スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松竹梅 白壁蔵 生もと純米

 第168回目。
 宝酒造の本気――白壁蔵の酒です。(以前の感想:大吟醸金賞受賞酒山廃純米)
 今回の酒に関してはスーパーでも時々売っているのを見るのですが、他の物よりも遮光性や耐温度変化に優れているのでしょうか?
 瓶や蓋の形状も結構オシャレで良い感じですし、機能性を備えたデザインは良いですねー

 公式サイトの限定品が気になるので、今度色々と買ってみます!

(飲み始め:2009年04月16日)

 兵庫県の酒です。(本社は京都府)
 「松竹梅 白壁蔵 生もと純米」

 スッキリとした甘い酒と米の香り。良い香り。

 米の旨味と甘味が口内で優しく広がる――
 そして柔らかい酸味と酒の味わいが全体を引き締め、キリッとした味わいに。
 あー、スッキリしながらも優しい味わい……旨いなぁ。なんだかホッとします……

 常温――味が複雑に。……若干雑味が出たかな?
 ぬる燗――香りが若干華やかに。味は常温と余り変わらず。
 熱燗――まったり。私は結構好きです。
 ……冷やした状態が一番旨いかな?

 食べ物との相性も悪くないですね。む、甘い物とは余り合わないか……

 いやー良い酒でした!
 酸味もそれほど強くなくスッキリとした感じなので、言われなければ生もとだと分からないかもしれません。かなり飲みやすかったです!

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 五百万石全量
 精米歩合 70%
 アルコール分 15度以上16度未満
 日本酒度 +2
 酸度 1.2
 アミノ酸度 1.2
 製造年月 2008.11
 宝酒造(株)白壁蔵


2009年04月17日追記――
 若干香りは濃く。

 酸味と旨味がわずかに増加。バランスは崩れず。


2009年04月19日追記――
 香りはまったり。

 酸味が更に増加。アルコールの味わいも少々。


2009年04月21日追記――
 スッキリとした甘い香り。若干濃く、アルコールの香りも。

 酸味、続いて来るのは米の旨味。
 含み香は……若干マスカット?
 崩れませんねー、相変わらず飲みやすいなぁ。
 良い酒でした!


1140145228_134.jpg tag : 純米 宝酒造

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。