スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓬莱泉 可(べし)。特別純米酒

 第222回目。
 「蓬莱泉 可(べし)。特別純米酒」――愛知県の酒です。
 以前飲んだ「和」に続いて今回は「可。」になります。
 和は独特な甘味のある個性の強い酒でしたが、今回の物はかなり万人向けで、まったり系の酒としては相当なレベルの高さを感じました。……旨いです。
 ますます上位酒を飲むのが楽しみになってきました!……今度何か良いことがあった時にでも飲みたいですねー

(飲み始め:2009年07月17日)

 スッキリとした優しい酒と米の香り。良い香り。

 うわ、飲みやすい!
 柔らかく、それでいてスッキリとした味わい。
 米の旨味がジワリ、続いて柔らかい酸味が全体を引き締め、後口には米の甘味がフワリ。
 うーん、旨いなぁ……
 若干ミネラル感があるので人によってはわずかに固さを感じるかもしれませんが、普通に飲む分には全く気になりません。

 む、常温になると甘味が強調されますね。これも良いなぁ……

 おお、食べ物との相性も抜群ですね。
 食中酒としてもかなり完成度が高いですよコレ!
 んーたまらん!

 ぬる燗――
 全体的に味が強く。少々アルコール感が尖りますが、結構良い感じです。

 熱燗――
 柔らかい……結構味が多くなる印象ですがこれも旨いですね。

 どの温度も旨いですが、個人的には温めない方が好き、かな?
 わざわざこちらで手を加えなくても十分旨い感じと言うか……
 うん、個人的にはかなり好きな味わいです!
 ……そして飲み過ぎましたー
 いやー、他のスペックの物も気になりますけど、この酒も今度また買いたいですね~

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 麹米:夢山水 掛米:チヨニシキ
 精米歩合 55%
 アルコール分 15度
 製造年月 09.03.02
 関谷醸造(株)


2009年07月18日追記――
 甘い米の香り。

 若干全体的に味が濃くなった印象。
 そしてまったり。……うん、やっぱり旨い!


2009年07月19日追記――
 甘い酒の香り。

 甘味が減少。他はほとんど変わらず。


2009年07月21日追記――
 スッキリとした酒の香り。

 優しい口当たり。
 米の甘味と旨味、スッキリとした酸味。
 初日とは違う感じで甘味が立ち上がってきた印象。これもまた良し!
 若干綺麗さは減少してきたものの、ほとんど気にはなりません。
 良い酒だなぁ……


2009年07月23日追記――
 甘い香り。
 この香りは……ティラミスっぽいような?
 若干ビターな甘い香りに加えバター系の趣も。ううむ……

 相変わらずクセがほとんど無く飲みやすいです。
 綺麗さは開栓後の初期に比べれば減少しており、舌に感じるミネラルやアルコールの刺激は強まったものの、それ以外に劣った面はほとんどありません。
 含み香にはわずかに熟成香が出現。

 開栓後数日以内に飲んだ方が良いとは思いますが、無理せず日数をかけて飲んでも大丈夫でしょう。
 さらなる長期間放置による変化も気になりますが、追記はここまで……
 良い酒でした!


1228531973_201.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 特別純米 関谷醸造

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは~。

>今度何か良いことがあった時にでも飲みたいですねー
上位酒・・・もしやアレですかな?
気になりますねー(笑

蓬莱泉は和が呑みたいリストに入ってたのですが、なるほどすでにレポ済みでしたか。
自分はそちらのレポに飛んで、(気分だけ)呑ませて頂きます~(笑

Re: No title

 どうもこんにちは!

 ……ええ、値段のお高い例のアレです(笑)
 何か良いことさえあれば!(?)

 「和」は同じ蓬莱泉でもかなり酒質が違ってビックリしますよ~
 飲んだ気分と言わず、気になれば是非に!

おはようござます。

kutata様、親爺は可の生詰を呑んだことがあるのですが、まさに夏酒用といった感じでスイスイ呑めるのは良いのだけど、いまいち関心できなかった記憶があります。
そこで、上位酒のシリーズへのチャレンジが止まったままです。。
いつもポチありがとうございます。お礼に。

Re: おはようござます。

 酒呑親爺様、おはようございます!

 ううむ。やはり味覚は人それぞれなんだろう――と納得しかけましたが、もしかしたら今まで飲んできた日本酒遍歴にも原因があるのでは、とも思いました。
 以前にも何度か書いているのですが、私はこんな風に偉そうに日本酒のブログをやっている割に日本酒歴が短く、本格的に日本酒を飲むようになってからまだ2年も経っておりません。
 なので、以前流行した『水のようにスルスルと飲める酒』という物をほとんど飲んだことが無いため、日本酒経験の豊富な方が「飲みやすいけど特徴が無い」と感じる酒であっても、私の場合は「飲みやすくて美味しい」と判断している可能性があります。

 ……ただ、逆に日本酒初心者に目線が近いとか、どんな酒でも同列に並べて判断出来るとか、メリットも色々あるのでは?――などと思ってみたり。 頑張らねば……

 ご指摘ありがとうございます!
 こうやって違う意見を書いてくださると、見えない物が色々と浮かび上がってきて面白いですね~
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。