スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八海山 貴醸酒 2012

 第667回目。
 「八海山 貴醸酒 2012」――新潟県の酒です。
 東京駅の地下で見かけて即購入しました……まさか八海山に貴醸酒があったとは!
 そして今調べたのですが、通常の貴醸酒がある程度熟成させてから出荷されるところを、この酒はフレッシュな状態のままで出荷されるそうです。なるほどそういう差別化もアリなのか……
 自家熟成してから飲んでも問題なさそうなので、一度試してみても良いかも知れませんねー
 ……しかし、このブログでの八海山は四年前に生原酒を扱ったきりなんですよね。しかも今回もまた特殊な感じ、と。
 居酒屋などではよく見かけるので時々飲んでいるのですが……
 うん、四年前に書いたことを今年こそは実行――出来たら良いなぁ。
 ……とりあえずスタンダードな所を何かしら飲みますよ!ええ、きっと!

(飲み始め:2013年02月17日)

 しっとりとした濃く甘い香り。
 蜜を思わせる香りもほんのりと。

 貴醸酒らしくはっきりとした、それこそ蜜のような甘味が、舌と口内全部をトロリと撫でていきます。
 甘味を追うのはポテッとした旨味に、結構はっきりとしたアルコールの風味。
 甘味は強いながらも、アルコールの風味がキリッと自己主張しており、さらにベタベタした感じも余りないため、それほど重たさは感じません。
 個性に大きな差が出にくい貴醸酒として見ると、この酒もその大枠からは外れてはいませんが、きっちり丁寧に造られている感じが伝わってくる、気がします。
 あとは何よりもお手軽なのが良いですねー
 300mlとは言え840円なのでサクッと買えます!
 食前酒にも良いかも。

データ――
 原材料 米、米麹、清酒
 アルコール度 16.5%
 仕込み年度 2012年
 製造年月日 13.01.31
 八海醸造(株)


2013年02月18日追記――
 若干香りは大人しく。

 お、飲み口が軽快に!
 甘味がわずかに弱くなり、酸味とアルコールの風味が若干増加。
 ……む、飲んでいる内に甘味がはっきりとしてきますね。
 ただやはり初日よりも軽快です。
 うん、良い感じですね~

 甘い物と合う!


2013年02月19日追記――
 香りは余り変わらず。

 アルコールの風味が増加。
 はっきりとした甘味とキリッとしたアルコール感が同居。
 口当たりは少々ピリリと。
 少しだけ飲み口が尖ってきました。


2013年02月21日追記――
 若干香りにペタッと感?
 旨味を感じさせる香りも若干増。

 旨味と酸味、ピリピリとした刺激感が若干増加。
 飲み口はしっとり、そして若干重量感が出現。
 ただメインの甘味が強いので、気にしなければそれほど問題じゃない、かも?


2013年02月23日追記――
 お、香りは落ち着いて若干控えめになった気がします。

 アルコールの風味と刺激感、苦味が若干増加。
 濃く太い甘味にそれらが絡む感じです。
 前回と同様、甘味の強さ故に、気にしなければそれほど気になりませんが、やはり少々雑味が増えて綺麗さは減ってきました。


1893060109_57.jpg
スポンサーサイト
tag : 八海醸造 その他

梅乃宿 純米吟醸酒 アンフィルタード・サケ(無濾過袋しぼり生) 2013

 第666回目。
 「梅乃宿 純米吟醸酒 アンフィルタード・サケ(無濾過袋しぼり生) 2013」――奈良県の酒です。
 直訳な感じの横文字名前が結構前から何となく(?)気になっておりました!
 そして飲んでみて思ったのは、やはり直感は大切ということですねー
 ……では本文をば!

(飲み始め:2013年02月15日)

 落ち着いた香り。
 ほんのり米にアルコール。
 ……後は、何だろう?
 わずかにラムネ?

 含み香には若干ブドウ?
 穏やか、そしてジューシー!
 軽快さのあるたっぷりの酸味が、穏やかな旨味と軽めの甘味、そして若干の渋味と共にジュワーッと口内の隅々までを満たします。
 結構複雑な味わいですが、バランスが良いのでかなり飲みやすいですね!
 ピリリとした刺激感も良いアクセント。

 お、飲んでいる内に甘味が若干しっかりと。
 これもまた良いバランスです。

 食べ物と合わせるなら、甘味のある物か味の濃い物と。
 味の薄い物には甘味が干渉。
 煮物とも結構合いますねー

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 50%
 アルコール分 17度以上18度未満
 製造年月 13.1.
 梅乃宿酒造(株)


2013年02月16日追記――
 穏やかでフレッシュさのある香り。

 酸味が若干増えつつ、しっとりと、そして部分的に柔らかく。
 甘味と渋味も若干増加。
 刺激感は減っていますが、ジューシーさはキープ。
 さらに複雑な味わいになった感じですね~
 ただそれが良い!
 私はこの味わい好きです!

 食べ物との相性も若干良くなった印象。
 合う物の幅が広がりました。


2013年02月17日追記――
 香りはしっとり、若干控えめになった印象。

 甘味が若干増え、酸味は少しだけ軽快に。
 わずかに飲みやすさアップ?


2013年02月19日追記――
 旨味を感じさせる香りが若干増加。

 甘味がさらに若干増加。
 渋味も若干増。
 全体的にじわじわと味が増えてきた印象ですが、バランスに崩れた感じはありません。
 やはり元から複雑な味わい故か強い酒質です。


2013年02月21日追記――
 しっとりとしたアルコールの香り。

 む、アルコールの風味が増え、飲み口もしっとりとしてきました。
 渋味や辛味?も含め全体的に味が増加。
 少々バランスは尖った印象。
 ちょっとだけ粗が出てきたかも。
 個人的にはまだまだアリですが、もう少し早く飲んだ方がより旨いですねー


1892796503_194.jpg tag : 純米吟醸 梅乃宿酒造

NEXT5"ECHO 2012" 純米吟醸

 第665回目。
 「NEXT5"ECHO 2012" 純米吟醸」――秋田県の酒です。
 当ブログでは三種類目のNEXT5ブランドになります。
 そして前回と同様モタモタとしていたらほぼ売り切れ状態になってしまい、再びセットで購入するというこの体たらく……
 ……次こそは見かけたら即買います!…………買えたら良いなぁ。

 今回の感想はタイミングの関係でいつもより一日短くなっております。ご理解の程を。
 と言うわけで(?)、本文をどうぞ!

(飲み始め:2013年02月14日)

 お、若干派手さのある香りですね。
 この香りは……ほんのりモモやメロン?
 アルコールの香りも若干。

 んー、ジューシー!
 コロンと滑らかな口当たりから、みずみずしい酸味と甘味がジュワッと染み渡ります。
 そして何口か飲んでいる内に、しっとりとした旨味と酸味がジンワリと広がるように。
 ピリッとした刺激感も少々出現し、辛口な雰囲気も若干。
 華やかさと穏やかさのバランスが良いですね……旨い。

 食べ物とは甘味や刺激感が干渉。
 合わせるなら味の濃い物や、甘い物と?
 ただ単独で飲んだ方が旨いです。

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 美山錦100%
 精米歩合 55%
 アルコール分 16度
 使用酵母 亀山酵母(蔵付分離酵母)
 製造年月 2012年12月
 醸造元 春霞(名)栗林酒造店


2013年02月15日追記――
 香りは若干しっとり落ち着いた感じに。
 アルコールの香りがわずかに増加。

 うん、微炭酸の刺激感が良い感じです。
 増えたのは旨味と酸味が若干。
 みずみずしさは初日の方が上でしたが、口内でこうジュワッと弾ける感じが良いですね~
 グイグイイケます!


2013年02月16日追記――
 前回の変化がそのまま若干進んだ感じの香り?

 旨味とアルコールの風味が若干増え、刺激感やみずみずしさは若干減。
 少々濃くしっとりとした飲み口に変わってきました。
 これはこれでなかなか。


2013年02月18日追記――
 落ち着いたアルコールの香りに甘い香り。
 若干香りは控えめに。

 む、前回とは別種のピリピリとした刺激感が出現。
 そしてアルコールの風味が増え、若干飲み口もキリッとした印象。
 少々渋味などの雑味が増えてきました。


2013年02月19日追記――
 香りはよりしっとりと。

 アルコールの風味と旨味、渋味が若干増加。
 口当たりは若干ピリピリと。
 後口に若干エグみが出てきました。
 含み香にはわずかに酸化した感じも?
 それほど崩れた!って感じではありませんが、早く飲んだ方が旨いです。
 開栓の翌日ぐらいには飲みきってしまうのがお勧め、かも。


1892683877_9.jpg 1892683877_44.jpg tag : 純米吟醸 NEXT5

大那 特別純米 仕込み壱号初しぼり 無濾過生

 第664回目。
 「大那 特別純米 仕込み壱号初しぼり 無濾過生」――栃木県の酒です。
 究極の食中酒を目指す大那の、今酒造年度最初の一本になります。
 ……ただもうとっくに次の酒も発売されているので、季節物としてまたズレた感じになってしまい、申し訳ありません。
 しかし製造から多少時間が経っているとは言え、やはりこういう初物からは通常品と少々毛色の違う印象を受けますね。
 この酒もまだそこまで食中酒になりきれていない、と言うか……
 ……まあそういう面も楽しんでこそが、正しい(?)マニアの姿だと思いますが!(笑)
 今度は久々に火入れの物も飲んでキチンと感想を書きたいですね。
 では本文をどうぞ!

(飲み始め:2013年02月07日)

 スッキリ涼しげな香り。
 穏やかな甘い香り。
 ……わずかにサイダー風の香りも?

 穏やかで飲みやすい!
 口当たりはトロリ、そこからほんのり刺激感が広がり、後口には若干舌に絡む渋味が少々。
 あー、優しい酸味と旨味の混じりあう感じが良いですねー
 そしてふんわりと続く軽めの甘味。
 若干の刺激感や渋味も良いアクセント。
 スイスイ幾らでも飲めそうです。

 食べ物との相性もなかなかに良し。
 ただ味の薄い物やシンプルな物には若干甘味が干渉するので、合わせるなら濃い物と。

データ――
 原材料名 米、米麹
 使用米 五百万石(栃木県産)100%使用
 精米歩合 55%
 アルコール分 17度以上18度未満
 製造年月 24.11.
 菊の里酒造(株)


2013年02月08日追記――
 甘い香りが強く。
 若干砂糖菓子風の香り。

 口当たりが若干しっかりと、そして刺激感も若干増。
 酸味と渋味が若干強く。
 バランスが変わったためか、結構印象が変わった気がします。
 飲みやすさは初日の方が上でしたが、悪くないです。


2013年02月09日追記――
 アルコールの香りがわずかに増加。

 旨味が若干増加。
 うん、昨日はバランスが若干尖った感じもありましたが、初日の印象に結構近づいた気がします。
 飲みやすさもアップ!
 ……ううむ、これだけ激しく変わると、自分の昨日の体調が疑わしくなってきますね……


2013年02月11日追記――
 しっとりとした酒の香り。

 アルコールの風味が増加し、結構キリッとした雰囲気が出てきました。
 雑多さも少々。


2013年02月13日追記――
 香りは若干控えめに。

 酸味、アルコールの風味、苦味が増加。
 若干酸っぱ辛い印象も。
 結構尖ったバランスになってきました。
 開栓後は……三日以内……いや、ただ二日目の変化が何とも……
 ううむ、初日の感じが気に入ったのであれば初日に飲みきってしまっても良いかもしれません。


1891862838_206.jpg tag : 特別純米 菊の里酒造

國香 雅の粋 特別純米酒中汲み 無濾過生原

 第663回目。
 「國香 雅の粋 特別純米酒中汲み 無濾過生原」――静岡県の酒です。
 ……おりがらみと中汲み(中取り)って、微妙に個性が打ち消し合う気もするんですが、どうなんでしょう?
 いや、それとは関係なしに良い酒ではあるのですが……
 次はもっとスタンダードな感じの商品に挑戦してみたいと思います!

(飲み始め:2013年02月03日)

 若干キリッとした感じのある甘い香り。
 アルコールに……メロンミルク?

 ほのかな炭酸がほんのりと爽やかさを演出。
 香りに対して甘味は控えめで、柔らかい旨味と共に、口に含んだ瞬間から飲み込むまで、口の真ん中にポンと留まります。
 そしてその旨味に絡む形で、炭酸の酸味とそれとは別種の穏やかな酸味が、おり由来の若干の渋味や苦味を引き連れて口内を満たします。
 うん、フレッシュさもあって良い飲み口です。
 おりの複雑な味わいとメロン系の含み香が混ざりあって、なかなかに面白い感じですね~

 食べ物と合わせるなら味の濃い物やこってりとした物と?
 他の物には甘味などが干渉。

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 山田錦20%、五百万石80%
 精米歩合 60%
 アルコール分 17度以上18度未満
 日本酒度 +7
 酸度 1.5
 アミノ酸 1.3
 使用酵母 静岡吟醸HD-1
 製造年月 2012.12
 國香酒造(株)


2013年02月04日追記――
 エステル香が増え、若干セメダイン寄りの香りに。

 炭酸は減ったものの、酸味は若干増加。
 旨味は若干腰が強くなり、全体的に味わいがしっかりとしてきました。


2013年02月05日追記――
 む、若干メロン寄りの香りになったような?

 旨味が増加し、若干ズシッとした感じが出現。
 渋味も若干増。
 全体的に味が増え、雑多さが出てきました。


2013年02月07日追記――
 アルコールの香りが増加。
 完熟メロンを使ったリキュール風の香り?

 酸味、アルコールの風味、苦味が増加。
 前回より若干軽くなったかも。
 旨味に絡む酸味と渋味。
 キリッとした感じも若干強く。
 結構味が増えてきていますが、個人的には嫌いじゃないですねー


2013年02月09日追記――
 アルコールの香りが増え、他の香りは若干減。

 結構強くなった旨味に絡む、酸味、アルコールの風味と刺激感、渋味に苦味。
 かなり味が増えてきました……少々飲みづらさも。
 開栓後は早めに飲んだ方が良いですね。個人的には……二日以内に飲みきるのがお勧め、かな?


1891375248_77.jpg tag : 特別純米 國香酒造

辻善兵衛 純米大吟醸

 第662回目。
 「辻善兵衛 純米大吟醸 第八十二回関東信越国税局酒類鑑評会純米酒の部優秀賞受賞酒」――栃木県の酒です。
 瓶の色は違いますが値段も720mlで1,900円と同じですし、かなり前に飲んだ物と同じ酒だと思われます。……多分。
 しかし、受賞酒って言葉は良いですね……こう、なんと言うか、トキメキますよね!(?)
 ……と、相変わらずの権威への弱さを示しつつ(笑)、本文をどうぞ!

(飲み始め:2013年02月01日)

 穏やかな香り。
 米に若干ヨーグルト。

 んー、柔らかい!
 口に含んだ瞬間の結構スッキリとした感じから、スルリと涼しげな酸味や甘味、旨味がわずかに刺激感を伴いつつジワリと口内を満たし、続いて先ほどの旨味と甘味が優しい余韻をもたらします。
 後口のわずかな苦味も良いアクセント。
 うん、旨い……
 口当たりにしっかりとした感じはありつつも、スイスイと幾らでも飲めそうです。

 食べ物との相性も結構良し。
 味の薄い物には若干甘味がぶつかりますが、不思議と合わせられる感じです。

 燗――
 刺激感が結構強く。
 立ち上がった甘味がなかなかに良い感じですが、無理に温めなくても良いかも。
 ラベルにも「冷や又は常温でお召し上がりください」と書いてありますし。

データ――
 原材料 米、米麹
 原料米 山田錦
 精米歩合 50%
 アルコール度数 17%
 日本酒度 +2
 酸度 1.5
 使用酵母 熊本9号
 製造年月 23.11
 (株)辻善兵衛商店


2013年02月02日追記――
 若干香りが太く。

 アルコールの風味と刺激感が若干増加。
 ただ柔らかく軽快な飲み口は変わらず。
 スルスルイケますね~
 やはり旨いです。


2013年02月03日追記――
 アルコールの香りがわずかに増加。

 甘味が増え、しっとり落ち着いた、若干濃い飲み口に。
 ピリッとした刺激感も若干増。
 少々雰囲気は変わりましたが、これもまた良し!


2013年02月05日追記――
 酸味を感じさせる香りが増加。
 若干甘酸っぱい香りに。

 酸味が増加し、前回増えた甘味との兼ね合いでほんのりヨーグルト風の雰囲気も。
 だいぶ印象が変わってきました。


2013年02月07日追記――
 香りは若干大人しめに。

 旨味とアルコールの風味、渋味が若干増加。
 ……増えた旨味の効果で塩味っぽさも出現?
 ううむ、若干もったり感が出てきたかも。
 ただ飲んでいる内に余り気にならなくなってきました!
 ……まあ早めに飲んだ方が旨いので、開栓後は三、四日以内にスパッと飲みきるのがお勧めです。


1891143680_189.jpg tag : 純米大吟醸 辻善兵衛商店

國権 一号しぼり 純米生原酒

 第661回目。
 「國権 一号しぼり 純米生原酒」――福島県の酒です。
 今期は色々と一号しぼりの酒を見かけるような気がしていたのですが、どうやら「仕込み一号の酒を直筆ラベルの瓶に詰める」という企画があったみたいです。
 今回の國権を含め、以前飲んだ田酒南部美人、そして手取川の四種類で、検索すると四本セットで販売している酒店がちらほらと……ううむ、これは手取川の一号しぼりも買って飲まなければ。
 ……と、他の酒の話はここまでにしまして。
 昨年は飲むと言いつつ余り國権を飲めなかったので……実は居酒屋では数回飲んでいるのですが、今年こそはもっと飲んで感想も書きたいですね!
 では本文をば!

(飲み始め:2013年01月31日)

 しっとりとした、若干ズシッとした香り。
 アルコールの香りに、濃厚さのある甘い香り。

 お、飲み応えはありつつも結構飲みやすい感じですね!
 香りの印象から若干重たい感じがあるのかと思いましたが、全く問題ありませんでした!
 柔らかい旨味と、若干キリッとした酸味にアルコールの風味が、同時に口内で弾けます。
 続くのは若干渋味。
 グイッと煽ってホッと一息。うん、良い……

 食べ物とはアルコールの風味や甘味が干渉。
 単独で飲んだ方が旨いです。

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 60%
 アルコール分 17度
 製造年月 24.12
 検定日 平成24年12月1日
 國権酒造(株)


2013年02月01日追記――
 アルコールの香りが若干増え、香りは少しだけキリッとした感じに。

 柔らかさのあるアルコールの風味と酸味が若干増。
 飲み口の力強さが増え、香りと同様にキリッとした感じが若干強く。
 あー、酒飲んでる!って感じで良いですね~

 燗――
 若干アルコール感は増しますが、飲み応えがあってなかなかに良い感じです。
 温めるかはお好みで。


2013年02月02日追記――
 ……若干キャラメル風の香りも?

 甘味がわずかに増加。
 キリッとした感じやアルコールの力強さと、穏やかな旨味に甘味が上手く混ざりあっている印象です。


2013年02月04日追記――
 エステル香が若干増加。

 やはりキリッとした感じはありますが、若干穏やかさは増した印象。
 ただしっとりとしたアルコール感と刺激感も強くなってきたので、バランス自体は少々尖ってきました。


2013年02月06日追記――
 しっとりとした香り。
 アルコールの香りとほんのり甘い砂糖菓子風の香り。

 アルコールの風味と刺激感がさらに増加し、酸味も若干増。
 少々ズシッとした飲み口に。
 む、増えた旨味で若干塩味のようにも?
 結構尖った感じはありますが、個人的には嫌いじゃないです。
 ただ無理にここまで置く必要はないかも。
 開栓後は二、三日以内に飲みきるのがお勧め、かな?


1891028715_154.jpg tag : 純米 國権酒造

夜明け前 辰の吟 特別本醸造

 第660回目。
 「夜明け前 辰の吟 特別本醸造」――長野県の酒です。
 試飲販売で色々と飲み比べて購入しました。
 一番飲みやすく感じた今回の物と、生一本生酒の二本です。そちらの感想も近々。
 しかし名前が良いですよね。島崎藤村……いや、実は私も言うほど読んでいないのですが(!?)
 ……では本文をどうぞ!

(飲み始め:2013年01月27日)

 穏やかな酒の香り。
 若干控えめの甘い香り。

 おお、スッキリ!
 淡麗中辛口な味わい?
 軽快な口当たりから、柔らかい旨味と酸味が、やはり軽快なアルコールの風味とわずかな渋味と共に、舌の上からジワリと広がります。
 飲みやすいですね~
 軽めのキリッとした感じも良いアクセント。
 際立った個性はありませんが、スイスイ飲めます!

 食べ物との相性も良し!
 何にでも合わせられそうです。
 こうスッと食べ物を持ち上げる感じが良いですねー
 食が進みます……

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 原料米 山田錦100%使用
 精米歩合 60%
 アルコール分 15度以上16度未満
 製造年月 24.10.
 (株)小野酒造店


2013年01月28日追記――
 香りは若干軽快に。

 初日よりも若干口当たりが強くなり、辛口感も若干増。
 結構辛口寄りになりました。
 酸味やアルコールの風味がピシッと。
 初日と少し雰囲気が変わりましたが、まだまだ良い感じです。


2013年01月29日追記――
 香りは若干しっかりとした、ような?

 アルコールの風味と苦味が若干増え、辛口感がさらに進んだ印象。
 ピリピリとした舌触りも強く。


2013年01月31日追記――
 涼しげなアルコールの香り。

 む、前回の変化がそのまま若干進み、よりピリピリ、キリッとした飲み口に。
 結構尖った感じが出てきました。


2013年02月02日追記――
 アルコールの香りが結構強くなり、少々尖った感じに。

 香りと同様アルコールの風味が強く。
 バランスが少々崩れてきました。
 開栓後は……二日以内に飲みきるのがお勧め、かも。
 ただ初日の感じがお好きでしたら初日に飲みきってしまった方がいいかもしれません。


1890583868_242.jpg tag : 特別本醸造 小野酒造店

The 手取川 大吟醸酒 改

 第659回目。
 「The 手取川 大吟醸酒 改」――石川県の酒です。
 何とも日本酒らしくないど派手な(?)ラベルに惹かれて購入しました。
 1890199964_24.jpg
 ……しかしその中身は、外見からは想像出来ない綺麗な大吟醸!(注:外見云々はあくまで個人の感想です)
 ジャケ買い大正解!(笑) 値段も720mlで1,350円とお手頃なのが良い……
 さらに米や水も地元産で揃えているとのことですので、地域密着型の地酒にこだわる方にもお勧めです。
 今度は他の酒も飲んでみようと思います。

 では本文をば!

(飲み始め:2013年01月24日)

 しっとりとした穏やかな香り。
 ほのかにイチゴ系の香りも。

 滑らかな舌触りとわずかに刺激感のある口当たりが同居。
 香りと同様、しっとり穏やかな飲み口です。
 含み香には米とわずかにイチゴ。
 あー、優しい飲み口ですねー
 軽快で柔らかい旨味と控えめの甘味に、やはり軽快な酸味と若干の刺激感がクイッと。
 飲みやすいのでスルスルイケます!

 おお、食べ物とも合いますね!
 味の濃い物から薄い物まで何にでも合わせられます。
 ただ酒単独でも十分旨いので、合わせるか合わせないかはお好みで?

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 使用米 麹米:山島産石川門、掛米:山島産五百万石
 精米歩合 50%
 アルコール分 15度
 製造年月 2012.10
 出荷年月 2012.10
 (株)吉田酒造店


2013年01月25日追記――
 穏やかな甘い香り。
 ごくわずかに何らかの蜜風の香りも?

 旨味と酸味が若干増え、口当たりが少しだけ強く。
 渋味もわずかに増加。
 綺麗さは若干減。
 ただやはり飲みやすくて良い感じです。


2013年01月26日追記――
 む、この香りは……何らかのフルーツヨーグルト風?

 旨味とアルコールの風味が若干増加。
 口当たりの強さや舌触りの刺激感も若干増。
 ただまだまだ飲みやすいです!
 スイスイイケますね~


2013年01月28日追記――
 旨味や酸味を感じさせる香りが若干増加。

 アルコールの風味が増え、わずかに辛口感が出現。
 後口の渋味や苦味も若干増。
 少々バランスが尖ってきました。


2013年01月30日追記――
 香りは若干落ち着いた印象に。

 前回の変化がそのまま進んだ感じですねー
 個人的にはまだまだ嫌いじゃないですが、早く飲んだ方が綺麗で旨いです。
 開栓後は二、三日以内に飲みきりましょう!


1890199964_135.jpg
tag : 大吟醸 吉田酒造店
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
01 ≪│2013/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。