スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

須々許里(すすこり) 純米古酒 隧道熟成

 第126回目。
 一年を通じて16℃に保たれた環境に五年以上置かれたという古酒です!
 日本酒の一番の弱点は紫外線と温度変化なので、実は生酒以外ならそれほど冷蔵庫にこだわる必要は無いんですよね。……まあ温度に気を遣わない店だと、必然的に日中は暖房、夜間は低温状態で放置という環境になので(夏は逆になります……そして夏の方が危険です)、もちろん冷蔵庫に入っている物を選ぶのが一番安全なのですが。
 (追記:やはり酒造会社が冷蔵管理を推奨している酒に関しては冷蔵してある物を選ぶべきですね……申し訳ありません。)
 で、私は今まで一度か二度ぐらいしか古酒を飲んだ事が無く、どうしてもクセの強い印象があったのですが、この酒に関しては非常に飲みやすく思えました。
 それに古酒云々を抜きにしても食中酒としての実力は十分なので、食べ物と合う酒をお探しの方なら一度試してみても良いと思います。まったりと飲めますよ~
 ……結局地元の某酒店の冷蔵庫内で更に数年熟成されていた点については、今回飲んだだけでは分かりませんでした。すみません。

(飲み始め:2009年02月03日)

 本日は福岡県の酒です。
 「須々許里(すすこり) 純米古酒 隧道熟成」
 名前の通り(廃線になった鉄道の)トンネルで熟成された物です。
 たまたま行った酒店にて発見いたしました。
 酒店で長期間保存されていたため、実質10年以上の古酒となっております。

 さて――
 年月を感じさせる熟成感の強い香り。
 ただ、酒の色合いは10年以上前に作られたとは思えない色合いです。
 あえて言うなら……茶味がかった薄い黄色、かな?結構薄い色です。

 濃厚な味わい。しっかりとした旨味と酸味がジワーっと広がります。
 ……もっとクセがあるかと思っていましたが、結構飲みやすいですね。
 含み香は醤油やカラメルを思わせる濃厚な香り。……この香りは苦手な人は苦手かも。
 ただ飲んでいる内に、香りは余り気にならなくなってきます。
 うん、なかなかに旨い。

 ぬる燗――
 香りが強調されますが甘味が立って面白いです。
 熱燗――
 少々アルコールを強く感じます。そして酸味が少々増加。
 まったりとして良い感じです!……む、温めた方がクセが若干少ない?
 これもなかなかに面白い感じですね。
 ……逆に燗冷ましは、クセが強調されるので、一度温めたら冷まさない方が良いかもしれません。

 食べ物との相性は抜群!
 ラベルに書かれている通り、何にでも合わせられます。
 単独で飲むより旨いかも。
 うーん、旨い!

データ――
 5年熟成特別純米酒
 平成9酒造年度隧道入れ
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 60%
 アルコール分 15度以上16度未満
 製造年月 05.11.
 (株)杜の蔵


2009年02月05日追記――
 香りは変わらず。

 ズシッとくる酸味と旨味、独特の香り。
 しかしこれらは飲んでいる内に次第に柔らかく感じるようになります。
 後口には渋味と、じんわり染み入る味わい……所謂滋味?
 じっくりと楽しめる味わいです。まったり。
 そして開栓直後と印象もほとんど変わっていません。
 さすがに古酒なので(?)強いですね~

 500mlと少なめなので飲み終わってしまいました……
 他にも色々と古酒に挑戦してみようと思います!


1070950873_25.jpg 1070950873_180.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米 杜の蔵

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。