スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南部美人 吟醸生原酒しぼりたて

 第193回目。
 「南部美人 吟醸生原酒しぼりたて」――岩手県の酒です。
 南部美人は外で飲む際に時々飲んでいる銘柄なので、今まで逆に感想を書かずにおりました。
 ……とりあえず今回の感想は個人的に余り納得がいっていないので、早急に別のスペックの物を飲んでリベンジしたいと考えております。

 時間を置いたら全ての酒が良くなるとは考えていませんし、飲むのに最適な時間が短かったとしてもそれはその酒の個性――最適の時期を逃したなら結局は自分が悪いのだと、近頃はそう思うようになりました。
 生酒は本当に難しいですね……

(飲み始め:2009年05月28日)

 甘い香り。若干メロン系?アルコール感も少々。

 ジュワッと広がる甘味に酸味。
 アルコールの味が強くピリピリとした感覚もアリ。
 濃厚。口に入れた瞬間から飲み込んだ後の余韻まで、これら味覚が口内で自己主張。
 うーん、アルコール感が濃いなー、飲めば飲むほどピリピリと。
 ……つい最近買ったばかりなのですが、出来たばかりの物を飲めばもっとフレッシュで爽やかな味わいだった、かも?……ううむ。

 食べ物と合わせるなら味の濃い物や甘い物と。結構自己主張の激しい味なので。

 なかなかに良い酒だと思いますが、アルコール感が尖っているので万人向けではないかな?
 今度は生にしても出来立てをすぐに、または通常商品を飲んでみようと思います。
 ……ただ、時間を置いたら少しまろやかになるのではないか、との期待も少々。

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 精米歩合 60%
 アルコール分 17度以上18度未満
 製造年月 2008.11
 (株)南部美人


2009年05月29日追記――
 香りはメロンにヨーグルト、かな?

 旨味が少々増加。若干アルコール感が弱まり、濃厚さも減少。
 まったりとしてきました。


2009年05月31日追記――
 メロン系の香りにアルコール少々。

 旨味、甘味、酸味。アルコールが少々ピリピリ。後口には渋味少々。
 濃厚ですが、若干まったり。


2009年06月02日追記――
 スッキリとした香り。この若干マスカット系?アルコールの香りは控えめに。

 む、まったり。ハッキリとした甘味に酸味がスッキリと絡みます。
 アルコールの主張はあるものの、増加した旨味と相まって開栓直後に比べてまろやかに。
 そして後口には若干の渋味とエグみ。
 開栓直後と比較して良くなったとは、微妙に言えない、かも?
 ……ううむ、本当の意味でのしぼりたてを飲まなかったのが悔やまれます。


1180848618_178.jpg
tag : 吟醸 南部美人

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。