ひこ孫 純米

 第22回目。
 純米好きには信頼のブランド、神亀第2弾です。
 飲んだ感じは第1弾「神亀 手造り純米酒」よりも酸味が強い印象でした。
 どちらが好きかは個人の好みですねー

 そしてこの酒に関しては後悔が一つ。
 一週間以上置いたらもっと酒質が良くなったのではないか、と言うことです。
 やはり柔軟にいかなければ……
 この会社の酒はまた買いますので、その時は後悔しないようにしようと思います。

(飲み始め:2008年04月20日)

 本日は埼玉県の酒です。
 「ひこ孫 純米」
 以前飲んだ「神亀 手造り純米酒」と同じ酒造会社の物となります。

 さて――
 酒と米の香り。シンプルで良い香りです。
 酸味や米の旨味が強く、後口にはほのかな苦味と、複雑な様相を見せてくれます。
 派手さは無いですがなかなか旨いです。

 常温では、冷酒と比べて全ての要素が強くなり少々重めに。
 ぬる燗では、米の香りが強くなりつつも、全体的に少しすっきり。
 熱燗では、酸味を強く感じますが、キリッとした酸味の奥に甘味が顔を出しておりなかなかバランスが良いです。……いや、酸味が少々強すぎるかな?
 そして燗冷まし。熱燗から少し酸味を引いて全体を丸くした印象で結構旨い!
 熱々にしてから少し置くぐらいが非常に良いですね~

 次は、食べ物と合わせてみました。
 ホワイトソース系の洋風の食べ物と良く合います。少々渋味が立ちますが問題無し!
 今度は和風の食べ物とも合わせてみたいところです。

データ――
 原料米 阿波・山田錦
 精米歩合 55%
 原材料名 米、米麹
 アルコール分 15度以上16度未満
 製造年月 07.9
 神亀酒造(株)


2008年04月22日追記――
 これが酒だ!と主張するかのような、直球の日本酒。
 先日よりも全体的に濃くなった印象で、口に含むとムワッと香ります。
 もしかしたら苦手な人は苦手かもしれません。

 お燗――
 熱燗だと最初は揮発したアルコールの刺激が強いですが、次第に落ち着いてきます。
 おお!このバランスは素晴らしい!
 先日は酸味が少々立ち過ぎていましたが、今日はきれいにまとまっていますね!
 熱燗でも燗冷ましでも非常に旨い!フワッときてスッと消えていく、と言うか……

 そして何よりも食べ物との相性も抜群!
 和食でも甘い物でも何でもござれ!って感じです。
 凄く良くなったな~


2008年04月25日追記――
 重たい!
 ずっしりとクセのある含み香。

 燗――ん?含み香が消えない、そしてどこかクドい?
 少々古い酒独特の香りが出てきたような気も……
 老ね香ってほどではないので、飲んでいる内にそれほど気にならなくはなりましたけど。
 うーん、開栓後余り日数を置かずに飲むべき酒なのかな?
 ちょっと勿体無いことをした気が……

 ――
 次は何を買うかな~


782115635_109.jpg tag : 純米 神亀酒造

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif