スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍋島 特別本醸造

 第198回目。
 「鍋島 特別本醸造」――佐賀県の酒です。
 以前飲んだ純米吟醸あらばしりに続きまして、今回は定番酒の特別本醸造です。
 ……甘口酒という言葉に惹かれて衝動買いしてみました。
 しかし、こういうスッキリとした甘口酒が1,000円ちょっとで飲めるのは良いですね。
 次は辛口の特別純米に挑戦してみるか、それともまた季節限定品を狙うか……難しい悩みです(笑)

(飲み始め:2009年06月04日)

 それほど強くない甘い酒の香り。

 おお、第一印象は結構柔らかいですね。
 強めの甘味とハッキリとした酸味が混ざり合い、その後ろからまったりとした旨味――
 涼しげなアルコールの味わいがあるため、甘味が強くても不思議とスッキリしています。
 後口には苦味を少々感じるものの、まったりとして良い味わい。これはなかなかに旨い!
 ……む、飲んでいる内にアルコールを強く感じるように。
 チビチビと飲むのが良さそうですねー

 食べ物とは甘味が干渉するので、単独で飲んだ方が良い感じです。
 甘口の酒が好きな方にお勧めです!

データ――
 原材料 米、米こうじ、醸造アルコール
 原料米 佐賀の華100%
 精米歩合 60%
 アルコール分 15度以上16度未満
 日本酒度 -6
 酸度 1.2
 製造年月日 平20.12.
 富久千代酒造(有)


2009年06月05日追記――
 スッキリとした甘い酒の香り。

 酸味と旨味、後口の苦味が増加。
 甘味が減少して少々クセが増えたものの、スッキリとして悪くないですね~


2009年06月06日追記――
 香りは減少?

 アルコールの味わいが増加し、甘味、酸味と共に混ざり合います。
 大分スッキリ。


2009年06月08日追記――
 甘い香り。わずかだが少々重め?

 甘味はさらに減少。後口には微妙にエグみが出現。
 ただ気にしなければ余り気にならない程度。


2009年06月10日追記――
 少々ペタッとした感じの甘い香り。

 含み香は酒。
 スッキリした甘味と酸味。結構まったりと飲みやすいですね。
 アルコールの風味や後口の若干のエグみなど、少々気になる点はあるものの、全体を見ると上手くまとまっているように感じます。
 クセも数日前に比べると若干減ったような?……気のせいかも?
 結構今日の感じも悪くないと思います。


1187511991_232.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 特別本醸造 富久千代酒造

コメント

非公開コメント

Re

初めまして。知志と申します。
鍋島は以前純吟のオレンジラベルを飲んで以来、自分のフルーティーリストに加えたのは記憶に新しい銘柄です。
鍋島の本醸造系は初めてこの記事で知りました。
やはりアル添はアルコール感がネックですかねぇ~?
飲み続けると急に気になっちゃったりします。
でも甘味主体系なお酒のようですね!ボクの好みにストライクそうです。日本酒度がマイナスだとピクっと反応してしまう・・・(笑

Re

 どうも初めまして。
 私もまだ二種類しか飲んでいないので余り多くのことは語れないのですが、鍋島は良い酒ですね!
 今後もガンガン飲んでいきたいと思いながらも……冷蔵庫の容量が無限なら良いのに!
 ……それはともかく、甘口……良いですよね(笑)
 アルコール添加の酒は確かにアルコール感が気になる物もありますが、世の中には純米なのにアルコール感が気になる酒もあったりするので(その逆も)、個人的には余りこだわらないようにしています。
 日本酒はその多彩さが魅力だと思うので、情報だけで敬遠していたら勿体ないですし。
 お互い今後も旨い酒と出会えるよう頑張りましょう!(?)

Re :Re

いやぁ、まさしく今一番サンタさん(時期ハズレ)にお願いしたいものが四次元冷蔵庫です(笑
確かにブラインドで呑まされると数値が示してる情報とは見当違いな味に感じることもままありますし、あくまでもそこは参考値であって、それ以上に多種多様な味わいが存在するのも日本酒の魅力ですよね。
今後も旨い酒の紹介楽しみにしております。

Re

 そうなると次に欲しくなるのは最強の肝臓ですね!
 ……ただそれだと酔えなくなる可能性もあるのか。
 こちらを立てればあちらが立たず……世間は厳しいです(笑)
 ですね。飲む前から決めつけていたら楽しむ物も楽しめません。
 しかし自らの可能性から目を背けている人の多いことと言ったら……
 ――それはともかくとして、頑張ります。
 知志さんのサイトもちょくちょくチェックさせていただきますね。

No title

鍋島は特純の各種が好みです。
本醸は飲んだことが無いですが、甘口ってのが気になりますね。
鍋島の本醸造は辛口(青ラベル)は見かけたことがあるのですが。

Re:

 今調べてみたら、特別純米も結構多種多様な感じですね。
 いやー、飲みたい物が増えて困ります(笑)
 スッキリとしていて良い甘口酒ですよ~
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。