特のもろみ系の含み香が弱めなので、トロリとした舌触りを楽しめながらも、にごり酒としてはかなり軽快な印象を受けます。
 甘味が他の味を覆って目立たないようにしているのも一因でしょうか?

 大量に飲むと甘味などが重たくなってくるような気もしますが、一合缶を飲みきるぐらいでは全く崩れません。
 やはりカップ酒の先駆者たる大関はその辺りに抜かりがないですね。なかなかに良い酒です!
 少量飲むのに非常に適しており、カップ酒としての完成度はかなり高いように思えます。
 こういう一点突破的な酒も良いなー
 期間限定ということで余り売っているのを見かけない酒ですが、また買っても良いと思いました。
 普通酒と言えども侮るべからず、ですね。

データ――
 原材料 米、米こうじ、醸造アルコール
 アルコール分 13度以上14度未満
 製造年月 08.11.
 大関(株)


1115919696_234.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 普通酒 大関

川中島 純米にごり活性生

 第150回目。
 キリの良い回数な気もしますが、淡々と更新です。
 次は活性ではない物も飲みたいですね~(同社の他の感想はこちら)

(飲み始め:2009年03月14日)

 本日は長野県の酒です。
 「川中島 純米にごり活性生」

 ラベルにふき出し注意の文字がありますが、製造年月が1年近く前なので平気でしょう。
 ……うん、全く吹き出さず。
 お、でもにごり部分を混ぜてみると結構炭酸も残っているのが分かりますね。
 猪口に注いだ酒から立ち上る泡が良い感じです!

 まったりとした米やもろみの甘い香り。若干ヨーグルト系の趣も。

 しっかりとした甘味と米の旨味、炭酸の刺激とスッキリした酸味がシュワシュワと口内を巡ります。
 うん、なかなかに旨い!クリーミーな舌触りと軽快な炭酸の刺激が心地良いですね~
 活性にごり酒の中では(糖類を添加した酒を除いて)比較的甘味が強いですが、それもまた飲みやすさに一役買っている気がします。

 味の濃い食べ物との相性はなかなか良し。
 ……ただ味の薄い食べ物とは甘味がぶつかりますね。

 良い酒でした。飲みやすいのカパカパ飲めます!
 火入れの酒も飲んでみなければ!

データ――
 原材料 米、米麹
 精米歩合 65%
 アルコール度数 15度以上16度未満
 製造年月 20.5
 (株)酒千蔵野


2009年03月15日追記――
 香りは余り変わらず。

 お、初日よりも甘味が減ってキリッとした味わいに。
 それでいて炭酸の刺激は消えていないので初日よりもかなりスッキリした印象です。
 これは旨いな!
 私は初日よりも断然今日の方が好きですね~
 いやー、こういう変化はたまりません!


2009年03月16日追記――
 若干アルコールの香りが増加。

 む、若干アルコールの味わいや雑味が増加したかな?
 ただにごり部分の味が濃いのでそれほど気にはなりません。
 炭酸も余り衰えず。面白いですねー


2009年03月17日追記――
 ヨーグルト系の香りが増加。

 味わいが大分まったりとしてきました。
 軽めの酸味と柔らかい旨味が前面に押し出されてきています。
 炭酸も次第に弱まってきており、かなり優しい印象に。
 なかなかに良い味わいです。


2009年03月20日追記――
 アルコールの香りが増加。

 酸味の後ろから旨味と甘味が顔を出します。アルコールの味わいが増加。
 なかなかに強い酒質です!
 にごり部分の味が強いので、若干後口に渋味は増したものの、ほとんど味わいが崩れません。
 やはり良い酒ですね~


1108202488_114.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米 酒千蔵野

花陽浴(はなあび) 純米吟醸 中取り雫生原酒

 第149回目。
 少人数で手間暇かけて造られている酒です。しかも造り手は全員20代!
 現在はまだ酒好きの間でしか知られていない銘柄ですが、実力やインパクトは十分なのできっかけさえ掴めば全国的にブレイクする可能性は高い思います。
 ……とりあえず今の内に色々な種類を飲んでおかねば(笑)

(飲み始め:2009年03月12日)

 埼玉県の酒です。
 「花陽浴(はなあび) 純米吟醸 中取り雫生原酒」

 柔らかい甘い香り。
 これは何だろう……マスカット+イチゴ+米?……自分の表現力の無さが恨めしいです。

 まず感じるのは口当たりの柔らかさ。
 続いて生酒らしいフレッシュな甘味と爽やかな酸味がジンワリと口内を満たします。
 おお、これは旨いぞ?
 後口には柔らかい米の旨味。うん、非常に飲みやすいです!
 含み香はマスカット系に麹香でしょうか?
 爽やかだなー

 食べ物との相性も意外に悪くないですが、単独で飲んだ方が旨いかな?

 良い酒です。これは人気が出るのも分かりますね~

データ――
 原材料 米、米麹
 使用米 特等八反錦100%
 精米歩合 55%
 アルコール分 16%以上17%未満
 製造年月 平成20年12月
 南陽醸造(株)


2009年03月13日追記――
 若干香りはまったりと。甘い香り、ミルク系の趣も。

 甘味と旨味が濃くなりエステル系の香りが増加。
 ジュワッと濃厚な口当たり……悪くないです。


2009年03月14日追記――
 アルコールの香りが増加し、全体的に濃い香りに。若干重たい感じも受けます。

 旨味と酸味が増加、甘味も強いです。若干渋味やエグみも出現。
 かなり濃厚な印象です。……結構崩れてしまいました。

 この酒は早く飲むべきですね。
 ただ、もう少し置いてみます。


2009年03月16日追記――
 アルコールの香りが増加。その代わりに全体的な香りは減少。

 パイナップル系の含み香が出現。
 甘味にしろ酸味にしろキリッと引き締まった印象に。
 随分とスッキリしました。以前とはまるで違う酒質です。
 これは面白い……なかなかに旨いですね。


2009年03月18日追記――
 甘い香り。若干パイナップル系の香り。

 スッキリとした甘味に酸味。かなり軽快な印象になりました。
 後口には旨味と渋味、僅かに熟成香が窺えますが、それほど目立つ物ではありません。
 ……これはアリですね。
 飲んでいる内に少々濃さを感じるようになりますが、それはそれで。

 良い酒でした!
 個人的には変化を追っていくのも楽しくて良いと思いますが、この酒の本来の実力は開栓後すぐのような気もします……なので飲むタイミングはお好みで。
 別の米を使用した物も色々とあるようなので、そちらも買ってみます!


1106376348_23.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 南陽醸造

銀嶺立山 本醸造

 第148回目。
 スッキリとして非常に飲みやすい酒です。海の近くで造られる酒は、新鮮な料理に合わせる為にスッキリとした物になるとのことですが、それも納得の酒質です。
 今回は頂き物ですが、値段もお手頃ですし次は自分で買ってみても良いかな、と思いました。
 む、吟醸も気になるな……

(飲み始め:2009年03月10日)

 本日は富山県の酒です。
 「銀嶺立山 本醸造」
 とある方からいただきました……ありがたい話です。

 スッキリとした甘い酒の香り。

 軽快な酸味に柔らかい米の旨味と甘味。
 含み香はアルコールに若干のエステル系。
 直球な淡麗辛口の趣――スッキリと非常に飲みやすいです。

 食べ物との相性はなかなか良し。何にでも無難に合わせられます。
 晩酌に持って来い!って感じですねー
 今回は食べていませんが、白身魚の刺身などとも合いそうな予感!

 ぬる燗――若干クセがありますが、甘味が柔らかく立って良い感じ。
 熱燗――は少々エグみが目立ちます……
 燗冷まし――まったり。
 ……私は冷やした状態が一番好きかな?

 なかなかに良い味わいでした~
 変化にも期待!

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 使用米 五百万石、山田錦
 精米歩合 65%
 アルコール分 15度以上16度未満
 日本酒度 +5
 酸度 1.4
 製造年月 081105
 立山酒造(株)


2009年03月12日追記――
 若干甘い香りとアルコールの香りが増加。

 全体的に味が濃くなりました。
 綺麗さは初日の方が上ですが悪くないですね。まったり。


2009年03月13日追記――
 香りは若干濃く。
 甘い米の香りに、若干カラメルを思わせる香りも混じります。

 若干酸味と渋味が増加。アルコールの香りも少々。

 やはり結構崩れてきましたが、これぐらいならまだ良し、ですね。


2009年03月16日追記――
 香りは余り感じません。若干アルコールの香りが前よりも強めかな?

 アルコールの味わいが結構強くなり、若干苦味と渋味も。
 結構崩れてしまいました……
 ああ……勿体無い……

 温度が上がると甘味、旨味、渋味が増加……
 ……なるべく早く飲みましょう!


1104418828_10.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 本醸造 立山酒造

村祐 常盤ラベル純米大吟醸 亀口取り 無濾過本生

 第147回目。
 以前飲んだ『村祐常磐ラベル』の新酒です!
 かなり飲みやすいので飲み過ぎにご注意を。……1日で5合はさすがに失敗しました(笑)
 ただ本文中にも書いたとおり結構すぐに崩れてしまうんですよね。一升瓶しか無いですし。
 と言うわけで、大人数でパッと飲んでしまうことをお勧めいたします。
 楽しく酔えると思いますよ~

(記述日:2009年03月08日)

 新潟県の酒です。
 「村祐 常盤ラベル純米大吟醸 亀口取り 無濾過本生」
 飲み過ぎて寝落ちしてしまったので、2日分まとめての感想となります……
 ……飲み過ぎは危険です……お気を付けください。

 初日――(2009年03月07日)
 まったりと柔らかい甘い香り。
 猪口に注ぐと、酒中に微小の泡が浮かんできます。

 甘い!しかし微炭酸の酸味の良い作用で全体が引き締まっています。
 うん、旨い!これは良い味わいです!
 通常の常盤ラベルの綺麗さに心地よい酸味が加わる――これは旨くない訳がないですね(笑)
 もし常盤ラベルの味が苦手な人でも、この味ならイケるんじゃないでしょうか?
 非常に良いバランスです!

 チーズや味の濃い食べ物、甘い物との相性は抜群!旨いわー
 む、味の薄い物とは少々合わないかな?

 飲み過ぎました……非常に危険な酒です……
 甘い酒が好きな方には特にお勧めですよ~


 2日目――(2009年03月08日)
 香りは余り変わらず。

 酸味と旨味が若干増加。若干後口に苦味も出現。
 綺麗さは初日の方が上でしたね。
 ただこれも悪くないです!良い酒だー

 以後の変化や如何に?

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 非公開
 精米歩合 非公開
 日本酒度 非公開
 アルコール分 16度
 製造年月 21.1.月
 村祐酒造(株)


2009年03月09日追記――
 若干アルコールの香りが増加。

 以前より更に旨味が増加。後口にはエグみも少々。
 うーん……なるべく早く飲んでしまうべきかも?


2009年03月12日追記――
 香りは大分重たい感じに……

 やはり甘味は強いですが、他の味が目立ってきたので以前よりも弱めに感じます。
 増加したのは主に旨味、渋味、苦味……これは日を置くほど崩れていきますね……


2009年03月14日追記――
 香りはやはり重たいです。
 ……少々ベタっとした糖の香りのようにも感じます。

 苦味と渋味、アルコールの風味が増加。……結構ヘビーな印象に。崩れたなー
 ただ腰の強い甘味は健在なので甘い酒が好きなら平気かもしれません。
 ……初日との比較をしなければ、ですが。

 栓を開けたら2日ぐらいで飲みきりましょう!


1102459500_243.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米大吟醸 村祐酒造

鶴齢 特別純米 山田錦 ひやおろし

 第146回目。
 ひやおろしです!……相変わらず季節感が無くてすみません。
 今度新酒も買います!

(飲み始め:2009年03月05日)

 新潟県の酒です。
 「鶴齢 特別純米 山田錦 ひやおろし」

 まったりとした甘い香り。これは……ヨーグルト系?

 ふっくらとした酸味に米の旨味と甘味。
 柔らかい口当たり。おお、これはスルスルと飲めますねー

 食べ物との相性は結構良し。幅広い物に無難に合わせられます。

 ぬる燗――ふっくら。悪くないです。
 熱燗――少々エグみが出ますがこれはアリですね。
 結構どの温度にも対応可能!……私の好みは冷やした物ですが。

 む、飲んでいる内に少々重たくなってきました。
 余り大量に飲まない方が良いかも?

 まったりと飲める良い酒でした!

データ――
 原材料 米、米麹
 原料米 山田錦100%使用
 精米歩合 55%
 アルコール度数 16度以上17度未満
 日本酒度 +2.5
 酸度 1.9
 アミノ酸 1.0
 製造年月 2008.01
 蔵出年月 2008.09
 青木酒造(株)


2009年03月06日追記――
 香りは若干スッキリ。アルコールの香りも増加。

 お、エステル系の含み香が追加されました。
 初日よりもスッキリめですねー
 これはなかなか……


2009年03月12日追記――
 若干アルコールの香りは増加したもののスッキリとした良い香り。

 む、渋味と苦味が増加。そして旨味もかなり強く。
 エステル系の含み香が強く自己主張。
 これは全く違う酒質になってしまいました……
 結構クセが強い感じです……早く飲むべきだと思いました。
 ……もっと細かく追記をするべきだったと後悔。……いつものことですが。


1099573187_130.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 特別純米 青木酒造

紀土-KID- 純米吟醸酒

 第145回目。
 この酒は梅酒で有名な平和酒造による新ブランドになります。
 ……とりあえず和歌山県の日本酒好きとしては、外す訳にはまいりませんでした!(?)
 そして、今回飲んだ純米吟醸と同時発売の純米酒がdancyuに掲載されたとのこと――
 なのでそちらも当然のように買います!……そう言う情報に即飛びつくのが趣味なので(笑)

(飲み始め:2009年03月03日)

 本日は和歌山県の酒です。
 「紀土-KID- 純米吟醸酒」

 スッキリとした甘い香り。この香りは青リンゴ系、かな?

 するりとした柔らかい口当たり。柔らかい甘味にスッキリとした酸味。
 んースッキリ!スルスルと飲めますねー
 含み香はデラウェアでしょうか?
 これは飲みやすいなぁ……うん、良い味わいです。

 食べ物との相性は可もなく不可もなく。
 単独で飲んだ方が旨いかな?

 良い酒でした。
 非常に飲みやすいので、気づいたら大量に飲んでしまっていました(笑)
 危険な酒ですね~

データ――
 原材料名 米、米麹
 使用米 山田錦
 精米歩合 50%
 アルコール度数 15.5度
 使用酵母 協会9号酵母
 製造年月 20.11.
 平和酒造(株)


2009年03月05日追記――
 香りは若干まったりと。

 酸味が増加し、味わいも少々ふっくら。
 代わりに甘味が減少し、後口には渋味も。
 結構初日と印象が変わりましたね。でもこれはこれで!

 ただ、初日の味が好きなら早めに飲んだ方が良いかもしれません。


2009年03月10日追記――
 香りは甘く濃厚に。若干チョコレートっぽい香りも感じます。

 酸味と旨味が増加。渋味も大幅に増加……かなりクセが出てきてしまいました。
 三日目からの変化は分かりませんが、早めに飲むべきだと思います。なるべく初日の内に?
 ……初日にたくさん飲んでおいて良かった(笑)


1097756351_227.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 平和酒造

黒龍 純米吟醸

 第144回目。
 黒龍のスタンダードな商品です。新デザインの瓶が面白い感じですね。
 で、実はこの酒の感想も以前のリベンジだったりします。……あの時の感想は微妙に自信の持てない物だったんですよねー、ハズレを引いたか舌がおかしかったかのどっちかだろう、何て思ったりもしまして。
 しかし今回飲んでみて以前の感想と余り変わらない事が判明しました!私は間違っていなかった!万歳!(?)

 ……と言うわけでリベンジの感想をどうぞー

(飲み始め:2009年03月01日)

 本日は福井県の酒です。
 「黒龍 純米吟醸」

 エステル系の香りとアルコールの香り。少々固い香り。

 キリッとした味わいです。
 まず感じるのは少々セメダインや熟れたバナナを思わせるような強めのエステル系の香り。
 そしてアルコールの味わいに、米の旨味、酸味、後口には苦味やエグみ。
 甘味は少ないですが、甘い香りの作用で結構甘さがあるようにも感じます。

 食べ物とは全く合わず。香りと苦味が食べ物とぶつかってしまいます。
 うーん、合わせるなら香りの弱い甘い物かな?一部のチョコレートとか。
 ただ単独で飲んだ方が良いと思いました。

 燗は――雑味が増加するので、温めない方が吉ですね。

 今日の印象は「固い」かな?
 早く開けすぎたかもしれません。……開栓後の変化に期待!

データ――
 原材料名 米、米麹
 使用米 福井県産五百万石100%
 精米歩合 55%
 アルコール分 15度
 日本酒度 +3
 酸度 1.5
 製造年月 09.1上
 黒龍酒造(株)


2009年03月02日追記――
 若干香りはまったり。チョコバナナのような香りも感じます。

 昨日よりは若干マイルドになったかな?
 ただやはり硬質な印象ですね。

 もう少し置きます。


2009年03月09日追記――
 む?これは……バナナフレーバー入りカフェモカ?何だかまったりとした甘い香り。

 スッキリした酸味に軽快なアルコールの風味。含み香はエステル系ですが、どこかまったり。
 そして以前よりも米の甘味と旨味が目立つように。だいぶ柔らかくなった印象です。
 わずかな苦味も良いアクセント。

 多少好みの差はあると思いますが、私は開栓直後よりも今日の味わいの方が好きですねー
 いやー、こういう変化は嬉しいです!


1095707597_125.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 黒龍酒造

十九 純米吟醸酒中取り 平成十八酒造年度

 第143回目。
 この会社の酒を飲むのは久しぶりです。(以前の)
 生産石高が少ない酒なので、あまり売ってないんですよねー
 ただ、このように個性的な酒なら固定客をがっちりと掴めると思うので、問題ありませんね!

(飲み始め:2009年02月27日)

 長野県の酒です。
 「十九 純米吟醸酒中取り 平成十八酒造年度」

 まったりとした酸味と熟成を感じさせる香り。若干果実酢を思わせる香りも。

 腰の強い酸味が口内でジュワーッと広がります。
 微炭酸の刺激と相まって、甘さ控えめの炭酸飲料や、キリッとしたスパークリングワインを連想させられますね。
 酸味の後ろに見え隠れする甘味も良いアクセント。
 後口にはしっかりとした米の旨味に若干の渋味。
 少々重めの酒質なので好き嫌いはあるかもしれませんが、なかなかに良い味わいです。
 ただ飲んでいる内に渋味が強くなってくるのがマイナスか……

 食べ物との相性は……うーん甘味の干渉が少々キツいかも?
 「合わない」と言うほど合わなくはないのですが……
 おお!ドライフルーツとの組み合わせは非常に面白いです!
 キリッと立った酸味との相乗効果が楽しいですね!……うん、良い感じ!

 うーん、余り量は飲まないで単独で飲むか、甘酸っぱい食べ物と合わせるのが一番かな?
 変化にも期待します!

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 55%
 アルコール分 17度以上18度未満
 製造年月 20.10
 (株)尾澤酒造場


2009年03月01日追記――
 少々熟成感の強い香り。古酒っぽさも感じられます。

 酸味が結構強いですね。
 キリッとした酸味としっかりとした旨味が口内を満たします。
 初日よりも酸味が強くなった為、ますます日本酒らしさが減った印象ですが、旨味が強いのでワインとも違う感じを受けます。
 個性的な酒ですねー


2009年03月07日追記――
 熟成感の強い濃厚な香り。やはりこの香りからは古酒も連想されます。

 んー、濃い!
 強い酸味と甘味、そして渋味。
 含み香は上立ち香をさらに強くしたイメージ。
 ……この香りは酒と言うよりも、ある意味醸造食品ぽいような?
 クセが強いわー、後口には苦味も若干。
 日本酒らしくもなければ他の酒にも似ていない――凄まじく個性的な酒質です。
 ただ飲んでいると次第にクセの強さが気にならなくなってきました。
 おお、これはなかなか……

 最初から濃厚な酒質でしたが、開栓したばかりの方が比較的爽やかで飲みやすかったかな?
 ただ、これはこれでアリですね!……苦手な方は苦手だと思いますが。
 非常に面白い酒でした!


1093769069_29.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 尾澤酒造場

末廣 嘉永蔵生もと純米酒 手造り限定品

 第142回目。
 今回の酒は福島在住の友人に貰いました。
 何でも蔵に行かないと買えない限定品とのこと。……限定品万歳!

 で、この酒(と言うよりも末廣の生もと酒全般)では山卸しの前に、女性が素足で蒸米を踏みつぶす「荒踏み」と言う作業を行っているそうです。
 素足か……色々と考えさせられる物がありますね……
 …………いや、もちろん変な意味じゃありませんよ!……多分(!?)。

(飲み始め:2009年02月26日)

 福島県の酒です。
 「末廣 嘉永蔵生もと純米酒 手造り限定品」

 甘い米の香り。若干スパイシーな趣も。

 キリッとした腰の強い酸味に米の旨味。
 酸味が結構強いのでもしかしたら苦手な人もいるかも?
 ただ、なかなかに良い感じです。

 常温に近付くと柔らかい米の甘味が立ってきます。
 おお、これは結構良いですね……まったり。

 食べ物との相性も結構良し。何にでも無難に合わせられます。

 ぬる燗――
 酸味と甘味が良いバランス。まったり。
 熱燗――
 酸味がキリッと。む、少々クセが出ますね。でもこれはこれで。
 燗冷まし――
 酸味を追いかける甘味が心地良い……あー、これは良いなぁ。
 ……ただ温度を下げ過ぎるのは駄目ですね。結構重たい感じになってしまいます。

 私は、常温が一番好きかな?
 柔らかい甘味が良い感じに膨らんで旨いです。

 さて、変化はどんな感じでしょう?

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 60%
 アルコール分 15度以上16度未満
 製造年月 08.11.
 末廣酒造(株)


2009年02月27日追記――
 香りは余り変わらず。

 まったりとした味わい。含み香には酒らしい香りもあり。
 柔らかい酸味と米の旨味、甘味。まったり。

 やっぱり常温が良いですねー
 柔らかい甘味が心地良いです。


2009年03月05日追記――
 それほど強くはない柔らかい香り。

 おお、随分とマイルドな味わいに!
 酸味よりも先に柔らかい米の甘味と旨味がふわりと広がります。
 これは良いですね~

 常温に近付くとさらにまったり。
 非常に飲みやすいです!

 少し置いたら更に良くなった気がします。

 この会社の酒は他にも色々と飲んでみようと思います。


1092892647_225.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米 末廣酒造

松の司 純米吟醸あらばしり生

 第141回目。
 前回の松の司に続き、また飲み過ぎたため追記が一回しか出来ませんでした……
 この酒が飲みやすいから悪いんだ!……いや、すみません。

(飲み始め:2009年03月02日)

 滋賀県の酒です。
 「松の司 純米吟醸あらばしり生」

 スッキリとした甘い香り。嫌みさの無いエステル系の香り。

 柔らかい酸味と甘味が口内でジュワッと広がります。
 米の旨味と軽快な渋味も良いアクセント。
 うーん爽やか!メロン系の含み香も良い感じです。これは旨いですね~
 松の司で一番人気というのも良く分かる味わいです!

 チーズやナッツ、甘い物との相性は抜群!

 常温に近づくとさらに輪郭がくっきり。雑味も減少してさらに飲みやすく。
 うん、旨い!飲みやすいのでカパカパ飲めますね。
 火入れした松の司はキリッとした印象でしたが、これはどちらかと言うとまったり、それでいてスッキリ。非常に良いバランスです。
 この酒なら日本酒が苦手な方でも平気なのでは?
 旨かった!

データ――
 原材料 米、米麹
 使用米 滋賀県竜王山田錦100%(環境こだわり農産物認証)
 精米歩合 麹米50% 掛米55%
 アルコール度 16度以上17度未満
 日本酒度 +3~+5
 酸度 1.4ml
 使用酵母 金沢(自社保存株)
 製造年月 2008.12.
 松瀬酒造(株)


2009年03月03日追記――
 香りは昨日よりも柔らかく……良い香りです。

 若干旨味が増えてまったりとした味わいに。
 フレッシュさは失われず、それでいて柔らかくなった印象?
 これもまた旨い!

 で、また飲み過ぎたせいで、追記が出来なくなってしまいました。
 ……やっぱり松の司は良い酒ですね!


1096762125_132.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 松瀬酒造

白川郷 純米にごり酒

 第140回目。
 本日は岐阜県の酒です――
 「白川郷 純米にごり酒」
 スーパーなどに売っているにごり酒としては一、二を争うほど有名な銘柄なのでは無いでしょうか?
 色々とにごり酒を飲んだので、ここらで一発スタンダードな物も飲んでみようと、先日衝動買いしました!……相変わらず私は無軌道です。

 さて――
 米と酒の香り。まったりと濃厚な香りから甘酒も連想されます。

 ズシッとした口当たり。
 ……これは言うならば、液体と言うよりも薄めのペースト……いや、おかゆ?
 飲むと言うよりも食べる感覚が強いですねー
 しっかりとした米の甘味と旨味、続いて酸味とアルコールの味わい、後口には若干雑味も。
 この濃厚さは、人によって好き嫌いがあるかも知れませんが、私は嫌いじゃないです。

 甘い物と合わせると、香りや口当たりと相まって甘酒っぽさが増加。面白い!

 む、常温に近づくと全体的に味が強くなって、重たくなりますね。
 お、温めると甘くない甘酒と言った感じに!
 ……冷やして飲むのが一番かな?

 際立った旨さがある訳ではありませんが、まったりと飲むには悪くないと思います。
 糖類を添加していないので、嫌な甘さが無いのも良いですねー
 手軽にスーパーなどでも買えますし、変化球な晩酌用として楽しむのも一興かと。

データ――
 原材料名 米、米麹
 使用米 キヌヒカリ他
 精米歩合 70%
 アルコール分 14度以上15度未満
 日本酒度 -25
 酸度 2.0
 アミノ酸度 1.8
 使用酵母 7号
 製造年月 09.01.21
 (株)三輪酒造


1095741762_106.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米 三輪酒造

村祐 紺瑠璃ラベル 純米吟醸無濾過本生

 第139回目。
 ……新酒は後日飲みます!(飲みました)

(飲み始め:2009年02月24日)

 新潟県の酒です。
 「村祐 紺瑠璃ラベル 純米吟醸無濾過本生」

 まったりとした柔らかい甘い香り。ミルク系の香りもあり。

 おお、これは甘い!
 腰の強いしっかりとした甘味が口いっぱいに膨らみ、続いて柔らかい酸味と旨味が追いかけます。
 常盤ラベルの方が綺麗な酒質で甘味に特化したイメージでしたが、これもなかなか良いですね~

 食中酒には余り向かない、かな?
 甘味が干渉する他、物によって(主にナッツなどと)は苦味が出現してぶつかります。
 む、ドライフルーツやチョコレートとの相性は抜群!うん、旨い。

 私は結構好きですが、少々甘味がヘビーなので苦手な方は苦手かもしれません。
 変化はどんな感じでしょう?

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 非公開
 精米歩合 非公開
 日本酒度 非公開
 アルコール分 16度以上17度未満
 製造年月 20.9.月
 村祐酒造(株)


2009年02月26日追記――
 香りは余り変わらず。

 うん、甘い!
 若干酸味が増加しましたが、甘味もさらに増加した印象です。
 ある意味スッキリしたような、まったりとしたような……
 私は今日の方が初日よりも好きですが、これもまた人による、かな?


2009年03月01日追記――
 若干アルコールの香りが増加。

 強めの甘味に、酸味、旨味、渋味。後口には苦味も若干。
 うーん、結構崩れましたね……
 そしてやはり甘味は強いのですが、以前に比べるとかなり控えめです。
 なるべく早く飲むべきだと思いました。


1091075822_164.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 村祐酒造
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
02 ≪│2009/03│≫ 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。