スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸奥八仙 華想い 生 純米大吟醸無濾過原酒 (22BY)

 第462回目。
 「陸奥八仙 華想い 生 純米大吟醸無濾過原酒 (22BY)」――青森県の酒です。
 陸奥八仙の生原酒らしい濃く甘い味わいと、純米大吟醸ならではの綺麗さが組み合わさって良い感じでした!
 日本酒が苦手な方にもお勧めですよ~
 ただ結構甘味が強めなので、この系統でもう少しスッキリとした味わいの物がお好みでしたら、同ブランドの原酒ではない物の方がお勧めかもしれません。……いや、私もまだしっかりと比較出来るほどは飲めていないので、間違っている可能性もあるのですが……うん、今度色々と買ってきます。

(飲み始め:2011年06月23日)

 注いだ瞬間に立ち上る香りは綺麗で華やか!
 鼻を近付けて嗅ぐと穏やかさもある甘い香り。
 メロンに米……何らかの果物?

 濃いな~
 それでいて綺麗さもありつつジューシー!
 うん、良い味わいです!
 しっかりとしながらも柔らかいたっぷりの甘味と、そこに絡み引き締めるジューシーな酸味とわずかな苦味、そして強すぎないアルコールの風味がキリッと良いアクセントに。

 食べ物とは甘味が干渉するので余り合わず。
 ただ甘い物とは合いますね~
 無理に合わせなくても良いと思いますが、甘い物と一緒にデザート酒として飲むのも良さそうです。

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 華想い(青森県産)
 精米歩合 50%
 アルコール分 17度
 製造年月 2011年3月
 八戸酒造(株)


2011年06月24日追記――
 あ、なるほど……洋ナシやリンゴの雰囲気もある感じですね~
 良い香りです。

 おお、甘い!
 甘味が強くなり口当たりも若干しっかりと。
 そして刺激感が減少して穏やかさも出現。

 お、食べ物との相性は若干向上。
 味の濃い物と無難に合わせられるように。


2011年06月25日追記――
 アルコールの香りが若干増加し、香りは若干しっとりと。

 酸味が若干増加。
 強い甘味を刺激感の増したアルコールの風味と共に引き締めます。
 旨味も若干増え、少しだけ重量感も。
 ただまだまだ悪くないですね~


2011年06月27日追記――
 アルコールの香りがさらに増加。
 しっとりキリリと。

 アルコールの風味が増加し、甘味も前回より前面に。
 後口の苦味も若干増。
 若干クセが出てきたかも。


2011年06月29日追記――
 若干香りには重量感。
 わずかにクラッカーを思わせる香りも?

 旨味が若干増加し、酸味は減少。
 ペタッとした甘味と旨味、そこに絡むアルコールの風味と苦味。
 後口には若干エグみが出現し、少々重たい印象も。
 クセが増え若干バランスも崩れてきました。
 ここまでは置かない方が良さそうです。……毎度のことながら勿体無い。


1741296445_110.jpg
スポンサーサイト
tag : 純米大吟醸 八戸酒造

浦霞 生一本 特別純米酒

 第461回目。
 「浦霞 生一本 特別純米酒」――宮城県の酒です。
 お、今見に行った公式サイトによると『スローフードジャパン 「燗酒コンテスト2010」で「金賞」受賞』した酒みたいです。
 ……ただ実は、たった今調べるまでそのコンテストの内容をよく知りませんでした……すみません。
 なんでも「一般消費者の投票による燗酒大賞選考会(みんなで選ぶ燗酒大賞)」とのこと。
 ……私なんて途中で確実に酔っ払って、まともな判断を下せなくなる気しかしません(笑)
 それはともかく、何にせよ色々な方向の酒質を目指す大会があるのは良いことです!
 次買ったらもっと燗で飲むぞー

(飲み始め:2011年06月19日)

 スッキリとした香りです。
 アルコールに若干バナナ、そして米。

 軽快な第一印象から、ふっくらとした旨味と甘味が広がり、穏やかな酸味が軽めの渋味と共にジワッと染み渡ります。
 食用米を使った酒だけあって若干味が多いように感じられますが、それらのバランスは良く、逆に優しい感じを醸し出しているような?
 うん、派手さはありませんが穏やかで良いですね~
 む、飲んでいる内に旨味がよりしっかりと。

 食べ物との相性も良し!
 かなり幅広く合わせられる印象です。

 燗――
 口当たりに若干刺激感は出るものの、旨味と酸味がふっくらと立ち上がり結構良い感じです。
 温めるのも良いな~

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 宮城県産ササニシキ100%使用
 精米歩合 60%
 アルコール分 15度以上16度未満
 製造年月 11.1
 (株)佐浦


2011年06月20日追記――
 米の香りが増加。
 若干高級チョコレートっぽい雰囲気の香りもある、ような……?

 アルコールの風味と酸味が増加し、若干キリリとした飲み口に。
 そして旨味と渋味も若干増。
 味が結構増えた印象です。


2011年06月23日追記――
 アルコールの香りが若干増加。
 甘い香りに若干キリッとした印象。

 アルコールの風味が若干増え、少々スッキリとした飲み口に。
 うん、穏やかで良いですね~


2011年06月25日追記――
 若干エステル香が出現し、サイダーっぽい香りにも。
 そしてアルコールと米の香り。

 甘味と酸味が若干増加。
 穏やかふっくら、そしてアルコールの風味がビシッと。
 後口には渋味と舌に引っかかる感触が若干。
 少々旨味に重たさが出てきて、含み香には若干香ばしい印象も。
 クセは少し増してきましたが、それほど崩れた感じはありません。
 チビチビ飲むか、スパッと空けるかはお好みで!


1739329794_200.jpg tag : 特別純米 佐浦

仙禽 山廃 亀ノ尾80 むろか生原酒

 第460回目。
 「仙禽 山廃 亀ノ尾80 むろか生原酒」――栃木県の酒です。
 会社の名前と体制が変わり、元々個性の強い酒造り行っていたところから、積極的に挑戦する姿勢がより強まったように思えます。
 この度の震災で蔵の煙突が崩れるなど大きな被害を受けてしまったそうですが、負けずに個性的な酒造りを続けていただきたいです!

 という訳で(?)今回の酒ですが、亀の尾を使用して精米歩合が80%、しかも木桶を使用した山廃造り――というかなり尖った構成だったりします。
 ……そんなの見かけたら私が買わない訳にはいかないじゃないですか(笑)
 低精白であることを表しているのか、どこか荒々しく漉いた感じのラベルも素敵です。

 では本文をば!

(飲み始め:2011年06月16日)

 穏やかな甘い香り。
 若干ヨーグルト、そして何らかの果物を思わせる香り。
 スッキリとした印象も。

 お、低精白故か結構味の多い印象ですが、ジワーッと染み入るような穏やかな飲み口が、逆に深みを感じさせてくれているような気がします。
 濃くしっかりとした酸味が腰の強い旨味と共にググッと広がり、そして続くのは強めながらもどこか控えめな甘味と若干の刺激感、穏やかな渋味。
 クセはあるものの良いバランスです!
 良い感じだな~

 食べ物との相性も結構良い感じです。
 濃い味の物とはもちろん、味の薄い物とも無難に合わせられます。
 これだけ酒の味わいがしっかりとしているのに凄いなぁ。

データ――
 原材料 米、米麹
 原料米 亀ノ尾
 精米歩合 80%
 アルコール分 16度
 日本酒度 -3~-5
 酸度 2.0~3.0
 使用酵母 601
 製造年月 2011.4.
 (株)せんきん


2011年06月17日追記――
 若干香りはしっとりと絡みつく印象に?

 甘味と旨味、苦味、アルコールの風味が若干増加。
 若干クセが増して、さらに味が多くなった印象です。
 ただこれはこれでなかなか!


2011年06月18日追記――
 香りは若干穏やかに。

 お、味わいも香りと同様穏やかに。
 旨甘酸っぱい味わいからジワリと広がる苦味。
 うん、良い感じかも。


2011年06月20日追記――
 アルコールの香りが増加。
 若干自家製梅酒っぽい香り。

 む、穏やかな印象に。
 そこから濃い酸味、甘味、旨味がジワーッと広がり、苦味がビシッと。
 甘味と後口の苦味が若干増えたかな?
 クセはありますが崩れた感じはありません。


2011年06月22日追記――
 香りは若干控えめに。

 口当たりは若干キリッと。
 アルコールの風味が若干増えたものの、全体としては穏やかになった印象。
 若干クセも減ったような気がします。
 うん、良い感じです!
 全く崩れない上に、初日とは若干印象が変わったものの、良くなった部分もチラホラと。
 長期保存してみても面白そうですね~

 今回の酒とは全く違う構成の酒も先日買ってきましたので、そちらも楽しみです!


1737950208_223.jpg tag : 純米 せんきん

大阪屋長兵衛 全麹 濃醇旨口 特撰 特別純米酒

 第459回目。
 「大阪屋長兵衛 全麹 濃醇旨口 特撰 特別純米酒」――兵庫県の酒です。
 大手酒造会社による全麹の酒……変わった酒が好きな私としましては、見かけたからには買わざるを得ませんでした(笑)
 クセがそこそこあるので万人向けの味わいではありませんが、なかなかに興味深い酒ですよ~
 そして今回の経時変化を鑑みるに、以前飲んだ他社の全麹の酒のように年単位で長期保存してみても面白いかも、なんて思いました。うん。
 ……しかしこの酒に限らず定義が曖昧すぎるんで、特別純米って名称必要ないですよね。
 ……失礼脱線しました、では本文をば!

(飲み始め:2011年06月12日)

 濃く甘い酒と米の香り。
 いわゆる酒らしい香りを若干スッキリ穏やかにして、甘い香りを立たせた感じでしょうか。

 お、濃い。
 含み香には上立ち香と似た印象と、若干の香ばしい香り?
 しっかりとした甘味と酸味が旨味と渋味を引き連れつつじわりと。
 後口には苦味と、若干舌に引っかかる感触も。
 少々クセはありますが、この感じはなかなかに悪くないですねー
 ただ、公式サイトの「白ワインのような味わい」はほとんど感じられませんでした。
 ……もしかしてどこか(店か家か)で酒質が変化してこうなった可能性も?いや、どうだろう?ううむ……

 温度が上がって室温に近づくと旨味が増加し柔らかさがアップ。
 うん、アリだな……

 食べ物と合わせるなら、甘味が強いので濃厚な味わいの物と。
 味が薄いと、甘味が強くても何かしらの風味がぶつかってしまいます。

 燗――
 温度が低めだと甘味が立ち、高めだと酸味が立つ印象。
 ……温めるならぬる燗かな?
 これまた悪くないです。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 73%
 アルコール分 14度以上15度未満
 日本酒度 -20
 酸度 2.7
 製造年月 10.09.
 大関(株)


2011年06月13日追記――
 米の香りに旨味を感じさせる香りが強く。
 若干香りに重量感。

 酸味と渋味が若干減り、旨味と甘味が増加。
 口当たりは若干柔らかく。そして香ばしい香りが強く。
 うん、悪くない……


2011年06月14日追記――
 旨味の強さを感じる濃厚な香り。
 さらにどっしりと。

 強い甘味に絡むのは旨味と、最初と比べて若干質の変わった酸味。
 そして続くのは香ばしい感じのある苦味が若干。
 白ワインというよりも、みりんのような味わいです。
 これはこれで!


2011年06月16日追記――
 アミノ酸のしっかりとした香りに、アルコールの香りがキリッと。

 お、何だか柔らかくなった感じですね~
 特に旨味と酸味が丸くなりました。
 大まかな印象は前回とそれほど変わりませんが、なかなかに良い変化です。


2011年06月18日追記――
 アルコールの香りが若干増して、若干香りは穏やかに。

 香ばしい香りが増加。
 口当たりはさらに柔らかく。
 甘味、旨味、酸味がたっぷり、続くのは苦味、後口には渋味。
 うん、やはりクセや重量感はありますが悪くないです。
 私は開栓直後よりも好きですね~
 あ、ただあくまで個人的な好みなので、その辺りはご注意を。


1736133078_133.jpg tag : 特別純米 大関

屋守(おくのかみ) 仕込み五号 純米吟醸無調整生

 第458回目。
 「屋守(おくのかみ) 仕込み五号 純米吟醸無調整生」――東京都の酒です。
 現在流行の綺麗な濃い甘い系の酒質で、完成度も結構高く、しかも東京都産の地酒である、と――それほど生産量は多くないそうなので、まだ扱っている店舗は少ないですが、今後人気が上がっていく可能性はかなり高い気がします!
 これは他にも色々と飲んでみなければなりませんね~
 ……よし、近い内に買いに行こう。うん。

(飲み始め:2011年06月09日)

 穏やかで綺麗な甘い香り。
 ヨーグルトに……リンゴ?若干アルコール。

 第一印象の柔らかさから一転、ジュワーッと広がる濃い甘味をジューシーな酸味が刺激感と共にギュッと引き締めます。
 そして穏やかな余韻を残しつつジワリと捌けていく――うん、良い味わいです。
 ハッキリとしつつも決して重たくない甘味と、このジューシーさ……流行に沿った酒質だと思いますが、ただそれだけでは終わらせず、キッチリ高い完成度に仕上がっているのが良い感じですね~

 食べ物と合わせるなら甘味のある物か甘い物と。
 ただ無理に合わせなくても良いかな?

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 広島県産八反錦
 精米歩合 50%
 アルコール分 16度
 日本酒度 -2
 酸度 1.6
 製造年月 23.02
 豊島屋酒造(株)


2011年06月10日追記――
 甘い香りはスッキリ、そして若干米の香り。……わずかにモモ系の香りも?

 酸味が若干増えつつ、穏やかな印象に。
 そして旨味が若干増え、反対に甘味は若干減少。
 ジューシーさや刺激感が減ったため、初日よりも若干穏やかでスッキリとした飲み口に。
 若干初日と印象は変わりましたが、なかなかに良い味わいです。


2011年06月11日追記――
 若干アルコールの香りが増え、さらにスッキリとした香りに。

 第一印象はさらに穏やか、甘味と酸味、そして軽めの旨味が渾然一体と。
 若干苦味が増え、味も多くなった印象ですが、まだまだ良い感じです。
 ……うん、私はこの味結構好きです。


2011年06月13日追記――
 若干酸味を感じさせる香りが増加。でも良い香りです。

 旨味とアルコールの風味、苦味が若干増。甘味も再度増加。
 アルコールの刺激感が若干ピリピリとしてきました。
 悪くないですが、少々雑多な印象が出てきたような。


2011年06月15日追記――
 若干香りはしっとりと。

 前回の変化がそのまま進んだ印象です。
 濃い甘味に酸味とアルコールの風味、軽めの旨味と苦味が絡みます。
 口当たりのピリピリ感も増。
 若干クセは増してきましたが、崩れた感じではありません。
 ただ早めに飲んだ方が綺麗で良い、かな?
 多少の変化気にならない方なら、のんびりと一週間かけて飲んでも良いと思います!


1734595152_109.jpg tag : 純米吟醸 豊島屋酒造

亀吉(かめきち) 吟醸 濃醇酒

 第457回目。
 「亀吉(かめきち) 吟醸 濃醇酒」――青森県の酒です。
 頂き物の酒になります。こういう知らない銘柄を頂けると若干視野が広がる気がして良いですね!……いや、もちろんどんな銘柄でも頂ければ非常に嬉しいのですが(笑)

 濃醇酒という名前だけあって吟醸らしからぬ味わいと思わせておいて、どこかスッキリとした部分もある――個人的にちょっとその造りに興味の湧く酒だったりします。
 どんなビジョンの元で造られたんだろう、とか。その辺りもいつか調べたいと思います。

(飲み始め:2011年06月05日)

 穏やかで綺麗な酒と米の香りに、わずかに何らかの甘い香り。

 穏やかな口当たりから一気に旨味や甘味がググッと広がり、そこに現れる若干の酸味と刺激感が良いアクセントになっています。
 むむ、スッキリとしているような、それでいて重量感のあるような少々不思議な口当たり――飲むタイミングによって結構印象が変わりますね、面白い。

 食べ物との相性も良い感じです。
 幅広く合わせられる印象。
 うん、良いですね!

 裏ラベルお勧めのオンザロックで――
 あれ?何だかもったりと。
 そしてちょっと薄ぼんやりとしますね……
 これは余りやらない方が良い、かも?
 いや、単に好みの問題の可能性もありますが……

 常温(室温で自然に温度が上昇した結果)――
 これまた若干ぼんやりとした印象です……
 だいぶ気温が上がってきたので、この時期(6月)はもう余り長時間外に出しておかない方が良いかもしれません。
 ……うん、次は錫ちろりに酒を入れて、氷水につけておくのも良さそうですね~

 燗――
 お、旨味が柔らかく立ち上がってなかなかに良い感じです。
 変化を楽しむ意味で温めるのもアリだな……

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 原料米 華想い100%
 精米歩合 55%
 アルコール分 16度以上17度未満
 日本酒度 +3
 酸度 1.4
 製造年月 23.11
 (株)中村亀吉


2011年06月06日追記――
 香りは余り変わらず。

 全体的に濃い印象に。
 旨味と酸味、アルコールの風味が増加。後口の渋味も若干増。
 ちょっとズッシリと。……うん、悪くない。
 食べ物とも合います。


2011年06月07日追記――
 旨味を感じさせる香り。
 若干チーズクラッカーを思わせる雰囲気も?

 アルコールの風味が増加し、若干ピリピリとした口当たりが出現。
 酸味の質も若干変化。後口には苦味。
 クセが強くなってきました。


2011年06月09日追記――
 重たい香り。若干漢方薬のような香りも出現。

 舌に引っかかる感触はあるものの、味わい自体は前回よりも若干スッキリと。
 やはりクセはあるんですが、それほど悪くない、かも?


2011年06月11日追記――
 アルコールの香りが増加。
 旨味の強そうな香りに、若干香ばしい香りも。

 旨味と苦味、エグみが増加、含み香には熟成香ぽさが出現。
 どこか熟成酒を思わせる風合いも。引っかかる感触もさらに増加。
 結構崩れてきました……そして雑多な雰囲気も強く。
 開栓後はなるべく早く飲むべきですねー


1732736965_99.jpg tag : 吟醸 中村亀吉

豊潤 大分三井 特別純米生酒 旨口

 第456回目。
 「豊潤 大分三井 特別純米生酒 旨口」――大分県の酒です。
 粒が大きく落下しやすいと言う特徴から昭和40年代に姿を消した大分三井(おおいたみい)を、復活させて用いた酒になります。
 どうやら食用米のようですが、愛媛県で開発された松山三井という酒米の親にあたるそうなので、酒米としても結構期待が持てるみたいですね~
 私も幻の米とか、奇跡の復活とかにロマンを感じる人間なので、かなりテンションが上がりました!(笑)
 次は火入れの酒にも挑戦してみようと思います。

(飲み始め:2011年06月03日)

 濃厚な甘い香り。
 旨味や甘味を感じさせる香り。

 お、旨味はたっぷりとありながらも、どこかジューシーさのある酸味と若干の刺激感で、意外と印象はスッキリとしています。
 そこから柔らかい甘味と軽快さのある若干の渋味と苦味がジワリ。
 スルスル飲めますね~
 これは、なかなかに良い味わいです!

 食べ物との相性も良し!
 味の薄い物とも問題無く合わせられます!
 お、甘い物ともかなり合うな~

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 大分三井
 精米歩合 60%
 アルコール分 16度
 製造年月 23.2
 小松酒造場


2011年06月04日追記――
 アルコールの香りが若干増え、少々スッキリとした香りに。

 甘味がわずかに増加し、酸味の質が若干変化、穏やかな印象が強く。
 柔らかい旨味と酸味が良い感じです。
 うん、飲みやすい!


2011年06月05日追記――
 アルコールの香りがさらに増加。
 甘い香り。

 甘味とアルコールの風味が若干増加。
 口当たりがしっかりとしてきて、後口には若干舌に引っかかる感触も。
 ただまだまだ悪くないですね。


2011年06月07日追記――
 旨味を感じさせる香りが若干。

 アルコールの風味が増加し、口当たりはピリピリと。
 後口の渋味も若干増。
 個人的にはアリだと思いますが、若干崩れてきました。


2011年06月09日追記――
 濃く甘いアルコールの香り。

 前回の変化がそのまま進んだ印象。
 アルコールの風味に苦味が増加。
 渋味が若干前に出てきて、ピリピリ感も強く。
 大崩れしたというほどではありませんが、早めに飲んだ方が旨いと思います。
 開栓後2日ぐらいでスパッと!食べ物と一緒に飲めばあっという間、かも?


1731756559_15.jpg tag : 特別純米 小松酒造場

天の戸 [黒]KURO 黒麹仕込み 純米酒

 第455回目。
 「天の戸 [黒]KURO 黒麹仕込み 純米酒」――秋田県の酒です。
 一般的な黄麹ではなく、主に焼酎造りに使われる黒麹を用いた日本酒になります。
 クエン酸たっぷり!
 2年熟成の原酒も売っているそうなので、そちらにもいつか挑戦したいですね~

(飲み始め:2011年06月02日)

 酒の色は若干暗褐色。

 穏やかな酒の香りに……若干甘酸っぱい香り?

 ん、クエン酸の酸味がキューッと渋味と共に味覚を引き絞ります。
 そこからほのかな甘味に若干の苦味、さらに酸味がジワッと。
 クセはあるものの個性的で面白い味わいです。
 含み香には黒麹のためか、若干焼酎ぽさも。
 あー、これは楽しいですね~
 ただ、購入時に試飲した際はもっと飲みやすかったような気も……?
 冷蔵庫に放置しすぎたかもしれません……今度買ったら即飲みます!

 濃い味の食べ物との相性も良い感じです。
 複雑な味わいが不思議と合いますね~

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 星あかり100%
 精米歩合 50%
 アルコール分 15度
 製造年月 10.8.
 浅舞酒造(株)


2011年06月03日追記――
 酒らしい香りは減少。
 甘酸っぱい――何らかの柑橘類を思わせる香りも若干。

 甘味が若干増え、酸味にも少々柔らかさが出現。
 初日よりもクセが減って飲みやすさアップ!これは良い変化!
 ……そう言えば試飲した時はこんな感じだったような?
 うん、なかなかに良い味わいです!


2011年06月04日追記――
 アルコールの香りが若干増加し、スッキリとした印象に。

 酸味と渋味が若干柔らかくなり、さらにクセが減少。
 じわーっと染み出すような酸味が楽しいです。


2011年06月06日追記――
 アルコールのスッキリとした香りと、その後ろから若干の……熟成香?

 甘味と旨味が増え、含み香には若干の穀物感、後口の苦味も増加。
 クエン酸の酸味がメインなのでちょっと違いますが、若干穀物酢と果実酢を使った健康飲料のような雰囲気も。
 若干人によっては好き嫌いがありそうですが、独特の味わいがあってこれはこれでアリだと思います。
 そして開栓後五日ぐらいでは崩れない酒質――多分後何日か経ったとしても、緩やかな変化に留まる気が――これまた良い感じです!

 酒の色は黒麹を使っているだけあって暗さが出てしまっていますが、なかなかに興味深い酒質でした。
 是非今後もこの路線を追求していただきたいですね~


1731311045_239.jpg tag : 純米 浅舞酒造

土佐しらぎく大吟醸無濾過生 平成二十二酒造年度全国新酒鑑評会出品十三号

 第454回目。
 「土佐しらぎく大吟醸無濾過生 平成二十二酒造年度全国新酒鑑評会出品十三号」――高知県の酒です。
 一昨年昨年に続き今年も金賞受賞おめでとうございます!さすがです、素晴らしい……
 そして出品酒としての破格の安さ(720mlで2,250円)も健在……うん、見かけたら絶対買うべきです。
 金賞受賞酒はある意味流行の最先端を行く酒質なので、これを飲めば現在どんな酒が人気かを知る良い指標にもなるのではないでしょうか。
 ……来年の感想にもご期待ください!(笑)

(飲み始め:2011年05月27日)

 うーん、良い香りです!
 熟した青リンゴに……若干パイナップル。
 穏やかな華やかさ?
 良いですね~

 スルリと綺麗な口当たりから、柔らかい甘味に軽快で若干刺激感のある酸味、穏やかで軽い旨味が口内で綺麗に調和。
 綺麗さと穏やかなジューシーさ?
 やはり旨い!グイグイ飲めます!

 そして飲んでいる内に旨味が若干前に出て、さらに穏やかな印象に。
 あー、柔らかいなー

 甘味が結構ハッキリとしているものの、食べ物との相性はなかなかに良し!
 幅広く無難に合わせられます。
 その中でも甘い物との相性は抜群!
 果物にも合うな~

 飲みすぎた……

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 原料米 兵庫県山田錦
 精米歩合 40%
 アルコール分 16度以上17度未満
 日本酒度 +3
 酸度 1.5
 製造年月 23.3
 (有)仙頭酒造場


2011年05月28日追記――
 若干香りはしっとりと。
 やはり青リンゴ系の良い香り。

 全体的に濃厚になった印象です。
 甘味と旨味が若干増加。
 む、何口か飲んでいると、若干甘さ控えめに?
 初日に比べて華やかさは減りましたが良い味わいです。


2011年05月29日追記――
 ……若干トロピカルフルーツ風の香りも?
 甘い香り。

 旨味が増加。
 綺麗さが減った代わりに、濃厚で柔らかい感じも。
 まだまだ良い味わいですが、開栓直後がかなり良かったので比べると若干もったいない、かも。


2011年05月31日追記――
 穏やかな甘い香りに、アルコールの香り少々。

 旨味と酸味、渋味が若干増加。
 しっとりと穏やかな味わいです。
 うん、悪くない。


2011年06月02日追記――
 丸く甘い香り。若干しっとりと。

 苦味とアルコールの風味が増え、アルコールのピリピリ感が出現。
 若干舌触りには引っかかる感触も。
 大きく崩れた訳ではありませんが、クセが出てきました。
 可能ならなるべく早く――無理でも三日以内には飲みきりましょう!
 良い酒でした!


1728140679_99.jpg tag : 大吟醸 仙頭酒造場

Fuwari-Suisui 純米吟醸活性酒 (22BY)

 第453回目。
 「Fuwari-Suisui 純米吟醸活性酒 (22BY)」――長野県の酒です。
 以前飲んでから約2年ぶりの再挑戦になります!
 しかしやはりこの酒は、普段日本酒を飲まない方にも是非お勧めしたいですねー
 もっと多くの店で買えると良いんですけども……もし見かけましたら是非!

 ――
 オープン!――危ない!
 何も考えずに開けて危うくまた吹き出る所でした……相変わらず学習できていません(笑)

 柔らかくスッキリとした甘い香り。
 何らかの甘い香りに、米の香り。

 んー、ジューシーで爽やか!
 たっぷりの甘味と酸味、そして柔らかい米の旨味に、若干の軽快なアルコールの風味と苦味が口内を満たします。
 含み香は……ナシ?いや違うかな?
 あー、飲みやすいな~、グイグイと飲めますね!
 やっぱり旨い!


二日目――
 軽快な甘い香り。
 米の香りは控えめな印象。

 炭酸が減ったため、酸味も減少。
 甘味が若干増え、口当たりには重量感も少々。
 後口の苦味と渋味も若干増。
 ううむ、そこまで悪くはないですが、初日に比べると結構曖昧な印象になってきましたねー

 食べ物とは甘味や酸味が干渉。単独で飲むべきですね。


三日目――
 アルコールの香りが増加し、若干重量感が出現。

 炭酸はほぼ消滅。
 酸味の質が変わり、甘味が増えてさらに目立つように。
 気の抜けた炭酸飲料のような尖った甘味というか……
 後口にはエグみも若干。

 以前飲んだ際は開栓初日で飲みきりましたが、どうやら正解だったようです。
 ……まあ私のようなちょっとアレな人間でもなければ、わざわざ好きこのんで置かないとは思いますが(笑)
 初日で飲みきりましょう!旨いですよ!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 59%
 アルコール分 12度以上13度未満
 製造年月 23.3
 (株)酒千蔵野


1711015550_107.jpg tag : 純米吟醸 酒千蔵野
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2011/06│≫ 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。