スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

房島屋 兎心(ぼうじまや ところ) 純米吟醸 五百万石 生酒

 第243回目。
 「房島屋 兎心(ぼうじまや ところ) 純米吟醸 五百万石 生酒」――岐阜県の酒です。
 買おうと思った矢先に売り切れていて焦ったりと色々ありましたが、何とか購入できました!
 ……どうやら私が知らないだけで結構人気のある銘柄だったようです。
 兎心と書いて「ところ」と読む――酒造会社の名前に引っかける、こういう遊び心が良いですよね。

(飲み始め:2009年08月14日)

 まずは上澄みから――
 砂糖菓子のような趣に、米の香りも柔らかく。まったりとした良い香り。

 柔らかい口当たり。
 まろやかな甘味と軽めの米の旨味、スッキリとした酸味が口いっぱいに広がります。
 あー、飲みやすい!

 続いてオリを絡めて――
 香りが若干深く。

 お、旨味が増加し、軽快な苦味も追加。味わいが結構複雑に。
 単純な飲みやすさならオリを絡めない方が上かもしれませんが、この多層な味わいが非常に楽しいですね~
 どっちも良い感じです!これはなかなかに旨いな~

 食べ物と合わせるなら甘い物と。他の物には甘味が強く干渉。単独で飲むべきですね。

 良い酒でした!
 甘味主体で飲み口も非常に良いので飲み過ぎに注意!
 ……ええ、飲み過ぎましたとも(笑)

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 五百万石100%
 精米歩合 50%
 アルコール度数 16度以上17度未満
 日本酒度 +4
 酸度 1.5
 製造年月 21.6.
 所酒造(資)


2009年08月15日追記――
 香りに若干もろみ――というか甘酒感が追加。

 む、甘味や旨味が強く。
 ギュッと圧縮したような味わいが口内で炸裂する感じですね~
 これまた良い感じです!

 ぬる燗――
 旨味がワッと一気に。苦味も強く。

 熱燗――
 若干爽やかな甘酒風?含み香も甘酒っぽい感じに。

 ……温めないで飲むべきでした!……いや、初日に温めるべきだった、かも?

 それはともかく、米のジュースというか不思議なまったり感が良いですね……


2009年08月16日追記――
 香りに甘酒感が増加。

 旨味が増加。口当たりと含み香の綺麗さは若干減少。ただ良い味わい。
 旨味、甘味、酸味が口内でパッと。


2009年08月18日追記――
 香りは完全に酒粕由来の甘酒風?

 んー、甘味が強い!
 甘味、旨味、酸味がジュワッと。後口には若干エグみが出現。
 しかし薄にごりの酒とは思えないほど口当たりは綺麗ですね~


2009年08月20日追記――
 む?この香りは……酒粕そのもの?

 含み香は基本甘酒ですが、一瞬バナナっぽさも。
 甘味、旨味、酸味、苦味、後口には若干エグみ、舌に引っかかる感触も。
 アルコール感が増加。
 大崩れはしていないものの、以前の綺麗さは消滅してしまった感じです。

 私としては開栓後数日以内に飲むことをお勧めいたしますね~
 ……ただ、おりがらみ系の酒は飲むたびにオリを混ぜる必要があるため、頻繁に飲む場合には変質が早くなる可能性が高いです。なので、大事に飲むならばもう少し長く置いても平気かもしれません。
 その辺りの判断はご随意に……

 この会社の酒は他にも色々と買ってみます!


1255135505_23.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 所酒造

コメント

非公開コメント

No title

親爺も兎心(ところ)大好きで、毎年呑んでます。
(といっても、昨年新発売ですから、まだ2年だけですけど。)
確かに兎心(ところ)は、確かに飲み過ぎますねー。でも、このレポ見てまた飲みたくなってしまいました。

房島屋は、①にしほまれを使った純米系と②五百万石(今年は山田も)使った純米(大)吟醸系とあるみたいです。
①の6号酵母なんかお燗で旨いと言われてますが、房島屋らしさは②の方がはるかに上のような気がします。

No title

こんばんは~。

この兎心ラベルは、自分の中ではかなり評価の高い夏酒です。
ただ開栓後は早めに呑みきらないと甘ダレしてくるので、初呑はそれに気づけないところが辛かったです^^;

房島屋の純米大吟醸、生だけで火入れはまだ呑んでませんが独特の酸味があり中々旨かったのでコレもオススメですよ~。

Re: No title

 酒呑親爺さん、こんばんは。

 ええもう、飲み過ぎました!(笑)
 そしてあの味でまだ2年目の造りとは、来年にも期待大ですね~

 なるほど、そんな違いが……勉強になります。
 ……他の酒も色々と気になってきました!

Re: No title

 知志さん、どうもこんばんは~

 あ、大事に飲んでも駄目でしたか?ううむ、残念……

 純米大吟醸……あの結構高いヤツですよね?
 ……うん、それは大事に最後までとっておこうと思います(笑)
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。