スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍神丸 大吟醸生原酒

 第165回目。
 龍神丸第4弾!……今回でようやく『2008年産』の龍神丸は終了です。
 (第1弾:吟醸、第2弾:純米、第3弾:純米吟醸)
 ……さすがに大事にし過ぎました(笑)
 2009年産の新酒が5月に出るらしいのである意味ギリギリセーフ?……いやどうだろう?

 そして本文中にも書きましたが、この酒は初日で飲みきりましょう。
 初日の旨さは抜群ですよ!……追記が少なくて申し訳ありません。

 ――
 で、今回の感想ですが、途中で話が凄まじく脱線します。
 なので途中の(~中略~)の部分を写真の下に移動させてみました。
 個人的な意見を色々と述べているだけなのでお時間に余裕のある方だけどうぞ。
 ……かなり暑苦しい文章になっております(笑)

(飲み始め:2009年04月13日)

 もやしもんの2巻に登場した和歌山県の酒です。
 「龍神丸 大吟醸生原酒」
 冷蔵庫のパーシャルルームに大事に保存していたのですが、さすがに新酒が出る前には飲まねばなるまい!と思いまして……ちなみに製造年月は去年(2008年)の4月となっております。

 さて――
 柔らかいクリーム系の甘い香り。
 香りの系統はこの会社の酒らしい感じですね。

 わ、綺麗だこれ……
 スッキリかつ滑らかな口当たり。
 フワリと柔らかい甘味が口内で広がった後を、軽めの酸味と米の旨味がスルリと追いかけ、涼しげな余韻を残してスーッと消えていく――
 ああ……これは旨いな……
 めちゃくちゃ飲みやすいです!確かにこれなら日本酒が苦手な方でも飲めるでしょう。
 むむ、何と言うか…………言葉は無力、です。

 かなりの旨さでした。確実に値段に比例して味や質が上がってますねー
 ……で、漫画で有名になった酒なので、日本酒初心者の方が飲まれる場合も多いと思うのですが、そう言った方にはこの酒の他にも色々な酒を飲んで貰いたい、そう思います。


 (~中略~) 略した部分は写真の下にあります。


 ……話が長くなってきたので、結論を言いますと。
 多彩な魅力を持った日本酒。一つの銘柄だけではなく、他の物も飲んでみないと勿体ないですよ!と言うことで(笑)

 しかし、今年の物も飲んでみたいですが、全く買える気がしないんですよねー……店頭予約を優先している店が多いのもありまして。
 まあ地元を大切にするのは間違いじゃないので、私が文句を言う筋合いはありませんが。
 地盤固めは重要だと思います、うん。
 とりあえず申し込めるだけ抽選に申し込むしかありませんね!

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 原料米 山田錦
 精米歩合 40%
 アルコール分 18度
 日本酒度 +4
 酸度 1.1
 使用酵母 和歌山酵母
 製造年月 2008.4.
 高垣酒造(株)


2009年04月14日追記――
 アルコールの香りが若干強く。

 柔らかい口当たり。
 初日と比べるとアルコールの味わいが増し、後口には若干の渋味にエグみも。
 加えて全体的に味が濃くなっています。
 まだまだ滑らかな舌触りと綺麗な味わいは残っているものの、初日の素晴らしさはやはり形を潜めてしまいました。
 ……つくづく初日に飲みきるべき酒だと思います。

 で、前回(純米吟醸)の反省からこれ以上置いていても崩れていくだけと想像されるので、ここで追記を終えることにしました。
 ……初日に大量に飲んで無くなっただけとも言えますが(笑)

 今年も買えたら良いなぁ……


1137466138_48.jpg


 (中略部分~)
 日本酒好きな人間の共通点は『日本酒が好き』と言う一点のみで、その主義主張はまさに「千差万別」です。
 故・上原浩さんは「しっかりとした純米酒」を「燗にして飲む」ことが「日本酒の未来を拓く」とその著書の中で述べました。その「酒は純米、燗ならなお良し。」という言葉は純米酒愛好家の中で非常に大きな道標となっています。
 確かに私も燗酒は大好きです。しかし世の中には、(私の母親のように)燗酒が苦手でほとんど飲めない人間が存在することも、忘れてはいけないと思うのです。
 では、「日本酒の未来を拓く」ものは何か――
 これはあくまで個人的な意見ですが、
 「様々な人々の様々な嗜好に対応出来る、その味わいの多彩さ」
 だと私は思っています。
 冷やして旨い酒、常温で旨い酒、温めて旨い酒――それこそ日本酒の味わいは、日本酒好きの意見と同様に「千差万別」です。
 その多彩さの中からならば、一つの酒を苦手と思った方でも、きっと自分に合った酒が見つかると思うのです。

 ……話が脱線しました、すみません。
 で、一応以上の話を踏まえた上で話を元に戻しますと、この「龍神丸大吟醸」はかなり独特な味わいを持った酒です。
 恐らく飲んだ方のほとんどが「旨い」と感じるとは思いますが、それでも多彩な味わいを持った日本酒の一つの方向性でしかありません。
 それこそ他の日本酒の中から、龍神丸よりも好みの酒が見つかる可能性だってあります。
 ……しかし、もやしもんでも書かれていた通り、旨い酒とはなかなか出会えません。有名銘柄はプレミア価格が付いていたりする場合もありますし、何の知識も無ければなおさらです。
 そしてスーパーなどで売っている酒を適当に買ってきて痛い目を見たり……保存状態の問題などがありますので、分かった上で買わないと危険なんですよね……
 と言うわけで、私の経験から述べさせていただきますと、やはり複数の酒販店(ネット含む)で店の方のお勧め銘柄を購入するのが良いと思います。
 ただ酒販店の方も人間ですので、個人的な嗜好をお持ちです。それがバッチリと自分に合えば良いのですが、もちろん合わない場合もあります。そこで様々な意見を聞きながら自分の好みを探っていくのが一番手っ取り早いかと。酒の専門家の意見は非常に参考になると思いますので。
 またネット上で評価の高い酒の、購入しやすい物を選んで買うと言うのもアリだと思います。ただし、そう言った情報も鵜呑みにするのではなく、あくまで参考程度に留めるのが良いでしょう。……特にこのブログなんて主観の固まりですからねー
 (~ここまで)

 ……暑苦しい文章だなぁ(笑)
 何かご意見等ありましたら遠慮無くお書きください。……ただ喧嘩腰はご勘弁を。

 もしよろしければ↓クリックにご協力を!

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 大吟醸 高垣酒造

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは、スマイルエンジニアです^^
このお酒、見た感じすっごいそそられます!
居酒屋で置いてあったら注文しちゃいますね☆
飲んでみたいです。
それではまた来ます♪
応援クリック^^-☆ポチ

どうも!

 ご協力ありがとうございます!
 確かにこの酒はラベルも良い感じですよね~
 そこはかとない高級感というか……
 ……何だか私もまた飲みたくなってきました(笑)
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。