スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙禽 純米吟醸しぼりたて 無濾過生原酒

 第179回目。
 「仙禽 純米吟醸しぼりたて 無濾過生原酒」――栃木県の酒です。
 以前飲んだ物(五百万石山田錦)は火入れの酒でしたが、今回は生酒です。
 どちらが好きかと問われれば、個人的には火入れの酒の方が好みと答えますが、生酒らしいガツンと来る味わいは魅力的に思えました。

(飲み始め:2009年05月06日)

 ヨーグルト系の甘い香り。少々濃いめの香り。

 口に含んだ瞬間は柔らかい甘味と軽いメロン系の含み香は広がるものの、そのすぐ後をジュワッとした酸味と旨味が追いかけ、しっかり芯の通った酒質にまとまっています。
 この腰の強さ――仙禽らしい味わいですね。うん、なかなかに旨い。

 食べ物との相性は少々悪し。甘味が強く干渉。
 合わせるなら味の濃い甘い物かな。

 燗――には余り向きませんね。全体的にかなり濃い味わいに。

 冷やして単独で飲むべき酒ですね~
 変化にも期待します!

データ――
 原材料 米、米麹
 原料米 八反錦
 精米歩合 55%
 アルコール分 17度
 日本酒度 -2
 酸度 1.9
 使用酵母 1-F
 製造年月 20.12.
 (株)仙禽酒造


2009年05月07日追記――
 香りは若干まったりと。

 含み香にはミルクやバターの要素も。
 口に入れた時の印象はかなり軽快な印象を受けますが、続いて舌の奥で感じるのは強めの酸味と旨味。
 昨日に比べると、前半はスッキリして、後半は逆に濃くなったかも。面白い。


2009年05月08日追記――
 香りも味わいは余り変わらず。
 ただ若干マイルドになって飲みやすくなったかな?


2009年05月10日追記――
 香りは結構スッキリと。

 やはり口に入れた瞬間とその後の落差が激しい酒です。
 ただ後半も若干スッキリめに感じるように。
 これはなかなか良いな~


2009年05月12日追記――
 甘い濃い香りながらも、どこかスッキリめ。

 口に入れた直後とその後の印象が若干均一化した感じに。ただやはり濃厚です。
 む、後口にエグみが増加。
 ……ですがこの状態でも余り崩れた感じはしませんね。この濃厚さ故でしょうか?

 早めに飲んだ方が無難だと思いますが、これは置いた状態が好きな方もいらっしゃるかもしれませんねー
 重厚な酒が飲みたい方にお勧めです!


1159368371_201.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 仙禽酒造

コメント

非公開コメント

No title

仙禽は個性的ですね。
だいぶん重い酒質なので、好みは分かれますが。
春と秋ではかなり違う印象でした。
「しぼりたて」も半年前のホントにしぼりたてなときとはかなり違うかも知れませんね。

Re:

 確かに……出来たての状態だと、もっとフレッシュでクリアな酒質だった可能性や、逆に荒くてゴツゴツした酒質だった可能性もあるかもしれませんね。
 衝動買いが多すぎると、どうしても望まぬ自家熟成をしてしまう酒が出てくるのが問題です……いやー、買わなければ良いのは分かっているんですけども。
 ……ただ「ここを逃すと来年まで買えない」と思うといてもたってもいられなくて(笑)
 個人的には、こういう個性的な酒を造る会社には頑張っていただきたいですねー
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。