スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓬莱泉 和 純米吟醸 熟成生酒

 第191回目。
 「蓬莱泉 和 純米吟醸 熟成生酒」――愛知県の酒です。
 人気の高い銘柄ですね!他にも色々と飲みますよ~

(飲み始め:2009年05月23日)

 まったりとした甘い香り。若干熟成を感じさせる香り。

 まず来るのはしっかりとした甘味、続いて旨味、その後ろからじわりと染み出してくるかのような酸味、そしてアルコールの微刺激。
 まったりと柔らかいながらも、強い甘味が太い背骨としての存在感を放ちます。
 後口には強めの甘味や旨味の副作用か、微妙に渋味とエグみも。
 ただなかなかに良い酒ですね。
 若干クセがあるので少々人を選ぶかもしれませんが、甘くて濃い酒が好きな方にお勧めです!

 常温になると味は全体に濃く。少々クセが強くなるもののまったり。
 ぬる燗――旨味が強く。
 熱燗――少々アルコールがツンと。
 冷やした状態が一番だなー

 しかし結構特殊な印象の酒ですねー
 熟成と劣化の境界線と言うか……ギリギリ老ねていない感覚?
 飲んでみて若干の危うさも感じました。保存方法を間違えたら一気に崩れてしまいそうな……
 もしかしたら、この酒ぐらいの味わいでも、熟成感が苦手な方は敬遠してしまう、かも?
 私は嫌いじゃないですけどねー
 ……ちなみにこの酒が家に届いたのは先月末なので、私が間違って熟成を進ませたと言うことも無いと思います。多分。
 さて、今後の変化や如何に?

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 麹米:山田錦 掛米:チヨニシキ
 精米歩合 50%
 アルコール分 15度
 製造年月 09.02.12
 関谷醸造(株)


2009年05月24日追記――
 甘い香り。アルコールの香りが若干増加。

 酸味が増加し、強い甘味が少々抑制気味に。
 味わいは昨日よりもまろやかでスッキリと。
 熟成感は含み香と後口に。昨日より少し控えめかな?
 なかなか良い感じです。


2009年05月25日追記――
 香りは余り変わらず。

 酸味が更に増加。旨味も。
 口に入れた瞬間、透明感のある味わいが一瞬だけ顔を出しますが、すぐやってくる旨味に上書きされます。
 後口には渋味とエグみが少々。舌に微妙に引っかかる感じも。


2009年05月29日追記――
 濃厚な甘い香り。

 まったりとした甘味に若干軽快な酸味と旨味。
 少々舌に渋味と引っかかりを感じますが、かなり穏やかな味わいです。
 む?飲んでいるうちに、次第に味覚それぞれの輪郭がハッキリとしてきました。
 どの味も強いですね……
 舌先に強い甘味→即酸味と旨味が上書き→残るのは渋味にエグみ少々。
 まるで舌のエラーチェックをしているかのような感覚も。結構面白いですねー

 現在の状態を開栓したばかりの時と比べると、アルコールの風味やギリギリな熟成感は大きく減少した反面、雑味が増加しているので、完全に良い方向に変化したとは言えません。
 個人的には開栓後一日経過したぐらいの状態が好きかな?
 一番綺麗でまったりとしていたような気がします。

 他のスペックの物も色々と飲んでみますよ~


1175999733_29.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 関谷醸造

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。