スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泡々酒(ほうほうしゅ) SPARKLING SAKE

 第547回目。
 「泡々酒(ほうほうしゅ) SPARKLING SAKE」――岡山県の酒です。
 色々と低アルコール発泡清酒を飲んできましたが、余り従来の日本酒らしさにこだわらず果実感を表す(?)方向性の物が多い中、今回の酒は米の味わいを前面に出し、敢えて日本酒であるということを意識して造られているように思えました。
 ……いや、実際そこまで日本酒日本酒している訳ではないのですけども(笑)
 こう、ほんのりとにごり酒のニュアンスがある清涼飲料風というか……
 ……とりあえずかなり飲みやすいので、普段日本酒を飲まない方にもお勧めですよ~
 私も今度また買って飲みます!

 では本文をどうぞ。

――
 まずは上澄みから。
 軽快な、若干しっとり感のある甘い米の香り。
 ほんのり甘酒風の印象も。

 んー、シュワシュワ!
 ハッキリとした甘味と爽やかな炭酸。
 この飲みやすさは……米の風味をプラスした炭酸飲料?
 含み香には米。
 グイグイ飲めます!

 続いて混ぜて。
 香りにはしっとり感が若干増加。

 旨味と炭酸とは別種の酸味が増加。
 若干太い味わいになり、米の印象も強く。
 ただ飲みやすいのは変わらず。
 ヨーグルトっぽさも若干。
 あ~、これはいくらでも飲めそうですね~
 低アルコール発泡日本酒の中では比較的日本酒らしさを感じられる味わいでしょうか?
 ……私は結構この感じ好きです。

 む?
 味の薄い物にも意外と合う?
 そして他の食べ物との相性も結構良し!


二日目――
 まずは上澄みから。
 米の香りに若干リンゴ風の香り。

 若干穏やかな味わいに。
 炭酸以外の酸味が若干増加。
 飲みやすい!

 混ぜて――
 酸味が若干増えたぐらいで大まかな印象は変わらず。
 うん、やっぱり私この味好きです!


四日目――
 甘い香りが濃く。
 若干甘酒に、シロップ風?

 酸味と旨味が若干増加。
 含み香は米とカルピス。
 少しだけ味わいが太くなりました。
 これはこれでなかなか……


六日目――
 香りは若干ズシッと。
 甘酒風の香り。

 酸味と旨味がさらに増加。
 渋味も若干増。
 何だろう……米の風味が効いた何らかの健康飲料?
 悪くないですが、初日とは別物ですね~
 一度開栓したら二日以内ぐらいには飲みきった方が良いと思います。
 ……って、毎度のことながら、こういう酒を好きこのんでわざわざ放置する人間も、私ぐらいなものだと思いますが(笑)

データ――
 原材料名 米、米麹
 アルコール分 5.5度以上6.5度未満
 製造年月日 23.12.29
 賞味期限 120日
 丸本酒造(株)


1813927317_17.jpg
スポンサーサイト
tag : 純米 丸本酒造

鍋島 純米吟醸あらばしり 生酒 山田錦 (23BY)

 第546回目。
 「鍋島 純米吟醸あらばしり 生酒 山田錦 (23BY)」――佐賀県の酒です。
 いやー、やっぱり人気出ましたね鍋島!
 IWCでチャンピオン・サケを受賞したり、色々な雑誌で紹介されたり――近頃は品切れになっているのも結構見かけるようになりました。
 ……と言うか私も、モタモタしている内に何度も買いそびれていました(笑)
 それはともかくとして、これからもさらなる進化が期待出来る銘柄だと思いますので、気になった方は是非チェックをば!
 あ、ただスペックによって様々な個性が出ていますので、その辺りはご注意を…… (過去の感想)
 では本文をどうぞ~

(飲み始め:2012年02月17日)

 穏やかな、それでいてフレッシュな甘い香り。
 これは……ブドウにリンゴ?

 んー、ジューシー!
 みずみずしい果物を思わせる酸味と穏やかな甘味が、超微炭酸の刺激感と共にシュワッとはじけ、その爽やかさのままジューシーな酸味と若干の苦味を残しつつスパッと捌けて行きます。
 良いキレだ!そして喉ごしも良い!

 お、飲んでいる内に旨味が増して穏やかな印象が強くなりました。
 これまた良い感じですね~

 食べ物と合わせるなら甘味のある物か、コッテリとした物と。
 ただ無理に合わせなくても良いかな?

データ――
 原材料名 米、米麹
 使用米 山田錦100%
 精米歩合 50%
 アルコール分 16度
 製造年月 2012.01
 富久千代酒造(有)


2012年02月18日追記――
 甘酸っぱい感じの香りが若干増加。

 お、若干刺激感が減って穏やかさが増えましたが、やっぱりジューシーで良い感じですね~
 主に旨味が増加し、酸味は若干穏やかに。
 後口には若干渋味。
 初日に比べて全体的に少しずつ味が増えてきました。


2012年02月19日追記――
 香りは若干落ち着いた感じに。
 若干しっとりと。

 刺激感がさらに減少し、口当たりは穏やかに。
 旨味と甘味が若干増加。
 後口には若干渋味。
 初日とは少し印象が変わってきましたが、なかなかに良い感じです。


2012年02月21日追記――
 米の香りが増加。

 刺激感はほぼ無くなり、かなり穏やかな飲み口に。
 旨味と酸味が若干増加。
 まったりと飲めます。


2012年02月23日追記――
 香りはしっとりと。

 旨味とアルコールの風味、渋味が増加し口当たりは重たい感じに。
 舌触りには引っかかる感触も。
 ううむ、少々崩れてきましたね……
 ジューシーさを楽しみたいのであればなるべく早く、そうでなくてもここまでは置かない方が良さそうです。
 スパッと飲んでしまいましょう!


1823004870_93.jpg tag : 純米吟醸 富久千代酒造

尾瀬の雪どけ 純米大吟醸 澄酒 生酒

 第545回目。
 「尾瀬の雪どけ 純米大吟醸 澄酒 生酒」――群馬県の酒です。
 裏ラベルによると「澄酒とは、しぼったお酒の上澄みを集めたお酒です」とのこと。
 旨そうで良い説明ですね!……ただせっかくなのでその残った部分も飲みたいかも(笑)

(飲み始め:2012年02月16日)

 スッキリとした、若干の甘酸っぱさを感じられる香り。
 サクランボ風の香りもわずかに?

 口に含んだ瞬間のふっくらとした口当たりから、若干ピリッとした刺激感が広がります。
 穏やかな甘味と旨味、酸味がメインで、柔らかく軽快な苦味と渋味が良いアクセント。
 フレッシュ感はそれほど強くないですが、新酒らしい爽やかさが感じられます。
 む、飲んでいる内に若干アルコール感が立ってきました。
 これはこれで!

 食べ物と合わせるなら甘味のある物と。
 ただ甘い物とは若干合わないかな?
 無理に食べ物と合わせなくても良いかも。

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 47%
 アルコール分 16.5度
 日本酒度 +1
 酸度 1.3
 製造年月 23.12
 龍神酒造(株)


2012年02月17日追記――
 甘い香りが増加。
 若干スッキリと。

 刺激感が若干増加し、キリッとした雰囲気が強く。
 む、ただ飲んでいる内に穏やかさが増してきました。
 旨味と酸味、アルコールの風味が若干増加。


2012年02月18日追記――
 香りはさらにスッキリと。

 アルコールの風味と刺激感が若干増加し、さらにキリッと。
 ただ前回とそれほど変わらない感じですねー


2012年02月20日追記――
 アルコールの香りと若干のエステル香。

 刺激感が若干減少し、どこかスッキリ穏やかになった印象。
 そして甘味が若干増加。
 全体的に雑味が増えてはいるのですが、バランスはとれてる感じです。
 スルッと飲めます。


2012年02月22日追記――
 香りは若干減少。

 旨味と甘味が若干増え、かなり落ち着いた飲み口に。
 ピリピリした刺激感はほぼ無くなりました。
 渋味や苦味などの雑味はそこそこあるものの、穏やかで飲みやすいです。
 好みの問題もあるので一概には言えませんが、個人的には初日と別方向でアリだと思います。
 というか私はこの感じ結構好きです(笑)
 ただこれはいつまでに飲んだ方が良いかはハッキリと言えないかも……
 初日の感じが気に入ったらそのまま飲みきってしまって良いと思いますし、細かい粗が気にならないのであれば一週間経っても十分楽しめるのではないでしょうか。


1822750641_113.jpg tag : 純米大吟醸 龍神酒造

真澄 吟醸あらばしり 生原酒

 第544回目。
 「真澄 吟醸あらばしり 生原酒」――長野県の酒です。
 試飲販売で購入しました。
 それほど日本酒の種類を置いていない居酒屋などでも良く見かける銘柄なので、実はちょくちょく飲んでいたりします。
 一緒に購入した二年(?)熟成酒の感想も近々……いや、ある程度冷蔵庫の生酒が減ってからで(笑)

(飲み始め:2012年02月12日)

 若干スッキリ感のあるほんのりしっとりとした甘い香り。
 砂糖菓子に……何らかの果物も若干。

 おお、結構濃厚な感じもありますね~
 しっかりとした旨味と甘味を酸味がアルコールの風味と共にスッキリと引き締めています。
 後口には若干渋味。
 濃厚さのなかにもまろやかさやキリッとした印象も。
 うん、なかなかに良い感じです!

 食べ物と合わせるならコッテリとした物か、甘い物と。
 無理に合わせなくても良いかも。

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 原料米 長野県産「美山錦」80%、長野県産「ひとごこち」20%
 精米歩合 55%
 アルコール分 18度
 製造年月 2011.11
 宮坂醸造(株)


2012年02月13日追記――
 香りは若干穏やかに。
 果物感は消滅。

 む、結構キリッとした感じが強くなり、若干辛口な雰囲気が出現。
 増加したのはアルコールの風味と、若干甘味。
 濃い味わいとアルコールのピリッとした感じが同居しています。

 食べ物との相性が少し良くなりました。


2012年02月14日追記――
 甘い香りが増加。
 綿菓子風の香りも。

 アルコールの風味と刺激感が増して、さらにキリッとした口当たりに。
 鼻を抜ける空気もピリッと。
 渋味も若干増加。
 少々尖った感じが出てきましたねー


2012年02月16日追記――
 香りは余り変わらず。

 アルコールの風味と刺激感、苦味が若干増加。
 結構ピリピリとした飲み口に。
 味も全体的に増え、少々雑多な雰囲気も強く。
 若干飲みづらさが出てきました。


2012年02月18日追記――
 アルコールの香りが結構強く。
 キリッとした香り。

 アルコールの風味と苦味が若干増加。
 ピリピリとした刺激感も健在で、口当たりには引っかかる感触も。
 うーむ、味わい的には極端に崩れた感じではないのですが、結構飲みづらさが増えてしまいました……
 個人的には、開栓後は二日以内に飲み切るのがお勧めです。


1821622505_48.jpg tag : 吟醸 宮坂醸造

村祐 黒 無濾過本生

 第543回目。
 「村祐 黒 無濾過本生」――新潟県の酒です。
 少々お値段高め(720mlで4,200円)の村祐になります!
 ……おかげでお得意の貧乏性が発動してしまいなかなか飲めませんでした(笑)
 しかし飲んだ時にようやく気づいたのですが、製造年月が「22.12月」ってなっていたんですよね……
 誤植なのか本当なのか……とりあえず年始めに購入した酒店では同じ箱が何本も並んでいて特に注意書きも無かったので、わざわざ古い物を売っていたということはないと思うのですが……生酒を一年置いた風の熟成感も(多分)無かったように思いますし。
 ……うん、まあ今回は誤植ということにしておきましょうか! (何か心当たりのある方はご指摘ください)

 他の村祐が色々と変化を見せる中にあって、この酒は和三盆のような甘味が話題になっていたかつての村祐を彷彿とさせてくれます。
 値段が高いので手放しにはお勧め出来ませんが、日本酒初心者の方はもちろん、以前の村祐がお好きだった方も結構楽しめる気がしますよ~

(飲み始め:2012年02月11日)

 濃いめのミルキーな雰囲気のある甘い香り。
 若干甘酸っぱさのある香り。

 うん、ハッキリとしながら穏やかな甘味と酸味が良い感じです!
 低アルコール酒だけあって軽快な飲み口ですが、上述の味わいや丸っこい旨味、少しだけ感じられる軽快な渋味も手伝って結構飲み応えがあります。
 口に含んだ瞬間はコロンと、そこから穏やかにジンワリと口内に満ちていく感じですね……
 うん、良い味わいです。
 これなら日本酒――いや酒自体が苦手な方でもすんなりと飲めるのではないでしょうか?
 こうクイッと飲めてしまいます!

 あー、イチゴとかなり合いますねー……これは危険過ぎる(笑)
 そして甘い物との相性はもちろん、他の食べ物全般との相性も良し!
 凄いなコレ……この甘味の強さで食中酒としてもイケるとは……
 ただ個人的にはデザート酒として甘い物と一緒に飲むのがお勧めでしょうか?
 濃い味の食べ物と合わせたら逆に酒の良さが目立たなくて、勿体無い気がしますので。

 うん、値段(720mlで4,200円)を考えなければ素晴らしいですね!
 ……良い酒ですが、もう少し安かったら嬉しいなぁ。

データ――
 原材料名 米、米麹
 アルコール分 13度
 製造年月 22.12月 (誤植か本当に一年物かは不明です)
 村祐酒造(株)


2012年02月12日追記――
 ほんのりと柔らかい酸味を感じさせる香りが増加。
 若干香りは軽快に。

 甘味が増加し、酸味は若干減少。
 初日よりも若干濃い印象に。
 口に含んだ瞬間はトロリ、そしてそのままスッと消えていくような飲み口です。
 良い感じですね~
 グイグイ飲めます!
 ……ただこのハッキリとした甘味は、甘口の酒が苦手な方にはお勧め出来ないかも。


2012年02月13日追記――
 若干香りは薄い感じに。
 穏やかさが増加。

 甘味がさらに増加……甘っ!
 これはかなりの甘さですね……
 相対的に他の味わいは控えめな印象に。
 後口にはわずかに苦味。
 ただこれはこれで悪くないかも……


2012年02月15日追記――
 若干香りは太く。

 うわ甘っ!
 ちょっとシロップぽさもありますねー
 ……いかん、甘味が強すぎてイマイチ変化がわかりません(笑)
 若干雑味は増えてきている気がしますが、余り気にならないかも。


2012年02月17日追記――
 香りは結構しっとりと。
 甘い香りです。

 うん、甘い!
 ただ前回までと違って、甘味以外の味わいも若干強くなってきました。
 主に酸味と旨味が増加。
 苦味とエグみ、舌に引っかかる感じも若干増。
 ただバランスは意外と悪くないですねー
 個人的には嫌いじゃないです。
 ……まあ早めに飲んだ方が旨いんですけども。
 少し時間を置くとかなり甘味が増してしまうので、開栓したらその日の内か次の日までに飲み切るべきかもしれません。


1821465880_248.jpg tag : 純米大吟醸 村祐酒造

新政 しぼりたて2012 新年純米生原酒

 第542回目。
 「新政 しぼりたて2012 新年純米生原酒」――秋田県の酒です。
 裏ラベルによると「元旦の午前零時から搾りはじめ、その日のうちに壜詰めして出荷した」酒とのこと。
 秋田市の太平山三吉神社で祈祷頂いたという小さな絵馬も可愛らしくて良いですよね~
 1820760970_52.jpg
 ……あ、これって初詣の代わりとかになったりします?(笑)
 二月なのにまだ行ってなかった……と言うか行かなきゃと思いつつも途中からスッカリ忘れてました……
 ……
 余計な話はともかく、本文をどうぞ~

(飲み始め:2012年02月09日)

 若干酸味を感じさせる香り。
 ほんのりとしっとり、そして若干スッキリと。

 おお、ジューシー!
 たっぷりのみずみずしい酸味と甘味がジュワッと口内を満たし、軽快な苦味が酸味と共にそこへキュッとアクセントを加えます。
 そこからジワリと広がる柔らかい旨味も良い感じです。
 後口にはわずかに渋味。
 ブドウ系の含み香もあって結構果実感がありますね~
 お、飲んでいる内に若干穏やかな雰囲気も出てきました。
 飲みやすい!

 結構濃さもあるのでどちらかと言えばグイグイ飲む感じではありませんが、気づくとこうスルスルと盃を重ねてしまっていますねー
 うん、良い味わいです……

 味の薄い物には甘味や酸味が若干引っかかりますが、幅広い食べ物と合わせられます!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 秋田県産酒造好適米100%
 精米歩合 60%
 アルコール分 16度
 製造年月 2012.1.1
 新政酒造(株)


2012年02月10日追記――
 甘い香り。若干ラムネ風?

 酸味と苦味が若干太くなり、旨味が若干増加。
 甘味はわずかに減少。
 初日とは若干違う刺激感が出現し、口当たりもしっかりと。
 ジューシーさやフレッシュ感は減りましたが良い味わいです!


2012年02月11日追記――
 アルコールの香りが少々増して、若干スッキリと。

 全体的に刺激感が減少し、若干柔らかさが増加。
 旨味が若干増して、酸味は少し穏やかに。
 うん、やっぱり飲みやすくて良いですね~


2012年02月13日追記――
 エステル香が増加。
 バナナ風の香りも。

 甘味と苦味が若干増加。
 若干苦味が尖ってきました。
 個人的にはまだアリだと思いますが、この感じだと少々好き嫌いがある、かも?


2012年02月14日追記――
 よく熟れたバナナ風の香り。

 アルコールの風味と酸味、渋味が若干増加。
 若干口当たりはスッキリしつつ、全体的に味が増えた印象。
 大まかな印象はそれほど崩れた感じではないのですが、少々粗が目立ってきました。
 ここまでは置かない方が良いですね。
 個人的には開栓後三日以内に飲み切るのがお勧めです。


1820760970_40.jpg
tag : 純米 新政酒造

あかまる大那 辛口 おりがらみ本生

 第541回目。
 「あかまる大那 辛口 おりがらみ本生」――栃木県の酒です。
 等外米を使用した普通酒ですが、蔵元が生産農家から直接買い付けた米で造られているそうです。
 しかし一升瓶だと1,995円なのに、今回のこれ(四合瓶)は1,200円だったんですよね……
 購入時には気づけなかったので、なんとなく何かに負けた気分です。ぐぬぬ。
 しかし特に一升瓶と中身に違いがあるとかは書かれていなかったのですが、実際は何かあるんでしょうか?
 まあそれはともかくとして、今度は他のラインナップにも挑戦してみたいと思います。
 この銘柄自体2年も前に飲んだきりでしたし……ううむ、最近同じようなことばかり言ってる気がするなあ……
 ……では本文をどうぞー

(飲み始め:2012年02月05日)

 スッキリとした香り。
 アルコールに、甘い何らかの香り……わずかに……キノコ?

 お、結構キリッとした感じがありますね!
 若干ペタッと感のある酸味、甘味、旨味がアルコールの風味と共にスルッジワッと口内で広がり、後口には苦味と渋味が若干。
 うん、少々味の多さは感じられますが、なかなかに良い感じですね~

 混ぜて――
 旨味と酸味、渋味が増加し、少々複雑さが増した印象。
 飲み応えアップ!
 若干刺激感も増加?

 おお!
 食べ物と合わせたら酒だけで飲んだ際に感じられた雑多が完全に姿を消しました!
 なるほど……そのままでももちろん悪くないのですが、この酒は食中酒として飲むべきですね。
 本領発揮!といった感じで。
 物によっては甘味がわずかに引っかかりますが、かなり幅広く合わせられます。
 うん、良い……
 グイグイいけます!

データ――
 原材料 米、米麹、醸造アルコール
 原料米 等外米(五百万石、美山錦)
 精米歩合 65%
 アルコール分 16度以上17度未満
 日本酒度 +4
 酸度 1.6
 製造年月 23.11
 菊の里酒造(株)


2012年02月06日追記――
 香りは若干穏やかに。

 アルコールの風味が増加し、辛口な印象が強く。
 結構ピリッとした感じが出てきました。
 渋味と苦味も若干増加。
 舌触りには引っかかる感触が少々。
 雑多な感じが若干強くなってきましたが悪くないですね。
 それに食べ物と合わせるなら全く問題無くなりますし!
 やっぱり合うな~


2012年02月07日追記――
 アルコールの香りが強くなり、若干尖った印象に。

 アルコールの風味と酸味が増加。
 さらに辛口な感じになりました。
 ただ逆にピリッとした雰囲気が増した分、雑味が余り気にならなくなった気がします。
 うん、悪くない……


2012年02月09日追記――
 若干香りは控えめに。

 アルコールの風味と苦味が増加し、結構尖った印象が出現。
 少々バランスが崩れてきました。
 口当たりはピリピリと。


2012年02月11日追記――
 香りはさらに弱く。

 アルコールの風味と旨味、渋味が若干増加。
 口当たりの引っかかる感触やアルコールのピリピリ感は強くなっていますが、意外とバランスはとれているような?
 ただ今日の感じだと若干好き嫌いがありそうな酒質なので、ここまでは置かない方がお勧めです。


1819703881_31.jpg tag : 普通酒 菊の里酒造

村祐 常盤ラベル 亀口取り 無濾過生原酒 (23BY)

 第540回目。
 「村祐 常盤ラベル 亀口取り 無濾過生原酒 (23BY)」――新潟県の酒です。
 ううむ、この酒ももう飲み始めてから四年になるんですねー (以前の感想:20BY21BY22BY)
 ……酒質が結構激しく変わるのも、何だかんだで楽しかったりします(笑)
 で、今回特に印象に残ったのは「苦味の使い方」でした。まさかこの酒の例えにビールを用いることになろうとは……
 まあ細かい感想は本文を読んでいただくとして……とりあえず私は来年の酒質でも妄想しておきます(笑)
 あ、少し前に飲むと言った村祐黒ですが貧乏性発動中につきもう少しお待ちください!……すみません。 (飲みました)
 では本文をば!

(飲み始め:2012年02月02日)

 スッキリ爽やかな香り。
 ラムネにブドウ?

 おお!
 結構甘味はハッキリとしているのに、香りと同様スッキリ爽やかな飲み口です!
 含み香にはブドウと……ホップ?
 これは興味深い……
 上品な甘口白ワインを思わせる印象に加え、含み香や爽やかで綺麗な苦味からほんのりビール風の雰囲気も感じられます。
 軽快でわずかに刺激感を伴う酸味も良い感じですね~
 しっかりとした丸い甘味は土台にありますが、他の味わいが結構立っているため、そこまで甘口!といった感じではありません。
 うん、良い味わいです。

 味の濃い物や甘い物との相性は良し。
 他の物とは甘味が干渉。

データ――
 原材料名 米、米麹
 アルコール分 16度
 製造年月 24.1.月
 村祐酒造(株)


2012年02月03日追記――
 香りは若干丸っこく。
 ブドウ飲料風の香り。

 苦味が増加し、旨味と甘味、渋味が若干増。
 そして酸味の質が若干穏やかに変化。
 初日の感じが甘口白ワイン+ラガービールだとしたら、今日は上面発酵のスウィートビールっぽさが感じられる気もします。
 これも良いですね……

 食べ物と合わせるなら甘味のある物と。
 すき焼きとかも良さそうですね~


2012年02月04日追記――
 若干香りは軽快に。

 旨味と初日とは若干違う感じの酸味が若干増加。
 反対に苦味や刺激感のある酸味は減少。
 うん、だいぶ穏やかな印象になりました。
 苦味が減った分ある意味飲みやすさも若干アップ?
 そして甘味のある食べ物以外の物との相性も若干向上。
 こういう変化もアリだな!


2012年02月06日追記――
 香りは若干減少?

 アルコールの風味と酸味、渋味が若干増加。
 若干アルコールのピリッとした感じが出現。
 雑味は増してきましたが、甘味が結構強いのでそこまでハッキリとは目立たない感じかも。
 うん、悪くない……


2012年02月08日追記――
 旨味や酸味を感じさせる香りが増加し、若干太い印象に。

 アルコールの風味と苦味、酸味、渋味、旨味が増加。
 結構雑多な味わいになりました。
 口当たりはピリピリと。
 ここまでは置かない方が旨いですねー
 開栓後は……二、三日以内に飲み切るのがお勧めでしょうか?


1818974028_59.jpg tag : 純米大吟醸 村祐酒造

松竹梅白壁蔵 平成二十三年全国新酒鑑評会金賞受賞酒 大吟醸

 第539回目。
 「松竹梅白壁蔵 平成二十三年全国新酒鑑評会金賞受賞酒 大吟醸」――兵庫県の酒です。
 毎年恒例――というほどはまだ飲んでいませんが、松竹梅白壁蔵の金賞受賞酒になります。 (過去の感想:平成二十年分二十二年分)
 そして前回も書いていますが、受賞酒なのに720mlで3,150円なのはやはりお得だと思います!
 ……とりあえず私が「受賞」という言葉に弱いだけという説もありますが(笑)
 しかしこうやって毎年飲み続けることで、その年の流行みたいなものが見えたりするかもしれませんし……しばらくこのまま権威や流行り物に弱い自分のままでいたいと思います(笑)
 ただ、今回は前年の物と比べてそこまで大きく変わってはいなかったような?若干濃くなった気もしますが、スペック的にはほとんど差は無いんですよねー
 …………二十四年分も飲みます!
 では本文をば!

――
 華やかで綺麗な香り。ただ余り派手な感じではありません。
 少しだけ酸を感じる青リンゴ。
 良い香りです。

 綺麗ですね~
 滑らかでとろけるかのような口当たりで、柔らかく若干濃いめの甘味が軽快でスッキリ綺麗な酸味と共にフワッと口内を満たします。
 含み香にはイチゴ系の印象も。
 綺麗であっても淡麗という印象ではなく、ある意味で濃さがうかがえるので意外と飲み応えもあります。
 やっぱり旨い!
 スルスルといくらでも飲めそうです。

 味の薄い食べ物には甘味が干渉しますが、甘味のある食べ物との相性は良し!
 甘い物とかなり合うなあ!
 おお、寿司とも結構合いますね。
 良い酒だ……


二日目――
 香りは若干穏やかに。

 うん、綺麗です……
 酸味と刺激感が若干増加。
 そして後口に渋味と苦味がわずかに出現。
 初日よりもスッキリとした部分はあるものの、逆に口当たりなど一部分はしっかりとした印象です。
 華やかさは減りましたが飲みやすくて良いですね~
 そして飲み終わってしまったため、追記はここで終了です。
 ……中途半端で申し訳ありません。

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 原料米 兵庫県産山田錦全量
 精米歩合 35%
 アルコール分 16度以上17度未満
 日本酒度 -1
 酸度 1.1
 アミノ酸度 0.7
 使用酵母 自社保有吟醸酵母
 製造年月 2011.10
 宝酒造(株)白壁蔵


1817931251_208.jpg tag : 大吟醸 宝酒造

豊盃Light

 第538回目。
 「豊盃Light」――青森県の酒です。
 ちょっと飲むのが遅くなってしまいましたが、チャレンジタンクの22BYですよ~ (前々年の物の感想)
 ……まあ実はチャレンジタンクだと知らずに買ったのですけども!
 ……そして知らなかったせいで、お勧めの飲み方が色々とあったのに気づけず。
 ジュース割りはともかくとして熱燗をしなかったのは完全に不覚でした……無念。
 次のチャレンジタンクの酒はきちんと調べた上で飲まねばなりませんね!……まずは忘れないように気をつけます……

――
 このラベルは……ネッシー?
 1802693620_12.jpg

 若干スッキリとした雰囲気のある丸っこい甘い香り。……クラッカー風の雰囲気も若干?

 香りと同様に丸っこい甘味がメインで、丸い旨味と酸味がそれに続きます。
 口当たりはトロリしており滑らか、後口にはわずかに刺激感と渋味。
 低アルコール酒だけあってスッキリとした雰囲気はあるのですが、口当たりは意外としっかりしており、そこそこの飲み応えもあります。
 この感じは前々年飲んだ物に似ている気もしますが、お菓子感覚の前作に比べると若干酒らしさを増やした感じでしょうか?
 うん、なかなかに良いですね~
 クイッと飲めてしまいます。

 お、甘い物と合うなー
 食前酒や食後酒にも良さそうです!


二日目――
 酸味を感じさせる香りが若干増加。

 む、若干口当たりが軽くなり、少々薄くなった感じも……
 旨味とアルコールの風味が若干増え、酸味は減少。
 若干個性は減った感じですが、悪くない感じです。


三日目――
 香りは余り変わらず。

 お、口当たりは軽快なままで薄さが減少?
 若干甘味が増えた感じです。
 コロンと。


六日目――
 香りは若干穏やかに。

 旨味と甘味が若干増加。
 他の味も全体的にわずかに増えた感じですが、大まかな味わいの印象はそれほど変わっていません。
 結構強い酒質で良いですね~
 ……量が多くない(500ml)のでここまで残す方もほとんどいらっしゃらないと思いますけども(笑)

データ――
 原材料名 米、米麹
 アルコール分 10度以上11度未満
 製造年月 23.7
 三浦酒造(株)


1802693620_31.jpg tag : 区分不明 三浦酒造

松の寿 純米吟醸 無濾過生原酒 搾りたて 五百万石 (23BY)

 第537回目。
 「松の寿 純米吟醸 無濾過生原酒 搾りたて 五百万石 (23BY)」――栃木県の酒です。
 結構お気に入りの銘柄なのですが、ここに感想を書くのは久々ですねー
 先日低精白の純米酒も購入したので、そちらの感想も近々……いや、大量に買ってしまった生酒の後になってしまうかもしれません(笑)……つくづくすみません。……そして、にも関わらず年末年始で増えた酒量が全く減りません。

(飲み始め:2012年01月26日)

 しっとり穏やかな、軽快さもある甘い香り。
 砂糖菓子に……若干クリーム?

 口に含んだ瞬間には穏やかな印象がありつつも、すぐにそこからフレッシュさとジューシーさを兼ね備えた旨味と酸味が、穏やかさながら腰の強い甘味と共にジワッと口内で広がります。
 そしてそれらが捌けた後には若干の苦味と共に軽快な余韻がコロンと。
 うん、良いですね……最初はちょっと濃いかなと思わせておいて、そのままスルッと飲めてしまいます。

 食べ物と合わせるなら甘味のある物と。
 他の物には甘味が干渉。
 お、煮物と結構合うかも!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 五百万石100%
 精米歩合 55%
 アルコール分 17度以上18度未満
 日本酒度 +4
 酸度 1.7
 使用酵母 K901+K1801
 製造年月 2011.12
 (株)松井酒造店


2012年01月27日追記――
 香りは若干落ち着いた感じに。

 甘味が若干増加し、全体的に穏やかな飲み口になりました。
 刺激感が減ったのもあって、旨味と酸味の質が若干変わった感じもあります。
 じんわり広がるイメージです。
 うん、飲みやすい……


2012年01月28日追記――
 香りは若干スッキリと。

 旨味とアルコールの風味が若干増加。
 若干味が増えた印象で、さらに落ち着いた飲み口に。
 まったりと。


2012年01月30日追記――
 若干香りは控えめに。

 アルコールの風味と苦味が増加。
 口当たりは若干ピリピリと。
 結構クセが増してきました。


2012年02月01日追記――
 エステル香とアルコールの香りが若干尖った感じに。

 旨味と苦味、渋味が増加。
 舌触りには引っかかる感じも。
 ううむ、だいぶクセが増えてしまいました。
 少々飲みづらい印象も。
 開栓後はスパッと飲みきりましょう!
 個人的には二、三日以内に飲むのがお勧めですね~


1817074436_207.jpg tag : 純米吟醸 松井酒造店
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
01 ≪│2012/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。